searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Ganponさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Ganponブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ganpon26
ブログ紹介文
趣味の模型作り、ドライブ、旅行など
更新頻度(1年)

110回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2018/01/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Ganponさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Ganponさん
ブログタイトル
Ganponブログ
更新頻度
110回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
Ganponブログ

Ganponさんの新着記事

1件〜30件

  • マイナポイント予約手続きできない(修復完了)

    2020-07-30前回の状況は、2台のPCで動作の違いが発生している事を書きました。その時は、Windows10のバージョンが原因ではないかと思っていました。この件に関して、マイキープラットホーム問い合わせ事務局から回答が届きました。▼回答は以下の通りです。【お問合せ回答】回答までお時間をいただき、申し訳ございません。申し訳ございませんが、お使いのWindowsのバージョンなどの端末固有の環境につきましては、原因の特定が困難であるため、前回ご案内させていただいた対処方法をご確認いただいても、事前セットアップが「✕」となり、状況が改善しない場合は、これ以上の解決策のご提示が難しい状況でございます。そのため、PCでのマイナポイントの予約・申込の実施が難しい場合には、前回ご案内させていただいた内容と重複しますが、以...マイナポイント予約手続きできない(修復完了)

  • 1/700 タミヤ 日本海軍駆逐艦 島風 (その6)

    2020-07-24張り線の材料を手配中ですが、到着日不明なので、ここまでの状態で未完成画像を撮りました。1/700タミヤ日本海軍駆逐艦島風(その6)

  • 1/700 タミヤ 日本海軍駆逐艦 島風 (その5)

    2020-07-23▼デカールが未だ密着していません。▼デカール密着大作戦中に25mm機銃が折れました。不幸の連鎖の始まりです。。。。。▼爪楊枝や綿棒で押さえて浮きを減らします。マークフィット・スーパーハードを塗り、綿棒でさらに押さえます。機銃は伸ばしランナーで代替処理しました。▼ボートもセットします。▼軍艦旗を掲揚します。▼此方の方に変更しました。▼残っているパーツを甲板の上に組み付けます。今回、フラットクリアーはガイヤノーツのEx04を使ってみました。クレオスのC189フラットベース(なめらかスムース)とブレンドする使い方が有るようですが、今回はこれだけを少し希釈して吹きました。1/700タミヤ日本海軍駆逐艦島風(その5)

  • 1/700 タミヤ 日本海軍駆逐艦 島風 (その4)

    2020-07-22船底の塗装の前に、甲板デカールが貼れるのか確認をします。▼デカールを切り出します。各穴は切り抜けますが、小さな丸穴は切り抜けませんので目打ちで穴を開けました。▼当ててみます。これなら使えそうです。▼マークフィット・スーパーハードを塗り、デカールを貼り、更にスーパーハードを上から塗ります。デカールがなかなか凸凹面に馴染まないので、マークソフターでデカールを軟化させます。タミヤさん、折角の甲板デカールなのだから、もっと柔らかくして下さい!細かく細いパーツが有るので、ドライヤーで温めて馴染ませる方法が取れません。何度もソフターを塗り、濡らした綿棒で抑えます。▼艦橋の窓をエナメルのXF-1で墨入れします。全体をXF-1とダークブラウンでウォッシングします。▼煙突の白ラインは、3本線はデカール、1本線...1/700タミヤ日本海軍駆逐艦島風(その4)

  • ArduinoでRC可動戦車(2)スケッチ

    ArduinoでRC可動戦車(2)のスケッチが、上手く動かないとの事で、確認したところ、一部が欠落していました。訂正しても、上手く書き換わってくれないので、こちらに改めて表記しました。//PS3BT_arduino_battle_tank_2dcmotor#include<AFMotor.h>#include<PS3BT.h>#include<usbhub.h>#ifdefdobogusinclude#include<spi4teensy3.h>#endifUSBUsb;BTDBtd(&Usb);//そうしたBluetoothDongleの事例を作成する必要がありますPS3BTPS3(&Btd);//これで事例が作成されます//PS3BTPS3(&Btd,0x00,0x15,0x83,0x3D,0x0A,0x5...ArduinoでRC可動戦車(2)スケッチ

  • 1/700 タミヤ 日本海軍駆逐艦 島風 (その3)

