searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

mryt0110さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
脇道に映える一輪の花の如く
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mryt0110
ブログ紹介文
天へと向かっていく日々の中で、良き風になれば幸いです。
更新頻度(1年)

1823回 / 365日(平均35.0回/週)

ブログ村参加:2018/04/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、mryt0110さんをフォローしませんか?

ハンドル名
mryt0110さん
ブログタイトル
脇道に映える一輪の花の如く
更新頻度
1823回 / 365日(平均35.0回/週)
フォロー
脇道に映える一輪の花の如く

mryt0110さんの新着記事

1件〜30件

  • 運命を感じること

    わたしたちはそれぞれにおいて運命を感じる場面がありますそれらはわたしたちにとっていくつもの断片たるピースがひと繋ぎとなり一本の導きにより一つでも欠けていたらここまでたどり着くことは出来なかったとそう想える因果によって運命を感じていきますそしてまたわたしたちは何気ない日常の中で日々の行動の更新まっさらな未来へ向けて自身の行動の重力によって様々な物事を引き寄せていきますそれらはたまたまを装いながらも全ての辻褄が合うように目の前に表れては通り過ぎて消えていきますだからこそわたしたちにとって一番大切なことそれは今こここの瞬間においてどれだけの誠意と善意愛情と慈悲を注ぎ込んでいけるかという真剣勝負の中に没頭していくことですその継続性の中でわたしという人間があとどれだけ他者の豊かさに貢献していけるのかそれを真摯に受け止めな...運命を感じること

  • 力の有無に囚われるべからず

    わたしたちはそれぞれの人生において信じる道を歩いていきますその道は自身の価値自身の求める光に由来して様々なものを引き寄せていきます一つ一つの物事には想いの重力が宿っておりだからこそわたしたち自身が必要とするもの望むものを一つずつ手にしては手放していくを繰り返しその中で紡がれる出来事の総称が人生と呼べるものへと繋がっていきますそしてまた力の有無によって人生が必ずしも一定の方向へと流れていくかといえば決してそんなことはありません強大な力によって囚われる想いもあれば何もないからこそ自由に紡いでいける物事もあります結局のところわたしたちは自身を拠り所とする中でどのような最善何を善行と為すかによってその道すじは導かれていきますいついかなるときも自身の内側に焦点を合わせながらわたしたちなりの光へ向かってどこまでも進み続けて...力の有無に囚われるべからず

  • 賢くなった気になる罠から脱出する

    わたしたちはそれぞれの人生において様々な彩りある景色光ある価値を求める中で知恵と勇気進むべき足取りの取り方など簡素ながらにわたしたちなりの善意を体感するための技術をその身を以って身につけていきますそしてまたわたしたちは誰かから聞く物事や書物からの知識によって他者よりも秀でた気持ちを持ち合わせるときがありますしかしながらその知識等も結局のところは自身の体感と合わせ持ちながら実践で活用しなければ意味を為さないことが多々ありますだからこそ手に入れるだけではなくそこからさらに先どのようにしてこの世界に還元していくかを事細かに観察をしながらわたしたちなりの今そして健やかなる明日をどこまでも紡いでいけるようこの瞬間における知識と知恵を善行への昇華を目指していきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させて...賢くなった気になる罠から脱出する

  • 原初の記憶

    わたしたちはそれぞれにおいて記憶というもを携えながらそれをもとにして価値の構築を行なっていきます記憶というものは自身が見たい世界をもとに彩られていきますそれは事実とは異なる領域において自身の鏡を通して何かしらを見通すということでもありますそれが色眼鏡であったとしても結果として良き因果を紡げるので有ればそれは素晴らしい人生となり得ますだからこそ一つ一つの因果を丁寧に見つめながらその都度の最善最良を目指して今一度この瞬間における最大の感謝を行いながらわたしたちなりの道をどこまでも歩き続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわたしたち自身も豊かで静かな幸せ...原初の記憶

  • 中和作用を自身の中に持つこと

    わたしたちはそれぞれの人生それぞれの生きる道をもっていますがその中において自身の身に降りかかるもの自身の成り立ちのルーツその両者において上手くバランスを保ちながらこの世界を渡っていきます自身がのめり込めばのめり込むほどに偏った見方となり周囲との調和が取れなくなります中和作用とは自分の世界と周りの世界を上手く調和をとりながらその都度の最善を試みることそれが中和として作用していきます独りよがりになることなく調和と共鳴の中で中和作用をもちながらわたしたちなりの健やかなる未来の形成を自身の因果の昇華を目指してこの一度きりの全うを善行によって築き上げていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきまし...中和作用を自身の中に持つこと

