プロフィールPROFILE

fujioさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
損害保険会社の交通事故での極悪手法
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/amplia
ブログ紹介文
日本交通事故鑑定人協会が、交通事故の調査において、損害保険会社や警察の悪質など公開。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2018/05/02

fujioさんのプロフィール
読者になる

fujioさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 45,792位 45,792位 45,665位 45,769位 45,808位 45,759位 45,843位 978,212サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 1,466位 1,466位 1,484位 1,491位 1,484位 1,481位 1,483位 31,401サイト
自動車保険 2位 2位 圏外 2位 2位 圏外 圏外 104サイト
事故・争い 5位 5位 5位 5位 4位 5位 5位 101サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 66,678位 58,547位 58,523位 58,480位 58,568位 64,944位 64,912位 978,212サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 2,091位 1,900位 1,900位 1,908位 1,906位 2,141位 2,146位 31,401サイト
自動車保険 2位 1位 圏外 1位 1位 圏外 1位 104サイト
事故・争い 3位 3位 3位 3位 3位 4位 4位 101サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,212サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,401サイト
自動車保険 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 104サイト
事故・争い 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 101サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、fujioさんの読者になりませんか?

ハンドル名
fujioさん
ブログタイトル
損害保険会社の交通事故での極悪手法
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
損害保険会社の交通事故での極悪手法

fujioさんの新着記事

1件〜30件

  • 警察から感謝状をもらう自称交通事故鑑定人と警察の関係

    元警察官だった者が、交通事故鑑定人をしています。警察は、交通事故の調査など、ろくにできない、要するに仕事ができない人たちです。誤った警察の調査による冤罪事件が多いことで、国民は「警察が信用できないところだ」ということを、もうよくわかっていると思います。そんな警察官たちが、警察を辞めた後、その多くが探偵業や交通事故鑑定業をしているのです。仕事がろくにできない元警察官の者たちが、独立開業して、勝手に鑑定人を名乗っているのです。仕事ができない、能力がない人たちなので、その鑑定内容は、恐ろしいほど幼稚です。文章も、支離滅裂でわかりにくいのです。さらに、思いっきり、古い時代の実証実験の様子の写真を添付してきたりします。昭和の時代真っ盛りの、角ばったデザインの乗用車が登場する実験の様子なのです。「ああ、なつかしい車だな…」...警察から感謝状をもらう自称交通事故鑑定人と警察の関係

  • 無能な弁護士が勝てない案件を受任して放置する『日本交通事故鑑定人協会』

    弁護士が、事件の委任を受けて、仕事をしないで放置するという情報、本当に多く聞きます。「依頼人から事件処理を受任する」ということは、仕事をして当たり前なのです。しかし、無能な弁護士は、てきぱきした仕事ができず、のらりくらりとして、結局は、仕事を放置しています。弁護士は依頼人からは、当然に、着手金を支払ってもらっているはずですので、仕事をしないということは、詐欺みたいなことをしているということです。「だいぶ前に弁護士に依頼したが、その後どういう状況かわからず、弁護士からは現況の報告もない」「弁護士に電話して、進捗状況を聞こうとしたが、弁護士がいつも不在で連絡が取れない」「弁護士が動いてくれず、相手方の言うなりになっていたようで、こちらが不利になってしまい大損した」このような情報は、ほんの氷山の一角です。弁護士への不...無能な弁護士が勝てない案件を受任して放置する『日本交通事故鑑定人協会』

  • 元警察官の自称鑑定人が”依頼者になりすまし”で他の鑑定人に依頼『日本交通事故鑑定人協会』

    元警察官の、まともに交通事故の鑑定ができない『自称交通事故鑑定人』がいます。仕事がなく、暇なこの自称交通事故鑑定人に、たまに、奇遇的に、鑑定依頼が舞い込みます。しかし、この自称交通事故鑑定人は、警察にいた元警察官です。そもそも警察なんて、交通事故の調査ができるわけがわりません。しかも、警察の調査結果について、自称交通事故鑑定人は、元仲間のことを悪く言う鑑定は、一切しません。企業(損害保険会社)にも媚びを売って(損害保険会社から仕事がほしいので)、損害保険会社の調査を批判することも、一切しません。さらに、交通事故の鑑定そのものができないので、実際に、依頼が来てしまえば困るのです。自称交通事故鑑定人は、交通事故の解析ができないので、鑑定書も作成できないのですから。そこで、私ども日本交通事故鑑定人協会へ、鑑定依頼して...元警察官の自称鑑定人が”依頼者になりすまし”で他の鑑定人に依頼『日本交通事故鑑定人協会』

