chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
白血病から回復、そして食べ歩き http://noke5866.livedoor.blog

急性骨髄性白血病を機にブログを開始。2018年8月頃までは闘病記中心。 それ以降は、あざみ野・たまプラーザを中心に食べ歩いています。

急性骨髄性白血病を機にブログを開始。2018年8月頃までは闘病記中心。 それ以降は、あざみ野・たまプラーザを中心に食べ歩いています。

noke5866
フォロー
住所
青葉区
出身
西宮市
ブログ村参加

2018/04/03

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 食べある記833 アジアンビストロDai(あざみ野 エスニック)

    11月上旬のこと。タイ旅行から帰ったばかりの娘がパッタイを食べに行きたいということで、1か月半ほど前に行ったばかりのアジアンビストロDaiへ。前回は空いてて心配でしたが、今回は予約してないと入れないほど混んでました。流行ってるようで安心。私はこぼれスパークリン

  • 読書感想文129 娼婦の眼(池波正太郎)

    しばらく池波正太郎を続けてみようかと。以前続けて読んでたことがあり、時代小説の主要なものは読破済み。で、覚えがない題名のものを順に購入している。で少し艶めかしい名前のこちらを。名前の通り娼婦が主人公の短編集。先日合羽橋に行ったとき、池波正太郎記念文庫があ

  • 食べある記832 餃子と地ビールいち(センター南 餃子)

    文化の日のこと。ロピア目指してセンター南へ。たまたま都筑区祭りをやっていてビックリするような人ごみ。この日インターネットで見つけたよさげな店に行きます。餃子と地ビールってそそられます。餃子と地ビール いちへ訪問。センター南駅からスーパーsanwaの右の道を歩い

  • 食べある記831 アヤ・ビジュノワール(勝沼ワイン)

    たまプラーザの駅前で、定期的に開催されるたまプラマルシェ。そこで前田龍珠園というワイナリーが提供していたのが、アヤ・ビジュノワール・エルバージュ@4180自家農園で作っているのは白ワイン。赤ワインは、他の農家が生産する珍しい品種から醸造。それにしてもビジュノ

  • 食べある記830 玄蕎麦しんがり(浅草 蕎麦系居酒屋)

    スカイツリーを堪能し、その後はミズマチを歩きます。隅田川近くの枕橋からスカイツリーを振り返ってカシャ。そこそこ観光客もいてました(自分らを含む)。すみだリバーウォークを歩いて浅草にわたります。浅草は結構な人手。歩き疲れたので新仲見世に面しているこちらで休

  • 食べある記829 スカイツリーと世界のビール博物館(押上 ビヤホール)

    10月の終わりのこと。田園都市線から半蔵門線と乗り継いで、やってきました東京スカイツリー近くで目にするとやはり巨大。よくこんなの作ったもんだ。まさに現代のピラミッドだね。開業が2012年5月と10年経過。当日券買うのに15分かかりましたが、問題なく登れました。地上35

  • 食べある記828 カステッリ・デル・ドゥーカ(伊エミリア・ロマーニャ州)

    この日開けたのはカステッリ・デル・ドゥーカ・マルヴァジア・セッコ・フリッツァンテ@1188。フリッツァンテは微発泡の白ワイン。アルコール度数は低めで11.5%しかない。注ぐと淡い黄色。炭酸はあまり強くない。酸味が少し立ちつつ、甘みは少なめ。普通のスプマンテの方が味

  • 食べある記827 のくっちゃん(溝の口 居酒屋)

    さて、とある平日の会社帰り。炭火焼き鶏たまいの時のリベンジで、気合を入れてついに足を踏み入れるぞと。戦後そのままの姿を保つ溝の口駅西口商店街「お買い物は皆様の店」っていうのも、70年前のキャッチコピーと思えば味がある。おおお。煙ってる煙ってる。まさに現存す

  • 読書感想文128 獅子 (池波正太郎)

    しばらく池波正太郎を続けることに。こちらは、真田信之晩年の時期を描いた小説。晩年と言ってもホントに晩年、90歳を過ぎて身罷る迄の話。池波正太郎と言えば真田太平記が有名。その後日譚にあたる。父の昌幸と弟の幸村が関ヶ原で捉えられ、徳川方に着いた兄の信之だけが領

  • 食べある記826 雅楽(あざみ野 ラーメン)

    さて2か月半ぶりの雅楽へ。日曜日の晩で雨の日。6時入店で先客はなし、後客2でした。クラフトチューハイを頂きます。今回はレモン。値段は失念したが@500前後。息子は玉子入り炙りチャーシューご飯を。済みませんがこちらも値段失念で@500前後です。少しおすそ分けを。炙っ

  • 食べある記825 登美(日ワイン 山梨)

    レ・ペルゴーレ・トルテの回に続き、業界のワイン愛好家の皆さまとの飲み会に。他の方と重ならなさそうで、かつ分かりやすいものということで、色々悩んだ挙句にこちら登美をもっていくことに。購入したのではなく、2016年に山梨県甲斐市へのふるさと納税の返礼品で頂いたも

  • 食べある記824 エミリアーナ・ヴィンヤーズ・コヤム(チリ)

    この日開けたのはチリワインのエミリアーナ・ヴィンヤーズ・コヤム・コルチャグアヴァレー@2734ブログ登場が3度目となるリピートワイン(前回は9か月前)。チリ最大の有機栽培畑を所有するバイオダイナミック農法が特徴。コヤムは先住民族の言葉で「オークの木」を意味する

