chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
mryt0110
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/04/02

1件〜100件

  • 自身の随一たる個性の力を発揮し続けること

    わたしたちはそれぞれにおける自身の力その個性の発露を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身にとって大切なるものその随一たる唯一無二となる光とは一体如何なるものであるのかそれを自分自身に確認しながら一歩ずつ確かなる道を歩み続けることそれもまた人生における妙理たる光自身の命の根源へと続く道のりでありますそれはまた自身の生きる道のりの中で軸となるもの生き方そのものへとダイレクトに影響を与える貫く一手でありますだからこそ外側の刺激それらに端的に反射するようにして応じることなく自身の内なる愛によって自身を生かし他者を生かし循環の中で全てを生かし続けることそれこそが自身の随一たる個性の発揮へと続く最たる愛深き光であることを知りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花...自身の随一たる個性の力を発揮し続けること

  • 得意分野で自身を生かすという観点

    わたしたちはそれぞれにおける自身の個性光輝く唯一無二をその胸に宿していますそれは自身にとっての最善たる眼差し最良たる行動によって何かを紡ぎながらそして蛹から蝶になるが如く手放し卒業を繰り返すということでもありますわたしたちにとって得意不得意その両者の狭間の中でそれでも人生という一瞬の光たる道をわたしたちなりに進みゆくことそれこそが命の原点妙理たる光射すものであることを知るときわたしたちは自然と他者のお役に立つこと他者への豊かさの還元を行い続けていきますいついかなるときも自身を生かすという観点自身を光り輝かせるという観点をもつとき他者からのストレスや圧とは別の嬉々とした原動力に身を任せながらもっと自由にもっと謳歌しながらたった一度きりの素晴らしい人生を送る機会因果の巡り合いを果たしていくことでありましょうそ...得意分野で自身を生かすという観点

  • 生きる考具を活用すること

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたちは生きる活用その継続による命の発露それを求めて自分なりの今を歩き続けています生きるということは決して惰性ではなく自身の内なる意志一つでも多くの善行を積もうとすることその情熱を起点として善行を積み続けていくことそれこそが自身にとっての最善最速そして最愛へと溶け込む一点でありますわたしたちにとって生きる考具それは頭脳だけではなく五感と気づき目には見えない領域において如何にして活用の道を探り自身の人生をより豊かにし続けていくのかその真剣勝負の最中にいることを思い出し自分なりの生きる考具を見出すことそれこそが自身にとっての光り輝く個性他者を豊かさにし続ける要であることを思い出しながら今日という日も感謝...生きる考具を活用すること

  • その些細なる油断が命取りになる時代であります

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその個性の継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度二度とは来ない今日を巡る旅路の中で何を求め何を手放し一歩ずつ確かなる道を歩み続けていくのかその継続たる観点の中において自らの心根を見つめ続けるということでもありますそれはまたわたしたちにとって日々の生活巡り廻る因果の中において何を以ってして継承と昇華自身の光へと為していくのかその一点より自身の行動原理を見直し愛溢れる継続を自分なりに構築し続けることそれもまた人生の妙理たる光へと繋がる一手となり得ますわたしたちにとって今こここの瞬間の真剣勝負の最中においてときに些細なる油断一瞬の隙間が生じることがありますそれこそがわたしたちにとっての最大なる罠足もとを救い未来の暗黙全てを色あせ衰退させ...その些細なる油断が命取りになる時代であります

  • 自身を最高傑作へと昇華させていく

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の信じるところ信念を体現する為に今を生き切っていきますその中において他者の意見に右往左往しながらもわたしたちはそれぞれにおける自身の個性光の発露を目指しながらその都度の最善を歩き続けていきますそしてまた自身における最高傑作とは一体何であるのかを自分自身に問いかけるときわたしたちは自ずと他者のお役に立つ自身の姿にたどり着きます何があり何もなかったとしてもこれはわたしたちの人生であります一歩ずつ確かな光の発露を繰り返しながら自身を最高傑作へと昇華していくことそれこそがこの一度きりの人生の妙理であることを知りながら愛の優先順位を間違えることなく今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を...自身を最高傑作へと昇華させていく

  • 善を求める中で、何を最愛と位置付けていくのか

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自らの全う個性の継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたち自身が感じること愛由縁となる感情その他全ての派生する出来事が自身にとって何を意味するのかそれを自分自身に問いかけながら一歩ずつ確かなる道を歩み続けることそれこそが自身にとっての善を紡ぐ一点となっていきますそれはまたわたしたちにとって善を深め愛を浸透し自身のあるがまま為すがままを求めながら今をより良くより高らかに澄み切った心境へと溶け込んでいくことそれを自身の糧として生きている限り善行一貫愛一心のままに受け止め昇華させ未知なる光へと転換し続けることそれこそが自身にとっての最善最速そして最愛へと至る旅路であることを知りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の...善を求める中で、何を最愛と位置付けていくのか

  • 善行を積み続ける中で、偶然と偶発性を大切にする生き方とは

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自らが求める生き方その継続性が意味するものとはいつだって自身の内なる光その発露たる原点によって生かし続けるということでもありますわたしたちは偶然と必然の重ね合いのなかで自分なりの道すじたった一つの歩みの中で求めやまん心紡ぐ行動によって愛たる結晶を自身の命をかけて作り上げるものが一体何であるのかそれを自身に問いかけ真摯に向き合いながらその命の発露愛由縁を求め続けながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわたしたち自身も豊かで静かな幸せの中に溶け...善行を積み続ける中で、偶然と偶発性を大切にする生き方とは

  • 叶えたいを叶える

    わたしたちはそれぞれの人生において自身の叶えたい物事がありますそれは今に足りないものであったり欲から派生する様々な目標であったりしますそれは生きている限定の最中において自身が後どれだけの善行を積んでいけるのかその真剣勝負をしている認識があればわたしたちはどこまでも澄み切った心境の中において自身の全うをどこまでも目指していけますだからこそまずは光ある願いや祈りを見つけてその中に没頭していくことその継続性の先にある妙理によってどこまでも生かされていく因果を紡ぎ出していけばそれで人生は大成功となりますいついかなるときも叶えたいを叶えている最中である喜びを噛み締めながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めなが...叶えたいを叶える

  • 愛深きこだわりは、自身を救う術となっていきます

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたちが求めるものその維持継続たる観点の中において自身が守り抜くもの大切なる価値行動の基盤として生み出す重力とは一体如何なるものであるのかそれを自分自身に問いかけ一つずつ答えを導き出しついには自身の愛由縁のこだわりへと昇華し続けることそれこそが自身の人生一生涯を通じて善と愛光へと没頭する一手へと繋がっていきますだからこそわたしたちはいついかなるときも自身のこだわりそこに光と愛を宿しながら一歩ずつ確かなる歩みを続けていくことそれこそが自身にとっての最愛光の御柱へと至る道のりであることを知りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも...愛深きこだわりは、自身を救う術となっていきます

  • 人生の極上なる堪能とは、生きることにあります

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度を経験する中において何を以ってして愛と位置付け何を以ってして善行と為していくのかその継続の最中における善一貫愛一心を自らに照らし合わせながら進みゆく境地を見出すことそれこそが自身にとっての最善最速そして最愛へと紡ぐ一手となっていきますそれはまた自身にとって愛を内包しながら善を紡ぎその循環の中で巡り廻る因果の中で一本の線となる自身の生き方そこに誇りと自信を持ちたとえ何があり何も無かったとしても終焉へと辿り着くまでにあとどれほどの善行を積み続けていけるのかその真剣勝負の最中であることを思い出していきますその気づきとともに自身の行動の転換光を発し愛を引き寄せ続けながら今を...人生の極上なる堪能とは、生きることにあります

  • 儚くも美しいこの人生において

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる日々その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたちが求めるもの儚くも美しいこの夢物語の中で何を紡ぎ何を手放していくのかそれを自分自身で見定め感得しながら一歩ずつ確かなる道を歩み続けていくことそれこそが人生において最たる愛へと繋がる物語でありますわたしたちにとって目先の刺激に反応するだけではなく意味深き深淵なる愛に触れることそれこそが自身の生まれてきた理由欲して止まない完全無欠なる自身の願いでもありますだからこそわたしたちはいついかなるときも愛を求め光を体現し他者の豊かさの中に溶け込んでいくことそれを一つ一つ丁寧に全うたる道を嬉々として受け入れながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させて...儚くも美しいこの人生において

  • 初動の遅さが致命を生む場合もある

    わたしたちはそれぞれにおいてこの人生の全うを目指していきますがその中において初動という大切さをわたしたちはどこまで認識しているでしょうか気づいたときに行動に転換する所作をどこまで肉薄していけるのかそれこそコンマ何秒の世界の中で体現していくことがわたしたちの命運を変化させていく一事に繋がっていきますときにわたしたちは気乗りがしない何となくという根拠なき理由の中で初動の遅れが生じることがありますそれは因果の中でときに致命的となる命取り望む結果が手に入らないという結末の因果を生み出すことにも繋がっていきますだからこそわたしたちは常に自身の内側その心根に耳を澄ませながらその光の発露を自身の行動によって体現し続けていきましょう初動そして継続たる光それは全てが自分自身の手による光の雨になっていくことを信じながら今日と...初動の遅さが致命を生む場合もある

  • 自身の感情の起点となる軸を静観すること

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその個性の開花を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度二度とは来ない今日を旅する中において何と出会い何も別れそしてそのご縁の中で求めるもの手放すもの両者の狭間の中において善と良を紡ぎ続けていくという生きる奇跡を体感し続けることでもありますわたしたちにとって今こここの瞬間こそが因果の更新継承と昇華の最前線でありだからこそわたしたちはいつだって今の行動を起点として自身による未来を形成し続けているか最中でもありますそしてまたわたしたちにとって日々の感情によって何を引き寄せ目の前に顕現しているのかそれを静かなる領域自身の内なる心根の中で一つ一つ静観し紐解き繋ぎ合わせそして光へ紡ぐ方向へと転換し続けながら今日という日も感謝とともに良心とともにわた...自身の感情の起点となる軸を静観すること

