めざせ!サラリーマンが株式投資でセミリタイア
住所
出身
ハンドル名
のぶやすさん
ブログタイトル
めざせ!サラリーマンが株式投資でセミリタイア
ブログURL
https://kabukun.com/
ブログ紹介文
これまで適当に株式投資と向き合っていたサラリーマンがセミリタイアをめざす歩みを書いています。
自由文
-
更新頻度(1年)

96回 / 138日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2018/06/04

のぶやすさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 08/11 全参加数
総合ランキング(IN) 25,170位 22,159位 22,354位 20,568位 20,785位 20,761位 22,679位 969,084サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 20 80 150 90 70 20 10 440/週
PVポイント 50 140 260 240 180 50 20 940/週
株ブログ 589位 525位 525位 472位 488位 489位 541位 13,444サイト
株日記 50位 46位 46位 42位 40位 41位 50位 3,040サイト
サラリーマン投資家 105位 99位 101位 94位 95位 100位 105位 1,533サイト
今日 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 08/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 17,873位 18,320位 19,380位 24,412位 28,248位 26,971位 21,505位 969,084サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 20 80 150 90 70 20 10 440/週
PVポイント 50 140 260 240 180 50 20 940/週
株ブログ 651位 645位 688位 827位 916位 904位 757位 13,444サイト
株日記 51位 53位 61位 74位 93位 101位 77位 3,040サイト
サラリーマン投資家 112位 115位 119位 129位 135位 136位 122位 1,533サイト
今日 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 08/11 全参加数
総合ランキング(PV) 9,856位 9,837位 9,822位 10,277位 10,361位 10,195位 9,582位 969,084サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 20 80 150 90 70 20 10 440/週
PVポイント 50 140 260 240 180 50 20 940/週
株ブログ 339位 338位 337位 352位 352位 349位 328位 13,444サイト
株日記 47位 47位 49位 50位 53位 52位 48位 3,040サイト
サラリーマン投資家 69位 66位 65位 62位 64位 64位 62位 1,533サイト

のぶやすさんのブログ記事

  • 東京市場は小幅上昇、想定以上に強かったですね

    今日の東京市場今日の東京市場は小幅に上昇。とは言っても、日経平均とTOPIXともに0.1%程度の上昇で、ほぼ前日比変わらずでした。CME日経225先物が大阪比-70円と下落していたので、日経平均も下落を覚悟していたのですが、前日比変わらずと

  • 東京市場は下落しましたが、想像以上に下は固いのでしょうか?

    今日の東京市場今日の東京市場は日経平均とTOPIXともに1%を超える下落となりました。昨日の米国市場でダウとナスダックともに3%を超える下落となっていたので、東京市場も大荒れになるだろうと予想していました。日経平均も一時は470円近く下落し

  • 東京市場は上昇となりましたが、少し物足りなく感じます

    今日の東京市場今日の東京市場は日経平均、TOPIXともに1%程度の上昇となりました。反面、新興市場の上昇率は多少低くなっており、主力株の買い戻しが中心となっていたようです。東京市場の上昇は米国が対中追加関税を12月まで延期するという発表から

  • 3連休後の東京市場は大幅下落、米中貿易摩擦は激しさを増しているようです

    今日の東京市場今日の東京市場は大幅下落。CME日経225先物の動きからすれば、日経平均が400円程度下がっても仕方ないと思っていました。それだけに日経平均が230円程度しか下がらなかったことは良かったと思っています。しかし、今日は高値は9時

  • 東京市場は続騰ですが、3連休前らしく値幅は小さく小動きでした

    今日の東京市場今日の東京市場は小幅上昇。昨日はTOPIXはマイナスとなりましたが、今日は日経平均、TOPIXともに上昇。それでも、米国市場の上昇率やCME日経225先物の上昇率からすれば物足りないですね。今日の日経平均は値幅は105円ほどと

  • 東京市場は日経平均上昇、TOPIXは小幅下落でした

    今日の東京市場今日の東京市場は日経平均は上昇し、TOPIXは小幅に下落となりました。その日経平均も値上がり銘柄数103に対して、値下がり銘柄数は119。やはり構成率上位の銘柄に上昇銘柄が多く、日経平均を引き上げる効果があったようです。特に今