  • 交通事故は物理の公式では解析できない!『日本交通事故鑑定人協会』

    交通事故を解析しようとしても、物理の公式では計算できません。交通事故で、物理の公式を使うことは、インチキです。物理の公式は、一見、難しそうな記号入りの計算式が羅列してあります。それに数字を代入して、「ポン!」と速度が出るというものです。しかし、その物理の公式には、路面の状況(ツルツルの路面か、雨が降って滑る路面か、砂利の路面か、草が生えて凹凸が激しい路面か、など)は、代入できないのです。さらに、衝突の際の消耗したエネルギーの状況(衝突時、車のボディーが凹み、エネルギーを吸収するように造られていること)も、代入できないのです。物理の公式で出てくる計算は、ビリヤードの球のような硬い物同士が当たって、球が勢いよく跳ね返る様子、そんな状況には応用できるものです。ところが、実際の車は、衝突したら車体のボディーが凹みます。...交通事故は物理の公式では解析できない!『日本交通事故鑑定人協会』

  • 交通事故の現地調査は、1日間かまたは2日間で完了できるもの『日本交通事故鑑定人協会』

    元警察官の自称交通事故鑑定人は、鑑定の料金がおおよそ5万~50万円だと公表しています。5万円から50万円という幅の広さ、その差、45万円もある!!何でそんなに差があるのでしょうか?実に不思議です。もうこれだけで、この自称交通事故鑑定人は、信用ないですね。この表記で、消費者たちは、すぐに”怪しい”と勘繰ります。費用や料金は、明確に、わかりやすく表示するのが常識です。『だいたいこれぐらい』とか、『おおよそ50万』とか、それはどんぶり勘定の典型的な詐欺商売であり、怪しい証拠です。皆さま、費用や料金が高いということは、何を表すか、ご存じでしょうか?答えは、「注文(仕事)がないから」なんです。たくさんの注文(仕事)があれば、儲かっていますので、単価は安くなるんです。ところが、「仕事がない」「商品が売れない」という状態であ...交通事故の現地調査は、1日間かまたは2日間で完了できるもの『日本交通事故鑑定人協会』

  • 信用なく、仕事を干された暇な自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

    お客様からお金を支払って頂いたのであれば、その対価である商品(サービス)を提供するのは、常識です。その商品(サービス)が提供できないのであれば、売買契約はしない(依頼を引き受けない)ということも、常識です。しかし、学歴なしの元警察官の自称交通事故鑑定人は、お客様から高額なお金を先にもらっておき、仕事(鑑定)をしないのです。お客様を裏切る行為は、絶対に許されることではありません。この自称交通事故鑑定人が作成した鑑定書が、ネットで公開されていますが、内容がおかしいと批判されています。鑑定で大事なのは、証拠を提示することです。そして、その証拠は、誰でも納得できる証拠でなければなりません。自称交通事故鑑定人が作った鑑定書の内容を読むと、「意味がわからない」とか「変な物理の公式が羅列してある」とか、「明らかに偏見ある内容...信用なく、仕事を干された暇な自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

  • 交通事故で弁護士に依頼したら裏切られた『日本交通事故鑑定人協会』

    ある依頼者の、実際の話です。信号で停止中に後続車から追突された交通事故に遭って、相手方と揉めたので、弁護士を探して相談して、以後、この弁護士に示談・裁判などを一任しました。弁護士費用は、依頼者が支払いました。ところが、この弁護士は、相手方の言いなりになっていました。相手方が主張することに対し、一切反論せず、依頼者にも多大な過失がある状況で、話がまとまろうとしていました。「ちょっと待って下さい!」「違うでしょ!」「この弁護士、どっち側の弁護士なの?」と依頼者は、もう怒りがこみ上げる心情となりました。依頼者は、すぐに弁護士に抗議をして、もう一度、事故の詳細について説明しました。ところが、この弁護士は「相手方の言ってる内容が、正しい」と言わんばかりの対応でした。この弁護士は、着手金をもらう時は、事故についてとても気の...交通事故で弁護士に依頼したら裏切られた『日本交通事故鑑定人協会』