    2020-07-21パーツの切出しを全て完了。▼旧タイプは方位測定室、後部甲板室にフェンスが付いていましたが、新タイプは有りません。気になるならエッチングパーツでディテールアップしなさいという事でしょうか?▼エッチングパーツを購入する予定は無いので、手持ち材料でフェンスを作ります。適当なプラシートの手持ちがなかったので、タミヤ曲線用マスキングテープを使います。この作業中に、後方のマスト上部のヤードを60°程ひねってしまいました。(これは、後に修復。)▼12.7cm連装砲の砲身に0.4mmドリルで穴を掘ります。(0.3mmドリルを欠品中)中心出しは、内寸0.6mmの真鍮パイプをガイドにしました。▼画像の左が処理前、右が穴あけ処理したものです。▼煙突の黒、白ラインや、砲身の防水キャンバスの塗り分け、甲板デカール貼り...1/700タミヤ日本海軍駆逐艦島風(その3)

  • 1/700 タミヤ 日本海軍駆逐艦 島風 (その2)

    2020-07-20▼船体を仮組みします。ゲート処理をきちんとすれば、合いはバッチリです。▼使う事は無いと思いますが、底面にM2ナットをセットし、瞬着で固定します。▼蓋をして、2.5Φで穴あけします。▼左右の接合部は、右側前方に回り込み結合部が有ります。接合部が少し気になります。▼接着剤の量が多かったので、甲板両端の結合部が汚くなってしまいました。▼甲板はデカールが用意されていますが、所どころ穴あけ指示が有ります。先に切欠いておくか、貼った後で切欠くか、はたまたデカールを利用しないか.......悩みます。▼どちらにしても、【B21】は甲板デカールの切欠きより大きいので、取付けは後にします。▼魚雷発射管、煙突、艦橋を組立て、仮止めします。▼艦橋の窓はこんな感じです。▼マストの組立ては簡単でした。この後、破損しな...1/700タミヤ日本海軍駆逐艦島風(その2)

  • 1/700 タミヤ 日本海軍駆逐艦 島風 (その1)

    2020-07-19タミヤの1/700ウォーターラインシリーズ日本海軍駆逐艦「島風」を作ります。4年前にタミヤの旧型を作りましたが、その1年後にリニューアル版が発売され、いつか作ってみたいと思っていました。▼4年前に製作した「島風」です。▼上側が旧製品の箱です。リニューアル品は随分大きな箱になりました。▼パーツはこんな具合です。▼甲板のデカールが付いています。1/700タミヤ日本海軍駆逐艦島風(その1)

  • 1/35 タミヤ Sd.kfz.250/9(その9 完成)

    2020-07-14全体に艶消しクリアーを吹いて完成としました。画像をクリックすると拡大します画像をクリックすると拡大します画像をクリックすると拡大しますタミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズNo.115ドイツ陸軍Sd.Kfz.250/9軽装甲偵察車デマーグプ...組み立て、塗装が必要なプラモデル。別途、工具、塗料等が必要。タミヤ(TAMIYA)1/35タミヤSd.kfz.250/9(その9完成)

  • 1/35 タミヤ Sd.kfz.250/9(その8)

    2020-07-13フィギュアの製作です。先ずグレーサフを吹きます。(白も黒も切らせています)XF1フラットブラックを吹きます。ライトのせいでテカっていますが、艶消しです。地面を塗っておきます。タミヤウェザリングマスターのグレーを凸面に塗りつけて、艶消しクリアーで馴染ませます。今回も「山口塗り」です。更に凸面にグレーを塗り、フラットクリアーで均す。更に一番出っ張っている凸部に塗りつけて、フラットクリアーで均します。ベルト、ホルスター、シューズはXF79リノリウム甲板色、XF64レッドブラウン、XF1フラットブラックを調色して筆塗りします。タミヤドイツ兵階級章デカールセットから適当に選んで貼ります。車体にもデカールを貼ります。設定は第24戦車師団です。今回、初めてタミヤのマークフィット(スパーハード)を使ってみま...1/35タミヤSd.kfz.250/9(その8)

  • 1/35 タミヤ Sd.kfz.250/9(その7)

