札幌発、設計事務所で注文住宅を建てるブログ
住所
東区
出身
ハンドル名
Matsuさん
ブログタイトル
札幌発、設計事務所で注文住宅を建てるブログ
ブログURL
https://meltdown720.com/
ブログ紹介文
札幌でペーパー一級建築士が設計事務所にお願いして注文住宅を建てるまでを中心に書いていこうと思います。
自由文
-
更新頻度(1年)

40回 / 260日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2018/02/18

Matsuさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(IN) 20,149位 20,624位 20,637位 17,922位 15,646位 15,531位 15,334位 969,674サイト
INポイント 10 20 10 10 10 10 10 80/週
OUTポイント 70 150 260 620 160 260 270 1,790/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 275位 283位 294位 233位 196位 191位 191位 23,305サイト
一戸建 建築設計事務所(施主) 4位 5位 5位 4位 4位 4位 5位 228サイト
一戸建住宅(施主) 12位 12位 14位 12位 11位 11位 11位 1,111サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 6,826位 6,448位 5,935位 5,800位 5,845位 5,961位 6,307位 969,674サイト
INポイント 10 20 10 10 10 10 10 80/週
OUTポイント 70 150 260 620 160 260 270 1,790/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 112位 101位 84位 84位 87位 90位 99位 23,305サイト
一戸建 建築設計事務所(施主) 1位 1位 1位 1位 2位 2位 2位 228サイト
一戸建住宅(施主) 8位 7位 7位 6位 6位 6位 9位 1,111サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,674サイト
INポイント 10 20 10 10 10 10 10 80/週
OUTポイント 70 150 260 620 160 260 270 1,790/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23,305サイト
一戸建 建築設計事務所(施主) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 228サイト
一戸建住宅(施主) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,111サイト

Matsuさんのブログ記事

  • 早くしろ!間に合わなくなってもしらんぞ!!

    工事中に、城下さん(HSデザイン)から 「外壁に面した壁に穴を開けたり棚を付ける希望があるなら、断熱を入れる前に言ってください」 と言われていました。 断熱を入れた後だと、壁に穴を開けたり棚を付ける「下地」を入れることができなくなるためです。 「その辺はぬかりありやせん!!」 って思っていたんですが… 先日、やってしまいました。 今年の札幌は過去にないほどの猛暑! そんな中、現場に行ってみると 「とにかく暑い!!」 窓を開けても思っていたより風が通らない感じ… 今の住まいがマンションの11階なんですが、やっぱり2階建ての戸建てとは全然風の通りが違いますね。 今までの人生ではエアコンなどには頼らない生活をしていましたが、ここにきて 「寝室にもエアコンが欲しい…」 ってなっちゃいました。 しかしこの時点で外壁のガルバまで貼り終わっている状態…! 今更だなぁ…と思いつつ、(恐る恐る)切り出してみました… 「実は…今更なんですが、寝室にエアコンを付けられないかと…」 !! 「まぁこの暑さですからね。 うちも寝室にエアコンがないからリビングで寝てます(笑 仮につけるとしたら、例えば…」 (出た!頼りになる「例えば」) 結論としては 「できますよ。 内壁のボードを貼る前だったので(全部終わった後にやるよりは)まだマシですね(笑」 ということで、さっそくエアコンの位置や配管の通し方などを打ち合わせ。 すぐに設備屋さんにも確認してくれて、エアコンをつける方向になりました。 一部、作業が後戻りになってしまいましたが…相談してみて良かったです! (当然、その分の費用は掛かりますけどね。) 何とかエアコンの排気を付けられました。 寝室からトイレを通して外部に出してもらいました。まだ内部の石膏ボードを貼ってなくて良かった… 「現場が始まったら、何かと変更が出てくるものです」

  • 現場の状況 きめ細かい作業が続いています

    お盆前の現場の状況です。 1階では間仕切りが入ってきました。 さて、こちらの窓の間の柱に化粧の木をはめてもらいます。 こんな感じで造作したものをかぶせるのですが ちょうど、これを大工さんが作っていたのですが、すごく緻密な作業をしていました。 この箱一つ作るのにも、こんなに丁寧にやるんだなーって感心しました! 仕上がりを確認する大工さん こちらはスイッチを付けるところ。 右に打ち合わせの際の書き込みがありますね。 ここも大工さんに細工してもらいます。 スポットライトのレールが付いていました。 ガルバも職人さんが毎日作業しています。 外壁はほぼ張り終わりました。美しい仕上がりですね~ お盆明けからまたよろしくお願いします!

  • 必ずしもイメージ通りにできあがるわけではない

    必ずしもイメージ通りにできあがるわけではない 工事中にこんなことがありました。 我が家には裏口的なものがあります。 友人から 「裏口には庇(ひさし)を付けた方がいい」 と実体験からアドバイスをもらっていたこともあり、庇を付けることに。 庇を付けると言っても、私(ペーパー一級建築士)が思っていたよりも複雑なようで… 案1 庇を木で組んで作る ⇒雪が積もるのでそれなりの強度が必要 ⇒そのためには、梁があるところで支える必要あり ⇒そうなると、相当高い位置となり雨が吹き込みそう…見た目も結構ごつくなる そこで 案2 薄い鉄板で作る ⇒木の下地に刺すことで固定 ⇒扉のすぐ上に付けられる。薄い鉄板なので見た目もすっきり 「よし!ではこれでお願いします!」 …後日、庇が設置されました。 …なんか…ちょっとイメージと違う… 注:↓ここまでショックは受けていません。 なんて言うか…薄っぺらいというか「仮設」感があるというか… 最初から「薄くして見た目すっきり」と話して作ったんだから、そりゃー薄くなるでしょ!(^-^; そりゃそうなんですが、、実物を見てみると 「イメージとなんか違う…」 ということがどうしてもありますよね。 大事なのは、 こうなった時にどんな対応をしてくれるのか!? 「打ち合わせ通りだし、もう付けてしまったので難しいですね」 … みたいなことだと、ちょっと切ないですよね… (恐る恐る)HSデザインさんに相談してみたところ… 「なるほどー」 と…(ちょっと困った感じでしたが) 「例えばこういうのとか…、例えばこんな感じとか…」 と色々と考えてくれました。 この「例えば…」という言葉が出てくるたびに 「お、なんかいい方法があるのかな!?」とワクワクするんです。 どうにかできないかと、色々と策を出してくれるのはホントに助かりました! …で、最終的には無塗装のガルバを張り付けることで立体感を出すことにしました。 木の下地を貼って…

