searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

エポック嵩さんのプロフィール

住所
鞍手町
出身
若松区

健康野菜で健康増進。不健康な野菜では、健康管理に不向き。作物の健康野菜栽培で重要な土作り。生育ステージで軟弱に徒長(未消化の硝酸態窒素)すると、病害虫の被害を受けます。肥料の有効活用を特殊肥料の熟成発酵アミノ酸液肥(リズム3)活力活性液の葉面散布で生育(栄養成長/生殖成長)コントロール。健康野菜(高たんぱく質の高品質)に体質改善で多(増)収穫を実現して、夢のある豊かな潤いある健康生活を目指します。

ブログタイトル
健康野菜作りを健康大地作りからこだわる。
ブログURL
https://store.shopping.yahoo.co.jp/9-9store/
ブログ紹介文
安全・安心・美味しい健康野菜作りを健康大地作りからこだわり、夢のある/豊かな/潤いある健康生活を目指します。
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2018/03/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、エポック嵩さんをフォローしませんか?

ハンドル名
エポック嵩さん
ブログタイトル
健康野菜作りを健康大地作りからこだわる。
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
健康野菜作りを健康大地作りからこだわる。

エポック嵩さんの新着記事

1件〜30件

  • 失敗しない慣行農法で「高品質に多収穫」

    高品質に多収穫「ジオバンクメソッド」とは慣行栽培では、主に化成肥料を使用して作物を生産しています。作物は、施用された化成肥料を光エネルギーを用いて、アミノ酸を合成しタンパク質の生成します。「ジオバンクメソッド」の微生物酵素が、生育ステージ毎に効率よく硝酸態窒素をコントロールして、高品質(糖度アップ,日持ち向上,フレーバーな食味)に多収穫がでます。豊富な栄養源は、炭水化物,根酸,生理活性生成物,抗酸化物質にも活用ができて、病害虫に抵抗できる強い体質を作りに転換できます。原理,原則の法則に基づく「ジオバンクメソッド」①微生物還元と太陽熱処理による、「土作り微生物」活用土壌団粒を形成と、微生物層改善で土壌病の抑制と軽減②ミネラルの供給による、野菜作り「酵素」活用生育ステージ毎に硝酸態窒素をコントロール③葉面散布による...失敗しない慣行農法で「高品質に多収穫」

  • サイト再構築中です❗

    http://part042.oops.jp/34172_epoch5/微生物酵素で、野菜作り土作り「ジオバンクメソッド」更新中❗安全,安心,美味しい、高品質に多収穫で「夢のある豊かな潤いある」農業ビジネスを叶える。サイト再構築中です❗

  • ホームページ制作中

    http://part042.oops.jp/34172_epoch3/ホームページ制作中

  • 「リズム3」アミノ酸 葉面散布

    葉面散布のねらい収穫物の品質向上や草勢や樹勢が弱いとき、根の機能が低下したときや生理障害が現われたときなどに、速効的に使われています。葉面散布で、発根や活着を促し旺盛に肥料を吸収させ、作物を大きくしているのです。アミノ酸酵素剤は、品質向上、発根作用を促進で葉物野菜や果実に多く使われています。生命活動の根幹に重要なミネラル、十分に供給されることで細胞分裂は活発になり、生命活動を支える酵素の働きが旺盛になります。土壌施用で調整をするには、高度な知識と技術が必要になります。過剰投与による障害もでやすいため、葉面散布でミネラル分をコントロールすることは重要です。葉や茎からも養分を吸収させ、葉面や土壌微生物にも活力を与える、「リズム3」アミノ酸酵素剤は画期的な特殊肥料です。※生育状況を見ながら、適切な微量要素や窒素コント...「リズム3」アミノ酸葉面散布

