chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 整頓なんぞしてみる

    行きたい美術展があり、往こうかと思っていたのだが、その前にやることやらにゃあと思って、整頓を始めたのが運の尽き。 …昼過ぎた(;^ω^)でもってうちの地域に豪雨注意報出ちまったい( ̄▽ ̄;)場所はそう遠くないものの、駅歩がそこそこあるのでやめておいた方が無難か。ということで、取りやめた(T_T) 会期も末期なので無事に観ることが出来ればよいのだが、果たしてどうなることやら。 そういえば、そろそろ近づいてきた自分としての大戦こと、池袋の東京ミネラルショー。今年は会場が1つ増えて第3会場まであるんだよね(広さは不明)。会場2つ回るだけでも2日がかりなのに、3つになったらどうなるんだよ⁉と悶絶してい…

  • 間違い探し

    通院のため早退。薬が一つ増えたのは仕方がないが、苦い粉薬しかないってのは辛い(TヘT) さて、本日は時間があったということもあり、ちょっと寄り道をしてみました。結界が何となく神社のようで神社ではないような、そんな肌触りを持つ神社こと代々木八幡宮へ。創建は覚えやすく1212年。 結界が何となくそれっぽくないのは、縄文時代の遺跡が境内の中にあるからだろうか?弥生時代に聖地だったと言われている場所に建てられた、某所(創建は1063年)も似たような感じだから。 で、例の如く御朱印を頂いたのだが、2つ頂きました。 はい、ここで間違い探し♪ 字と日付の書き方が違うというのはナシで。 2枚目は書置きの紙です…

  • 白牡丹、飲んだことはない

    白牡丹(はくぼたん)は、中国白茶の中でも白毫銀針(はくごうぎんしん)と並んで有名なお茶なのだが、自分は飲んだことないんですよね…。 で、先日往った中国茶交流会でお茶を選ぶ時にそんな話をしたら、薦められたのが幾つかあった。 但し初めて飲むお茶は基準になることが多く、「このレベルが基準になると一般的なもの飲めなくなるかもしれないよ?」との言葉と共に選んだのが↓ いや、だってさ、パッケージが可愛かったんだよ。 猫耳(⋈◍>◡<◍)。✧♡(←キサマがやってもカワイクナイからヤメレ) 実際現地でも猫耳山と言うそうです。 山見て可愛いと言えるオマエの感性が分からん。と胸中セルフツッコミをしながらお会計に持…

  • 名古屋人の味噌に対する愛って…

    愛知県と括るよりも名古屋で括った方がいいかもしれんな。ってなわけでタイトル付けしてみた。 何のことかってーと、こんなもの↓を買ったからだ。 名古屋ってあるっしょ? この調味味噌は、名古屋に住む友人から以前送っていただいたことがあるので、味が分かっているのもあって、好奇心に負けてみた。普段はこういったものは殆ど口にしない。野菜が少ないから。 余談だが、この調味料はここ数年程でこちらでも手に入り易くなっている。あと、その調味料の返礼として自分が送り付けたのは煎り酒である。今でいうお醤油が普及する前に誕生した調味料で、生まれは室町時代と割合古い。白身魚と相性が良い。 これもここ何年かでかなり手に入り…

  • 冷え冷え

    昨日と気温は変わらないものの、冷え込みは厳しく本日関東では初氷が観測されたそうだ。確か場所は栃木県だったかね? 職場では毎朝始業前にタオルを6枚濡らして絞るのだが、今日はえっらい水が冷たかった。おかげさんで仕事始める前から手が真っ赤・・・。指先がかじかんで手がうまく動かない。個人的には久し振りの感覚ではある。 かじかんだ手で雑巾を絞って拭き掃除をするのは当たり前。という家庭、今も健在なんだろうか? 自分は子供の頃、しもやけやあかぎれが出来るのは当たり前だと思っていた。ちなみに同世代では家庭によってまちまちで、しもやけは兎も角あかぎれを作っている子はあまりいなかった。 しもやけやあかぎれが出来て…

  • 昨日買ったお茶ではなく

    引っ越しの際に掘り起こした(←オイ)お茶が本日のお茶。熟成進んでいて水色が暗めの橙色になっていた。 お茶は金辺奇蘭(武夷山の岩茶)。2014年のもの。使い切りサイズの為、これが最初で最後。 お茶請けは両サイドがイベントで購入したパイナップルケーキ。二つとも上等品らしく生地がホロホロと崩れる崩れる( ̄▽ ̄;)ちなみに双方共に台湾産。 中央のはカシューナッツのキャラメリゼだったか?こちらはタイランド産。 いずれもお茶にはぴったりでした。 金辺奇蘭は香りは強いものの戻り香は控えめで、渋味もスッと引くタイプ。甘い香りが問題なく、クセがないのが好みの人にはいいかもしらん。

  • 第18回地球にやさしい中国茶交流会に往ってきた

    7年振りに元の開催場所(産業貿易センター浜松町館)に戻りまして、3年振りの対面開催となりました。 出展ブースはほぼ半減して19店舗。お気に入りの店舗が来ていたのでまぁよし♪とする。 購入点数+おまけに頂いたもので計35点だったか?最小単位が3gで、最大単位が78g(これは日本茶)。 冬茶や雪片なども増えていましたので、ジャパン・ティーフェスティバル同様ニヤリ_φ(≖ω≖。)♪となっておりました。尤も温暖化の影響なんで手放しには喜べませんが。 中国茶の他に日本茶を取り扱っているところもあり、ジャパン・ティーフェスティバルにも出ていたブースもありました。 そこで、…声と顔、覚えられてました( ̄▽ ̄…

  • 不真面目でしたが

    今週のお題「わたし○○部でした」。 過去の記憶はあまりはっきりとしていない。頭を(複数回)打つと記憶がぶっ飛ぶってホントなんだねぇ。 はいいとして、部というからには部活なので、小学校のクラブ活動は除外。 中学⇒ソフトボール部(中途退部)。 高校⇒文芸部。途中から存続応援で漫画研究部にも所属。 大学⇒ビームライフル部。 ですな。 文芸部とビームライフル部は副部長をやっていました。但し名だけ副部長。 その中で一番印象に残っているのが、文芸部の正月行事。 年明けに礼法室(畳部屋で普段は茶道が使っている)を借りて全員で百人一首のカルタ取り。人数が少なく全員しっかりと覚えているわけではないので展開はゆる…

  • 上を向いて歩こう

    綺麗に晴れていることもあり、実際に上を向いて歩いている人達は多かった。一生に一度、同時期に皆既月蝕にして惑星(天王星)蝕だから? 次の惑星蝕は2344年7月26日なのだが、その時は天王星ではなく土星。今回と同じになるのは一体どれくらい先の話だろうか? これを書いているのは8日も過ぎているのでほとぼりも冷めていることだろうけど、まぁ未来にコレを読み返す可能性もあるだろうから、取り敢えず備忘録としておく。 このブログの基本的構造が「日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡」なので、問題なかろうて。

  • 今年最後の天赦日

    天赦日(てんしゃび)。それは暦における吉日の一つであり、他の吉日こと天一天上と同じく年に6回しかない。ついでに本日大安にして甲子にして以下略という、吉日重畳である。ちなみに立冬。暦の上では冬ってこった。 御幣担(ごへいかつ)ぎというわけではないが、どうせなら善き日を選んでもいいじゃないか。ってなことで、ある程度認識はする。新暦に生きてはいるものの、多少旧暦を意識するのと同じ感覚。 今日のように吉日が沢山重なっている場合は兎も角、吉凶混合している場合は一体どれを優先すべきなんだろうねぇ? 清少納言だったかな?細かくごちゃくちゃに重なっている暦について「煩わしい!」と一刀両断にしていたのは…。平安…

  • 歯医者に行ってきたよ

    先日ぽろっと取れた被せ物、どうやら中が虫歯になっていた模様。そりゃークラッシュするわな。 レントゲンを撮った結果、虫歯が5本もあることが判明。中にはC4も1本…(;゚Д゚) でもね、全然痛くないんですよ。そりゃー手遅れになるねぇ。 健康診断と違って、歯科健診って自主的に行かないと詳細な状況なんて分らん。 そして自分に虫歯が多いのは心当たりがある。 口腔内、渇き易いんですよ。甘い物の食べ過ぎというのも一因あるのかもしらんが、原因は圧倒的に前者だと思う。歯科医師さんによると、唾液には歯を補修する力があるとのことで口の中が乾燥するとその修復能力が低下して虫歯になり易くなるとのこと(でも治せるのは初期…

  • かぽっとな

    大体この時期になると母に頼まれて作っている、人参の葉っぱ入りのパンケーキを今日も作っていた。 焼き加減と味の方はどうかな?と思って一つ食べていたところ、悲劇は起きた。 かぽっと見事に歯の被せ物が取れた(T_T) 別に痛くはない。痛くはないのだが、歯が磨きづらいことこの上ない。 当方液体歯磨きを使っている為歯磨き粉が残るということはないのだが、沁(し)みる。神経を取った場所らしく、激痛が走るということはないのだが、沁みる…。歯科の予約は取ったが、果たしてどうなることやら(←散々サボったツケが来るデショー)。 あ、決してパンケーキが石のように硬かったわけではないよ。流石にそこまでの腕は持ち合わせて…

  • 兎に角お茶だ

    今週のお題「やる気が出ないときの◯◯」。 先ず体調を鑑みる。 次にお茶を淹れらるかどうか検討してみる。 そこで面倒だとかやる気力が湧かないようなら、それはやる気が起きないというよりは精神状態が鬱方向に傾いているので、ひたすらぼーっとするなり目的を考えずに身体を動かすなりして頭を空っぽにする。 それすらする気力がないのなら、寝てしまいますね。勿論何も考えずに。体調を鑑みて体調不調でやる気が起きない時も対処方法は同じ。 お茶は淹れられる場合は疲れていてやる気がないだけのことが多いので、飲み慣れたお茶か香り高いお茶を、ゆっくりと時間を掛けて飲む。 お茶を淹れられてもがやる気がない時はあまりないのだが…

  • 強制解毒?それとも食べ過ぎ?