  • ハリのある外壁ガルバは美しい

    現場では外壁ガルバの施工が進んでいます。 ガルバと言えば、外壁材としておしゃれでメンテナンスも楽…と頼もしい素材ですが 「あのペコペコ感がちょっと…」 と言う方もいるかも? 恐縮ですが、画像を拝借してきました。 いわゆる「ペコペコ感」が出てしまっています… この波打った感じですね。ちょっと残念です。。。 しかし、HS DESIGNさんのところでは、このペコペコ感をなくすようにガルバを貼ってくれます。 オープンハウスで見てきた家も、ペコペコ感は全くありませんでした! 美しい外壁面!! そして内部では2階の床材が張られていました。 養生でほとんど見えませんが… 養生前の写真をHSデザインさんのHPから拝借しました。 この床材、まさにお値段以上♪ ( ̄∇ ̄) 良い質感です! 床材も、大工さんが1枚1枚チェックして、OKのものしか使いません。 NGの床材の一部。ここまでしっかりやってくれるのは本当にありがたいです!! 1階の床フローリングも張っていました。 ナラ、クリア塗装。 当初の打ち合わせから 「あまり節の強くないものが好み」 と伝えていましたが、希望通りにキレイなものばかりで感動です!! 窓枠を隠す下地が入っていました。仕上がりが楽しみです! スポットライトの位置決め中。電気屋さんを働かせてしまいました(^^;) こちらは鍵置き場の検討中。現場での打ち合わせはホントにイメージ湧くので良いです! みんなで考える図 城下さんのお題(私の要望なんですが…)に「なんでもできる!」と答える大工さん! さすが、頼もしい! ちなみに、今のマンションから豊平川花火大会が見えます。 この景色も今年で最後だなー

  • 歩道の切り下げ 大きな樹木は癒やされるけど、それ以上に大きな問題だ

    歩道(縁石)の切り下げ 現場は順調に進んでいますが、ここで大きな問題にぶち当たっています… それは 歩道(縁石)の切り下げ&街路樹の撤去 「よくある話じゃん」 って思うかもしれませんが、今回の樹木がやっかいで… こんな感じです。 どーん でかっ!! なんとも立派なイチョウの木です。 歩道を切り下げるためには樹木の根っこも取らなくてはならないので、いわゆる 伐採・伐根 になりますが…なまら大変そうだー 土地を買う時点から樹木があるのは分かってました、ええ、分かっていましたとも! しかし、その時点では樹木の撤去をするかどうかは決めていなかったので、あまり気にしていませんでした。 工事が進み、改めて現地で見てみると、どうしても樹木が邪魔になる… そこで、とりあえず1社から見積を取ってみました。 その金額… 約50万円 たっけっ!!(すごく高い、ということね) 想像の斜め上を行く金額です… 他の業者からも見積を取って何とか安いところを見つけたいところですが、さて、どうなることやら…

  • 現場の状況 内部と外部が同時に進んでいます。

    現場の様子。見に行くたびに進んでいくので楽しみです♪ 窓の上にロールスクリーンを隠す仕込みがされていました。 超シンプルな風呂が入りました! 鏡も無いので異様にスッキリしてます… シンプルな風呂についてはこちら 外周りでは外壁のガルバが搬入されていました。 こう見ると1枚が長いですね。 大工さん働く! 一人で作業しているのですが、すごいですねぇ… 「こんな感じにして欲しい」とメールしたものが貼ってました! 大量に積んであるのは床のフローリング材です。 床材を1~2枚拝借して、トイレや洗面室のフロアタイルの色あわせをしてみました。 木質にしてフローリングとあわせるか… それとも全く違う雰囲気で石っぽいものにするか… もっと大きなサンプルが欲しくなります! とりあえず、今回はこのへんで。

  • イメージを膨らませるのは現場で見るのが一番!

    現場の進捗状況 現場では断熱後のシートが貼られました。 とにかく現場の隅々まで 「丁寧(ていねい)」 と言うイメージです。(卓球の選手じゃないよ) キッチンの造作棚もしっかりと活用されています(笑 そして、ロールスクリーンや網戸の収まりを打ち合わせました。 ロールスクリーンは天井に隠すようにしてもらいます。 こんな感じ(先日、見せていただいたのHSデザインの手稲のおうち) 薪ストーブの煙突はまだ未完成でした。 さらに、この日はここの壁について打ち合わせ。 玄関にある壁なんですが、この壁の上を抜いた方が良い感じになるのでは…と言う提案です。 そこで、イメージ作り。城下さんにも手伝ってもらいながら… 上を少し開けるのと… 玄関の扉にあわせて大きく開ける。 別アングルから 少し開けるのと… 大きめに開けるの。 さて、どっちが好みでしょう… 我々の結論は後者の「大きく開ける」方でした! こういうイメージって図面では伝わらないので、 こうやって現場であわせてみるのが一番です。 そして、ついにこれが来ました… 壁紙とフロアシートのサンプル! ものすごい数の中から選ぶのは大変… って言うイメージがありますが、事前に城下さんと話をして ある程度「こんな感じ」 と決めていたので、意外と選択肢は少なかったです。 まぁ、それでも最後は迷いそうですが…

  • 全くノーマークだった…表札ってどうする!?

