飯屋工房
読者になる
住所
出身
ハンドル名
飯屋工房さん
ブログタイトル
飯屋工房
ブログURL
http://meshiyakoubo.blog.jp
ブログ紹介文
色んな意味で「おもしろ」をモットーにいろいろやっております絵描きです。(笑)
自由文
-
更新頻度(1年)

138回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2018/01/26

飯屋工房さんの人気ランキング

  • PV
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,659サイト
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,218サイト
パソコン絵画 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 162サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,192サイト
世界史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 267サイト

飯屋工房さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、飯屋工房さんの読者になりませんか?

ハンドル名
飯屋工房さん
ブログタイトル
飯屋工房
更新頻度
138回 / 365日(平均2.6回/週)
読者になる
飯屋工房
  • ブラック・プリンス歩兵戦車

    ▼好物はブラックプリンす!<画像引用元>▼転輪が増えました(ちなみに最高速度は約18km)<画像引用元>チャーチル歩兵戦車の大型化仕様。スーパーチャーチルとも呼ばれている。チャーチル歩兵戦車はターレットリングの直径が狭かったので、17ポンド砲の搭載が不可能であ

  • 第92泊目

    ▲朝の空気は新鮮!▲運動しやすい季節です▲ヘッドロックしやすい季節だぜ!?

  • 英国製戦車の防盾

    ▼深く俯角を取れるよ!?<画像引用元>戦車戦において、戦車の被弾率の8割は砲塔だとされている。当然のことながら砲塔前面は被弾率が高く、砲塔前面中心部に位置する防盾は最も被弾率が高い。そんなわけで防盾は防御力において、とても重要な部位であり、砲塔前面装甲同様

  • 第91泊目

    ▲け、結露しないかな~▲光合成したいなぁ~▲只今、溶接作業中です!

  • M44 APC

    ▼なんとなくAAV7に似ていますね<画像引用元>▼わいわいがやがや<画像引用元>「大は小を兼ねる」をという言葉があるが本当なのだろうか?・・・必ずしもそうではない。その一例が本車ことM44装甲兵員輸送車(APC)である。第二次世界大戦で装甲ハーフトラックは大活躍し

  • 第90泊目

    ▲騎馬警官だよ!?▲火気厳禁だぜ!▲俺の家、街中だけど!?

  • フィッシュ・アンド・チップス

    ▼とっても質素ですね<画像引用元>魚とジャガイモの揚げ料理。英国料理の代表的存在である。揚げる魚に付ける衣は小麦粉を卵や水で溶いたものである。衣にパン粉が含まれていない(衣にパン粉が含まれていると豚カツのような仕上がりになる)ので、天ぷらやフリッターのよ

  • 第89泊目

    ▲カーブショットでお願いします▲山頂なので暖かいです。・・・ウソです。▲ポケベースは得意だよ

  • イングラム M6

    ▼トンプソンじゃないよ!<画像引用元>「イングラム」といえば、マック10などのイングラム短機関銃が有名である。そもそもイングラムとは設計者の名前であり、そのイングラム氏が最初期に開発した短機関銃が本銃である。マック10とは対照的に大型の短機関銃であるが、これ

  • トータス重突撃戦車

    ▼ホウエン地方でゲットできるよ(?)<画像引用元>第二次世界大戦期のイギリスで開発された重自走砲。ナチスドイツの強固な要塞線「ジークフリートライン」などを攻略するために、とにかく高い防御力を最優先事項に設計されており、総重量は約80tである(同様の目的でアメ

  • 第88泊目

    ▲あ~、春が待ち遠しい・・・▲これから寒くなるね▲あんたら、寒さに強そうやね!

  • カーナーヴォン重戦車

    ▼コンパクトに収まったよ!?<画像引用元>コンカラー重戦車の車体にセンチュリオン中戦車の砲塔を搭載した重戦車。・・・要するに「マークスマン砲塔システム」のように、砲塔を移植しているだけである。朝鮮戦争で実戦投入されたことでも有名なセンチュリオンMk.3中戦車

  • 防盾

    ▼膨潤しないから安心してね!?<画像引用元>砲塔前面装甲板に設ける主砲附仰角用の穴を外部の攻撃から防護するための装甲板。空間装甲のように砲塔本体の装甲から分離して装着されているので、一体化された装甲板よりも防御力は低い。アメリカ陸軍やイスラエル陸軍による

  • 第87泊目

    ▲オニギリじゃないぜ▲強風で飛ばされそう・・・▲俺も強風に弱いよ

  • 3インチ榴弾砲

    ▼車体前面の方(砲)だよ!<画像引用元>▼テトラークにも搭載できるよ!<画像引用元>第二次世界大戦でイギリスが使用した軽量な76.2mm榴弾砲。主な役割は近接支援(CS)であり、歩兵支援のために76.2mmという大口径火力を投射する。主に発煙弾やHE弾で歩兵支援をしてい

