プロフィールPROFILE

こぐまさんのプロフィール

住所
北区
出身
北区

自由文未設定

ブログタイトル
スマート ライフ
ブログURL
https://smart-life.hatenadiary.jp
ブログ紹介文
日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える
更新頻度(1年)

70回 / 357日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2018/04/04

こぐまさんのプロフィール
読者になる

こぐまさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,391サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,405サイト
日本経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 587サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,849サイト
スーパーフード・スーパーフルーツ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11サイト
免疫力・抗酸化力 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 105サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,391サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,405サイト
日本経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 587サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,849サイト
スーパーフード・スーパーフルーツ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11サイト
免疫力・抗酸化力 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 105サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,391サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,405サイト
日本経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 587サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,849サイト
スーパーフード・スーパーフルーツ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11サイト
免疫力・抗酸化力 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 105サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こぐまさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こぐまさん
ブログタイトル
スマート ライフ
更新頻度
70回 / 357日(平均1.4回/週)
読者になる
スマート ライフ

こぐまさんの新着記事

1件〜30件

  • ハウスダストとダニ退治

    ハウスダストとは? ハウスダストとは簡単に言うと、目に見えないような小さな埃(ホコリ)のことです。具体的には、家の中のものでは繊維汚れやペットの抜け毛などです。また、空気中に漂っているホコリ(ゴミ)としては、ダニの死骸やフン、カビや細菌などが挙げられます。さらに、外から持ち込まれるものとしては、花粉や砂埃、排気ガスなどがあります。このハウスダストが厄介なのは、とても小さく軽いために空気中に舞い上がりやすいという点です。このハウスダストを吸い込んでしまうと、アレルギー性鼻炎や喘息、アトピー性皮膚炎などの各種アレルギー疾患を引き起こしてしまいます。特に、免疫力の弱い小さな子供や高齢者がいる家庭では…

  • 賢い資産運用、ロボアドバイザーとは?

    ロボアドバイザーとは? ロボアドバイザーを提供しているウェルスナビ株式会社は2019年9月、預かり資産1700億円、口座数23万口座を突破したと発表しています。サービス開始後、約3年でこの実績を達成したこと、投資家の皆さんからの高い関心を伺うことができます。 このウェルスナビは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づく「長期・積立・分散」の資産運用を、全自動で実現したものです。機能性、透明性、シンプルな手数料が高く評価され、働く世代の支持が拡大しています。 高度な金融知識を持たない個人でも、ロボアドバイザーを利用することで、最適ポートフォリオを作成して、国際分散投資、為替リスクの分散を図る積立投…

  • 注目のAI株、テンバガー候補

    ソフトバンクグループが率いる「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」第2号が近く始動する見通しにあります。SVFの価値増大の原動力となったのはAI関連を中心とする未上場企業で、今回その第2陣となる巨大資金が、新興AI企業に対して積極的に投資を行っていくことになりそうです。こうした動きによって、東京市場においても「AI関連株の争奪戦」が展開される可能性があります。 新時代を象徴する自動運転などの成長市場が立ち上がるほか、医療、金融、不動産、流通といった私たちの生活と密接に関わっている分野で、AIは日進月歩でその存在を高めています。2020年の東京オリンピックではAIを使った最先端の顔認証な…

  • 未来の食事、ビヨンド・ミート

    ビヨンド・ミートの衝撃! 今アメリカで注目を集めているのがビヨンド・ミートです。これはガソリン車から電気自動車に変わるぐらい(エンジンが無くなる)のインパクトがあることで、これから私たちの食生活が大きく変わっていく可能性があります。いま農畜産商品の代替品産業に注目が集まっていて、食肉の安定供給を担う成長分野として期待されるのがクリーンミートと呼ばれる人工肉や乳製品代替品市場です。「食肉産業は全世界で年間7500億ドル(約80兆円)の市場規模と推定されていますが、2040年には人間が消費する肉のほとんどは、培養された肉か、肉と同じ見た目と味の植物性製品にとって代わるであろう」と英国・ガーディアン…