  • 食べある記823 盤古殿(新横浜プリンス 中華)

    11月上旬の土曜日のこと。駅ネットでとった切符を発券しに新横浜へ。ランチは新横浜プリンスホテル地下のこちらへ盤古殿日本橋、馬車道、川崎、秋葉原にも店がある盤古グループ。メニューは、北京ダック、四川料理、点心と地方を特定してない。プリンスB1のほとんどを占め

    地域タグ:都筑区

  • 食べある記822 ボジョレー・ヌーヴォー(仏ボジョレー)

    はい。本日は解禁日、ということで。それにしても毎年盛り下がってる気が。今年は特にインフレと円高で価格高騰のせいか、仕入れの本数も少ないみたい。解禁日の夕方でスーパー店頭のが大分減ってた。左がドルーアン・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー@3480右がジャンフ

  • 食べある記821 ちさとちゃん(三茶三角地帯 居酒屋)

    ほしぐみ訪問以来、約2か月ぶりの三角地帯。魔境の魅力にハマってしまい、三茶で途中下車。ドヤ街をうろつきます。やはり初めての店に入るのは勇気がいるもの。ネット記事に挙がっていたこちらに訪問。ちさとちゃんどて焼き居酒屋とのこと。金曜18:30で2人1組のみ。この時間

    地域タグ:世田谷区

  • 読書感想文127 危機の地政学 感染爆発、気候変動、テクノロジーの脅威

    イアン・ブレマー氏の新作が出たとのことで購入。対立の世紀を読んだのは2年前。そちらでも「我々」対「彼ら」の図式に対する指摘があった。丁度米国中間選挙だが、対立はますます激化し相手陣営に対する不寛容が増している。4割以上のアメリカ人が近々内戦(Civil War)が起

  • 食べある記820 銀蔵(センター南 寿司)

    センター南ショッピングモールに来ると、ランチはこちらになる率が高い。銀蔵前回から1年経ってない。夢吟坊の跡は空いたままで、ゴーゴーカレーも行かないまま閉店。レストラン街で他にそそられる店がなかなかないんだよね。こちらがランチのメニュー。ブログを書きながら前

    地域タグ:都筑区

  • 食べある記819 イル・パッソ・ネレッロ(伊 シチリア)

    この日開けたのはイル・パッソ・ネレッロ・マスカレーゼ・ヴィニエティ・ザブ@1881。以前飲んだことあり、リピートです。1年半ほど前(1760)から値段は少しだけ上がっている。品種はネレーロ・マスカレーゼ。結構濃い目の紫色。うむ。変わらず美味しい。果実味が強く甘みは

  • 食べある記818 レロエオヴェスト(あざみ野 イタリアン)

    10月中旬のことですが、娘の誕生祝ということでレロエ・オヴェストに訪問。あざみ野三規庭オープン当初から長く続く名店です。食べログイタリアンEAST百名店にも選出されている。前回訪れたのは3年以上前と、大分ご無沙汰だった。2日前に予約。18:00きっかりに入店。壁際

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記817 ドミニク・マサン(仏シャンパーニュ)

    この日開けたのはドミニク・マサン・キュヴェ・スペシャル・ブリュット@6600雑誌ワイン王国で高評価だったのを見て購入。サクラアワード2022でもゴールド受賞。サステナブル農法、ピノノワール100%、ドザージュ9g/L裏ラベルはシンプル。注ぐと、淡い黄色。色は薄めです。果

  • 食べある記816 花むら(あざみ野 和食)

    10月初旬の連休。買い物ついでに地元でランチ。20年来この地に住んでるが、入ったことがなかった和食店に訪問。花むら鰻と天麩羅の店。ランチはどれも1000円オーバーと、安い定食屋というよりも割烹的な感じか。でも意外に若い人が利用していた。席に通されると、メインとお

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記815 ビアンコ・トスカーナ・アルテジーノ(伊

    1972年創業のブルネッロの老舗アルテジーノ3本セット@13398から2本目を。前にロッソ・トスカーナを頂きました。ビアンコ・トスカーナ・アルテジーノ@2453。こちらもデイリーワイン。葡萄はシャルドネ、ヴェルメンティーノ、ヴィオニエのブレンド。注ぐと淡いめの黄金色。甘

  • 食べある記814 西安健菜キッチン(たまプラーザ 中華)

    10月初旬のこと。たまプラーザテラスで買い物ついでに昼食。妻が身体が温まるものを食べたいというのでこちらに(残念ながらこれは後で裏切られる)。西安健菜キッチン謝朋殿と同じグリーンハウスフーズの経営。前回訪問から1年半ぐらい経っているが、ブログ登場は4回目。生

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記813 モンテ・アンティコ(伊 トスカーナ州)

    この日開けたのはモンテ・アンティコ@1540審査員が全て日本人女性の『サクラアワード2022』でダブルゴールド受賞。ジェームス・サックリングでも90ポイント獲得と多数の受賞。裏面には丁寧な説明。サンジョヴェーゼにカベルネ、メルローと黄金の組み合わせ。注ぐと鮮やかな

  • 食べある記812 天然居(虎ノ門 中華)

    とある出勤日のこと。ランチを探して虎ノ門界隈をぶーらぶら。虎ノ門小路のこちら、以前訪問した味仙の隣に訪問。天然居日本橋にもある様子。平日12:15と混み合う時間だったが、5分ほどで入れた。中国四川料理の看板に惹かれて。先日訪問の1軒置いて隣のXianもそう。四川料理

