searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

横須賀市立うわまち病院心臓血管外科さんのプロフィール

住所
横須賀市
出身
横須賀市

心臓血管外科に関連する最新の診断、治療、トピックなどについてのご紹介

ブログタイトル
横須賀市立うわまち病院心臓血管外科
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/gregoirechick
ブログ紹介文
横須賀市立うわまち病院心臓血管外科の紹介 最新の心臓血管外科治療の紹介
更新頻度(1年)

208回 / 365日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2018/02/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、横須賀市立うわまち病院心臓血管外科さんをフォローしませんか?

ハンドル名
横須賀市立うわまち病院心臓血管外科さん
ブログタイトル
横須賀市立うわまち病院心臓血管外科
更新頻度
208回 / 365日(平均4.0回/週)
フォロー
横須賀市立うわまち病院心臓血管外科

横須賀市立うわまち病院心臓血管外科さんの新着記事

1件〜30件

  • 6月12日19時開幕:明日Cクラス本選!(JACAS第2回冠動脈吻合技術競技会)

    明日6月12日(土)に開幕戦の「Cクラス本選」が開催されます!会員の皆様に、視聴のためのURLをご案内致します。ぜひ熱き闘いの様子をライブ配信でご覧下さい。【Cクラスライブ配信URL(EBM.Chanel)】https://youtu.be/VbX_rozDmJs当チャンネルは一般視聴も可能となっております。ご所属施設の、Off-JTにご興味のある皆様へぜひご共有を頂けましたら幸いです。【Cクラス本選出場者】神戸市立医療センター中央市民病院大谷舜先生川崎幸病院増田快飛先生聖路加国際病院島田ゆうじ先生近畿大学医学部田辺直人先生【Cクラス担当予選2次審査員・本選】聖路加国際病院阿部恒平先生近畿大学岡本一真先生国立病院機構大阪医療センター西宏之先生横須賀市立うわまち病院心臓血管外科安達晃一先生聖マリアンナ医科大学心臓...6月12日19時開幕:明日Cクラス本選!(JACAS第2回冠動脈吻合技術競技会)

  • イベルメクチンが世界の新型コロナウィルス患者を救う?

    インドの爆発的な新型コロナウィルスの拡大は先月大きなニュースになって日本でも報道されていましたが、イベルメクチン(商品名ストロメクトール)を配布したところ急速に発症者数、死者数が減少しているそうです。またペルーでもイベルメクチンの配布によって同様の現象が起きているようです。イベルメクチンは1974年に北里研究所の大村智博士が開発し、2015年にノーベル平和賞を受賞した寄生虫に対する薬ですが、安価であるために主に途上国において寄生虫の蔓延防止に寄与したことで知られています。アメリカのFDAもWHOもイベルメクチンをCOVID-19患者に使用することは推奨していないそうなのですが、それはなぜかというと、ワクチンを作っている会社が儲からなくなってしまうため圧力をかけているのが原因ともいわれています。すでに億単位の人が...イベルメクチンが世界の新型コロナウィルス患者を救う?

  • 縫合糸が緩んだ時にはCor-knotで締める、The 裏技

    弁置換術において糸が緩んでしまうと弁周囲逆流の原因となります。手で結紮しても、Knotpusherで結紮しても角度的にどうしても糸が緩んでしまうことがありますが、その時はCor-knotで結紮部分ごと占めて結紮点の人工弁側で固定することで糸の緩みをとることが可能です。都内の大学病院に小開胸手術のお手伝いに伺った際にそこの教授から教わった裏技です。次の心臓血管外科学会ではこの裏技で演題応募してみようかと思います。まずは先週の手術ビデオ、うまく録画できているか確認することから始めます。縫合糸が緩んだ時にはCor-knotで締める、The裏技