  • パワーの源!?ゼロ地場5選

    ゼロ地場とは何か? 皆さんは「ゼロ地場」という言葉を聞いたことがありますか?ゼロ磁場とは一体どんな場所なのでしょう?端的に説明すると、ゼロ地場とは地球上で稀に存在する磁力のN極とS極が打ち消し合う場所のことを言います。ご存知のように、地球には磁力が存在してN極とS極があります。その磁力が何らかの原因でゼロになる場所を「ゼロ地場」と呼んでいます。 詳しい理由はまだ解明されていないようですが、このゼロ地場のある場所はパワースポットとして呼ばれ、不思議な力を得られる場所として知られています。 日本のパワースポット・ゼロ磁場5選 そのような希少な場所がゼロ地場なのですが、そこに行くと何か不思議なエネル…

  • 幸せホルモン・オキシトシンとは?

    日本テレビ「世界一受けたい授業」でも紹介されていた、幸せホルモン・オキシトシンについて、紹介してみたいと思います。 そもそも幸せホルモンとは、脳内ホルモンの中で分泌されると心と体に心地良さを感じるもののことをいいます。「オキシトシン」とは、その脳内ホルモンのひとつで、心を落ち着かせてくれる効果があると言われています。同じく、脳内ホルモンのひとつである「セロトニン」も有名ですね。(過去紹介記事) 人と人との肉体的な接触や、簡単なボディタッチでも分泌されるというこのオキシトシン。IT時代の副作用で、リアル世界での触れ合いの機会がどんどん減少して、われわれ現代人は「オキシトシン不足」になりやすい状況…

  • 幸せホルモンとセロトニン

    毎日の生活でストレスが溜まると、心身にさまざまな悪影響がもたらされることがわかっています。ストレスで不調をきたすことのないようにしたいものです。そこで注目したいのが、「幸せホルモン」と呼ばれる神経伝達物質セロトニンです。セロトニンには、精神を安定させ、リラックスして落ち着いた気持ちにさせる効果があることが分かっています。逆に体内のセロトニン分泌が不足すると、うつ病などメンタルの不調に陥ることもあります。 では、このセロトニンを増やすにはどのようにしたら良いのでしょうか? セロトニンの素 1. トリプトファン 必須アミノ酸であるトリプトファンは体内では生成できないので、食事で摂る必要があります。…

  • ホメオパシーでヘルペス退治!

    ヘルペス退治にホメオパシーというのが有効だと聞き、早速試してみました。以前紹介した漢方薬と併用することも問題無いようですので、より早期に解決する手段として今後も続けていきたいと思います。 まずは口唇ヘルペスの説明からです。 口唇ヘルペスとは? 口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウィルスⅠ型」というウィルスによって引き起こされます。このウイルスは感染力が強く、直接的な接触のほかにも、ウィルスの付いた食器などを介しても感染の恐れがあります。そのため、親子や夫婦など、親密な間柄で感染することが多く、これが「愛のウィルス」と呼ばれる所以です。初めて単純ウィルスⅠ型に感染し、その後抗体ができたとしても、ウィル…

  • 前立腺を健康に保つ食べ物 6選

    男性なら歳とともに誰もが気になる「前立腺肥大症」ですが、この「前立腺肥大症」は30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%にみられる症状と言われています。ただし、そのすべての方が治療を必要とする訳ではなく、排尿症状を伴った治療を必要な、いわゆる「前立腺肥大症」は、その1/4程度と考えられています。 前立腺って何? 前立腺とは膀胱の出口を取り巻くように位置するクルミ大の器官で、男性だけにある生殖器です。 その働きは、精子の働きを活発にする前立腺液を分泌することで、男性ホルモンの活性型である「ジヒドロテストステロン」に大きく影響を受けています。 前立腺が肥大…