  • 流れゆく時間、変化していく時代の中で

    わたしたちはそれぞれの流れゆく時間の中で大切な何かを築き上げていきますそれはわたしたちにとってかけがえのないものご縁ある相手とともに限りある時間を共に過ごすということその継続性によって自身の人生は育まれていきますそれは突然天から舞い降りる恩恵によって人生の全てがガラリと変化するものではなくあくまでも自身の内なる光の発露それによって滲むようにして自身の景色がどんどん変化していくことこれこそが真意でありあるべき姿でありますだからこそわたしたちはこの流れゆく時間変化していく時代の中で自身が良いと想うことを行動へと転換しその都度の最善その都度の最良を目指してこの時をこの瞬間をどこまでも健やかに生き切っていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていき...流れゆく時間、変化していく時代の中で

  • 愛情を込めながら、その物事の声を聞き続けること

    わたしたちは自身の想いを以って事に接していくことができますそれらは感情を起点として様々な行動に転換しながらわたしたちなりの今をそして健やかなる明日を構築していく為にその都度の最善を見極めながらどこまでも進んでいきます愛情を込めていくその一点においてどこまでも深くどこまでも澄み良い心地良さの中で縦横無尽に行動を繰り返していくことそれこそがわたしたちにとってどこまでも深淵なる境地で紡がれる最良の因果となり得ますだからこそわたしたちにとっての最善とは常に今こここの瞬間において愛情を込めながら相手の立場に立ってこの声を真摯に聞き続けることでありますその継続性の中で一つでも多くの豊かさを他者に与え続けながらわたしたちなりの人生の全うをどこまでも目指していきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこ...愛情を込めながら、その物事の声を聞き続けること

  • 感謝を感謝として正しく受け止めること

    わたしたちは常に今を起点としてこの世界を生きていますそれは決して当たり前なことではなくこの今を如何にして生きるかによって因果の構築そして引き寄せる未来は刻々と変化の一途を辿っていきますそれは自身が費やした時間がどのような結末を結ぶのかという壮大なストーリーを体感している最中でもありますその最善さ最良さを求める中でわたしたちが真に没頭するべき物事とは一体何であるのでしょう感謝とは当たり前として享受するものではなくどこまでも主体を以って自身から手を伸ばし続けることその中で手を合わせたくなるような素朴ながらに健やかなる未来へと向かって歩き続けることそれこそがあるがままを受け止める秘訣でもありますいついかなるときも自身の個性たる光の発露を求めながらわたしたちなりのこの瞬間を感謝の要としてどこまでも生き続けていきましょう...感謝を感謝として正しく受け止めること

  • 小さな善良なる一手があなたの人生を作り上げていく

    わたしたちはそれぞれの人生をそれぞれの速さで進んでいきますわたしたちの良いと想うことそれを行動に体現しながらこの人生を作り上げていきます良いと悪いを離れて一つ一つの行動が重力を生み出し相応の未来を引き寄せていきますだからこそ今ここにいることはたまたまなどではなく必然として捉えることによって見えてくるものがありますたとえ些細なる善良なる行為であってもその波紋はたしかに世界に刻みれていきわたしたちが忘れた頃に自身が受け取るようにこの世界は成り立っています善行の波動は目には見えませんし即効性があるものでもありませんしかしながら確かにわたしたちを豊かにしていくものでありますのでそのことを信じて小さな善良なる一手を継続して行い続けていきましょうその継続性があなたの人生を作り上げていきますその一手を以ってして自身の責任をも...小さな善良なる一手があなたの人生を作り上げていく

  • 小さな善良なる一手があなたの人生を作り上げていく

    たしたちはそれぞれの人生をそれぞれの速さで進んでいきますわたしたちの良いと想うことそれを行動に体現しながらこの人生を作り上げていきます良いと悪いを離れて一つ一つの行動が重力を生み出し相応の未来を引き寄せていきますだからこそ今ここにいることはたまたまなどではなく必然として捉えることによって見えてくるものがありますたとえ些細なる善良なる行為であってもその波紋はたしかに世界に刻みれていきわたしたちが忘れた頃に自身が受け取るようにこの世界は成り立っています善行の波動は目には見えませんし即効性があるものでもありませんしかしながら確かにわたしたちを豊かにしていくものでありますのでそのことを信じて小さな善良なる一手を継続して行い続けていきましょうその継続性があなたの人生を作り上げていきますその一手を以ってして自身の責任をもっ...小さな善良なる一手があなたの人生を作り上げていく