  • 第186回胸部外科学会関東甲信越地方会

    さる6月5日第186回日本胸部外科学会関東甲信越地方会が東京駅に隣接するJPタワーで行われました。今回は、発表者、座長、ディスカッサントは現地から発表し、一般聴衆はオンライン参加というハイブリッド開催でしたが、横須賀市立うわまち病院からは2つの演題発表を行いました。①心臓周術期のCOVID-19感染、②CD腸炎による敗血症を合併した肺塞栓症、いずれも経験することが少ない特異な病態の治療経験を発表しました。また筆者は座長を依頼され、オンライン参加のディスカッサントとともに議論に参加しましたが、久しぶりの学会場での討論はとても楽しかったです。やはり学会は画面越しではなく、生でFacetofaceで行うほうが臨場感もあります。今回の地方会も演題数が多く、夜まで発表が続きましたが、やはり演題数が多いということは皆、学会...第186回胸部外科学会関東甲信越地方会

  • 地域医療振興協会創立35年誌

    横須賀市立うわまち病院は横須賀市に管理委託された地域医療振興協会の施設です。公設民営の形態で施設数を増やしてきましたが、横須賀市立うわまち病院はそのなかでも都会に近く、都市型の地域医療を担うフラッグシップ病院としての役割を果たしてきました。グループ病院として最も早く研修病院となり、救命センター、集中治療室(ICU)と時期を同じくして高度医療に対応する心臓血管外科を2009年に協会施設としては初めて開設されました。地域医療振興協会は1986年に創設され、筆者は1988年に自治医科大学に入学しましたが、その時に卒業生で組織する同窓会が会社組織を作ったとの説明を受けました。ちょうど伊豆半島のあらり診療所と、茨城県の石岡第一病院などがその先駆けとして管理委託病院となり、地域の医療機関を公設民営化することで経営を立て直し...地域医療振興協会創立35年誌

  • 横須賀のギグワーカー

    最近ギグワーカーという言葉を耳にしますが、これは独立業務請負人=Independentcontactorと正式にはいうらしいですが、その都度の仕事ごとに契約して仕事するタイプの人で、主に副業として行われているものが多いそうですが、UberEatsのみで生計を立てているような人も当てはまります。Gigとは、一晩限りのライブイベントのような単発のイベントを指すスラングだそうですが、単発のアルバイトといった感じをギグワーカーというようです。特に近年はインターネットの発達によって、単発の仕事を発注、請負が可能なオンラインプラットフォームが発達したことで、急速に広まっている事業形態です。特にアメリカでは、人口の24%が何らかのギグワーカーとしての仕事をして副収入を得ているそうです。日本でも休日はUberEatsで復習を得...横須賀のギグワーカー

  • 腹部大動脈瘤手術に対する部分体外循環

    腹部大動脈瘤手術における吻合中は下半身の循環遮断を伴い、また腎動脈上遮断を要する腹部大動脈瘤の手術において、腎血流遮断中は冷却したリンゲル液で灌流することは広く行われているが、腎血流遮断が長時間に及ぶと術後の腎不全を起こし一時的にも透析管理が必要になる症例が多い。補助循環を行う人工心肺によって持続的に腎灌流が出来れば術後の腎不全を回避出来、また人工心肺による下半身の循環遮断を回避出来、血液回収、返血による血液ロスも回避できる。腹部大動脈に急速に拡大する傍腎動脈腹部大動脈瘤6cmを認め人工血管置換術の適応と判断された症例に対して、腹部正中切開で開腹。両側腎動脈上遮断が必要で、また腸骨動脈領域の高度癒着のため末梢側の遮断は不可能な症例であったため、左大腿動脈送血、左大腿静脈経由右房脱血で人工心肺を確立し、循環補助を...腹部大動脈瘤手術に対する部分体外循環

  • 横須賀ではもうクワガタが飛んでいます

    まだ5月というのに、横須賀ではもうクワガタが飛んでいます。ちょうど今日は第62回日本脈管学会の演題締め切り日で、早朝から演題応募のため抄録を書いていると、医局のデスクの脇にある窓の網戸にぶ~んという羽音とともに、コクワガタがいるではありませんか!!今年は出るのが早いのか、それとも横須賀が早いのかわかりませんが、いつも生態系が豊かなのには驚かされます。横須賀ではもうクワガタが飛んでいます