    先ずは本日のお茶。 お茶は琥珀の月。高山に行った時に地元のスーパーで購入したものです。 お茶請けは北海道苫小牧市は三星さんの、よいとまけりんご半分こと、静岡県浜松市は宝福さんの雪どけバウムクーヘン。 よいとまけはハスカップの方に味が慣れているので違和感があった。お茶と合わせるとお茶がなんとなく洋酒っぽくなる。お茶そのものも、ミズナラ?の樽で熟成させたようなお酒を思わせる香りがしていたので、それが強調された感じだ。 雪どけバウムクーヘンは、ミルク感たっぷりでシルキーな舌触り。お茶には多少負けたが、相性は好かった。 フレームアウトしているが、これは目の前にいた兄と半分こにした。兄上とティータイム……

  • ジャパン・ティーフェスティバルに往ってきました

    完全入れ替え制。3時間で全制覇出来ませんて…(←キサマの容量が悪いだけだ)。あと、仕方がないとことはいえ試飲の度にマスクを取るのが面倒だった。うん、まぁ仕方がない。 以下は感想というよりも買い物メモ。 自分開始20分前に着いたのだが、その時に既に3階まで列が下りていた。一番乗りは一体何時に着いたのだろうか。とにかく人は多かった。 持って行ったカップは↓ 取っ手付き品茗杯です。おままごと用の食器ではないです。 珍しいのか、「そのサイズで取って付いてる!」というようなことを異口同音に言われました。 今回多いな~と感じたのがホワイトティー。印雑系と称されているものも多かったが、それも所謂ホワイトティ…

  • そのうち足りなくなるんじゃね?

    何でもSI単位が4つも増えるとな?あくまで予定だが。 正確にはSI接頭語というもの。日常生活でお目に掛かることなんぞないものもあるが、理系の学生さんは覚えたりするんだろうなー(遠い目)。 して、何で増えるのか? 聞くところによると31年振りに増える。つまりその31年の間に技術がすざましく進歩し、情報量が激増したが為に増やさざるを得ない状況になってきている。ということらしい。 同じ単位でも英米で異なったりしているし、ある国独自の単位が存在したりしているし、そんなものは混乱の素でしかないし、計算し直すのも手間。そこで登場するのがSIこと、国際単位系。所謂単位の世界共通語。 で、その接頭語は桁を削る…

  • また一つ余計に

    はい、年食いました。 お祝い他呪いメール有難うございました<(_ _)> 手書きで祝うと呪うは書き間違えることはあるだろうけれど、メールで普通間違えるかねぇ…? まぁ祝(の)るも呪(かし)るもベクトルが異なるだけで大して変わりはせんから良いか(←…マテ)。 まだ平均寿命の半分にも届かないが、こんなにもメンテナンスが必要な体であとどれくらい生きられるんだろうかねぇ?などと思ってみた。年とる度に不安になる。まー、子供と違って出来ることが増えていくのではなく、逆に減っていくのだからそりゃ不安にもなるわな。 さて、明日も頑張りますか。

  • 名前あるのかね?

    本日のお茶のパッケージに てな存在がおった。 名前、あるんですかねぇ?それとも自分が認識出来ていないだけか? 本日のお茶。 お茶はラオスの緑茶。ちょいと濃い目。 お茶請けは左が群馬県利根郡はジャック・ザ・タルトファンタジーさんと利根実業高等学校との地域限定コラボ商品、えだまめチーズタルト。 右が東京都練馬区あわ屋惣兵衛さんの朝どら一番。 お茶との相性はどちらとも好し。 えだまめのチーズタルトはがっつりとしたタイプではなく、ムースのようにふんわりと優しい食感。そして味も優しい。飲み物なくてもいけそうになるのが怖いところ(実際寸止めしてお茶と合わせてみた)。 朝どら一番は生地にしっかりとバターが使…

  • 赤城山そのものは存在しない

    てなわけで、赤城山に行ってきました。国定忠治の名台詞で有名な場所なので、ご存じの方は多いかと。 「赤城山」という山は単体では存在しない。では、何を以て赤城山とするのか?⇒黒檜山(くろびさん)を主峰に、駒ケ岳、地蔵岳、荒山、鍋割山、鈴ヶ岳、長七郎山からなるカルデラ湖を含む複成火山。 これが赤城山の正体。 今回のルートは駒ケ岳⇒黒檜山(赤城山最高峰)。 殆どの人が黒檜山⇒駒ケ岳のルートを取るようで、同じルートを取った方は自分達を含め3組だけだった。従って、黒檜山の山頂から下りは大渋滞でございました、えぇ。 相変わらずカメラの調子は良くなく、あまり写真は撮っていない。そして雨にこそならなかったものの…

  • つまるところ-er系?

    今週のお題「わたしは○○ナー」。 一言で言ってしまうと「ホーダー」ですかね? 基本自覚症状はないし、遺伝子に組み込まれている行動なので病気であっても治せない、所謂不治の病とも捉えられる。 日本語でいうと「物捨てられない病」。 物をため過ぎてゴミ屋敷になる、動物の多頭飼いが手に負えないくらいの頭数になる、特に必要もないのに写真や動画をため込むなど、これ全てホーダーの行動です。 ネガティヴな話の展開をしても仕方がないので、言い方を変えると「コレクター」ということになりますかな。日本語だと蒐集家。 では一体何の蒐集家なのか?⇒鉱物。 PCだと左側にカテゴリーがありますが、3番目に多いのが化石・鉱物の…

  • 秋晴れのない秋

    昨日まで秋晴れの条件を満たすことない日が続き、東京では本日が今年初の秋晴れとなったわけなのだが、正確には本日土用入りしてしまったので、秋には秋晴れが存在しなかったことになる。 まー細かい話だ。 土用は季節がバトンタッチする期間の事で、今の時期なら秋にして秋に非ず。ということになる。つまり秋と冬が同居している形になるので、今年の”秋”には秋晴れが存在しなかったということになるわけだ。 な、細かい話だろ? 今年の立冬は11月7日。大安にして天赦日かつ甲子なので、福運が授かり易い吉日と言える。翌日は満月にして皆既月食+天王星食(月が天王星を隠す)。次に皆既月食と天王星食が同時に起こるのは2235年だ…

  • 団子もハロウィン仕様か

    ホットミルクに生どらを~♪と思っていた矢先に、ぽすっと母から渡されたのが本日のお茶請け。 兄が目の前で食事中なので菜っ葉とデザートの林檎が出しっぱなしです。 小倉生どらは長崎県諫早市は杉谷本舗さんのです。 生どらとの相性は好かったが、甘い団子にホットミルクは合わない。ミルクは温めると甘くなるので、甘い物×甘い飲み物は正直きつかった。罰ゲームとはまでは言わぬが、ちょっとこれはなぁー。 して、元々ケルトのお祭りということもあり、和菓子が入り込む余地があまりないせいかカラーバリエーションがハロウィンカラーである橙色が入っています。 黒胡麻団子にカボチャ餡、もしくはその逆でもいいような気もするが、単価…

  • 写真追加

    同行者と写真のデータ交換をしたので、前回のあんちひきこもりぷろじぇくとの写真を別途追加。 先ずは黒部ダムから。 コンクリートを運んだカゴとそれに繋いであったケーブル。 比較対象がないのでどれ位の大きさか分からないと思いますが、大きいことだけは確か。 だってさぁ こんなだぞ? 次に室堂の画像。 室堂という場所の室堂という建物の画像。 近くに室堂平という場所があるので、こんな建屋が軒並み並んでおったんかねぇ?と思う。 して、同行者が撮った地獄っぽいところ。 灼熱地獄っすかね? こちらは血の池地獄↓ つい、酸化鉄の濃度は何ppm位だろうか?と思ってしまった。 日を移しまして、立山の三角点の付近にある…

  • 3wayのビジネスバッグを愛用

    今週のお題「カバンの中身」。 入っているもの? メモ帳と筆入れとエコバッグ。あと折り畳み傘くらいかね? 現職は分析業務以外の時は全くPCを使わないので、筆入れとその中身が商売道具。ついでに中身は筆記具と印鑑。あと消しゴムかな?筆記具はシャーペンとマジックペンとボールペン。美術館に行く時はこれに鉛筆が加わる。 筆記具はあるなら勿論メモ帳もセット。これは基本。あまり使わないが全く使わないわけではない。 エコバッグは帰りに買い物をしてくることが多いからだ。 自分のビジネスバッグは総容量の多い方ではない。あと、長葱とか葉付きの大根とかなんぞは鞄に挿して帰ることが多いが、泥付きとなると鞄に突っ込む気にな…

  • どっちなんですか?

