プロフィールPROFILE

nishiさんのプロフィール

住所
高松市
出身
高松市

自由文未設定

ブログタイトル
わかった!オーダーメイド相続を実現する家族民事信託活用法
ブログURL
http://munehisa0721.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
家族信託を誰でも分かるように解説します
更新頻度(1年)

50回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2018/04/20

nishiさんのプロフィール
読者になる

nishiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,088サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,781サイト
司法書士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 471サイト
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,524サイト
障がい者福祉・介護 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 304サイト
認知症 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 776サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,088サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,781サイト
司法書士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 471サイト
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,524サイト
障がい者福祉・介護 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 304サイト
認知症 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 776サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,088サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,781サイト
司法書士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 471サイト
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,524サイト
障がい者福祉・介護 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 304サイト
認知症 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 776サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、nishiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
nishiさん
ブログタイトル
わかった!オーダーメイド相続を実現する家族民事信託活用法
更新頻度
50回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
わかった!オーダーメイド相続を実現する家族民事信託活用法

nishiさんの新着記事

1件〜30件

  • 家族信託の手続きの進め方とは?

    家族信託がよく利用されるようになってきていますが、先日あるお客様から次のような相談を受けました。 「家族信託を利用したいけど、どのような流れで契約等を進めていくことになるのでしょうか。教えていただけないでしょうか。」 どのような流れで家族信託が組成されるのか分かりづらいですよね。 今回はその流れを簡単に説明しますが、大まかな流れは以下のようになろうかと思います。 1.信託の内容を決定する(信託の目的、受託者、信託する財産等) 2.信託契約書を作成する 3.不動産登記をする 4.信託口座を開設する それぞれ詳細を見ていくことにしましょう。 1.信託の内容を決定する(信託の目的、受託者、信託する財…

  • 家族信託契約書を作成する際の注意点とは?

    私たち専門家は、家族信託の契約書を作成する機会が多いわけですがどのような点に注意して作成しているのでしょうか。 家族信託の契約書はネット上で多く出回っているようですが、それを元に作成するだけでは不十分です。なぜなら、信託契約書は依頼者や家族の考えやその構成などによって内容が大きく違ってくるからです。また、将来起こりうる様々なことを想定しなければなりません。それらを踏まえて、誰がどのように財産を管理、処分し、そしてその財産を誰が承継するのか。もし、財産を預かった者(受託者)や利益を得る者(受益者)が先に亡くなった場合どのように取り扱うのか等を決定しておく必要があります。 例えば、「受託者の権限と…

  •  家族信託の基本的な仕組みと委任契約の違いとは?

    家族信託は財産を「家族に託す」わけですが、同じような手法として委任契約があります。この2つの制度はどのような違いがあるのでしょうか。 今回はその点について解説いたします。 その前に家族信託の基本的な構造を理解する必要がありますよね。 家族信託の基本的な仕組みは? たとえば、次にような具体例を挙げて説明することとします。 「財産を持っているAさんは、自身の老後が心配なので息子であるBに対して自分の財産の一部を託し、Bさんはこの財産を運用して将来Aさんが認知症等になった時に活用して欲しい。」 と依頼したとします。 このようなケースが最も典型的な家族信託の利用例ですが、この場合の財産を託すAさんを「…

  • 銀行の抵当権の付いた不動産でも信託できるのか?

    「銀行の抵当権が設定された不動産を家族信託することはできるのでしょうか」 そういったご質問を受けることがあります。 銀行等の抵当権の付いた不動産を信託することは可能ですが一定の条件があります。 それは、担保を設定している銀行等の協力が必要となるということです。 不動産を信託した場合は所有権が移転することになるため、銀行等の同意が得られれば信託することができます。名義を取得する者への債務引受を条件とする場合が多いでしょうが、そのような条件を無しに信託できる場合もあります。 「信託により、銀行等に法的なリスクは生じるのか?」 例えば、抵当権の付いた不動産を信託した場合、抵当権は消えることなく信託不…

  • 詐害信託(さがいしんたく)とはどのような信託なのか?

