60%生活
読者になる
住所
東京都
出身
東京都
ハンドル名
みにまーるさん
ブログタイトル
60%生活
ブログURL
https://www.60minimaal.com
ブログ紹介文
気力・体力・大人力…だいたい60%くらいで生きてます
自由文
ネガティブ(けど明るい)、ミニマリスト(あんまりお金がない)、HSP(神経質と鈍感さのハーモニー)、健康に不安を覚える年頃の一児の母 書くお仕事をいただくのが目標です。お仕事ください!!
更新頻度(1年)

142回 / 345日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2018/03/05

みにまーるさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 4,642位 4,422位 4,423位 4,090位 4,303位 4,141位 3,389位 975,114サイト
INポイント 50 100 90 90 40 20 60 450/週
OUTポイント 710 1,870 2,070 1,920 1,050 920 1,370 9,910/週
PVポイント 2,090 6,180 6,660 6,160 4,490 4,730 5,550 35,860/週
ライフスタイルブログ 255位 245位 250位 240位 249位 239位 202位 66,121サイト
ミニマリスト 47位 46位 48位 45位 46位 44位 40位 1,451サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 1,203位 1,163位 1,152位 1,025位 1,083位 1,056位 952位 975,114サイト
INポイント 50 100 90 90 40 20 60 450/週
OUTポイント 710 1,870 2,070 1,920 1,050 920 1,370 9,910/週
PVポイント 2,090 6,180 6,660 6,160 4,490 4,730 5,550 35,860/週
ライフスタイルブログ 130位 126位 128位 115位 117位 109位 103位 66,121サイト
ミニマリスト 42位 42位 42位 40位 41位 38位 37位 1,451サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 864位 859位 886位 875位 897位 889位 856位 975,114サイト
INポイント 50 100 90 90 40 20 60 450/週
OUTポイント 710 1,870 2,070 1,920 1,050 920 1,370 9,910/週
PVポイント 2,090 6,180 6,660 6,160 4,490 4,730 5,550 35,860/週
ライフスタイルブログ 65位 67位 68位 67位 67位 68位 67位 66,121サイト
ミニマリスト 20位 19位 20位 20位 18位 18位 18位 1,451サイト

みにまーるさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みにまーるさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みにまーるさん
ブログタイトル
60%生活
更新頻度
142回 / 345日(平均2.9回/週)
読者になる
60%生活
  • いつだって、自分と似た考えの人が味方で、それ以外は敵なのだ。

    歳のせいなのか、主張の強いものが苦手だと感じる。昔は蛍光ピンクのサンダルを履いていた私が、である。 まばたきするたびにバサバサ音がしそうな人工まつげとか、やたら太い眉毛とか、でかいロゴが入ったバッグとか。そこから出る過度なエネルギーを受け止めるだけの器量が私にはない。なんていうか、こそばゆくなる。もっと言うと、それらを見て陰でほくそ笑んでいる。 考えてみると、自分の服装やメイクにも主張がある。ダボっとした服しか着ない、黒っぽい格好しかしない、ほぼメイクはしない、など。 単に、そんな私から見てありえない格好をしている人を恥ずかしいと思っているだけなのだ。きっと、蛍光ピンクのサンダルを履いていた頃…

  • めんどくさがり松子の一生

    物心ついてから、朝から晩までの間に「めんどくさい」と思わなかった日がない。 気づけば口をついて出る「めんどくさい」学校行くのもめんどくさい。お風呂入るのもめんどくさい。寝っ転がってるのに立つのがめんどくさい。 勉強なんてめんどくさいの極みだったので、ほんとに最低限しかやらず、命からがら卒業を勝ち取った。 学校に行っているというだけで与えられた学生の身分がなくなると、自分で職を選んで働き、社会人という肩書きを得ないとならない。社会人…と呼ぶにふさわしい働きを一度もしたことがないような気もするけど…当然働くのもめんどくさいので、なるべくめんどくさくない仕事を選んできた。 ハナから自分に正社員は無理…

  • 結局私はどう生きたいのか?

