chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • この次は、どんなことを考えて、どんなことを試してみますか?

    もし上手くいっていないのなら、 今までとは少しでも違うことを試してみよう。 今までと同じ発想、 やり方を繰り返しても、 上手くいくことはあまり期待できない。 上手くいかない状況から学んだことをとりいれて、 少しずつでも改善していこう。

  • 先延ばしせずに、いま何をしますか?

    簡単で楽な方向に流されないように、 気持ちを引き締めよう。 その時のことだけを考えれば、 誰でも楽で簡単な方を選びたくなる。 そちらを選べば楽かもしれないけれど、 将来その分の代償を払うことになる。

  • 人がどうかではなく、自分が何をしますか?

    人がどうかではなく、 自分が何をしているのか、 どうするのかを考えよう。 評論家のように人の批判をしていても、 自分自身には何も役に立たない。 人の批判をすればするほど、 自分の成長のことを見失うことになる。

  • 絶対に成し遂げたいことは何ですか?

    どうしても成し遂げたいという情熱が、 どれだけあるか考えてみよう。 知識や情報も大事だが、 理屈では表せない熱意は、 大きな原動力になる。 強い願望があり、 目標がハッキリしていれば、 困難があっても必ず前進できる。

  • いま起きていることから何が学べますか?

    年齢と経験を重ねたとしても、 学ぶことはどんな時でも意識するようにしよう。 現状に満足して安定して、 学ぶことをしなくなると、 そこからは衰退する。 どんな時でも、 どんな人からでも、 何を学べるかを考えてみよう。

  • 一般論ではなく、自分の経験からどんなことを学びましたか?

    実際に行動して、 自分で経験することで、 そこから何かを学んでいこう。 どんな本に書かれていることよりも、 自分で経験することの方が価値がある。 他の人から見ても、 経験している人とそうでない人では、 説得力も違ってくる。

  • いまは何を優先しますか?

    限られた時間の中で、 何を優先するのかを考えていこう。 残されている時間が限られていると考えれば、 必然的にやることは決まってくる。 時間は限られているし、 今この時間はもう戻らないということを認識しよう。

  • どんなことに関心をもっていますか?

    いろんなことに興味や問題意識をもって、 そこから何かを考えるようにしてみよう。 同じものを見ても、 そこから何かに気づく人と、 何も感じない人がいる。 気づくか気づかないかの違いは、 その後のあらゆることの差になって表れてくる。

  • 今どんな気持ちになっていますか?

    自分の中の否定的な気持ちが、 健康面に影響しないように注意しよう。 気持ちの中だけに留まらず、 体に兆候として出てくると、 状態は更に悪くなる。 そうならないためにも、 早めに対処して、 気持ちを早く切り替えていこう。

  • 最善を尽くそう

    今日一日に集中し、 今日一日ベストを尽くすことに、 意識を傾けよう。 未来について、 いろんなことが頭の中をめぐり、 気になるかもしれないがまず目の前の、 今日一日に集中しよう。 それが結果的に、 未来を築くことになる。

  • 今しなければ、将来後悔しそうなことは何ですか?

    考えていることは行動に移して、 将来後悔しないようにしよう。 結果はどうであれ、 行動すれば納得はできるし、 先に進むことができる。 何も行動しなければ、 この先ずっとそのことが頭に残ることになる。

  • どんなことに関心があって、いま何をしようとしていますか?

    好奇心と勇気をいつも持ち続けて、 新たなことを経験していこう。 何かを新たに始めるためには、 そこに興味と行動が必ず伴う。 そこがうまく回転していけば、 可能性も更に広がっていく。

  • どんなことを時間をかけ取り組んでいますか?

    結果が出るまでには、 それなりの時間がかかるということを認識しよう。 すぐに簡単にできることは、 逆にすぐに消えてしまうし、 本質的なことにはならない。 時間をかけ継続してきたことは、 その人の能力を確実に高めてくれる。

  • いま起きていることの、問題点、解決法、行動プランはどうなっていますか?