    2020-07-11▼WC01マルチブラック+WC02グランドブラウンで墨入れします。▼いつもなら墨入れをして完成にするところですが、今回はウォッシングをします。Mr.ウェザリングカラーをX20エナメル溶剤で薄めて刷毛塗りします。車体下回りはWC04サンディウォッシュ、車体上面はWC02グランドブラウンをメインに使用します。WC03ステインブラウンで錆を再現します。更に車体下部、車輪、履帯の土汚れはピグメントをアクリル溶剤で薄めて筆塗りします。▲ライフル銃にはマスキングテープでスリングを増設してみました。機銃2丁、ライフル銃3丁は装着する場所が見つからないのでストックする事になりそうです。フィギュアの製作と、車体の組み上げ、仕上げをして完成です。あともう少しです。。。。。。Mr.ウェザリングカラーマルチブラック...1/35タミヤSd.kfz.250/9(その7)

  • 1/35 タミヤ Sd.kfz.250/9(その6)

    2020-07-10昨日までにDYシャドーでシャドー吹きしてあるので、今日は残りの3カラーでカラーモジュレーション塗装をします。▼基本カラーのダークイエローはストックの希釈済みC39ダークイエローを吹きます。いつもよりはシャドー塗装部を残したつもりです。▼続いてDYハイライト1をエッジ、手前、上部に吹きます。通常の希釈具合(2~3倍)で吹きましたが、もっと希釈した方が良かったのかもしれません。そして、DYハイライト2をエッジに吹きます。少し白っぽくなりすぎた感が有ります。このままウェザリングで整えていこうか、迷彩を追加しようか、迷っております。ここで、発注していたLANケーブルが届きました。ケーブルの交換で2階のデスクトップもインターネットに接続できました。という事で、塗装作業は中断。1階から2階まで引き込んで...1/35タミヤSd.kfz.250/9(その6)

  • 1/35 タミヤ Sd.kfz.250/9(その5)

    2020-07-09昨晩からインターネットに接続できないことが頻発するようになりました、今朝一番に回線業者に連絡して、リモートで調査していただいたところ、午後に実機調査に来ることになりました。詳細は別途まとめることにしますが、その対応に時間を割かれて今日の模型製作はあまり進んでいません。▼前置きはこの辺にして、今日はボデーの外装塗装に入ります。ボデー上下を合体させると、内部の様子が十分に見ることが出来なくなるので、画像を残します。消火器などの残りの装備品を取り付け、ウェザリングを施しました。▼上下の接着はピットマルチ2を使用し、外せるようにしておきます。ネットは実寸型紙に沿って切り出し、ゼリー状瞬着で固定しました。塗装はカラーモジュレーションセットのDYシャドーでシャドー吹きします。ここで、今日の作業はタイムオ...1/35タミヤSd.kfz.250/9(その5)

  • 1/35 タミヤ Sd.kfz.250/9(その4)

    2020-07-08▼フェンダーの上のOVMが一体成型になっているので、接地部を削り込んで改修します。画像の上が改修したもの、下は改修前です。▼車体内部のパーツを仮組みします。車体内部の塗装色に悩みます。実写の画像は白黒で色合いが判断できません。作例ではダークイエローのものや、車内を白、エンジンルームをオキサイトレッドなど様々です。▼どの様に塗装しながら組み立てるか検討し、塗装してから組み付けるものを取り出します。▼エンジンルームの扉は開いた状態にしたいので、内側の押出しピン跡を埋めます。▼途中の画像を撮るのを忘れましたが、下塗りにオキサイトレッドサフを吹き、車内をC316ホワイトを薄めに吹きます。エンジン、ギヤボックスはMC212アイアンを吹き、綿棒で磨きます。操縦席のシートはXF64レッドブラウン、砲手のシ...1/35タミヤSd.kfz.250/9(その4)

  • 1/35 タミヤ Sd.kfz.250/9(その3)

    2020-07-06▼流し込み接着剤とゼリー状瞬着で反対側の履帯も何とか組上げました。▼フロントサスペンションとステアリングクランクの組み立て、組み込みは、細いパーツを折らないように気を付けて進めます。ステアリングクランクは1ヶ所以外は接着しない事で可動できます。▼前輪を仮止めします。左のタイヤが少し浮いていますので、後で調整します。履帯はMC212アイアンを筆塗りしてから擦り、光らせて金属感を出します。履帯のゴム部をXF1フラットブラックで筆塗りします。ホイールのゴム部の塗装も補修します。1/35タミヤSd.kfz.250/9(その3)