  • 「交通事故に強い弁護士」はいない『日本交通事故鑑定人協会』

    「交通事故に強い弁護士」と謳っているホームページを見かけます。そんな弁護士から日本交通事故鑑定人協会へ、交通事故の鑑定の依頼を受けたことも多くあります。↓↓↓どれも、さっぱり仕事ができない、ひどい弁護士たちでした。まだ相手方の無名な、ホームページすら開設していない弁護士の方が、ちゃんと仕事をして普通でした。弁護士費用特約で、交通事故に関する依頼を大量に受けて、弁護士も仕事が潤った時期があったようです。保険会社は、弁護士費用特約の使用に制限を付しましたので、弁護士費用特約が使いにくくなり、弁護士に仕事がなくなりました。世間の皆さんが誤解していること、この世の弁護士は、全て優秀だと思っていることです。何かトラブルがあって、弁護士に依頼したら、全部解決してくれると思っているのは、間違いです。弁護士にも、色々います。昔...「交通事故に強い弁護士」はいない『日本交通事故鑑定人協会』

  • 事故当事者が交通事故鑑定を依頼する『日本交通事故鑑定人協会』

    交通事故に遭って、対応を弁護士に依頼したら、弁護士がちっとも動いてくれない…そんな声を多く聞きます。世の中「交通事故に強い!」と宣伝している弁護士ですら、交通事故のことをよくわかっていないので、裁判で負けています。てきぱきと動かない弁護士相手方の主張に反論できない弁護士仕事しないで放置している弁護士そんな弁護士の対応を忍耐強く待っていたら、裁判に負けてしまいます。お金を払って弁護士に依頼したのに、弁護士が仕事をしないというのは、交通事故の被害者にとっては、二次的にも被害に遭うということです。こういう場合は、どんどん、自分で証拠を集めないといけません。日本交通事故鑑定人協会には、「弁護士が頼りないから」という理由で、事故当事者である本人が鑑定を依頼してくるケースも多いです。これ以上、弁護士の対応を待っていたら、ず...事故当事者が交通事故鑑定を依頼する『日本交通事故鑑定人協会』

  • 仕事が遅い弁護士はダメ『日本交通事故鑑定人協会』

    事件解決には、迅速に対応しなければならないことが多いのです。しかし、弁護士の中には、対応が遅い弁護士がいます。そのような弁護士は、仕事ができません。日本交通事故鑑定人協会には、事故当事者の依頼者から調査依頼があります。その多くが「弁護士が仕事ができない」ことで、弁護士に任せていたら負けてしまうと、事故当事者の本人が、必死で証拠集めをしているのです。一方、弁護士は、準備書面など、書面を作成するだけ。必死で動いているのは、依頼者でした。日本の民事裁判は、本人が証拠を集めないといけないシステムですが、これではあまりに弁護士が無能すぎます。「実況見分調書や相手方の写真(保険会社の調査報告書)など、資料を取り寄せしてほしい」と、依頼人が弁護士に頼んでも、いつまでも取り寄せをしていないのです。相手方から書面が提出されても、...仕事が遅い弁護士はダメ『日本交通事故鑑定人協会』

  • 交通事故裁判で、弁護士に一任してたら負けた『日本交通事故鑑定人協会』

    『弁護士に着手金を支払って、交通事故の事件の解決を委任したら、不利になっていた』依頼人は、弁護士を信頼しきっていたのでしょう。弁護士に依頼したら、必ず、良い方向で解決してくれるものと。ところが、弁護士はいつまでも裁判を続けていて、何の進展もない。その間、弁護士からは途中経過などの報告も一切なく、依頼人は裁判の状況もわからない。結局、3年も裁判をして、判決が出たら、負けていた…弁護士は、やる気もなく、着手金だけもらったら、あとは知りません状態です。弁護士は裁判に負けても、悔しくはありません。弁護士は、着手金分は、儲かっていますので。そして「控訴しますか?」なんて、弁護士はのん気なことを言います。控訴したら、依頼人にまた控訴費用がかかるでしょ!質の悪い弁護士には、ほんと用心です。裏切られた依頼人は、本当に気の毒です...交通事故裁判で、弁護士に一任してたら負けた『日本交通事故鑑定人協会』