    寒くなると牛乳の消費量が多くなる。何でかねぇ? というわけで、本日のお茶はホットミルク(ツッコミ不可)。 どっちなんですかってーのは、お茶請け。 黒いけどイカ墨じゃあないよ。 スコーンクッキーというのがこの焼き菓子の正体。スコーンなのかクッキーなのかよく分からんお菓子。 旗幟を鮮明にせよ。とまでは言わぬが、思わずどっちなんだ?これは…と思った。 味はビターテイストなチョコレート。 黒いのはココアパウダーに因するものと思われるのだが、ココアパウダーでここまで黒くなるものなのだろうか? チョコレートと紅茶の組み合わせ、同じ醗酵物同士で相性は悪くない筈なのだが、組み合わせは難しいと感じる。

  • 寒暖差10℃以上はキツイ

    先週いきなり冷え込んだと思ったら、また暑くなるんだとな。連休中にがっつり衣替えでもと思っていたのだがなぁ…。 1日毎に気温が上下するのもしんどいはしんどいが、個人的には1日の寒暖差が激しい方が堪える。特に今日みたいに温度差が10℃以上あると特に古傷に響く。 ところで今日って満月だが、2回目のお月見はどうして十五夜ではなく十三夜なんだろうかねぇ?しかもお月見が2回あるのって日本だけだし。2回目のお月見を始めた人に御伺いを立てたいわ~。な?宇多天皇?(違っていたら申し訳ございません) それから今年は十五夜も十三夜もうちの方は見事に晴れた。天気予報では曇りか雨となっていたと思うのだが、2回とも惚れ惚…

  • 中華まんじゅうとは⁉

    先ずは本日のお茶。 お茶は烏東単欉 芝蘭香。 お茶請けは茹で落花生2種の盛り合わせと、北海道は札幌市、新倉屋さんの中華まんじゅう。 …中華まんじゅうとは⁉ と思ったのが率直な感想だ。 焼きが固めの生地に、これまた炊きの硬いこし餡がぎっちりと詰まっているもので、食感は異なるもののどら焼きに近いものがある。 それから、このお茶は自分の好みではなかった。 普通中国茶はお茶が美味しくてお茶請けが美味しくない。が、合わせると大化けする。というパターンなのだが、これは逆で、お茶が大化けするパターン。特に戻り香の甘さが半端なかった。 保存状態に問題があったのか、香りは良かったものの味と香りの一体感に違和感を…

  • 漸くお茶が出来る

    先週は自宅に居なかったためお茶は出来ず。富山は呉羽地域のお茶なんぞ入手したかったのだが、少量生産の為見ることすらも叶わず。致し方ありますまい。 ここ幾日か寒かったのでお茶を飲みたかったのだが、治療のため叶わず。 それはさておき本日のお茶。 お茶請けの量は相変わらず?である。 お茶は檜原紅茶のゆうのミルクティー。 手違いで、ヤッチマッタ────(艸Д<; )────ァァ!!という量の茶葉がポットに入ってしまったのでミルクティーにした次第。だからといってお茶請けを増やしたわけではないけどな(←それはそれで問題では?) お茶請けは、中央の2つはバターのいとこさんのビスケット。プレーンとチョコ。 右は…

  • 面白いと言えるかね?

    昔に比べて本は読まなくなった。読みたい本は多いんだけれどね。 して、以下が読んだ及び読んでいる本になる。 先ずは教科書の深掘り。 名前くらいは知っているが、結局何をやったのか具体的には知らんよ?というのをさっくしと知っていく作業とも言えた。 タイトルや副題を見ただけで、知っているけど具体的には知らない。という人、多いのではなかろうか? 知らんくても死にゃせんけど、ハンムラビ王やギルガメッシュの出身地として知っておきたいという好奇心があるので手に取った次第。ギルガメッシュについては過去にこんな記述もしている。 次にコレ。 当方日本刀好きというのも手に取った一因ではあるのだが、武家出身のことを弓矢…

  • 未夜

    ※イベントなどでの購入が多いので、値段など違っていることがある。 名称 未夜(みや) 産地 静岡県? 時期 夏摘み 等級 — 量 20g 価格 500円 抽出 表記なしだったので3g/180ml 3~5分蒸らし、3回抽出 備考 品種はむさしかおり 茶葉 大きい。ちらほらと見えるのはシルバーチップスだろうか?夏摘みの割りには青みの強い香り。水分吸収量が多い。 水色 明るいオレンジ色。 茶 淹れ終わった後のポットを開けた瞬間の香りが好い。 お茶はふわっと華やかで少し甘みがある。勿論夏摘み特有の渋味もある(一番最後にやってくる)。ダージリンのアーリーセカンドに近い。 むさし”かおり”とつくだけあり、…

  • エメラルド紅茶

    ※イベントなどでの購入が多いので、値段など違っていることがある。 名称 エメラルド紅茶 産地 台湾 日月潭 時期 ? 等級 TB 量 2.5g×6p 価格 1200円 抽出 表記なしだったので1p/150ml 3分蒸らし、2回抽出 備考 大葉種茶葉、老欉(ろうそう)、超過一甲子とあるから恐らく樹齢60年以上かと。ティーバッグはテトラのメッシュ。 茶葉 とても甘酸っぱい香りがする。 水色 赤煉瓦色。 茶 中国茶のような、焼き菓子にも似たような香り。意外に渋味が強い。 滋味深くどこか懐かしい味と香り。冷めても嫌味のない味。価格的に普段使いに出来ない…。 2煎じ目は個性が削られている感じがするので好…

  • 上勝阿波番茶

    ※イベントなどでの購入が多いので、値段など違っていることがある。 名称 上勝(かみかつ)阿波番茶 産地 徳島県勝浦郡上勝町 時期 ? 等級 — 量 100g 価格 1500円 抽出 5g/1000ml、80℃位、3~5分蒸らし 水出しなら5~6時間浸出 備考 後発酵茶、乳酸菌醗酵 茶葉 大きく甘酸っぱい香りがする。 水色 山吹色。 茶 漬物のように重しを乗せて発酵させている。味は酸味のある味だが飲み易い。 400年以上の歴史を持つとのことだが、何を経てこういった形になったのか興味ある。 カフェインが緑茶の1/3なので苦手な人にもおすすめ。食事と一緒に美味しく頂ける。 茶請 おむすびや塩昆布。オ…

  • お土産は地元のスーパーで

    お土産所で買うのもいいのだが、地元の人が使うスーパーでお土産を買うのもまた一興である。特に生鮮は見るのが楽しい。 地元のスーパーには発泡スチロールの保冷バッグが売られていたので、それと生鮮類を購入して保冷剤と氷とドライアイスを突っ込んだ。 そうして持ち帰ってきたのがコヤツ↓ 白エビ(刺身用)。 自分食べられないけどね。以前兄貴が「土産話より土産が欲しい。」と言っていたので無言実行したまで。 その他黒作りという塩辛、ホタルイカの沖漬け、サス(かじきの昆布〆)など。 タイミングを誤った為お菓子類は買えなかった( ;∀;) 今回筋肉痛になったのは初日のみで後は問題なし。2日目に足裏に水膨れが4か所出…

  • 空耳アワー?

    天狗平から美女平へバスで移動。その後ケーブルカーで立山駅へ。立山駅からバスで称名滝へ移動。 行けるのは4月下旬から11月中旬まで。幻の滝とのVの字落水を見たい場合は、水量の多い春か夏がおすすめだとか。 4段式の滝。 1段目は70m、2段目は58m、3段目が96m、4段目が126mの落差。で、合計350mの落差。3段目の落差が華厳の滝と大体同じくらい。4段目の落差が那智滝より7m程低い。 近づくことが出来ないので画像だと小さく見えるのだが、えっらい遠くから水飛沫が飛んでくるので、かなりの勢いで落ちていることは分かる。それでも一番水量が少ない時期だというのだから、雪融(ゆきげ)時期や大雨の後はどれ…

  • 目的地は雄山神社

    数ある神社の中でも高い位置にある雄山神社が今日の目的地である。 朝「自衛隊式にメシをかっこめ。」と言われて、自分にしては早く済ませた。おかげで途中で幾度も吐きそうになったが。 ある程度道も整備されている為、一の越山荘まではそう辛くはない。問題はそこから先だ。 こんなところを登っている。 下に見えるのが一の越山荘。 で、この先が↓ 綺麗な青空だねぇ…。 この先殆ど写真を撮っていない。カメラの調子があまり良くないことに加え、結構人が多かったから。 2時間に届かないくらい歩いたら、見えてきたのが雄山神社。ちゃんと近くに社務所もある。 御朱印も頂きました。 日本三霊山の一つ。残るは富士山と白山。 ここ…

  • まず目指すはここ

    ここだ、ここ↓ いい天気でした♪ どこにあるか知らんくても、聞いたことくらいはある…はず。 知名度レベルでいうと、東京の人間が小河内ダムを知らない。と言ったら(もれなくツッコミ付きで)常識を疑われる。それよりも上の知名度を誇る場所。 パンフレットでもよく使われる写真がここ。まだ午前中なので反対側に日が当たってはいませんが。 して、点々としているのが人なので如何に大きいダムか分かるかと思います。 1枚目の画像が設置してある場所と同じエリアに、↓がある。 慰霊碑。 6人しかおりませんが、殉職者は171名にも上ります。 ここを訪れた際には資料エリアで破水帯との戦いの歴史を知ってほしいと思う。ちなみに…

  • あんちひきこもりぷろじぇくと胎動中

    地獄と浄土が綯(な)い交(ま)ぜになったとこへ行ってくんぜい。 まず目指すは、修験者 が 宿泊 したり 祈祷 を行ったりする堂なり。

  • そもそも書き込む予定がない

    今週のお題「はてな手帳出し」。 10月始まり、1月始まり、4月始まり。 と、まぁ手帳の始まりは大体この三月(みつき)になりますわな(余剰についてくる分は除く)。 タイトル通りそもそも書き込む予定が殆どないので、100均か書店で見開きのマンスリータイプのものを購入します。 特に自分仕様に仕上げたりもしない。持ち歩きもしないので名前すらも書かない。 して、殆ど書かないヤカラが何で手帳を買うのか?⇒イベントの期間を書き込むためである。 美術館や博物館の企画展の情報や支払いの締切り及び金額、その他のイベントの期間などを書いている。特に最近とみに増えてきた鉱物関係のイベントは、絞らないと真面目な話破滅す…

  • ちゅうにち?なかび?