  • 手探りの心境、それも一度きりの人生においては楽しいことです

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてときにわたしたちは自らが巡るこの物語の中で初めての経験身体感が自身の身に起きることがありますわたしたちは慣れないことに対して躊躇することもありますがしかしながらこの一度きりの人生において体感することそこから発する自身の感情こそがなによりも素晴らしいものでありだからこそわたしたちはいついかなるときも自身の善を以って臨むことによりより深き可能性を見出すことが可能となり得ます手探りの心境それも自身にとっては一度きりの大切な一面でありそれらを愛してやまない心こそが自身にとっての最良の光そして自身を光の御柱へと導く要であることを知りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性...手探りの心境、それも一度きりの人生においては楽しいことです

  • 遊びによる昇華

    わたしたちはそれぞれにおける人生の捉え方時間の捉え方によってこの歩みの構築を継続し続けていきますそれは自身における唯一無二個性たるものを自身の内に宿しながらそれをどこまで表に出し磨き続けていくかの真剣勝負の最中にいますその中において自身における遊び夢中で楽しめるものそれらをもっと真剣に受け止めて真摯に手に取ることによってこの人生の歩み方を変化させることが可能となります遊びによる昇華とは決して中途半端な行為などではなくどこまでも真剣にその物事に打ち込むことによって一体化を目指しその中に溶け込むことそしてその先にある光わたしという個性が他者のお役に立つことそれこそがわたしたちに内在する良心の望みであることを知るときわたしたちは自ずとして自身がどのような行為を発し続けていけば光ある昇華にたどり着くかを自身の手に...遊びによる昇華

  • 自身の抜け殻となるものにしがみつくことなく生きること

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身におけるたった一度二度とは巡らぬ今日を体感する中において何を以ってして善と為し何を通じて良を醸し出していくのかその継続性たる観点の中において自らの心根を昇華すること光たる一手を構築することそれを目指しながら今こここの瞬間を生き切るということでもありますそれはまたわたしたちにとって過去においては必要だった物事に対して今もそれを無条件で受け入れだからこそ上手くいかないこと足並みが揃わないことがありますそれはすでに卒業と為すもの必要とする時期は終わりその抜け殻を手放す時節に来ているのに自身の執着から手放せないことでもありますだからこそわたしたちは常に自身の生活において一つ一つを静観しながら自身に...自身の抜け殻となるものにしがみつくことなく生きること

  • 命の没頭たる今を求めて

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身におけるこの一点命の継続となる起点自身の在り方立ち位置そして行動の継続によって自らの進むべき光を見続けることそれもまた人生において大切なる一片となり得ますこの世界において自身の全う命の没頭となるのはいつだって己の内側に流れ続けていきますだからこそわたしたちはいついかなるときも目指すは外側の掴むことのない幸せではなくどこまでも内へ内へと懇懇と湧き出る愛ある豊かさ光ある幸せを望み引き寄せ続けながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわたしたち...命の没頭たる今を求めて

  • 儀式となする自身の心神を整える

    わたしたちはそれぞれにおける自身の命その全うさを健全なものにする為に今こここの瞬間を生き続けていますその中において儀式と名すること運命を司る道とは如何なるものでありましょうわたしたちは運という目には見えない領域をいかに楽をして引き寄せるのかそれを外部的な要因を操作することによって自身の都合の良い現実を作り出そうとあう妄念に駆られていきますが決して人生とはそんな上辺ではなくもっと心の奥底深淵なる光によって炙り出されるものでありますそれは自身の内側に座する良心の光その光ある感情をその手にして今を心地よくどこまでも澄み切った心根によって他者の豊かさの中へと向かっていくことそれこそが人生の真髄(神髄)となっていきますいついかなるときも自身を整える儀式によって心神を昇華させていきながらどこまでも他者のお役に立てる人...儀式となする自身の心神を整える

  • 清き道とは、自身を納得させていくことに繋がっていきます

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身における清き道それを模索すべく日々の生活の中において何を求め何を手放していくのかその継続たる観点の中において善一貫愛一心をあるがまま為すがままに巡り続けていくことそれもまた人生における妙理たる光愛讃歌たる道へと繋がっていきます自身にとって命を巡ること体感の中で愛を感謝を感じることはいつだって自身にとっての愛たる一点清き道へと導く尊き一手となっていきますだからこそいついかなるときも自身にとっての清き道その静寂なる観点他社ではなく自身を納得させていくことその継続の中で全てを慈しむ心を養いながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み...清き道とは、自身を納得させていくことに繋がっていきます

  • 自身が金銭を求めているのか、それとも善徳を求めているのかを確かめていきましょう

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその個性の開花を求めながら最善ある今日を巡り続けていきますその中において自身が今ここに生きることその奇跡の連続の中において何を求め何を手放し自身を在り続けているのかそれを自身の内に照らし合わせ善を以って貫き続けることそれもまた人生における大切なる側面でありますそれはまた自身にとって因果の継承と昇華によって自身がどこに向かっているのかどのような螺旋を構築し続けているのかを自分自身への問いかけでもありますこの世界何があり何も無かったとしても光溢れる片隅の中で自身のあるがまま為すがままを常に求め続けながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきま...自身が金銭を求めているのか、それとも善徳を求めているのかを確かめていきましょう

  • 神気を取り込むとは、無為に近い境地となる

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の命自身の運命を携えながらその都度の最善を進み続けていきますその中において神気と呼ばれる目には見えない領域太古の昔より座する高純度の光のエネルギーの柱はそこに佇みながら一つの原理や理を絶えず循環の中で司っていきますわたしたちのご先祖さまたちはその循環のエネルギーが立ち登る最中に神性なるもの遊びの真髄たるものを見出しながらその都度毎の最善最良を自身の心根によって感じ取ってきましただからこその神さまであり万物に宿る八百万とはまさにこのことでありますそれらを自身の手に取り上手く調和をはかりながらその都度の流れの中で良き構築をし続けることそれこそが我が道の真髄であり誰しもが幸せに豊かになる道であることを知りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させて...神気を取り込むとは、無為に近い境地となる

  • わたしたちの運命は今の行動に集約されるが、過去と未来に囚われすぎて見逃してしまうのが人生のサガでもあります

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度二度とは来ない今日を体感する中において何を善とし何を良と為しそして巡り廻る世界の片隅で光を体現し続けていくのかそれを自身の内なる声とともに一歩ずつ確かなる歩みを続けていくことそれこそが人生における偉大なる礎自身の運命を司る要となっていきますわたしたちにとって人生というものはいつだって今こここの瞬間による命の積み重ねでありますがわたしたちは時間の錯覚により過去に悔やみ未来に憂いを感じ今に集中できないことそれこそが油断と惰性に繋がり何も変化することなくその生を終えてしまうことにも繋がってしまいますだからこそわたしたちはいついかなるときも善を重ね全うを継続する中において愛燦々光をその胸の内より溢...わたしたちの運命は今の行動に集約されるが、過去と未来に囚われすぎて見逃してしまうのが人生のサガでもあります

  • 善の紡ぎ、良の一点、涼の香りを楽しみましょう

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身における今日の体感今こここの瞬間において因果の中心にいることその継続たる観点の中で何を大切にし何を紡ぎそして何を手放していくのかそれを自身に問いかけ自分なりの答えを光を導き出すことそれもまた人生における足もとを照らす大切なる灯火となっていきますそしてまたわたしたちは人生という一度きりをどこまでも楽しみ愛しながら一歩ずつ最後の瞬間まで歩き続けることその中で五感による体感その都度その都度の自身の機微とともに感謝は流れやがて世界へと還りこの世界の循環となっていきますだからこそ何があり何も無かったとしても自身の礎全うを意識しながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界...善の紡ぎ、良の一点、涼の香りを楽しみましょう

  • あと何回出逢えるかを意識すると感謝が芽生える

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うする人生自身が良いと想う心に光を当てながらその都度の最善を歩き続けていきますその中においてわたしたちは出会いと別れその都度の巡り合いを果たしながら運命と呼べる邂逅を因果の昇華をくりかえていきますわたしたちはこの人生の捉え方一つで何かを得ながら何かを手放すを繰り返していきついには肉体を離れるその瞬間に自身の想いと行動の清算をしていきます一つの人生とは一つの光でありだからこそどこまでも尊く儚い物事でもあるのですそのことを思い出しながらわたしたちなりに今出来ることさらに奥底へと進みゆく境地を見出しながらご縁の中でわたしたちなりの感謝を芽生えさていきましょうあと、何回出会えるのかを意識するだけでも行動は刻々と変化していきますそのことを胸にして今日という日も感謝とともに良心とと...あと何回出逢えるかを意識すると感謝が芽生える

  • 大切なものを、大切だと言えるようにしましょう

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身にとって大切なものその根拠となる光とは一体如何なるものであるのかその認識を深めることによって一つずつ確かなる道のりそして光と為すものを集めながらたった一つの真実へと辿り着くことは可能となりますそれはまた自身にとって大切なものを大切と言えるようにそれは素朴ながらも自身にとって守るべきものを守り貫くべき愛を貫きなかまら自身の人生を歩き続けるということでもありますこの世界何があり何も無かったとしても善を巡り愛が廻る中において大切なものを一つずつ丁寧に紡ぎながらついには自身が光の御柱へと至る道のりを自分なりの問答を繰り返し善なる波紋を自分自身で引き寄せながら感謝とともに良心とともにわたした...大切なものを、大切だと言えるようにしましょう