  • 衝突と接触事故を繰り返し、加速し続けた不思議さ『日本交通事故鑑定人協会』

    このところ高齢者のドライバーによる交通事故が、多く報道されています。事故を起こした高齢ドライバーたちの乗っていた車種に共通点があり、欠陥車か?と方々で話題になっています。福岡市早良区の事故では、高速で700mも暴走を続けながら、何台もの他車と接触や衝突を繰り返していました。700mも加速しながら走り続けた車に対し、『アクセルとブレーキの踏み間違い』という警察の発表には、また警察のまぬけぶりが露呈されていました。アクセルペダルまたはブレーキペダルにあった運転者の足は、接触や衝突の事故の瞬間は、衝撃があって、飛ばされますので、運転者の足は、アクセルペダルまたはブレーキペダルから離れてしまいます。そのため、ずっと踏み続ける状態は困難です。アクセルを踏んでいた状態で衝突や接触事故を起こしたら、事故の瞬間は、アクセルペダ...衝突と接触事故を繰り返し、加速し続けた不思議さ『日本交通事故鑑定人協会』

  • 安くて気軽にできるメール鑑定は日本交通事故鑑定人協会だけ

    交通事故の鑑定というと、えらく、小難しいような、専門的なことのようなイメージがありませんか?実際は、そうではありませんよ。本当の交通事故鑑定というのは、誰が読んでも、その内容の意味がちゃんとわかるものになっています。意味不明な鑑定書は、詐欺鑑定です。→詐欺行為は、罪です。どういうのが、詐欺かというと…・証拠にならない物理の公式を並べた、詐欺鑑定だったり・昭和の時代の古い自動車を使った実証実験の映像を鑑定書に載せたり・鑑定結果を述べていても、その根拠となる”理由”を書いていない鑑定書だったりあくどい、悪質鑑定が世の中にありますので、みなさん、どうぞご用心!日本交通事故鑑定人協会は、本来は、未修理の事故車の傷の科学解析を行う、科学鑑定をしています。しかし、「写真がその他の資料だけから、わかる範囲の見解を知りたい」と...安くて気軽にできるメール鑑定は日本交通事故鑑定人協会だけ

  • 弁護士だけでは交通事故は解決できない『日本交通事故鑑定人協会』

    交通事故に遭ったら、弁護士に依頼します。弁護士は、示談交渉や裁判をしてくれます。ところが、『示談交渉はろくにできない』『裁判をすると負ける』といった弁護士ばかりです。実際、私どもが調査をすると、依頼者から「弁護士が頼りないので…」と不満をぶちまけられることが多いのです。交通事故で、せっかく弁護士に委任しても、・相手方の言いなりになっている・きちんと実況見分調書など、資料を取り寄せてくれない・ちゃんと動いてくれない(仕事しないで放置されている)などという状況に陥っています。依頼者は相手方だけでなく、身内であるはずの弁護士に対しても、ストレスを抱える状態です。着手金という高額な費用を弁護士に支払っておいて、弁護士は仕事ができないのです。そのためにほとんどの依頼者が、証拠を自分で集めています。交通事故鑑定の依頼は、事...弁護士だけでは交通事故は解決できない『日本交通事故鑑定人協会』

  • 弁護士に好評のメール鑑定『日本交通事故鑑定人協会』

    「現在、裁判で係争中なのだが、今ある写真と資料の中から解析してほしい」という弁護士の要望が多くあります。これに対応したのが、日本交通事故鑑定人協会の『メール鑑定』(28,000円)です。『メール鑑定』では、現地調査は行いません。写真とその他の資料などをお預かりして、鑑定人が解析します。解析の結果は、鑑定人から直接、メールの文章で送信します。現地調査を行わないので、鑑定書も作成しませんので、時間短縮となります。そのため、メールで素早く解析結果がわかるのです。裁判のために、今ある資料の中からわかる範囲の見解を知りたいという弁護士にとっては、とても便利だと、好評を頂いています。費用も、28,000円(税込)と安いので、活用しやすいというお声も多く頂きます。巷には、元警察官や保険会社関係者による自称交通事故鑑定人がいま...弁護士に好評のメール鑑定『日本交通事故鑑定人協会』