    詐害信託(さがいしんたく)とは? 家族信託を組成する上で、目的設定が重要であるということを以前ブログで記載しましたが、委託者が債権者を害することを目的として信託をする方もいます。これを詐害信託(さがいしんたく)といいます。 例えば、委託者がその所有する1000万円を全て信託財産として信託を設定するとします。これにより委託者の手元の財産は減少します。もし委託者に債権者がいた場合は、この信託によって1000万円をアテにすることができなくなりますよね。そうなると委託者に対する債権者の利益を害する恐れがあります。 委託者の財産を家族信託すると、この信託財産は委託者の固有の財産とは離脱して、受託者が当該…

  • 家族信託⇨遺言の順番で内容が重複した場合の取り扱いは?

    家族信託を利用する際に相談を受けたものを解説します。 以前、「遺言⇨家族信託の順番で内容が重複した場合の取り扱いは?」という記事を書きました。今回は、「家族信託を先に組成したあとに遺言書を書いた場合はどのような取り扱いになるのか。」という点について記載しました。 家族信託⇨遺言の順番で内容が重複した場合の取り扱いは? 信託の組成を契約によって行うのかそれとも遺言によって行うのかによって結論が違いますので解説いたします。 遺言による家族信託⇨遺言書作成の場合 先に書いた遺言による信託と後から書いた遺言書の両方がある場合、遺言書が複数あるということになります。このような場合は、基本的に後から書いた…

  • 家族信託で何の財産を信託すべきか

    さて、家族信託を開始するにあたってよく聞かれるのが、様々な財産がある中で何を信託したらいいのでしょうか?という質問です。 家族信託は遺言書のように「全ての財産を信託する」ということができません。そのため何の財産を信託したらいいのか、というのを考える必要があります。 では、どのような財産を信託財産としたらいいのでしょうか。 家族信託で何の財産を信託すべきなのか 何の財産を信託したらいいのかを考えるポイントは、何の為に託したいのか?(目的)を考えるところからスタートすることになります。この点については、専門家の意見を参考にすることも大事ですが、やはり目的に沿うにはどの財産を信託し、誰に託すのが適切…

  • 家族信託を利用するにあたっての課題とは?

    様々な場面で家族信託が効果的であるということが浸透してきたように感じます。しかし、実務を行っていく中で、いくつかの課題があることが分かってきました。今回はその課題について記載しようと思います。 (1)家族信託には身上監護権がない(成年後見制度との比較) 家族信託は成年後見制度と違って身上監護権がありません。そもそも制度趣旨が違うので当然ではあります。なので、依頼者本人の財産の積極的な管理を主な目的とするのではなく、依頼者の身上監護を目的とするのであれば、成年後見(任意後見)制度を利用することになります。ただし、家族信託も施設に入所した本人の財産を管理することで、間接的に身上監護を実現することは…

  • 家族信託での必要書類とは?

    家族信託を組成する際、どのような書類が必要になるのかを質問を受けることがあります。 今回はその点について記載します。 家族信託に必要になる書類とは 一般的に必要とされるものとして、次のようなものです。ただし、各事案に応じて追加の資料が必要となるケースもあります。詳しくは相談される専門家の方に直接ご確認いただくのが一番 かと思います。 委託者と受託者の実印及び印鑑証明書(3ヶ月以内のもの) 委託者と受託者の運転免許証等の本人確認資料 信託に関わる方の戸籍謄本・住民票 不動産の固定資産評価証明書、名寄帳 不動産の登記識別情報(登記済権利証) 委託者と受託者の実印及び印鑑証明書 公証役場と法務局(不…