    問題を指摘すること、 議論することだけで自己満足しないように気をつけよう。 どのような結論を出し、 これからどう行動していくのか、 具体的なものがなければ 議論するだけで解決には至らない。 時間を無駄にしないよう、 目標に集中しよう。

  • 自分のことをどう評価していますか?

    自分のことを、 他の人にどう表現しているかを考えてみよう。 自慢するということは、 こう見られたいという満たされていない意識が反映されている。 まだ満たされていない、 認められたいという気持ちがなくなることを目指していこう。

  • 少しだけ変えるとしたら、どこを変えてみますか?

    少しの違いや変化を大切にして、 そこを大きな価値に変えていこう。 派手で大きなことでなくても、 少し変えるだけでも新たな価値は生み出せる。 わずかな違いがもらたす持つ意味が分かれば、 今やるべきことも見えてくる。

  • 障害を乗り越えた先を、どうイメージしますか?

    いま苦しいことも、 乗り越えれば、 それはいずれ必ず役に立つと考えよう。 逆に障害がなければ、 それを経験することで得られることもなくなる。 成長する過程で障害は必ずあるし、 その乗り越えた先をいつもイメージしよう。

  • 後の人生でどう生かすか

    いま起きていることを、 これからのためにどういかせるのかを考えよう。 良いことも悪いことも、 そこから何が学べたかを常に考えて、 長期的な視点でみていこう。 一時的なことで、 深刻になり過ぎないように注意しよう。

  • まず何から始めてみますか?

    準備が完璧にできるまで待たないで、 ある程度の時点で行動に移していこう。 全てが計画通りに進むことはないし、 準備に時間をかけ過ぎると、 逆に動けなくなる。 まず始めてみて、 経験しながら修正を重ねていくことで、 前に進んでいこう。

  • もっとどんな行動をしていく必要がありますか?

    自ら何か動くことで、 今までにはない可能性と運気を広げていこう。 新しいことをして、 その回数が多ければ多いほど、 チャンスが多くなる。 自分がつくり出さなければ、 待っていても都合よく運は味方してくれない。

  • とりあえず何から始めてみますか?

    考えすぎてしまうことで、 逆に行動できなくなる悪循環に陥らないようにしよう。 完璧を求めて、 準備をし過ぎると、 最初に一歩がなかなか踏み出せなくなる。 ある程度の決心ができたら、 まず始めてみて、 軌道修正していこう。

  • 後の人生でどう生かすか

    いま起きていることを、 これからのためにどういかせるのかを考えよう。 良いことも悪いことも、 そこから何が学べたかを常に考えて、 長期的な視点でみていこう。 一時的なことで、 深刻になり過ぎないように注意しよう。

  • 現在のこの一瞬に集中

    いま何をしなくてはいけないのか、 そこに集中してやるべきことを実行しよう。 過去のことを引きずっても前には進めないし、 未来の理想論ばかり考えていても 現実的にいま行動しなければ、 前には進まない。 いま動かなければ理想には近づけない。

  • どうすればもっと時間を有効活用できますか?

    自己満足することと、 仕事の成果が結びついているかを考えてみよう。 働くことを、 時間を基準にして考えると、 努力と価値を勘違いすることになる。 時間に見合った成果が生み出せるような時間管理をしていこう。

  • いま周りの人にどんな感情を持っていますか?

    自分が他の人にしていることは、 自分自身を表していると考えてみよう。 自分がどんな気持ちで、 どんな状態かは、 自分ではなかなか気づけない。 他の人に対する感情や態度から、 自分の状態を振り返ってみよう。

  • 将来の可能性を追求するために、どんなリスクを覚悟しますか?

    致命傷になるようなリスクでなければ、 思い切って行動に移してみよう。 100%の確信と自信が持てるまで待っていたら、 ほとんどのことは実行には移せない。 リスクと可能性のバランスを考えて、 どこかの時点で決断をしよう。

  • いまどんな変化を感じていますか?

