プロフィールPROFILE

kimiko-waさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ふつーの日、大事な日
ブログURL
http://futuuno-hon-kimono-suisai.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
札幌在住、母と二人暮らしのふつーの日々。 ときどき本と着物と水彩画
更新頻度(1年)

83回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2018/03/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kimiko-waさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kimiko-waさん
ブログタイトル
ふつーの日、大事な日
更新頻度
83回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
ふつーの日、大事な日

kimiko-waさんの新着記事

1件〜30件

  • 今日は ~ビンボーか

    いつも使ってるバックの持ち手がぼろぼろになったので毛糸でカバーを編んでみた ちょっと短くてカッコ悪くなっちゃった1.5倍くらいにしてくしゅくしゅにしたらよかった

  • 水彩画は ~2020 1枚目

    来月の会員会友展に出せる絵が描けるか!?というセトギワの今日 描けなければ昨年のにわとりの絵にするしかない さて、今日は古キャンの裏の白い紙に描くので爽やかなきれいな色にしたいとタクラム色は黄色 教室が明るかったから黄色がオレンジになっちゃったけど、実際はもっと薄い黄色です ここで、下のテーブルにも黄色や白を入れてきっちり色を分けないように、あと瓶を太らせてという先生のアドバイス でこうなった ちゃんと絵になったようなので、会員会友展はこれに決まり だけどテーブルに少し色を入れすぎたかな? 上のかっちりした感じもいいよねちょっとやりすぎちゃった

  • 水彩画は ~2020年 道彩展 会員会友展

    道彩展の会友会員展があります 2020年2月18日(火)~2月23日(日) 10:00~18:00(最終日16:00) ギャラリー大通美術館 札幌市中央区大通西5丁目11 私も1枚出しますが、まだ存在してません大丈夫かしら

  • 水彩画は ~波乗りリンゴ

    今年最後の絵の教室でしたもう帰りが暗くなるので車は運転したくない、ということで地下鉄で荷物を減らしてまとめないとなかなかしんどいわ今日も古い絵をつぶして描きますこんな絵です 筆に水をつけてぐるぐる こんなイイ感じのバックができました さて狙うのはあの人形 目が怖いですが、人物と違って何をしても許されるので気が楽ですんでこうなりました たしかに先生が言う通り綿を詰めすぎたわね ダイエットさせましょううーん、気に入らない一枚ですがどーしましょー直すかつぶすか、、、

  • 着物は ~さすがに寒かった

    ひっさしぶりに着物でした前回は夏物を着てたからほんとに久しぶりです 着られるか本気で心配だったよこういうときは着やすい着物を この着物は私の身長より6cmも短いけど、もさもさ丈が余らないから着やすいのよね着物も帯も模様がうるさいのを合わせてみましたガチャガチャになるだろうと思ったけど、そのガチャガチャさが面白いかと思ってまあ、有りかな 今日は長襦袢に使ったコーリンベルトがじわじわ痛くなってきて失敗でしたベルトの痛くない位置を探したいんだけど、そんなに着ないから前回の反省を生かせず進展しないのよだって骨の上は痛いから肉の上で留めようと思うけど、そこまで下げれないよねこれ たま~に痛くないときはな…

  • 本は ~裁く眼

    「裁く眼」我孫子武丸 著 裁判の時の様子を絵に描く法廷画家の仕事をすることになった主人公 始めての仕事で画いた絵が昼のニュースで使われた直後、自宅前で何者かに襲われて頭を強打する 犯人はなぜ主人公を襲ったのか? 以前法廷マニアをルポした本を読んだけど、それの方が面白かったというのも、この著者ならミステリーとしては期待されて当然で、それにちょっと変わった仕事をピックアップしてるから、そりゃもう蘊蓄だけでも面白そうと思うじゃないですかなぜか蘊蓄はそんなになく、主人公に魅力がなく、被告も人物が見えてこなくて、事件もどうでもいい話でそして最後にそれかいっトンデモミステリーと言われても不思議じゃないオチ…

  • 水彩画は ~今回から20号です

    今日は車で行ったけど、新しい40号に手をつけると中途半端になりそうだったので20号にしました 前に描いた絵を水をつけた筆でなでなでしてから描き始めました元々の絵が茶色っぽいベージュで、それもなかなかいい色だったのですが、なんか緑を乗せたくなり下のテーブル部分に塗り、さて上はどうしようかと思ってたら、先生から全部緑でいいんじゃないかとアドバイス20号だと直すのも簡単だから気軽にやってみますうーん、なんかピンときませんね 色も時間がたつと沈んじゃうしね この緑が乾いても残ってるかな?