  • 「リズム3」アミノ酸酵素剤

    酵素とタンパク質「リズム3」アミノ酸酵素剤は、高次のアミノ酸化合物(タンパク質)で、遺伝子の設計図によりアミノ酸が多数連結(重合)した高分子化合物です。生体内で起こる全ての生命活動・代謝は、必須分子の「酵素」が触媒の働きで、化学反応を旺盛に促します。タンパク質は、水の次に多い生体成分で、生体の約20%を占めます。生命の根底をつくる大切な栄養素がタンパク質で、最小単位がアミノ酸です。タンパク質の構成成分だけでなく、アミノ酸自体が生体内の生合成に機能します。酵素を作るための材料は、タンパク質ですからアミノ酸のことですね。良質なアミノ酸がなければ、作り上げることは不可能なのです。アミノ酸には、個別の働きがあります。アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン・アルギニン)は、エネルギー代謝と関わり、アルギニンは成長ホルモ...「リズム3」アミノ酸酵素剤

  • 硝酸態窒素を活用で、高品質に多収穫メソッド

    硝酸態窒素を有効活用-土づくりから野菜作り農法【ジオバンクメソッド】高品質に多収メソッド『ジオバンクメソッド』のポイント・土作り微生物・苗作りミネラル・株作り酵素このメソッドは、大量の窒素を投与出来ることである。野菜を増収穫するには、収穫量に見合った窒素が必要とされます。効率よく生産するには、植物(光合成/生合成)の生産性を高める必要があります。そのために、酵素の働きを活用して、リン酸やカルシウム/マグネシウムなどの、ミネラルを多く施用することになります。(窒素後追い)高性能な体力強力の緑化、この弊害を除去すべく、根作りと葉(株)作りを親株から育苗期で、充実した体質作りが重要です。栄養成長期に思い切って、窒素を活かすこと。成長期の窒素は、尿素などの高成分の窒素肥料を「リズム3」と混用で葉面散布する。葉面散布に際...硝酸態窒素を活用で、高品質に多収穫メソッド

  • 硝酸態窒素を有効活用

    高品質に多収メソッド『ジオバンクメソッド』のポイント・土作り微生物・苗作りミネラル・株作り酵素このメソッドは、大量の窒素を投与出来ることである。野菜を増収穫するには、収穫量に見合った窒素が必要とされます。効率よく生産するには、植物(光合成/生合成)の生産性を高める必要があります。そのために、酵素の働きを活用して、リン酸やカルシウム/マグネシウムなどの、ミネラルを多く施用することになります。(窒素後追い)高性能な体力強力の緑化、この弊害を除去すべく、根作りと葉(株)作りを親株から育苗期で、充実した体質作りが重要です。栄養成長期に思い切って、窒素を活かすこと。成長期の窒素は、尿素などの高成分の窒素肥料を「リズム3」と混用で葉面散布する。葉面散布に際しては、徒長を防ぐ手法として、リズム3の葉面散布が重要です。根作り/...硝酸態窒素を有効活用

  • ミニトマト高品質に多収メソッド

    高品質に多収メソッド学名:Solanumlycopersicum、和名/別名:トマト(蕃茄/赤茄子/六月柿)英名:Tomato原産地:中南米アンデス山脈高原地帯生産地:ペルーやエクアドル、コロンビアなど分類:ナス科属名:トマト属発芽地温:25~28℃前後生育適温:25~30℃好適土壌pH:6.0〜6.5連作障害:あり/輪作年限3〜4年〇特徴日本に渡来したのは江戸時代で、当時は観賞用でした。明治初期に食用として用いられ、昭和初期から広く栽培されるようになりました。果実の大きさによって、大玉トマト・中玉トマト・ミニトマトに分類されています。初めてトマトを作る場合は、ミニトマトがおすすめ。〇品種ニトマトの品種はアイコ,イエローアイコ,千果,CF千果,千果99,CFココ,ペペ,キャロルパッション,キャロルスター,オレン...ミニトマト高品質に多収メソッド

  • 2020/09/24

    2020/09/24-土づくりから野菜作り農法【ジオバンクメソッド】レタスの豆知識学名:LactucasativaL.和名/別名:レタス(ちしゃ)英名:GardenLettuce原産地:地中海沿岸から中近東、生産地:インド、西アジアなど分類:キク科属名:アキノノゲツ属一年草または越年草レタスは虫の害も少なく、育てやすい。発芽地温:20℃前後生育適温:15~20℃好適土壌pH:6.0〜6.5連作障害:あり/輪作年限2〜3年特徴レタスの種類には、結球(玉)レタス、半結球性のサラダ菜やコスレタス(ロメインレタス)、結球しないリーフ(葉)レタスやステム(茎)レタスなどがあります。比較的冷涼な気候を好み、生育期間の温度が高いと花芽ができ、トウ立ちします。酸性が強い土を嫌うので、必ず苦土石灰を散布して土壌酸度を中和しておき...2020/09/24

