住所
-
出身
-
ハンドル名
星☆さん
ブログタイトル
日本版美男ですね 妄想恋愛二次小説
ブログURL
https://ameblo.jp/yumio-hoshi/
ブログ紹介文
日本版『美男ですね』の妄想二次小説です!特に廉美子ファンの皆さんのために!
自由文
ミステリーあり、ファンタジーあり、ただの恋愛小説ではおわりません。廉さんの勇ましい姿も、美子ちゃんの色っぽい姿も見られます。展開が2転3転します。ハラハラドキドキをお楽しみください!!
更新頻度(1年)

52回 / 270日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2018/04/28

星☆さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 37174 0 0 0 0 0 0 946456サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 20 10 0 20 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 276 0 0 0 0 0 0 12089サイト
恋愛小説(純愛) 14 0 0 0 0 0 0 994サイト
ミステリー・推理小説 18 0 0 0 0 0 0 517サイト
ファンタジー小説 34 0 0 0 0 0 0 1173サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 52828 45186 45793 48113 53063 53212 51012 946456サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 20 10 0 20 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 269 225 224 238 271 264 258 12089サイト
恋愛小説(純愛) 18 18 17 20 20 20 19 994サイト
ミステリー・推理小説 12 7 8 10 17 16 13 517サイト
ファンタジー小説 30 23 24 28 33 28 24 1173サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946456サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 20 10 0 20 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 0 0 0 0 0 0 0 12089サイト
恋愛小説(純愛) 0 0 0 0 0 0 0 994サイト
ミステリー・推理小説 0 0 0 0 0 0 0 517サイト
ファンタジー小説 0 0 0 0 0 0 0 1173サイト

星☆さんのブログ記事

?
  • 第22話 心とろかすキス

        不意をつかれて驚いた美子が目を見開いたままじっとしていると、廉がすっと唇を離し、「おい、目を開けたままじゃムードが台無しだろ? 」とフッと笑った。  …

  • 第21話 二人きりの車の中で

    **夜中12時すぎ**「……子、美子!」誰かに名前を呼ばれて、美子はハッとして瞼を開けた。 すると、目の前に迫っている美男の顔があった。「お兄ち…

  • 第20話 ありがとう、そして、さようなら

    すると、「──この間は、ごめんなさい。ミコさんの言ってたことが本当は正しいことだったのに、全てのことから逃げちゃってた……怖かったんだ、また自分の大切…

  • 第19話 ドッキリにビックリの2人

    美子しかいない合宿所の玄関のベルが鳴った。もう少しで音楽番組が始まるというその時に一体どんな来客なのだろう。 美子は恐る恐るドアモニターを覗くと…

  • 第18話 お節介すぎた兄心

    つまり、俺は日本にはすでに予定の日に帰って来てはいたんだが、少しの間だけでも、美子が廉に逢えるように計らったつもりだったんだよ。 ほら、いわゆる…

  • 第17話 美男と外国人バンドの関係

    廉がテレビ局のスタジオに着くと、社長の安藤が玄関まで出向いていた。「おい、廉。一体何をしてたんだ? 随分ゆっくりしてたもんだな、まったく! 美男たちは…

  • 第16話 もう1人の美男

    **本番7時間前** 病院のロビーで待っていると、看護師長の中年の女性が廉に近づいてきて「今から検査を始めます。レントゲンを撮って、異常がなけれ…

  • 第15話 お前が一番大事だ

    ガタイのいい外国人が倒れている美子を睨め付けながら、ジリジリと近づいてきたそのとき、”Get away from her!”大きな声で誰かが向こうから…

  • 第14話 美男の真実は

    「いつも言われる……ミックス、ハーフ、半分って。 アメリカ人でも、日本人でもない、中途半端の半分。 でも、友達はいたよ。アメリカは人種のるつぼだか…

  • 第13話 美男の可愛いハーフ彼女?

    「ミオ、私がロスに住んでたのに日本まで来たのは誰のためだと思ってるの? ミオに会うためだよ! それに、もうパパとママにもミオとこれからお付き合いするって…

  • 第12話 不可解な真実

    「美子、この調子なら本番も大丈夫だね!」勇気もニコニコ顔で美子をべた褒めした。「美子、結構遅くまで練習してたんだよな。その成果が良く出ている。頑張ったな」 …

  • 第11話 疑惑が本当に? 決定的証拠

    廉が合宿所に着いた頃には、さすがにもうグッタリだった。ソファーの陰で中腰を続けたせいで腰も痛い。廉は腰を擦りながらこのまま風呂に入って寝てしまおうと、…

  • 第10話 純粋な美子の大胆な浮気?