    変化の兆しを早く察知して、 変化に適応できるようにしていこう。 自分がどうであれ、 周りの環境は自分の意志とは関係なく変化していく。 変化に対応して適応しなければ、 現状は今のままいつまでも続かない。

  • どこへ行きたいですか?

    どんな時でも、 希望が持てる方向に目を向けて、 そこをイメージしよう。 まずはどこを目指すのか、 そしてどうやってここからたどり着くのかを考えよう。 現実を見ることは大事だけれど、 そこばかりだと希望は持てなくなる。

  • 過去の経験から得た教訓をどう活かしていますか?

    過去の経験を、 未来の希望のために、 役立てていこう。 いつまでも過去を引きずっていても、 未来に良い影響は及ぼさない。 過去ではなく、 現在と未来に目を向けて、 何ができるかを考えよう。

  • 本当の問題は計画性のなさ

    いま起きている事実だけでなく、 そこに至る根本原因に目を向けよう。 元々その原因となることを、 きちんと防げていれば、 問題は起きなかったかもしれない。 起きてしまった結果だけを嘆いていても、 問題は何一つ解決することはない。

  • 本から学んだことを、どのように自分に役立てますか?

    本から学んだことを、 自分なりに解釈し考え、 そこから答えを導こう。 自分にとって何が大切で、 どうすべきなのか、 答えは人それぞれ違ってくる。 自分で答えを導く力をつけなければ、 本や他人に頼る人生になってしまう。

  • いまどんなことに感謝しますか?

    良いことも悪いことも、 いろんな経験ができていることに感謝しよう。 批判や不満ではなく、 どんなことにも感謝すれば、 意識は自然と変わる。 自分の物の見方と考え方が、 いまの状況をつくりだしている。

  • いまどんな予兆を感じ、いま何をしなくてはいけないと考えていますか?

    これから環境がどう変化していくかを察知して、 早めに対策をしていこう。 いまと同じ状態が続く保障はなく、 変化しなければ、 やがて対応できなくなる時が来る。 この先の流れを読んで、 今から対処すれば、 環境の変化と共に成長していける。

  • どんな言葉が、最近気になっていますか?

    どんな言葉が使われているか、 言葉からアイデアを引き出してみよう。 同じものでも表現する言葉は違うし、 使う言葉によって相手に伝わる印象も違ってくる。 言葉からイメージを広げていくことで、 可能性の範囲も広げていこう。

  • この次はどんなことを試してみますか?

    上手くいかないことがあっても、 そこで止まらずに次に進んでいこう。 立ち止まって考え込んでしまうと、 次に進むエネルギーも下がってしまう。 次へ次へと意識を前向きに進めていけば、 道は開けてくる。

  • どんな人と比べると、今の自分はどうだと思いますか?

    辛く苦しい時には、 自分よりもっと苦しい人がいると考えてみよう。 どこを比較基準にするかで、 直面している状況のとらえ方は変わってくる。 比較対象を変えることで、 自分の気持ちのコントロールをしていこう。

  • いま自分自身が考えて、行動できることは何ですか?

    自分に都合の良いように、 環境が変わると期待しないようにしよう。 不確かな要素に期待して、 それを待っていても、 変わる可能性は低い。 環境は変わらないのだから、 自分が変わることで、 前に進んでいこう。

  • あなたにとっての原則とはどのようなことですか?

    原則として揺るがず持ち続ける部分と、 変化させていく部分が何かを見極めよう。 核としてしっかりさせておく部分が何かを分かっていなければ、 環境が変化するたびに 動揺し不安を感じることになる。 原則を見失わなければ、 道筋はやがて見えてくる。

  • どんなことを自らの意思と行動で変えようと思いますか?