  • 整う効用

    わたしたちは時間の中で様々なものを積み重ねていきますその集大成が道となり人生となり得ますその中で整うという観点はわたしたちにとってとても大切な観点でありだからこそ着目する意味はあります整う効用平らにしていくということは物理的だけではなく精神的に気持ちとしてとても効果が高くそれによって相応の未来を引き寄せることにも繋がっていきますわたしたちの人生は様々な物事を同時進行にて進んでいきますが自分なりの整えを重視していく中で気づきの観点健やかなる意志の芽生えを感じながらわたしたちなりの今をそして健やかなる明日を掴み続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわた...整う効用

  • なんとなく生きている奇跡に気づく人たちが増えてくることでありましょう

    これからの時代わたしたちにとって何が最善となるかが明白になってくる時代が到来してきますそれは今までは曖昧であった良心の発露からなる光たる感情愛情や慈悲誠意や善意から来る行為によって自身が生かされているという実感がなんとなくの言葉にならない領域において力強い鼓動となりわたしたち自身の活力となるそんな時代が到来してきます波動はより繊細さを求める中でわたしたち人類がどこまでそれに応えていくことができるのかそれを見守るのはわたしたちにまで道を繋いでくれたご先祖さまであり氏神となる大地の神様でありますいつだってわたしたち自身が主体となり物事の変革は可能となり得ますだからこそ感謝の気づきを以って他者に何を与えていくかを事細かく観察をしながらわたしたちなりのこの人生を感謝一貫で彩り豊かにしていきましょう感謝とともに良心ととも...なんとなく生きている奇跡に気づく人たちが増えてくることでありましょう

  • 自身がどう振る舞うかを常に試されている

    わたしたちは自身の振る舞いによって因果の形成と構築を繰り返していますそれらはわたしたちにとって命の雫となり得るものでありだからこそ常に自身の行動を観察しながらどこへ向かっているのかを把握する必要があります無意識に惰性によって流れていく物事には自身の癖や弱点が反映されていますそれらはわたしたちに残された貴重な時間を無為に過ごすことにも繋がりかねませんそうではなくどこまでも善行一筋によって光を求めていく事その中で自身の個性の発露によって誰かの豊かさの中へと溶け込んでいくことそれそこが人生の本質であり映えある未来を引き寄せる要でもありますいついかなるときも自身の内側の澄み良き声を聞きながら一つずつの善行を積み重ねていきついにはわたしたちにおける天国への道をひた歩きに進み続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたし...自身がどう振る舞うかを常に試されている

  • 理不尽を有難く食する

    わたしたちはそれぞれの道においてときに理不尽に出会うときがありますそれはわたしたちにとって何で自分だけこんな目に遭うのかという不平不満の温床となり得ますが実のところこの理不尽こそがわたしたちにとって都合の良いこと因果の昇華へと繋がっていきます理不尽を理不尽として受け取りながらそれらを上手く流していく術を身につけていくときわたしたちは新たなる境地を見出していくことになりますだからこそ自身にとって不利な状況苦手を有する中で何をもって最善としていくかはわたしたち自身の選択如何でもあり得ます理不尽を嬉々として受け入れながら次なる一手を内なる声に導かれながら打ち続けることそれこそがわたしたちにとって人生の妙理へと溶け込む要因となっていきますいついかなるときも自身の真心を込めながらこの瞬間を生き切る時わたしたちなりの善意の...理不尽を有難く食する

  • 常に良き線引きする習慣をつけること

    わたしたち日本人は曖昧の境地に生きていますそれは白と黒の間を通過していくが如くどっちつかずの線を辿っていきますそれが良きにしろ悪きにしろ日本人の機微と呼べるものでありますがその曖昧さゆえに逆に利用されるときがあります自身の都合を他者に押しつけてくるものを如何にして跳ね除けていくのかそれを行うことによって自身の限られた時間を他者の為に有効活用する道が自ずと繋がっていきます良い線引きとは自身を守ることに繋がり他者への豊かさを与え続けることにも繋がっていきますだからこそ線引きとは答えを明確にすることだけではなく自身の道を確保することにも繋がっていくのですいついかなるときも自身が良いと想うことを実現する為に今一度自身の良心に手を当てながら何をすべきか何を行うべきかを事細かに観察しながらわたしたちなりの今を抱きしめていき...常に良き線引きする習慣をつけること

