searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
「様様三昧」店長の寺巡りの日々
ブログURL
https://samasama331.hatenablog.com/
ブログ紹介文
趣味の寺巡りで撮った写真など。ヤフーストアで刺繍もののパーカーとトートバッグのショップをやってます。
更新頻度(1年)

25回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2018/01/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、「様様三昧」店長の寺巡りの日々さんの読者になりませんか?

ハンドル名
「様様三昧」店長の寺巡りの日々さん
ブログタイトル
「様様三昧」店長の寺巡りの日々
更新頻度
25回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
「様様三昧」店長の寺巡りの日々

「様様三昧」店長の寺巡りの日々さんの新着記事

1件〜30件

  • 京都府宇治市 平等院

    鳳凰堂の龍頭瓦。 正面からの見た目がキュートです。 平等院と言えば、鳳凰。 鳳凰の朱印帳をゲットです。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都府宇治市 平等院

    蓮が見頃でした。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都市東山区 京都国立博物館 聖地をたずねて

    中止ではなく延期ということで、どうにか開催してくれて有難かったです。 この時期、いろんなイベントが中止になり、購入していたチケットがたくさん無駄になてしまいました。はあ。 仕方ありませんが。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都府舞鶴市 桂林寺

    総門の後ろに山門がそびえています。 1717年建立。市内最大の山門。 山門の鬼瓦。 山門の裏側。渡り廊下つき。 唐風の鐘楼堂。 本堂。 手水鉢。 可愛い鬼です。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都府舞鶴市 円隆寺

    本堂。 火を噴く龍。かっこいい! 山門も立派。 仁王さんではなく、四天王が前後左右に祀られています。 が、暗くてあんまり見えません... 多宝塔。 鱗のように並べられた亀腹の瓦。 おしゃれです。 唐獅子もかわいい。 山門の鬼瓦。 拝観寺院という感じではなく、お堂にあがれはしませんでしたが、 建物を見ているだけで楽しめました。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都府舞鶴市 多禰寺

    本堂。 日本で3番目の大きさを誇り、運慶作と言われている仁王さんが祀られています。 本当に運慶作かどうかは置いといても、東大寺南大門の仁王によく似ています。 仏像自体は今は宝物館に。 山門には写真が飾られていました。 バスを降りてから20分歩き。 バスの本数が1時間に1本もなく2時間待ち状態だったので、とりあえず近くの自然文化園で時間つぶし。 カメラ慣れしている猫ちゃんがサービスしてくれました。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都府宮津市 智恩寺

    日本三文殊の一つが祀られています。天橋立の智恩寺です。 年に5日のみ文殊菩薩がご開帳されます。 今年2020年の7月24日の出船祭はコロナの影響でかなり縮小されました。 境内にはなぜか狛犬がたくさん。 常香炉にしがみつく獅子。 多宝塔。 松にくくりつけれたすえひろ扇子おみくじ。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都市右京区 仁和寺

    金堂。国宝です。 で、屋根の黄安仙人。亀の上に乗っています。 この亀は3000年に1度しか水中から顔を出さないとされているのですが、なんとこの黄安仙人は生涯に3、4回見たということらしいです。 それほどまでに長生きをしている、つまり永遠の象徴ということ。 あやかりたいものです。。。 別角度。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都市右京区 蓮華寺

    きゅうり封じで有名なお寺です。 石仏の五智如来坐像。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都市東山区 東福寺

    臥雲橋から望む通天橋。 海外からの観光客がおられないので、今は良い感じにスッカスカです。 仏殿(本堂)。 外からですが、天井の龍図を見ることができます。 山門からの仏殿。 山門。 まだちょい早かったようです。 ぼちぼち見頃かと。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 和歌山市 無量光寺

    首大仏。 火災で首だけが残ったという、よくある話かと思っていましたが、そうではないようです。 元々は大仏として全体が存在していたのでけれども、焼失。 作り直そうと、初代の銅を使ってまず顔のみを作ったあと、経済的理由で断念。現在に至るということらしいです。 ま、時代は江戸末期。いろいろ大変だったのでしょう。。。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 奈良県橿原市 藤原京跡