  • 合剤の使用で少ない錠剤で継続服薬しよう

    最近は二種類の薬を一つの薬にまとめた「合剤」が増えてきています。配合錠とも言われます。たとえばアスピリンと胃潰瘍予防薬であるタケプロンを合剤にしたタケルダ降圧薬のアムロジン(カルシウム拮抗薬)とミカルディス(アンジオテンシン受容体拮抗薬)を合剤にしたミカムロコレステロールと低下させるクレストールとゼチーアを合剤にしたロスーゼットなど。まとまっていた方が置き場所も小さくなり、服薬の手間も、ごみも省けます。特に最近新たに処方することが多くなったのは、たくさん内服することの多い糖尿病患者さんに、ジャヌビアとスーグラを合剤にしたスージャヌなども増えてきています。合剤を処方するにはその処方で容量調節が必要ないような安定して継続できる患者さんが対象になりますので、毎回の検査で処方量を調節することが必要な患者さんには適しませ...合剤の使用で少ない錠剤で継続服薬しよう

  • 冠動脈吻合手技協議会

    冠動脈吻合手技協議会はかつてのチャレンジャーズライブと言われていたものが発展した協議会で、若手の心臓血管外科を目指す医師が冠動脈バイパス術の吻合技術を競う競技会です。今回はこの競技会という形式となって二回目になるようですが、競技の審査員が公募され、筆者も今回の審査員に加わっています。審査員となることで、若手の心臓血管外科医師に協議会で勝利するためのテクニック以外にも日常診療での技術教育に役立つ面が大きいと思い参加しています。実際の協議会は、医学部学生C、外科専門医取得前の修練医B、心臓血管外科専門医取得前の修練医Aのレベルに加えて、無差別級という未経験者から部長・教授クラスまで誰が参加してもいいクラス(S)に分かれています。さすがにSクラスはプロフェッショナルな吻合で見とれてしまうような技術を持つ上級者ばかりで...冠動脈吻合手技協議会

  • ファイザー社製ワクチン接種後の三角筋の筋肉痛、腫脹

    ワクチン接種後の副反応では個人差があると思いますが、重篤な人は39度の発熱が2日くらい続く人もいれば、なんともないという人もいます。昨日のニュースで、COVID-19罹患後の抗体残存率が重傷者ほど高いという報道があり、これが本当とすると、ワクチン接種後の副反応が強いひとほど抗体価が高く長く残る可能性があるのではないでしょうか。筆者の場合は右肩の三角筋の筋肉痛がメインですがさすがに二回目はだるさが一日続きました。右腕の発赤腫脹も2~3日続きました。一日中だるいので接種翌日はあらかじめ休みにしておいたほうが良いという意見もあります。これから一般の人の摂取も始まっていきますが、一日も早い日常復帰を期待します。医療現場などでは同居家族が発熱した場合は解熱して48時間経過するまで出勤停止となっていたりしますが、ワクチンを...ファイザー社製ワクチン接種後の三角筋の筋肉痛、腫脹

  • 小泉進次郎氏虫垂炎で入院されたそうですが

    女性セブンの記事環境大臣の小泉進次郎氏(40才)の5日間の入院が波紋を呼んでいる。進次郎氏が体の“異変”を訴えたのは5月10日朝のこと。病院で「虫垂炎」と診断された進次郎氏は、1泊18万円という超豪華な個室に入院した。コロナ禍で医療体制が逼迫し、一般の患者がたらい回しにされる事態も起きるなか、異変を感じたら即検査、即入院、即手術という処置を受けたのだ。それだけではない。「今回の入院はいわゆる簡単な盲腸の手術です。しかし、コロナ禍であるにもかかわらず妻の滝川クリステルさん(43才)は進次郎氏の病室へ入って行った。これこそ“特別待遇”ではないかと指摘されています」(進次郎氏の知人)当該病院でも、原則面会は禁止されている。・・・・横須賀市立うわまち病院でもご家族の面会を制限させていただいていますが、そうした高級病院で...小泉進次郎氏虫垂炎で入院されたそうですが