  • 対韓輸出規制(優遇措置廃止)の本当の意味

    優遇措置の廃止 日本政府は、7月4日に韓国に対して「レジスト」「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」の特定3品目について、包括輸出許可から、個別輸出許可への切り替えを発表しました。制度上はあくまでも、今まで実施していた「包括輸出許可という優遇措置」をやめるだけで、輸出制限などではありません。 朝日新聞や毎日新聞といった、印象操作を得意とするマスコミは、やれ経済制裁だ、韓国はWTOに訴えるなどと騒いでいますが、実質的な輸出規制ではないため、WTOに訴えても勝算はゼロでしょう。 見え隠れする、韓国の裏の顔 今回の見直し対象の3品目については、すべてが半導体製造に関わるものであるため、サムソン電子などの…

  • 口唇ヘルペスと漢方薬

    幼少期にヘルペスに感染し、疲労やストレスなどによって、唇の周りにプチプチとした水疱(口唇ヘルペス)が再発してしまう人はかなり多いと思います。地域によっては、この口唇ヘルペスは「熱のはな」とも呼ばれています。 私自身もヘルペスとの付き合いは長く、できてしまうと患部を見られるのが嫌で、人前に出るのが少し億劫になります。また、食事の時にも醤油や酸味がしみたりして、かなり辛い思いをします。そういった口唇ヘルペスの症状を緩和し、早期に解決する手段として、漢方を活用する方法について紹介してみたいと思います。 口唇ヘルペスとは? 口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウィルスⅠ型」というウィルスによって引き起こされま…

  • ビットコイン相場、再始動!!

    ビットコイン価格が120万円を突破 つい2ヶ月前までは、50万円〜60万円を推移していたビットコインですが、あれよあれよ言う間に100万円を突破し、その後数日で120万円も記録しています。日本市場では、ビットコインバブルで手痛い被害を受けた人が多く、仮想通貨そのものへの関心が低下してしまった感は否めませんが、世界では仮想通貨・暗号資産相場の第二幕が始まっていると言えそうです。 フェイスブックが提唱するリブラの破壊力 リブラ(Libra)とは、フェイスブックを中心とする企業グループが、2020年上半期にサービスを始めると発表した仮想通貨(暗号資産)です。6月18日に発表されたホワイトペーパーから…

  • モリンガで痛風を治す!

    増え続ける痛風患者、その対策 尿酸値が高い人は年々増え続けていて、現在1000万人以上がいつ痛風を発症してもおかしくない状況にあると言われています。また、若年で発症する例が増えていることも大きな問題になっています。痛風の対策・予防として一般的に知られているのは、プリン体を多く含む食品・飲料(特にビール)を控えることですが、同時に、プリン体を体外に排出する能力を高める(正常化させる)ことも非常に重要です。なぜなら、食べ物に起因して生成される尿酸は全体の2割程度で、残りの8割は新陳代謝により肝臓で尿酸に作り変えられているからです。ある研究によると、尿酸値の高い人の9割は、尿酸の排せつ機能に問題があ…

  • ラブグラフ(Lovegraph)はとてもお得なサービス

    最近はスマホの自撮りでもかなりクオリティの高い写真が撮れるようになりましたが、被写体との距離や、カメラの質を考えると、やはりカメラマンに撮ってもらった写真は一味もふた味も違うものです。ただ、身内や参加者の誰かに撮影を頼むと、撮影する人が写真に入れなくなってしまったり、不必要な責任感を負わせることにもなりかねません。そんな悩みを解決してくれるのが、出張写真撮影サービスのラブグラフ(Lovegraph)です。 ラブグラフとは? ラブグラフは若者を中心に利用が広がっていて、お手頃な料金で若いカメラマンさん(ハイ・アマチュア、プロカメラマン)が写真撮影をしてくれるサービスです。ラブグラフは家族のお出か…

  • 頭皮の悩みにはアロエベラ!