    打ち合わせの中で、ふと 「ところで、表札ってどうしますか?」 …… 表札!? 正直、全く考えていませんでした… 改めて表札について見てみると、いろんな種類がありますね。 伝統的な木、ステンレスなどのプレート、文字を切り抜いた浮き文字などなど… ステンレスプレート 浮き文字 木に彫り込んだもの まずは場所を決めようということで、 普通だとポストの近くと思いがちなのですが… 「ちょっと取って付けた感があるかも…」と城下さん そこで提案してもらったのがポーチの柱につける案 大工さんからもアドバイスをもらい…壁を一部凹(へこ)まして…何となくいい感じになりそうな気がします! 下の絵で、一応、赤丸のところには薪を置く予定なので、動線は黒矢印になるはずですが、もしかすると薪が少なくて赤矢印から人(郵便屋さんとか)が入るかもしれません。 そうなると、表札がどこにあるのかわからないのでは?というのが不安だったのですが ・表札(住居表示)を付けていない家って結構多いらしい。(聞いたら友人も付けてなかった。) ・もし(表札に気づかないことで)支障が出るようなら、手作り表札を宅配ボックスの上にでも置いておけば良いっしょ。 ということで、表札の位置はポーチの柱に決定です! 詳細について、後日、仕事終わりの夕方からHSデザインの城下さんと現場で打ち合わせしました。 その後も窓周りの納まりなど、現場で1時間くらい打ち合わせ。 こんな感じで…と位置決め中 ちなみに先週の土曜日も現場で2時間以上打ち合わせ。 現場で細かいことも含めて説明してくれるので、後で「こうしておけばよかった!」「なんかイメージと違う!」っていうことがないのでとても助かります。 キャットウォークの詳細検討。自分では絶対に気がつかない細かーいことも提案してくれました。 窓周りの細かいところも決めました。図面じゃ分からないことも、現場で説明してもらえればよく分かりますね。 こんな感じで現場は着々と進んでいます!!

  • 現場の進捗状況 やばい板がやってきた!

    中々現場を見に行けないのですが、どんどん進んできます。 配線工事も進んでいます。オレンジのパイプはLANケーブルを通すもの…だと思います。 電気コードの貫通穴もしっかりとテープで隙間をふさいでいました。こういう細かい仕事が素敵です。 新しいキャットウォークのサンプルを持ってきてくれました。 キャットウォークのサンプルだけでも4、5種類くらい用意してくれました。 今回のはすごく良い感じです! 下から見たりして、置き方などを決めていきました。 こんな感じで決まりです。 この置き方だと通常の床と高さがそろわないのですが、その辺はうまく処理してくれるようです。さすがです。 週末はコンセントの位置などを最終確認させてもらいました。 その他、壁に設置するものの位置も決めましたが、 優柔不断 なので、すぱっと決められない自分がちょっとイヤになりますねぇ… ちなみに、下の板はテレビを壁掛けにするための下地です。 さらに工事が進んで断熱が入りました! さて、この板、キッチン背面の棚なのですが、城下さんが 「キッチンの棚板、やばいのが来ましたよ」 と。。。。 しかし、ぱっと見ても、正直どっちに「やばい」のか分からず… 良い方に「やばい」のか、それとも悪い方に「やばい」のか… すると、城下さんが「にやり」と 「この木材、半端じゃなく良いものです。こんなのが来るとは想像以上」 おお!良い方の「やばい」で良かった。 持ってみると、ものすごく重たい。 うん、触ってみると、確かにすごーく良いものな気がする(^^;)、うん、間違いない!! さすが匠龍木工社!(オーダーキッチンを作成してくれているところ) キッチン本体も楽しみです!! そしてこの棚板も設置されていました! 棚は壁に穴を開けて、そこに差し込んでいるので、棚の支えなどは出てきません。 そして2階の床のサンプル。いわゆる「例のあれ」ってものです。 「例のあれ」⇒HS DESIGNさんのHP 色は濃い方にします! 色々と決めなくてはならないことが多くて大変ですが、楽しみながらがんばります!

  • オープンハウス HS DESIGN(HSデザイン)その5

    週末に我が家を建ててくれるHS DESIGN(HSデザイン)さんのオープンハウスに行ってきました。 特徴的なアプローチ。 実際に家を建てている身としては分かります… これは金かかってるな!(^^;) 版築(はんちく)。塗り壁ですね。 我が家でも、薪ストーブの裏に版築をやります。こんなにでかくないけど… 木製窓がこんなにたくさん…!!窓からの風景がうらやましいですねー ロールスクリーンも天井に収まって見えなくなってます。 こういう細かい一手間がスッキリ見えるポイントですね。 テーブルや背面収納は造作。なまら収納ありますね! 鍵置き場。細かい造作がおしゃれです。 私の大好きな造作!完璧な一体感。 しかし…残念ながら我が家には掃き出し窓が無いため、この造作は無いのです…残念! 玄関収納。うちもこんな感じにする予定です。 靴いっぱい買っちゃうかーい 手すりもこんなイメージですね。壁に刺さっている収まりがすごい。 シャープでかっこいい!! 建具はクリア塗装と茶系の2種類がありました。 我が家は…茶系にする予定! ちなみに、クローゼットの中にLAN基地がありました。 これもうちでやりますよー 今回もすごく素敵な家でした! いつもは 「すげーすげー」 って見ているんだけど、自分の家を工事中となると見る目線も色々と変わりますね。 参考になるところがたくさんありました。 そして、次に完成するのは我が家…なんだかドキドキしますね~!!

  • 現場の進捗状況。電気工事も入ってきました。

    平日はやっぱり現場に行くのが難しく、思ったよりも現場を見に行けないものですね。 そんな中、週末に現場に行ってきました。 建具が入りました。 図面で見ているよりも、窓がでかく感じます! ギリギリで変更してもらった窓。ご迷惑おかけしましたが、大きくしておいて良かった! リビングの木製窓。 もっと木製窓を入れたかったんだけど、予算の都合でここだけです…でも良い雰囲気です。 外部の付加断熱。 断熱材は少しグレードを上げてミラフォームラムダの60mmにしてもらいました。 私、圧倒的寒がりなので… 電気屋さんとスイッチなどの打ち合わせも行いました。 後で「違った!」ってならないように、事前に打ち合わせて進めてくれるのは良いですね。 宅配ボックスも付きました。ナスタにしました。 パナソニックの方が安いけど、ナスタだと「配送(荷物の集荷)」にも対応しているので。 (パナは受け取り専用です。) 宅配ボックス、超便利です!!(今のマンションで使っています。) 左がナスタ、右がパナソニック。 容量はほぼ同じ。しかし値段はナスタが2倍弱… ちなみに、現場に着いた時の1階の床はこういう状態でしたが… 帰る頃にはここまで進んでいました。仕事が早い!! 最後に、キャットウォークのサンプルを用意してくれました …が、なにやら城下さんは浮かない顔… 良い感じの集成材を見つけてくれたのですが、実際にサンプルを作ってみると、なにやら緑色の線が… どうやら、接着剤が緑になっているらしいです。 これは想定外だったようですが、こうやってサンプルを作ってもらうとこういうことも事前に分かるので助かります! また週末に見に行ったら、さらに進んでいるんでしょうね!