    地域タグ:港区

  • 食べある記811 バローロ・クラシコ・オッデーロ(伊ピエモンテ州)

    この日開けたのは、バローロ・クラシコ・オッデーロオッデーロ3本セットで@13123、こちら単品だと@6138以前、ランゲ・ネッビオーロとランゲ・ビアンコ・コラレットを賞味済み。オッデーロは、バローロの造り手の中で現存する最古のカンティーナ(貯蔵庫)を持つ重鎮。1878

  • 食べある記810 今井(新大阪駅 うどん)

    この秋に大阪日帰り出張があり、帰りに新大阪駅でサクッと夕食。駅ナカフードコート大阪のれんめぐり内にある道頓堀今井へ。うちではお取り寄せを頂くほど今井好きです。家族のリクエストで551蓬莱を購入済み。駅内にいくつか店があるが、どこも夕方は長蛇の列。仕事終わりと

    地域タグ:大阪市

  • 食べある記809 雷門まとい(浅草 甘味処)

    リスボンで腹ごしらえしてから、合羽橋に逆戻り。かっぱ河太郎を拝んでから、また参戦。といっても午後はさらに凄い人で、どっと疲れた。人ごみを歩くのって疲れる。ようやく買い物終了。合羽橋を抜け出し浅草までテクテク。浅草通り沿いで甘味処を発見。雷門まといこんな楽

    地域タグ:台東区

  • 食べある記808 リスボン(浅草 洋食)

    10月上旬、かっぱ橋道具祭り2022に行ってきた。銀座線田原町駅で降りて合羽橋通りを行くと、ニイミ会長の巨大看板がお出迎え。この手の祭りに行くのは、世田谷ぼろ市以来。コロナでこういった祭りが中止になっていたということもある。土曜日で人手が予想されたので、開店時

    地域タグ:台東区

  • 食べある記807 モン・サン・クレール(自由が丘 洋菓子)

    四半期毎の検診の後。その結果に気をよくして、この日は自由が丘駅からはるばる10分歩いてこちらに。モン・サン・クレール著名なパティシエ辻口博啓氏の店。店は勿論綺麗ですが、ドアは年季の入った感じ。明るい店内、ケーキのショーケースは整然と。上に並んでるのはパン類

    地域タグ:目黒区

  • 食べある記806 梅華(自由が丘 中華)

    四半期毎の検診の日、午後休取って奇跡の町自由が丘で途中下車。前回の麦府に続いて中華巡り。調べるとまだまだある。ネットで評判の良かった梅華ヘお邪魔。駅北口を出てガードをくぐった飲食店密集地にある。想像したより綺麗で新しい。表にはママさんの肖像が。実際に取り

    地域タグ:目黒区

  • 読書感想文126 夢の階段(池波正太郎)

    池波正太郎なら時代小説か、と思って買ってみたら、意外にも現代小説主体。現代と言っても戦後の混とんとした時期が舞台なのだが。著者が31-36歳(昭和29-36年)とごく初期の作品で7編の現代小説と2編の時代小説が収録。最初の小説「厨房にて」「禿頭記」「機長スタントン」

  • 食べある記805 舎鈴(有楽町 つけ麺)

    有楽町で午前中仕事があり、ビルの地下でランチ場所を探す。新東京ビル地下で、こちらを見つけてイン。舎鈴六厘舎の流れを汲むつけ麺の店。記事執筆現在で、東京中心に関東圏で40店舗以上を展開。色々味変グッズが常備。レギュラー並を押したつもりが、生七味つけ麺@790に。

    地域タグ:千代田区

  • 食べある記804 ロッソ・トスカーナ・アルテジーノ(伊 トスカーナ州)

    アルテジーノ3本セット@13398を購入。アルテジーノ1972年創業でモンタルチーノにおけるブルネロの老舗。未だ15-20社だった当時に革新的取り組みを行い、ブルネロの品質を高めたワイナリー。ブルネロ@8492とデイリーワインのロッソ@2453とビアンコ@2453のセット。ちなみに

  • 食べある記803 七志(たまプラーザ ラーメン)

    この日はマッサージを受けたついでにたまプラでランチ。七志に久しぶりの訪問。ブログには初。少なくとも5年以上は経っている。青葉台発祥の豚骨ラーメンの店。現在神奈川中心に9店舗を展開(記事執筆時点)。何年か前にリニューアルしてスタイリッシュな感じに。注文がタッ

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記802 ラダチーニ・カベルネ(モルドバ)

    この日開けたのはラダチーニ・カベルネ・ソーヴィニオン・ラダチーニ・ワインズ@1375初めていただくモルドバのワイン。東欧モルドバは5000年のワインの歴史を持つそう。ラダチーニ・ワインズはモルドバワインの第一人者。200以上の受賞歴がある。原産国名にモルドバと。スク

  • 食べある記801 YEBISU BAR(新横浜 ビアバー)

    コロナが収まって出張がようやく復活。新横浜で前回の出張帰りに混んでて入れなかったYEBISU BARにリベンジ。肌寒い季節になったので、前ほど混んでないかと思いきや、今度も満席だった。が、人が出てすぐに入れました。店頭にメニューが表示。テーブルでIPadで注文。銀座ラ

    地域タグ:港北区

  • 食べある記800 イル・ピノーロ(横浜そごう イタリアン)