    今月で38歳になる。未来のことはわからないけど、元気に働ける期間ってあと20年くらいなのかなぁと思う。その前に死んじゃうかもしれないし、病気になるかもしれないし、気づいてないだけですでに病気かもしれないし(ネガティブ絶好調) いずれにせよ、ぼんやりしてたら20年なんてあっという間に過ぎちゃうんだろうなと思ってビビる。ビビる大木。若い時は考えもしなかった、死に向かって生きる感覚。なんか悲しい。今も10年後もおばあちゃんになっても、どう死にたいか?より今日をどう生きるか?を考えていたい。 で、今の私はどう生きたいのか?嫌いなことじゃなく、好きなことをしていたい。嫌いな人じゃなく、好きな人と付き合い…

  • 休日は暗いこと考えがち

    台風が怖かった。窓にテープを貼ったり浴槽に水を溜めたりした後は、翌日の天気予報の晴れマークを見て心を落ち着かせた。台風は過ぎ去ることがわかってるから、期間限定の苦しみだと自分に言い聞かせた。テレビをつければ怖いことばかり言っていて気が滅入るので、youtubeをずっと見ていた。事の重大さをわかっていない子供の明るさに救われた。 もしかしたら死ぬかもしれないという状況で、死にたくない!という気持ちとまぁ仕方ないか…という気持ちが混ざりあっていた。もちろん痛い・怖い思いはしたくないというのはあるけど、若干仕方ないか…という諦めの気持ちが勝っていたように思う。 生に執着していない自分ってどうなんだろ…

  • 自分の気持ちファーストで生きる

    朝、マンションのエレベーターを待つ間から、私の気ぃ張りライフが始まっている。誰か乗ってきたらにこやかかつ適切なボリュームの声で挨拶をしなくちゃならない。狭い道を歩く時は、前だけじゃなく後ろからも人が来ていないか注意。 職場でお菓子を食べる時は、周りの様子をうかがってからにする。険しい顔でタイピングしてる人がいたら食べない。せんべいのボリボリがなるべく漏れないように、口の中でちょい濡らしてから噛む。トイレもなるべく人とかち合いたくないので、タイミングを計って席を立つ。帰る時はにこやかだけど労働から解放される嬉しさが漏れないように「お先に失礼します」と言う。 ここまででお気づきでしょうが、私は基本…

  • すっきりさっぱりシンプルに生きることの難しさ

    必要最小限の物を持ち、できるだけの仕事をし、気分良く暮らす。たったそれだけのことなのにとても難しい。 ミニマリストになろうと思った当初は、とにかく物を減らしたくてバンバン捨てた。ペン1本でも余分に持っていたくなかったし、自分と考えの違う物持ちの旦那を冷ややかな目で見ていた。 そう、私は融通がきかない完璧主義者なのだ。自分の理想の状態にならなければ意味がない、理想と違うことは全て悪、と決めつけていた。 仕事もそう。好きなことを仕事にするのが理想的なのはわかる。でもただお金を稼ぐために働いている自分…スキルアップとか無縁の仕事だし、こんなんでいいのか?と累計1億回くらい自分に問いかけている。 気分…

  • 外に出ると身構えてしまう癖が直らない

    家から一歩外に出ると、身体に力が入ってしまう。それは「少しでも好印象を与えられるようにちゃんとしなくちゃ」という思いと、無意識に人を敵だと思ってしまう癖のせいだ。 バッタリ顔見知りの人と会っても笑顔を作れるように。なんとなく似た年恰好の人より自分が勝っている点を見つけられるように。少し前を絶妙なスピードで歩いてる人を何食わぬ顔でスーッと抜かせるように。 こんな風に身構えてしまう自分が嫌で、休みの日は極力外出したくない。自己嫌悪で疲れるからだ。 見ず知らずの人に好印象を与える必要はないし、見ず知らずの人全員が敵なわけではない。そんなことは当然わかっている。頭ではわかっているけど、心に落とし込めて…

  • オバハンが思う、楽に生きるコツ

    最近すこぶる体調が悪い。朝起きたら大体頭が痛い。あー早く体調万全の日々に戻らないかなーと思う。 しかしふと考える。その日々は本当に戻ってくるのかい?この先のスタンダードが「仕事休むほどじゃないけど頭がうっすら痛い状態」かもしれないじゃないか。(重病説はいったん置いときまして) あれです、このシミ早く消えないかなーと思っていたのに、気づけば他にもシミが増えてる…みたいな状態。本人は「シミがない私」があるべき姿だと思ってるけど、実際には「シミがある私」こそ日常。あゝ無情。 もう若くないんだし、自己ベストの状態だって変わっていくはず…意識して現状を受け入れないと、自分はもっとできるはず!と思って頑張…

  • モヤモヤポイントはどこで換金できますか?