  • コンセントは失敗が多いらしいぞ!

    コンセントの配置を考えよう 「家づくり 失敗」とか「家 後悔」みたいなキーワードでよく見かけるのが コンセント ですかね。 確かに 「ここにあったらよかったのに!」 とか、なりがちな気がします。 なので、なるべくそうならないように一生懸命コンセントの位置を考えてます。 その結果… コンセントの数が1階で25、2階で14の合計ザンク(39)に! (冷蔵庫や洗濯機などのコンセントは除いて) これって多いの!? 普通の家ってコンセント何個くらいあるものなんだろう? しかし コンセントは多いくらいが良い! っていう意見は結構見かけるからね。 不便な思いをするくらいなら、ちょっとくらい無駄でもたくさんつけておいた方が良い!…と思うのです。 (こういう考えが工事費を高くする要因なんだろうけど…) よくブログなど見かけるコンセントの失敗例としては… 【クローゼットの中に付けときゃ良かった!】 ダイソンのコードレス掃除機をしまいたいけどコンセントがない! というのをよく見かけます。 今のところ我が家の掃除機は普通のコード付きなんですが、将来的にコードレスにしたい!と思うだろう…ということで、それを見据えてコンセントを設置しています。 また、電波が届くことを祈りつつ、ルーターやモデムを収納に入れようと考えています。 収納からWi-Fiを飛ばしつつ、ルーターや配線などは見せずにスッキリ、ということです。 そのほか、プリンターも収納に入れてしまおうかなと。 そんなに頻繁に使わないので、PC近くに無くても大丈夫かなーって思ってます。 もちろん、プリンターもウィーフィーで飛ばして使います。 【ルンバ置き場を作れば良かった】 我が家でもルンバは大活躍中! ルンバの基地を作っておきたい。 そこで、階段の下にルンバ基地を設置する計画です。 もちろん、ここにもコンセントを付けておきます。 【外部にコンセントがあれば良かった】 外のコンセントも必要ですね。

  • もくもくマーケットin銭函に行ってきた

    先日、「もくもくマーケット」に行ってきました。 薪ストーブのイベントで、煙突掃除の実演をやるって事だったので、ちょっと行ってみました。 出店がたくさんあり、にんにくの芽をゲット!超うまかった。 煙突掃除の実演。まぁ、想像通りな感じでした… ちなみにですが、薪ストーブと言えばやっぱり ピザ ですよね! ピザ作成に向けて、友人からホームベーカリーをいただきました。 ちょっと早い新築祝い…ではなく、だーーいぶ遅い結婚祝い(^^;) パンを作ってみた。なまらうまいです! もう乃が美に行かなくても良いっす。 ホームベーカリーでピザの生地も作れるので、それを薪ストーブで焼いて食べるのが夢ですなー …そういえば 「薪ストーブ」で思い出したけど、補助金申請の抽選結果はどうなったかな? と思って札幌市のHPを見てみると… ※薪ストーブ、ペレットストーブの費用の1/2かつ上限10万円で補助金がもらえます。 抽選は行わず、全件当選となります。 と言うことは、補助金10万円ゲットぉぉぉぉ!!! …ということで良いんだよね…? ecoさいこーですね!

  • 工事の状況 ますます家っぽくなりました。

    今日、現場を見に行ったらお仕事はお休みでした。 入り口が封鎖されていたので中には入れませんでした。 まぁ、中に入ってもまだ何も無いのですが(^^;) とりあえず壁ができてきました。 窓も一部入っています。 実物を見ると、窓がでかく感じます! 屋根も板金が進んでいます。 今後、床や内壁を貼っていくと同時にパネルヒーターの配管やコンセントの配置を進めていくので、その辺もがっちりと決めていかないと、ですね。

  • 建て方が終了、ついに大工さん登場!!

    先週の日曜日に見に行ったときは土台しか無かったのですが、土曜日に見に行ったら既に建て方が終わっていました! もう完全に「家」です!そりゃそうだ リビング。今は吹き抜け部分に板が貼られていますが、これが無くなるとだいぶ雰囲気が違うと思います。 2階の窓が入るところです。 薪ストーブの煙突も出ています! 今日は噂の(?)大工さんとお会いしました。 これまでのHSデザインさんの住宅は専属の大工さんが作ってくれているのですが、HPやオープンハウスからもその仕事のすばらしさが分かります! この大工さんに家をつくってもらいたいと思ったのも、HSデザインさんに家づくりをお願いした理由の1つでした。 「建て方は早いけど、ここからが時間がかかります…」 と言われていますが、マイペースで進めてもらえればと思います。 家の形ができてくると、なんだかドキドキしますね~ でも、なんだか「自分の家」だという実感がまだわきませんね… <余談> 帰りにコンビニに寄ったとき、ふと気になるコーヒー豆屋さんを発見。 写真取り忘れたのでグーグルで。シャッター閉まってますが… コーヒーロースト美香保店 ただならぬ雰囲気の店構えでしたが、入ってみると、あらびっくり。 コーヒー豆が生で置いてある! 豆が白いのが分かります?焙煎前の状態。ちなみに値札は200gなので価格も安い! 豆を選んだら、その場で焙煎してくれます。待ち時間15~20分 焙煎マシーン。 そして、なんと待ち時間にコーヒーを出してくれます! この日はアイスとホット、2杯も飲ませていただきました。 2杯ともおいしくて、何ともサービスの良いお店でした。 生の豆で売っているお店は初めてだったので、ちょっと紹介しちゃいました。 買ったコーヒーもうまかったですよ!