  • 子供(受託者)が信託財産を目的以外で使用する可能性があり不安をお持ちの方へ

    ご自身の認知症などの対策のために家族信託を利用して財産を子どもを受託者として信託しようとする方が増えているようです。同時に、受託者である子どもが信託された財産を使い込んでしまうことを心配している方も増えているようですね。 信じて託せないのであれば家族信託はすべきではない 結論から申しますと、家族信託は家族を信じて財産を託すものですので子供(受託者)が信頼できないのであれば、そもそも家族信託をしない方がいいのかもしれません。 消極的な財産管理を行う成年後見制度と違って、家族信託は積極的な財産管理を行います。成年後見のような消極的な財産管理であればどの家庭においても全く同じとは言いませんが、同様な…

  • 家族信託と遺言信託の違いとは?

    遺言信託とは何? 信託銀行が提供している「遺言信託」は、信託法上の「信託」とは関係ありません。では、一体何なのかと言うと、信託銀行が遺言書を作るサポートを行い、その後遺言書を保管して、遺言の効力が発生したら遺言を執行をするという一連のサービスを総称して「遺言信託」と呼ぶのです。 遺言信託は信託銀行の手厚いサポートを受けて遺言を作成、保管、執行を行ってもらえますので、大変便利な制度です。ただし、原則として公正証書遺言のみ作成、保管を受け付けているため、ご自身が書かれた自筆証書遺言など公正証書遺言以外の形式の遺言は遺言信託することはできないようです。 結局のところ遺言信託は民法上の遺言ですから、当…

  • 家族信託と商事信託との違いは?

    商事信託とは 商事信託は、信託業の免許を受けた専門の会社や銀行が受託者となって資産を管理します。よく耳にする○○信託銀行というのがそれです。商事信託のメリットは専門的な知識をもった受託者が財産を管理するので安心感があり、不正やリスクが低いです。また、財産を安全に運用してもらえるので、自身で財産を管理する場合に感じられる負担を軽減することがもできます。一方で、家族信託に比べて財産の規模、資産の種類によって信託できないものがあり、不動産や未上場の株式などは商事信託できないことも多くあります。そして、何よりもコストが掛かるというのがデメリットです。商事信託の契約を締結するだけで100万円以上必要だと…

  • 家族信託の受託者は誰が資格者として適任か? 

    家族信託を進めるに当たって、信託の目的と同様に重要な決定事項があります。それが「受託者は誰が資格者として適任なのだろうか?」という点です。 今回はその点について記事を書きます。 誰を受託者(財産を預かる人)とするのが最適か 家族信託を利用する際の受託者を誰にするのか、という点は非常に難しい問題ですが、基本的には委託者にとって身近で堅実な親族を選任することになろうかと思います。信託には、託す側、託される側双方に強い信頼関係が必要になりますので、ほとんどのケースが子や孫などの親族を選任することになるでしょう。 なお、私は最終的に財産を引継ぐ予定の者を受託者とするケースが多いように感じます。ただ、そ…

  • 家族信託の目的の決め方とその注意点とは?

    みなさんこんばんは。 先日ビアガーデンに行ってきました。割引チケットを大量に購入したのですが、現時点で結構余ってしまっています。仮に、この枚数を自分で毎日行って使用したとすると、健康面で体にとんでもない反動が出てきそうですね。。(笑) 家族信託の信託目的の決め方と注意点 さて、家族信託を進めるにあたって注意すべき点は多々あります。その中でも、今回最も重要な点の1つである「信託目的」について言及します。 実際に「家族信託を進めるにあたってまず何から検討したらいいの?」という質問はよく聞かれます。 私は上記の相談があればまず、「何の為に信託したいのか?」という家族信託の中心となる部分を検討するとこ…

  • 家族信託は節税になるの?それともならない?