    今回は栄えある800回目。ちょっといいレストランです。10月初めの土曜日。横浜そごう美術館にオールドノリタケを見にやってきた。で、そごう10階のレストラン街へ。お邪魔したのがイル・ピノーロ・スカイテラス11:40頃到着で2名何とか入れました。退店する12:50頃には、店内

    地域タグ:西区

  • 食べある記799 エラスリス・マックス・カベルネ(チリ)

    この日開けたのはヴィーニャ・エラスリス・マックス・レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニオン購入した9月初の時点では@2398だったのが、10/1時点で@3168に値上がり。なんと1か月で32%up!円安が悪さしてるんですかね。チリのアコンカグアヴァレー産。世界で最も優秀なカベル

  • 食べある記798 一風堂(たまプラーザ)

    この日は免許を取ったばかりの息子の運転に付き合ってたまプラテラスへ。まだ11時過ぎと早かったので一風堂にも並びは出てませんでした。最近佐賀の帰りに来たばかり。いつも頼む博多一口餃子@470。小さいので食べやすい。で、初の極辛か麺(玉子入り)@1070を注文(辛さ普

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記797 ガンチア・アスティ(伊ピエモンテ州)

    この日あけたのはガンチア・アスティ・スプマンテ@1210。1850年設立の老舗ワイナリー。なんとアルコール度数7.5%とな。いつもは2日ぐらいかけるのだが、この日は1回で2人で1本飲んじゃいました。お買い得ですがDOCG。注ぐとかなり淡白な色。ふわっと立ち上る香りは薄甘い。

  • 食べある記796 箱根小涌谷温泉 水の音 朝食

    前回の続き水の音の朝食を。以下が全体像。なかなか立派です。サラダ箱膳。左上の海鮮色々叩きを、ミニ丼にして頂きます。炊き合わせが付きます。鰺の一夜干しはホイルの上であぶってから頂きます。大きな鉄鍋で来たのは味噌仕立ての豚汁。豚の脂が溶けて美味しく頂けます。

    地域タグ:箱根町

  • 食べある記795 箱根小涌谷温泉 水の音 夕食

    三島を少し散策した後、箱根へ。雨が激しくなりつつある中、この日の宿箱根小涌谷温泉 水の音に到着。共立リゾートが運営。14:30と早目の到着だだったが、この日は台風のせいか早めに到着する人が多く混んでました。夕食は、炙りもの懐石か、鍋メインの足柄遊膳からで後者を

    地域タグ:箱根町

  • 食べある記794 かわせみ本館(三島 柿田川公園 豆腐料理)

    9月のシルバーウィーク後半に箱根へ。3連休初日で混雑を予想、裏からアプローチしようと。東名沼津ICで降りて、先に三島を訪問。台風が迫ってたが、運よく曇天のままもって、降られずに済みました。場所によっては、被害が出て大変でしたが。三島大社は神社の中では大分格上

    地域タグ:三島市

  • 読書感想文125 「昔はよかった」病

    入院してた時以来のパオロ・マッツアリーノ。「昔はよかった」病この方の芸風は、誤った認識バイアスを指摘して暴く点にある。著者紹介も半分おちゃらけ。昔より今の方が間違いなく良くなっている。老人を美化しすぎ。クレーマーなんて昔からいる。絆や人情なんて昔から薄い

  • 食べある記793 アジアンビストロDai(あざみ野 エスニック)

    9月下旬の週末のこと。妻と待ち合わせて近所で飲みます。アジアンビストロDai前回訪問して以降、2年近く経ってます。最初はビールで。私はアフターダーク@770、妻はコロナ@495を。肌寒くなってきた頃だったが、最初の一杯めは美味い。最初のつまみはハニーチーズ豆腐@638

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記792 ドゥブル・ファランギーナ・スプマンテ(伊 カンパーニア州)

    この日開けたのはドゥブル・ファランギーナ・スプマンテ・フェウディ・ディ・サングレゴリオ@4433購入はいつものトスカニーですが、他でもう少し安いサイトもある様子。生産者はフェウディ・ディ・サングレゴリオ。意味は「聖グレゴリオの領地」で、紀元前にイルビニア地方

  • 食べある記791 西安料理 XI'AN(虎ノ門 刀削麺)

    午後から出勤の日、会社の近くでランチを。こちら自家製麺ロビンソンと同じ路地にある西安料理XI'AN都内に何店舗もあるようですが、統一的なHPとかはない様子。平日の12時入店時はすんなり入れたが、10分の間に次々来店であっという間に満員に。出るころには外並びがでてま

    地域タグ:港区

  • 読書感想文124 孔子 (井上靖)

    結構不思議な文体の小説。一人語りの形式で始まる。途中対話は出てくるが、ほとんどがその主人公による語りである。時は春秋時代、国が乱立し、大きいところに滅ぼされて無くなる国が珍しくない時代。孔子とその数人の弟子がより良い治世を求めて旅をする。その様子が淡々と

  • 食べある記790 シャトー・シトラン(仏オーメドック)

    この日開けたのはシャトー・シトラン@286013世紀まで遡る、ボルドー・オーメドック地区のクリュブルジョワ級。現在ではグリュオ・ラローズなど、多数の高品質シャトーを持つタイヤングループの傘下に。エチケットだけでなく、ボトルにも孔雀が。葡萄はカベルネとメルロー。