  • 今日は ~ランチした

    車で近所へそうそう、ようやく冬タイヤに代えました 今年は危なかったわ~って昨年もここに書いたような、、、 今日は天気が良くなり氷ついていた道もすっかり融けて乾いてました 近所のイタリアンのお店へ マルガリータ ちっがーう 昼飲みか マルゲリータ カッチョ·エ·ペペ チーズに黒胡椒のパスタ えー、おいしくなかったのでお店の紹介はなしで

  • 今日は ~寒いので温泉に

    あれ、温泉じゃなかったっけ?まあいいか 寒いので番屋の湯に行ってきました湯姫さんです 温泉につかってますたまに雪がちらつく中、あったかそうです 混んでるかと思ったらそうでもなくてのんびりできました 話題のビュッフェ形式の食事もまあまあ 館内がどこもきれいなのがとても良い

  • 水彩画は ~2回目

    続きです前に描いた赤い絵とお揃いにしたいので、雰囲気を似せる作戦です前回テーブルにしようかと物の下に丸い線を書きましたが、薄いピンクでざっくりテーブルを後ろが嵐になってるので、紫でなでなで 右側だけに物を描こうと思ってたんですが、左にもあった方がいいという先生のアドバイスで描き描きこの方が画面が落ち着きますね 教室で見てたときはもっとカッコ良く見えてたんだけど、写真で見るとなんか野暮ったいねなんでだ? まだ完成じゃないけど教室で描く程じゃないし、さてどうしようかなってかこの後どうしようかな眺めて考えよう

  • 水彩画は ~2019道彩展 作品9

    まだ続いてたんですでもこれで最後です他にも紹介したいのはあるんですが、私がばっちり写り混んでて絵が見えないのとか、照明が光ってるのとかでお見せできませんの 残念次回彼らの作品が見られるのは来年2月の会員会友展です ぜひお出でください 会員 工藤さん 「tree and plans」40号とうとう空間だけになったわ 前はテーブルらしきものがあったのに すごい色ですね 濁らせないのが技ありです 会員 青木さん 「作品」40号抽象ですね この世界は私にはまだわかりません ただ好きかどうかがあるだけ これ好き 会員 沢口さん 「花の道」30号だから好きなの

  • 今日は ~昨日撮った秋

    いい天気でした でも紅葉って寒いよねもうちょっと暖かいうちに紅葉してくれるといいんだけどね

  • 水彩画は ~久々の教室でした

    新作ですって前のが実は中途半端なんだけどね そのうちやるでしょまずアクリルの青と赤と黒で紫をベースに 乾ききる前にジェッソを白代わりに、あ、アクリルの赤と青を混ぜて薄い紫をてきとーにあ、っていうのはですね、いつもならここは透明か不透明の絵の具を使うのに、なんかアクリル使っちゃった気がする、のあ、でした 今写真で見るとなんか前も似た感じのを描いた気がするそして思ってたのと違うけど思ってたのが思い出せない、、、 ふふ まあいいや このまま右側にだけ物を描いて他はバックにするつもり もちろん部屋にもしません同じことばっかりやってもね

  • 水彩画は ~2019道彩展 作品8

    会員 門崎さん 「Mask」40号たぶん教室で描いた静物なんですが、なんだか地中海です 仮面が妖しさ満点で色合いと似合っていて見る程に引き込まれます 会員 冨所さん 「赤い風景」50号こういう俯瞰の街並みはよくある構図ですが、画面いっぱいの構図と建物とカメラの距離、そして色 とっても魅力的です 会友推挙 宮武さん 「恵風No.5」60号ぱっと見なにかわからないけど、じっと見てると浮かんできます 一枚のテキスタイルとして色がすてき ここで止まるのと、まだ先へ行くのと、私ならがっつり悩みそう

  • 水彩画は ~2019道彩展 作品7

    さて、このネタをいつまでやるつもりかしら 会員 小林さん 「秋草」40号この方はずっとこの白黒で静物を探求してます 昔は画面に色が溢れていたんですが、今はこんなに静かに しかも今回は物の置き方も非常に静か 少しまとめ過ぎに感じるのは彼女の暴れっぷりを知ってるからかしら 一般 窪田さん 「みのり」20号にぎやかな卓上です よく見るとそんなに描きこんでない部分もありうまさを感じます 静物の時はテーブルを描くか描かないか悩むところなんですが、さてこの場合はどう思いますか? 会員 馬場さん 「太陽の花」50号この艶感ってどうやったら出るんでしょう 右上の帽子が好きなんだけど、あれなくても画面が成立して…

  • 今日は ~アピアでランチ

    今日は道彩会の総務会があったので街でランチですパスタが食べたくてアピアのお店へ 京野菜スパゲッティー 先斗入る(ポントイル)京都では「いる」って言うの? 四条をしじょうっていうのと同じ?あ、パスタじゃなくてスパゲッティーだったんだ 丹波地鶏といろいろきのこの ポルチーニクリーム おいしかったーお店の名前から和風のパスタしかないのかと思ったら、以外にがっつりしたのもあって満足 ところでポルチーニってなにかしら?