  • 2020/09/24

    レタスの豆知識学名:LactucasativaL.和名/別名:レタス(ちしゃ)英名:GardenLettuce原産地:地中海沿岸から中近東、生産地:インド、西アジアなど分類:キク科属名:アキノノゲツ属一年草または越年草レタスは虫の害も少なく、育てやすい。発芽地温:20℃前後生育適温:15~20℃好適土壌pH:6.0〜6.5連作障害:あり/輪作年限2〜3年特徴レタスの種類には、結球(玉)レタス、半結球性のサラダ菜やコスレタス(ロメインレタス)、結球しないリーフ(葉)レタスやステム(茎)レタスなどがあります。比較的冷涼な気候を好み、生育期間の温度が高いと花芽ができ、トウ立ちします。酸性が強い土を嫌うので、必ず苦土石灰を散布して土壌酸度を中和しておきます。根は細かく、浅いので、乾燥や過湿に注意しましょう。発芽には、光...2020/09/24

  • ハクサイを高品質に多収メソッド

    アブラナ科ハクサイ・ハクサイは、地中海沿岸が原産地とされており、原種であるブラッシカ,ラパは、紀元前の中国に伝わると栽培されるようになり、様々な野菜を生んだ。・日本には、江戸時代以前から度々渡来したが、強い交雑性のため品種を保持できなかった。・正式にハクサイが日本に渡来したのは、明治時代の初期で中国の山東省からであり、本格的に栽培が行われるようになったのは、日清,日露戦争に従軍した兵士たちが持ち帰ってきてからといわれている。・当初は、結球させるのが難しく、試行錯誤だったようである。・その後、宮城県や愛知県、石川県で結球性の高い品種の育成に成功したことで、大正時代から昭和初期にかけて一気に全国に普及した。形態的特性根・ハクサイは、レタス,キャベツと比較して、地上部の割に根量が少なく、水分の消費量が大きい特徴がある...ハクサイを高品質に多収メソッド

  • 2020/09/22

    イチゴを高品質に多収メソッド-土づくりから野菜作り農法【ジオバンクメソッド】基本的栽培技術基本情報植物名:イチゴ学名:Fragaria×ananassa英名:Strawberry科名:バラ科属名:キジムシロ属(ポテンティラ属)原産地:北アメリカ、チリなど分類:多年(宿根)草、耐寒性、草本栽培のスタート:親株管理から育苗(苗作り)日照条件:日なた生育適温:17~25℃果実の成熟適温:15~20℃水やり:乾燥に弱い、少量多回数の水やり特徴:低温処理で1番果の花芽誘導、開花時、結実後は雨に当てない。樹高:草丈(20~30㎝)『高品質に多収』の基本的な考え方産地(地域/設備/作型)や品種の特性を最大限に人為的コントロールをメソッドで行います。『ジオバンクメソッド』※自然まかせ/品種まかせに、しない!1)微生物による、堆...2020/09/22

  • イチゴを高品質に多収メソッド

    基本的栽培技術基本情報植物名:イチゴ学名:Fragaria×ananassa英名:Strawberry科名:バラ科属名:キジムシロ属(ポテンティラ属)原産地:北アメリカ、チリなど分類:多年(宿根)草、耐寒性、草本栽培のスタート:親株管理から育苗(苗作り)日照条件:日なた生育適温:17~25℃果実の成熟適温:15~20℃水やり:乾燥に弱い、少量多回数の水やり特徴:低温処理で1番果の花芽誘導、開花時、結実後は雨に当てない。樹高:草丈(20~30㎝)『高品質に多収』の基本的な考え方産地(地域/設備/作型)や品種の特性を最大限に人為的コントロールをメソッドで行います。『ジオバンクメソッド』※自然まかせ/品種まかせに、しない!1)微生物による、堆肥作り/土づくり・地力窒素(基肥)を最大限に上げる2)肥料(五大栄養素)の機...イチゴを高品質に多収メソッド