  • 急性骨髄性白血病の闘病生活109 平穏な方向性は見えたか

    闘病生活109回目。四半期に一度の検診。白血球・赤血球・血小板の3大血液要素は全て正常値の範囲内なのでもう載せません。また、総コレステロールももう問題なくなったのでこちらも同じ扱いに。異常細胞の数をカウントする以下の値(少ない方が良い)は少し減って横ばい。問

  • 食べある記789 かんかん商店(たまプラーザ 居酒屋)

    この日は、たまプラーザの新店訪問を目論んでいたのだが、まさかの休店。食べログでは予約可に〇がついてたので、問題なかろうと思ってたのだが。。で、仕方なく徘徊した末、こちらに。かんかん商店ループコーポレーションが展開するチェーンで他に新横、新宿、池袋に店舗が

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記788 いざかやほしぐみ(三茶3番街 居酒屋)

    とある金曜日。会社帰りに途中下車で世田谷の魔窟へ。246と世田谷通りの分かれ目にある、いわゆる三角地帯へ潜入。様々な方向から入れるが、やはりこの3番街入り口から。昭和の闇市感が何とも言えない。奥にそびえるキャロットタワーとの対比も凄い。さて、三角地帯初心者は

    地域タグ:世田谷区

  • 食べある記787 ロスヴァスコス・クロマス(チリ カルメネール)

    この日開けたのはロスヴァスコス・クロマス・カルメネール・グランドレゼルブ@2134。言わずと知れたチリの人気銘柄で、昔はよく飲んでた。日本ではサントリーが取り扱っているようね。クロマスという上位シリーズができてたのは知らなかった。1988年にシャトー・ラフィット

  • 食べある記786 麺屋武一(虎ノ門 ラーメン)

    この日は午後からテレワークということで、退社しつつランチ。会社近くの麵屋武一(虎ノ門)に。国内8店舗、海外17店舗を展開するチェーン、って海外の方が多いんかい。しかしてその実態は、テイクユーという会社がプロデュースするラーメン店。ココと同じ味の別の名前の店が

    地域タグ:港区

  • 食べある記785 イネディット(スペイン ビール)

    初めてのワイン以外の酒投稿です。イネディット(330ml×6本@2899)雑誌ワイン王国8月号で紹介されていたので買ってみた。750mlもあるが、量が多くて扱いづらそうなので小ぶりの330mlを。スペインの輸入ビールです。ピルスナースタイルとホワイトエールスタイルをブレンドして

  • 食べある記784 風来喬(たまプラーザ 蕎麦)

    週末、思い立ってミシュランの名店へ。風来喬テイクアウトが2年強前、訪問は実に3年半ぶり。当日昼に電話予約しすんなり入れたのだが、飛び込みだと待たされるようだった。週末は予約が無難なようです。なお週末昼はコース以外は予約不可らしい。店はそこそこの大箱。ミシュ

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記783 レ・ペルゴーレ・トルテ(伊 スーパータスカン)

    業界のワイン好きの皆さんとの飲み会があり、それぞれ持ち寄ってということで。レ・ペルゴーレ・トルテ2018を持っていくことに。スーパータスカンの走りで毎年ラベルの女性の顔が変わります。モンテヴェルティーネの作。1977年に初リリース。最近は人気で入手困難だそう。無

  • 食べある記782 テディズ・ビガー・バーガー(センター北)

    この日はセンター北ノースポートまでお買い物。息子が塾のバイトに行くようになり、スーツ・ズボンの買い増しが必要に。昼時はフードコートやレストラン街は激混みだが、死角にあるこちらの店は大丈夫。テディズ・ビガー・バーガーノースポートの中でもぽつんと外れた位置に

    地域タグ:都筑区

  • 食べある記781 ニンファ・ヴェレノージ(伊 マルケ州)

    この日開けたのはニンファ・ヴェレノージ@3234サクラアワード2022ダブルゴールド受賞、ルカマローニ99点と高評価のワイン。サクラアワードは日本人でかつ世界初の女性のみの審査による賞。ダブルゴールドとは4562本中286本という上位6%に当たる。ヴェレノージは、アドリア海

  • 読書感想文123 2020-2030アメリカ大分断 危機の地政学

    これまで中国を俯瞰的に見る本はいろいろ読んできたが、西側の親玉である米国について大局的にとらえた本には目を通していなかった。こちらは影のCIAの異名をとるフリードマン氏が、米国のこれまでを振り返ったうえで今後を占うというもの。過去の著作の書評では、中国は将来

  • 食べある記780 ビッコロ(たまプラーザ イタリアン酒場)

    先日訪問したあざみ野ピッコラの際に、こちらと紛らわしいと書いた。イタリアン酒場 ビッコロたまプラーザ界隈のブロガーで結構辛口な意見の方も褒めていた。ということで、こちらも訪問してみました。場所は赤坂一点張の斜め向かい。知らん間にこの辺り飲み屋だらけになっ

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記779 カナヤ・ロッソ・ヴェロネーゼ(伊 ヴェネト州)

    この日開けたのはカナヤ・ロッソ・ヴェロネーゼ・ヴィッラ・アンナベルタ@2244外で引っ掛けてきたものの、少々飲み足りないということで。アマローネと同等の工程を経ながら、アマローネを名乗れない裏アマローネとして人気があるそう。カナヤとは狐のようにずるがしこい様の

  • 食べある記778 逸喜優(あざみ野 寿司 テイクアウト)