    言いたいことをそのまま口にしてたら、私の側から誰もいなくなってしまうだろう。私の中には口に出して言えない不満がぱんぱんに詰まっている。 例えば、足が臭い・体毛が濃いといった本人の力ではどうにもならないことに文句つけるのはさすがに人として…アレですよね…と思うから、心にしまっておく。洗ったばかりの靴下がまだ臭いとか、排水溝に毛がたまってるとか、日々小さな攻撃をかましてくるのを黙って受け入れるだけ。 外を歩けばやたらと距離感が近いおじさんがいるとか、狭いホームで明らかに邪魔な位置に立ってる女がいるとか、なんかモヤモヤすることがたくさんある。内向的事なかれ主義人間なので、もちろん他人に注意などしない…

  • どんなに安定を望んでも、完璧に凪の状態で生きていくことはできない。

    安定こそ幸せ、刺激など敵をモットーに暮らしている私ですが、安定の敵は何だと思いますか?そうです、飽きです。特段事件が起こらないかわりに飛び上がるほど嬉しいこともなく…死ぬまで変わらぬ毎日、か。と心がやさぐれる日もある。 さらに心が刺激に慣れていないので、ちょっとしたことでつまづいてドン底の気分になったりする。まさに昨日の私がそう。人との関わり方が原因で、私のあの対応はなかったんじゃないか…と悶々として暗い気分になる。 普通の人はこんなことで悩んだりしないんだろうな…てかその前にあんな対応しないのか。と、自分ダメモードが発動してしまう。こうなると堕ちるところまで堕ちる。 あーなんで私はこうなんだ…

  • 性格を直そうとする前にやることがあるよ

    昔から人見知りで友達が少ないことがコンプレックスだった。小学校を卒業する時、サイン帳にプロフィールやらメッセージやらを書いてもらう機会があった。私が書いてもらったのは5、6人だったけど、サイン帳は50枚くらいあった。真っさらな40枚以上の紙を見て、あぁ自分は寂しい人間なのだなと思った。 中学は地元ではないところに進学したので、とにかく明るく振舞ってたくさん友達を作ろうと思った。でも中学卒業の時には友達が3、4人になっていた。無理して明るく振舞っても、結局元の引っ込み思案な性格に戻ってしまうらしい。 あーどうしたら明るい性格になれるのか。友達は多い方がいいに決まってるのに。暗い自分のままでは自信…

  • 物欲を抑えるために必要なのは、なんかどーでもいいな、という投げやりな気持ち

    昔は自分の服装に並々ならぬこだわりがあった。周りの人から一目置かれるためにモード系カマしていた。カマすためにそれはそれは結構なお金をかけた。総額は考えたくもない。 時は流れ、母になり、子育てに追われて痩せたり太ったりたるんだりくすんだりした。それらをカバーするために、また周りのママにカマすために服を買い続けた。当時は無職でお金がなかったので、失業保険のほとんどを洋服に使ってしまった。クレイジーなオバハンである。 さらに時は流れて、なんだか急に服とかどうでもよくなってしまった。何故どうでもよくなったのかというと、人にどう思われようとどーでもよくなったからだ。若くみられたいとか、独身にみられたいと…

  • 週5日辛いんじゃなくて、毎日同じようなテンションで過ごしたい

    好きな言葉は「安定」。昔から気分の浮き沈みが激しく、嫌なことばかり目につきがちなタイプ。なので、精神的にももちろん生活も「安定」したいと強く思う。 大学を卒業して医療事務をしていた時、職場の雰囲気になじめず、仕事も辛いことが多かった。1日8時間・週5日、嫌いな職場で働く生活がとにかく苦しかった。 日曜の夕方からこの世の終わりみたいな気持ちになり、泣きながら月曜を迎え、火曜水曜は色々通り越して無表情になり、木曜あたりでちょっとホッとして、金曜は嬉しいんだけど2日休んだら地獄の始まりだと思いハイになりきれない。休みの間もまた仕事に行かなきゃいけない現実が頭から離れない。 結局3ヶ月で辞めてしまった…