    藤原京跡から望む畝傍山。 こっちは耳成山。 ま、何もないだだっ広い場所なのですが。。。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 奈良県橿原市 藤原京跡

    藤原京跡から望む畝傍山。 こっちは耳成山。

  • 京都市上京区 晴明神社

    五芒星がカッコよいです。 桔梗が美しい。 可愛い狛犬。 安倍晴明さま。 store.shopping.yahoo.co.jp にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都市南区 東寺 (教王護国寺)

    ことわざの「贔屓の引き倒し」の贔屓。 重そうなものを背負わされています。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都市南区 東寺 (教王護国寺)

    雨に煙る五重塔。 蓮の花が見頃でした。 葉っぱに溜まる雨水。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都市東山区 東福寺塔頭天得院

    例年、行われている初夏の特別拝観。 今年もしっかり愛でてきました。 降り続いた雨のせいで、倒れてしまった花もありました。見頃過ぎかとは思いますが、抹茶をいただきながら、ゆったりさせてもらいました。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 大阪府泉大津市 重森三玲作庭 吉泉庭

    大阪府泉大津市役所横の東雲公園。 もともとここへ作られた訳ではなく、家の庭だったものをこちらへ移築したということです。 無理やり感は否めない。 本来ならは縁側からの飛び石だったのだろうと。。 で、こちらは隣接されている三玲っぽく大胆に石を立てられた庭。 三玲作ではないようです。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 京都市東山区 霊源院

    建仁寺の塔頭の一つ。 令和になってから完成したという枯山水庭園が初公開。 達磨大師が修行中でした。。。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • アマビエ 妖怪 刺繍 和風 壁掛け 壁飾り 掛け軸 タペストリー

    刺繍にはプリントとは違い、刺繍ならではの風合いがございます。是非、直接手に取って糸の艶と立体感を感じてください。 [デザイン]疫病退散に!妖怪のアマビエです。海中から光をかがやかせるなどの現象を起こし、豊作・疫病などに関する予言をしたとされる、日本に伝わる妖怪。 [商品説明]竹素材の和風な壁掛け。 デザイン部分はフェルトに刺繍しております。 吊るし紐を除く全体サイズ W30×H45(cm) フェルトサイズ W19×H26(cm) store.shopping.yahoo.co.jp にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 奈良市 手向山神社

    綺麗な歯並びをした狛犬。

  • 奈良市 東大寺戒壇院千手堂

    戒壇院戒壇堂の方が保存修理ということで、代わりに平成25年以来7年ぶりに千手堂の方が特別公開されております。ありがたいことです。 鬼瓦。あごがしゃくれていて、なんとなくユーモラスな。。。 戒壇院からの若草山。 戒壇院山門は閉まっています。 戒壇院山門の唐獅子。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 東大寺 東大寺俊乗堂

    7月5日と12月16日の年に2回のみのご開帳。 土日と重なれば、行くしかない。 国宝の重源上人坐像が有名ですが、お目当ては快慶作の阿弥陀如来坐像。 コロナ禍とうことで、整理券をいただいて順に20人のみがお堂に入れるような感じ。入替制ということではなく、出た人数分が新たにお堂に入り、常にお堂には20人がいるという状態でした。 何度かお伺いしておりますが、いつもに比べてゆったりと阿弥陀様を堪能できました。 鬼瓦。 お向かいにある行基堂。江戸時代までは重源上人坐像がお祀りされていたとうことです。 にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武将もの等々。刺繍パーカー・トートバッグを取り扱っています。

  • 奈良県橿原市 橿原神宮

    橿原神宮のオフィシャルのサイトには「ようこそ、日本の始まりへ」とあります。 日本の初代天皇「神武天皇」が即位されたとされる場所です。 表参道。 南神門。 紀元2679年ですっ! とにかく広い。 8月上旬の日曜日、朝9時頃のせいなのか、人はまばらで境内の広さ、雄大さを満喫できました。背後には大和三山の一つ、畝傍山が。 で、やっと外拝殿。通常はこちらからお参りいたします。 外拝殿から望む本殿。 外拝殿の机の上のちらしに重しとして使われていた八咫烏の置物。 八咫烏は神武天皇を大和の橿原まで案内したとされている三本足のカラスです。 北神門。畝傍山への登山はこちらから。 登山途中の耳成山。これも大和三山…