  • とりあえずメールで鑑定してみる『日本交通事故鑑定人協会』

    交通事故鑑定って、どんなもの?そう思っている人、多いのではないでしょうか。「鑑定書なんて、すごく高いんじゃないの?」「鑑定ができるまで、長い日数がかかるのでは?」交通事故鑑定というのは、とても高い料金がかかって、鑑定が出来るまでに何か月もかかると思っている人もいるでしょう。でも、本当の実績ある交通事故鑑定人なら、ちんたらと日数はかからないのです。これまで解析を重ねてきた経験があり、技術・実力を伴う鑑定人なら、迅速に鑑定ができて当然だからです。日本交通事故鑑定人の『メール鑑定』がその証です。写真とその他資料を見た鑑定人が、メールの文章で、解析結果をお送りします。素早い対応ができるので、多くの弁護士が、裁判で、日本交通事故鑑定人の『メール鑑定』を活用してきました。お陰様で「迅速に鑑定ができた」と弁護士から好評を得て...とりあえずメールで鑑定してみる『日本交通事故鑑定人協会』

  • 最も安い鑑定は、日本交通事故鑑定人協会の『メール鑑定』

    高い鑑定料金を取っている、悪質な自称交通事故鑑定人たちがいます。みなさん、ご用心下さい。我々、日本交通事故鑑定人協会の『メール鑑定』は、28,000円(税込)です。鑑定料金に、100万円もかかる、詐欺みたいな鑑定機関もありますが、日本交通事故鑑定人協会の『メール鑑定』は、たった28,000円です。依頼人からお預かりした写真や資料を鑑定人が見まして、その見解を鑑定人からメールの文章でお返事するのが『メール鑑定』です。裁判で係争中の案件で、「次回期日までに、ちょっと解析してほしい」という弁護士から、絶大な好評を得ているのが、この『メール鑑定』なのです。『メール鑑定』は、現地調査を行わないで、写真と資料から解析します。解析結果がわかるのが、早いんです。手っ取り早く、交通事故鑑定ができるということで、人気の『メール鑑定...最も安い鑑定は、日本交通事故鑑定人協会の『メール鑑定』

  • メール鑑定が好評です『日本交通事故鑑定人協会』

    世の中、景気が悪いです。働き方改革にて、収入が減った労働者が多くなり、消費面も節約志向がより一層強くなりました。営利企業である保険会社も、昨年2018年に起きた、西日本豪雨や大阪の地震、北海道の地震など災害のために、保険金の支払いが膨大になっています。損害保険会社にとっては、「とても、自動車保険にまで、保険金なんて出せないわ」そんな感じでしょうね。日本交通事故鑑定人協会では、当初から一貫して、安い費用で鑑定を行ってきました。巷のあくどい自称交通事故鑑定人たちは、鑑定料金に、50万や100万といった、えげつない料金を取って、中身のない(証明できていない)鑑定書を作っています。鑑定書を、依頼人にちゃんと渡すならまだまだ良いですが、高額な料金を前払いで取っておいて、1年以上経っても、いつまで経っても『鑑定書を送ってこ...メール鑑定が好評です『日本交通事故鑑定人協会』

  • 警察と一緒に仕事をして、感謝状をもらう自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

    警察は、交通事故の解析鑑定はできません。警察は、道路上の傷の痕や、事故車両の写真撮影だけ行う、記録係です。その記録も、抜け落ちがあったり、事故と関係のない場所の写真を撮っていたりしますが…交通事故をしたことのある人で、警察の対応(仕事ぶり)に満足した人はいますか?いないでしょう。依頼者様から、「警察というのは本当にひどい」という話ばかり聞きます。そんな警察から、『感謝状を貰った』と頻繁に告知している、元警察関係者の自称交通事故鑑定人がいます。自称交通事故鑑定人は、元警察官です。インターネット上では、この自称交通事故鑑定人の鑑定により、「金銭的な損害を被った」「捏造の鑑定により被害を受けた」という情報であふれています。元警察官の自称交通事故鑑定人ですので、そもそも、交通事故の解析鑑定なんてできないのです。なのに、...警察と一緒に仕事をして、感謝状をもらう自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