  • 真理たる理とは

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道のりその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとって一度きりの人生二度とは来ない今日を巡る旅路の中において自分が主役として何を紡ぎそして何を手放していくのかその一点を見続けながら歩き続けるということでもありますそれはまたわたしたちにとって愛を語ること光を求め続けることそれが人の本質として鮮やかなる個性の発露へも繋がることを信じ今をときめき明日を彩りそして自身の全うへと繋げる一手で在り続けることそれこそが良き死へと導く最善でもありますこの世界何があり何も無かったとしても巡り廻る輪その輪廻たる運命を内包する中において善一貫愛一心を貫き自らの心根その最たる愛に触れながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を...真理たる理とは

  • 他者の評価を得れない為に悩んでいませんか?本当に必要なのは自身の評価、納得となります

    わたしたちはそれぞれにおける今を生き続けていますがその中において自らが全うする意志を持ちながらその都度の最善を進み続けていきますそれは自身における原点情熱の発信源でありわたしたちなりの光を求めるものでもありますそしてまたわたしたちは社会とという環境の中において評価というものを他者から与えられ付随されながらその中において右往左往していきますがそうではなく本当に必要であるのは自身が自身を評価することでありその先にある光そのものでありますだからこそわたしたちはいついかなるときもこの生を全うすることに心血を注ぎ限りある時間限りある命の歯車の中であと何を紡ぐことができるのかを真摯に問いかけ続けていきますそこから芽生える知恵と妙理派生する光こそがわたしたち自身の未来を救う一手であることを思い出しながら今日という日も感...他者の評価を得れない為に悩んでいませんか?本当に必要なのは自身の評価、納得となります

  • 自身の全う、それが何であるのかを見出していくこと

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身における全うその全身全霊を貫くとは一体如何なるものであるのかそれを自分自身で見定め個性の発揮その継続を求めながら今という時間を過ごすとき自らの心根その奥底にある良心の声を聞きながら一つ一つ確かなる光を集め続けることそれこそが人生における偉大なる礎妙理たる愛へと繋がる一手となり得ますこの一度きりを抱きしめる中で自身の全うとは何であるのかその意味深きヴィジョン愛溢れる命の根源を巡りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわ...自身の全う、それが何であるのかを見出していくこと

  • 愛を咲かし続けること

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身においてたった一度を内包する真実たる旅路でありそこに想いを馳せるとき自身にとっての最適解とは一体如何なるものであるのかそれを朧げながらに理解を深めていくことが可能となりますそれはまたわたしたちにとって善に重きを置いて愛を咲かせながら一歩ずつ確かなる道を歩み続けることその謳歌たる時代制を胸にして自分なりの愛を見続けることそれこそが自身にとっての意味深き行いとなっていきますそしてまたわたしたちにとって善を善として導き続け愛を愛として咲かし続ける中において自らの心根に宿る魂そして個性の発露こそが良心の望む本心でありますだからこそわたしたちはいついかなるときも善行善愛を以ってして自身の進むべき方向未来をその手に携え...愛を咲かし続けること

  • 何か一つでも欠けても今には辿り着けなかったという運命論

    わたしたちはそれぞれにおける自身の待ち受けているもの自身が引き寄せたものの末路に立っているという側面がありますそれをわたしたちはどこかで他人の責任にしてしまう節がありだからこそ同じような風景が何度も自身の目の前に表れては消えてを繰り返していきますそれは自身の気持ちが起点となり重力となりあらゆる相応の物事を引き寄せるが故に起こる現象でありますだからこそわたしたちが目指すべきは自身の心根の光の発露それに尽きますそしてまた光の発露のきっかけは人それぞれでありますが何か一つでも欠けていれば今この場に辿り着けなかったのもまた一つの事実でありますそのことに想いを馳せるときわたしたちは全てが感謝で繋がりそして全てが遊びを通じての昇華があることを知っていきますいついかなるときも今こここの瞬間における自身の心根を大切にしな...何か一つでも欠けても今には辿り着けなかったという運命論

  • 神仏の道とは、楽しさの極みなり

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めて最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度二度とは来ない今日を巡る中において何を善とし何を良と為し善一環の中で自身を巡り続けていくのかそれを自分自身に問いかけながら愛の発露を求め続けていくことそれもまた人生の妙なる礎となっていきますそしてまた自身にとって神性なる領域神仏なる光とはいつだって静かなる楽しさに満ち満ちるものでありだからこそ自然と笑みが溢れ集中没頭する中で自身の内なる光を見出しそして最終なる因果誰しもが豊かに幸せになり続ける波紋の中で善一貫愛一心を昇華し続けることそれこそが自らの心根その奥底にある良心の願いであることを確信を得ながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み...神仏の道とは、楽しさの極みなり

  • 細かく行えばすんなり、大きく行えばゲンナリの世界観を知ること

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自らが求めるものその継続性の最中において何を以ってして自身の重力としその位置付けの中で自身に内在する光を発露し続けていくのかその真剣勝負を期間限定の時間の流れの中で紡ぎ続けていくことそれこそが自身にとっての最善最速そして最愛へと導く一手となり得ますそしてまたわたしたちが気づく度に行う善行こそが自身の最良たる未来へ導く礎となりその細かき善行こそが清き波紋を広げ自身の世界を変えていく一手となり得ます自身にとって何かを変化させていきたいのであれば細かく刻むように日々の生活の中で楽しみながら進むことが秘訣となります事を決めるときに大きく動こうとすれば必ず歪みが起こり危険が伴うことを知れば日々の...細かく行えばすんなり、大きく行えばゲンナリの世界観を知ること

  • その土地と調和していく

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の大切にするものを胸にしてその都度の最善を歩き続けていきますそれはある意味で自身の人生を自身の責任によって紡ぐという行為であり誰のせいにすることもできず自己責任自己完結がどこまでも貫いているということでもありますそしてまたわたしたちが住まわせてもらっている土地柄目には見えない精霊や土地神さまたちと調和の一途を辿っていくことそれこそがわたしたちにとっての命の根源映えある未来を司る一点となっていきます今ここに住まわせてもらっているのも決して当たり前ではなくそれはどこまでも尊ぶべき事柄であり祈り美しく彩ることでありますいついかなるときも感謝一貫の中でこの場所にたどり着いたことすらも感謝一筋で受け入れるときわたしたちなりの光の発露命を受ける因果の糸をその妙理によって生かされ続けなが...その土地と調和していく

  • 多様性を内包するもの

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてこの世界とは多種多様なる生物と人格各々が進むべき道を示しながら命を行使して進み続けることそれがこの世界の意図であり意志そのものでありますそれはまたわたしたちにとって多様を如何にして受け入れていくのかそれとも自身の理解の及ばないものへの畏怖そして拒絶によって自身の世界を守り続けていくのかその選択如何も自分自身に由縁していきますそしてまたわたしたちにとって生きる運命それはいつだって今こここの瞬間の自身の行動性の連続そこから生み出される重力によって因果の昇華そして相応の物事が引き寄せられ続けるという事実でありますだからこそわたしたちはいついかなるときもその選択に愛はあるのか慈悲たる波紋...多様性を内包するもの

  • 本質を掴まないと、形だけで終わってしまいます

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる心得その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度を巡る中において何を大切にしながら何を手放していくのかそれを自分自身に問いかけ続けながら一歩ずつ確かな歩みを続けるとき今にない未来遥か彼方の光を自分自身の手によって引き寄せ続けていくことそれこそが人生の本質となり得ますそしてまたわたしたちにとって今こここの瞬間に至る継続たる光と愛の眼差しそれこそが自身を包み周囲に豊かさを還元しついには自他ともの幸せに溶け込む最愛となり得ますだからこそわたしたちはいついかなるときも善一貫愛一心のままにして自らの心根に愛はあるのかを確認しながら本質たる妙理愛由縁の感情の渦の中で自らが光の螺旋の中心となりただひたすらに目の前の人に善行を...本質を掴まないと、形だけで終わってしまいます

  • 何がわたしを支えているのか・根の部分

    わたしたちはそれぞれの人生の中で自身を支えるものを見出しながらその人生の渦中最中を生きていますそれはそれぞれの人生において自身の価値を体現すべく行動の継続を培っていきますそしてまたわたしたちにとって目には見えない領域浸透する波紋が広がる根の部分でわたしたちが何を栄養としていくのかそれをわたしたち自身の内側は常に何が最善かを把握していますわたしたちの澄み切った心根と欲となる自我のせめぎ合いの中において何を掴み取っていくのかその継続性が自身の未来を引き寄せる要となりだからこそ自身にとっての最善も最良も今この瞬間どのような善行を積み続けていくのかに勝負はかかっていますだからこそ今日という日も愛ある感情を糧としてさらにより良く前向きに進んでいけるように感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世...何がわたしを支えているのか・根の部分

  • 想定内と想定外

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身における環境その周囲の中で自身の取捨選択選ぶもの選ばなかったもの手にするもの手放したものその両者の狭間の中において自分なりの糧を求めこの人生の全うを各々が目指し続けていきます自身における想定内そして想定外を巡る中で自身の立ち振る舞いそして行動の維持継続によって自身から生まれる重力引き寄せる物事が自身に由来することそれを知るとき今にない光明日への希望を携えながら一歩ずつ確かなる道を歩み続けることそれこそが人生の全うへと繋がっていきますこの世界巡り廻る因果の中心に自身を座し何があり何が無かったとしても想定と想定外その全てを楽しみながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身...想定内と想定外