    お彼岸の真ん中、本日秋分の日です。 一定期間の真ん中の日を「なかび」と読むのも間違いではないが、お彼岸の真ん中の日は「ちゅうにち」と読むのが正しいとな。「なかび」はどちらかというと期間のある興行の真ん中の日を指す言葉だそうだ。 秋分と春分、昼と夜の時間が大体半分になる日だと思っていたのだが、秋は故人を偲ぶ日、春は生命を称える日と違いはあるとのこと。まるで社日(しゃにち)のようですな。ついでに今年は22日。 ん?そんなものの存在は知らないと?(知っていたら御免なさい) 社日⇒お彼岸の中日に最も近い戊(つちのえ)の日ので、土地神様に五穀豊作を祈る。春は種子を、秋は初穂をお供えする。 何で戊に祈るか…

  • 横浜で2連かっ!

    今週ワールドポーターズでかな?鉱物ショーあり。来週パシフィコ横浜で鉱物ショーあり・・・。 選択肢が増えるのはいいことなんだろうけれど、人って選択肢が多過ぎると結局何も選ばないという選択肢を取るんだよね。 例に漏れず今回も見送りです。 12月の池袋に行ければいいです、はい。

  • 一生涯厄日だけどな

    厄日っつーか、忌日なんだが、当初に比べると大分どころかかなり落ち着いてきてはいる。 が、やはり日付を書く手が止まるし、この日の存在そのもの自体を消そうとしている自分がいることは否定出来ないな。 そしてやはり今でも無性に逢いたくなる。…当然、何だろうかねぇ?

  • ようこそ大和の諸君? その4

    ※ヤマトじゃあないよ。大和だよ。 これで最後だよ。 して、イベント購入で点数制だったで、価格は省略する。重量も省略。 北 名称 手摘み 大和 蜜香紅茶『玄武』 産地 奈良県山添村桐山区大君 時期 2017年7月20日~8月1日 等級 special 品種 やぶきた実生のウンカ芽、樹齢60年以上 抽出 5g/150ml、85~90℃、30秒蒸らし(煎じ+1に対して+5秒)、4煎(4は蒸らし時間は90秒) 備考 無農薬、無施肥栽培、標高300~350mの花崗岩礫質の畝仕立て園、年2回の手摘み 茶葉 海苔とほんのり甘い香りがする。アッサムのような大きめの葉。温めたポットに入れたら鳳梨酥とミントのよう…

  • 天候不順

    本日は御託の羅列。 当初に比べて数字の上では威力は落ちたものの、その影響はとんでもない。晴れていたかと思いきや、いきなり横殴りの雨降ったり。また逆の現象があったりした。こんな状態だったが、こちらに直接的な影響くるの明日以降なんだよなぁ…。 三連休最後ってことでのんびりお茶でもと思っていたのだが、低気圧のせいで少し鬱状態。加えて野菜は調達したが肉や魚類がない!ということで買い出しに出た。 程々に調達でも出来たのだが、少しばかり凹んだ。我が道とマスカット・オブ・アレキサンドリア(葡萄の中で一番好きな品種)、バイオレットキングなどを見つけてしまった。昨日ネオマスカット買ったばかりだというのに!+ロザ…

  • 食欲の秋といえども

    動かないと食べないんだよね。 昔ほどではないにせよ、当然重量は落ちる。勿論身体によろしくない。たまによく生きてんなぁと思うこともある。万歳するとあばらが丸分かりするのってのは問題だろうよ。 なのでというわけではないが、本日のお茶。 正しくはお茶ではなく北海道のニンジンジュース(美味)。 お茶請けは母提供の岐阜県各務原市は宮田製菓さんのおいもドーナツ。と見せかけて、実は半分かぼちゃドーナツです。 母が「食べたくて両方買ったけど2個も食べたら太る(T_T)でも食べたい…。」と言っていたので「半分にすればよいだけだろうが。」と言った結果がコレ。 芋栗南瓜(なんきん)は女性の好物と昔から言われているよ…

  • 最近流行りなんですかねぇ?

    出身はフランス南西部はボルドー地方。最近日本でもよく見かけるようになったお菓子。 それが本日のお茶請け。 北海道江別市はベイクド・アルルさんの北海道カヌレ。右があんバターで左がミルク。 お茶は嬉野紅茶。 要冷蔵品のカヌレだったので温めずにそのまま頂きました。 お茶との相性も好かった。 それにしてもカヌレは本当によく見るようになった。 元々このお菓子は、ワインの製造過程で余った卵黄を利用して作られたお菓子(卵白は澱を取り除くために使用いた)。歴史は古く、由来は分からないとのことだそうな。発祥は女子修道院とも言われている。 12世紀に一時的に英国領になったことがカヌレ誕生のきっかけとか? お酒に詳…

  • 固定種

    在来種と固定種、何が違うのかよく分からないのだが固定種の「きうり」なるものを買ってみた。 長野県は白馬村の固定種のきうり。 3本で220円。 肉質が柔らかいのでそのままサラダにでもと思ったのだが、肉質が柔らかいきゅうりを浅漬けにするとどうなるんだろうか?という好奇心の下、浅漬けにしてみることにした。 切ってびっくり。 サラダにしたら映える色合いである。 が、浅漬け用に切ってしまったのでそのまま浅漬けに。 使った素はコレ↓ 愛媛の昆布森さん製造、福島の東北ヒロヤさん販売の芽かぶ入りの浅漬け塩。 浅漬け塩とあるが、普通に調味料としても使えます。美味しいです。 まだ漬けている最中なので、食べるのが愉…

  • スイーツ店の本気

    お茶は水出し八女茶だよ。 で、お茶請けがスウィーツ店が本気で作ったあんぱん。一見シュークリームのように見えるが、あんぱん。北海道札幌市はわらく堂さん製造。 何でも白石は昨年、命名されてから150年を迎えたそうな。そしてその新名物がこの白石あんぱんらしい。春に行なわれた横浜のパンフェスにも出ていたらしいのだが、そちらは別メーカーさんのようです。 画像のものは生地はポップオーバー。言ってしまえばアメリカ版スコーン(つまり軽食の位置づけ)のようなもの。もしくはマフィン型したパンみたいなもの。 その中に、のびーるあんこ、特製つぶあん、羊羹が入ったあんぱん。 ・・・最早あんぱんにしてあんぱんに非ず。と思…

  • その数字は多いか少ないか

    数値としてなら大きいだろう。ただ、数字としてならどうなんだろう? その数字⇒1% 分母が大きくなればその分分子も大きくなるよなぁ。 して、内情は全く知らないのだが、この1%という数字、日本における引きこもりの推定人数。だそうな。 この数字、将来的にはどう響いていくのか気になる。 それよりも気になるのが、高等遊民(所謂ニートというヤツ)は日本にどれくらいいるのというのと、それが将来的に及ぼす影響についてだな。 働く気も勉強する気もないトモガラって、普段何してんだろ…?

  • ようこそ大和の諸君? その3

    ※ヤマトじゃあないよ。大和だよ。 ・・・残るは北だけですな。 して、イベント購入で点数制だったで、価格は省略する。重量も省略。 西 名称 手摘み 大和 蜜香紅茶『白虎』 産地 奈良県山添村桐山区大君 時期 2018年8月7日 等級 special 品種 実生在来のウンカ芽、樹齢60年以上 抽出 5g/150ml、85~90℃、30秒蒸らし(煎じ+1に対して+5秒)、5煎(4、5は蒸らし時間は90秒) 備考 無農薬、無施肥栽培、標高300~350mの花崗岩礫質の畝仕立て園、年2回の手摘み 茶葉 青龍のホワイトバージョンのよう。但し香り特に強くもなく個性的でもない。温めたポットに入れたらイエローフ…

  • 今が旬でしたか

    食感としては過去に使った水蓮菜にも似ているだろうか?日本だと水蓮菜よりは目にすることが多いであろう食材だが、あまり一般的ではないらしい。 ではそれが一体何かっつーと、あさがお菜(←和名で書くなよ)。所謂空心菜(くうしんさい)です。 お浸しにしようとして加熱処理していたのだが、中国で空心菜炒めってメジャー?よなぁ。と作業しながら思考に至った。が、茹でた上に炒めるのは回鍋肉もどきになるからよろしくない。と自分でも意味不明な解釈をして、そのままお浸しにしてみた。 しかし、このままだと手を付けてくれる可能性は低いだろうな。と踏んで冷蔵庫とご相談した結果、以下になりました。 肉団子(広東風のタレ味付き)…

