フリーランス医師で生きていく!
読者になる
住所
出身
ハンドル名
mdfreelanceさん
ブログタイトル
フリーランス医師で生きていく!
ブログURL
http://phddoctorfreelance.seesaa.net/
ブログ紹介文
フリーランス医師になる道のりをご紹介
自由文
-
更新頻度(1年)

18回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2018/03/01

mdfreelanceさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 51,983位 42,668位 42,514位 42,542位 40,337位 40,370位 40,447位 975,453サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 5 5/週
OUTポイント 0 5 0 0 5 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 3,320位 2,663位 2,645位 2,641位 2,353位 2,343位 2,348位 66,157サイト
40代の生き方 40位 25位 24位 26位 22位 24位 23位 925サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 76,993位 73,630位 76,491位 64,948位 64,948位 73,014位 73,224位 975,453サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 5 5/週
OUTポイント 0 5 0 0 5 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 4,731位 4,300位 4,766位 3,889位 3,904位 4,220位 4,213位 66,157サイト
40代の生き方 55位 52位 59位 49位 46位 54位 53位 925サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,453サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 5 5/週
OUTポイント 0 5 0 0 5 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,157サイト
40代の生き方 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 925サイト

mdfreelanceさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mdfreelanceさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mdfreelanceさん
ブログタイトル
フリーランス医師で生きていく!
更新頻度
18回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
フリーランス医師で生きていく!
  • 患者をコイツ呼ばわりする時代です

    先日の手術室でまた新しい発見がありました。 フリーランスで複数施設に行っているのでいろいろな学閥の先生方と関わる機会があります。 場所は地方都市の準中核病院です。 患者が入室してきて名前確認をしてからモニター類をつけて麻酔導入をしました。 申し送りと患者の表情などで神経質な感じの人だなあと思っていました。 そして手術が行われ無事に閉創の時です。 後期研修医がこう言います。 コイツ回診に行ったら…

  • NHKから国民を守る党に投票した甲斐がありました

    今回の選挙ではNHKから国民を守る党に投票しました。 そして見事に比例区で1人国会議員が誕生しました。 自民党でも野党でもどうせ老人のためのばら撒き政策しか出していません。 若者に文句あるのなら選挙に行けといっても老人優遇の政党ばかり。 さらに有権者の年齢比率を見ても投票してもどうしようもないでしょう。 こういうときに有効な一票は当落線上の弱小政党投票です。 しかもこういう草の根ネットワーク政党に名…

  • 健康補助食品業界に医学部教授が進出

    健康補助食品という名前はいいですが単なる詐欺商品。 CMで個人の感想ですとか、個人の実感ですという小さいテロップの中お金で雇っわれた年齢不相応な気持ちの悪い老人を使ってくだらない商品の宣伝。 しかしこういうクズ業界にも医学部教授が最近多数進出してきました。 また医学部教授というブランドが一つランクを下げた瞬間だと思います。 今までは学会のランチョンセミナーや講演会で製薬会社の犬コロになってくだらな…

  • 厚労省の声明で大学病院の無給医問題は簡単にお金がもらえます

    遂に厚生労働省も無給医は労基法違反と言い出しました。 無給医の先生おめでとうございます! 無給で働いていた先生は堂々と事務方に無給医ですけどお金を払ってくださいといえば払うべきだった給与に加えて延滞した利息もつけてもらえると思います。 労働時間をできるだけ短くして給与支払を少なくしようという姑息な手段を取る施設が続出すると思います。 電子カルテなのでログを調べれば先生方がパソコンにアクセスし…

  • 「至急」大学病院無給医問題はすぐに弁護士へ相談してください

    大学病院の医師、歯科医師の無給医問題がマスコミで大きく報じられています。 もし該当する先生がいらっしゃったらすぐに弁護士に相談してください。 債権は2年前までしかカウントされないのでできるだけ急いでください。 そしてこの問題は弁護士側にも非常に大きな収入源になります。 弁護士が更なる大きくお金を取れる法的な根拠を持ち出してくれば無給医の先生方にとってはとても大きな収入になります。 医局を辞めたい…