  • 何気なく休む日々も、大切な礎となります

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる道のりを進み続けていきますその中においてわたしたちはその身の内に宿る情熱を以って前進あるのみ邁進に邁進を重ねて自身の持つ夢や希望に向かって突き進んでいきますがときには足を止め周囲の風景長閑なる環境に身を浸しながら大自然を思うままに体感し続けることそれこそが自身の命の妙理へと辿り着く原点となり得ますそしてまたわたしたちにとって何気なく休む中で培う心の力とは静寂であり全てを見通しながらわたしたちなりの満足さらなる飛躍を夢見て加速する準備へと繋がっていきますこの世界何があり何も無かったとしても善なる気持ちを以って目の前の物事に臨みそして没頭三昧未踏なる地を踏み締める為に今こここの瞬間の内なる光の発露を真摯に求め続けながら今日とい...何気なく休む日々も、大切な礎となります

  • 実験という視点

    わたしたちはそれぞれの人生を歩んでいますがその中において時間をかけて何かを紡ぎ出すことそれを自身の肉体を通じて実験していくことも人生においての醍醐味でもありますわたしたちは往々にして自身の想い描く世界先入観の中で過ごす中で新しいことに手を伸ばすということを行わなくなってきます同じような日々同じような風景がぐるぐると廻る中において自身の安全性を確保する為に光に手を伸ばすのではなく傷つかない為の一手身を守る為の行動の継続が大半でありますそれも人間の生存本能ではありますがそれだけではなく自身にとって大切なもの内なる声による善行の継続こそがわたしたちの本質が求めるものでもありますだからこそいついかなるときもわたしたちなりに光を発露し続ける実験の中で自身を観察しながら何が最善最良であるかを見出しながら今日という日も...実験という視点

  • 人生はマラソンです。無闇に短期決戦を挑まないこと

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うを貫く為に自分なりの最善を進み続けていきますその中において自身にとって光と為すもの溶け込む様に自身を照らし合わせその善たるもの良たるものを己の力に宿し突き動かされるようにして流れ揺れ動き続けることそれもまた人生における妙たる道でありますそしてまたわたしたちにとって人生とは生きている限り善行を積み続ける使命を各々が帯びていますだからこそわたしたちはいついかなるときも自身を整え周囲の景色が歪んで見えたとしても光を見つめ続け内なる愛の発露循環によって自身を生かし続けることその淡々としたマラソンによってこの因果の完結は結ばれていきますそのことを信じながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を...人生はマラソンです。無闇に短期決戦を挑まないこと

  • 生きている限り、それでも道は続きます

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善を紡ぎ続けていきますその中において自身にとって最善となるもの光と為すものとは一体如何なるものであるのかその認識を深めていくとき自身の行動の転換反射となる愛による行動を自身の主体によって体現し続けることが可能となり得ますそしてまたわたしたちはこの世界において何があり何も無かったとしても巡り廻る中においてどこまでも健やかで穏やかなる感情を出し切りながら善一環愛一心を貫き生きている限りは道は続くその真理たる原理を自身で噛み締め一つずつ丁寧に光を集め続けながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性をさせてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中で...生きている限り、それでも道は続きます

  • 金銭は手に入ったけれども、の状況にならないように注視しましょう

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を行い続けながら最善たる今日を導き続けていきますその中においてわたしたちにおける巡る日常その時間の流れの中で生活の要となる金銭を得ることその継続の中で何を培い何を育てそして何を手放していくのかそれを自分自身で見つめ愛しながら丁寧なる歩みを続けていくことそれこそが自身の人生において大切なる一点の観点となり得ますそしてまたわたしたちにとって世間の情報を得る中で金銭至上主義が色鮮やかに魅力あるように感じることもありますがしかしながらわたしたちにとってこの人生とは金銭だけではなく健康やご縁その他全ての恩恵によって成り立つものであるのもまた確かなる事実でありますだからこそわたしたちはいついかなるときも一つ一つの感謝の中でたった一つの真実内なる良心との邂逅を果たしそしてさ...金銭は手に入ったけれども、の状況にならないように注視しましょう

  • 全能なる光

    わたしたちはそれぞれの人生の中において全能なる光どこまでも暖かく健やかなる光に導かれるようにして自身の人生を紡ぎ続けていきますそれはたった一度きりの人生において何を求めていくかという命題を掲げながら行動の継続によってわたしという人生は完成されていきます日本人として生まれ八百万の神々が住まう国の中で自身の立ち位置振る舞いというものを見誤ることなく質素堅実淡々粛々として神々を尊重しながら精霊に感謝しながら共に過ごす精神性を宿すとき自身にとっての最善なる光は何であるのかを自ずと知ることになっていきますどのような道のりであったとしても自己責任自己完結の名の下に自身の内側に溢れる全能なる光とともに歩みながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透...全能なる光

  • たとえ失ったとしても、それでも道は続いていきます

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる原理その果てを求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてときにわたしたちは何かを失うことに遭遇することもありますがしかしながらわたしたちにとってこの世界における巡り廻る断片の景色の中でたとえ何かを失い悲しみに暮れたとしてもいつしか時間が癒してくれることそしてまた代替として何かを手にする中で自分なりに納得を深めていくこと喪失感を引きずりながらもそれでも続く道の中で何を得て何を線引きして手放していくのかそれを自分自身に問いかけながら先への光愛への没頭を求めて今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそし...たとえ失ったとしても、それでも道は続いていきます

  • 細善を極めること

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身の日々の暮らし生活の中における微細たる波動善を極めし行動原理とは一体如何なるものであるのかどれほどまでに認識を深めているでしょうわたしたちのほとんどが外側からの刺激による反射その繰り返しの中で無意識による過去からの積み重ねその反応を繰り返すことによって大切なる命その全うを遂げることなく生を終えていく人たちが多数いますその人たちは何の疑問も持つことなく自身の安定安寧外側の世界で構築された価値を信じついには世界の神秘にたどり着くことが出来ずに命の巡り魂の転生を繰り返していきます自身にとって最善を極めることとは極めて当たり前なこと出来て当然とすることに対して如何にして感謝を込め生き...細善を極めること

  • 光ある感情を胸にして生きてゆく

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の人生を歩み続けていますその中において自身の大切にするもの自身における価値をその手にその都度の最善を歩き続けていきますそれは自身においての光ある感情をその胸にして今という瞬間この時間における最善最良を紡ぐという行為でもありますそしてまたわたしたちは自身を起点としてそこから渦巻くもの行動による重力によって相応の物事を引き寄せ続けていきますそれは限りある時間瞬間ある光の人生において果てある因果の先を目指すことでもありますいついかなるときも全うの先にあるものはいつだって光でありそこに溢れる愛情や慈悲を一つずつ丁寧に行動へと転換していきながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込め...光ある感情を胸にして生きてゆく

  • 巡り廻る因果の中で、何を紡ぎ続けていくのか

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身の全うたる根拠行動原理となる今を紡ぐ行為その全てにおいて善を一貫愛を一心に受けながらわたしたちなりの道を進み続けていくことその過程における全ての恩恵花開く個性巡り廻り一周した後に自身に還ってくるものその全てが因果応報自己責任自己完結の要となっていきますそしてまたわたしたちにとって愛情深い自身の気持ちこそが自身を救うということそこを起点に愛を求めてやまない衝動に自身を突き動かしながら生きる限定光を溢れさすこの一瞬に精一杯の愛を込めて今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきま...巡り廻る因果の中で、何を紡ぎ続けていくのか

  • 我に没頭すること

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたちは常に外側からの刺激を受けながらわたしたちなりの命の発露を求めながらも無意識たる反射過去から培った同じような反応を繰り返しながらその生を自身の全うたる機会を得ることなく終えていくことにも繋がっていきますそれは自身のたった一度きりに対してついに真摯に向き合うことなく機会の喪失後悔たる念の創出にも繋がっていきますわたしたちは自身の人生において自身を見ることなく周囲を他者を眺めながら比較の中で物事を決め真実を掴むことなくその生を命を終えることにも繋がってしまいますだからこそわたしたちはいついかなるときもその胸の内に宿る光良心を感じながら自分なりの愛溢れる行為その一途により自身を生か...我に没頭すること

  • 龍音の奏でる中で

    わたしたちはそれぞれにおける自身の人生を紡ぎ続けていきますがその中において人間とは別の波動流動するエネルギー体それらを人々は龍と呼び太古の昔より崇め祀ってきましたそれは人が奏でる境界線でありだからこそわたしたちは人としての営みそして活動の中で因果の昇華を巡り果たしていきます龍とは人に取り入れるものではなく大自然の崇敬と同じようにして手を合わせて感謝を送る存在であります無闇に手を出して欲なる接点をもつことは自身の人生をねじ曲げることにも繋がっていきますいついかなるときも龍音の奏ではわたしたちに心身を整えてあるがままなすがままの境地へと誘っていきます真に捉えるべきは自身の心根であることを知りながら今日という日この瞬間に愛を込めながら感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄...龍音の奏でる中で

  • 愛なる周波数を極めていくこと

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとって最愛とは一体如何なるものであるのかを自分自身で確認しながら愛由縁の感情によって自身を生かし続けることでもありますそれはまたわたしたちにとって善を愛し良の風に吹かれながら最愛を薫ることそれを自身の雰囲気に纏わせながら自他ともに誰しもが笑顔にそして幸せに溶け込む波紋を広げていくことその一貫性が愛の周波数となっていきますわたしたちにとって今こここの瞬間における命とは何であるのか光とは如何なるものであるのかを自身に納得させその道のりこそが奇跡の最中であることを思い出しながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透さ...愛なる周波数を極めていくこと