  • あすなろって、結局どういった意味なんだろうか

    あすなろと聞いて、夏休みの読書感想文の課題を思い出した人がいるかもしれないし、枕草子を思い出した人もいるかもしれないし、以下略。 使用例や意味は知らないが言葉は知っている。という単語の代表例ですな(少なくとも自分の世代ではそうだ)。 意味もポジティブ(大器晩成型)にもネガティブ(平凡なまま)にもとれるので、使い勝手が難しいとも言える。あ、括弧内は一例です。 で、このネタの出どころはココ↓ ちょっと高かったのだが、これを買いに十勝に行くのはなぁ…ってことで購入。くっ、懐に寒風がっ(←ならやめれや)。 お茶が飲めないと喚く割りには牛乳は飲む(治療中につき夜にお茶が飲めないってのが大きい)。勿論本日…

  • 月の綺麗な晩だから 仲秋の名月編

    天気予報では曇りとなっていたが、素晴らしくいい天気だった。 ミッドナイトスピネルを思わせるような紺碧色にも近い夜空に、目を眇(すが)めたくなるような月が懸かっておりましたさ。 こんな日なので月の名を冠したお茶を淹れても良かったのだが、敢えてこちらを選択した。 玉子♪ 見た目は普通の赤玉。 黄身は少し濃いめ。 勿論玉子掛けご飯になった。 で、本日のお茶はというと・・・ ラオスのお茶(ホット)。 お茶請けは母から頂いた広島県廿日市市はやまだ屋さんの桐葉菓。と東京都新宿区はエムアイフードスタイルさんのシベール キューブフィナンシェの瀬戸内レモン。右斜めに置いてあるのは菓子切り。 相性は二つともまずま…

  • やはり和名は好い

    久々に鉱物写真をアップ。相変わらず巧く撮れてはいないが、これは動画の方がいいような気もする。だからといってやらないが(←オイ)。 この鉱物、和名の方が好きなんだ。 銅(あかがね)色の光を反射しているところは、虹色に近い輝きをもたらす。アンモライトに似ていると言った方が分かり易いだろうか? 背景を白地にすると石そのものがくすんで見えるのであえて黒地。 この鉱物が何かというと、アストロフィライト。和名だと星葉石(せいようせき)。 大きい結晶だと分かり易いのだが、これは小さい結晶なのでなんでそう言われるのかが分かりにくいかと思う。 結晶そのものが葉っぱのようで、集合体になると星状になるから。というの…

  • 連続季節イベント

    今日を皮切りに白露、重陽の節句、十五夜と続きますな。あと、来月の十三夜も土曜日だ。 ニュースを見ていて気が付いたのだが、今年はフロリア―ドなんね♪ フロリアード⇒国際園芸博覧会。オランダで10年に1度開かれる花の祭典。花博とも言われている。時期によって入場料が変わる。 往ってみたいなぁと思い続けて随分経つ。 オランダで行なわれるものは10年に1度だが、そうでないものもあるようで、来たる2027年に横浜市で開催されるとのことで、興味はある。但し、覚えている自信は皆無だ。 それはさておき、オランダのアールスメールの花市場というのがあるのだが、なんとここは世界の花市場の約6割を占めており、世界の花価…

  • こも豆腐(飛騨地方)とは?

    一番有名なのは岐阜県らしいのだが、茨城県、福島県、群馬県の全域か一部地域でも作られているお豆腐。 岐阜に行った時に地元のスーパーで見かけて買ってみた。 これは味付けのタイプ。 豆腐の表面の筋は、出来たてのお豆腐を簀の子で巻き、茹で上げてできたものだそう。茨城県の場合は茹で上げることは変わりないのだが、細かいところはまた違うらしい。 温めると美味しいとあったので温めて食べてみたところ・・・しょっぱかった( ノД`)シクシク… この味付けの濃さって飛騨地方では当たり前なのか⁉と驚くくらい。 なので、うちでは出汁に煮したジャガイモを、塩とつゆの素で多少味を調えて、最後に汁ごとこも豆腐を投入した。 豆…

  • 再検診終了

    健診で引っ掛かったので、引っ掛かった項目のうちの一つを潰してきた。人生初のCT スキャンを受けて説明を受けて、検査結果は今のところ異常なし。肺機能障害の疑いがあるのでヨカッタヨ。 して、今のところというのは、見落としがないか、もっと詳しい専門医のところにデータを送るため。それが返却されるまで1、2週間かかるとのことなので、今のところ。 自分の肺活量が同世代の人に比べ、7割程度しかない理由も肺を取り囲む筋肉が薄いから、との説明も受けました。 改めてΣ( ̄▽ ̄;)!と思ったのが中性脂肪と体脂肪。…ドン引きする位なかった(よく生きてんな…)。これについては先生に「タンパク質、大豆食品を沢山取りなさい…

  • 結構ある

    過去のブログを漁っていたら、更に過去のブログのコピペが出てきて、その内容に笑うに笑えなかった。鎖付けはしていますが、内容が浅いので読後の苦情は謹んで辞退申し上げます。 それにしても人ってのは、脳内閑(ひま)しているとホントロクでもない考え方するんだな(^▽^;) 今はどうなのか?と問われたら、ま、ご想像にお任せします。 それから過去のブログ、カテゴリー分類していなければタグ付けしていないものもあり、見つけ次第分類はしているが、手は回るだろうかな?中には記憶にはあるが記事にした記憶がないものもあり、Σ( ̄▽ ̄;)ウォと思うものも・・・。 ついでに、タグ付けしているのは鉱物だけです。綺麗なものを見…

  • 牛乳の味って何が決めて何だろうか?

    両国で行なわれている鉱物ショーには行けず、家でのんびりとお茶ならぬ牛乳を愉しんでおりました。 ※後半(赤字より先)愚痴になっています。 飲んでいたのは 左の青いパッケージのもの。低温殺菌です。高温殺菌のは多少日付が過ぎていても問題ないが、低温殺菌は中ででろぉっとしたものに化けるので早めに手を付けるべし(少し過ぎたが問題はなかった)。 で、まぁお茶請けはこんなだ。 左は母から頂いた墨繪(すみのえ)さんのりんごパン。袋をむいても良かったのだが、かじったはいいものの「固くて食べられない。」と言われた渡されたものなので、かじり跡付き…(;^ω^) で、もう一つは見ての通り、国産小麦のデニッシュ 和紅茶…

  • ようこそ大和の諸君? その2

    ※ヤマトじゃあないよ。大和だよ。 ・・・続くんだな、これが。 で、イベント購入で点数制だったで、価格は省略する。重量も省略。 南 名称 手摘み 大和 蜜香紅茶『朱雀』 産地 奈良県山添村桐山区大君 時期 2018年8月22日 等級 special 品種 みなみさやかのウンカ芽、樹齢4~5年の幼木 抽出 5g/150ml、85~90℃、30秒蒸らし(煎じ+1に対して+5秒)、5煎(4、5は蒸らし時間は90秒) 備考 無農薬、無施肥栽培、標高300~350mの花崗岩礫質の畝仕立て園、年2回の手摘み 茶葉 ほんのり海苔の香り。見た目ダージリンのレッドサンダーのよう。温めたポットに入れたら蜂蜜レモンの…

  • ようこそ大和の諸君? その1

    ※ヤマトじゃあないよ。大和だよ。 放置していたブログが入れなくなってしまったので、こちらで展開。字の色は変えるけどね。 いや、別にやらんでもいいと思っている節のあるにはあるのだが、個人的に備忘録化している部分もあるし、無視で大いに結構♪ 放置していたのは高儀亮平版のブログ、山へシヴァ狩りに。 何すっかつーと、まぁお茶の紹介だ(←暇人め。ただの個人感想じゃん)。ついでに語彙力は壊滅している。 イベント購入かつ点数制だったで、価格は省略する。重量も省略。 東 名称 手摘み 大和 蜜香紅茶『青龍』 産地 奈良県山添村桐山区大久保 時期 2017年8月3日 等級 special 品種 静7132のウン…

  • 花の酒

    日本で初めてカスミソウが作付けされたのが熊本の菊池。 そしてそのカスミソウから取り出した酵母を使って作られた日本酒がある。 花酵母はその花の香りがするらしい。 また、路地ものとハウスものでは採取出来る酵母の量が異なったり、酒母(しゅぼ)に適したものがなかなか見つからなかったりしたそうだ(うろ覚え)。 あ、酒母って「日本酒を醸造するために培養された優良な酵母」の事です。 酵母は自然界のありとあらゆる所に存在するので、花酵母を使った日本酒は他にもある。例えば広島県の薔薇の花酵母を使ったもの、山口県の桜の花酵母を使ったものなど。 酒は飲まないし、飲めないが、酵母の事や醗酵の事なんぞは面白いのでつい調…

  • ブラックシャインマスカットとヒムロッド

    やはり今回も「何しに行った?」と言われました…。 牛乳、なめこ、味付け豆腐、胡瓜、トマトなど買ってきたものを考えたら、態々岐阜に食材の買い出しに行ったようなものだ( ̄▽ ̄;) 購入果物は梨と葡萄と桃(山梨県産)。あと同行者から桃(岐阜県産)をお裾分けいただいた。 んーで、購入したのがタイトルにある通り。ブラックシャインマスカットは富士の輝きとも言います。 両方とも食べたかった品種です。ヒムロッドは甘みや酸味などのバランスの取れた味で、アメリカでは干し葡萄にされている品種とのこと。あっさり味のデラウェアといえば想像つくだろうか? ブラックシャインマスカットは、はねだし品でも躊躇う価格だったが、手…

  • あんちひきこもりぷろじぇくと…失敗!