  • 価値とは、その人の中に響くものに他ならない

    わたしたちはそれぞれの価値の中で揺れ動く感情とともに流れの中で生きていますそれはこの一度きりにおいて何かを紡ぐという行為によって他者に世界に何かを与えていくということでもありますわたしたちが培ったきたものその経験と影響によって自身の見る世界は変化していきます同じ場所同じ時間の中にいても見ている景色はその人によって全く異なりますそこに内包される光を見出すのか不平不満や絶望を見出すのかそれはいつだってわたしたち自身の選択如何によりますだからこそ普段からの積み重ねがとても大切でありこの瞬間をどのような感情を発していくかによってその後の人生の流れも変化していきますどんなに素晴らしい価値であったとしても自身の中で響かなければ通り過ぎていく一方でありますだからこそ今という瞬間に愛情や慈悲を込めて善行の積み重ねと他者への豊か...価値とは、その人の中に響くものに他ならない

  • 油断、慢心があなたの心を蝕んでいく、油断大敵、初心に帰る

    わたしたちは様々な時間の流れの中で何かを培う為にこの世界に生きていますそしてときには何も為せないと嘆く日々があったとしてもこの世界に生きているというその一点だけで奇跡を体感していることをどれだけ認識しているでしょうか今ここにいることこれは決して当たり前なことではなくどこまでも崇高でありそして過去からの集大成を体感しているのが今ここなのでありますそしてまたこの瞬間において因果の更新を繰り返していき肉体を離れるそのときに総決算自身の行いを振り返る瞬間が訪れます順調なときほど油断の芽は次々と芽生えていきそして気づかないうちに慢心は行動に表れてついには大切なものが消え失せてから初めてその大切さに気づくことがあることでありましょうそうではなくいつだって大切なものは今ここに集約していることを再確認していけば自ずと自身が何を...油断、慢心があなたの心を蝕んでいく、油断大敵、初心に帰る

  • 他者との関わりの中で自身を見つめ直していく

    今見えているものは因果の中で紡がれた最善が常に起きているとしても一体どれほどの人が信じるのでしょうか大抵の場合は環境がもう少し良ければ条件がもう少し変化すれば自身が楽になると想う日々の中で生きていますが実はそうではなくいつだって全ては流れの中で構築される運命が人生には往々にしてありますわたしたちに出来ることは今目の前に来たものを感謝で受け止めて恩ある気持ちで送り出していくことでありますときには不平不満が生ずることもありますがそこに囚われていても自身の運命が好転することはありませんわたしたちに出来ることを一つずつ丁寧懇切を目指しながらその都度の最善最良を目指していくことその中で他者との関わりをもう一度見直すとき新たに沸き上がる知恵と冥利がわたしを活かす方向へと導かれていきます今この瞬間を以ってわたしという人間が全...他者との関わりの中で自身を見つめ直していく

  • 表現の場としてこの世界にいる観点

    わたしたちは今このときを以って世界に波紋を広げていきますそれは有限たる時間の中でとてもかけがえのないことでありだからこそわたしたちは自身の身の振り方振る舞い方表現の仕方によって自身の人生を構築していることを知る必要がありますこの世界におけるわたしという存在は唯一無二でありだからこそ自身の活用の仕方を自身で見つけていき生き甲斐たるものを以って進んでいく権利をどこまでも追求していけますこの限りある生をどこまで生き抜くことが出来るのかどこまでの善行を貫くことが出来るのかどのような表現に徹していくことが出来るのかそれらを事細かに観察をしながらわたしたちなり今を健やかなる明日を自身の行動でひきよせながら最後の瞬間まで全うたる人生を目指して生き続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世...表現の場としてこの世界にいる観点