  • 月日が巡る中で、求める物事とは

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身が求めるものその継続たる観点の中で光を求め続けていきますそれは自身におけるたった一度二度とは巡ってこないこの月日の中において何を求めて何を手放していくのかその一途なる継続の中で自分なりの光を紡ぎ続けていくことそれこそが自身の人生において大切なる礎へと変化し続けていきます星の巡り月日の流れその全ての循環の中で自身を生かし尽くすことその真意を正しながら自分なりの光の発露良心との一体化を目指していくことそれが自身にとっての最善最速そして最愛へと導く一手妙理へと繋がる流れでもありますだからこそわたしたちはいついかなるときも万事において自身の全うを求めながら常に月日の巡りに感謝感応し自分なりの個性の発露を求め続けることそれこそが人生の偉大なる礎を構築するものであるこ...月日が巡る中で、求める物事とは

  • 形なき個性の光の輪郭を掴み取っていく

    わたしたちはそれぞれにおける自身の人生の在り方を自由自在に彩りながらその都度の最善を見極めていきますそれは自身における唯一無二の個性を大切に抱きしめながらその光の発露の中に溶け込むという行為でもあります個性とは物質として目に見えない領域でありだからこそわたしたちは形なき個性光の根源となる命の流れを掴み取りながら今こここの瞬間を生き続けていきますそれはまたわたしたちにおける限りある時間をどのように行使するかという命題でもあります泣いても笑ってもこの人生はたった一度きりで二度とは戻ってこない今日を巡る中において自身がどこまで他者のお役に立てていけるのかその真剣勝負の最中にいることもまた確かな事実でありますそのことを思い出しながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にど...形なき個性の光の輪郭を掴み取っていく

  • 神さまが与えるプレゼントの一つに、死を意識させることが含まれます

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身におけるたった一つの道標その継続たる光の中において何を求めそして手放していくのかそれを自身の心根に照らし合わせながら一歩ずつ確かなる道を歩き続けていくことそれこそが自身にとっての最善最速そして最愛へと溶け込む一手となり得ますそしてまたわたしたちにとって善を紡ぎ続けるということは自身の愛を育むことでありだからこそわたしたちはいついかなるときも今は今しかない明日に伸ばすも自由過去を引きずるのも自由全ては自由意志の中で自己責任自己完結していきますだからこそ自身にとっての最善なる行動良き死へと何かを全うたる人生へと繋げるよう今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させ...神さまが与えるプレゼントの一つに、死を意識させることが含まれます

  • ごく普通の生活の中で見出す、奇跡の光とは

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間の中において自身の全う性を貫きその継続の中で最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身におけるたった一度二度とは来ない体感の中において何を選びそして手放していくのかそれを自分自身に問いかけながら一歩ずつ確かなる歩みを繰り返していくことその継続性が自身に何をもたらしどのような因果を構築し続けていくのかそれを真摯に見つめ続けることによってたった一つの真実内なる光の発露ひ完結を迎えていきますこの世界何があり何も無かったとしても善一貫愛一心のままに日々の日常何気ない毎日の中で見出す光とは奇跡の体感生きるという奇跡の光でありますだからこそわたしたちはいついかなるときも残された時間活動できる全てで感謝を込めて嬉々として生き切ること楽しみ切ることその精一杯こそが自身を光たる妙理へと...ごく普通の生活の中で見出す、奇跡の光とは

  • 自身が納得する形で仕上げていくスタンスも大切であります

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の人生を想う形に応じて行動に転換していきますがその中においてわたしという個性わたしという人格が紡ぎ出すものそれが意味する所在をわたしたちはどれほどまでに認識しているでしょうか己の中の光内在する良心は他の何よりも心地よくそして因果の昇華の中で溶け込む境地へと誘うものでもあります他者を納得させるよりも自身を納得させること自身の内なる想いに嘘をつかず愚直に一心に突き進むことそれこそがわたしたちにとっての最善最良へと導くものでありますいついかなるときも自身の内なる光が納得するスタンス命の発露の原点を目指して今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょう...自身が納得する形で仕上げていくスタンスも大切であります

  • 天地創造、宇宙を巡る旅路をわたしたちは続けています

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うを求め自身を求め続けながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身におけるたった一度二度とは来ない今日を体感する中において何を以って善と為していくのかそれを自分自身に求めながら善行を積み続ける姿勢を持つことそれこそが自身にとっての最善たる光その先の彼方因果の終焉へと向かう循環の愛の要でありますだからこそわたしたちはいついかなるときもこの瞬間における自身の全うこそが天地創造の最中であり宇宙を駆け巡る命の一片であることを知りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわたしたち自身も豊...天地創造、宇宙を巡る旅路をわたしたちは続けています

  • 持たないからこそ、自由になれます

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うを貫きながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において何かを得ることを目標にし執着してそこを目指して歩き続けていきますがしかしながらわたしたちにとって得ることばかりに固執することは必ずしも豊かになるとは限りません手放すこと持たないことによる効用それは自身にとってどこまでも身軽となり自由闊達あるがままを体感しながらわたしたちなりの今を健やかに穏やかに生き切ることそれこそが人生の要となっていきますわたしたちにとって善たる想いの発露とは何かを得ることではなくすでに持っているものに感謝の心を捧げるその一手でありますだからこそわたしたちはいついかなるときも感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させて...持たないからこそ、自由になれます

  • 自身の内なる声が、自身を淘汰、捌き始める

    わたしたちはそれぞれにおける自身の人生を歩み続けていきますがその中において自身の立ち振る舞いその行為の中で自身の生み出す重力によって相応の物事を引き寄せ続けていきますそれはわたしたちが求めるものではなく行動による結果感情の継続の中で手にするものその受け取り方で人生の機微はどこまでも変化していきますそしてまた今の波動が変化していく時代の中でわたしたちの内なる声光輝く良心が公平にわたしたち自身の行為を裁き始めますそれは心身に影響を及ぼしそしてそれらは棲み分けるようにしてわたしたちの流れを引き寄せる集団を淘汰していきますだからこそわたしたちは常に自身の行為に光があるのかを見極めながらその都度の最善を紡いでいくことそれこそが人生の妙理であり光へと導く道でありますそのことを信じて感謝とともに良心とともにわたしたち自...自身の内なる声が、自身を淘汰、捌き始める

  • 波紋が、波紋を呼び寄せる世界の中で

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を眺め続けていますその中において自身における今この瞬間において自身が発する波紋その良き行い悪き因果相者の相剋の中において自身が何を求めそして手放すを繰り返す中で一途となる光を見出すことそれこそが自身にとっての最善最良そして最愛へと導いていくことへと繋がっていきます日常における些細なる行為その継続の中でどのような重力を生み出し自身の糧と為し因果の昇華へと繋げていくのかそれを見極め一歩ずつ確かなる道を歩み続けるとき今にない未来永劫たる光愛に包まれるようにして自身によって自身を救うことそれこそが我が人生において良心の本望であることを知りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波...波紋が、波紋を呼び寄せる世界の中で

  • 幸せの彼方は、この胸の内にある

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度二度とは巡らぬ今日を体感する中において何を求めてそして手放していくのかそれを自分自身に問いかけ見極めながら一歩ずつ確かなる歩みを続けるとき生きるという意味この限りある時間の中で何を求めていくのかを朧げながらに理解を深めていきますそしてまたわたしたちは自身の幸せの為に日々の行動日常の活動を繰り返していますがその起点となる感情に愛がなければどれほどに努力研鑽を重ねたとしても得るものはなくただ空回りするのみの一環で終えてしまうのもまた確かな事実でありますこの世界における自身の幸せとは満ち満ちた気持ちどこまでも幸せであり豊かなる源流に溶け込むようにして自身を生かし続けること...幸せの彼方は、この胸の内にある

  • 何かを掴むより、どう在りたいのか

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間を生きる為に期間限定の時間の中を渡りながらその都度の最善を紡ぎ続けていきますそれは自身にとってたった一度きりの人生の中で光あるものを引き寄せ続ける行為となりますがその光たる根拠光たる要因はわたしたち自身が感じ取るものでありだからこそ自身にとって最も大切なことに時間を注ぎ楽しさの中に溶け込みながらわたしたちなりの今に集中することそれこそがわたしにとっての在り方存在意義へと繋がっていきますこの人生とはわたしの人生とは何を掴むかというよりもどう在りたいかその一点において光の発露を試みることそれこそが最善最良の妙理へと繋がることを思い出しながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の...何かを掴むより、どう在りたいのか

  • 幸せを運ぶものとは

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたちが求めるもの価値あると信じるものそこに巡る光恩恵たる愛とは一体如何なるものであるのかどれほどまでに意識を巡らせ認識を深めることによって自分の行動原理は変化の一途を辿っていきますそしてまたわたしたちにとって幸運と呼ぶ幸せを運ぶものとは一体何であるのかそれを自身の内なる領域から静観することによって見えてくる光があります幸運とは外側の世界でたまたまの偶然が重なり良いことが起こることではなくそれでも生かされていることに気づくこと感謝の原理循環たる愛に気づくことでありますだからこそわたしたちはいついかなるときも善を行使して愛を制し良を醸しながら自身の人格を形成し続けることその中で目の前...幸せを運ぶものとは

  • 与える、与えられるの奇跡の体感の最中で

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の体感その軸を基にして自分なりの最善によってこの人生を構築し続けていきますそれは自身にとってたった一度きり二度とは来ない今日を巡る中で何を求め何を手放していくのかという一事でありますその最中にいるわたしたちは自身の光と為す善行を如何にして認識し体感を重ねていくのかそれを自身に問いかけ愛と光を重ねて自身の因果の継承更新と昇華を果たしていくことそれこそが人生の要礎となる愛の一手となっていきますだからこそいついかなるときも自身の与えるもの与えられるものその両者の狭間の中で自身を求め内なる光を求め愛を重ね続けていくことそれこそが自身にとっての最愛を抱きしめることであり奇跡の体感の最中であることを思い出すことにも繋がっていきますだからこそわたしたちは唯一無二の与えられた個性の発露その...与える、与えられるの奇跡の体感の最中で