  • 1/35 Sd.kfz.250/9(その2)

    2020-07-05履帯の組立、組み付けに入ります。▼分割履帯の組み付けはあまり経験が無いので、可動式履帯の組立方法でやってみます。違うのは、ピンで接続するか、接着するかという事です。▼塗装の上から流し込み接着剤で接着するので、接着が不完全でが、組み付けてから接着追加する事にします。という予定でしたが、組み付けする片方からバラバラになります。仕方ないので、瞬着で部分固定しながら組み付けました。思った以上に手こずったので、今日はこれまででタイムオーバーです。1/35Sd.kfz.250/9(その2)

  • 1/35 Sd.kfz.250/9(その1)

    2020-07-04久しぶりのAFVスケール模型の製作です。タミヤの1/35Sd.kfz.250/9軽装甲偵察車デマーグです。半装軌車の製作は初めてです。残念ですが、今回はRC可動化はしません。▼1980年3月発売ということですが、金型の劣化はあまりない様で、目立ったバリは有りません。先ず、起動輪、転輪の組立から入ります。▼起動輪は左右対称形になっています。よく見ないと判りませんが、タミヤさんらしく車軸の太さを変えて誤取付防止になっています。▼車体に仮組みして確認します。誘導輪は転輪と同じものです。履帯は組み立て式になっているため、ロコ組み方式で組み付けていきたいと思います。▼転輪の取付けがきついところが有り、1.8mmキリを通しておきます。ロコ組みの場合、塗装は組んでからという事かもしれないが、私は塗装してか...1/35Sd.kfz.250/9(その1)

  • マイナポイント予約手続きできない

    2020-07-017月1日からマイナポイントの登録が出来る様になりました。しかし、我が家のPCから予約手続きをしようとすると、「環境チェックの事前セットアップ」でXとなり先へ進めません。マイキープラットフォーム問合せ窓口に問い合わせをしたところ数日後にメールで回答が届きました。現時点では解決していませんが、PCで手続きをする場合の注意点として書き留めます。▼問い合わせ窓口【お問合せ回答】マイキープラットフォームポータルサイトにて、『マイキーID作成・事前準備ソフト』をインストールして[マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)]ボタンをクリックするが、[環境チェック]画面の事前セットアップに×と表示され、次に進めないという状況でよろしいでしょうか。▼その状況に間違いないです▼問い合わせ窓口パソコンでマイナポイ...マイナポイント予約手続きできない

  • ミニ四駆 ホットショットJr.製作&RC化(その11 ・4輪独立懸架版 完成)

    2020-07-01ホイールの塗装が剥げるので、PP用プライマーで下塗りをし直しました。完璧ではないですが、かなり塗料の食いつきが改善できました。可動部分は、あっちこっちを調整してサスペンション、ステアリングが無理なく動作する様になりました。それは嘘で、可動範囲には未だ不満が残っております。とは言っても、7月になってしまったので、一応完成と言う事にしました。過去に製作した2台のホットショットJrと記念撮影です。▼まとめの動画も作成しました。ミニ四駆ホットショットJr.製作&RC化(その11・4輪独立懸架版完成)

  • ミニ四駆 ホットショットJr.製作&RC化(その10 ・4輪独立懸架)

    2020-06-27勘違いしていました。RCのESC(スピードコントローラ、モータドライバ)のモータ最大供給電圧は(電源電圧ー0.7V)でした。更に、この電圧もプロポのスロットルEPA(エンドポイントアジャスト)設定ボリュームで下げることが出来ました。ラジコン初心者なので、うっかりしていました。お恥ずかしい。と言う事で、モータの印加電圧は3Vに調整できました。判りやすい様にドットに印を入れておきました。▼THROTTLEEPAの目盛りで画像の位置(オレンジドット)で3V、赤ドットで5V。因みにダイオードの順方向電圧(1個当たり約0.7V)で電圧を下げるのはSID(シリコンドロッパー)と言い、非常用電源などの簡易的な電圧調整に利用されています。(どうでもいい事ですが。。。。)必要はなくなりましたが、このセットで実...ミニ四駆ホットショットJr.製作&RC化(その10・4輪独立懸架)

  • ミニ四駆 ホットショットJr.製作&RC化(その9 ・4輪独立懸架)