    みなさんこんばんは、暑い日が続きますね。先日夕方、砂浜に散歩行きましたが浜風が気持ちよかったです。(日差しは相変わらずでしたが。。) なかなか機会がないのでいいものですね。 さて、家族信託が相続対策として利用されることが多くなってきました。 その際にお客様からよく聞かれるのが「節税対策として利用するとメリットがあるのでしょうか。」という点です。 やはり、節税効果があるかどうか、気になりますよね。 今回は家族信託を税金面で記事を書きます。 家族信託を利用しても直接的に節税のメリットはない 結論は、家族信託を利用しても直接的に節税効果はありません。 相続税の評価をするにあたって、信託財産については…

  • 家族信託のデメリットとは?

    みなさんこんにちは、もうそろそろお盆休みですね。 ただ、来週は台風が来るようですし、少し心配です。 さて、家族信託が世間に浸透してきているようですが、デメリットはないのでしょうか? もちろん、どんな制度でも良いことばかりではありません。。成年後見制度と比べて家族信託はメリットがクローズアップされがちですが、デメリットはないのでしょうか。 今回は、触れられることが少ない家族信託のデメリットについて記事を書きます。 家族信託の4つのデメリット 1.家族信託では節税対策にならない 家族信託は相続対策になりますが、それはあくまで「財産承継についての対策」であり、「相続税の対策」として利用することはでき…

  • 3分でわかる!家族信託のコストシュミレーション

    皆さんこんばんは。 かなり暑い日が続きますが、心なしか今日の今朝は少し暑さが和らいできたように感じました。お盆ももうすぐですし、秋が近づいてきているのかもしれませんね。 さて先日、家族民事信託の利用にあたって、どれくらいのコストがかかるのかを記事にしましたが、やっぱり分かりづらいというご意見を頂きます。 今回はそんな皆さんにいくつかの事例に当てはめて具体的に解説いたします。 【ケース別】費用シミュレーション ここではケース別に費用のシミュレーションをしてみたいと思います。 依頼する専門家や信託する財産額、種類によってかかる費用は大きく増減しますので、費用シミュレーションはあくまで目安として参考…

  • 家族信託にかかるコスト(費用)は?

    皆さんこんばんは。じめじめ蒸し暑い時期に突入しています。 先日壁掛け扇風機を買いました。 上から風が来るので、空気が循環し心地いい風を送ってくれます。 しかも、邪魔にならないし、エアコンと併用するので電気代の節約にもなります。 今年の夏は大活躍してくれそうです。 さて以前、家族信託を利用する際の費用について記述しました。 意外に好評だったため、改めて内容を精査しましたのでご覧ください。 家族民事信託にかかかるコストは? 家族民事信託は非常にメリットの多い制度ですが相応の費用がかかります。 信託する財産の額や財産の種類・数によって費用は大きく増減します。特に信託財産に不動産が含まれるのか含まれな…

  • 遺言書の検認の必要性

    大切に使っていた冷蔵庫が壊れました。氷が作れなくなったのです。 これには、10年保証を付けていました。 調べてみるとこの冷蔵庫は買ってから、10年と1か月を迎えていました。 あと1か月早ければ・・・ 電気屋さんに修理を頼むと4万円かかるし、そのほかの部分も順番に壊れていくので、修理をするよりは、新しいものを買ったほうがいいと言われ、さらにショックを受けました。 噂ですが、冷蔵庫は10年経つと壊れるようにできているそうです。ずるいですよね。 先日、このような電話がかかってきました。 「家庭裁判所から『遺言書を検認しますので、立ち会われるように通知します』という旨の書類が届いたのですが、遺言書の検…

  • 農地は家族信託できるのか?

    暑い日々が続いていますね。 香川県は日本一のうちわの生産地だとご存じでしたか?今では、広告のツールであったり、祭りの宣伝であったり、さまざまなデザインを施し国境を越えたひそかなブームになっています。 先日テレビを見ていると、うちわを研究している大学の教授がうちわについて熱く語っていました。 そこではアナウンサーがある質問をしていました。 「一番ベストな扇ぎ方は?」 私は、どうしてもそれが知りたくて前のめりになりました。 すると、教授は、 「自分の好きなように扇いでください。」と言いました。 まぁ、そういうことですね。 農地は家族信託できるのか? さて、先日このような相談を受けました。 「私は高…

  • 「相続させる」旨の遺言と異なる遺産分割協議の成立の可否は?

