searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

takafumiuchinoさんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
takafumi uchino atelier note
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/takafumiuchino/
ブログ紹介文
内野隆文のブログ。サラリーマンアーティスト。作品やアンティークコレクションの紹介など。
更新頻度(1年)

32回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2018/03/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、takafumiuchinoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
takafumiuchinoさん
ブログタイトル
takafumi uchino atelier note
更新頻度
32回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
takafumi uchino atelier note

takafumiuchinoさんの新着記事

1件〜30件

  • UAMOU

    遠い星からやってきた宇宙人の男の子、「UAMOU(ウアモウ)」。ニョキっとツノを生やし、純真無垢な表情でこちらを見つめるつぶらな瞳。お友達のおばけちゃん「BOO(ブー)」と一緒に冒険の旅を続けているらしい。クリエイターの高木綾子さんによる独特の世界観。アンティー

  • 新年のご挨拶 ~つる編~

    つる2020年制作紙にペン15.1×10.5cmつるが3匹やってきました。頭のお皿がツルッと光り、見つめる先には初日の出。今夜はタカの夢を見なくちゃね。*****************内野隆文 公式HP → https://www.takafumiuchino.com/オンラインショップ →

  • ビジュアルアーカイブ本に掲載されました

    ロンドンの画廊「Saint Maison Gallery(サン・メゾンギャラリー)」が監修する現代美術のビジュアルアーカイブ本に、招待作家として掲載されました。選ばれし日本人アーティストの作品画像に加え、作家本人の手書きによる「セルフインタビュー」を掲載した斬新な1冊です。

  • 西の夕陽

    日本の西の果て。そこで見た夕陽はとてつもなく大きく、まばゆく、東京の小さな空に浮かぶそれとは全く違うもののように思えた。沈みゆく太陽は瞬く間に地平線との距離を縮め、そして世界は瞬く間に闇の色に染まる。*****************内野隆文 公式HP → h

  • オキナインコ

    エメラルドのような美しいグリーン、尾っぽにかけてはこれまた美しいブルーも混じっています。内野が待ちわびていると言っても過言ではない、「antique Salon」さんが主宰する「博物蒐集家の応接間」。毎年神保町で開催されるアンティークイベントです。会場いっぱいにコレク

  • 無題

    無題2018年制作アクリル3F無題の作品が多いのは、見方を限定せず鑑賞者の想像力に委ねているため。キャンバス裏(木枠)に複数の日付が書き込まれた作品は、一度完成した作品が気に入らず描き直したことを意味する。逆さまのサインがあるのは、描き直した時に作品の上下

  • 無題

    無題2019年制作アクリルSM画面の凹凸や金属のような質感は、すべてアクリルで表現されている。ほの暗く静かな光には、仏画や深い森の神聖さがある。Complicated matière and metallic texture are completely expressed by using acrylic paint.The light with darkness

  • Art Life Tokyo×中目黒LOUNGE 共同展示、終了しました

    注目の日本人アーティストをSNSで紹介している「Art Life Tokyo」様より、以前作品を掲載していただいたご縁で、今回展示のお誘いを頂戴しました。中目黒の駅から徒歩数分という抜群の立地に構える「中目黒LOUNGE」。美味しいお料理やドリンクを楽しみながら、定期的に入れ替

  • 展示のお知らせ

    「Art Life Tokyo × 中目黒LOUNGE 共同展示」https://nakameguro-art.com/2020年9月21日(月)-27日(日)​中目黒LOUNGEhttps://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13091987/東京都目黒区上目黒3-6-18 TYビル1F「中目黒駅」より徒歩3分​Open 12:0

  • ともだち

    くまさん2019年制作紙にペン22.8×16.7cm2010年春、東京にやってきた私に友達ができた。彼は会社の寮のとなりの部屋に住んでいた。寮は2階建ての木造アパートで4部屋しかなく、私は101号室、彼は102号室だった。私の方が3つ年上だったが、彼は私を「

  • 無題

    無題2018年制作アクリル3F海の底の泡を思わせる作品。輪郭だけを残した泡の表現は、作者のオリジナルの技法である。This artwork looks like the bubbles at the bottom of the sea.The expression of the bubbles with only its outline is entirely original techniqu

  • 壁紙の見本帳に作品が掲載されました

    このたび内野の作品を壁紙の見本帳の撮影に使用していただきました。●ルノン株式会社『ルノンホーム 2020-2023』https://ssl.runon.co.jp/home/「ホテルライクな居室に住む人のこだわりのアイテム」というコンセプトでお選びいただいたとのこと。ありがたいご縁に

  • 江戸時代の大黒天様

    大黒天体長12.5cm、ウェスト20cm江戸時代生まれ内野のコレクションではちょっと珍しいこちらの和骨董、千駄木の「Gallery ULALA」にて出会った逸品です。一木彫りで浮かび上がる姿は粗削りで、円空を思わせる素朴な佇まいです。福徳開運の神様と言われる大黒天、右手に

  • 無題

    無題2016年制作アクリルSM絵を描き始めた頃(2016年)の作品。初期の作品の特徴は、少ない色数と絵の具を激しくキャンバスに叩きつけるスタイルにある。It is made in 2016, when I stated painting.The expressing style with strongly splashed limited colors on