  • 結局、僕たちはどこにも行けないという側面がある

    わたしたちはそれぞれにおける自身の人生の側面があります他者から見たら羨ましいという人もいますがその実誰にも見せない苦痛や苦悩を抱えながらその道を歩き続けていくことになっていきますそしてまたわたしたちは何かを手にすればもっと素晴らしい人生を歩めるはずであると真剣に妄想しますがしかしながら今にないものを仮に手にしたとしてわたしたちが望む人生をすることはとても難しいです何かを手にすることは新しい問題新たなる課題を生み出すことに繋がっていきますわたしたちが真に求めるべきはいつだって自身の個性の発露その光の輝きたる内なる力でありますそのことを思い出しながらわたしたちなりの歩みを繰り返し最後の瞬間まで誰かのお役に立てていけば最上なる人生の末路は訪れることでありましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花...結局、僕たちはどこにも行けないという側面がある

  • 良いことも悪いことも、生きていなければ体感出来ません

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一つの真実二度とは巡らぬ今日を体感する中において何を以ってして最善と位置付けるのかそれを自分自身で見定めながら一歩ずつ確かなる道を歩み続けることそれこそが人生においての大切なる礎愛たる境地となっていきますそしてまたわたしたちにとって善を処する運命の中で過去からの打製による囚われと因果の昇華を果たすべく自身の内なる光に照らし合わせながら善行を重ねていくことその両者の狭間の中で何を求め何を手放していくのかそしてその選択すらも生きているからこそ可能な奇跡の体感であることを思い出しながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切っ...良いことも悪いことも、生きていなければ体感出来ません

  • 自身が帰する場所

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度二度とは来ない今日を体感する中において何を求め何を手放しそして自身の糧を構築し続けていくのかそれを自分自身に問いかけながら一歩ずつ確かなる歩みを続けるということでもありますそしてまたわたしたちにとって自身が帰する場所生まれてこの世界を巡り様々な場所で光を求めてついに死の境界とともに還る場所というものは確かに存在しますそれを信じるときわたしたちは自身の全うを貫きながら善を一途と為し良を体感し己の内の愛を発露させていくことによって自身を導き愛由縁の感情によって引き寄せる物事を変化させて続けていきますこの世界巡り廻る因果の螺旋の中でいつか辿り着く自身の還る場所そこに安心を求め安...自身が帰する場所

  • 神気宿すツール

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の人生を全うすべくその都度の最善を歩き続けていきますそれは自身にとっての最善を模索する行為でもありだからこそ人生とは意義深く深く味わえるものでもありますその中において神気という観点をもつことによってわたしたち自身の行動基準が変化していくことがあります神気とはその名の通り神の気を宿すことでありますがそれは神社で体感するような清々しく心地よい雰囲気の中で自身の心身を整えることでもありますそれを自身の行為を通じて神気をその内に宿すことはとてもシンプルでありますがシンプルさゆえに誰の目にも止まることなく素通りしていく物事でもありますそのツールとは誰の心の内にも備わっておりだからこそその内に問いかけ続けることによってやがて訪れる光の発露によって誰しもが救われていくことでありましょう内...神気宿すツール

  • 他者のアドバイスとは、無責任が内包されていることを認識すること

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道のりその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身におけるたった一つの人生運命を内包する中において何を以ってして最善と位置付けていくのかその継続性を自身の行動で貫きながらたった一つの真実愛を貫くということでもありますそれはまたわたしたちにとって善一環を巡る境地の中においていつだって自身が見出す景色によって自身を生かしたり自身が囚われたりする完全なる自己完結自己責任の法則でもありますだからこそわたしたちはいついかなるときもその根拠には愛が含まれているのか目先の利益を納得させる為に他者の都合の良いアドバイスを受け入れていないかを常に確認しながら善たる道愛たる境地へと至る今日の一歩を踏み出し続けながら感謝とともに良心とともにわたしたち...他者のアドバイスとは、無責任が内包されていることを認識すること

  • これを最後だと想い、行動すること

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めて最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身においてたった一度の運命その継続たる観点を持ちながら何を大切にし何を手放し自身の軸を構築し続けていくのかその一点における今を見続けることでもありますそれはまたわたしたちにとって善とする波紋を自身の行為により引き寄せる行為でありだからこそわたしたちはいついかなるときも他者や周囲から受ける刺激よりも自身が何を求めどのような感情を発し続けていくのかそれを事細かに静寂なる領域から観察しながら光を求め続けることそれが人生において大切なる礎を築く境地となっていきますこの世界においてこれが最後かもしれないその気持ちで臨むとき惰性ではなく真なる願い内なる光とともに自身をより良くより健やかなる領域へと誘い続けな...これを最後だと想い、行動すること

  • 必要なものを、必要な分だけ

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道のりその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとって求めるものを体現する為に自身の行動により培う物事その発生する重力により自身をさらなる高み因果の昇華を果たす旅路の最中でもありますこの世界におけるわたしという存在は唯一無二でありだからこそどこまでも尊くそして慈しみ溢れる中で全うの機械を与えられ続けているのもまた確かな事実でありますわたしたちの目の前にはいつだって必要なものが表れては流れていきそして必要な分だけ手にするかどうかはわたしたち自身に委ねられています選択を見誤うことなくこの一本の道を光ありき愛由縁に彩りながら一歩ずつ自身の人生を誰かの為に他者の豊かさへの還元を重ね必要なとき必要なものを必要な分だけ分相応足るを知りな...必要なものを、必要な分だけ

  • 迷い留まり、見つからないことすらも意味ある最善へと繋がることもあります

    わたしたちはそれぞれにおける道人生という毎日を生きるという命の連続の最中に立っていますそれは自身における全う光求める道へと繋がることでありますがときに外側の環境において右往左往するような場面光からは程遠いような絶望をする機会を与えられることもありますそれは自身の心身を傷つけることであり癒すのに時間がかかるのもまた事実であります人生の道のりの中で迷い留まること道が見つからないことすらもわたしたちの命の雫へと導かれていきますそのことを思い出すとき全てが感謝であったこと全てが恩恵であったことを知り自然と手を合わせる境地へと導かれていくことでありましょうそのことを信じて今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めなが...迷い留まり、見つからないことすらも意味ある最善へと繋がることもあります

  • この道は、どこに続くのかを問いかけ続けること

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身の求める道価値あると信じる道とは一体如何なるものであるのか自分自身に問いかけ光の体現を発しながらこの一本の道を進み続けることそれは誰の為でもなく内なる愛の衝動良心の心根に沿って善を認め良を受け入れ自身のあるがままをこの世界に波及し続けることそれこそが人生において最も尊い今こここの瞬間の礎となっていきます自身にとって善も然り良も然り何があり何も無かったとしても紡ぐ一点自身を起点としての因果の昇華を果たしているのかその問いかけによって自身を生かす道を歩み続けながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきまし...この道は、どこに続くのかを問いかけ続けること

  • 常に最後だと想い、臨むこと

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたちは日々の生活の中で自身の培う行動によって自身の因果を形成しそして生み出す重力によって相応の物事の中に取り囲まれていますそれは完全無欠なる自己責任自己完結が巡る世界の中で自身が善とする因果良を醸す雰囲気を身に纏いながらそれでも他者の為にと尽くす行為を継続していくことそれこそが自身をより良いより澄み切った領域へと誘う一手となりやがてたどり着く神性なる頂自身の頂点となる道でありますそして常に今日が最後として臨みゆく中で惰性に身を任せずに自身の良心のままに納得のいくままに全身全霊全身全力を貫きながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋...常に最後だと想い、臨むこと

  • 騙してくれてありがとうの心境で嬉々として進むところに妙理は開けていく

    わたしたちはそれぞれにおける人生を巡る中を体感しながら因果の形成をし続けていきますそれは自身における命生命の輝きを行動によって紡いでいく行為に他なりませんそれはまた他者との関係性の中において自身が歩むべく道筋そして他者の想いとの駆け引きの中で何が最善であるかを見出すことにも繋がっていきますときに騙されることもありますがそれすらも嬉々として受け止めること因果の昇華に繋げていく姿勢を込めながらわたしたちなりの今そして健やかなる明日を見続けることにも繋がっていきますいついかなるときも自身にとっての最善しか起こらないことを認識するとき自然と発露される光良心の声はあなたのもとへと届き始めますだからこそ一つ一つを丁寧にそしてしっかりした足取りの中でわたしたちなりの光を紡ぎながら今日という日も感謝とともに良心とともにわ...騙してくれてありがとうの心境で嬉々として進むところに妙理は開けていく

  • 今日という光を積み重ねる中で

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うを携えながら次なる明日へと自身を導き続けていきますそれは自身にとってたった一度の運命その構築を如何にして自身の中に取り入れ認識し次なる一手へと繋げていくのかその継続を自身の問いかけにより光の発露を目指していくということでもありますそれはまたわたしたちにとって善という光を認識しそこに溢れる知恵と勇気それらを一つずつ丁寧に取り出しながら他者の豊かさへと還元し続けることそれもまた人生において大切なる一手へと転換し続けていきますこの世界における自身という存在唯一無二だからこそどこまでも尊くただあるがままの中で自由自在に生き抜くことが可能な奇跡でありますそれを一つずつ丁寧に思い出しながら今日という光を積み重ねやがて訪れる死の心境それをどこまでも穏やかにたおやか...今日という光を積み重ねる中で