  • 気が早いハンモック

    現場では土台や大引きが設置されました。 これまでコンクリートだけだったところに「木」が入ってくると、 一気に「家」っぽくなりますねー さて、我が家では ハンモック を付けようと思っています! いわゆる「ハンモックチェア」というものです。 これは「ハンモック」で、これじゃないです。 こういうやつ。ロープで吊ってつかいます。 ゆれ心地が極まっているそうです。 吹き抜けに梁が入るので、ここに架けようと思ってます。 この階段の下はパソコンスペースにもする予定です。 最初はあまり深く考えていなかったのですが、少し深く考えてみると… 思ったよりも階段とパソコン、ハンモックの干渉が… パソコンやハンモックを左に持っていくと、階段に頭がぶつかるし、パソコンを右に持っていくと通路幅が狭くなるし… ちなみに私の身長で10段目があたるかどうか、ギリです。 …なんて考えているうちに、 「ハンモックの正確な寸法が知りたいな」 って思ってきました。 ネットでサイズは載っているのですが、実際に人が乗ったらどんな感じになるのか? 横幅はどれくらい必要なのか?…などなど。 なので、先走って購入しちゃいました! 今のところ使い道の無いハンモック(^^;) いやいや、問題ない。いわゆる先行投資です! でも、実物で色々と確認できました。 横幅は棒の幅(90cm)あれば大丈夫そうです。 ネットでは全高140cmと書いてあったけど、人が乗ったら伸びてもう少し増えそうですね。 実際に乗れる日が楽しみです!!( ̄∇ ̄)

  • ここに来て難問が出てきた!

    現場では足場が組まれました。 いよいよ建て方が始まりますね。 さて、現場はどんどん進んでいきますが… これまで「風呂」や「トイレ」「食洗器」など、いろいろな難問がありましたが、 ここにきて、過去最大の難問にぶち当たっています… それは 吹き抜けの照明 です! 我が家は結構な面積の吹き抜けがあります。 当初、この吹き抜けの照明は普通に「ダウンライト」で考えていました。 一方、薪ストーブも置くことだし、室内の空気(特に暖房時)を対流させるために「シーリングファン」は必須かなと思っています。 ここで問題が! このダウンライトとシーリングファン、とても相性が悪いんです! 家づくりブログでも、失敗事例として 「シーリングファンの影がちらついて気になる」 というのをよく見かけます。 つまり、シーリングファンの上にダウンライトがあるため、シーリングファンの影が床や壁に映り、さらにファンが回っているため、影が常に「ちらちら」して気になる、というものです。 こんなイメージ。 ファンとライトが近いと、ファンの影ができるそう。くるくる回っているのでちらつきが気になるそうです。 ファン… 天井からファンまでの距離と同じだけファンの先からライトを離さないとダメらしい。 DAIKOのHPから ちなみにDAIKOのこの本(DAIKOのHPで見られます)、色々と参考にさせてもらいました。 で、吹き抜けにダウンライトとシーリングファンを置いてみると… 実線の丸がシーリングファン、破線にダウンライトが重なるとチラつくということなんですが… モロかぶりすぎでしょ! もう確実にアウトな感じです。 そこで考えられる作戦の一つがスポットライトの活用です。 オシャレで良いんだけど、スポットライトってその名の通り、スポットな照明で光の広がりがあまりなく、補助的な照明ってイメージです。スポットだけでリビングを照らすのはさすがに無理だろうなと… そこで、次なる作戦は シーリングファンに照明付き

  • 変更をお願いしましたが、ギリギリすぎだよ、自分…

    先日、打ち合わせの際にもらった図面を見ていてふと気が付いたことが… 「窓のガラスが思ったよりも小さい…」 明り取りの窓の高さを300(30cm)としていたのですが、これは窓の「枠」を含めた寸法なので、実際のガラスのサイズは20cmくらいになっちゃいます。 こういう感じです。枠を入れて300なので、ガラスは200くらい。 …という説明は以前から受けていたのですが 実際に図面で見てみると 「思ったよりも小さい(高さが短い?というのかな?)…」 と感じてしまい 「ガラスの有効寸法で300くらいとりたい」 とHSデザインさんにメールしました。 これに気がついたのが… 横から見た図。収納の上下に窓を設置しています。(右の出っ張りが収納) ガラスの高さが200だと、ちょっと窓がよく見えない… 300にすると、それなりに見えます。微妙な違いかも知れないけど、せっかくだからこんな感じにしたいなと思いまして… メール送信後、風呂に入っていると城下さんから電話が…! 「夜遅くにすいませんが、さっきのメールの件で…」 簡単に「窓へんこう~」ってお願いしたけど、 実はすでに窓は発注済みだったのです! 「今すぐメールを出して、明日に連絡すれば何とか…」 と言っていただけたので、何とか変更をしてもらうことになりました。 「今なら何とか…」 と言ってくれましたが、すでにアウツだったのかも… 僕のわがままでご迷惑おかけしてすいません!m(_ _)m 私のようにならないよう、これから家づくりをする方は、窓の位置や大きさは十分余裕を持って決めておきましょう。 木材のプレカット、窓の発注は早い時期に行われますので。。。 (いわゆる大手のハウスメーカーでは、このタイミングの変更はまず不可能と思いますが…)

  • 基礎完了&色のサンプル

    ブログの更新は滞ってますが、現場は着々と進んでいます! 土間まで打設され、基礎は完成のようです。 よく「基礎だけ見ると建物が小さく見える」 と言われるけど、見ていてあまりそう感じません… ポーチが結構でかいからそう見えるのかなー その代わり、畑や庭(と呼べるものでもないけど…)がすごく狭く感じますねぇ… もともとそんなに広い土地じゃないからしょうがないです! さて、こちらは作ってもらったドアや窓枠の色サンプル。 前回の打ち合わせの際、いくつかあるサンプルの中で、室内側のドアや窓枠は右上の色にしようかなと思っていました。 しかし、他の色のサンプルと並べてみると、ずいぶん色が薄いですねぇ… そう思い、下の4枚の中から室内側の色を選ぼうかなと考えたのですが、 先日、打ち合わせの際にHSデザインさんの事務室にある窓とサンプルを比較してみると… この窓の枠です ↓ こう見ると、窓枠は結構濃い色に見えますよね? しかし現地でサンプルを並べてみると…ほぼ、右上の色に近いのです! この大きさのサンプルでも、まだ実際と色のイメージが合わないものだなー と思いました。 改めて、内側は右上の色に決定! 外側は…どの色だったかな?(^^;) たしか下の左から2番目だった気がします。 実際に扉になったら、どんな感じになるのか楽しみです! 色々な木製扉がありますねー

  • 風呂の最終形。とにかくシンプルが一番!