  • 水彩画は ~2019道彩展 作品6

    昨日の朝は一面の雪虫でしたすごかった 会員 田中さん 「家竝(いえなみ)」 40号モノトーンが重厚です 画肌が画面の雰囲気を作っていて素敵です 会員 芳賀さん 「たそがれの旧市街地」 40号夜に輝くお店の電飾 夜を描くことって難しそう あえて電飾だけを浮き上がらせてるのがおしゃれですね 一般 加藤さん 「梨泰院(イテウォン)の骨董屋」 50号くっきり描かれた建物が浮き立つ雰囲気を感じさせて、とても楽しい気分になります ちょっとカチカチなのがイラスト風に見える原因かな

  • 水彩画は ~2019道彩展 作品5

    一気に寒くなってきました雪虫も飛んでるし、編み物の季節はもうすぐそこです 会員 鳴海さん 「サイロのある風景」40号目の前の草を少し大きく描くことでぼんやりしてしまいそうな構図に動きが出ています 遠景の家が風景の中で静かに主張しているのが簡単そうに見えて以外に難しいと思いますこういう風景ではむしろ家が邪魔になることがあるのよね 一般 楠さん 「青い池」30号きれいですね 光がとてもきれい 水と地面の境をぐっと上にしてるのが効果的です 後ろの木々をもう少し暗めにすると手前の光がもっと生きるんじゃないかなー いえ、私がメリハリ好きなだけですが(笑) その点額の色がそれを補完してるかも 会員推挙 長…

  • 水彩画は ~追加

    清水さんの絵、もう一枚アップがあった 20号を描くのにいったい何日かかるんでしょうか頭が下がります

  • 水彩画は ~2019道彩展 作品4

    一般 清水さん 「花とうつわ」20号なんてきれいなんでしょう思わずアップの写真を撮ってしまいました これだけきれいに描いてしまうとこの先が困るでしょうかこの方とよく似た描き方をする永山裕子さんという画家がいます 本も出してて、きれいに描く方法を教えてくれるんですが、本人の本物の絵はそれだけではない迫力で、一枚の絵画としてとても魅力的です 花よりヨーロッパあたりの街を描いたのが雰囲気満点で引き込まれます 卓上の花を描くのが難しいのかもしれません きれいに描いてしまうと個性を出しにくいですよねでも道彩展ではこういう絵があまりないのでとても目立ってましたがぜひこのまま続けてこの先を見せてほしいですも…

  • 今日は ~珍しくお店の写真

    久々に前の会社の人達と飲み会でしたやっぱり気安い人と飲むのは楽しいね 行ったのは本格焼酎・炭火ダイニング 続・じょっぴん掛る 札幌駅前店あ、炭火ダイニングだったんだ 宴会コースは炭火感はなかったな じょっぴん掛る、は北海道弁ですね 私は使ったことないけど「鍵を掛ける」という意味です料理はまあ普通でしたかね そういえばお通しがおいしかったな お肉に燻製みたいな香りがついてた そうか、焼酎が得意だったのね お酒は種類が多くて充実してましたまた行ってもいいかも

  • 水彩画は ~2019道彩展 作品3

    本展が終わってほっとしましたが、まだまだ先だと思ってた12月がもうすぐ委員会の部屋の予約をすっかり忘れてたり年末まで気が抜けませんなんてそわそわしてたら、せっかくの電子書籍の50%OFFを忘れてたよー(泣) では 会員 林田さん 「二人の騎士」画面全体に色を重ね、なんと騎士の姿は黒の線描きだけ まさに“表現する”という描き方です 会員 川上さん 「Life」一見抽象のようにも見えますが、描かれているのはテーブルなので具象の静物になります 見てるものを描くと勝手にこうなるのかしら それとも計算して? 色使いや構図がとても好き 会員推挙 大東さん 「卓上の鮭」いやー、なんてカッコいいんでしょう 魚…

  • 水彩画は ~2019道彩展 作品2

    今日は道彩展の最終日でした台風のせいかあんまり人が入らなかったよ 搬出なのに雨に降られてついてないわでもまだ風がなかったからよかった さて、お見せしましょう 奨励賞 原さん 「テーブルの上の穀物」40号なんとも魅力的 目に入るインパクトが強くて、色々ヘンなのに人に言われるまでぜんぜん気づかなかったよ 下の黒いのはなに?とか、右上の瓶の口に乗ってるかぼちゃはなに?とか(笑) 全体的に艶やかで濃厚 でも暗さはなく怪しすぎず絶妙 会員 寺岡さん 「かさなる街」40号ちょっと近未来のような雰囲気 色かな こういう絵ってどうやったら描けるんだろう? 青がきれいなまま残っててすてき 手前の道の処理がうまい…