    2020-06-25振動で外れてしまうネジはパイプの肉厚を上げて、1.6mmから2mmに変更します。モータが届くのを待っている間に、塗装のウェザリングをします。ボデーはステンブラウンで錆を書き込みます。車体側はピグメントで泥汚れを付けます。2020-06-26モータが届きました。▲ATOMIC-TUNED2の方が若干トルクは低いですが、入力電流も低いです。先ずはATOMICの方を装着します。前輪の車軸も後輪と同じく、ユニバーサルジョイントに変更します。▼こちらの方(画像下段)が、ガタツキが抑えられそうです。▼製作はこんな工程です。1.4mmの真鍮釘に0.6mmの穴を開けます。3mmのメタルビーズの既存の穴を1.4mmに拡張し、直角方向に0.6mmの穴を開けます。メタルビーズに真鍮釘を通し、更に0.6mmピアノ線...ミニ四駆ホットショットJr.製作&RC化(その9・4輪独立懸架)

  • ミニ四駆 ホットショットJr.製作&RC化(その8 ・4輪独立懸架)

    2020-06-244輪独立懸架の試作は出来たのですが、ジョイント部でスムーズに動いてくれない事も有り、動作の安定化を改善中です。▼今回のボデーは、ジャーマングレーに塗装します。Ⅲ号突撃砲のデカール未使用分を貼りました。改良したものを組み上げ、試走させます。ウッ!モーターから煙が出ました。▼バラシてみると、ブラシが破損し、コイルも変色しています。ジョイント部が上手く動かず、過負荷になった様です。コイルがレアショートしている様です。ラジコンのESCの出力は5V系なので、ミニ四駆モータ(定格2.4~3V)を動かすには厳しい様です。▼こんなモータも試してみましたが、5V駆動ではトルク、回転数ともに低すぎました。Newone3個入り1.5-12VDC二軸カーボンブラシ130モーター炭素ブラシ6V-12V3000RPM-...ミニ四駆ホットショットJr.製作&RC化(その8・4輪独立懸架)

  • ミニ四駆 ホットショットJr.製作&RC化(その7 ・4輪独立懸架)

    2020-06-22前回の仕様変更完了後、更に足回りを触っております。ネットで参考にさせて頂いているunixwest18殿の”ホットショットJr.『四輪独立サス製作編』”を勝手に真似てみます。と言う事で、今回は物まね品の製作です。さて、上手く動作するものが作れるかどうか。。。。。。。▼ユニバーサルジョイント▼車軸の軸受け新設▼ステアリング関連機構▲後輪は上下方向のみ可動させたいのですが。。。。。▼なんとなく手を加えてみました。レシーバ、バッテリ、ESCを設置します。走行時の振動で1.6mmネジが緩んで外れる(かかっているネジ山が不足)ので、もう少し手を入れる予定です。タミヤミニ四駆PROシリーズNo.24ホットショットJr.MSシャーシ18624組み立ては接着剤不要のはめ込み式。パーツの取り付けに別途、工具等が...ミニ四駆ホットショットJr.製作&RC化(その7・4輪独立懸架)

  • アフィリエイトやってみます

    ちょっと興味が有ったのでアフィリエイトを利用するために、有料版gooblogアドバンスに切り替えました。月額210円(税込み)の費用が発生しますが、Amazonアソシエイトを利用できます。他にも広告の非表示やブログの書籍化などいろいろ機能アップする様です。6月からブログの下方に関連する品物のAmazonリンクがはられる様になり、お見苦しいかもしれませんが、宜しくお願いします。ブログの製作記事から関連商品を手に入れたいと思われたかたには参考になるかも?gooblogアドバンスhttps://blog.goo.ne.jp/info/advance/advance.htmlアドバンス解約https://blog.goo.ne.jp/how_to/e/9aabc479d9853f7087e6b0ec028e3ddfAm...アフィリエイトやってみます

  • ミニ四駆 ホットショットJr.製作&RC化(その6 ・仕様変更完了)

    2020-06-10ウェザリングをもう少し加えます。ひとまず、完了しました。完成としていないのは、未だ手を加える可能性が有りそうなので。。。。ミニ四駆ホットショットJr.製作&RC化(その6・仕様変更完了)