    周りの環境が変わることに期待するのではなく、 自らの行動で変化していこう。 自らが変化していかなくては、 受け身の姿勢で居続けることはリスクが大き過ぎる。 どちらにしても変化しなければリスクがあるのなら、 自らの意思で変化しよう。

  • どうやって気持ちを穏やかにするように心がけていますか?

    悲しいことも辛いことも、 それはずっとは続かないと考えてみよう。 どんな人にも、 良いことも悪いことも、 どちらも必ずいつかは訪れる。 なくすことはできないのだから、 どううまく付き合って、 乗り越えるかを考えよう。

  • 才能とは持続すること

    小さなことでも持続していけば、 それは大きな財産と自信になっていく。 一時的にできただけでは、 長期的な成長と安定にはつながらないが、 持続できることであれば、 見た目の変化は小さくても、 強固な基盤を築くことになる。

  • いま集中してやるべきことは何ですか?

    今やるべきこと、 できることに集中して、 全力を出してそれに取り組もう。 いろんなことを考えやろうとしても、 どれも中途半端になったのでは意味がない。 一つずつ集中してやっていけば、 その積み重ねが大きな成果につながる。

  • どんなことを試してみようと思っていますか?

    見たり聞いたりしたことをもとにして、 いろんなことを試してみよう。 試したことが上手くいくかは分からないけれど、 試してみなければ何も始まらない。 実際に試してみれば、 そこから学ぶことも出てくるので、 必ず進歩につながる。

  • どんなことをテーマにして、これから動いていきますか?

    自分の目指すこと、 大事にしていることが何なんか考えてみよう。 何も目的もなく過ごすのと、 何かを目指しているのでは、 毎日の気持ちも違う。 大きな目標でなくてもいいから、 何か自分の中のテーマを見つけてみよう。

  • 相手の気持ちをどのくらい理解していますか?

    自分中心の発想ではなく、 相手の本音が何かを中心に考えていこう。 優れた分析や計画をするためには、 そのもとになる情報が正しくなければならない。 先入観や自分側の思いを一旦捨てて、 相手の声に耳を傾けてみよう。

  • あなたにはまだ気がついていない隠された能力があると思いますか?

    大抵の人はまだ自分で気がついていない強みを持っている。 自分はこういう人間なんだという思い込みがあると、 それは見えてこない。 眠ったままになっている能力に早く気がついて、 それを引き出していこう。

  • 先延ばしせずに、今日から何を始めますか?

    先延ばしする習慣を改め、 すぐに行動に移すように心がけよう。 先延ばしは簡単に楽にできてしまうため、 一度その習慣がつくと元に戻すのは難しい。 楽な選択をした代償は後々出てくるのだから、 すぐに行動するようにしよう。

  • 自分の考えの元、どんな行動をとっていますか?

    人がどう思うかではなく、 自分がどうしたいかを中心に考えよう。 世の中には必ず否定的で、 安全志向のことしか言わない人がいる。 その人たちは無責任に評価するだけなのだから、 自分の思い通りに行動しよう。

  • あなたが目指している地点はどこですか?

    自分がなりたい、 進みたい、 達成したい未来に目を向けよう。 そのためには、 目指す方向、 地点がハッキリしていなければ 目を向けることはできない。 イメージできない所にはたどり着きようがない。

  • まだ完了していないことを、先に片付けませんか?

    ストレスの原因にもなる未完了のことは、 早く片付けて次に進んでいこう。 まだ完了していなければ、 そのことについて常に意識をとられていることになる。 スッキリさせて、 次のことに集中するためにも、 未完了をつくらないようにしよう。

  • どんな考え方ができるようになりたいですか?

    人の考え方は、 そう簡単には変わらないということを意識してみよう。 何かを読んだり聞いたりしても、 考え方はそう簡単に変わるものではない。 その前提で考えれば、 毎日習慣として意識することが、 どれだけ大事かが分かる。

  • やればできるという気持ちになるために、どんなことに目を向けますか?

