Mystic Rhythms
読者になる
住所
出身
ハンドル名
wworking manさん
ブログタイトル
Mystic Rhythms
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/u.b.c/
ブログ紹介文
古書店主が綴る日常雑記。古本屋な日々...。その他、音楽報告、鉄塔そして詩など。
自由文
-
更新頻度(1年)

86回 / 195日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2018/05/22

wworking manさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,533サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 160 170 120 40 280 70 450 1,290/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,996サイト
HR/HM 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 616サイト
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,001サイト
独身オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 271サイト
地域生活(街) 東京ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,610サイト
多摩地区情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 236サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,533サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 160 170 120 40 280 70 450 1,290/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,996サイト
HR/HM 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 616サイト
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,001サイト
独身オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 271サイト
地域生活(街) 東京ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,610サイト
多摩地区情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 236サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(PV) 8,554位 9,078位 9,477位 9,354位 9,215位 9,626位 9,619位 975,533サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 160 170 120 40 280 70 450 1,290/週
音楽ブログ 157位 171位 178位 181位 181位 189位 190位 27,996サイト
HR/HM 6位 7位 8位 8位 8位 8位 8位 616サイト
オヤジ日記ブログ 48位 54位 56位 59位 59位 61位 63位 11,001サイト
独身オヤジ 2位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 271サイト
地域生活(街) 東京ブログ 24位 26位 30位 31位 28位 31位 33位 8,610サイト
多摩地区情報 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 236サイト

wworking manさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、wworking manさんの読者になりませんか?

ハンドル名
wworking manさん
ブログタイトル
Mystic Rhythms
更新頻度
86回 / 195日(平均3.1回/週)
読者になる
Mystic Rhythms
  • 北の離れ 雨間大塚古墳

    雨間大塚古墳 「Fe塔」の、大久野(おおぐの)線6号鉄塔記事で触れた大塚古墳だ。この「大塚」と冠される古墳は全国至る所に存在するため、一応所在地の地名である、あきる野市雨間の「雨間」を付けさせて頂いたことを、お断りしておく。これは正式名称ではないので、お間

  • Fe塔 集団的農地

    集団的農地 前回の、大塚古墳横に建つ大久野(おおぐの)線6号から、東へと向かい、大久野線大元の秋留線を訪ねる。 6号すぐ南を走るJR五日市線沿いに秋留線鉄塔へ向かい、振り返ると、広い農地の向こうに6号、そして傍らの大塚古墳(猫耳)が遠く見える。大久野線6

  • Fe塔 古墳

    古墳 前回、五日市街道から南望した大久野(おおぐの)線6号鉄塔は、JR五日市線の「市役所前踏切」のすぐ傍らに建っている。踏切と6号鉄塔踏切奥が市役所 線路北側からは逆光となるので、南側の住宅地に少し入らせて頂く。大久野線6号 詳細は不明だが、下段に

  • Fe塔 秋留野

    秋留野 東京の多摩西部に、あきる野という名の市がある。多摩川と支流の秋川、平井川が合流する辺りの西に細長く広がっているが、おそらく、東京以外の方にはあまりお馴染みではない街であると思う(市民の方、ゴメンナサイ)。斯く言う私にも、正直馴染みが薄い。多摩に

  • 北の離れ あなたの街の―

    あなたの街の― 多摩川とその支流秋川の合流点付近、八王子市高月町を抜ける都道166号線。高月町都道166号線 西側の加住丘陵と田園の狭間を抜ける道だが、古い屋並もある、昔ながらの雰囲気を感じる道路。 前回の田園から出、この道を北へと向かっていたらば、道路

  • 北の離れ 田園

    田園 多摩西部、昭島市の大半は多摩川北岸にあるが、僅かに多摩川南岸にも市域がある。拝島町の一部と田中町の一部がそれにあたる。この付近で、多摩川南北に分かれた昭島市を繋ぐのが、拝島橋。長さ527m、竣功は平成3年(1991)の比較的新しい橋である。 この拝島橋の南

  • Heavysphere ELECTRIC GYPSIES

    ★エレクトリック・ジプシーズ/バーニー・トーメ orderELECTRIC GYPSIES/BERNIE TORME (1983) なぜかは分からぬが、最近、急にこのアルバムの事を思い出し、無性に聴きたくなった。そして聴きながら、このバンド、バーニー・トーメをリーダーとする三人組のハード・ロ