  • 的確に自己評価のできないのがストレスですね

    巷では副業がブームで本屋でもたくさんの副収入の得る方法本が出ています。 医師としてやりがいのみで生きている先生方はとてもすばらしいですしそれが自分の達成感や満足感につながるならばとても健康にもいいと思います。 いろいろな本を読んでいて以下の本が少し自分の生き方を考えるに当たってとても良いサジェスチョンをくれるなあと感じました。

  • 連休中に将来のことを考えている先生方へ

    連休中に悶悶と将来のことを考えている先生方も多数いらっしゃると思います。 連休はじめに行ったた名古屋で開催されていた日本医学会総会でもAIと医療についてのセッションは大人気でした。 学会の性質上すでに人生の下り坂の年齢の先生方が多い学会でさえこの状況です。 これからの医療の世界もAIとIOTで人間の裁量の割合がとても低くなっていくと思います。 そしてそのおかげで全国均一のサービス、そして診断、治療の質…

  • 令和、新時代の幕開け!

    令和になりました。 新たな気持ちで新時代に望むという考え方は大いにありです。 しかし毎日新たなことにチャレンジしていく習慣さえ身につけていれば世間に流されず常に効率的な生き方をすることができます。 一年の計は元旦にありといってわざわざ儀式ばる人々のレベルと元旦という行事に表面的に話を合わせて自分のことを黙々とする人では明らかに成功する確率は違います。 ともかくこれからの令和の時代も自分にとって楽…

  • 平成が終わり令和の時代へ

    平成が終わります。ちょうど平静になったときは高校受験の時でした。 受験というかひたすら勉強をしてきた平成の時代というところでしょうか。 平成は停滞の時代だとかとかく悪い話が世間では多いようですが私的にはそんなことはありませんでした。 高校に入学して医学部に行きそして医師になって様々な経験をして今に至る非常に重要かつ欠かすことのできない時代でした。 令和になって更に飛躍をしていきたいと思います。 …

  • 初期研修医が効率的に研修をおくる方法③

    さて今回でこのお話を終わらせます。 結局本心でなくても相手がそうして欲しいだろうなあと考えてしゃべる、行動するということをすればいいだけなのです。 威張りたい奴には威張らしておく、しゃべりたい奴にはしゃべらしておく。 結局は初期研修の2年間はポリクリみたいなものです。 後期研修からの専門医過程こそがキャリアアップの肝です。 日本人の大好きな減点法は医療の世界でも存在します。 ということで悪目立ち…

  • 初期研修医が効率的に研修をおくる方法②

    さて今回は患者との関わりについて書きましょうか。 昔から医師は患者のために全力で治療をするということが仕事であると。 更に日本では赤ひげ先生のように自分のパーソナルの時間さえも患者に提供するのが当たり前という風潮が昔から当然のようにあります。 さて労働時間については最近は安倍首相の働き方改革やそれに伴う労働基準監督署の指導などが入り少しずつですが変化が見られてきています。 一方で地方では残業時間…

  • 初期研修医が効率的に研修をおくる方法①

    医師国家試験を合格された先生方にいかに2年間の初期研修に胸を躍らされていることと思います。 これから数回にわたり初期研修医が病院研修でいかに効率的に効果的に研修をして医師としてのスキルを身につけていけばいいのかを私見ですが書かせていただきます。 初期臨床研修は2年間は建前として医師として全領域を大まかではあるが経験することに意味があります。 当然興味のない科も回らなくてはいけません。 さて今回…

  • 医師国家試験合格おめでとうございます

    第113回医師国家試験に合格された先生方おめでとうございます。 これから医師として一緒に頑張っていきましょう。 これからの初期研修2年で基本的なものを身につけてそして後期研修から専門医へとまだまだ勉強は続きますが今は自分を褒めてそして遊んでください。 そして4月から医師として新しいステージで活躍されることを祈念しております。