  • ファイザー社製新型コロナウィルスワクチン打ちました

    ようやく新型コロナウィルスワクチンを接種できました。二回目の接種は、三角筋の筋肉痛は初回より軽度であったものの、翌日お昼くらいから全身がだるくなり、それが夜まで持続しました。幸いその後症状は軽快し翌日は快調でした!ファイザー社製新型コロナウィルスワクチン打ちました

  • 大動脈弁尖の短縮は大動脈弁形成を困難にする

    大動脈弁形成がなかなか普及しない理由として生体弁のDurability(耐久性)と比較して勝てないということが挙げられます。特に高齢者においては生体弁を移植したほうが再手術回避率が高いと考えられるため、無理に大動脈弁形成に挑戦する必要がないともいえます。大動脈弁形成が確実な場合はいいですが、上記写真のように一弁尖のみが短縮して変形していることが逆流の原因であった場合は特に形成は困難といえます。確実なのは短縮した一弁尖のみ自己心膜と置換する、もしくは三尖とも自己心膜と置換するOZAKI手術がいい適応かもしれませんが、生体弁置換のほうが確実に短時間に実施できるため、このエコー画像を麻酔導入後に見て、予定を変更して生体弁によるBentall手術を行いました。手術は4時間で終了し、短時間ゆえに回復も速く合併症なく経過し...大動脈弁尖の短縮は大動脈弁形成を困難にする

  • 新しい下肢静脈瘤の外来手術=グルー治療

    かつての下肢静脈瘤の治療としてのスタンダードはストリッピング手術で、大伏在静脈を抜去してしまう「外科的」なもので筆者もこの時代に育ちましたが、その中で静脈瘤に硬化剤を注射して内膜を接着して静脈瘤を虚脱させる硬化療法が新たな外来治療法として普及しました。硬化剤も14.5%の高張食塩水を研修医時代は使用していましたが、その後、ポリドカノールなど専用の硬化剤が市販され、また、泡を液体内に作り泡ごと注射するフォーム硬化療法などの工夫がされるようになりました。この時代から一変して2014年ごろから時代は新たなレーザー治療の時代に入りました。それまで自費での治療であった専用のレーザー照射デバイスが保険適応となり一気に外来静脈瘤手術が一般的となり、静脈瘤専門で開業する血管外科医があちこちに乱立するようになりました。この時代に...新しい下肢静脈瘤の外来手術=グルー治療

  • 横須賀の中の「さいたま」見つけました

    横須賀市立うわまち病院心臓血管外科チームは自治医科大学附属さいたま医療センターの医局からの派遣メンバーで構成されています。よってさいたま市とは非常に関係が深いということになりますが、横須賀市自体にさいたま市との関連性は基本的にありません。その中で唯一、関連するもの、見つけました。理由はわかりませんが、ゆうちょのATMがさいたま支店のものでした!ちょっと見つけた瞬間微笑んでしまいました。横須賀の中の「さいたま」見つけました

  • 緊急事態宣言地域で開催予定の学会

    緊急事態宣言中の東京に関してオリンピックを開催するかどうかテレビでも話題になっていますが、医師におけるオリンピックとまではいいませんが、一堂に会する大きなイベントである学会は通常通り開催すべきかどうかは疑問です。一昨日の演題応募締め切りが日本脈管学会総会が5月31日まで延期になりましたが、開催予定地が今、感染拡大している札幌市で10月に開催予定です。そのころまでにワクチンがいきわたって感染が沈静化すればもちろん開催可能ですが、演題応募をするかどうか、ちょっと悩むところです。次週の名古屋開催予定だった日本血管外科学会総会も完全オンラインに変更になり、二年連続で一般演題は質疑応答すらないただの壁新聞のようなプレゼンテーションになってしまいました。近日中に北海道内でTQM(TotalQualityManagement...緊急事態宣言地域で開催予定の学会