  • 交通事故の真実は一つ『日本交通事故鑑定人協会』

    交通事故の調査をしますと、次第に事実が見えてきます。ご依頼人や相手方が、色んなことを言いますが、一貫して、『事実は一つ』なのです。日本交通事故鑑定人協会は、死亡事故の調査依頼が多いです。ご遺族には、「どのような事故で亡くなったのか?」という疑問があるのです。警察が作成した『実況見分調書』には、交通事故の解析ができない警察の署員が、事故と関係のない痕まで拾って記録していることもよくあります。または、無能な警察の署員は「重要な傷の写真を撮っていない」ということもあるのです。そのため、警察が作る実況見分調書は、あまり役に立たないと言っても過言ではありません。このような実況見分調書を完全に信用しきる弁護士がいます。警察の調査は正しいと言う弁護士がいます。一方、ご遺族は、「おかしいな」と感じているのです。しかし、弁護士は...交通事故の真実は一つ『日本交通事故鑑定人協会』

  • 仕事を干された自称交通事故鑑定人が、ヤフー知恵袋で他の鑑定人を妨害『日本交通事故鑑定人協会』

    テレビにも頻繁に出ていた、元警察官の自称交通事故鑑定人がいます。この者は、間違った物理の公式を使った鑑定をしていました。この者のブログでは、世間の交通事故の事件を、自分流で勝手に解説したりしています。最近は、画像の解析や、事件の鑑定人であるということです。しかし、この者の画像の鑑定では、ある裁判で、80万円以上の料金で鑑定をしたのですが、この者は、80万円以上の高額な料金をもらいながら、公正な鑑定をしなかったと、被害者のブログで、名指しで、鑑定書の画像も公開されて、非難されています。その画像鑑定の内容はお粗末で、ひどい鑑定だと、叩かれています。また、その者の営業所の電話番号で検索すると、口コミの投稿者により、”この者は料金だけ取って鑑定をしない、詐欺である”とか、”電話をかけても、いつも誰もいない”とか、”鑑定...仕事を干された自称交通事故鑑定人が、ヤフー知恵袋で他の鑑定人を妨害『日本交通事故鑑定人協会』

  • 警察や保険会社の応援をする自称交通事故鑑定人たち『日本交通事故鑑定人協会』

    警察は、証拠の改ざん・偽造は、お手のものです。刑事事件の報道などでも、たびたび、警察による証拠隠滅や偽造が報じられているので、みなさんもよくご存じでしょう。交通事故では、元警察が交通事故鑑定をしていることが多いです。警察を退職して、交通事故鑑定をしている者が多いのです。これらの者の鑑定は、”警察の見解が正しい”ということが、基本になっています。「偽造や改ざんをした警察の調査が正しい」と助長する鑑定書を書くのです。警察が正しいか、それとも加害者や被害者の主張が正しいのかは、調査してみないとわかりません。どんな事故であったのか、誰が正しいことを言っているのかは、調査してみないとわかりません。しかし、元警察官の自称交通事故鑑定人たちは、警察から委託を受けて鑑定をしていますが、言うことは決まっています。「警察の言う通り...警察や保険会社の応援をする自称交通事故鑑定人たち『日本交通事故鑑定人協会』

  • 保険会社になめられる弁護士『日本交通事故鑑定人協会』

    「この弁護士、大丈夫かな…」という弁護士が多いですね。交通事故では、弁護士費用特約というのがあって、弁護士費用や交通事故の鑑定費用が、保険会社によって負担してもらえるのです。本来は、弁護士費用も鑑定費用も、当事者が負担すべきものを、保険会社が支払ってくれる、画期的な保険商品です。弁護士費用特約にご加入している方も多いと思います。この弁護士費用特約にたかった弁護士も多くいました。一時は、保険会社がすんなりと費用を支払ってくれていました。ところが、保険会社が弁護士費用特約を使わせない、要するに保険会社が費用を出さなくなったのです。とある弁護士が、保険会社に鑑定費用を出してもらえるか、保険会社に尋ねてみました。保険会社の担当者は「OK」を出し、了承しました。それで、交通事故の鑑定を依頼しました。鑑定後、その鑑定費用を...保険会社になめられる弁護士『日本交通事故鑑定人協会』

  • 交通事故鑑定をやっていない、詐欺の自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

    「交通事故の鑑定料金100万円を、前払いで支払ったのに、鑑定書が送られて来ない」「ホームページの電話番号に電話しても、誰も出ない」「廃品回収の仕事をしていて、鑑定の仕事などしていない」お客様をバカにしている、こんなひどい情報が飛び交っている、自称交通事故鑑定人がいます。交通事故鑑定をしているわたしどもは、このアホな者のせいで、ほんと迷惑なのです。この自称交通事故鑑定人は、最近は、UFO研究家でもあると、自称しています。この自称交通事故鑑定人は、元警察官なので、使用する文言が、警察用語なのです。例えば、通常写真は、一枚二枚…と表記しますが、警察では『一葉』などと表記します。『一枚』と言えば良いのに、この自称交通事故鑑定人は『葉』を使うのです。そして、電話をかけるという文言も、自称交通事故鑑定人は『架電』という表現...交通事故鑑定をやっていない、詐欺の自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