  • 理想なんて真っ先に背負い投げ〜

    20代の頃、コムデギャルソンの服とかエステの美顔コースとか資格取得のための勉強代とかにお金を使っていた。それらはすべて「より良い自分になる」ための武装代だった。 当時は「今の自分は本当の自分じゃなくて、もっと美しくておしゃれでいい仕事をしている私が本当のはずなんです」と毎日思っていた。結局、コムデギャルソンの服は似合っていたとは言えず、資格は取っても仕事に活かせなかった。また、理想と現実のギャップを嘆き、お菓子を暴食してストレスを発散する日々だったので、美顔の夢も叶わなかった。 理想が高いって疲れるよなぁ…と今思う。20代なんて黄金期なのに、全然幸せだと思ってなかった気がする。彼氏ができないの…

  • 迷惑かけたくない症候群

    嫌われたくない、と思って過剰に他人に合わせに行くことはやめられたけど(80%くらい)、迷惑をかけたくない、という気持ちはなかなか弱まらない。人に迷惑をかけたくない人=責任感が強い人、と変換されそうだけど、実はそうじゃない。ただ、自分が迷惑をかける人間だということを認めたくないだけなのだ。 子供がここのところ体調不良で学校を休んでいるため、近所の子に毎日連絡帳を持って行ってもらっている。毎朝ピンポンしに行く足取りの重さったらない…そして、職場に欠勤の連絡を入れる時もまた気が重い。まだ電話連絡じゃなくメール連絡だから良いものの、全体的に過剰なGがかかった状態で一連の作業を終え、しばらくぐったりする…

  • 調子に乗って失敗をしたけど、逃げずに向き合ったら自分を嫌いにならずに済んだよ。

    私はルーティンワークが苦にならない方だ。というか、場面ごとに臨機応変な対応が求められる仕事よりも、決まったルール通りに進める仕事の方が好きだ。子供を産むまでは前者の仕事(販売業)をしていたけど、出産後は後者の仕事(手順に沿ってチェックする仕事)をしている。そして、実績や周囲の反応から、自分にはこの仕事が向いていると思っていた。 だけど最近、仕事で大きなミスをした。100%私の怠慢から起きたことで、この仕事を始めたばかりの頃には考えられなかったミスだ。 「こんな簡単な仕事でミスするなんて、もう私にはできる仕事がない」と自己嫌悪に陥った。そのまま自己嫌悪に抱かれて眠りにつき、朝起きた瞬間に「私やべ…

  • 受け身でもなんとか生きてます

    子供の看病のために仕事を休んでいる。子供が寝ている間は特にやることがない。今は夜になるちょっと前。部屋の電気をつけずに、ほぼ闇に近づきつつある中でスマホをいじっている。長年愛用している無印の体にフィットするソファに埋もれている。ソファとスマホがあれば生きていける気になる。 実は昨日も仕事を休んでいて、暇な時間がたくさんあったけど、文章を書くまでには至らなかった。文章を考えることは好きなはずなのに、自発的に書き始めるまで時間がかかる。「好きなことに夢中になった結果、それが仕事になった」というパターンは自分には当てはまらないのだと悟る。いつだって「やらされてる感」が抜けない。 学校や会社から、週5…

  • 並んでまで成し遂げたいことなど、ない

    行列が嫌いだ。並んでまで食べたいものなどないし、並んでまで欲しいものもない。とはいえ昔はお正月の初売りにいそいそと出かけて行き、しっかりと行列に並び、伊勢丹内を闊歩したりしていた。今はファッションに対する情熱が冷め、最後に新宿に行った日を思い出せないほどになった。 自宅近辺と勤務地以外に滅多に出かけることがなく、ちょっとした都会恐怖症になりつつある。もともと他人の振る舞いが気になってしまう性格で、人がたくさん集まる場所に行くと心がピリピリして疲れてしまうのだ。 安息日である土日に、イトーヨーカドーに行くのも躊躇してしまうくらい。友人に「田舎は土日でも並ばずに回転寿司屋に入れるよ」と聞いて、パラ…

  • 自己啓発本を読みまくった結果、変わることができないとわかった

    自分がどれだけ「できない」人間か、知っておいた方が楽に生きられる。 私は身体の成分のほとんどが「めんどくさい」でできているような人間なので、目的を考えずにすぐ楽な方を選んでしまう。 無目的に大学に進学し、奨学金を満額もらいながら4年間ダラダラと過ごし、就職から逃げてフリーターになり、世間からの「大学まで出ておいて何故フリーターを?」の問いかけを振り切るために結婚した。そう、何か不都合があればすぐに逃げ道を探してきた人生。 最近、自分ができない人間であることを理解できていなかったからこそ、自己啓発本を熱心に読んでいたのだとわかった。今の私にはできないこと(社員として働くこと・いつも機嫌良くいるこ…