    さて、この日は訳あって鮨 逸喜優のばらちらしをテイクアウトする事に。逸喜優には前回訪問してから1年半経ってしまった。結構小ぶりのおりに入ってます。じゃじゃーん。こちらがばらちらし普通盛り@1430。付いていた醤油に山葵を解いて回しかけ。シャリの上にネギトロが満

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記777 和歌山ラーメン まっち棒(溝の口)

    たまいを後にし、これまた激渋な歩道橋を渡って南武線を越えます。この別世界に浸っていられるだけの精神を整えてまたリベンジします。〆のラーメンというわけではないが、そこそこ思い出のあるこちらへ。まっち棒1993年池尻に東京初の和歌山ラーメンとして誕生し、一大ブー

    地域タグ:高津区

  • 食べある記776 炭火焼鶏たまい でん六(溝の口 居酒屋)

    金曜の会社帰りに溝口で途中下車。ちょっと一杯ひっかけて帰ろうとやってきた。もうもうと焼き鳥の煙が立ち上る西口商店街に惹かれるのだが、ちょい敷居が高い。戦後闇市のままの姿で現存する激渋商店街でアド街でも1位になった。その手前にある炭火焼鶏たまい でん六へたま

    地域タグ:高津区

  • 食べある記775 雅楽(あざみ野 ラーメン)

    テレワークの日、昼に9月の限定を食しに雅楽へ。12時前に入店した時は空いてたが、後客ぞくぞくであっという間に満席に。雨の日ながらいつもの人気ぶり。9月の限定カマスの油そば@1200。雅楽初ですね。付け合わせがいろいろとあり、テーブルがいっぱいに。卵黄にニンニク2種

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記774 ピッコラ(あざみ野 バル)

    とある金曜の夕方、あざみ野で新しい店を開拓ということで、ぐるなびで見つけたこちらへ。ピッコラあざみ野駅から嶮山方面へ6-7分歩いた、セブンイレブンの手前にある。以前魚好があった場所。ちなみにたまプラに最近できたビッコロ(行ったことない)とは関係ない様子。こち

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記773 ランゲ・ネッビオーロ・オッデーロ(伊ピエモンテ州)

    購入後大分経ちましたが、オッデーロの二本目に行きます。ランゲ・ネッビオーロ・オッデーロ単体では@3586ですが、3本@13123で購入。オッデーロはバローロ最古の生産者の一つ。まえにあざみ野うかい亭で頂いたことがある。その際、ブルゴーニュが高くなっているので、こちら

  • 食べある記772 自家製麺ロビンソン(虎ノ門 ラーメン)

    休み中だけどいろいろあって出勤することに。では、時間に余裕がある時でないといけない店に行きましょう。ということで自家製麺ロビンソンへ。虎ノ門ヒルズビジネスタワー向かいの小さなビルの1階。13:30ごろ到着。運よく外待ち無しと思って入ったら・・・中の券売機で食券

    地域タグ:港区

  • 食べある記771 一風堂(たまプラーザ ラーメン)

    帰りは佐賀空港から。国際空港なんだね。ANA以外に春秋航空が入ってるようでした。夕方にたまプラーザ到着。佐賀のラーメンはにおいが強烈で妻がNGだったので、九州ラーメンをしのんでこちらへ。一風堂たまビアでは最近食べたばかりだが、店内に入ったのはなんと4年ぶり。

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記770 キュヴェ16NVボッテール(伊シチリア州)

    この日開けたのはキュヴェ16NVボッテール@1760(購入時の価格、執筆時は品切れ中)葡萄を樹上で完熟させるタイプ。ルカマローニ99点との高評価。ブドウの品種はモンテプルチャーノ、ネグロアマーロ、プリミティーヴォ。裏ラベルにはあまり情報なし。注ぐと、濃い紫色。香

  • 食べある記769 祐徳稲荷神社と和多屋別荘 朝食(佐賀 鹿島市)

    和田屋別荘の朝食の前に、その後に訪れた祐徳稲荷神社のことを。嬉野温泉から海岸方向へ車で30分程度走った場所に位置する。日本三大稲荷(他は伏見、笠間)として年間300万人が訪れるが、この日は平日で午前中ということもあり閑散。鹿島藩初代藩主鍋島直朝の継室萬子媛が、

    地域タグ:嬉野市

  • 食べある記768 和多屋別荘 夕食2とバー

    夕食1の続き。さて料理の方は、最終局面の肉料理。佐賀牛と夏野菜の炙り 柑橘のソース定番ではあるがやっぱり嬉しい佐賀牛。奥にある夏野菜は白茄子。珍しい。最後の日本酒は 大吟醸東長 しずく絞り。吟醸酒なので香りが立っている。しっかりした肉の味にもお酒が負けな

    地域タグ:嬉野市

  • 食べある記767 和多屋別荘 夕食(佐賀 嬉野温泉)

    有田を後にし、嬉野温泉へ。二日目は、こちらの有名旅館和多屋別荘にお世話に。扇屋と異なり、こちらは巨大ホテル。ロビーもこの広さ。めちゃ広い大浴場を使った後、夕食場所へ。ロビー階の和食レストラン利休で、懐石と日本酒のペアリングを頂くことに。食前酒として、有機

    地域タグ:嬉野市

  • 食べある記766 有田陶山神社と窯元とアリタセラ(有田市)