    「最近フケが気になり始めた」「頭皮が痒い(かゆい)」など、私たちにとって頭皮をめぐるトラブルは後を絶ちません。フケとは頭皮の古い皮膚が剥がれ落ちたもので、頭皮の生まれ変わりによって起こる自然現象ではありますが、なんらかのトラブルによって頭皮に異常が起こっている可能性もあります。さらに、フケと同時に痒みの症状が現れている場合には特に注意が必要です。 フケ・痒みが発生する主な原因 1. 空気の乾燥冬場は空気が乾燥しているため、頭皮の水分量が著しく低下することがあります。頭皮が乾燥することで乾性フケが発生する原因となります。頭皮が乾燥する冬は、夏に比べてフケの発生率が約2倍に増えると言われています。…

  • バタフライピーは美肌、美髪に効果あり

    最近、日本でも話題のバタフライピー。乃木坂46のメンバーが、タイのバタフライピー専門店「ブルーホエール・マハラート」で撮った「青いラテ」の写真がインスタ映えすることでも話題になっています。 バタフライピーとは? バタフライピーは、タイやベトナム等の東南アジアを原産としたマメ科の植物で、真っ青に美しい花の形が蝶に似ていることから、バタフライピーと呼ばれています。 (日本ではチョウ豆と呼ばれています)バタフライピーの花びらのブルーはアンチエイジング、肥満予防、白髪・抜け毛予防効果、頭皮血行促進効果が期待されています。 テルナチン(アントシアニン)の効能 アントシアニンはポリフェノールの一種で、植物…

  • 肌・頭皮の悩みにはモリンガオイル

    先日、顔にデキモノができてしまった時に、モリンガオイルを塗ったところ半日ぐらいできれいに治りました。おそらくモリンガオイルの抗菌効果によって、皮膚を細菌感染からプロテクトしてくれたのだと思います。 モリンガ(モリンガオレイフェラ)は、日本ではあまり馴染みがない植物ですがスーパーフードとしても有名で、そのモリンガの種から作られるのがモリンガオイルです。そんなモリンガオイルの効能について紹介してみたいと思います。 モリンガとは? モリンガ(正式にはモリンガオレイフェラ)とは、北インド地方を原産とするワサビノキ科の植物です。インド・アフリカ・東南アジア等では「奇跡の木(ミラクルツリー)」 とも呼ばれ…

  • BCHハードフォークでどうなる?

    ビットコインを始めとした仮想通貨(暗号通貨)が、ようやく長いトンネルを抜けて再び成長路線に入ろうとしています。 このタイミングでビットコインキャッシュが5月15日にハードフォークを予定していますが、果たしてマーケットはどのような反応を見せることになるのでしょうか? BCHハードフォークについて Bitcoin ABCは、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークを5月15日に予定しており、今回のアップデートの目的はスケーラビリティ向上が主なものとなります。具体的には、トランザクションの署名方式が「楕円曲線デジタル署名アルゴリズム」から「シュノア署名」(Schnorr signature)…

  • コンブチャで菌活しよう!

    コンブチャとは? 皆さんは、コンブチャ(KOMBUCHA)をご存知でしょうか? コンブチャとは別名「紅茶きのこ」とも呼ばれ、紅茶やウーロン茶などのお茶をバクテリアと酵母菌でできた菌塊ときび砂糖で発酵させた発酵飲料のことです。ダイエットや美肌に効果があるとして、レディー・ガガやミランダ・カーなども愛飲するという海外セレブの間で話題の飲料です。 コンブチャは、有機酸、アミノ酸やポリフェノールなどの豊富な栄養素を含んでいるため、アンチエイジングや腸内環境の調整などがの効果が期待されています。 注)昆布茶とは全く異なるものです。 コンブチャは西欧〜アジア地域で発祥したと言われ、チンギス・ハンの時代に戦…