  • 水彩画は ~2019道彩展 作品1

    道彩展に行ってきました当番だったのでパタパタしててまだじっくり見てないんですが、何枚か写真を撮ってきました 道彩展賞 松山さん 「花.花.花.」20号の作品です 道彩展は40号の作品が多いので、並べてみると小さくは感じるのですが、絵の力が強く見劣りすることはなく今回最高賞に選ばれました筆使いも達者ですが、この世界観がとても魅力的です 知事賞 佐藤さん 「ユク(エゾシカ)ユクランケカムイ~森の神~」こちらは40号 タイトルの通りとても力強く迫力のある作品です色が濁ることなく深みのある重厚さを感じさせ、対象とバックの一体感がすばらしいです 会友 河井さん 「紅葉」大胆な構図に痺れます 色も鮮やかで…

  • 水彩画は ~2019年 第39会道彩展

    なんだかここ数日来てくれる人が多いので、きちんとご案内 第39回 道彩展 2019年9月18日(水)~9月23日(日・祝) 札幌市民ギャラリー 札幌市中央区南2条東6丁目10:00~18:00 (入場17:30まで 最終日入場16:00まで) 私はまだ行ってないので絵は後日ご紹介しますね

  • 今日は ~秋はどこへ?

    朝焚いてしまいました 小さなポータブルストーブですけどねなんだか今年は寒暖が落ち着かなくて油断できないわ 扇風機とストーブを並べて使う勢いよというメモでした

  • 水彩画は ~新聞発表は明日です

    明日から第39回道彩展です道新には明日の朝刊に載る予定ですが、発表は道彩展賞のみ 入選は木曜日の夕刊になるみたいです最近入選者を朝刊に載せてくれないんですよね 土曜日が搬入日でした 先週はヘンに暑かったけど気温も落ち着き作業がしやすかったですね 日曜日は審査初めて審査に参加しましたまず応募作品の入落を決めます 入選なら多数の人が2~3作品応募してくるので、その中からどれを入選とするか決めますその場で何かの賞にふさわしいか多数決をとり、賞の候補とするか決めます入落を決めたら、次に賞の審査です候補になった絵をすべて並べて番号を振り、投票によって「道彩展賞」から「奨励賞」まで決めていきます1票差だっ…

  • 今日は ~一瞬の落とし穴

    近所の郵便局の入り口に大きめの目立つ看板がついてました「だんご注意」 え、だんご?落ちてるから踏まないように? 食中毒? 売りに来る? いえいえ 「だんさ注意」でした 一瞬でいろいろ妄想しちゃったわ ひらがなで書かれると読むのって難しい漢字にはアイコンみたいに見ただけで意味がわかるっていうとこがあるよねだんさ、って見て段差に変換してようやく意味がわかるもんなだんごにも見えるさそりゃ

  • 水彩画は ~なんとかなったみたい

    どうやってまとめようかと思ってましたが、先生に右上に下の黄色を混ぜるように言われてやったらとっても雰囲気が良くなりました 白い布に縁の線を入れてるのも言われてやったんですが、これだとテーブルに見えるのでこれは直さなくちゃだめですね右の瓶の口の所とラベルに黒い線を入れたのは先生なんですが、一気におしゃれになりましたこれがあるのですぐ先生に筆を渡しちゃうのよね 勉強になるけど、これが自分でやるとこうはならないのよこの絵はあとちょっと手を入れたら終わりです 来月は道彩展があるので教室はお休み 次回は10月になっちゃう けっこう空いちゃうなー冬になる前に40号をもう一枚描きたいんだけどな 間に合うかな…

  • 今日は ~たまにはおしゃれを

    最近よく見るイヤーカフ穴を開けてないしイヤリングは痛くてやだし耳に後ろから掛けるのは眼鏡をしてるので無理でもこれなら痛くないし邪魔じゃないかも、と試しに300円のお店で購入これって普通は片方にだけつけるの? ピアスみたいに2つセットじゃなくて1つずつで売ってたけど片方だけは照れちゃうのでふたつ購入 デザインが同じのがなかったので違うのを買ったら、片方がとっても寂しく見える横から見るとボリュームがあるけど正面からだと細くてシンプルなので、プラプラするのを作ってみた 今はほんとに落っこちないか部屋で実験中プラプラするのは耳元でうるさいかと思ったけどそうでもないし、落ちたらすぐわかるからいいかも

カテゴリー一覧
商用