    やればうまくいくという感覚を、 早く実感できるようにしよう。 小さなことでもうまくいけば、 それをきっかけにして、 プラスの循環が生まれてくる。 早い段階でよい循環をつくり回転させれば、 考え方と行動に弾みがつく。

  • 起きてしまった問題から、何を学び、どんな点を改善しますか?

    同じような問題が繰り返して起きていないか、 チェックしてみよう。 問題が起きることは仕方ないが、 同じ問題が何度も起きていれば、 それは根本的な 解決ができていないことになる。 一時的なことで処理すれば、 何度も同じことは起きる。

  • 助けることではなく、自立させることを考えてみませんか?

    どうすれば相手が自らの意思で行動するようになるかを考えてみよう。 指示され義務的にやることと、 自らの考えに基づいてやるのでは、 同じ行動だとしても 意味がかなり違ってくる。 相手を助けることではなく、 相手が自立することを考えよう。

  • どんなことはできると信じていますか?

    どうすればできるのか、 できるという方向に意識を集中させよう。 できない言い訳を挙げると、 その理由はいくらでも出てきてしまう。 小さなことでもできる方向に目を向けなければ、 前には進めない。

  • いま行動しなければ、どうなってしまいますか?

    どれだけ真剣に、 必死になっているのかを、 一度考えてみよう。 追い込まれてもう後がないところまでくれば、 誰でも真剣になり、 行動を起こす。 そうなるまでに、 もっと早く動けるように、 気持ちを切り替えていこう。

  • いま持っているスキルを使って、どんなことを実践していますか?

    今あるものを使って、 進行しながら、 改善を繰り返すようにしていこう。 頭で考えているだけでなく、 実際にやってみれば、 気づかなかったことも見えてくる。 気づきが多くなれば、 可能性も広がり、 成長スピードもアップしてくる。

  • 良い習慣と悪い習慣とはどんなものですか?

    良くないと思われることは、 習慣にならないように、 早めに断ち切ろう。 先送りすればするほど、 感覚は鈍くなってくるし、 断ち切ることもできなくなる。 逆に良い習慣は、 最初はつらくても続けていれば、 それが当たり前になってくる。

  • イライラした時には、どんなことを考えるようにしていますか?

    周りの人に、 どれだけ優しく接することができているかを、 振り返ってみよう。 自分の気持ちが不安定で未熟であれば、 少しのことでも苛立ってしまう。 気持ちの自己コントロールをし、 相手を思いやる気持ちを持てるようになろう。

  • 周りの人をどんな気持ちにしてあげたいですか?

    自分が得ることだけでなく、 周りの人に対して何ができるかを考えてみよう。 自分中心の考えは自己満足度は高いかもしれないが、 価値としての豊かさはない。 得るものと与えるもののバランスを考えて、 豊かな気持ちになれるようにしよう。

  • どんな時に最も集中力が必要だと思いますか?

    集中して全力を尽くす時と、 リラックスできる時と、 時間のメリハリをつけよう。 どこかで集中力の強弱をつけないと、 本当に必要な時に集中できなくなる。 メリハリがなければ、 いつも平均的にしか、 意識を集中できなくなる。

  • どんなことを成長できていると感じる基準にしていますか?

    他人との比較ではなく、 以前の自分に比べ、 どのくらい成長できているかを考えよう。 向上心を持ち、 目標に向かって進んでいれば、 少しずつでも成長していくことはできる。 小さなことでもいいから、 確実な成長を実感できることを続けていこう。

  • どんな考え方をすれば、もう少し気持ちにゆとりが持てそうですか?

    完璧を求めすぎて、 自分自身を追い込みすぎないようにしよう。 向上心を持つことは大切なことだけれども、 それがストレスになり負担になれば 持続しないし、 精神的にもよくない。 自分に適したペースを考えてみよう。

  • いま起きていることを、どのように見て感じていますか?

    どんなものの中にも、 何か良い点を見つけられるようになろう。 同じものを見ても、 その人の考え方次第で、 見えてくるものは違ってくる。 どんなものが見えて、 どう感じるかは、 その人の心の状態を表している。

  • 気分を紛らわせるために、たまにはどんな考え方をしてみますか?