  • 物欲がなくなり、淡々と暮らしております

    自分史上最高に物欲がない。なんだかお金を使うことが嫌になってきて、毛玉だらけの敷きパッドもヨレヨレのソファカバーも買い替えを先延ばしにしている。 前まで一番執着していたのが着る物だけど「毎日同じ服を着ないといけない」という思い込みがなくなって「自分の着たい服だけ着よう」と思い始めてから、ピタリと買わなくなった。 考えてみたら、着たい服などそう多くない。根暗だからか暗い色を着ると落ち着くので、黒い服ばかり着ている。それに安い服でも色が濃いと多少高く見える(気がする)から一石二鳥だ。 これから秋冬に向けて買わないといけない物があるので気が重い。厚手の靴下と部屋着のズボンを冬の終わりに捨ててしまった…

  • 内向的のまま生き抜いてやるぜバーロー

    幸せになりたいとは思わない。特段困ったことがない今が幸せだと思っている。死ぬ時は「なんだかんだ言っても幸せだった」と思って死ねる気がする。人生に過剰な期待をしていないのかもしれない。 その分、欲張りな人を見ると腹が立ってしまう。何故、当然のように求めることができるのだろう。何故、自分はいい思いをして当たり前だと思えるのだろう。それに見合った能力があるという自信の表れなのだろうか。 職場で愚痴や悪口ばかり言っている人が、昼飯にカオマンガイを食べていた。きつい性格でも仕事ができればお金がもらえて、昼からカオマンガイを食べる暮らしができる…私はそこがずっと気に食わなかった。 ガサツで人の気持ちなんて…

  • 風邪ひいた、掃除しよう

    風邪をひいた。喉の痛みから始まり、鼻水・咳・たんが出る。熱はずっと37度くらい。風邪薬は飲んでも意味ないという説は本当なのだろうか。体調を崩してからかれこれ1週間になろうとしているので、明日こそは薬を買おうと思う。(決して病院には行きたくない) 上記の症状にプラスして頭痛もあったので、仕事を休むことにした。頭痛はただでさえ少ない私のやる気を奪い去る。罪な奴め。一日中家にいて、症状が少しでも良くなるよう安静にする。 ただ、私の長年の研究上、一日中ダラダラしていると頭痛は治るどころかひどくなることを知っている。天邪鬼な奴め。そのため適度に立ち上がって何かする必要がある。 そんな時にもってこいなのが…

  • たかが引っ越しされど引っ越し

    先日、下の階に住んでいる人が退去のあいさつに来てくれた。小さいお子さんがいる家族で、とても感じのいい人たちだった。ママはいつも同じトーンであいさつをしてくれる人で、メンタルが安定してるんだろうなと密かにうらやましく思っていた。最近は仕事から帰ってきたときに、よくママとお子さんとエレベーターで一緒になった。もうあのかわいい顔が見れなくなるのかー、と寂しく思った。 …ただ、今現在寂しさより強烈にうらやましさを感じている。寂しさを1としたら、うらやましさ1兆くらい。意味もなくため息ついちゃうような。今まで何度も引っ越しのあいさつをされたことがあり、その度に「いいなー」なんて思っていたけど、今回のはち…

  • 人間の欲望にはキリがないよね

    団地に住んで、質素に暮らしたい。何も置かれていない畳の部屋なんてあったら最高。 陽の光がさんさんと降り注ぐ部屋より、ちょっと暗いぐらいでいい。今住んでいる部屋はリビングに掃き出し窓が2つあり、明るすぎるため4分の3は常にカーテン閉めっぱなしである。光に弱い人間なのだ。 いくら「質素でいい」と言っても、実際に大金を手にした上で言わないと本当に「自分が望んだこと」にはならないよな…と悩んでいたけど、待てど暮らせど大金を手にする予兆がない。やっぱり、お金って空から降ってこない。 なので、もし自分がお金持ちだったらどうしてたかな〜?とは考えず、「質素」を自分で望んだことにする。貧乏人のひがみと言われた…