  • 超強力換気装置:まるでモンスタースパイダー

    横須賀市立うわまち病院の本館は2025年に新築移転の予定ですが、それまで築40年以上の現行病棟を使用継続しなければなりません。昔の建物はいろいろな機能面の設計がされていないために、現在のものとは違います。まず、横須賀国立病院から横須賀市立うわまち病院に移管され地域医療振興協会に管理委託されたときに現在の耐震基準に合わないと言うことで最初に耐震補強工事を半年間かけて行い、その後の院内の改修もICUや救命センターの開設などで行ってきました。しかし、今回の新型コロナウィルスパンデミックの影響をもろに受けて院内クラスターが発生した要因として、旧来の建物のため換気効率が悪いことが調査結果で示され、それを改修すべく設置されたのが写真のようなお化け蜘蛛のような換気装置です。各病棟に三匹ずつ点状にいて、患者さんやスタッフをにら...超強力換気装置:まるでモンスタースパイダー

  • レイセオン

    日本のイージス艦は、スマートフォンもない時代から数十キロ先のミサイルを感知同定して撃ち落とすことのできるフェイズドアレイレーダーを備えています。そのSPレーダーを作っているのがアメリカのレイセオン社です。最近SP6という次世代レーダーを開発し、おそらく世界一のレーダーシステムを作っています。まだ臨床使用されていないイージスアショアを採用するよりも、すでに実績のあるレーダーを採用してミサイル防衛システムを構築しようとしている日本の対応は間違っていないと思います。筆者はこのレイセオン社の株を最初のアメリカ株購入の対象に増したが本日このレイセオン社の配当が来ました!企業の説明としてレイセオン・テクノロジーズ(RaytheonTechnologiesCorp)(旧名:UnitedTechnologiesCorp)は、世...レイセオン

  • 家族から患者への応援メッセージ

    横須賀市立うわまち病院では現在の新型コロナウィルスパンデミックの状況下で入院患者様のご家族様に関して面会を完全に制限させて頂いております。それにたいする対応としてホームページから応援のメッセージを入力して頂くと、それを印刷したものを患者さんに直接届けるサービスを開始しました。実際に手術した患者さんに聞くと、ちょっとしたメッセージでも一生懸命治そうってエネルギーが湧いてくるっておっしゃっていました。ご家族からいかに愛されているか、その文章ににじみ出てスタッフとしても一緒に感動してしまいます。家族から患者への応援メッセージ

  • 学会の危機:オンライン学会となってもいいけど・・・

    来週から始まる今回の血管外科学会総会も一般演題は質疑応答はなく、ただ、作成したビデオを張り付けたのを閲覧するだけとなっています。新型コロナウィルスパンデミックが愛知県も緊急事態宣言の対象となってしまい、学会どころではないということかもしれませんが、非常に残念です。演題取り下げも検討しましたが、せっかくの機会でもあるので、作成したビデオはまたほかに教育用として使える部分もあるのでアップロードしました。横須賀市立うわまち病院からは今回の血管外科学会総会には三つの一般演題を発表予定です。やはり醍醐味はその発表に対して質疑応答などを通じてディスカッションすることで発表者、聴衆がその知識や考えを高めあうところにあり、またその人的交流が今後の診療や業務、ひいては人生に大きく貢献することにあります。まだオンラインでの技術的な...学会の危機:オンライン学会となってもいいけど・・・

  • 新型コロナウイルス感染症ワクチン予防接種開始へ

    いよいよ高齢者から新型コロナウイルス感染症ワクチン予防接種開始されます。電話もしくはオンラインでの予約に混乱が生じることが予想されますが、この予防接種が全国民に行き渡らないと今の混沌、国の破滅を防ぐことは出来ません。一日も早く感染拡大の原因となっている若い人たちへの接種が終わることを期待しています。ワクチンは怖いから打ちたくない、打たない方がいいというテレビで一般の人が答えているインタビューやそうしたネガティブな意見や報道が一時多く見られましたが、現在はそうしたネガティブな報道は見られなくなっています。そうしたマスコミの影響で打ちたくないと思う人が大量に産み出されましたが、それ、政府の陰謀です。ワクチンが来ない批判を避けるために打ちたくなくなるような報道をテレビ局にさせてたせいです。その証拠にニュースの時間帯が...新型コロナウイルス感染症ワクチン予防接種開始へ

  • 【「医師から看護師へのタスクシェア」~特定看護師を使い倒せ!~】・・・?