  • 京都市上京区 蘆山寺

    京都御所のすぐ近く、普段はひっそりとした静かなお寺です。 7、8月は庭で桔梗が楽しめます。 紫式部の邸宅跡。こちらで執筆活動していたと言われています。 当時から寺だったわけではなく、蘆山寺自体が移転を繰り返し、最終的にこの地に落ち着いたということです。 元三大師堂。蘆山寺を開いた良源が祀られています。 良源はおみくじを最初に考えた人です。角大師のお札で有名。 「源氏庭」 苔と桔梗が白砂に映えます。美しい。 [様様三昧] 刺繍パーカー 元三大師 厄除け大師 角大師 半袖 メンズ レディス (L, 黒) メディア: ウェア&シューズ この商品を含むブログを見る にほんブログ村 仏像モチーフや戦国武…

  • 京都国立博物館 特別展「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」

    平成31年4月13日(土)~6月9日(日) あんまり絵とかは興味ないのだけど、仏像も何点か展示されるということで見に行ってきました。 快慶の弟子の行快作の仏像がグッドでした。 念仏札。 一遍上人と言えば、「踊念仏」「賦算」ということで、 当然、全国を渡り歩いた際に配ったという念仏札も展示されているかと思っていたのですが、こちらは当たり前すぎたのか、展示はなし。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/samasama/bb017.html https://store.shopping.yahoo.co.jp/samasama/p017n.html マスコットキャラ…

  • 兵庫県西宮市 神呪寺

    日本三如意輪観音の一つが安置されている神呪寺。「かんのうじ」と読みます。 毎年5月18日に融通観音大祭が行われ、本尊である秘仏の如意輪観音像菩薩坐像がご開帳されます。 仁王門。ですが、おられるのは広目天と増長天です。 仁王門の鬼瓦。 仁王門を越えた後にも階段が続きます。 大きな灯籠。 2019年は18日が土曜日だったこともあり、結構な人だかりでした。写真ではあえて人があまり写りこまないようにして撮っています。 釣鐘には「天下」の文字が。 誰でもつけるようになっています。 ぞろぞろと並んで、お堂に入らせて頂き、すぐ目の前で拝めます。お堂内は当然写真撮れませんので、画像は頂いたパンフよりです。 一…

  • 東寺 (教王護国寺)https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sleeping_donkey_sp/20190415/20190415171538.jpg

    2019/03/26-2019/06/02の間、講堂の帝釈天さんを含め15体が東京国立博物館へ出張中です。 とうことで、京都の方ではすっかすかの状態でした。 知らずに来られた方たちの「残念だったねぇ」の声がちらほらと。 東京国立博物館へ持ち出された仏像の台座と光背は残っており、まるで引っ越し途中の事務所のような感じ。 いつもは講堂の中はこんなに賑やか。(入山時に頂くリーフレットより) いつもは所狭しと並べられているせいで、後ろの仏像をじっくりは拝めません。 ですが、この時ばかりは居残り組の梵天さんの正面のお姿(リーフレットの表紙のように!)を堪能できます。 いつもは帝釈天さんの後ろに隠れてしま…

  • 奈良県桜井市 聖林寺

    まずは入山時に頂いたリーフレットの表紙から。 国宝の十一面観音像の右手です。美しい仏像は御手も美しい! 近鉄かJRの桜井駅からバスに乗って10分ほどですが、バスの本数が1時間に1本もありません。要注意です。 バス停で降りても、国宝が安置されているとは思えないような、小さな寂れたお寺感満載。 小さな山門の唐獅子がお出迎え。 のどか。 ご本尊は石仏の地蔵菩薩です。 で、お目当ての国宝十一面観音像は観音堂に安置されています。 それなりに拝観される方はおられますが、言ってもすぐに出ていかれますので、じっくりゆっくり独占できます。 自分好みの角度を探しつつ、観音堂の中をうろちょろと。 ただ、台座が結構高…

カテゴリー一覧
商用