  • 発根を促す、葉面散布

    葉面散布の狙いアミノ酸肥料や堆肥の他に、補助資材としてミネラルの微量要素やチッソの代用で、アミノ酸の葉面散布剤を使うことがあります。葉面散布は、農作物の品質向上や草勢や樹勢などが弱いとき、根の機能が低下したときや生理障害が現われたときなどに、速効的な効果を期待して使われています。葉面散布して、数時間のうちに根に運ばれて、翌日には何cmか根が伸びているくらい分子構造が小さくて、動きの速いものを使う必要があります。発根を促す葉面散布を行なうのは、根の周りのアミノ酸肥料やミネラル肥料を十分に与えて、吸収/転流を促し生育を助けることです。葉面散布剤でよくある思い違いは、葉面散布剤がチッ素肥料源として吸われて作物が元気になるのだということです。葉面散布のチッ素量は少ないから、そのチッ素が葉や茎、実のタンパク合成に直接関わ...発根を促す、葉面散布

  • 発根を促し、活力を活性するミネラルと酵素

    土づくりに、微生物を活用することをおすすめします。同じ作物を継続して栽培すると、健全な栽培が続けられず、収穫量や品質に悪影響が及ぶ「連作障害」が起こります。土壌中の微生物の生態バランスが偏ることで、作物を育てる土を保つことができなくなることです。微生物活性に有機物資材を活用すると、微生物バランス整えることで、土壌の状況を好転させることができます。堆肥化の有機物が、土壌微生物が繁殖するための餌となり、生物相への良い影響があり、堆肥の投入が“ふかふか”で“通気性、保水性、排水性のある”土壌になります。優良堆肥作り「ペサージ」・嫌気性菌をベースに、好気性菌配合ラクトバチルス菌,放線菌,ミクロコッカス,バチルス菌その他、有用菌70種類以上の雑菌/野生菌の増殖を抑制し、有機物分解機能に優れた菌を主とした製品です。■微生物...発根を促し、活力を活性するミネラルと酵素

  • 野菜作り酵素『リズム3』

    葉面散布で、体質改善高品質に多収するには、肥料を効率よく同化させるチカラです。◎肥料(窒素/リン酸/カリ)にカルシウム/マグネシウムを生育ステージ毎に有効活用が必要です。・窒素(N)窒素は、アミノ酸やタンパクの原料「葉肥」とも呼ばれ、葉や茎の生育を促進します。・リン酸(P)能動化学反応のエネルギーやカルビン回路の基盤「実肥」とも呼ばれ、実を太らせる、花をたくさんつける効果があります。・カリ(K)カリは、細胞膜での浸透圧調整機能「根肥」とも呼ばれ、根や茎を丈夫にし、耐病性を高めます。・カルシウムカルシウムは、植物の細胞壁を強くし、病気に強くなります。根張りや光合成能力を高めるため、肥料の吸収率が高くなり収穫が増えます。・マグネシウムマグネシウムは、植物の生命活動を支えるミネラル(必須元素)のひとつで、植物の光合成...野菜作り酵素『リズム3』

  • 2020/09/12

    生産者のチカラ-土づくりから野菜作り農法【ジオバンクメソッド】発根を促す、葉面散布葉面散布の狙いアミノ酸肥料や堆肥の他に、補助資材としてミネラルの微量要素やチッソの代用で、アミノ酸の葉面散布剤を使うことがあります。葉面散布は、農作物の品質向上や草勢や樹勢などが弱いとき、根の機能が低下したときや生理障害が現われたときなどに、速効的な効果を期待して使われています。葉面散布して、数時間のうちに根に運ばれて、翌日には何cmか根が伸びているくらい分子構造が小さくて、動きの速いものを使う必要があります。発根を促す葉面散布を行なうのは、根の周りのアミノ酸肥料やミネラル肥料を十分に与えて、吸収/転流を促し生育を助けることです。葉面散布剤でよくある思い違いは、葉面散布剤がチッ素肥料源として吸われて作物が元気になるのだということで...2020/09/12