  • 麻酔科のバイト料金が徐々に継続的に下落していきそうです

    麻酔科のアルバイトのお値段がこれから下落していきそうです。 最近の派遣会社からのメールを見ていても少しずつ常勤の年収の減少が見られます。 更に単発の麻酔アルバイトの値段は変化内のですが非常勤の場合の値段が少し下がってきています。 特に首都圏の中心部では顕著です。 更に言うと電車で新宿などのターミナルから1時間以内のアルバイトの値段の下落が見られます。 派遣会社の知り合いにこの話をするとその通りと…

  • 医師不足のネタが大好きなマスコミ、そろそろ本当のことを書け

    また地方での医師数不足の記事が出ていました。しかしマスコミの医師不足のお話もいい加減笑ってしまいます。 医師不足をことさら強調して何が面白いのでしょうか。というかこれで笑いを取ろうとしているあたり面白くないマスコミですね。 抜本的な改革、医師の適正配置、医師の適正な労働、医師数の増員。 以上の結語の言葉で何回も何回も同じようなくだらない記事を書いてお金もらって楽な商売ですね。 実際にどうして…

  • 存在価値のないマスコミと医療

    今回の水泳選手の白血病告白に対する五輪大臣の発言を悪意を持って切り取り報道するマスコミ。 この国がすでに衆愚政治で社会全体が下に向かっていることを象徴しています。 絶対的に強いものに対して何かに因縁をつけて大騒ぎする。 視聴率、販売数を上げるために多数の愚を扇動するようなあおりをして愚かな社会にしていく。 こういう国はただ転げ落ちていくだけなのは歴史が物語っています。 先生方も病院でどうしようも…

  • ビジネスライクな行動が職場労働環境の改善になるのかな

    医療業界の世界でもやっとビジネスライクという考え方がじわりじわりと浸透してきました。 今までだと勉強のためだと若い先生が人手集めで残らされたり病院に呼び返されたり、また有給をとらないというよりもその存在の説明さえもされないということが多々ありました。 最近こういうことが少しずつですがなくなってきているような気がします。 若い先生の育成教育や医者の社会的責任との整合性でいいことか悪いことかを評価す…

  • 麻酔科非常勤医の調査だって(大笑)

    日本麻酔科学会と日本外科学会、日本整形外科学会が合同で麻酔科非常勤医師の勤務を調査するそうです。 何が知りたいんでしょうかね。 アンケートの趣旨はフリーランス医が麻酔科と外科の協調を邪魔して麻酔科医の尊厳を下げているような文言です。 あーあ、言われてしまいました。 昔ながらの年功序列、閉鎖社会のルールVS市場経済のルールの構図を持ち出してしまいました。 これ実は絶対にやってはいけないことだったのに…

  • 不動産投資で騙される医師たち

    最近の若い先生たちは医師の収入以外の収益を考えている方が多いです。 とても大事なことですしすばらしいことです。 勤務先でも数年後の定年が見えているアルバイトの先生はつらそうに電子チャートに目を細めて記入しながら麻酔をかけているという傍から見ていると哀れで惨めで仕方ありません。 いろいろな収入源を手に入れることはとても大事です。 しかし私が考えるやってはいけないのがマルチ、詐欺、不動産投資です。 …

  • 墓穴を掘った日本麻酔科学会の馬鹿なトップ

    さて今回の麻酔科学会地方会でのお偉いさんの講演が大きな反響がでています。 というのもこれフリーランスつぶしに必死になって自分たちの食い扶持のアルバイトを潰すことになりそうです。 まずはフリーランスの無所属と高額なバイト料を非難しています。そりゃ大学のお偉いさんはみんな威張りたいから仕方ありません、統制されない奴は処刑したいでしょ。 しかしここで大きな問題です。高額なバイト料がフリーランスが大儲け…

  • 麻酔科フリーランス叩きが進行中、カウンターでどつき返したろうよ

    麻酔科フリーランスに対する風当たりがつよいですね。日本麻酔科学会の専門医制度の変更から風が一気に強まりました。 どこぞの外科学会が麻酔科非常勤に関するアンケートコメントを抽出してtwitterで出したりと盛りだくさんです。 さてフリーランスになりたい先生方は厚労省の専門医制度に対する強い態度についていろいろ考えられていると思います。 若い先生方にとって専門医は必要かといわれれば素直にYESといえます。 専…