    先日、従弟が事故に合ったそうです。 赤信号を無視してきた車と接触したそうです。 幸い両者ともケガはなく、従弟は首が少し痛いだけと言っていましたが、車を見るとエアバックは飛び出し、フロントは痛々しく潰れていました。 シートベルトの大事さを改めて痛感したそうです。 いつ事故に合うかはわかりません。 日々気を付けて運転しないといけないですね。 さて、先日このような相談を受けました。 「父が先日亡くなりましたが、その際、公正証書遺言が見つかりました。そこには、父が住んでいた住宅を私に相続させる旨の記述がありました。しかし、私は別に居宅を構えており欲しくありません。 そこで、他の相続人である兄と妹との間…

  • こんなケースは相続人になる? ならない?

    みなさん、こんにちは。 蚊が多く飛ぶ季節になりました。 寝ているときに耳元でささやく蚊の声は不快としか言いようがありません。 蚊取線香や、ワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーをしますが、即効性はありません。 やはりやっつけるしか快眠する方法はないのですね。 さて、普段わたしたちは様々な方法で相続に備えての対策を行っていますが、誰が相続人になるかは、相続の一番の基本です。 以前、「自分が亡くなった時の相続人は誰なのか?」という記事を書きました。 配偶者の有無、子どもの有無など様々なケースで相続人が相続する割合が変わることが分かります。 でも、「配偶者といっても離婚した配偶者は相続人になるの?」「…

  • 信託契約書は紛失の恐れがあるので公正証書で作成しよう!

    みなさん、こんばんは。 先日G20サミットが大阪で開催されました。 お隣の兵庫で仕事があり行く予定にしていたのですが交通規制の影響もあり、急遽キャンセルに。 各国の代表者が大勢いらっしゃるわけですから当然ですよね。 甘く見ていました、反省。 さて、以前から「家族民事信託の契約書は公正証書で作成した方がいい」という内容のブログを書いていますが、今回は最終回の第5回目です。 分かりやすいように解説しましたので最後までご覧ください。 家族民事信託契約書は公正証書で作成しよう おさらいになるのですが、そもそも家族民事信託契約書は私文書で作成できますが、私はよほどの特別な事情が無い限り公正証書で信託契約…

  • 家族の「相続」が「争族」になってしまうのはどんな場合?!

    みなさんこんばんは。 随分暑くなってきました。ビールの美味しい季節ですね。 もう少しで梅雨も明けるとのことで、本格的な夏ももうすぐです。 さて、ご家族の仲が円満であって欲しいというのは誰も願っているのではないでしょうか。しかし、実は「相続」がきっかけで家族が「争族」になるという悲しい現状が数多くあることをご存じでしょうか。 そして、それは 「ウチには財産なんて大してないし、相続で揉めることなんてない。」 「仲が良好なウチの家族が争うなんてありえない。」 と考えている方こそが注意しなければならないのです。 なぜ「争族」が起こるのか? わたしは以前、「遺言書を書いておく必要性の高い事例」ということ…

  • 家族信託を設計する際の主な5つの方向性

    先日、子供を保育園に送っていくとプールが設置されていました。 子供たちは喜々とした表情を浮かべて、とても楽しみにしているように見えました。 子どもの好奇心にはパワーをもらい、私も童心に帰って泳ぎたくなりますね。 さて、家族(民事)信託を進めるにあたっては様々なパターンがあります。 そのため、まずはお客様からのヒアリングによって方向性を決めないといけません。 大きく分けると主に下記の5通りあります。 ① 認知症対策 ② 生前の財産管理対策 ③ 遺産分割対策 ④ 共有財産対策 ⑤ 数次相続対策(受益者連続) それぞれの特徴を見ていきましょう。 ①認知症対策 誰もが認知症に対する不安を抱えています。…