    天候の悪さと巡り合わせの悪さで、今回涸沢及び奥穂高に行く予定がお流れに…。 で、そこで計画そのものが中止となると踏んでいたのだが、行き先が飛騨高山に変更になった。 当方ここは初めてなので、不謹慎ながら愉しみである。

  • カワイクナイ、カワイクナイゾ⁉

    何だか語彙力不足のトモガラかよ?と言われそうなタイトルだが、画像を見てみればそう言いたくもなる? 本日リュックに挿しものして買い物から帰ってきました。何を指してきたかというと、胡瓜。といっても普通の胡瓜ではなく、四葉胡瓜。それが改良されたものが四川胡瓜。聞いたことありませんか? 比較対象として500㎖のペットボトルを置いてみました。 …長いよね。 ペットボトルの隣にいるのは地這い胡瓜。一般的な胡瓜は節なり胡瓜で、別物です。昔ながらの胡瓜と言われているのが地這いの方(地域にもよるだろうけれど)。 食感も違うのでパリッとした食感の胡瓜に慣れている人からすると違和感を感じるかもしれない。尤も自分は両…

  • ま、相変わらずである

    スムージー状態の西瓜ジュースとその請け達。 詳細は後程。これから死に水漂ってまいりますので(←プールで泳ぐと言え…)。

  • 休み最終日

    (お盆休みすらない)母には「普通16日までじゃないの?」と言われましたが、明日から出勤です。そして今週末にワクチンの3回目接種に出撃です。1回目2回目共に副作用どころか痛むことすらなかった自分だが、果たして3回目はどうなることやら?何もなければ良いなぁ。 やりたいこと、やっておきたいこと、色々あったが半分もこなすことが出来ずに休みが終了。しかし絶対外せない目的は果たせたから良しとする。 そして罪深き本日のお茶。 お茶はダージリンオータムナルはキャッスルトン茶園のアイスティー。 お茶請けは、左上が大阪府大阪市は大塚食品さん販売、埼玉県熊谷市は日本食材さん製造の大豆かりんと黒みつ味。かりんとうだが…

  • ギリシャ?ギリシア?

    どちらが正しいのだろうね?ロシアとロシヤもどちらが正しいのだろう? アメシストとアメジストはアメシストが正しい。フローライトとフルオロライトはどちらも正しい。そしてニホンとニッポン、どちらも正しい。オレンジとオレンヂ、ビルディングとビルヂングはどっちが正しいのかよう分らん。 アメシスト以下はともかく、先に出た国の表記は聞き取った人が言葉に落とした時に生じる差異で、誤差の範疇なんだろうな。桑の実だってマルベリーと聞こえる場合もあればムルベリーと聞こえる場合もある(自分はムーバーと聞こえる)。それと同じことかと。 何だってこんなことを書いているかというと、↓ってなものを見つけたからだ。 読み辛いか…

  • 野菜室の中に野菜がなかった…

    食事当番ってことで冷蔵庫を漁ったものの、野菜室に野菜がなかった(;゚Д゚) 今ちょうど雨止んでいるし。てことで自転車で行ってみたものの、道行半分で雨に降られた。振ってくれて結構なのに! 台風が来ているからか、たまたま豊作だったのか、茄子と胡瓜が特にお買い得だった。結果… オクラ2袋、トマト1箱、ミニトマト1パック、胡瓜2袋、枝豆2袋、じゃが芋1袋、茄子4袋、レタス1玉を購入。〆て1500円未満。旬のものが豊作だとお買い得ですな。 箱のトマトは自転車のカゴに入れ、あと全て背中のバックパックへ。帰りは多少降られただけで済んだ。 そしてお茶の時間へ♪ お茶はタルザム茶園のヒマラヤン・ミスティック(ラ…

  • 月の綺麗な晩だから 満月編

    連日まともに歩けないくらいの強風。台風が近づいてきているかららしいのだが、それでも僅かな時間月が顔を見せてくれました。天空は秋の気配が濃いのか、あまり夏らしくない月でしたね。 生きていれば本日20歳になるはずだったにゃんずを偲ぶ傍ら、相変わらずお茶なんぞを貪っております。ついでににゃんずのうち桜の方は初盆を迎えるということもあってか、朝方枕元でぬぅんといったドヤ顔をした時の雰囲気が濃厚に漂っておりました。…リ、リアル化け猫(((( ;゚Д゚)))キャー(←オマエなぁ、歓迎してやれよ) で、本日のお茶。 お茶は黒豆麦茶。冷たいやつだよ。 お茶請けは昨日お買い物の荷物持ちでご褒美に買ってもらった、…

  • KAGAYA 星空の世界展に往ってきた

    場所は横浜のそごう美術館。 新聞を読んでいてたまたま目についたので、外出するついでに行ってきた。 肉眼よりも写真のフィルターを通してでしか見られない世界を展開。本来なら目に映っていた世界の筈なのに、切り取ることでしかその存在をきちんと認識することの出来ない世界の写真展。 写真を見ているよりは絵画を見ているような気分♪永遠とまでくると過言かもしれないが、永遠と一瞬の二つの現実が両立した世界を堪能させてくれました。ちなみに写真撮影OKです。 して、個人的には五月女幸雄さんや笹倉鉄平さんの絵画を思わせてくれました。 自分の中で印象に残ったのは↓ 茨城県の某所。 月光写真家の石川賢治さんとはまた違った…

  • 悪書とは?

    これは現役なのか、まだあったというべきなのか分らぬが、↓のようなものを見かけた。「〇〇のような」と書いているが、見たら「そのままだろ」とツッコまれそうだ( ̄▽ ̄;) そもそも悪書とは…⁉ 社会的に害を及ぼすとされる出版物のことを悪書としているが、本はただ沈黙しているだけで、全ては読者という能動的存在によってその存在が色づけられるのだから、言ってしまえば、極論世の中にある全ての本が良書であり悪書であるとも言えてしまえるわけだ。…もう1度言う。極論だがね。 悪書認定はしばしば表現の自由とやらと衝突しているが、これに決着がつくことはないんだろうな。 これらに関して言えることは、規制する側も自由を主張…

  • 旬⁉

    生のブルーベリーが美味しい季節です。 今こそブルーベリーは入手し易いですが、まだそうではない時代に小学生だったキラズは、卒業アルバムの好きな食べ物の欄にブルーベリーと回答したくらいブルーベリーが好きだった(勿論今でも好きだ)。 母親がブルーベリー好きというせいもあってか、子供にも遺伝というかむしろ伝播した模様。 店頭には並ぶことは先ずないが、生の桑の実も好きだ♪ そんなブルーベリー好きな自分でも閉口したものがある。 それが↓ ……(;^ω^) って、結局買ったんかい⁉ とセルフツッコミ。 茹でるとこんな。 黒米を練り込んだ素麺のように見えるが、ブルーベリー果汁入りの素麺。香りがきつくて閉口する…

  • どうやって黒文字を入れようか…

    母から和菓子を頂いたのだが、困った。 何故ならば頂いたのが↓だからだ。 サンリオのキャラらしいのだが、これに一体どうやって黒文字を入れろと…? 菓子切りの靖國刀や布袋国広刀では無粋なので、木製のものを用意したのだが、入れように悩んだ。 ちなみにお茶は以下である。 お茶は献上茶のアイス(ラスト)と、HENRI CHARPENTIERさんのプティ・ガトー・アソルティ、母から頂いた和菓子。 ガトーのアソートはバクバク食べられました。それに全体的のお茶との相性は好かった。 頂いた和菓子は意を決して、真っ向唐竹割りにしましたヨ。味がバナナ味だったのが個人的には納得いかんかったけどね。 自分がお茶請け付き…

  • 秋も目前

    四季の終わりの18日間を土用という。で、明日は立秋なので本日土用明け。 最近は休みの日にしかお茶が出来ない…(T_T) 休日に時間があり、物凄く暑くなってくれれば氷出しという贅沢な喫茶法を愉しめるというのに。 お茶と言えば、10月末にジャパン・ティーフェスティバルが都立産業貿易センター台東館で、11月中旬に地球にやさしい中国茶交流会が都立産業貿易センター浜松町で開催される予定です。 中止にならなければいいが、軍資金が如何程確保出来るか未知数なので、喜ぶ半面戦々恐々としているのも事実δ(⌒~⌒ι) 例年の如く、12月には年内最後の大戦(おおいくさ)の池袋の鉱物ショーが待ち構えているんでね。大枠で…

  • 主観的、記憶的なものを数値化・可視化すると、世界はどうなるのだろう

    タイトルにいきなり結論(というか疑問)持ってきていますが、本日そんなことをちょこっと考えておりました。何でかっつーと、今日が蜂蜜の日だから\( ̄  ̄*)ソンナンデイイノカヨ・・・ と、まぁセルフツッコミをしておく。 そして以下は盛大な独り言だ。 蜂蜜色や蜂蜜のような香りという表現があるのだが、具体的にはどんなもの?と思って帰結したのが本日のタイトル。 味覚センサーや嗅覚センサーといった分析機器は存在する。それによって食品や薬品(飲み薬)の開発が効率よく進められていることやセキュリティーに応用されるかもしれないのも知っている。 そういったことを踏まえて、人によって異なる基準が存在するものを数値…

  • 殺人的な暑さだねぇ…

    今日は入用で午後早退し、用を済ませた後、オタクの聖地とも言われている、中野ブロードウェイに足を延ばしてみました、このくそ暑い中。 久々に歩いてみて …相変わらずよく分からん。 が率直な感想。 今年で55周年だそうだが、そろそろ建て替えが必要か?(ハザードマップを見るとドエライコトになっているしね) ただ、再開発によってアキバやシブヤみたいに小洒落たツマラン街になるのは勘弁だな。綺麗だが、ごちゃくちゃした中から足蹴く通って馴染みの店を持つという愉しみがないし、底辺に近いトモガラにはお呼びじゃあないのよ。感が強い所はどうも苦手。あとそういったところって、「ナチュラル」な感じが感じられず、何か無理し…

  • さって、どうしようかね?