  • 医療界の女性差別、視界不良の医療業界

    東京医大の裏口入学問題が大きな話題になってとんでもないパンドラの箱を開いてしまいましたね。 女子受験生差別などまあ今まであったことを一般人にも知れるようになったから大変です。 麻酔科専門医の週3日同一施設に始まりこの流れで行くと女医のキャリア、医者の労働環境という今まで大きく取り上げたくない分野への扉を開けてしまいました。 実際のところ女医さんの労働環境、子育て環境は良くないのは事実です。 更に…

  • 麻酔科フリーランス医は負けないですよ

    日本麻酔科学会が同一施設週3日の勤務を専門医の条件に加えてきました。 これにより複数の施設で契約している麻酔科医は専門医を継続するのが難しい状況になります。 週3日を常勤或いは非常勤として所属して残りの日を他施設で働いたり遊んでいる先生には全く問題ありません。 一方で自分の時間を大切にしたい、いろいろな施設で働きたい先生方は専門医の継続が無理な状況になりました。 昨今の麻酔科医の不足による市場原理…

  • 専門医継続のための簡単な方法

    麻酔科専門医を継続する価値があるのかないのかは個人の判断です。 しかしあるに越したことはありません。 最近専門医の有無で日給が違う施設が増えてきました。私の行く施設でも専門医の有無で2万円の差があります。 継続を維持する煩わしさと天秤にかけて判断されるのが良いと思います。 専門医のポイントラリーはe-learningで十分です。学会中にバイトに出れば必要単位分購入してもおつりが来ます。 専門医の維持で一番…

  • フリーランス医の実際の日給。私の場合は、、、

    フリーランス医になって実際いくら稼げるのかものすごく気になると思います。 科、時間帯、地域などでものすごくばらつきがあるなあというのが実感です。 まわりにフリーランスの先生がいない場合、今までの自分のアルバイト料や派遣会社の日当を参考にするしかありません。 たとえば医者の掲示板など匿名で書けるところでは自慢したい先生は本当のことをお書きになっています。 ポッターで心外麻酔を夜のオンコール付で30万…

  • フリーランス医の将来性

    フリーランス医師の将来はどの様になるのでしょうか? 一家の大黒柱なのかママさんなのかでも大きく違うと思います。 医療業界でもそろそろ一般社会並みの審査制度つまり技量、コミュニケーション能力、職歴、保有資格などで給与が決まる時代が到来すると思います。 常勤医はどの科の先生も学年が同じ、入職が同じだと同じ給与が一般的ですがこの状態がこれからも続くとは考えられません。職業に貴賎なしが現実的でないように…

  • フリーランス医のキャリア

    フリーランス医のキャリアパスは何?と思われると思います。 答えは簡単で一般的な社会的評価基準では何もないということです。 教授とか院長とか部長など名刺に書きたいと思うような先生がフリーランス医にはならないでしょう。 医師という社会的地位だけで満足するのがフリーランス医です。 さてキャリアパスを考える上で何を重視するかということです。 ここでは二通りの考え方があります。 ①時間が余っているから簡単…

  • フリーランス医の老後の備えについて

    フリーランス医になるということは退職金の放棄ということになります。 老後の資金として退職金をあてにしていた場合それを自分で補わなければいけません。 資産を増やしておく、或いは老後安定して受け取ることができる自分年金などいろいろな方法で資産を形成しておくことを今回はお話します。 ☆できるだけ仕事を増やして収入を増やす ☆株式や不動産投資で増やす ☆確定拠出年金(iDeCoイデコ)や投資信託などで自分…

  • フリーランス医師の税金、社会保障

    医局に属していると大学病院や関連病院で常勤医として働くので社会保障、税金に関しては何も心配する必要はありません。 さて、フリーランス医師になった場合どのような税の変更があるのかを今回は書いていきます。 まずは確定申告は自分でするということです。今までも2箇所以上から給与をもらっていた先生方はされていたと思います。 フリーランスになった場合は病院からの給与支払いはもともとある程度税金を考慮して引…

カテゴリー一覧
商用