  • 登記する際の信託目録への記載事項で有効であるので公正証書で作成しよう

    みなさん、こんばんは。 先週末、地元ではホタル祭りがありました。 少し田舎に行くとまだホタルがいるみたいなので、時間が合えば見に行きたいなと思っています。 さて、以前から「家族民事信託の契約書は公正証書で作成した方がいい」という内容のブログを書いていますが、今回は第4回目です。 皆様からの声をお聞きし、分かりやすく解説しましたので、最後までご覧頂ければ、幸いです。 家族民事信託契約書は公正証書で作成しよう おさらいになるのですが、そもそも家族民事信託契約書は私文書で作成できます。 しかし、私は公正証書で信託契約書を作成することをお勧めしています。 それは次の5つの理由から私は公正証書での作成を…

  • 「徹底比較!!家族民事信託と成年後見制度のコストパフォーマンス」

    みなさんこんばんは、6月になって蒸し暑くなってきました。 我が家のシェルティも早くも陰を探して徘徊しています。 休日にでもペットショップに行って毛を刈ってあげようかと思います。 さて、家族民事信託は成年後見制度と様々な面で比較されるわけですが、その中でも皆さんが気になるのがやはり「ランニングコスト」だと思います。 今回はその点について比較をしながら解説したいと思います。 家族民事信託を利用する際のコストは? 家族民事信託を組成する場合、開始に際して専門家へのコンサルティング報酬及び登記費用、公正証書作成費用がかかります。 専門家(弁護士・司法書士等)へのコンサルティング報酬は基本的には自由です…

  • 家族(民事)信託を活用すれば認知症後も暦年贈与は可能なのか?

    皆さん、こんにちは。 最近多くの種類の野菜の収穫の時期なのか、お客様からいろんな野菜をもらうことがあります。特に、玉ねぎを多くいただくことがあり、おかげで毎日玉ねぎのスライスを食べています。なんとなく血液の流れが良くなって体調がいいような気がします。ありがたいことです。 さて、先日法律相談の場で次のような相談を受けましたので紹介いたします。 「相続対策のため親から生前贈与によって金銭を受け取っているのですが、親が認知症になった場合でも家族(民事)信託を利用していれば引き続き生前贈与による金銭を受け取ることは可能なのでしょうか?」 これはなかなか難しい相談でした。最終的には税金についての専門家で…

  • 家族民事信託にかかるコスト(費用)は?

    皆さんこんばんは。暑くなってきましたが、皆さんは体調はいかがでしょうか。 私は最近子どもの面倒を見る機会が多いのですが、慣れてないからか、もの凄く泣かれてしまいます。 そんな場合はすぐにおかあさんにバトンタッチしています。 バトンタッチしたらすぐ泣き止むので、母は本当に偉大ですねぇ。心から感謝です!! さて、家族民事信託の利用を検討されている方の中で、 「家族民事信託が素晴らしい制度だということは分かったのですが、手続き開始にはいくらくらい費用がかかるんだろう。」 と不安にされている方が多くいらっしゃるようです。 今回はそんな皆さんが気になる家族民事信託のコストについて解説いたします。 家族民…

  • 成年後見人の報酬ってどれくらい支払われるの?

    みなさんこんばんは、ここ最近忙しくてなかなか時間が取れなかったのですが、ようやくまとまって時間が取れたのでブログを大きくカスタマイズしました。 記事が読みやすくなったと思いますので今後とも是非ご愛顧ください。 さて、家族民事信託の話題を中心にブログを書いていますが安心した老後を実現しようと思えば遺言や贈与など他の様々な制度の利用を検討する必要があります。 そして、その中に成年後見制度があります。今回は、その成年後見制度で一番気になる「後見人の報酬」について記述します。 皆さん、 「後見人の報酬額はいくらぐらいなの?」 「人によって報酬額は違うの?」 など、多くの疑問を持たれているのではないでし…

カテゴリー一覧
商用