  • 生産者のチカラ

    発根を促す、葉面散布葉面散布の狙いアミノ酸肥料や堆肥の他に、補助資材としてミネラルの微量要素やチッソの代用で、アミノ酸の葉面散布剤を使うことがあります。葉面散布は、農作物の品質向上や草勢や樹勢などが弱いとき、根の機能が低下したときや生理障害が現われたときなどに、速効的な効果を期待して使われています。葉面散布して、数時間のうちに根に運ばれて、翌日には何cmか根が伸びているくらい分子構造が小さくて、動きの速いものを使う必要があります。発根を促す葉面散布を行なうのは、根の周りのアミノ酸肥料やミネラル肥料を十分に与えて、吸収/転流を促し生育を助けることです。葉面散布剤でよくある思い違いは、葉面散布剤がチッ素肥料源として吸われて作物が元気になるのだということです。葉面散布のチッ素量は少ないから、そのチッ素が葉や茎、実のタ...生産者のチカラ

  • 2020/06/29

    「リズム3」アミノ酸酵素剤「リズム3」の使い方-土づくりから野菜作り農法【ジオバンクメソッド】「リズム3」の、はじめ方・使用する資材の「リズム3」特殊肥料は、多種多様な微生物と生理活性の生成物アミノ酸を主体とした酵素液です。・「リズム3」のアミノ酸酵素液は、植物の生体バランスを整え、植物の健全な生育を促す栄養分を効率よく活用で、病害虫に強い体質を改善する。・「リズム3」特殊肥料中には、多種多様な微生物が生成(生理活性)物で、植物のチカラだけでは同化できない栄養分を、体力を消耗することなく効率よく、吸収/同化/転流/貯蔵させます。・「リズム3」特殊肥料は、全ての農産物を高タンパク質の高品質に多収穫を目指しています。・窒素肥料を効率よく効かせて、健全な生育を促進する養分に好転させ、農産物を高品質に安定した収穫で農業...2020/06/29

  • 「リズム3」の 使 い 方

    「リズム3」の、はじめ方・使用する資材の「リズム3」特殊肥料は、多種多様な微生物と生理活性の生成物アミノ酸を主体とした酵素液です。・「リズム3」のアミノ酸酵素液は、植物の生体バランスを整え、植物の健全な生育を促す栄養分を効率よく活用で、病害虫に強い体質を改善する。・「リズム3」特殊肥料中には、多種多様な微生物が生成(生理活性)物で、植物のチカラだけでは同化できない栄養分を、体力を消耗することなく効率よく、吸収/同化/転流/貯蔵させます。・「リズム3」特殊肥料は、全ての農産物を高タンパク質の高品質に多収穫を目指しています。・窒素肥料を効率よく効かせて、健全な生育を促進する養分に好転させ、農産物を高品質に安定した収穫で農業経営にビジネスの実現を目指しての製品化です。「リズム3」のできること・慣行農法と言っても、農薬...「リズム3」の使い方

  • 実 践「ジオ バンク メソッド」

    「土づくり」で多収穫、「野菜作り」は高品質に安定生産を持続して稼ぐ。いろんな資材を使っても、結果が出ない。……仕様が、間違い?……それとも、使用量が足りないの?いろんな情報を収集して、取込んで作業をしている。……なぜ、思った以上に、稼げないの?ポジティブに頑張っているけど、何が足りない。……まだ…作業量が、足りないの?……まだ…情熱が、足りないの?何が、足りないのだろうか?……ただ、コツコツと経験だけを積み重ねてきたが・・・……ジワジワと…体力が落ちて、気力もおちてくる?早くこんな生活から、抜け出したい!いかがですか?このような、様々なご相談やお悩みが、私の耳に届くのですが。”一度ドカッと稼げた”だけでは、単なるラッキーパンチで次がない。そんな現実を目の当たりにして、不安になることもある。その一方で、毎年…収益...実践「ジオバンクメソッド」