    自分が持っている装飾品を少し整理してみたら、指輪が出てきた。普段はしないし、してもメタラーがしているような少しごつめ?のものをしている。 出てきたのは3点で、デザインからして女装アイテムと言っても過言ではない。それから女装と違って男装って気を使わんでいいよな。と思っている(逆の人もいるかもしれないが)。 自分はどっちがどうでも気にしないのだが、世間では男装女性は問題?視されずとも、女装男性が問題?視されるのはどうしてなんだろうね。女性よりもよっぽど女性らしい女装男性を見てきた方が多いせいもあるのだろうか…? ついでに兄貴が女装男性になっても自分は気にしない。つか、オシャレ??に目覚めたか⁉と言…

  • 見よ。完熟の実力とやらを!

    朝起きて、今日は暑くなる+渋滞巻き込まれ防止。ってことで、早めに出ました。 帰りに参拝のみで5分ほどしかいなかったのだが、神社に立ち寄って高速に上がりました。 立ち寄ったのは穂高神社。 境内に入った瞬間新しい木の匂いがしたので、何だろう?と思ったら、鳥居が新しくなっていた。 自分と相性はいいらしい。すぅーっと水が下りてくるような、そんな感覚を得た。次に来る時はもっとじっくりと探索したい。折角資料館もあることだし。 して、道の駅などには寄れない為、帰りにインターで色々とお買い物。勿論時間と戦闘ながら。 勿論途中の八ヶ岳で牛乳の飲み比べをしてみたぞ? コクを求めるのならきよさとのを、キレを求めるの…

  • あんちひきこもりぷろじぇくと発動

    またかい⁉とツッコミを食らいそうだ…(実際食らったが)。 今回の場所は八方尾根。98年に長野で行なわれた冬季五輪の会場となった場所である。保護監督責任者曰く、ウィンタースポーツの場としては日本で1,2を争う広さとか? そしてスタート地点はここ。 黒菱平の雲海デッキ。 ここまではリフト出来ているので、本当のスタートではないが…。 眺めはこんな感じだ。 今回も手持ちの写真は少ないので、この後増える可能性があるかもしれない。 丁度高山植物の花の見頃でした。写真も半分以上が植物の写真なのだが、渋滞を避けるために急いで撮っているものが多いので、違う意味で選択に時間が掛かった。 これはクルマユリ。 プレー…

  • 普及させたいのなら

    もっと利便性を図れよ。そう言いたくなる。 出勤や通学がやむを得ない事情には当たらないって、喧嘩売っているとしか思えんのだが? 24時間対応していない外務省並みに使えネェ。 これだからお役所は…。って言われるんだよ。 ちなみにこれは、なんてことないマイナンバーカード取得についての愚痴である。

  • ふみの日にして土用の丑にして大暑

    何故7月を文月というのだろう?諸説色々あるようですが、決定的な由来はよく分からないようだ。 ふみの日は40年以上前に制定された手紙を書いて出す日。だったかな?特に7月23日限定ではなく、毎月23日のことだが。 土用の丑と大暑は特に説明要らんっしょ。今年は旧七夕(8月4日)と二の丑が重なっているので、人によっては出費が増えることかと。イベント出費大いに結構。使える人は使っておくれ。 自分は動物性ビタミンA(レチノール)過敏症とのこと(親談)で、ウナギは食べられないです(母親からの遺伝)。尤も平気なもの(植物に含まれているレチノール)もあるのでウナギの何に過剰反応しているのかはよく分からない。一つ…

  • 北風って冷たいだけじゃあないんだね

    乾燥して暑い北風が吹いていた今日、タイトル通りのことを思っていた。暑い風ではあったのだが、湿度がそう高くないのは喜多風とまでは言わないが、少し有難いかな。 世界の一部地域では日照りや熱波が凄く、場所によっては古代の遺跡が露顕したりしているようだ。考古学者などには僥倖だが実情を考えると喜んでもいられないよなぁ…。ロマン溢れる話ではあるけれど。 自然災害の他に、工事してたら出てきちゃったパターンの遺跡なども面白い。関係者、特に上の教養と知性の有無が現場を左右することになるのかもしれないが、工事が止まったら現場の人間からしたらたまったもんじゃあないだろうな。 そういった人達と考古学者等は、なんか仲悪…

  • あんちひきこもりぷろじぇくと発動中

    天候は好転せず、今日のアタックは蓼科山。写真は交換後増える可能性あり。手持ちは殆どない。 7合目入口。目指すは頂上の蓼科神社。 最初の方は所々にこの看板がある。 始めはこんな感じだ。 これ、まだ楽な方。浮石まみれの悪路がこの先にある。 そしてこの道を帰るのだが、登る方が楽だった。 半分より少し長い程度上のような道なのだが、分岐点にある山小屋を過ぎると滑り止めつきの軍手が必要になる。なくても行けるが、自分は遠慮したい。 こんな道だから。これでもまだ楽な方。 こんな道でも渋滞している。 思った以上に子供が多くて驚いた。中には5歳くらいの女の子がいて、母親の荷物が凄かった。もっと若い時からガチ登山勢…

  • あんちひきこもりぷろじぇくと発動

    足慣らしってことで(←次に何をするつもりだ?ナニを!)往ってきました。本来なら行くつもりはなかったのだが、保護監督責任者はゴウインダッタ…。 今回の目的地の初日は霧ヶ峰の車山である。 生憎の戻り梅雨の影響で、雨にこそ振られはしなかったものの天候には恵まれなかった。 晴れ間が見えてもこんな感じ↓ そうそう、高原地は牛乳が美味しいってことで途中のインターではちゃんと牛乳を飲みました。 連行者もとい同行者はスタバのももを飲んでいましたが、一口飲んで閉口していました。自分もご相伴に与りましたが、同じく閉口。味の実情は、敢えて語るまい。 同行者と写真交換をしていない為、この先写真が増える可能性がある。が…

  • 下準備

    下準備、それは腹ごしらえのことである。 というのは半分冗談で、本日のお茶。 お茶は特蒸し煎茶のオン ザ ロック(ラスト)。 お茶請けは麿さんから頂いた千葉県松戸市はさかえ堂さんの抹茶のカステラ、母が頂いてきた蜂蜜レモンのカステラ、親父から貰ったバウムロール。 それらと被った北海道は札幌市はわらく堂さんのたっぷり生白どら。 いずれもお茶との相性は好し。 抹茶とレモン、濃度にもよるがアイスだと意外に合う組み合わせでもある。 貧血の素になるから抹茶はあまり好きではない。 ちなみに下準備というのはコレのこと。 食料。 ツッコミ不可♪

  • あまり着ないという意味でなら

    今週のお題「二軍のTシャツ」 二軍落ちというわけではないのだが、あまり着ないTシャツというのはある。 それが何かってーと、イベントで購入したもの。勿論再販はない。そしていずれも夏に着るのには適していない(^ω^) どんなTシャツかというと、好きなヘヴィーメタルバンドのTシャツ。基本カラーは黒。そして前後フルプリントなので風通しは良くない。いいのもあるけどね。 そう数持っていないが、クラシック(音楽)系のTシャツとは違い使用頻度は少ない。ついでにそれを着ていくのは暑い時期の鉱物の展示即売会。普段使うことがあまりない大きめのアクセサリーや派手めな色?のアクセサリーと合わせても見劣りしないのがヨイ。…

  • 約1年振りのスーパームーンでしたが

    洪水警報レベル3って、ナニ( ̄▽ ̄;)? 母にスマホを見せられて、一瞬目を疑った。ただ自分が住んでいる地域、元々湧水地ですが、そこそこ近い場所に遊水地があるので、一時的には問題ないかと…(思いたい)。 居住区は国内屈指の人口密集地でもあるので、避難したくても避難出来ないってのが現状とも言える。一平方km内に住んでいる人の数、知った時には眩暈がしたよ。それでも空き家が増えているのだから、どれだけマンションなどが多いのやらと思ったさ。 指定避難所も確認したことあるが、物理的に移動が不可能であることもよく分かった。有事の際にまともに歩ける道があるとは思わんからね。死を待つとべけんや(只死ぬことを待っ…

  • 少し切ない

    お盆を目前にして、うちの猫向けにウェットフードの試供品(ツナ)が送られてきた。といっても、魚アレルギーのうちの桜は食べられませんが…というより、本人もとい本猫がこの世にいないので、食べられませんが。 試供品はににゃん(文太と桜)のご霊前に供えさせてもらいました。…さって、この先これどうするかねぇ?母の知り合いの飼い主ところに行くか、自分の知り合いの飼い主のところに行くか。まぁ、宛があるだけまだましか。 これが届いた時、ポイントカードめぇ…と思ったと同時に、少し切なかった。しかも迎え火の前日に届いたってーのが、また、なぁ…。 新盆に来るか旧盆で来るか分らんけど、4月に亡くなった桜に加え、去年亡く…