  • 外国人材の流入と、日本の将来

    令和の時代になって、ますます外国人材が日本に入ってくることが予想されます。もちろん人手不足の分野には外国人に来てもらって、日本経済を支える一員になってもらうことは良いことだと考えます。 一方で、45歳以上を対象にしたリストラが多くの企業で行われていることも事実です。 日本企業にとって「人件費」はいつのまにか、「コスト」になってしまったようです。外国人材活用の背後には、「高い経費となってしまった中高年従業員の給料を削減して、安い労働力として使える外国人を増やす!」という裏の狙いも見え隠れしています。 たしかに、グローバル化の進む中でコスト削減は企業が生き残るには必要なことかもしれません。ただ、外…

  • ファスティング(断食)で健康になる

    ファスティングとは? ファスティングとは英語で絶食するという意味です。朝食のことをブレックファストというのは、ファスティング(寝ている間の絶食期間)をブレイクするということに由来しています。そもそも断食は、人類史上最も古くからの伝統的な健康法の一つで、古代ギリシア人は自然療法から治療が可能であると信じていました。ほとんどの動物と同様、人間も病気になると本能的に食欲不振が作動します。風邪で調子が悪くなった時には、なかなか物を食べる気にならないですよね? ファスティングは、体に必要な栄養素と最低限のエネルギーを摂取し、体内バランスを改善しながら行う健康法です。細胞から必要でない異物を取り除き、細胞…

  • 女性・女系天皇についてサザエさんで理解する!

    日本人に馴染みの深い「サザエさん」で、皇室の直面している危機について考えると分かりやすいようです。 女性天皇 → サザエさん女系天皇 → たらちゃん たらちゃんに対しては、人々から愛され、支持する声はなんとなく多くなると思いますが、ここで2000年以上続く伝統を引き継げるかというとそれはまた別の話です。 日本の皇室は男系天皇を維持するということで、長きに渡り時の権力者(藤原道長、平清盛、足利義満など)からの皇室乗っ取りを防ぐことができたのだと思われます。 男系の系統維持に話を戻すと、カツオが成人して子宝に恵まれ、複数の男子が生まれればひとまず危機は乗り越えられるでしょう。ただし、現状の後継者が…

  • 亜鉛のチカラ、体に大切な成分

    年齢とともに、白髪、抜け毛、シミ、機能不全など体に現れる不調の数々。もしかすると、それは亜鉛が不足していることから起こっているのかもしれません。 また、亜鉛は汗の中に多く含まれているため、発汗量に比例して体外へ流出する量も増加します。そのため、若い人でもスポーツを頻繁に行っている人、代謝がよく発汗量が多い人は、知らず知らず亜鉛が不足しがちになるため、適量の摂取を心がけるのがよいでしょう。 亜鉛の働き 亜鉛は成人の体内に約2g存在し、主に皮膚や骨、肝臓、眼球、筋肉などに含まれています。約200種類以上の酵素の構成成分であり、大変重要なミネラルです。亜鉛は必須ミネラル16種に含まれていますが、体内…

  • データーサイエンティストが活躍する時代

    最近、耳にすることが多くなった人工知能(AI)、Eコマースなどを影で支えているのが、データーサイエンティストと呼ばれている人たちです。データ活用社会の寵児とも呼ばれるこの職業は好待遇での求人が多いため、憧れている人も多いのではないでしょうか?データサイエンティストとして働くのに、特定の資格を取得する必要はありませんが、各企業が求める知識とスキルは高度かつ広範囲にわたり、稼げるデータサイエンティストになるには相応の自己研鑽と実務経験の蓄積が求められています。 データーサイエンティストとは? データサイエンティストとは、ビッグデータを分析した上でマーケティングなどに活用し、ビジネスに活かすプロです…

  • NHKの劣化とヤクザまがいの集金

    統一地方選挙において、泡沫政党だと思われていた「NHKから国民を守る党」が、そこそこ票を集めて所属する地方議員が13名から39名に増え、大躍進を果たしました。さらに今度は夏の参議院選挙にも候補者を立てるという。「NHK撃退シール」などの取り組みは面白いなと思うのですが、既に党内で内輪揉めが始まっていて評価しづらいということはさておき、国民のNHKに対する不満が頂点に達していることは間違い無いでしょう。 NHKの非道さ 1. 夜間訪問し、暴力団まがいの脅迫をして、受信料の支払い・契約締結を迫る2. 受信料「30年分」の請求書を送りつける(時効は5年のはず)3. 意味不明な反日報道、なぞの韓国製品…

  • 45歳以上の社員は不要なのか?