  • 農業用 微生物 資材「サン パック」

    嫌気性菌「サンパック」で土づくり田畑には、小石や砂,粘土,鉱物,火山灰など、様々なものが混在している。実際は、植物が枯れたものや、落ち葉、虫の死骸、排泄物などの有機物と言われるものが、土中の微生物やミミズなどによって分解・再合成されたものが、土の主成分である。土壌の物理性/化学性に土壌の微生物相改善及び土着菌の活力を活性。・有機物分解促進(未熟堆肥発酵/残渣分解促進)・土壌改良(土壌団粒形成促進/土壌pH矯正)・植物栄養分的効果(窒素固定/有機態窒素の無機化/硝化活性/リンの可溶化)・植物の生育促進(ホルモン類/ビタミン類の生成)・土着菌活性(窒素固定根粒菌/リン溶解菌/硝酸化成菌)・土壌病害中防除(土壌病原菌/線虫抑止作用)※発根促進・土壌の改善、日照不足、冷害の生育不良、花芽誘導/促進、果実の色・糖度・収量...農業用微生物資材「サンパック」

  • 野菜作りや果実栽培用の農業用酵素

    酵素効果人類をはじめ、地上の生きとし生けるものすべて、より良く生きるために必要なものは、大自然の恩恵によって、生かされています。植物には、単なる野菜の域を超える、生薬や漢方薬の機能性物を持つ野菜が出現しました。自然環境(光,空気,水,気温)の違いで、また微生物群の働きによる生成物で、植物は独自の進化をしてきました。アミノ酸,核酸,タンパク質の機能性を果たした多様な役割は、細胞の新陳代謝を酵素が担っているのです。各野菜には、複雑多彩な生体維持機能を最も根幹部分から支える酵素が、生きていくうえで欠くことが出来ません。光合成で育った野菜に、優れた酵素が何千,何万種類と存在して、生命のメカニズムに酵素反応が連続するのです。植物(作物)生育期で、肥料吸収と光合成のバランスが崩れると、酵素反応が健全に保てなくなり、免疫力た...野菜作りや果実栽培用の農業用酵素

  • リズム3は、起爆剤

    リズム3で、葉が変わる・受光性の機能が向上葉を変えると、体質が変わる・体力強化で免疫力が向上体質を変えると、病気が減る・硝酸が効率よく炭水化物に移行病気を減らすと、ロスが減る・豊富な炭水化物で品質向上ロスを減らすと、コストが減る・減農薬栽培が可能リズム3が効くと、多収穫に・窒素の有効活用でリズム3が効くと、高品質に・ミネラルが動くYahooショッピングサイトリズム3は、起爆剤

  • 農業用の微生物資材

    嫌気性菌の活用嫌気状態で発生する有害物質(硫化水素やメルカプタンなど)をエサに、光合成細菌は増殖していきます。また腐敗で生み出された成分でも微生物(嫌気性菌)が無害化して、有用なものに変えたりするため、良質な土づくりや堆肥づくりには、有用微生物(好気性菌と嫌気性菌)の連携が欠かせないものです。例えば、農作物の野菜を育てるのに「窒素肥料」は重要です。その反面、環境(地下水)汚染を深刻化させる、原因にもなっている現状があります。そんな中、「光合成細菌」に着目して、研究成果が今話題になっています。この研究成果により、将来は窒素肥料ではなく「空気」を肥料にすることが、期待されています。「窒素」は、植物や動物のタンパク質の構成要素であり、植物を大きく生長させるはたらきがあります。空気中の窒素を肥料成分として、変化させる能...農業用の微生物資材

  • ジオ バンク メソッド

    植物や生産者をサポート生産者農家向けに、「高品質に多収穫」をサポート夢のある,豊かな,潤いある、健康生活を目指します。消費者向けに「安全,安心,美味しい野菜」を低価格で元気野菜,機能性野菜で、健康寿命に社会貢献します。土や作物を微生物が元気に有機物の腐植化植物体の組成と分解に関連微生物は、動物体は酵母菌が主で、植物体では細菌/糸状菌の種類です。例えば、動物の主成分であるタンパク質は、タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)によって、分解されてアミノ酸になります。脂肪は、リパーゼによって分解され、脂肪酸とグリセリンになります。植物では、主成分の炭水化物の一種のセルローズは、セルラーゼによって分解されて、ブドウ糖になります。このようにして、生成されたアミノ酸/脂肪酸/グリセリン/ブドウ糖などは、微生物が直ちに菌体に取込み...ジオバンクメソッド