    武雄温泉を後にし、有田の街歩きに。鉄道駅の上有田と有田の間がメインストリート。まずはその真ん中あたりにある陶山(すえやま)神社へ。こちら鳥居の前を線路が走っている(現役)という珍百景の神社。加えて、石段上の鳥居が陶磁器でできているという、ダブルで話題性の

    地域タグ:有田町

  • 食べある記765 武雄温泉楼門と懐石宿扇屋の朝食(佐賀 武雄温泉)

    武雄温泉での翌朝。有名な楼門を観に行きます。扇屋からは目と鼻の先。東京駅と同じ辰野金吾の設計。朝9時から10時までの間、@450で中に入ることができる(ボランティアの方の説明あり)。前に記事にもしたが、東京駅で十二支のうちの4枚のレリーフがない。その残りの4枚(

    地域タグ:武雄市

  • 食べある記764 懐石宿 扇屋 夕食(佐賀 武雄温泉)

    伊万里大川内山を後にし、この日の宿は武雄温泉へ。界隈で名高い懐石宿 扇屋さんでお世話になることに。こちらが全景。思ったより小ぶり。ついて早々にお風呂を使わせていただき、食事前にフライングで生@600を。炎天下を歩き回った後だったので、旨ーい。ちなみにこちらの

    地域タグ:武雄市

  • 食べある記763 唐津神社・唐津城・hanaはな家(唐津 カフェ)と伊万里大川内山

    博多空港から地下鉄西唐津往きに乗って1時間ちょっと。佐賀県唐津まで来てしまった。他にJRや高速バスで行く方法もあったが、これが最も手軽。それにしても佐賀県って福岡と近いんだね。レンタカーを借りて、唐津神社へ。唐津神社と言えば、唐津くんちというお祭り(11月)が

    地域タグ:唐津市

  • 食べある記762 博多やりうどん別邸(福岡空港)

    佐賀県へ二泊三日の旅。佐賀って何しに行くの?という反応が普通。目的が分かりにくいので言い直すと、伊万里と有田への器探しの旅。ということで、しばらくお付き合いを。九州入りは福岡空港。とても現代的できれいな空港。ラーメン通りもあるけど、博多と言えばうどんの聖

    地域タグ:博多区

  • 食べある記761 キャンティ・クラシコ・ベラルデンガ・フェルシナ(伊トスカーナ州)

    この日開けたのはキャンティ・クラシコ・ベラルデンガ・フェルシナ@3025キャンティ・クラシコ最南端にあるカステルヌォーヴォ ベラルデンガ地区で名だたる作り手とされるフェルシナ。いわゆるスタンダードなタイプとのこと。勿論DOCG。裏にはクラシコの証、黒の雄鶏が。サン

  • 食べある記760 雅楽(あざみ野)

    先日の赤坂一点張に続き、辛いラーメンシリーズ。雅楽では、夏季につけ麺を提供している。そして、つけ麺の中の辛いメニューが、こちらの味噌オロチョン@1230。食すのはホントに久しぶり。息子の持ってたサービス券で、卵トッピングになってます。麺は味噌ラーメンのもちもち

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記759 ロータリ・ブリュット・プラチナ(伊トレンティーノ)

    この日開けたのは、ロータリ・ブリュット・プラチナ2016@2178世界50か国以上で飲まれているメジャー銘柄。以前こちらの上位商品のフラーヴィオを頂いた。トレンティーノ・アルト・アディジェ州のDOC。スパークリングでヴィンテージがあるのは珍しい。葡萄はシャルドネ主

  • 食べある記758 たまビア(たまプラーザ)

    さて、今年はコロナにめげず開催。たまプラーザの夏の風物詩。たまビア昨年はアルコール提供自粛でテイクアウトで自宅で飲み。一昨年は中止、よってこの場で飲むのは、19年以降、3年ぶりとなる。16:30到着だとまだガラガラ。最初は一風堂でちょい飲みセット@800×2。ドリン

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記757 中国屋台料理 大龍(横浜駅 中華)

    この日は外出直帰で横浜駅でぼっち飯。ということでジョイナス地下へ。まだ17:30と早目の時間だったのでどの店も空いてました。AFURIとかKAMUKURAとかの有名店を素通りし、いかにもここだけっぽいこちらへ。中国屋台料理 大龍食模型の置き場所が独特というかなんというか。

    地域タグ:中区

  • 食べある記756 タスカンテ・ゴヴェルノ(伊トスカーナ州)

    この日開けたのはタスカンテ・ゴヴェルノ・ボッター・カルロ@17601928年よりイタリア北部のヴェネト州が本社らしいが、イタリア各地で生産するボッター・カルロ。こちらは名前の通りトスカーナ州産。コスパに配慮したワイン造りで、輸出に力を入れているらしい。ルカマロー

  • 食べある記755 赤坂一点張(たまプラーザ ラーメン)

    暑い最中、何故か食べたくなる辛いメニュー。よせばいいのにこの衝動が止められない。とやって来たのが赤坂一点張実におよそ4年弱振り。以前と変わらず元気に営業されてます。1人ずつ区切られたカウンターには、夏仕様で一つずつ麦茶ポットが。ありがたい。で、注文したのが

    地域タグ:青葉区

  • 読書感想文122 中国減速の深層 共同富裕時代のリスクとチャンス

    投資関係の仕事柄、中国関係の本をしばしば読む。ポピュラーな投資先で新興国株式というカテゴリーがあり、多くの人が投資対象としている。名前の響きからはBRICS諸国の株という印象を与えるが、実態はその8割方が中国を中心としたアジア株である。今後も投資を続けるべきか