  • もしも願いが叶うなら、怒りのない世界に連れてって

    人が怒っている声を聞くと、勝手に心臓がドキドキしてしまう。それがテレビの声でも、他の家から微かに聞こえてくる声でも、ドキドキが止まらない。 これは子供の頃、母親に毎日のように怒られていたことと関係あるのかな…と考えるけど、過去は変えられないし母親のせいにしたくないので考えるのをやめる。昔は昔、今は今。 家の目の前に学校があって、部活の監督の怒鳴り声がよく聞こえてくる。なるべく気にしないようにしてるけど、メンタル状態が悪い日はイヤホンをする。しかし音楽を聞いて誤魔化してみても、こうしてる間にもアイツ怒ってんだろうな…と思ってしまって集中できない。 一度あまりにも監督が怒りまくっていたので(体感5…

  • もう恋することはないのかな…とかは一旦置いといて

    肩書きに恋をしている(していた)過去好きになった人といえば、生徒会長・店長・バイト先のリーダー・マネージャー(あと肩書きではないがクラスいちのイケメン)要するに「あの人と付き合ってるの?すごーい」と思われたいのだ。更に言うなら付き合っていることを秘密にして、優越感を味わいたい。マックス松浦に恋をしていたあゆの気持ちは痛いほどわかる(肩書きに惹かれたのかは知らないけど) 例えば体育館に様々な年齢の男性が集められ、肩書きを明かすことを禁止される。そこに私が参上し、ぼーっと突っ立った男性の中から意中の人を見つけるのは難しい。見た目とか話した感じとかで判断することになるけど、そこに肩書きがないと他の人…

  • 「ごめん」に含まれる真心は何%なの?

    心から悪いと思って「ごめんなさい」と言ったことがあるだろうか 大抵はその場を収めるために「ごめん」と言っているだけで、心の中でハナクソをほじっている ペッパー君が言う「ごめんなさい」と変わらないなと思う 私には、人に怒られると拗ねてしまう癖がある 在宅の仕事で、ここ最近ミスを連発している 社員さんとのやりとりはメールで行われるのだけど、今月何回「以後気をつけます」と返信したかわからない その際「いーや私は悪くない、そっちの指示がわかりにくい、お前が私の立場だったとして果たしてミスなくできるのかな…ハーン!そっちの態度を改めない限り以後気をつけるわけないけーどーねー」という気持ちを込めて「以後気…

  • ベテランの自由度を10とすると、新人は5が妥当

    仕事で新人さんを教えている 新人さんはおっとりとした人で、口ごたえなどすることなく、私の拙い説明をウンウンと聞いてくれる 私はせっかちなので、つい話を最後まで聞かずに「つまりこういうこと?」 と口を挟んでしまう癖がある、と気づかせてくれたのもこの新人さん 今はきちんと、磯野フネさんのような微笑をたたえて話を最後まで聞くように心がけている 仕事が遅いのは、新人なのだから当たり前 ある日ふと、新人さんの離席時間が長いことに気づいた トイレで大でもしてるのかしら…なんて思っていたら、帰ってきた その後質問された時に漂ってきた空気で確信した …タバコ吸ってやがる… 私、おっとりした人はタバコ吸わないん…

  • 普通に憧れ続けた人生

    私(37・パート主婦)の性格を一言で表すなら、引っ込み思案いや、八方美人…面倒くさがり…無趣味インドア、真面目融通きかない、大雑把ネガティブ、人の倍怒りの感情を持つ女 最近よく自分がどういう人間なのか考えるその結果、私って自己評価が高すぎるんじゃないかしら…と思った大体のことは「本気出せばできる」と思っているし、人に嫌われてるなんて考えもしない仕事だって早いし、愛想はいいし、掃除好きだし、いちばん色気があるとなんかの占いで言われていた(不確か情報)蠍座B型である自信を持つことはいいことだと思うけど、私は自分を客観視できるレイディ(Lady)になりたいため、さっそく客観視してみる本気出す以前に行…

  • あいさつ狂想曲

    あいさつって難しい まずあいさつをするか否かで悩む 残念ながら、誰にでも明るくハキハキとあいさつできる子に育たなかった私 自分の子供にはちゃんとあいさつするように言っているけど、よく知らない人に自分からあいさつするのは大人の私でも恥ずかしい 考えた結果、同じマンションの人にはする、会社は知らない部署の人がわんさかいるので会釈or無視で省略することにしている そしてあいさつするにしても、声の大きさやテンション、どんな表情をするかで悩む 毎日会社に行って仕事をすることはなんともないけど、朝一のあいさつを考えると若干気分が重くなる 特に休み明けは、どんなテンションであいさつしていいかわからない 顔を…

カテゴリー一覧
商用