  • ウィキペディアを宣伝で使う自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

    ヤフー検索で、『交通事故鑑定』や『交通事故鑑定人』と検索すると、鑑定業者などのHPがあがってきます。そのなかに『交通事故鑑定人』を説明した、ウィキペディアもあります。その説明の内容が、ある自称交通事故鑑定人がしきりに、自身のホームページやブログで主張している内容になっていました。要するに、ウィキペディアの『交通事故鑑定人』は、この自称交通事故鑑定人の『宣伝広告』になっていたのです。そして当然に、間違ったことが書いてありました。「交通事故鑑定の依頼は、主に弁護士から依頼を受ける」と書いてあるのです。弁護士以外の一般の人からの依頼は、ほぼないと。とんでもない!違いますよ!交通事故の鑑定は、弁護士でも、一般の人でも、誰からでも依頼を受けます。正確なこととしては、弁護士よりも、一般の人からの依頼の方が、多いのです。交通...ウィキペディアを宣伝で使う自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

  • 写真から解析する工学鑑定は、証拠がないので証明ができない

    よく『工学鑑定』をしている自称交通事故鑑定人がいます。工学鑑定とは「過去の似た交通事故のデータ集から、今回の事故を解析したもの」です。似た交通事故であれば、車の損傷の具合も、似ているからです。それと、鑑定人なら、数えきれない事故の調査を行ってきていますので、自らの経験値から、交通事故の態様を推測するものです。これが『工学鑑定』なのです。損傷を受けた事故車の写真を見て、「あっ、これはたぶん、時速30キロくらいかな」と推定で出すのです。推定なので、根拠はありません。根拠がないということは、証拠にならないということです。従いまして、交通事故の裁判の時、工学鑑定で述べる鑑定書があっても、それは証明していることにはなりません。では、本当の交通事故の鑑定とは…未修理の事故車の傷・凹み・歪みをトータル的に解析し、特に傷の部分...写真から解析する工学鑑定は、証拠がないので証明ができない

  • 弁護士費用特約が使えない『日本交通事故鑑定人協会』

    今年は、災害が多い年です。大阪の地震、西日本豪雨、関空が損傷した大型台風、北海道の地震など。火災保険は、大変ですよ。損害保険会社は、保険金の支払い額が、相当な金額になっています。保険会社の出費が多いと、そのしわ寄せは、消費者にきます。火災保険、掛け金が上がるでしょうね。同じく損害保険会社の自動車保険も、すごい出費です。豪雨で浸水した車両、高潮で発火した車両の映像をご覧になっていると思います。物損事故で「弁護士費用特約を使いたい」なんて言ったって、きっとダメと言われるでしょう。それでなくても、最近は、弁護士費用特約が使えないトラブルが多いのです。災害が増えて、そちらが優先になり、交通事故の対応まで回らないでしょう。もしもの時の備えは、保険ではありません。保険会社は助けてくれません。自分のことは、自分で守るのです。...弁護士費用特約が使えない『日本交通事故鑑定人協会』

  • 文章が下手な自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

    元警察関係者が、警察を辞めたあと、交通事故鑑定業をしていることが多いです。元警察の交通課にいたからという理由で、鑑定をしているようです。しかし、警察の交通課が、そもそも交通事故の調査ができないのに、それを売りにしてどうするのか?警察など公務員には高卒が多いです。大学受験というハードルを越えてきていない分、勉強が十分でないところがあります。そして、文章が書けない者も多いです。鑑定書を書くのに、文章が書けないと、どうなるでしょう??答え:意味不明な鑑定書になっています。元警察官の自称交通事故鑑定人の作成した交通事故鑑定書は、何が言いたいのか?よくわからない内容なのです。文章には、起承転結があります。自称交通事故鑑定人の鑑定書は、起と結はありますが、間の承と転が、ご不在なのです。要するに、事故の説明と、鑑定の結果は書...文章が下手な自称交通事故鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』

カテゴリー一覧
商用