    完璧を求めすぎないで、 うまく現状と付き合っていけるような考え方をしてみよう。 自分で考え方を変えていかなければ、 気分は外的要因に左右され続ける。 少しでも気分を紛らわせる術を身に着ければ、 気持ちはもっと楽になる。

  • いま感じている危機感を、どうチャンスに変えていきますか?

    いま危機感を持っていることは、 変化するチャンスだと考えて、 前向きに進んでいこう。 多くの人は、分かっていても、 身に迫る危機感を感じるまで、 なかなか行動できない。 追い込まれる、辛いと感じていれば、 そこから変化できるきっかけが見えてくる。

  • 自分では変えられないことに、意識を向けすぎていませんか?

    自分が進みたいという方向に目を向け、 そのためにできることを実行していこう。 周りの環境のことをいくら悩み考えても、 自分ではどうにもできないこともある。 自分で変えられないことを考えるよりも、 自分ができることを確実にやっていこう。

  • 勇気を出して何をしますか?

    自分がこうなりたいと思う未来に向けて、 勇気を出して行動していこう。 誰もが能力はあるのに、 結果の違いは、 それをどう実行に移したか次第になる。 勇気を出して実行していけば、 必ずそれに見合った前進はできる。

  • どんな希望を持っていますか?

    自分の視点と考え方を変えることで、 希望をみつけ、 そこに向かって進んでいこう。 外部要因に頼っていても、 自分に都合よく希望が見つかるとは限らない。 事実は変えられなくても、 見かたを変えれば、 気持ちは変えることができる。

  • 情報の取捨選択を、どのような基準で行っていますか?

    入ってきた情報は、 自分の中で取捨選択して、 何を残すかを考えてみよう。 毎日どんどん入ってくる情報を、 全て信用し、 取り込むことには無理がある。 情報の見極めをして、 雑音のような情報に振り回されないように注意しよう。

  • 勇気を出してどんなことをしますか?

    勇気を出して行動することで、 今までにはない未来を築いていこう。 何かを変えるためには、 新たな行動が必要で、 そのための勇気も必要になる。 そのハードルは高いけれど、 自分の望む未来に一歩近づける。

  • どんな点を改善すれば、今よりもっと早くできると思いますか?

    考えるだけでなく実行すること、 そして実行するスピードを意識しよう。 考えていることを実行しなければ、 何も起きないし、 現状が変化することもない。 確実に実行し、 どうすればもっと早くできるかを、 次に考えていこう。

  • 直ぐに結果が出なくても、どんなことは続けていきますか?

    今がどんな状況であろうとも、 今できることを全力を尽くしてやっていこう。 普段から地道なことでも続けていれば、 チャンスにも気づくし、 決断も早くできる。 いつどんなチャンスが訪れても直ぐに動けるように、 準備しておこう。

  • これからはどんな考え方をするようにしますか?

    考え方を変えることで、 自分の将来を、 自分の思い描くようにしていこう。 考え方がネガティブだと、 いつまでたっても良い方向に変えることはできない。 無理やり強引にでもいいから、 考え方を変えて、 変化するきっかけをつくってみよう。

  • これからどんな経験をもっと積み重ねていきたいですか?

    小さなことでも長期間積み重ねれば、 大きな信頼と自信がつくことになる。 目の前の一時的なことや、 損得だけを考えて行動していたのでは、 信頼は得られない。 自信と信用は、 すぐには手にできないが、 手にすれば大きな財産になる。

  • これからどんな経験をもっと積み重ねていきたいですか?

    小さなことでも長期間積み重ねれば、 大きな信頼と自信がつくことになる。 目の前の一時的なことや、 損得だけを考えて行動していたのでは、 信頼は得られない。 自信と信用は、 すぐには手にできないが、 手にすれば大きな財産になる。

  • これからはどうなろうと思っていますか?