  • 今日も生きている、その奇跡の体感を味わうこと

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中において自身におけるこのたった一度きり二度とは来ない今日を巡る中において善を求め良を醸し自身の良心に順ずる中で澄み良い感情を構築し続けることそれこそが人生の礎全うたる今を生きる秘訣となっていきますそしてまたわたしたちにとって今日今こここの瞬間を生きるということは決して惰性の継続ではなくどこまでも奇跡たる命の連続でもありますだからこそわたしたちはいついかなるときも一つの善その波紋によって自身を生かし続けながら他者に豊かさを還元する生き方それを楽しみ自身の良心に溶け込み一生に一度の体感を苦楽を共にしながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み...今日も生きている、その奇跡の体感を味わうこと

  • 金銭の為に心身を壊すかどうかの一線を常に引きておきましょう

    わたしたちは生活の為継続の為に金銭を稼いで営みを続けていきますそれはわたしたちにとってとても大切なことでありますが優先順位を間違えると自身の心身を壊すことにも繋がりかねませんそれでは継続という観点から見ると最善ではなくなってしまいます無理なく無駄なく自身に合った場所へと自身を導くが如くこの世界は広いことを知りながら自身のあるべき姿内側の声を真摯に聞く姿勢を継続する中でその中への没頭を続けていきましょう金銭という立ち位置をわたしたちなりに明確にしていきながら自身の人生を金銭と自身の心身の関係性を線引きしながらわたしという物語に彩り豊かさを求め続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変え...金銭の為に心身を壊すかどうかの一線を常に引きておきましょう

  • 分からないことが分かるということも大切な要素であります

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道最善を求めながら今日を巡り続けていきますその中において自身を中心として何を巡り何を廻りこの世界の恩恵と捉えていくのかわたしたちはその認識に意識することなくただ周囲からの刺激に応じて反射的に反応を繰り返すのみの日々を送っているのが大半の事実でありますわたしたちにとって隙となる一つに分かったつもりでいることが挙げられそれは自身にとって知ったつもりで行動するがゆえに原理原則から離れどのような因果を形成しているのかも分からずに目の前の景色に右往左往するばかりとなってしまいますそしてまたわたしたちにとって今こここの瞬間における命の継続愛の発露を求めることは生きる原点でありだからこそわたしたちはいついかなるときももっと真摯に自身と向かい合うことこれを限られ...分からないことが分かるということも大切な要素であります

  • 今ここにいる、それだけで奇跡の体感を果たしているのです

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたちが今ここに立っていること何かを為しそして一つ一つを紡ぐ中において手放す物事を見定めながら一歩ずつ確かなる道を歩き続けることその継続性がもたらすものとはいつだって命の輝き生きる原点を思い出すことであります神による奇跡の体感とは得も知れぬ不可思議な良いことが起こることではなくただ今を生きることそれでも生かされているという圧倒的な恩恵それを思い知ることでありますだからこそこの世界において何があり何も無かったとしても感無量となる生きる喜びを噛み締めながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝...今ここにいる、それだけで奇跡の体感を果たしているのです

  • 役割が明確になっていくこと

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の人生を歩んでいますがその中においてこの人生たる所以意味を意味出すというのは人生における一つの命題でもあります自身が見出す光他者から与えられる光その両者においてわたしたちは何を想いそして行為に転換していくのかその継続性の中で自身の人生を作り上げていくことそれこそがわたしたちにとっての光ある維持継続果てある未来への導きに他なりませんだからこそわたしたちはいついかなるときもこの人生の全うたる今そして自身が頂く役割他者への豊かさの還元を真摯に受け止めながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわたしたち自身も豊かで静かな...役割が明確になっていくこと

  • 手こずるのは、相手の声が聞こえていないから、一体化していないからです

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うを求めながらその都度の最善を進み続けていきますその中においてわたしたちの目の前には常に自身が引き寄せた因果の最先端今こここの瞬間が存在しておりだからこそわたしたちはいついかなるときも善なる想い愛由縁の波紋によって自身を救い続ける旅路の最中に立っていますそしてまたわたしたちにとって善たる想いの継続こそが自身を全うなる未来へと導きその旅路の中で巡り合う全ての出来事が自身にとっての最愛へと繋がっていきますもし一つの物事に手こずり上手くいかないと感じているのであればそれは自身の力み想いが澄み切っていなく相手との同化一心同体となっていない要因もあり得ますだからこそわたしたちは常に余計な思考を巡らすことなくただ目の前のことに没頭しながら無心無思考のままに愛由縁の...手こずるのは、相手の声が聞こえていないから、一体化していないからです

  • 命の紡ぎ、命の輝きを今ここに

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間においてその都度の最善を構築しながら自分なりの道死への誘いその方向性を自身の手によって導き続けていきますその中において自身における命の揺らぎを自身で感じ取りそこに溢れる光愛由縁の感情によって自身を生かし続けることそれこそが自身の生きる道生かされる原理へと繋がる一手となっていきますそしてまたわたしたちにとって今こここの瞬間における内なる意識に巡る循環たる澄み切った想いその継続性の中でどこまでも嬉々とし生きる生きる芽生えの中で何を求め何を手放していくのかそれを自身の心根を静寂なる眼差しで見つめ続けながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきま...命の紡ぎ、命の輝きを今ここに

  • 光へと続く道

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の信じゆく光を胸にしてその都度の最善を歩き続けていきますそれは自身における意味ある一歩であり他者の評価で左右されることのない雄大なる人生でありだからこそ唯一無二の価値を生み出すことが可能となりますわたしたちにとって光とはいつだって外側の景色に見出すものではなく自身の内側全能なる愛に溢れるものそれは他の何にも変えることの出来ない大切なものでありますわたしたちは目先の利益を追いかけてついには目に見えない当たり前として接してきた光を自分自身の手で手放してしまうときがありますそうではなく内なる静寂良心の声を聞きながら一歩ずつ確かな歩み丁寧なる時間を過ごすことそれこそが人生の極上を味わう仕組みでありわたしの人生を全うする秘訣でもありますいついかなるときも光を歩み続けることその意識一つ...光へと続く道

  • 内なる悲しみを携えながらも、澄み良い感情に浸ること

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度の運命を体感する中において何を大切にし何を選びそして何を手放していくのかその継続の最中で自身の光を見出し全うたる今を培い続けることそれこそが自身にとっての愛由縁の光となっていきますそしてまたわたしたちにとってときに悲しみに暮れ何をしていてもその霧は晴れることなく途方に暮れることもあります底知れぬ悲しみとは生死の狭間において絶対的に存在するものでありだからこそわたしたちは今を大切にする意味失ってから気づくのではなく常に感謝の礎を持つことで最愛を失う因果を変化させることも可能でありますたとえ自身の片割れを失ったとしても生きている限り道は続き自身も続いていきますだからこそわたしたちはいついかなる...内なる悲しみを携えながらも、澄み良い感情に浸ること

  • 自身の良かったところを探し、振り返る習慣も、己の神性さの発露に繋がっていきます

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全くたる自分その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度の人生においてどのように自身と関わっていくのかその真摯なる問いかけに対してわたしたちは自身の行動によって答えを導き続けていきますそしてまたわたしたちにとって自身の良かったところを素直に認めてそれを昇華し次へ繋げることその継続も光たる発露自身の命の継続へと繋がっていきます一日のどこかで自身の良かったところを探し振り返り己の命の発露神性なる想いへと繋げることそれもまた人生において大切なる一面となっていきますいついかなるときも自身を認め他者を認めながら一歩ずつ確かなる道のりの中で自身の輝きを取り戻し善なる波紋良なる派生へと導きながら今日という日も感謝とともに良心とともに...自身の良かったところを探し、振り返る習慣も、己の神性さの発露に繋がっていきます

  • 最初の志がない者に、継続たる繁栄はもたらされることはありません

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うを求めて最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたちが求めるものとは安定であったり地位や名誉など様々な要因を手にする中において他者から認められたいという願望であったりしますそれはまたわたしたちにとって最初の一歩となる要その踏み出す方向がどの向きであるのかそれを自分自身に確認をしながらわたしたちの健やかなる一手を繰り出すことその継続を忘れることなくただひたすらに自身に没頭しながら寝食を忘れ善に打ち込み続けることそれもまた人生の醍醐味の一つであります人間とは志一つで何かを為すことが可能な存在でありだからこそわたしたちはいついかなるときも善たる想い巡る中において志を起点とし善行を軸として自らの因果を昇華し続けることそれを期間限定生きる間の目的と...最初の志がない者に、継続たる繁栄はもたらされることはありません

  • 心の濁りが行動に表れる

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の信じるもの自身が価値あると想うものを体現する為に今この瞬間を生き続けていきますそれは自身における因果の果てでありだからこそわたしたちは全てにおける自己責任自己完結の名の下で我が道を自身と向き合いながらひたすらに歩き続けていきますその中において心における不純物濁りとなる欲があるときは自然と整理整頓が行えなくなり私生活が無意識のうちに乱れていきますそれは上手く行くときほど一瞬のスキをついて魔が忍び寄ってきます外側の世界において成功たる地位や名誉を追いかけるよりも心の内にある光それを見続けながら静かなる世界に身を置きながら静寂なる愛に包まれていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込...心の濁りが行動に表れる

  • 認めるもの、拒絶するものとは

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全たる道その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度の巡り合い最果てとなる因果の今日を体感する中において何を善とし何を良と為していくのかその継続たる一手を自身の手によって紡ぎ続けていきますそれはまたわたしたちにとって一つの出来事に対して認める拒絶するその両者の狭間の中においてどのような善を込めて尽くし続けていくのかその一点に他なりませんわたしたちは無意識の内に認めるもの拒絶するものその都度の判断によって自身を時間とともに流れゆくままに人生の帰路死への道のりを進み続けていきますその中の一点今日という日の巡り合い愛を以ってして自身を制し他者への豊かさの道を歩き続けることそれこそが妙理たる自身を生かす原点そして全てを認め続け...認めるもの、拒絶するものとは