    現場は 型枠⇒コンクリート打設⇒型枠脱型へと進んでいます。 型枠設置 コンクリート打設 コンクリートが漏れてこないように型枠を組むのってすごいーって改めて思いますね。 そして型枠が外れました。 コンクリート打設後に雨が降ってくれたので、少しは養生の役に立ったかな? さて、現場が着々と進む中、今さらシリーズ第2弾として 風呂の話 をちょっとしようと思います。 まずは、我が家の風呂の最終形です。 パナソニック リフォムス(1717) タマゴ浴槽 シンプル! おもしろみが何も無い!! この風呂を見た感想は… ええ、分かってますよ、その通りです! とにかく風呂は シンプルに!余計なものは一切なくす! をテーマに仕様を決めました。 我が家の風呂の仕様は ①鏡は無し ②カウンターはもちろんなし! ③色は全体的に白系(濃い色は水垢が目立つ) ④シャワーホースフックも付けない。 ⑤風呂のフタもいらない。 ①鏡は無し 結局、鏡って水垢が鱗のようについて全く見えない… と言うことになると思うんです。ていうかなるんです! そもそも、風呂に入っていて鏡を見ることが無いです。 ていうか、鱗&くもりで鏡が見えないし! と言うわけで、そんな鏡なら最初から付けない!と言う選択です。 ②カウンターはもちろんなし! 言わずもがな。カウンターなどいらん!! ③色は全体的に白系 イメージではわかりにくいですが、一応 基本的には白系+浴槽側の壁をアクセントカラー としています。 しかし、アクセントカラーも濃い色は選ばずに、あえて地味な色にしました。 その心は、 極力「水垢が目立たない」色にしたかったので。 こういう色はかっこいいけど、おそらく水垢(白くなる)がやばいと思います… 例えばこれは、浴槽やカウンター、床の色が攻めすぎだと思うけど… (こういう雰囲気が好きな人は多いと思いますが。)

  • 仕様を決めるのは大変だけど楽しいです!

    現場はどんどん進んでいます。 基礎の配筋完了! 鉄筋の下にある四角いのが通称「サイコロ」 鉄筋の下にコンクリートがしっかり入るように、鉄筋を浮かせるものです。 そしてベースのコンクリートが入りました! ベースコンとは基礎の下の部分(ピンク) さて、現場が順調に進む中、HS DESIGNさんの事務所で色々と打ち合わせをしてきました。 窓の細かい収まりとか、玄関のベンチのイメージとか… 玄関のベンチとかは城下さんは良い感じのイメージが沸いているようで…楽しみです。 そして、いろいろと色決めなどを。 外壁はガルバ。色は迷ったけど、やっぱり黒系かなー 白も良いんですが… 通常はこういうサンプルで決めていくと思うけど、こんな小さいのではよく分からない! なので、大きなサンプルを用意してもらいました。 さらに、太陽の下に持っていくと色の見え方が全然違います。 一番左とちょっと迷いましたが、無難に(?)、左から2番目の黒(ノアール)に決めました。 さらに、扉や窓台などの色も決めていきますが… これじゃぁさっぱり分からん!! なので、よさげな色を選んでサンプルを作ってもらいます。 一部、サンプルあり。扉の外側はこの色で決まり! ちなみに、こちらは2階のキャットウォークのイメージ 城下さんの手作りです( ̄∇ ̄) なんやかんやで4時間以上打ち合わせをしていました… でも時間が過ぎるのがあっという間でしたー

  • 着々と工事が進む中、今さらトイレの話

    着工から数日たちましたが、すでに根掘り(基礎を作るために穴を掘ること)、基礎の配筋(鉄筋を組むこと)へと進んでいます。 残念ながら仕事が忙しく、なかなか現場を見ることができていませんが、HS DESIGNさんが写真を送ってくれたので、状況が確認できて助かります! いつの間にか現場っぽくなってます! さて、工事が着々と進む中で、今さらながら トイレの話 をしようと思います。 トイレの第一候補は TOTO GG でした。 TOTOのGG タンク付きだけど、いわゆる「タンク」は無い。 リモコンはよくある普通のタイプのもの。 リクシルのサティスS こっちはタンクレスです。 すげー細かい話ですが、リクシルのサティスだと リモコンをかっこよくできる というメリットがあります。 (TOTOはもっと高いモデルじゃないとリモコンがかっこよくできない…) リクシルのリモコン。追加料金は必要ですが。何となくスタイリッシュ! さらに世間一般では タンクレスの方がおしゃれでかっこいい というイメージだと思うので、TOTOのGGよりもリクシルのサティスの方が基本的には「かっこいい」のでしょうか? 加えてリモコンもスタイリッシュになる! そう考えて、リクシルのトイレの見積もりも取ってみたところ、サティスの方が安いという結果に! タンクレス&リモコンはかっこいいヤツにもかかわらず、安いのです。(2階はタンク付きのトイレです。) 「だったらリクシルのほうが良いかなー」 って思っていたら、ある日、奥様から 「リクシルのウォシュレットが好きじゃない!」 との報告が! 通っているジムのトイレがリクシルのサティスなんですが、ウォシュレットがあまり好きじゃないとのこと。 「ウォシュレットってそんなに変わるか?」 そう思いつつも、やっぱり実際に体感しないと! ということで、さっそくショールームに行って体感してきました。 ショールームのトイレに実機が置いてますからね。 まずはTOTO …うん、普通だ。 次にリクシル …!?…んんん!?