  • 第86泊目

    ▲まだ8月です。・・・ウソです。▲心が穏やかになるぜ▲まだまだ暑いな~

  • チャーチル歩兵戦車のスモークディスチャージャー

    ▼メルカバみたいですね<画像引用元>▼装填手ハッチ手前の小さな穴にあるよ<画像引用元>チャーチル歩兵戦車は旧式な運用構想でありながらも、現代戦車のように発煙弾投射装置「スモークディスチャージャー」を備えていた。といっても、現代戦車のように砲塔外部に発煙弾

  • グレネードマシンガン

    ▼か、体が抜けなくなっちゃった・・・<画像引用元>グレネード弾を連射する大口径機関銃。重機関銃と迫撃砲の特徴を兼ね備えた重火器である。40mm口径弾を連射できる兵器はボフォース砲やポンポン砲などが代表例なので、低初速とはいえ、40mm口径のHE弾を連射できるコンパ

  • 第85泊目

    ▲暑いからずっと休憩していませんか?▲こ、この忙しいときに・・・▲舗装路は苦手です

  • チャーチル歩兵戦車の更新計画

    ▼時代の荒波を耐え抜きました・・・<画像引用元>チャーチル戦車は「歩兵戦車」なので重装甲による高い防御力と車体の大半を占めている履帯による走破能力が非常に優れており、歩兵戦車としては完成形ともいえる存在であった。だが、機動戦が急速に進歩しつつあった第二次

  • 電子レンジ

    ▼オールレンジモードに切り替える!<画像引用元>手軽に食品を温められる家電製品「電子レンジ」。電子レンジはガスコンロのように火力で食品を表面から直に温めているのではなく、マイクロ波という特殊な電磁波を照射し食品内部に含まれる水の分子を振動させることで水の

  • 第84泊目

    ▲山だと少し涼しいな~▲暗い場所だと涼しいよ・・・▲汗も涙も止まらないよ!?

  • M4シャーマン中戦車

    ▼まさに戦車界の「ドン」ですね!?<画像引用元>▼初期型。可愛らしいですね(?)<画像引用元>第二次世界大戦期のアメリカ陸軍を代表する戦車。第二次世界大戦当初に採用されていたM2中戦車は砲塔の37mm砲と車体に多数の軽機関銃を備えており、多砲塔戦車に近い旧式の

  • 付箋紙

    ▼こんにちは!<画像引用元>剥がれやすい接着剤を裏面の一部に塗布している小さな紙「ポスト・イット」のことである。ちょっとしたメモ書きや書物の目印などの用途で大活躍している。ポスト・イットに使用される接着剤は偶然の産物だった。接着剤の研究中に、偶然にも剥が

  • スピガット・モーター

    ▼かなりアンバランスですね・・・<画像引用元>砲口先端に砲口径よりも大きい砲弾を装着する形で発射する迫撃砲。迫撃砲以上に短射程になってしまうが、大口径の砲弾を手軽に発射可能である。RPG-7やPIAT、ライフルグレネード、九八式臼砲などが有名である。▼き、巨大なRP

  • 第83泊目

    ▲やっぱり暑い・・・▲こっちはもっと暑いよ・・・▲シャコガイかな?・・・カプッ!!

  • 2ポンド対戦車砲と3インチ榴弾砲

    ▼見分けがつくかな!?<画像引用元>▼貴方はどっちが好き!?2ポンド対戦車砲と3インチ榴弾砲は「ハイローミックス」に近い形で運用された。小口径だが高初速の2ポンド対戦車砲が対戦車任務を担当し、大口径だが低初速の3インチ榴弾砲が火力支援任務を担当することで両者

  • 第82泊目

    ▲・・・漂流してきました▲漂流中です。・・・ウソです。▲打ち上げ花火には負けないぜ

  • HC発煙弾

    ▼煙たがらないでね!?<画像引用元>ヘキサクロロエタンを使った発煙弾。WP発煙弾は一人三役(WP発煙弾は発煙弾・焼夷弾・擲弾として機能する)だが、HC発煙弾の方が効果時間が長いので発煙弾としてはこちらの方が本家だといえなくもない。具体例として、L118榴弾砲で使用

  • M60汎用機関銃

    ▼替え玉おねがいしま~す!?<画像引用元>アメリカ初の銃身交換が可能な汎用機関銃。最大の特徴であった「銃身交換」は初めての試みということが災いしてか、結果的には欠点となってしまった。ブレンガンなどの軽機関銃は通常、銃身に備わっているキャリングハンドルを掴

カテゴリー一覧
商用