  • 酵素で、微生物や植物が活力を活性

    植物の生育促進■微生物由来の酵素とペプチドの配合で、強靭な根を促し土壌環境作りで発根/活着、及び老化根の賦活を促します。■光合成細菌が分泌するアミノ酸には、プロリンが多く含まれています。■植物の花芽形成や着果時にウラシル・シトシンが、作物(花数が多くなり)の収穫量や糖含量の増加にもつながります。■赤茶色のカロテノイド色素は、着色やツヤを良くする効果があります。酵素の働き【発根促進・土壌の改善【日照不足、冷害の生育不良に【花芽誘導/促進に【果実の色・糖度・収量が改善【卵質・肉質の改善【連作障害・土壌病害がなくなる【水稲の秋落を防ぐ・蓮根の品質アップ【魚介の養殖に効果【水圏の生物相が豊かになる【果樹の鮮度保持【悪臭物質の除去に1)使用例未熟堆肥の発酵分解(堆肥1トンに対して30リットルのズットデルネProを10倍に...酵素で、微生物や植物が活力を活性

  • 農業用 微生物 農法

    ジオバンクメソッド(土づくり微生物)無機から有機物を合成細菌が出現二酸化炭素の炭素から化学反応で「有機物」が合成される海底に有機物「アミノ酸や核酸」が堆積有機物を「嫌気性細菌」が分解(発酵)嫌気性細菌が光エネルギーを営み、「酸素ガス」放出鉄と酸素ガスと結合、有毒金属と硫黄が結合し沈殿ジオバンクメソッド(野菜作り微生物)生息環境の改善で、真核生物の誕生隆起と共に陸に上がった「微生物」「生物」の爆発的な進化が、陸地へ進出になる陸地では「植物」が、光合成の主役今も、海では「微生物」が主役、陸地では脇役に徹する多種多様に進化した「微生物」は、植物の成長を支える生体内の化学組成アミノ酸でタンパク質を作り「抗体・酵素・ホルモン」生成生体内の酵素(触媒)の働きで、生理活性に相互作用リン酸は「核酸・ATP・細胞膜」の主成分核酸...農業用微生物農法

  • 農業用 生産資材 9-9 ストアー

    土づくりから野菜作り微生物由来の酵素微生物資材の利用目的土壌中のリン酸の有効活用で、作物(植物)の品質が良くなる。◆微生物由来の生理活性物質の生成1)ビタミン類の生成2)成長ホルモンの生成3)抗生物質の生成◆腐植化の役割1)無機養分の放出2)団粒の形成3)イオン交換容量の増加4)緩衝力の増大/改善5)キレート化合物の有効化を高める植物体内のリン酸が効くDNA(デオキシリボ核酸)遺伝情報伝達物質RNA(リボ核酸)タンパク質合成装置リン脂質生体膜の構成成分ATP(アデノシン三燐酸)高エネルギーリン酸化合物糖燐酸エステル低エネルギーリン酸化合物無機燐酸代謝調節機能とリン酸貯蔵物質フィチン酸親から子への財産含燐補酵素酵素作用に寄与する※多種多量の有用微生物群による、生理活性物質の生成は、農産物(植物)の生育や品質/生産...農業用生産資材9-9ストアー

  • 野菜を高品質に、多収穫で稼ぐ

    野菜を高品質に多収穫は「堆肥づくり」から牛糞や鶏糞を用いた動物性の堆肥と、植物性堆肥があります。植物性堆肥は、動物性堆肥と比べて、一般的に効き目が緩やかで、時間をかけてその効果を発揮します。植物性堆肥は、栄養素や微生物のバランスが崩れにくいために、病害虫や土壌病(生理障害や連作障害)などのリスクは低いです。また発芽障害なども起こしにくため、堆肥を撒いて、すぐに種まきや苗の植え付けができるのも特徴です。有機物の腐植化は「高品質に多収穫」植物性堆肥を活用して、土着菌を増やし土壌の生態系を豊かに、また必要な栄養素を取り込んだり、土を柔らかくしたりといった、役割を果たしてくれます。特に植物性堆肥の大きなメリットは、微量栄養素ミネラルの吸収がずば抜けて良く、化学肥料や動物性堆肥ではバランスよい土づくりを行う事が難しく、植...野菜を高品質に、多収穫で稼ぐ

カテゴリー一覧
商用