    廉は、目を疑うような光景を目の当たりにして、交差点で呆気にとられたまま外車の後部を見ていると、後ろからクラクションを鳴らされ、我に返って慌ててアクセル…

  • 第9話 廉の告白

    **夜9時** 夕飯のためにメンバーで近くの居酒屋の個室に入ると、廉が食事を始める前に皆の顔を見回して真剣な表情で言った。「──実は、もう気づいてるかも…

  • 第8話 美子の災難

    事務所の練習室ではすでに廉の後すぐに柊、勇気も揃い、一緒に新曲の演奏を合わせていた。 しかし、いつまでまっても美男は現れない。「ねえ廉さん、今日…

  • 第7話 誤解、誤解、誤解

    「廉さん、私に用じゃなかったのかしら? 」 すると、ほどなくしてその廉から美子のケータイに電話が入った。「おい、美子、お前今どこにいる?」「はい、私は今…

  • 第6話 嘘つき美子?

    「わかった。お前がそう言うなら、出来る限り俺も協力する。しかし……本当にお前の兄貴はどうしようもないやつだな。お前はあんなやつの犠牲になる必要はないんだぞ。何…

  • 第5話 メンバーには秘密

    音楽番組の三日前、美子はA.N.JELLの新曲のキーボードを練習するため、修道院から事務所に向かっていた。 事務所には誰にも会わずに来られたが、…

  • 第4話 ヤンチャな美男

    2019年1月某日、A.N.JELLは新年の顔合わせのため社長室に呼び出されていた。 今年も勢いに乗って、幸先の良いスタートを切りたいものだと社…

  • 第3話 天使級のイケメン

    「もしかして、あのルカさんなの? 」美子は驚きの声を上げた。「ハーイ、ミコさん。オヒサシブリデスネー! オゲンキデシタカ?」ルカは最初から美子だと分かっていた…

  • 第2話 アイムノットアボーイ

    美子たちはデパートを出ると、道の向こうに見える大勢の人々が行き来している賑やかな公園に渡った。 そこは、クラフト作品や海外からセレクトされた小物…

  • アナザーストーリーpart 21 第1話 突然のKiss

    あけましておめでとうございます。どうぞ今年もよろしくお願いします!今年の抱負も、お読みいただける皆さまの日常の中の、ほんの少しの癒しになれるようなお話を書くこ…

  • アナザーストーリーpart21まえおき

    いつもお越しいただいています皆さまへいつも私の美男ですねアナザーストーリーをお読みいただき、本当にありがとうございます!!大変お待たせいたしましました!!アナ…

  • Merry Christmas

    皆さま、クリスマスを充実されて過ごしていらっしゃいますか?!大切な人、ご家族や友達、恋人とゆっくりとした時間を過ごされますように。。👨‍👩‍👧‍👦💏…

  • アナザーストーリーpart20 あとがき

    いつもお越しいただき、お読みいただいております皆さまへいつも私の拙い小説ブログ、『美男ですね』アナザーストーリー(二次小説)をお読みくださいまして、本当にあり…

  • 第23話 最終話 You are my own Santa(私だけのサンタ)

    **クリスマスの夜12時少し前のレストラン** 廉の話を最後まで聞き終えると、美子は瞳を潤ませて言った。「廉さん、パリに行って本当に良かったですね! …

  • 第22話 All I Need Is Love (君への愛が俺の全て)

    24日のパリ発羽田行のエールフランスの夜行便が一席取れた。 クリスマスシーズンとあってどの便も満席だったため、やっとギリギリになって取れたのは…

  • 第21話 Presents from Santa (サンタからのプレゼント)

    「でも、せっかく会えたのに、いいのか、それで?  俺は父親に君の養育を任されたんだよ。弟に会わせることが目的だったとしても、弟を孤児院に入れて帰るなんて…

  • 第20話 Two Lies Two Loves (二つの嘘 二人の愛)

    「どういうことだ? よく知らない人だからか?」「そう言うんじゃないよ。もう僕だって12だし、知らない大人とだって暮らせるよ。 だけど、僕のお兄さんにはお…

  • 第19話 Bonds of My Father and Brother (父と弟の絆)

    「僕は正当な手続きで彼を引き取ります。今までお世話になっていたことには感謝しています。 だが、彼にはこれから夢を叶えるため生きて行ってほしいんだ。 …