プロフィールPROFILE

Tomoさんのプロフィール

住所
文京区
出身
奄美市

自由文未設定

ブログタイトル
Tomoの文藝エッセイ
ブログURL
https://ameblo.jp/tomolitessay/
ブログ紹介文
詩、俳句、小説、文藝全般についての随筆です。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/01/31

Tomoさんのプロフィール
読者になる

Tomoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,956サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,719サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,318サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,956サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,719サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,318サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,956サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,719サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,318サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Tomoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Tomoさん
ブログタイトル
Tomoの文藝エッセイ
更新頻度
集計中
読者になる
Tomoの文藝エッセイ

Tomoさんの新着記事

1件〜30件

  • 野村喜和夫論⑤ー散文・詩での言葉の選択ー

    今回、今まで五月雨式に書いていた野村喜和夫論をひとつにしようと思った。というのは、彼は、現代詩界(もしあるなら)で良く発言し、良く『現代詩手帖』に評論を書いて…

  • 野村喜和夫論④ー考えることと感じることー

    前回、『野村喜和夫論③ー知性と感性ー』で、私はつぎのように書いた。「私は、野村喜和夫氏の言葉との関係は、もともと素直な感性によるものであり、それは今も変わらな…

  • 野村喜和夫論③ー知性と感性ー

    前回、野村喜和夫氏の『ZOLO』について書いていて、下のように終えた。そして、その思いは別のところへと拡がっている。「・・・・・・・今、私は、現代詩の次の道を…

  • 野村喜和夫論②ー『ZOLO』に見る書き手ー

    前回、『野村喜和夫論①』で私は、『速度の虜』と『他者の泉8』についてこう書いた・・・・・・私が、疑問に思ったのは、「欲望のままに、少女の尿を浴びていると、顔は…

  • 野村喜和夫論①ー詩人と言葉ー

    2013年1月に書いたものだ。誤字脱字、それとわかりづらいところに手を加えた。ーーーーーーーーーーーーーーーー前回、野村喜和夫氏の『ZOLO』を開いて、驚いた…

  • 野村喜和夫論(序)ー言葉の回りの詩人の位置ー

    5年前に書いたが、手は加えなかった。ーーーーーーーーーーーーーーーー現代詩は何の回りを回っているのか。ここ半年、現代詩については、そのことだけを考えていた。言…

  • 野村喜和夫氏『現代詩作マニュアル』について-現代詩の立つ位置-

    現代詩はどこに立っているか?最近、現代詩として評価されている詩人の詩を読み、詩の批評を読んでいて感じたことは、現代詩の立っている場所を詩人たちが明確に言えなく…

  • 村上春樹の世界⑦騎士団長殺し(続)

    前回『騎士団長殺し』について感じるところを書いて、そのあと何か書き残しているという感じが残り、なぜか落ち着かなかった。今回はそのことだけを考えてみたい。それは…

  • 村上春樹の世界⑥騎士団長殺しーその1

    村上春樹は何かを変えたく思っている、あるいは何かが彼のなかで変わって今回『騎士団長殺し』を書き、発表したと感じられてならない。そのことがもう一度村上春樹につい…

  • 村上春樹の世界⑤書くことの意味

    これまで村上春樹の小説から考えられることを書いてきた。今回はエッセイ、ノンフィクション、対談、ホームページでの読者とのやりとりから、考えてみようと思う。日本だ…

カテゴリー一覧
商用