  • ミニ四駆 ホットショットJr.製作&RC化(その5・仕様変更)

    2020-06-08塗装を終え、組み立てます。少しですが、チッピングをやってみました。まだ完成していませんが、簡単動画にまとめました。ミニ四駆ホットショットJr.製作&RC化(その5・仕様変更)

  • ミニ四駆 ホットショットJr.製作&RC化(その4・仕様変更)

    2020-06-06久々の投稿です。この間、ミニ四駆ホットショットJr.の改修をチマチマやっておりました。前回最後の状態は↓↓この様になっていました。ボデーとシャーシの間を拡張したのは、モータの電磁ノイズでArduinoが誤動作するためでした。今回、ラジコン用のレシーバとESCスピードコントローラに置換えたので、この様にかさ上げする必要はなくなりました。と言っても、ブラシノイズがサーボの誤動作を起こさせるので、モータのブラシノイズ用のフィルターコンデンサ(50V0.1μF)は端子間だけではなく、其々ケース間にも付けました。ボデー内部の臓物がコンパクトになったので、改造せずに収まりそうです。キットをもう一台購入し、組み込んでみます。因みに、電池押さえは単三からLi-Poバッテリにしているので、装着できません。そこ...ミニ四駆ホットショットJr.製作&RC化(その4・仕様変更)

  • ミニ四駆 ホットショットJr.製作&RC化(その3・仕様変更)

    2020-05-24ランドクルーザーにコントロールユニットを移設したので、こんな状態になっていました。ランクルに搭載するつもりで注文していたプロポが届いたので、こちらに搭載する事にしました。購入したのは、中華製の格安4chプロポ(4chレシーバ付)です。別途注文したESC(スピードコントローラ・モータドライバー)も届きました。購入したのはブレーキ付きで、基板上のスイッチでブレーキ機能の有無を切替できます。切替は電源オン時ではなく、オフ時にするようです。このESPを選んだ理由は動作電圧範囲が3~9.4Vと言う事で、Li-Poバッテリ1セル(3.7V)で動かせるからです。ラジコンの機器を扱うのは初めてですが、ネットで仕入れた知識と取説(中国語、英語)を確認しながら接続します。いけそうなので、搭載します。車体の色が違...ミニ四駆ホットショットJr.製作&RC化(その3・仕様変更)

  • ミニ四駆 ランドクルーザー 製作&RC化 (その5 修理&完了)

    2020-05-18前輪のベアリング受け部が左右とも破断しました。2mmプラ板では強度不足でした。後輪の片側はアルミ板に変更しましたが、前輪側も変更する事にします。取替終了。もう一ヶ所不具合発生です。車軸のピニオンギヤが滑って空回りします。(ウォームギヤの下が空回りしているピニオンギヤです。)ミニ四駆の車軸は2mm六角シャフトが多いのですが(多分?)、このキットは2mm丸棒です。その為、圧入しているのですが緩んで空回りをする様になりました。瞬着では固定できません。六角穴のギヤを手配して、六角シャフトに変更する事にします。ところが、2mm丸棒に装着したカップジョイントが外れません。外す予定ではなかったので、瞬着で固定していたのです。と言う事で、カップジョイントも再製作します。今回は車軸を受ける部分は10Tピニオン...ミニ四駆ランドクルーザー製作&RC化(その5修理&完了)

  • ミニ四駆 ランドクルーザー 製作&RC化 (その4)

    2020-05-14勢いでリアコンビランプも一部点灯するようにしました。ヘッドライト連動でスモールランプ点灯、停車中はブレーキランプが点灯します。改造前は塗装しただけです。ドリル、デザインナイフ、ヤスリなどを使ってランプ部をくり抜きます。裏側にマスキングテープを貼り、紫外線硬化樹脂を流し込み、紫外線ライトで硬化させます。先ず裏側から流し込みます。次に表側から流し込み、硬化させます。乾いたところで裏面側にクリアレッド塗装します。こんな具合になります。ヤスリで表面を擦り、コンパウンドで磨き上げます。ヘッドライト連動で下部を点灯(スモール)させます。停止時はブレーキランプが点灯します。早速、動画を撮りました。最近購入したミニUSBホストシールドが動かないので、ホットショットJr.からパーツを移設しました。ミニ四駆ランドクルーザー製作&RC化(その4)

カテゴリー一覧
商用