  • 東京市場は小幅下落、米国市場に続く上昇とはなりませんでした

    今日の東京市場今日の東京市場は日経平均が小幅下落、TOPIXが気持ちだけ上昇となりました。昨日の米国市場が1%を越える上昇となったので、多少期待していたのですが、寄り付きから弱かったようです。中国が為替操作を否定したことくらいしかニュースも

  • 東京市場は日経平均が一時600円を超える下落となりましたが、大きく切り返す展開となりました

    今日の東京市場今日の東京市場は小幅に下落。日経平均が一時は前日比610円ほどの下落となりましたが、その後は一転してじりじりと上昇する展開でした。大引けでは-134.98円まで回復し、小幅と感じられるほどの下落で終了しました。この要因は、米国

  • 東京市場は大幅続落、後場の切り返しの動きが継続することを願いましょう

    今日の東京市場今日の東京市場は先週金曜日に引き続き大幅続落。日経平均は後場の寄り付きに今日の最安値となっており、金曜日の終値比-572.97円まで下落しています。しかし、その後は切り返す動きとなって、終値では-366.87円と下げ幅を縮めて

  • 2019年7月の株式投資結果

    東京市場と新興市場の動き2019年6月28日と2019年7月31日の指数の状況日経平均 21275.92円 → 21521.53円 (+1.15%)TOPIX 1551.14P → 1565.14P (+0.90%)ジャスダック平均 340

  • 東京市場は大幅下落、トランプ砲が暴発した模様です

    今日の東京市場今日の東京市場は大幅下落。要因はトランプ大統領が9月1日から対中追加関税の発動を表明したからですね。米中貿易摩擦のいっそうの激化を懸念しての下落に安全資産といわれている円買いドル売りが進行し、一気に円高に動いたことも追い打ちを

  • 東京市場は小幅上昇、米国市場とは違った動きになりましたね

    今日の東京市場今日の東京市場は小幅に上昇。米国市場が大幅に下落し、CME日経225先物も180円下落している状況での東京市場でした。寄り付きは日経平均が160円ほど下落し、安値では230円ほど下落。そこから前引けにはプラスに戻し、後場も弱い

  • 今日の東京市場は反落、商いは増加に見えますが日経平均採用銘柄の入れ替えによるものだそうです

    今日の東京市場今日の東京市場は反落となりました。欧州市場が大きく下落、米国市場もそれなりに下落、CME日経225先物も175円下落では上げる要素が全くないですね。大引けでの日経平均も-187.78円とほぼ同水準。1日値幅は113円と非常に小

  • 東京市場は反発、少し活況となったようです

    今日の東京市場今日の東京市場は反発。日経平均は前場は好調だったものの、後場は寄り付きから崩れましたが、大引けにかけて多少戻すという動き。3日連続下落の後の上昇ですからまずまず良かったと思います。東証1部の売買高も約11億4千万株、売買代金は

  • 東京市場は小幅下落、あいかわらず閑散状態が続いています

    今日の東京市場今日の東京市場は小幅下落。先週末の米国市場は上昇しており、CME日経225先物も大証(日中)比で上昇していたので、多少は強い動きを見せるのではないかと思っていました。しかし、日経平均は寄り付きこそ多少踏ん張ったようですが、その

  • 東京市場は参議院議員選挙が無事に終わったのに小幅下落&薄商いでした

    今日の東京市場今日の東京市場は小幅下落。参議院議員選挙は波乱もなく概ね想定どおりの決着でした。多少はご祝儀での買い物が入るかと思ったのですが、そんなに甘い世界ではなかったですね。先週末の米国市場でのCME日経225先物同様に下落したのは仕方

  • 東京市場は大幅上昇で昨日の大幅下落を帳消しに

    今日の東京市場今日の東京市場は一転して大幅上昇。日経平均の始値こそ100円程度の上昇でしたが、その後は右肩上がりで上昇し、前引けでは350円程度の上昇、大引けでは420円の上昇となりました。昨日の日経平均が422.94円の下落で、今日の日経

  • 東京市場は大幅下落、世界景気減速感に加えて参議院議員選挙前が要因か?