    これ、メールで案内が来たウェブ講演会の案内の表題です。「医師の働き方改革」が叫ばれる中、医師から看護師へのタスクシェアが大きなテーマになっています。そんな今、注目されているのが「特定看護師」です。2015年10月から始まった「特定行為研修」を修了した看護師(特定看護師)は、医師の手順書の範囲内で医師の業務の一部を補佐することができます。特定看護師をうまく使いこなすことが、多忙な医師の業務軽減、病院経営の改善に寄与すると期待されています。初期研修医を奴隷のように使い倒すようなドラマが現在報道されていますが、医師を使い倒せない時代だから、特定看護師を使い倒すのでしょうか?たしかにインパクトのある表題ですが、この表現どうかと思います。特定看護師は他の看護師よりも明らかにモチベーション高く、仕事にも意欲的で、横須賀市立...【「医師から看護師へのタスクシェア」~特定看護師を使い倒せ!~】・・・?

  • 高級食パン

    最近、生食パンという言葉があるそうで、トースターで焼かずにそのまま食べた方が美味しい高級食パンをそういうようです。横須賀にもそうした高級食パンやさんが出店し、しばらくの間は予約しないと買うことが出来ないお店でした。半年以上たってそのブームも落ち着いてきたのか、ようやく予約なしで在庫わずかですが、プレーンの食パンを買うことが出来ました。それでも他のレーズン入りなどは既に売り切れていました。作った翌日までは生で食べるように推奨されていて、もっちり濃厚で砂糖がはいっているのか甘い味がします。一枚でおなかいっぱいになりそうな濃厚さです。心臓血管外科の立場からすると、パンは毒です。パン食は脂肪分が多く太る、塩分も多い、と循環器疾患に対する大敵です。でもどうせ食べるなら少量で美味しい高級食パンを食べるのが良いのかも知れませ...高級食パン

  • 左小開胸アプローチからの直視下左内胸動脈採取

    【背景】左小開胸アプローチでのCABG(MICS-CABG)は胸骨骨髄炎が発生しない、早期の退院、社会復帰が可能という点で従来の正中アプローチに比較して優れており、カテーテル治療が進化して適応拡大していく中でCABGがその存在意義を高めるためには普及させていく必要のある術式である。この術式において、左内胸動脈(LITA)の採取が確実にできるかどうかが、適応選択における重要な一因子であり、まずは慣れた正中アプローチに近い視野、操作性からLITA採取が可能な直視下が基本である。【目的】左小開胸アプローチからの直視下でのLITA採取について、正中切開からの採取と比較しそのラーニングカーブについても検討する。【方法】当院で左小開胸アプローチからの冠動脈バイパス術を導入した2017年10月から2021年2月までの間に実施...左小開胸アプローチからの直視下左内胸動脈採取

  • 胸部外科学会でのDebate→一部中止?

    Debateセッション(冠動脈)MIDCABLITA採取:直視下vs鏡視下(ロボット)企画概要MIDCABが行われてから久しいが、PCIの普及によりLITA-LADの1枝病変がCABGに紹介されることが激減した。しかしここ数年でMICSの気運が再び広がり、CABGにおいてもLITA-LAD1枝バイパスのみならず、多枝バイパスもMICSの適応とする施設も増えつつある。その中であってもLITA-LADはkeybypassであり、ITAの採取には依然丁寧が操作が求められる。開胸レトラクター使用による直視下、完全胸視下採取そしてrobot使用の方法があるが、採取時間、疼痛、クオリティーなど議論の余地があり、debateしていただく。という演題応募に登録しようとしてアップロードしようと思ったら、Debateの選択の中でこ...胸部外科学会でのDebate→一部中止?