  • Fe塔 番外:平町火の見櫓

    番外:平町火の見櫓 JR八高線の多摩川橋梁を西に越えた辺り、多摩川の南岸に里山的雰囲気をたたえた、住宅と農地が混在した一画がある。八王子市の平(たいら)町だ。町の東半分ほどは、八王子水再生センターが占めているが、西半は、突然の様に長閑な空間が広がっている

  • Fe塔 進撃

    進撃 日野市栄町の多摩川南岸堤防(標高78.0m)から、桜ヶ丘線の出発点付近が遠望された。桜ヶ丘線7号ほか遠望 真ん中が7号、右端が6号。そして右に大きく曲がって5号、4号。で、その先は―。ズーミング ・・・。なんか、コワっ。巨大ロボットが、集団で攻めて

  • Fe塔 日野の渡し

    日野の渡し 前回に続き今回も、橋絡みのネタ。 前回は多摩橋であったが、今回はその下流にある、立日橋。立川市と日野市を結ぶので「立日(たっぴ)」橋である。多摩橋の9Km程下流、日野橋の500m程上流に架かる。南岸から立日橋(右手下流側に日野橋がある) 下

  • 北の離れ 砂利軌道

    砂利軌道 以前に、嘗て多摩川は砂利採取が盛んに行われていたと「牛群と橋」で書いた。南武線、西武多摩川線、京王相模原線などなど、現在は普通に旅客を運ぶ鉄道も、砂利運搬鉄道というルーツを持っていたりする。これ等鉄道は、今も形を変えて残り続け列車が走り続けて

  • Fe塔 多摩橋だな

    多摩橋だな サイクリングで出掛けた先で、多摩橋を渡った。多摩橋(標高117.8m(南詰))道路は五日市街道(都道7号) 橋の南はあきる野市、北は福生(ふっさ)市となる。 多摩橋は、嘗て「牛浜の渡し」と呼ばれる五日市街道が多摩川を渡る際に利用された渡し船

  • Fe塔 計十八本

    計十八本 台風15号(ファクサイ)の影響で倒壊した、千葉県君津市を走る木内線の鉄塔(停電被害を受けた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます)。其れに関する記事のため、木内線と同じ6回線鉄塔である国分寺線鉄塔を訪ねたので、その際未訪であった鉄塔を、幾つか取材し

  • 北の離れ 霊園掃苔―望郷台

    霊園掃苔―望郷台 少し前に書いた、ハンセン病療養所「多摩全生園」訪問記。この訪問の際、園内で非常に強く印象に残った史跡、「望郷台」の、その名付け親の一人とされる歌人のお墓が多磨霊園にあると知り、訪ねた。―のだが、あれっ?これは・・・。尋ね当てたお墓

  • Fe塔 倒壊

    倒壊 大変な事が起きた。鉄塔者としては、非常に気になるニュースだ。 先日の台風15号(Faxai)は、その左側となる東京多摩では左程の強風もなく行き過ぎたが、風の強い右側となった千葉県は大きな被害を受けた。君津市長石では、送電鉄塔が二基、薙倒されてしまった。東

  • Fe塔 ナイトライド―鉄塔

    ナイトライド―鉄塔 曇り続きで一向に青空が現れず、鉄塔巡りに行けないので、やってみたロードバイクでの「ナイトライド」。出かけた先の多摩市連光寺・聖ヶ丘は鉄塔ばかりが目に付く(私的にはね)エリア。9月とは言え、夜とは言え、まだまだ暑さと湿気は肌に纏いつくほ

  • 北の離れ ナイトライド―夜景

    ナイトライド―夜景 ショートステイで少し時間ができたので、鉄塔巡りに行きたいがどうも、お天気が良くない。鉄塔撮影には最も不向きな曇り空ばかり。でも、ロードバイクで何所か出掛けたいし・・・。で、気付いた。昼行けないなら、夜行けばいい。夜なら曇りも晴れも関

  • Fe塔 全生園

    全生園 中富線鉄塔は、ひさびさのご登場になるか。何れにしろ、この夏は天候が不順で、鉄塔巡りには大敵の雨や曇りの日が多く、又おばあちゃんの体調が不安定なのもあり、なかなか出かけられる様な日がなかった。 そうとは言っても、私の都合などお構いなしにどんどんと

  • 北の離れ 多磨全生園 4

    多磨全生園 4 前回の「望郷台」から、東へ向かうと、此方は更に広い一面の原っぱ。嘗ては、入所者の方々が暮らす居住棟が並んでいた。多磨全生園あやめ通り白線は盲導線 案内図によると、「あやめ通り」と名付けられた道路である。 「1」でも見た様に、古航空写