  • 一歩ずつ、確かなる光の中へ

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うなる道その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度の運命を抱きしめる中において何を求めて何を手放していくのかその一つ一つ取捨選択の中で生み出される重力によって相応たる物事を引き寄せ続けていくことその一本の道のりこそが自身の人生を礎を構築し続ける一手となり得ますそしてまたわたしたちにとって今こここの瞬間を巡る中において大切なるものはいつだってこの胸の内に流れ続けていますだからこそわたしたちは一歩ずつ確かなる光へと導かれるようにして自身の行動その愛由縁の重力によって自身を生かし続けながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の...一歩ずつ、確かなる光の中へ

  • 賢者は、他者の悪意や攻撃を正面から受け流していく

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の人生を歩み続けていきますがその中においてわたしたちは他者との接点を持ち続けながら最善たる行為を見出していきますときに他者の行為によって不愉快な感情が過り限りある大切な時間を無為に過ごしてしまうこともありますがそれすらも人生においては学びの時間となり得ますわたしたちが本当に見るべき視点為すべき心とはいつだって自身の内側であることその良心の心根に沿って一つずつ丁寧に光ある行為を紡ぎ出していくことに他なりません賢者とは全てにおいて優位なのではなくあるがままの中で悠長に受け流すことを知る存在であります何があり何がなかったとしてもこの人生は果てなく続きわたしたちはいつだってこの運命を全うすることに注ぐべき命を行使している最中でありますそのことを思い出すとき真に見つめるべきこと慈しむ...賢者は、他者の悪意や攻撃を正面から受け流していく

  • 自身のあるがままを体感しながら

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますその中においてわたしたちは自身の求めるもの手放すものその両者の狭間の中において最善となる流れの中に身を置き続けていきますそれは自身にとってたった一度二度とは来ない今日を巡る中において何を大切にしていくのかそれを自分自身に問いかけながらたった一つの善を紡ぎ続けていくことそれもまた人生においての大切なる礎となっていきますそしてまた自身のあるがままその内なる流れを感じ取り善を紡ぎ愛を語り自身の内包する光を一つずつ丁寧にその手にしていくことそれそこが自身にとっての自然の流れ内なる妙理へと至る原理生きる光となることを知りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波...自身のあるがままを体感しながら

  • 静謐なる領域から、自身を眺めること

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道その継続を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一つの真実今を巡る旅路の中で何を大切にして何を善と為し自身を慈しみ続けていくのかその一手の継続によって自身を生かすという行為でもありますそしてまたわたしたちにとって愛の由縁となる感情それらはいつだって自身の内側どこまでも静寂そして静謐なる空間の中で我を忘れ時間を忘れただひたすらに善行へと没頭し続けることその因果の継承昇華の一途となる眼差しの中で自身の神性さその愛の発露を求め続けながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の...静謐なる領域から、自身を眺めること

  • 心の純度

    わたしたちはそれぞれにおける心の機微の中でその都度の今を生き続けていきますそれは自身にとって二度とこない今日巡る時間の中において何を大切としてそして何を手放していくのかその連続の中で因果の昇華を果たしていきますときにわたしたちは欲に囚われる中で足枷となる行為に手を伸ばしてしまいますがそれすらも人生の一面として反省と行動の修正良転換を繰り返し最後の瞬間に笑い合える因果を目指してどこまでも歩き続けていきます心の純度とは内なる光をどこまで意識しながらそれを体現していくかという一事でありますだからこそわたしたちは自身の心根その心の内を垣間見ながらその都度の今光ある瞬間を体感しながら純度たるものを求めて今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させ...心の純度

  • 人生には、それでも前に進みますか?と問われる瞬間があります

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うその継続を求めながら最善たる道のりを進み続けていきますその中において自身にとってときに自身の住まう環境今ここの立ち位置の中で逆風となるもの困難なる道考えたり想像するだけでも絶するほどの畏れを感じる場面に遭遇することがありますその先に何があるのかも分からずただ痛みだけが先行し不明なる不安が不安を呼びついには自身によって囚われ自身をがんじがらめに縛ることにも繋がってしまいますこの人生この一度きりの中で本当に大切にしたいものその継続とは光とは一体如何なるものであるのかそれを自分なりに見つけていき行動の体現として善を重ね自分なりの今を生きていくことどれほどまでに困難な道であったとしてもそれでも先に進むかどうかを問われていることを思い出しながら今日という日も感謝とともに良心とと...人生には、それでも前に進みますか?と問われる瞬間があります

  • 季節は巡り、命も巡る

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道継続なる由縁を求めながら最善たる今日を巡り続けていきますそれは自身にとってたった一度の運命二度とは巡らぬ今日を廻る中において何を大切にして何を手放しこの人生を完結へと向かわせていくのかその一手の連続の中で自分なりの愛の発露を求めていくことでもありますそれは自身にとってたった一つの真実紛れもない自身の内に溢れる愛によって自身を生かし他者を生かし続けることその中で季節を巡り自身を巡り因果の継承昇華を一つずつ丁寧に行い続けることそれこそが人生の全うたる道のり永遠なる継続の礎であることを知りながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔...季節は巡り、命も巡る

  • 愛突き抜けて候

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の信じるもの自身の価値あるものを模索しながらその都度の最善を進み続けていきますその中においてわたしたちは愛ある感情をどれだけ意識をしながらその発露を試みているでしょうかわたしたちは外側に見える景色の中で煌びやかに映る彩りに目移りしながらそれらを追いかけていきますがしかしながらそれは決して内なる光にたどり着く事柄ばかりではなくむしろ光から遠ざけることすらもあり得ますだからこそわたしたちは気づいたときふと思い出したときに内なる光を感じながら一歩ずつ確かな歩みを繰り返すことその継続性を求められておりその中で培う全てがわたしたちをより豊かにより善良なる因果の昇華へと繋げていきますいついかなるときも今こここの瞬間におけるわたしという個性を以って世界と接していくことそして一つでも多くの...愛突き抜けて候

  • 自身の強みを活かしていく心得

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道その継続を求めながら最善たる道を進み続けていきますその中においてわたしたちは自身を取り巻く環境その周囲の景色を眺める中で何を善とし何を良と為していくのかそれを自分自身で見定めながら一歩ずつ確かなる足取りによって進むべき方向を決めていっていますそれは自身におけるたった一度の人生において自身にとっての強みそしてその表裏となる弱みを携えながらも行動によってこの世界に波紋を広げていくという行為を生きている間に真摯に向き合うということでもあります同じような行為の中にも歯車が噛み合うとき全く噛み合わないとき様々な状況で自身の存在が問われるときがあります正解がないこの世界において自身の内なる光その声を頼りに自身を納得させ澄み切った気持ちの発露により自身を生か...自身の強みを活かしていく心得

  • 内への収斂を求め続けること

    わたしたちはそれぞれにおける今この瞬間において自身の全うたる道を求め続けながら最善たる今日を巡っていきますそれは自身にとってたった一度二度とは来ない今日という時間の中において何を大切にして何を手放していくのかその一手となる自身の心根によって自分自身を生かし続けていくことそれこそが我が道人生の王道となり得ますそしてまたわたしたち自身が外側ではなく内への意識に目覚め始めるときそこに溢れる叡智名誉と栄光と向き合いながら他者との比較他者との兼ね合いや切磋琢磨ではなくどこまでも自身と向き合いながらその研鑽一途をたどっていきますそれはまた自身にとって他者からの悪意敵意ある刺激に対して如何にして応じるかという問いかけでありますが自身にとって本当に大切なことはいつだってその胸の内にあることを知ることそれこそが全知全能なる...内への収斂を求め続けること

  • 危機こそが命の要なり

    わたしたちはそれぞれの命をかけてこの人生を歩み続けていきます命というものは自身にとってとても大切なものでありだからこそどこまでも尊きものを感じることが可能でありますその中において自身にとって不利な環境下不利な条件下ほど自身における光剥き出しとなる弱さの中で何を信じるかが問われ続けていきます決して楽ではない道のりの中でそれでも生きようとする意志立ち向かおうとする心こそがわたしたちの情熱の原点となり起因となる重力が光を引き寄せ続けていきますたとえ今が苦しくともそこで得るものは一生を通じてあなたの味方となら糧となるものへと繋がっていきますいついかなるときも今こここの瞬間を以ってしてわたしという個性を謳歌し誰かのお役に立っていけばそれはどこまでも最上の人生へと繋がり極上なる味わいへ満たし続けていくことでありましょ...危機こそが命の要なり

  • どれだけ良心の真髄に肉薄出来るかの真剣勝負の最中です

    わたしたちはそれぞれにおいて自身の全うする姿その形を追い求めてその都度の最善を進み続けていきますその中において自身の中に巡る愛や光それらを一つ一つ丁寧に集めながら外側の刺激を自分なりの最良の反応へと導き因果の昇華を行うことそれこそが人生の妙理光の御柱への道自身の全うたる一点でありますこの期間限定限られた時間の中でどれだけ自身の内を見続けそこにある光を取り出し愛ある体感として転換し体現し続けていくことが可能であるのかその真剣勝負の最中であることを思い出しながら今日という日も感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわたしたち自身も豊かで静かな幸せの中に溶け込んで生き...どれだけ良心の真髄に肉薄出来るかの真剣勝負の最中です

ブログリーダー」を活用して、mryt0110さんをフォローしませんか?

ハンドル名
mryt0110さん
ブログタイトル
脇道に映える一輪の花の如く
フォロー
脇道に映える一輪の花の如く

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用