  • 外科学会総会:Total arterial MICS-CABG

    今回の外科学会総会では、MICSの最前線というワークショップで横須賀市立うわまち病院心臓血管外科からはMICS-CABGの臨床経験について発表しましたが、同じセッションで函館五稜郭病院からTotalArterialMICS-CABGについて、同時に3DCTシミュレーションによる両側内胸動脈、右胃大網動脈採取、Aorta-NontouchによるOPCABの発表がありました。とても先進的で非常に感銘を受けました。横須賀市立うわまち病院心臓血管外科の目指すべき姿ともいえる内容を実際に函館で実践している報告を聞き、たいへん勉強になりました。今月中はアーカイブ配信で視聴出来るので何度でもみて勉強していきたいと思います。コストに関してはまだ改善の余地はあると思いますが、両側内胸動脈、右胃大網動脈を積極的に採用し、正中切開と...外科学会総会:TotalarterialMICS-CABG

  • 腸骨動脈瘤の手術適応のサイズは

    毎週木曜日に行っている心臓血管外科のズームカンファレンスで受けた質問で、腸骨動脈瘤の手術適応のサイズと何歳まで手術可能か、というのがありました。腸骨動脈瘤の一般的な手術適応のサイズは3cmです。だいたいご高齢の患者さんが多いので、定期的にフォローアップしてこれ以上年を重ねる前に手術した方が望ましいというタイミング、拡大の速度、患者さんのADL、治療意欲などをみながら総合的に判断するとともに、患者さんおよびご家族の希望も聞いて手術適応とするのかどうかを最終的に決定しています。腸骨動脈瘤のみの場合は開腹せず後腹膜アプローチからの人工血管置換でより低侵襲に治療可能ですし、最近はステントグラフトでうまくいく症例もありますので、術式に関しても患者さんのADLなどを見て相談しています。基本的に寝たきりの患者さん、ADLが自...腸骨動脈瘤の手術適応のサイズは

  • 左内胸動脈と大伏在静脈で行うMICS-CABG:冠動脈外科学会

    冠動脈外科学会は今年は山口県で行われる予定です。この冠動脈外科学会に横須賀市立うわまち病院心臓血管外科から演題応募したのが「左内胸動脈と大伏在静脈で行うMICS-CABG」という内容です。左小開胸アプローチによる多枝再建冠動脈バイパス術(MICS-CABG)は、左内胸動脈以外のグラフトをどうするか、技術的な課題が多いため普及が進まず、実施施設が限られているのが実情ですが、このMICS-CABGにおいて左内胸動脈―左前下行枝以外の血行再建における左大伏在静脈使用が確立されれば標準術式として確立できると考えられます。CABGにおける多枝再建症例は左内胸動脈と上行大動脈に部分遮断鉗子をかけて中枢側吻合した大伏在静脈を基本的に使用しており、右内胸動脈、右胃大網動脈の使用は症例によって検討している。当院でMICS-CAB...左内胸動脈と大伏在静脈で行うMICS-CABG:冠動脈外科学会

  • Barlow病に対する僧帽弁形成術 → 僧帽弁のDiminution

    Barlow病は僧帽弁の弁葉が著しく増生して合わさりが悪くなって逆流を呈する弁の変性疾患です。前葉、後葉どちらの弁葉にも発生し、両葉の変化がみられる症例も少なくありません。この増生したEccesiveTissueと腱索の延長も同時に生じることがあり、複雑なメカニズムで逆流が生じます。また弁の逆流によって左房や左室の増大を来たし、心房性の逆流や左室拡大に伴うTetheringにより機能性の逆流成分を合併することもあります。心房性の逆流に関しては人工弁輪による弁輪縫縮で対応できますが、左室の拡大に伴うTetheringに関してはもともと弁葉の余剰にがあるので、さらなるAugumetationは必要なく、逆にAugumetationしすぎたような形態をしていることが多いため、この場合、Augumetationの逆の形...Barlow病に対する僧帽弁形成術→僧帽弁のDiminution

カテゴリー一覧
商用