    日本政府は人手不足の解消から、今後5年間で外国人材を最大35万人受け入れるという。一方で、人材不足のはずの日本の大企業では「早期希望退職」という名のもと45歳以上の人員整理を進めている。つまり、人手不足なのではなく、単純にコストカット目的、人件費を下げるために行われていると考えた方がよいのかもしれません。 さらに「早期希望退職」とは名ばかりの、退職強要まがいの面談が行われ、精神的に追い詰められるといいます。「面談者の部長から、今の部署に残りたいというのであれば、どのように貢献できるのかを示せ」と言われた。面談のたびに貢献策を提案したが、部長からは毎回ダメ出しを食らった。結局、何を提案しても無駄…

  • 世界最新の太らないカラダ、について

    「トロント最高の医師が教える、世界最新の太らないカラダ」という本がなかなか衝撃的でした。 けっこう分厚めの本ですが、前半はこれまでのダイエット方、健康についての考え方がいかに誤ったものであるかを、論理的かつ実証的に説明していて、なるほどとうなづくことばかりでした。 食事の後に急激に血糖値があがってしまう食べ物について注意を促し、ダイエットについては、食べるものを減らすのではなく、何を食べるかに気を配るが大切であるということが明確に理解でき、まさに目から鱗といった感じです。 太らないためにすべきこと この本の結論としては、以下にまとめられると思います。 ① 精製された糖の摂取は血糖値を上げ、イン…

  • 有機栽培・オーガニック野菜の販売サイトまとめ

    「有機栽培」や「オーガニック野菜」という言葉が身近になり、一般家庭にも浸透しつつあります。身近なところで購入する場所がないという人のために、全国でオーガニック野菜を販売しているサイトについて、紹介したいと思います。 有機栽培・オーガニック野菜については過去記事を参照ください 全国の有機野菜・オーガニック野菜、優良販売サイト ◇北海道 北海道有機市場 https://www.yu-kinokyo.net ◇千葉県 有限会社北総ベジタブル http://www.hokuvege.com ◇東京都 有機認証野菜食品専門店じんじん http://www.jinjin-yuuki.jp/index.ht…

  • 2019年はキャッシュレス関連銘柄を狙え!

    キャッシュレス銘柄でテンバガー!? 最近、何かと話題のキャッシュレス決済。日本では世界と比べて遅れていると言われていますが、日本政府はこのキャッシュレス決済を普及させようと本腰を入れ始めました。インバウンド消費の支払い分野でのビジネスチャンス獲得、さらに2020年の東京オリンピックに備えて、今後キャッシュレス化の動きは加速していくものと思われます。キャッシュレス決済には主に3種類あり、中でも高速決済・アプリ連携で収支を細かく管理でき、スマートフォン一つで買い物できる、といったメリットがあるQRコード決済が特に注目されています。 キャッシュレス決済の普及は国策 2019年10月の消費税率引き上げ…

  • 事業継承・M&A サラリーマンが会社を買う時代

    今の仕事の多くが10年後には無くなる!?と言われている時代ですが、サラリーマンでも将来に不安を感じている人は多いと思います。サラリーマンという制度は、経済成長をしている時代に企業が成長し続けることを前提に形成されたものですが、テクノロジーの発達により、現在の仕事がAIに置き換わっていくのであれば、サラリーマン需要は減る一方です。そういう時代をどう生きていくかについて、雇われの身であるサラリーマンは真剣に考えておく必要があるのです。 また、企業側としても事業承継は大きな悩みの種になっていて、外部から有能な後継者を入れることができれば安心した運営が可能になり、売却することで利益(現金)を得るという…

カテゴリー一覧
商用