  • 食べある記754 白髪(自宅 素麺)

    さっそく取り寄せてみた。三輪山本の白髪(しらが)先日の白龍の記事で紹介した、これ以上ない極細の素麺である。希少品だけあって、楽天には出ておらず、三輪山本のページからしか買えない。でもネーミングのセンスは如何に、と思うのは私だけ?せめて読み方を「はくはつ」

  • 食べある記753 東山旧岸邸とカフェベーカリー・トマリギ(御殿場)

    とらや工房訪問後、横の敷地にある、東山旧岸邸へ。岸信介元首相が、晩年に自宅として過ごされた建物で、吉田五十八による近代数寄屋建築。入館料@300がかかります。ボランティアガイドの方にご案内頂いたので、よくわかりました。きらびやかというよりも、嫌みがない重厚な

    地域タグ:御殿場市

  • 食べある記752 とらや工房(御殿場 カフェ)

    7月上旬の休日。妻の希望で御殿場のとらや工房を訪問。自宅からは、車で片道1時間半の小々旅行といった感じ。赤坂の虎屋茶寮訪問以来のとらやです。10時のオープン時間より早めに御殿場に着いたので、地元の一幣司浅間神社を訪問。来訪者は我々だけ。結構趣深い神社でした。

    地域タグ:御殿場市

  • 食べある記751 ア・ラ・カンパーニュ(自由が丘 タルト)

    麦府→検診の帰り。検診結果が良かったことに気をよくし、またもや自由が丘で途中下車。麦府の帰りに見かけたこちらでお土産を買って帰ります。パティスリー・ア・ラ・カンパーニュ自由が丘店1991年神戸で創業、いろんなところに店舗があり、昔たまプラテラスにも入っていた

    地域タグ:目黒区

  • 食べある記750 マラミエーロ(伊アヴルッツオ州)

    こちらは、コロナ明けに開けたスプマンテマラミエーロ・ブリュット・スプマンテ@3223イタリアのスプマンテ専門評価誌『スパークル ベーレスプマンテ』で最高賞に11年連続で選ばれているらしい。1900年ごろからブドウ栽培をしていたが、ワインを作り始めたのは1960年代とそこ

  • 食べある記749 麦府(自由が丘 中華)

    こちらも1か月ほど前の話。四半期に一度の検診の日のこと。時期は7月初です。いつも通り奇跡の街(と勝手に呼んでいる)自由が丘でランチ。これまで、泰興楼、蜀味苑、状元楼と食べある記して来たが、改めてこの街の中華を調べたら、まだまだある。ただやってない店もあり、2軒

    地域タグ:目黒区

  • 読書感想文121 最後の将軍(司馬遼太郎)

    読書からしばらく遠ざかってしまっていた。ちょびちょび読み進めてはいたんだけど・・・。司馬遼太郎も読んでない小説が少なくなってきた、と思ってたら、こちらを忘れてました。最後の将軍、徳川慶喜。後ろの帯は大河ドラマにかこつけた無理やりなもので、渋沢栄一はほとん

  • 食べある記748 もりもり寿司(たまプラーザ)

    こちら7月上旬のコロナ謹慎前のこと。久々の訪問で、ブログでは初の登場北陸金沢 まわる寿し もりもり寿しまいもん寿司と並ぶ金沢の有名店で、たまプラ東急の5階に入ってます。凄い人気なので、いつも入るのに苦労する。出るころ(18時過ぎ)には17組待ちに・・・。ただ、

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記747 どっと(たまプラーザ 居酒屋)

    実際は昨日まで謹慎中で、今日から晴れて釈放の身。記事の方は過去のストック記事です。さて、7月初のカンカン照りの日のこと。金曜夜ボッチ飲みでやってきました。どっと第1みなもとビルの2階。3年近く前に行ったねもとの並び。18:30頃まだ空いていたこともあり、すんなり

    地域タグ:青葉区

  • 食べある記746 ランゲ・ビアンコ・コラレット・オッデーロ(伊 ピエモンテ州)

    ようやく長かった隔離生活も今日で終了。久しぶりに缶チューハイを。あゝ美味い。ほぼ2週間ぶりのアルコールは、身体に効くー。優しい妻がおつまみを用意してくれました。ありがとうございます。🥲なお、以下はコロナになる前のストック記事で、療養中に飲んでたわけではあり

  • 食べある記745 瀬佐味亭(西新橋 担々麺)

    引き続き自宅隔離中(本人はピンピン)です。過去のストック記事から。6月末のカンカン照りの日、よせばいいのに辛い物を食べたくなる。瀬佐味亭前に訪問した際には「再訪したい」と書いておきながら、1年4か月も経っちゃってた。足が遠のいたというよりも、時間が経つのが早い

    地域タグ:港区

  • 食べある記744 白龍(自宅 素麺)

    大分夏も深まり、すっかり素麺の季節となってます。今回は妻の奈良旅行のお土産のこちらを。白龍三輪素麺山本製の高級品。昔朝のニュース番組で素麺ソムリエの人が薦めてた。4束で840円だったとの事だが、近所のモールでは900円以上してました。表面にも書いてるが、茹で時間

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、noke5866さんをフォローしませんか?

ハンドル名
noke5866さん
ブログタイトル
白血病から回復、そして食べ歩き
フォロー
白血病から回復、そして食べ歩き

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用