  • ダージリンの1stはホットの方がいいな

    本日のお茶はタルザム茶園のヒマラヤンミスティック。をアイスにしてみたのだが、やはり春摘みはホットの方が合うなと思う。もしくは氷出しだろうかな。2ndなら水出しが合いそうだ。中には自分好みのものもあるのだが、全体的に自己主張強過ぎてあまり好きじゃあないけれどな。 で、まぁ本日のお茶。 相変わらずのお茶請けの量…。自重しろよ。とセルフツッコミをしておく。 お茶請けは左からスーパーのベーカリーコーナーで購入したあまおうのバイカラークロワッサン。センターのイチゴクリームが思ったよりも強いイチゴ味。 北海道帯広市は六花亭さんのチョコマロン。 栗系は茹でたり蒸かしたりしたものは1stに合う。グラッセやきん…

  • 板垣退助を思い出した

    安倍晋三元首相が凶弾に倒れ儚くなりましたが、その時脳裏をよぎったのが、板垣退助の「板垣死すとも自由は死せず 」だった。今回とは異なり、板垣氏は生き延びていますが。 その後に思ったことが、「意味が分からん」。そして陰謀説は好まざるところだが、「演出材料は多いな。」といったところだ。 この影響、この後どういった影響を及ぼすのか興味深くはある。早速状況を利用しているトモガラは不快極まりないがね。 さて、先ずは明日の選挙はどうなることやら。

  • 月の綺麗な晩だから 上弦編

    雨上がって晴れたので、空は狭いが星を探してみようかね?と思ったのだが、思った以上に月が煌々としていて星が探せなかった(T_T)けれども流れ星を一つみたから良しとするか。 それにしても久し振りに月を見た気がする。 梅雨明けに続いて戻り梅雨。湿度は高けれども比較的過ごしやすくはある?職場の中に入ってしまうと温度や湿度の他、外界影響はかなり受けにくくなるので、外回り(訪問介護)やっている母とは日々意見が異なることが多い。(この時期に限らず、)風呂入れは地獄だよ。とは母の言である。 そういや明日から横浜の産業貿易センターでミネラル ザ ワールド夏の陣が始まるが、今回は見送り;つД`)行きたかったんだが…

  • 戻り梅雨だと白?それとも黒?

    風のくる方向は共に南東。 一体何のことかというと、南風(はえ)のこと。 梅雨明け頃(もしくはその後)に吹く風のことを白南風、梅雨時に吹く風を黒南風という。 で、戻り梅雨って白と黒、どっちになるんだろうかねぇ?などと天気図を見ながら思っていた。 雨雲を連れてくる風であるから、黒、で良いのかな? それから特殊な読み?として有名なのは「東風」だろうね。 読みは「こち」、「あゆ」、「あい」。 東風と南風は耳にする機会はあると思うが、西風(ならい)と北風(あなじ)は殆どないと思う。また「あなじ」は西北風を指すこともあるようだ。その他「おにきた(おにぎた?)」というのもあるのだが、これは北西風だったかな?…

  • プリンにはつきもの

    この時期は生で手に入る。そして個人的にはプリンにはつきものだと思っている。 さくらんぼ♪サワーもスウィートも両方好きだが、プリンにはサワーがつきものであろう! サクランボは一番手に入り易い佐藤錦。 その他紅秀峰とか静御前、月山錦などありますが、あまり見かけないですね。苺で女峰を見なくなったように、サクランボといったらまず真っ先に思い浮かべるであろうナポレオンも見かけませんな。 サクランボは見た目からして紅という字がつくことが多いが、錦という字がつくことも多い。例えば「佐藤錦」、「香夏錦(こうかにしき)」など。 それから、月山錦は黄色いサクランボです。 月山とくると山形県?と思ってしまうし(島根…

  • THE GREATS 美の巨匠たち展に往ってきた

    東京開催は本日が最終日。この後神戸市、北九州市と巡回します。 タイトルに巨匠たちとある通り、有名どころてんこ盛りです。美術に全く興味がない人でも義務教育を終えているのなら、モネやドガ、コローくらいは聞いたことあるだろう。 所蔵がスコットランド国立美術館なので、スコットランドの有名な画家もピックアップされています。 今回の目玉は二十歳前後のベラスケスが描いた〈卵を料理する老婆〉。 1618年の作品ですが、油の中に落とされた卵の透明な白身が正に白身になりかけているところまで表現されていて凄い。 技法も凄いのだが、ふと思ったことがある。 熱した油の中に卵を落とし入れて加熱調理する方法は、当世の卵の一…

  • 宇宙鉱物標本

    これね↓ 3段目の真ん中がちょっとブルーミングを起こしている(;^ω^) 猛暑が続く中、チョコレートを冷蔵庫内に避難させたのはいいのだが、入りきらなかったものが3箱ほどあった(箱が大きかった為)。そのうちの1つ。 星の結晶 宇宙鉱物標本という商品名。 宇宙鉱物という字を見て、モアサナイト?とか思った自分は毒されてますな。ついでに滅茶苦茶ファイアが強く、キラッキラ度が物凄い。 隕石中から見つかった鉱物なので宇宙鉱物。現在手に入るものは人工宝石。人工宝石は宝石の工業利用から生まれたものが殆どと言っていい。工業製品の加工などに人工宝石は欠かせない。あと目に映っていないだけで色んな所に使われている。 …

  • 綺麗に淹れられると嬉しい

    実際には好みの問題なので、それが真に正しいとも言えないことを先に断っておく。 煎茶がうまく淹れられると、急須に残った葉が底で均一になる。という事象がある。自分が飲むためではなく、冷茶が飲みたいと言った母に煎茶を淹れたところ、うまくいってなんだか嬉しかった。 証拠↓ ついでに急須は母方の祖母が使っていたもので、現在はキラズが所持している。持ち主は居亡くなりましたが、物は健在です。さて、次の持ち主は現れるのだろうか? 抹茶の点て方とペーパードリップでの珈琲の淹れ方は教えて頂いたことはあるが、その他のお茶類は全て独学。それでも何とかサマにはなるようだ。ちゃんと習ったことある人にとっては閉口ものかもし…

  • 手拭いラバー

    タオルやハンカチよりもお世話になる手拭いだが、オマエそれはちょっとどうよ?とツッコまれる種類のものもある。 例えば周期表の手拭いとか、骨喰(ほねばみ)藤四郎の手拭いとか蚊取り線香(力尽きた蚊つき)とか…。 何故か魚柄が多いのだが、昔から欲しくても躊躇っている魚柄がある。 ⇒1枚にでーんと1匹の鰹が描かれているもの。 何で躊躇っているかというと、自分が使っている手拭いの価格が600~800円台。それ、1800円(抜税)なんですよ。イベントでというのなら躊躇わず買ってしまうのだが、ここに行けば(いつでも)買えるというので躊躇っている。そういうことってありませんか? 今年は無理にしても、絶版になる前…

  • 長くなるのか?

    全国的に観測史上最短の梅雨明けが続いているが、これによって夏が長くなるのだろうか? 色々と逼迫しているのにこれ以上責められるなんてなぁ…。 しかし週間予報を見ると来週から天気は下り坂になるんだよね。戻り梅雨ってやつだろうか?となると、七夕はまた雨かーい!尤も中国的に解釈するか日本的に解釈するかによって意味合いは違ってくるが。今回の場合は災害に繋がらなければ慈雨となるだろうかな? 日割りで行くと、7月の2日にほぼ1年の半分が過ぎ去ったことになるのだが、前半はバタバタだったな。居て当然の筈の存在が居なくなってしまったことが大きいが、年齢的に仕方がないし、よく頑張ったと思う。そして今の時期でなくて良…

  • 蝦夷梅雨ですなぁ

    太平洋高気圧が張り出してきて、観測史上最短やら最速で梅雨が明けてしまったわけだが、梅雨前線は北上しただけでいなくなってはいないのだよね。なので本来梅雨がない地域が梅雨に突入してしまった。所謂蝦夷梅雨というヤツである。 …ということは、玉葱の価格は下がらんなこりゃ。 去年までは夏バテ知らずだったものの、今年はちょっと?いや、かなりまずいかもしれない。という状況に陥っている。 動かない⇒食べない⇒重量が減る⇒代謝が落ちる⇒基礎値がダダ下がる というのが続いていた為、乗り切れるか否かという状態だからだ。 こんなだしなぁ…( ̄▽ ̄;)↓ 体脂肪は兎も角、これはちょっと問題だろうて。 痩せてりゃいいって…

  • ねじねじ

    よりよりと言ったりまきまきといったネタを過去に投稿しているが、今回はねじねじ。 オノマトペって、何で繰り返し音なんだろうかねぇ? 前にも上げた記憶が1度か2度あるのだが、以前のブログだったかな? この時期にねじねじとくればコヤツだろう。 ねじ花もしくはねじまき花。 画像のはピンク色の花だが、白い花も存在する。 こちらのエリアでは雑草の如くぽつねんと生えていることがたまにあるのだが、珍しい花らしい。 何でこんな形で咲いているのか不思議だが、可愛らしい。 …それにしてもお茶がしたい。

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、キラズ ケイさんをフォローしませんか?

ハンドル名
キラズ ケイさん
ブログタイトル
昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友
フォロー
昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用