  • 無題

    無題2019年制作アクリル3F墨より深い闇にわずかな光。月明かりに照らされた鉄の板のように冷たく鈍い光だとしても、光はぬくもりとして、きっと誰かの心を癒すのだ。There is a light in the darkness.Although the light is cold, it will bring happiness to the peo

  • 星空

    星空2019年制作アクリル3F紛れもない星空である。空のすき間からは錆びた鉄が覗いている。鉄は都市を成す基礎となるものだ。夜の空と鉄の都市。ここから星は見えなくても、きっと都会の空にも星は瞬いていることの静かな喜び。This is a truly starry sky. There is a r

  • 岩塩の鉱物標本

    1900年前後のオランダのものと思われる標本瓶。お馴染み、名古屋の「antique Salon」で譲っていただきました。ゴロゴロと入った大粒の岩塩。吹きガラスの技法で作られた瓶は味わい深く、ラベルにはオランダ語とフランス語で何やら文字が書かれています。朽ちた封印がいっ

  • 無題

    無題2016年9月制作アクリル3Mわずか3色から成る本作。フラットに塗られた暗いブルーの下地に、ブロンズとオリーブグリーンをたった一度ずつ放った。やり直しのきかない鮮烈な書のような日本的美意識を感じさせる。This artwork is only created with three colors. U

  • ミニチュア作品ができた!

    コロナの影響を受け、自宅待機を余儀なくされたここ1か月で、ミニチュア作品40余点ができあがりました。主に段ボールに着彩した小さな作品たちを、内野隆文 公式HP「Works」内の「Cardboard」に追加しました。こちらからご覧ください。 → こちら************

  • 無題

    無題2018年11月制作アクリル3Fどことなく風水の太極図を思わせる。太極図は森羅万象が陰と陽のバランスの上に成り立っていることを示す図形である。作品中の赤と青は対立し、共存し、まるで太極図の陰と陽のように異なる2つの力が渦巻き、世界の全てを形作っている。T

  • 男の隠れ家デジタル

    ●『男の隠れ家デジタル』以前取材を受けた『男の隠れ家』のウェブマガジンに、アトリエが掲載されました。素晴らしい写真と文章で、こだわりの空間をご紹介いただきました。ぜひご覧ください。『男の隠れ家デジタル』 → こちら*****************内野隆文

  • 金魚

    「金魚」2020年紙にアクリル、ペン15.2×10.4cm蒸し暑い夏の夜に、祭りの屋台で金魚すくいをすることになった。十匹近くとれた金魚は、その日はとりあえず洗面器へ。翌日、私は重たい水槽を買いに行くはめになった。金魚すくいの金魚は初めから弱っていたり、病気

  • ぼくの窓

    「city」2017年キャンバスにアクリル0F私のマンションの窓は通りに面していて、24時間動く人の姿を見ることができるのはちょっとした自慢だ。それはたくさんの木々が風に葉を揺らしているのと同じくらい、私の心を慰めてくれる。ちょっと遅く起きた日曜の朝に(遅い

  • 作品が音楽のカバーアートになりました

    このたび内野の作品が、ミュージシャン「Social Loafing」の新曲、「Space Odyssey」のカバーアート(シングルカバー)になりました!未来的宇宙の旅を思わせる曲と、内野の抽象表現が意外にもぴったりマッチしています。Spotify、apple music、i tunes、Google Play、deezer

  • 219公募展、終了しました

    表参道駅から小道に少し入ったところにある可愛らしいギャラリーニイク。ギャラリーにとって初の試みとなる公募展。新たな作家との出会いを求めて広く作品を募った本展には、様々なジャンルの作品が集まりました。内野は小品4点を出品。表参道の明るく賑やかな雰囲気にマッ

  • グループ展のお知らせ(スペイン・マドリッド)

    スペイン・マドリッドの「VAN GOGH ART GALLERY」にて、作品を展示中です。「COLLECTIVE ART SHOW」2020年2月24日(月)ー3月6日(金)会場:VAN GOGH ART GALLERYhttp://www.vangoghartgallery.es/遠いヨーロッパの地で、たくさんの方に見ていただけることを祈って

  • 君よ、怒れ

    「無題」2018年キャンバスにアクリルSM怒りはあるか。負けて、負け続けて、負け犬になって、怒りを忘れてはいないか。怒りは世界に打ちのめされて打ちひしがれるのではなく、おのれを奮い立たせ、立ち向かうための最も強いエネルギーだ。自分が正しいと信じる領地を、不

  • グループ展のお知らせ

    「219公募展」2020年2月15日(土)-20日(木)ギャラリーニイクhttps://www.gallery219.com/東京都渋谷区神宮前4-2-19東京メトロ「表参道」駅より徒歩2分​Open11:00〜19:00(最終日は17:00まで)ギャラリーと作家との出会いがテーマの展覧

  • suumoリフォーム

    ●『suumoリフォーム 実例&会社が見つかる本』首都圏版 SPRING 202038‐39ページ「RUSTIC」リフォーム情報誌『suumoリフォーム』に、アトリエが見開きページで紹介されています。素材や質感にこだわり、旬のスタイルを追求した全18邸のひとつに選んでいただきまし

カテゴリー一覧
商用