    今日の東京市場今日の東京市場は大幅下落。昨日の米国市場がダウ、ナスダックともに下落し、CME日経225先物も大証(日中)比で90円下落していたので、東京市場の下落は覚悟していました。しかし、日経平均やTOPIXが2%近く下落することは想定外

  • 東京市場は小幅続落、あいかわらず閑散としているようです

    今日の東京市場今日の東京市場は小幅続落。日経平均への寄与度の大きいファーストリテイリングとソフトバンクグループの下落が響いているようで、TOPIXよりも日経平均の方が下げ幅が大きくなっています。昨日の米国市場は下落しており、CME日経225

  • 東京市場はやはり弱く、米国市場に大きく水をあけられているようです

    今日の東京市場今日の東京市場はあいかわらず弱い動きに終始したようです。日経平均の動きも前場はじりじりと下げて、後場は狭い範囲での動きとなりました。東証1部の売買高は10億4千万株、売買代金は1兆7千億円と低水準。米ドル円は比較的安定している

  • 東京市場は高安まちまち、実質的には下落とも言えそうです

    今日の東京市場今日の東京市場は日経平均は上昇、TOPIXは下落と高安まちまちでした。しかし、日経平均はファーストリテイリングが大幅上昇し、1銘柄で日経平均を80円ほど押し上げていますので、実質的には下落とも言えると思います。実際に、日経平均

  • 今日の東京市場は盛り返すものの、商いはあいかわらず低調が続く…

    今日の東京市場今日の東京市場は寄り付きはそれほど強くありませんでしたが、10時過ぎから前引けにかけて上昇。後場もその水準は維持して推移しています。ただ、上値を追う力はないようでしたが、上海市場が下げ基調だったにも関わらず、水準維持で推移した

  • 東京市場は小幅な動き、売買代金は増えていますが膠着状態が続いています

    今日の東京市場今日の東京市場はわずかながら下落。日経平均は0.15%、TOPIXは0.23%の下落ですから、それほど大きな問題ではないと思います。新興市場は多少なりとも上昇。ジャスダック平均は東京市場並みの小動きですが、マザーズ指数は少し大

  • 東京市場は小幅な動き、売買代金も少なく盛り上がりがありませんね

    今日の東京市場今日の東京市場は日経平均が小幅上昇、TOPIXが小幅下落と高安まちまち。日経平均もファーストリテイリング1銘柄で+37.08円ですから、この銘柄だけでプラス圏へ引き上げている計算になります。東証1部では値上がり銘柄数が664、

  • 東京市場は下落、上海市場の大幅下落につられた模様

    今日の東京市場今日の東京市場では、日経平均が予想どおり小幅に下落して寄り付き。しかし、その後はずるずると下げ、一時的に戻す時間はありましたが、上海市場が売り物に押されて大幅下落となると、なすすべなく一緒に下落の動きとなりました。その上海市場

  • 東京市場は小幅上昇、米国雇用統計待ちで手控えムードが…

    今日の東京市場今日の東京市場は小幅上昇。日経平均は11時頃にマイナス圏に沈んだようですが、それからは切り返しの動きでした。東証1部の売買高は9億3千万株、売買代金は1兆6千億円と昨日に比べれば多少増加。それでもまだまだ低調で、薄商いの日々が

  • 東京市場は反発、商いは非常に低調で先行きが不安です

    今日の東京市場今日の東京市場は上昇となりました。昨日の米国市場でダウ、ナスダックともに上昇となり、CME日経225先物も大証(日中)比+105円と好調だったことが要因でしょう。ほとんどの要因はそろそろ織り込み済みと言えると思いますので、日本

  • 東京市場は反落、後場は切り返しの動きがあるも低調な商いは続いています

    今日の東京市場今日の東京市場は反落となりました。一昨日の上昇が大きく、昨日も何とか上昇となっていたので、売りに押されても仕方ないかなとは思います。今日の米国市場は半日開場、明日の米国市場は休場となっており、明後日は雇用統計の発表。ポジション

  • 東京市場は小幅ながら上昇、商いは低調で米国の雇用統計待ち?

    今日の東京市場今日の東京市場は小幅上昇。昨日の米国市場が思ったほど上昇せず、CME日経225先物も大証(日中)比-90円とのことだったので、かなり厳しいと思っていました。しかし、思った以上に健闘したようです。日経平均の1日値幅は86.91円

  • 東京市場は大幅上昇。米中の歩み寄りを大いに好感

    今日の東京市場今日の東京市場は大幅上昇。日経平均の上昇幅は今年3番目の大きさだそうです。東証1部の業種別騰落率もすべてのセクターで1%を超える上昇。今まで大きく売り込まれていた電気機器や機械といったセクターは3%を超える上昇。もちろん、この