    常に気持ちは前向きに、 過去ではなく未来に目を向けて進んでいこう。 今から頭を切り替えて進んでいけば、 未来は今までとは違ったものになる。 いつまでも過去を引きずっていては、 いつまでも現状は変えられない。

  • これからはどんな言葉を使って、どんな態度をするようにしていきますか?

    普段からどんな言葉を使って、 どんな態度をしているかを振り返ってみよう。 自分の気持ちは、 意識していなくても、 自然と言葉や態度に表れてくる。 逆に気持ちを変えるために、 意識して言葉や態度を変えてみよう。

  • いま直面していることに対して、どんな考え方で対処していきますか?

    その時は辛いかもしれないが、 苦難を乗り越えれば、 今よりもその分強くなれる。 誰にでも、 いつか必ず苦難は訪れるし、 それを避けて通ることもできない。 どうその苦難に立ち向かい、 乗り越えるかが、 その人の人間力につながる。

  • 少しでも前進するために、毎日どんなことをしていますか?

    自分が目指すことを決めたら、 そこに向かって進むことだけを考えよう。 途中で迷いや挫折はあるかもしれないけれど、 進まなければ何も変えられない。 少しずつでも確実に進んでいけば、 その積み重ねが大きな成果につながる。

  • 結果が出るまでにどのくらいの時間は必要だと考えていますか?

    焦らずに、 いつチャンスが訪れてもいいように、 普段から準備をしておこう。 今やっていることの結果は直ぐには出ないし、 長期的な視点で物事を見なくては、 直ぐにあきらめてしまうことになる。 普段からの積み重ねが、 後々の結果につながる。

  • どんなことに気づき、どんなことを学んでいますか?

    いつまでも、 どんなことからも、 学ぶ気持ちを持ち続けよう。 新しいことに目を向け、 学ぶ姿勢があれば、 気持ちは前向きになれる。 学ぶことに対する意識が低下することは、 老化している兆候だと考えよう。

  • 経験を増やすために、どんなことを心がけていますか?

    自分が経験したことから学んだことを、 将来のために役立てていこう。 知識は同じことを習得できるけれど、 経験は本人だけがそこから学べる。 良いことも悪いことも、 経験が多ければ、 その分学べることも多くなる。

  • あなたには何ができると信じていますか?

    できる、 やれるという発想からスタートして、 気持ちを前向きに進んでいこう。 できない原因を考えることも必要だが、 そこに意識が行き過ぎると前に進めなくなる。 必ずできると信じて始めることで、 自分の中に良い思い込みをつくっていこう。

  • 将来どうなれるとイメージしていますか?

    無意識のうちに心配し過ぎて、 マイナス思考にならないように注意しよう。 心配して不安になってばかりいると、 自然と将来もその方向に進んでしまう。 自分の意志で考え方を変えなければ、 その先の結果も変わることはない。

  • 視点を増やすために、どの立場から問題を見てみますか?

    どうすれば今までとは違った視点で見ることができるのかを考えてみよう。 問題が起きた時と同じ考え方をしていても、 問題を解決できる可能性は低い。 新たな視点を増やしていくことで、 問題解決能力を高めていこう。

  • 将来予測に対して、次にどんなことをしようと考えていますか?

    好調な時こそ、 新たな一手を考えて、 更に成長できるようにしていこう。 安心して危機感がなくなると、 今の状態が何もしなくてもずっと続くと勘違いしてしまう。 環境が変化すれば、 必ず流れも変わるのだから、 好調な時に次の動きを考えよう。

  • いつかではなく、いま何をしますか?

    今できることを、 後悔しないように、 ベストを尽くして行っていこう。 いつかいつかと考えていても、 できる時は永久に来ないかもしれない。 今しかないと考えれば、 必然的に何をするのかもはっきりしてくる。

  • 忙しくても充実できるようにするには、どんなことが必要ですか?