  • 北の離れ 多磨全生園 3

    多磨全生園 3 前回の宗教地区の東、南門近くに来ると、小高い築山がある。これは、「望郷台」或いは「望郷の丘」とも呼ばれるものだ。高さ約10mとされている。築山を北から築山を南から 大正11年(1922)に全生園(当時は全生(ぜんせい)病院)の敷地を南

  • 北の離れ 多磨全生園 2

    多磨全生園 2 前回の洗濯場跡から、自転車の消えて行った方角へ進むと、左手に、監視塔かと訝るほど背の高い高架水槽が現れる。その下を行くと、通り沿い樹々の狭間にこじんまりした建物が右手に散在している。左手の遠くには、居住棟が多く見える。ハンセン病の後遺症を

  • 北の離れ 多磨全生園 1

    多磨全生園 1 東京西部、「所沢街道」と通称される道路がある。東京都道・埼玉県道4号東京所沢線の一部、西東京市田無町一丁目交差点から埼玉県所沢市金山町交差点に至る間だ。この道路が、東村山市西部の青葉町を通り抜けるその東側に広大な施設がある(面積352,796平方m

  • 北の離れ デイタイムライト

    デイタイムライト 可也、寂れたイキフンの公園である(標高138.3m)。連光寺公園 旧火工廠多摩火薬製造所跡地周辺の鉄塔をロードバイクで巡った際、、チーランする為に訪れた、多摩市連光寺の、その名も「連光寺公園」。隣接する「桜ヶ丘公園」に比し、可也小さく且

  • Fe塔 多摩火薬製造所 6

    多摩火薬製造所 6 51号鉄塔を最後に、サカハチは遂に川崎街道を離れる。私は架空線を追って、連光寺坂上交差点から左に折れ、都道137号沿いの住宅地の、街路樹に包まれた坂を目指す。境八王子線51号と桜ヶ丘カントリークラブ正門 交差点から、振り返る51号と桜ヶ丘カ

  • Fe塔 多摩火薬製造所 5

    多摩火薬製造所 5 1、2、3そして4と、サカハチと併架(へいが)の南多摩水再生センター線と多摩川衛生組合線を紹介してきたが、今回からは、サカハチの単独鉄塔となる。しばらくは桜ヶ丘カントリークラブの敷地内となり、川崎街道から見上げることしかできない。よって、

  • Fe塔 多摩火薬製造所 4

    多摩火薬製造所 4 川崎街道に沿い、「1」の境八王子線39号/南多摩水再生センター線1号から1Km程進んできたが、鉄塔たちとは街道を挟んだ反対側、元「火工廠多摩火薬製造所」、現米空軍THRC(「Tama Hills Recreation Center」。「Tama Service Annex」とも)は、まだま

  • Fe塔 多摩火薬製造所 3

    多摩火薬製造所 3 前回の境八王子線42号/南多摩水再生センター線3号付近から、望む先の鉄塔たち。若番側鉄塔 43/4号と次なる鉄塔の、ツーショットだ。 境八王子線43号/南多摩水再生センター線4号(標高65.7m)は、THRC(Tama Hills Recreation Center)正門を越え

  • Fe塔 多摩火薬製造所 2

    多摩火薬製造所 2 大丸公園を出、街道北側に建つ境八王子線41号/南多摩水再生センター線2号へ向かうと、すぐお隣に「稲城市立病院」。稲城市立病院(標高52.4m) 可也規模の大きな立派な病院だが、ここは、もともとは昭和15年(1940)4月に多摩火薬製造所内に設

  • Fe塔 多摩火薬製造所 1

    多摩火薬製造所 1 今回からは、嘗ての「火工廠多摩火薬製造所」と川崎街道に沿って建つ鉄塔たちをご紹介。一寸数が多いので、数回に分けてお送りしたい。 これ等鉄塔、基本的には境八王子線(サカハチ)なのだが、前半の数基は、下段に複数の東電路線を併架している

  • 北の離れ 霊園掃苔―桃李

    霊園掃苔―桃李 鉄塔取材の際、たまたま遭遇した、日野市の「小島善太郎記念館(百草画荘)」(2013年開館)。 日野市立小島善太郎記念館手作りな表札が右門柱に その画荘主(あるじ)であった小島善太郎氏(1892-1984)のお墓が多磨霊園にあるのを知り、これも何か

カテゴリー一覧
商用