  • 狡猾さと誠実さの狭間にて

    わたしたち人間には様々な性格が備わっていますそれこそしたたかとも取れる柔らかな強さ流れる時間の中で受け取るものと流していくものを明確に分けながらその都度の最善を行なっていくことそれを自身の人生と捉えて自身の責任と捉えて一つずつ確かな歩みを続けていくことこれをわたしたち自身の人生において求められることでありますそしてまた見ていなければ良い辻褄さえ合えば良いで事が流れていくのもこの世界の一片でありますその狭間の中で常に最後の選択を決めるのはわたしたち自身に他なりません狡猾も誠実も自身の一部として汲み取りながら共に歩む決心をするとき全ての活用への道が朧げに浮かび始めますこの世界において唯一無二のわたし自身が何を求めて何を手放していくのかそれを内側に座する良心とともに見極めながらわたしたちの今をそして健やかなる明日を引...狡猾さと誠実さの狭間にて

  • 大器晩成なる心得

    わたしたちはそれぞれの人生においてその速度を保ちながら目的地へと向かっていきますその中において自身の成長を実感しながら楽しみつつ喜びつつ今という瞬間をどこまで手にしていけるのかそれを人生で問われ続けていますたとえ自身の望む成果が表れなかったとしてもこの経過こそがわたしたちの命の雫となっていきますそれを思い出すことによって大器晩成という観点その中において自身の楽しみをどこまでも見出しながら小さな成長小さな礎を確かに気づきながらわたしたちなりのこの一度きりをどこまでも慈悲と愛情誠意と善意を込めて抱きしめ続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわたしたち自...大器晩成なる心得

  • 神一重の仕組み

    わたしたちはそれぞれの信じる道歩き続ける中で何かを見つけては手放してを繰り返していきます偶然の重なりその時々の雲行きによって匙加減とともに運命が決まっていくかのような感覚を得ますがしかしながらわたしたちの目の前に表れる物事とは全てが因果の果て自身の行った行為の清算の為に目の前に表れては変えていくのですだからこそわたしたちはその一つ一つに悩み苦しむのではなくあるがままを受け止める中で自身の在り方振る舞い方によって最良の因果を形成していくことそれが内なる良心の願いでもありますこの世界神一重の仕組みによってわたしたちは常に選択の中で突き動かされていきます有限たる時間の中であと何ができるのかを真摯に受け止めながらわたしたちなりの今を健やかなる明日を引き寄せ続けながらわたしたちなりの人生の全うをそれぞれにおいて目指してい...神一重の仕組み

  • 禍転じて福と為す

    わたしたちは日々の生活の中で様々な行動を通じて営みを繰り返していきますがその中において禍(わざわい)と呼ばれる自身にとっての不幸の産物が目の前に横たわるときがありますそれらはわたしたちにとって自由の反対不自由さを与えるものでありそれは物質的なことだけではなく気持ちとして囚われることその中で有限たる時間を浪費してまで行うべきことは一体何でありましょう幸も禍も表裏一体全ては流れゆくなかで自身の行動によって未来は引き寄せられてきますその中において自身が発する想いその重力によってどこまでも健やかなる時間を頂き続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきましょうそして感謝の継続の中でわたしたち...禍転じて福と為す

  • 自身の相剋と向き合うこと

    わたしたちは自身の気持ちを携えてそれぞれの生き方を行なっていますその中において自身が信じるもの自身が求めるものそれらを総括して今という時間を過ごしていますそしてわたしたちの善良な心欲なる衝動その葛藤の中でわたしたちは限りある生を全うしていきます光と闇興味と無関心それらが渦を巻きながら時間の作用とともに何かを成すことを目的として自身とともに生きることそれこそがわたしたちにとっての最善でありそして最良でありますいついかなるときも自身の全うを目指して最後の瞬間までわたしという人格によってこの世界に豊かさの波紋を広げながらわたし自身の幸せを掴み続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えていきまし...自身の相剋と向き合うこと

  • 他者の人生を眺めながら命の雫を感じること

    わたしたちはそれぞれの人生を歩む中でその流れに身を任せながら自身の信じる道を歩き続けていきますそしてまたわたしたちは他者の人生を垣間見る中で反省と修正を繰り返しながらこの人生をより良くしていこうという想いも持ち合わせていますこの限りある命人生の中において自身が感じるもの心根の発露においてどこまで没頭を繰り返していけるのかそれをわたしたちに内在する良心は事細かに観察をしながらこの瞬間をどこまで輝かせていけるのかを見守っていますだからこそわたしたちにとっての人生とは一度きりの限りあるとても大切なものそのイメージの中でどこまでも育みながらわたしたちなりの未来を構築し続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周...他者の人生を眺めながら命の雫を感じること