    限られた時間のなかで、 最大限にできることを考えていこう。 忙しくて時間がなければ、 いまあるものの中で何ができるかを考え 時間をつくり出す工夫をせざるを得ない。 いまの状況を上手く利用していこう。

  • 相手の認識が自分と同じだと思い込んでしまっていませんか?

    周りの人は自分と同じ認識とは限らないという前提で、 考えるようにしてみよう。 問題意識に違いがあれば、 問題解決について話しても、 意見はなかなかまとまらない。 同じ認識で、 同じ方向に意識を向ければ、 話し合いも前向きに進んでいく。

  • どんなことをすれば、今の成長スピードを倍にすることができますか?

    時間をかけることや我慢することが目的なのではなく、 どれだけのことをその間にやったのかを基準にしよう。 多くのことをより短い時間で習得できる方法を考えてみよう。

  • 反発ではなく、違う意見をどう受け止めますか?

    自分に対して指摘をしてくれる意見にも耳を傾けられるようになろう。 自分に都合がよく、 心地よいことだけをしていても、 成長はできない。 違う意見も聞き、 それを自分のために取り入れれば、 さらに成長できる。

  • いつも見ている光景を、少し違った視点で見てみませんか?

    興味と好奇心を持ち、 今までしてこなかった視点や発想で物事を見てみよう。 まずアンテナを立て関心を持たなくては、 見えるはずのものも見えてはこない。 誰もが見ていることでも、 視点を変えて何かに気づけば、 大きな違いを生み出せる。

  • 真剣に、絶対に達成したいと思っていることがありますか?

    真剣な気持ちがどれだけ周りに伝わっているのか考えてみよう。 周りのことを思いやる気持ちも大切だけれども、 自分がどうしたいのか という気持ちを大事にしよう。 どれだけ真剣なのかで伝わり方も違ってくる。

  • 時間の使い方をどう変えれば、もっと充実できそうですか?

    過去、 現在、 未来を意識して、 どう時間を使っていくのかを考えてみよう。 誰にも同じ時間はあるけれど、 その使い方によって、 時間の価値は大きく違ってくる。 自分が満足でき充実できる時間の使い方ができるように、 時間管理をしていこう。

  • 毎日どんなことに感謝していますか?

    いま毎日当たり前だと感じていることに感謝して、 何ができるかを考えよう。 特別なことをしなくても、 当たり前のような毎日から、 何かを見つけることはできる。 派手なことや特別なことばかり目を向けていると、 見えるものも見えなくなってしまう。

  • 弱みより強みに目を向けることで、気持ちはどう変わりますか?

    マイナス面よりもプラスの面に目を向けなければ、 成長することはできない。 弱みや欠点は気になるかもしれないが、 最低限許容できるレベルであれば そこに意識を向けるより、 伸びる可能性のある強みに目を向けよう。

  • どこにエネルギーを集中させれば、最大限の効果が期待できますか?

    エネルギーを一点に集中させることで、 力を最大限に発揮していこう。 同じ力を持っていても、 それを一点に集中させている人と、 散漫になっている人では、 効果の表れ方に違いがある。 集中できているほど、 エネルギー効率は高くなる。

  • 失敗から何を学びましたか?

    失敗した経験を次に活かせば、 いまより良くなると、 前向きに考えよう。 失敗すれば、 何が悪かったか、 何を変えればいいのか気づくことができる。 気づかずに中途半端に進むより、 早く気づき、 今からでも修正した方が良い。

  • 今の気持ちを、文章でどう表現しますか?

    自分の考えや気持ちを、 文章に書くことで、 思考能力を高めていこう。 頭の中で思っていても、 それを適切に表現することは、 考えている以上に難しい。 書くということは、 相手に伝える能力を高めることにもつながる。

ブログリーダー」を活用して、かたぐるまさんをフォローしませんか?

ハンドル名
かたぐるまさん
ブログタイトル
名言に学ぶ
フォロー
名言に学ぶ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用