  • ついに着工しました!まずは地盤改良から。

    先日、ついに着工しました!! 土地の契約をしたのが平成29年の10月だったはずなので、ここまで1年半かかりました…はーーーー、長い… 最初は地盤改良(いわゆる「杭打ち」)からスタートです。 「杭打ち」と言っても、コンクリートや鋼管の杭ではなく「砕石を使う地盤改良」です。 地盤改良中 いわゆる、こういう杭ではありません。 費用的に通常の杭(コンクリートや鋼管)よりも安いのかどうかはよくわかりませんが… コンクリートや鋼管杭は、仮に将来土地を売るとき、原則として杭を引き抜かなくてはなりませんが、この杭抜きの費用がべらぼうに高い! べらぼう…分かる人いるかなー(..;) 元祖ダルシム しかし、この砕石工法では地中に埋まっていても廃棄物扱いにならないため引き抜きが不要…とのことですが… まぁ、仮に土地を売るとなったときに、どういう扱いになるかはその時にならないと正直よくわかりませんが。。。 少し話が脱線しますが、北海道胆振東部地震の影響で、特に最近は地盤のことを気にする人が多くなっているのではないでしょうか。 みなさん、土地を探す時はいろいろと条件を設定すると思いますが、条件の順位って人それぞれですよね。 それこそ「地盤が良いところ!」が絶対条件の人もいるでしょう。 しかし私の場合、地盤の良さは半ばあきらめて土地を探していました。 地盤のことまで気にすると、永遠に運命の土地に出会えないような気がして… なので、俗にいう「ハザードマップ」は一応見たけど、実際はほとんど気にしていません。 そんなわけで、うちの土地は正直、そんなに地盤は良くないです。ええ、買う時から分かっていましたよ! そこはもう 「杭打てばいいじゃん」 って割り切って土地を決めました。 この杭の長さなどは最終的には杭屋さんが地質調査&計算をした結果で決まりますが、我が家は最初に出された案よりも杭が短くてOK、という結果になり、金額も当初予定よりも結構安くなりました。(この段階で金額が減るとすげーうれしい!)

  • 地鎮祭、やるべきかどうか!?

    地鎮祭 いよいよ着工となりますが、そうなると… 地鎮祭をやるかどうか を考えなくてはなりません。 ていうか 地鎮祭って必要なの!? とすごく思うのですが… 地鎮祭とは… その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。 だそうです。 いやいや、大金払って買ったんだから、神の許しは不要だろ!って思っちゃうのですが。 ちなみに、どこかで聞いた話では 地鎮祭をやらないと嫌がる大工さんもいる と記憶していたので、今回の大工さんはどうなのかな?と思い確認したところ 「気にしない人ですよ」 とのことでしたので… 地鎮祭、いらね!!! 「工事の安全を祈願して」 という意味合いがあるので、本当は職人さんなどのためにはやった方が良いとは思いつつも、 「神事」とか、神様的なものは信じないタイプなんですよ… 人によって賛否はあるかと思いますが、我が家は地鎮祭はやらないことにしました。 神様、ごめんなさい m(_ _)m

  • オーダーキッチンを作成してくれる会社が決まりました!匠龍木工社

    匠龍木工社との出会い かねてから夢見ていた 造作キッチン ですが、本格的に話を進めています! HS DESIGNさんが色々なところと話をしてくれて、最終的にキッチン作成をお願いするのが 匠龍木工社(しょうりゅうもっこうしゃ) に決まりました!! どうしてもこれを連想してしまう… 前からHP上では知っていました。 札幌でオーダーキッチンの他、木製の家具などを造っている会社です。 知ってはいましたが、お願いするには何となくハードルが高い気がする…って思っていたところ、まさか自分がここでキッチンを作ってもらうことになるとは! 先日、初めての打ち合わせがあり、どんな感じかとドキドキしていました。。。 キッチンづくりへのこだわりも強そうなので… ここをもう少しこんな感じにしたいんですが… それだと私のコンセプトに反するので、それは止めましょう …… みたいな感じだったらどうしよう? なんてちょっと思いながらも打ち合わせに挑みました…結果…… ものすごくいい人でした! 匠龍木工社の社長さん自ら対応してもらっているのですが、人当たりが良く、すごく話しやすい人でした。 社長さんは思ったよりもずっと若かったのがちょっとびっくりでしたが。 さて、こちらは以前にも紹介した奥様作成のキッチンイメージ 背面収納 ここからHS DESIGNさんと打ち合わせを重ね、作成してもらった図面がこちら! キッチン正面 キッチン背面 おお!すげーいいじゃないか! この図面をベースに、匠龍木工社さんと打ち合わせ、 一発目は図面を基に、イメージや使い勝手などを幅広く話をさせてもらい、基本的にはこのプランで進めることになりました。 そして、 「今使っているキッチン収納の中の写真が欲しい。どれほどの用量か参考にしたいので」 と言われ、そういう所も考えるんだーって感心しました。 たまに、大きな寿司桶とか予想外の大物が出てくる家庭もあるそうです。(^^;)

  • そろそろ着工、間取りが決まりました!

    季節もすっかり春になり、いよいよ家の着工が間近となりました! あまり間取りの話を書いてきませんでしたが、HS デザインさんとも打ち合わせを重ねて、間取りはこんなプランに決まりました。 …以前とあまり変わっていない? 確かに、実際そんなに変わっていません(;^_^ でも、いろいろと変更しているところがあります。 <主な変更> 造作のカーポートをやめて、既製品にする。 本当は造作でかっこいい感じにしたかったのですが、予算削減のため、泣く泣く既製品にしました。 こういうかっこいい感じにしたかったんですが… 写真はHS DESIGNのHPから。 窓の見直し リビングの窓を一か所やめました。 風を通すのはキッチン側だけで十分。 必要ないので止めました。 あと、トイレの窓ですが、気持ち的に 「換気のために開く窓が欲しい」 って思いがちですが、実際、トイレの窓を開けて換気することはないと思います。 (換気扇が付いているし、実家でもトイレの窓を開けることはまずなかった。) さらに言うと、そもそもトイレには窓がいらないのでは? 実際、賃貸のマンションではトイレに窓がないけど、全く不自由はありません。 なので、トイレの窓はいらない! って一度変更したんですが、 「やっぱり1階のトイレに明かり窓くらいあった方が…」 と心変わりし、1階のトイレだけFIXの窓を入れました。 2階は夜しか使わないだろうから、窓はいりません! そして、吹き抜け周りの窓も見直しました。 北側(階段側)にも窓を付けて、開けるようにしたり、西側(図面で言うと左)と南側の窓も変更してます。 窓を多くしたい気持ちもありますが、多すぎると ・窓が多い⇒壁が少ない⇒耐震性が落ちる ・窓が多い⇒断熱性が落ちる ・窓が多い⇒コストがかかる というデメリットもあるので、その辺も考慮しながら決めた…つもりです。 実際、済んでみないとどんな感じか分かりませんけどねー プランはこれで確定です。(配置などは少し変わりそうですが) 今後は確認申請⇒いよいよ着工です! 土地の契約から約1年半…ここまで時間がかかったなー…(遠い目)

  • BOSCHのショールームを見てきた!