  • 目醒めるとき

    わたしたちはそれぞれの生活において自身の求めるべき感情そして行動によってこの瞬間を活用していきますだからこそわたしたちにとっての最善とは今この瞬間の中に詰まっておりその中には愛情も慈悲も誠意も善意も全てが内在しながらわたしという人生の要になっていきますだからこそわたしたちにとっての大切な項目とはこの世界においての地位や名誉ではなくどこまでも澄み良い感情を引き出していくことに他なりませんこの世界においてわたしという存在が何を求めていくのか何を欲していくのかを事細かに観察する中でわたしという人格が作り上げるもの波紋を広げていくものを明確に理解をしていきながらその都度の最善を進んでいけます目醒めとは外側から刺激を受けるのではなく自身の内側から発露されるものでありますそのことを思い出しながら自身の良心の声をどこまでも聞...目醒めるとき

  • 素朴ながらに活用の道を進むこと

    わたしたちはそれぞれにおいてわたしという人格をもとにして様々な物事を構築していきます素朴という例え目には見えなくても確かに浸透していく領域においてわたしたちが求めていくものは自身が良いと想う気持ちを起点として全てが始まります活用の道とは自身のことだけではなく他者を周囲を身の回り全てにおいてささやかな光の発露を求めていくことその素朴さにこそわたしたちの人生の目的が詰まっていますいついかなるときもわたしという軸によって全てが生まれ変わり消滅と再生の繰り返しの中で自身の身の振り方を決めていきますこの瞬間においてわたしが大切にしていくものを一つずつ丁寧に集めながらさらなる先より良い未来を引き寄せられるようにどこまでも良い想いを発し続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこま...素朴ながらに活用の道を進むこと

  • 1秒の1/10の中に生きるということ

    わたしたちは今を生きる生き物でありますそれは過去の人たちが色んな表現で何度もわたしたちに伝えてきていることでありますが伝えられた多くの人たちはその真意を受け取ることなく今日という日も当たり前の中で生活を営んでいます当たり前というのは恩恵や感謝とはかけ離れた領域でありだからこそ不平不満の温床となり得ますそれは人生において罠と呼べる感情であり期間限定の時間の中で健やかなる因果の構築を阻害するものでもありますだからこそわたしたちは日々の生活を恩恵として感じ取ることを求められますがその中において過去や未来に縛られることなく今だけを見つめて今こここの瞬間においてできることを全うし感謝へと導いていくことこれこそがわたしたちにとってとても大切なことでありますいついかなるときも自身の心根を中心としてあとどれだけの善行を積むチャ...1秒の1/10の中に生きるということ

  • 良心の声を吟味する

    わたしたちはそれぞれの内に良心という目には見えない光の声がありますそれは意識さえすればいつだって聞き取ることができ無意識でいれば生きている間に一度として聞き取ることのできない代物であります良心とはそれほどまでに無味透明であり近過ぎるからこそ見えないものであります今この瞬間においてわたしたちが問いかければ必ず応えてくれるものいつだって横にいて支えとなり導くものであることそれらを人生の本質として見つめるときわたしたちにとってさらなる奥深くそして他者への豊かさの還元これらを起点とする中で紡がれる想いこそが昇華であると認識していけることでありましょういついかなるときもわたしたちなりの誠意と善意を以って一つでも多くの善行を重ねる中で自身のオリジナルの個性を育み続けていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性...良心の声を吟味する

  • 信仰

    わたしたちはそれぞれの生活において様々な信仰がありますそれは過去からの積み重ねによる自信であったり外部の神様や自然由来であったり何かしらの依存したり怖れる存在であったりしますその信仰とは太古の昔より人間の感覚により培ってきたものでありだからこそ根拠なく自信をもって間違った信用も可能となるのですそしてまたわたしたちは自身の御霊御魂と良心を慈しみ愛することによって光の発露となるきっかりを作り出すことができます信仰心をもつことはとても大切なことでありますがその出発点を見誤ることのないよう自身の内面へ何度も何度も問いかけながら自身を軸としての導きを全うしていきましょう感謝とともに良心とともにわたしたち自身の個性を開花させてこの世界にどこまでも澄み切った波紋を浸透させていきましょう感謝の心を込めながら周りを笑顔に変えてい...信仰

カテゴリー一覧
商用