    ボッシュのショールームへGO! 先日、3/3に東京マラソン、3/10には名古屋ウィメンズマラソンに行ってきました! 例のごとく、走ったのは奥さんで私は応援ですが (^^;) 受付に向かう途中で… すげーって思ったけど、ガンダムは初代しか知りません… 両方とも雨が降る寒ーい状況でしたが、無事に完走できました! 東京マラソン完走メダル! 名古屋名物、ナナちゃんもマラソン仕様! さて、せっかく東京に来たのだから… と言うわけで、隙間時間を使ってボッシュのショールームに行ってきました! ホテルから割と近かったので、ふらっと。(一応、要予約) ここで、ボッシュについて知っていることをちょっと。 ・以前はBOSCH JAPANとして日本でも販売をしていたが、現在は撤退している。 ・2016年から、日本グリーンパックス(株)がボッシュの食洗機を輸入販売している。 ・つまり、今の日本では正式にBOSCHが食洗機を販売しているわけではない。 こうなると、気になるのが アフターサービスはきちんと受けられるのか ということ。 色々検索しても、有力な情報は出てきません… それではと、実際にショールームで聞いてみました。 <アフターサービスについて> ・グリーンパックス社では、全国に70カ所の修理拠点を設置 ・当然、札幌にもある。 ・修理となると、出張費が3,000円程度+修理代 ・部品の在庫が東京にあれば良いが、ない場合はドイツから輸入するため、それなりにお金がかかるかも。 ・修理の際には、グリーンパックス社または販売店に連絡をすれば、対応する。 <これまでの修理の状況は?> ・2年間で1,000台程度を販売 ・うち、10数件の修理依頼があった。 ・半数程度は初期不良。出荷前に電源を入れて初期不良の確認をしているが、それでも数件あった。 ・初期不良はすべて新品と交換 ・その他の不具合も、異物が詰まったなどで、大きな故障はなかった。 と言う状況。 まだ2年程度なので、根本的な故障の事例がない様子。 とりあえず、札幌にも修理の対応をしてくれるところがあるので一安心

  • 食洗機は何にしよう?

    海外製食洗機を選んでみよう ~前回までのあらすじ~ 海外製の食洗機を入れたい! それでは、各社を比較してみましょう。 音 いずれも「40~45db」くらいで、これは「図書館内、しとしと降る雨」程度の音らしいです。 ミーレを使っている親戚も「すごく静かだよ」と言っていました。 ガゲナウ …ガゲナウ…… 響きが良いですね! 「うちの食洗機はガゲナウです」 と言いたいだけで欲しくなります。 しかし、その圧倒的価格! 「響きが良い」 だけで買える価格ではありません… ハイブランド!って言うイメージ ミーレ 「海外製の食洗機と言えばミーレ」 というくらい、有名ではないでしょうか。 それにしてもミーレ、モデル数が多すぎです。 さらに加えて 「ミーレ創業120年記念モデル」 があります。 品番:G4700SCU このラインナップを初めて見たときはこう思いました… まぁ簡単に言えば ・オートオープンのありなし ・操作パネルがホワイトかステンレスか の違いです。 ちなみに操作パネルがホワイトかステンレスかで 3万円 違います… 「ミーレ創業120年記念モデル」は今の一つ前のモデルですが、値段が250,000円(税抜き)ととってもリーズナブル! オートオープンは付いていませんが、ミーレならこのお買い得モデルでも良いかなーって感じでしょうか。 AEG(アーエーゲー) こちらもなにやらキャンペーン中で、お値段198,000円とかなりお買い得! しかし、45cmでは一番上のカトラリートレイが付いていません…残念! BOSCH(ボッシュ) 食洗機としてはマイナーですが、ドイツでは有名な家電メーカーだそうです。 ガゲナウと同じ工場で作っているそうで、元々はボッシュが先にできたらしく ボッシュ⇒兄 ガゲナウ⇒弟 みたいな関係? なので「ゼオライト乾燥」など共通点があります。 価格も割と控えめで、それでいてゼオライト乾燥がある! リンナイ 国産唯一のフロントオープン 定価からの割引が期待できますね。(どれほどかは解りませんが)

  • 造作キッチンと言えば…やっぱ海外製の食洗機!?

    海外製の食洗機 造作キッチンといえば、よく出てくるキーワードが 海外製の食洗器 ではないでしょうか! そして、我が家もやっぱり海外製の食洗器を入れたいぃぃ!! 海外製の食洗器の大きな特徴の一つとして 幅60cmの大容量! があります。 こちらがミーレの45cm 一方、こちらがミーレの60cm こうして見てみると60cmの圧倒的存在感! でかすぎ!! いろんなブログを見ていても、60cmの方が圧倒的に人気がある印象です。 が、我が家はあえて45cmを導入予定です! その理由としては 二人暮らしなので、そんなに大量に洗い物が出ない。 食洗器を60cmにすることで、キッチンの棚が小さくなってしまう。 という点です。 食洗機を60cmにすると、その左の引き出しがほとんどなくなってしまいます。 …と言いつつも、やっぱり60cmとの比較が気になります… そこで、いざ、親戚の家へ! こちら、ミーレの45cmを設置しているんです。 そこに鍋やらフライパンを持参して、実際に突っ込んでみました! 圧力鍋、鍋、フライパン×2,ふた×2を入れてみた。 結果、相当入ります、45cmでも十分な容量! 店で見ると45cmが小さく見えるけど(特に60cmと並んでいると…)家庭で見ると、45cmでも十分の広さです。 二段目に茶碗やらコップやらを、三段目にスプーンや箸などを入れれば一発で洗えそうです。 大きな皿は一番下の段にしか入らないけど、こんなに鍋やらフライパンを使う事ってそんなにないですよねー そんなことで、我が家は45cmで決定です! そうなると、次はどこの食洗機を入れるか…ですね。 つづく…

  • 造作キッチンへの道のりが見えてきた!?

    造作キッチン,オーダーキッチン