searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

JPT-Offersさんのプロフィール

美容や健康について人に相談しづらい、どこかに通ったりする時間のない悩み解決のために、自分でできるアイテムの情報を発信中!

ブログタイトル
お悩み解決提案ブログ
ブログURL
http://jptoffers.hatenablog.com/
ブログ紹介文
美容や健康について人に相談しづらい、どこかに通ったりする時間のない悩み解決のために、自分でできるアイテムの情報を発信中!
更新頻度(1年)

41回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2018/01/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、JPT-Offersさんをフォローしませんか?

ハンドル名
JPT-Offersさん
ブログタイトル
お悩み解決提案ブログ
更新頻度
41回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
お悩み解決提案ブログ

JPT-Offersさんの新着記事

1件〜30件

  • 足つぼで発毛に良いツボはあるのか?!

    足つぼマッサージ、リフレクソロジーをしたことがありますか? すご~~~く気持ちいですよね。 足は『第2の心臓』と呼ばれています。 心臓は血液を全身に運びますが、足は血液を心臓に送り返す役割があります。 この足裏には、身体の各器官に通ずるツボがたくさん分布しているのです。 つまり、全ての器官を網羅するツボが集まっています。このツボを刺激することで、対応する器官の働きを高めていきます。また、足に溜まった老廃物を揉みほぐし、身体全体の血液の流れを円滑にもします。 確かに2足歩行の人間の足裏には、毎日数十キロの体重がかかり活動しています。 それゆえ、この足ツボマッサージの歴史は古く、エジプトの紀元前2…

  • 化粧品・スキンケア商品に潜む危険をご存知ですか?~③

    前回は、化粧品・スキンケア商品に潜む危険な成分を見ていきました。 まだまだありますので、引き続き成分について、見ていきたいと思います。 知っておきたい成分が多いので、今回は11種類の成分です。 続~使用を避けたい成分リスト 15. 鉛、鉛化合物 ヘアカラー等の着色料として使用。カナダでは規制成分。発がん性物質の可能性、発育や呼吸器官、胃腸、生殖機能への毒性、受精率の低下、代謝機能や脳、神経系への影響などがある。 16. オキシベンゾン(ベンゾフェノン3) 主に日焼け止めなどに使用。肌への吸収性が高く、危険なレベルまで毒素が蓄積する。光アレルギー反応や免疫器官の毒性との関連性があり、発がん性物質…

  • 「アルガンオイル」が髪に良いらしい

    時代は今、「オイル」へと向かっているのをご存知ですか? オイル美容のトレンドがここ数年続いていますが、中でも人気があるオイルといえば“アルガンオイル”。 “モロッコの黄金”と呼ばれる“アルガンオイル”だそう。アルガンオイルは、サハラ砂漠の北西部・モロッコに生息し、数年間1滴の雨が降らなくても枯れないといわれている奇跡の樹木・アルガンの木の“仁”(種の中の核)100kgからたった1L程度しかとれないオイル。まさに黄金のように、希少価値の高いものなのです。 その性質は、人間の皮脂成分と非常に似ていて、肌にすばやく浸透する点です、 そして、アルガンオイルの特筆すべき点は「オイルの酸化安定性が高い!」…

  • 化粧品・スキンケア商品に潜む危険をご存知ですか?~②

    前回は、化粧品・スキンケア商品に潜む危険をテーマに見ていきました。 https://ledmask.sg/site/blog#blog65 今回は、成分について、見ていきたいと思います。 知っておきたい成分が多いので、今回は14種類の成分を見て、次回に続きます。 使用を避けたい成分リスト 1. アルミニウム・ジルコニウム、アルミニウム化合物 主に制汗剤などに使用。アルツハイマーになる危険性や乳がんとの関連性が指摘され、神経器官や呼吸器官などへの毒性や、発育障害などの可能性がある。 2. 酢酸ベンジル 皮膚から簡単に吸収されやすく、すい臓がんとの関連性が指摘される、肺のうっ血、胃腸や肝臓、呼吸器…

  • 化粧品・スキンケア商品に潜む危険をご存知ですか?~②

    前回は、化粧品・スキンケア商品に潜む危険をテーマに見ていきました。 https://ledmask.sg/site/blog#blog65 今回は、成分について、見ていきたいと思います。 知っておきたい成分が多いので、今回は14種類の成分を見て、次回に続きます。 使用を避けたい成分リスト 1. アルミニウム・ジルコニウム、アルミニウム化合物 主に制汗剤などに使用。アルツハイマーになる危険性や乳がんとの関連性が指摘され、神経器官や呼吸器官などへの毒性や、発育障害などの可能性がある。 2. 酢酸ベンジル 皮膚から簡単に吸収されやすく、すい臓がんとの関連性が指摘される、肺のうっ血、胃腸や肝臓、呼吸器…

  • 頭皮の皮膚常在菌について知識を深めよう

    前回は、頭皮の皮膚ダニについて見てみました。 頭皮・皮膚常在細菌は腸内細菌と同じで年齢・性別関係なく、誰もが持っている菌です。 皆さん、ご存知でしたか?健康な頭皮を保つために欠かせない皮膚常在菌には、一体どんな役割があるのか見ていきましょう。 頭皮に存在する皮膚常在菌とは 頭皮には皮膚常在菌がかなり多く存在しています。 もちろん人間の皮膚全体にも、皮膚常在菌が存在しています。 しかし、決して悪い菌ではなく、赤ちゃんの時から人間の体に普通に存在している微生物です。 皮膚常在菌が分泌するリパーゼという酵素から脂肪酸を作り、頭皮を保湿して正常な弱酸性を保ちます。 頭皮の皮膚常在菌の種類 表皮ブドウ球…

  • 化粧品・スキンケア商品に潜む危険をご存知ですか?~①

    女性は平均で1日になんと515種類もの合成化学物質を化粧やスキンケアとして肌に塗っている…そんな研究結果を耳にしたら、あなたはどう思いますか? 今から10年ほど前、某化粧品業界誌が、女性は1年間になんと平均約2キロもの化学物質を身体に取り込んでいると発表。それから2年後には、某ナチュラルデオドラント化粧品メーカーが「日々のお化粧やスキンケアを通して、女性は平均515種類もの合成化学物質を肌に塗りたくっている」という衝撃的な研究結果を世に公表しました。 つまり、その化学物質のうち60%が身体に吸収されていくとしたら、恐ろしいですよね。 今回は、化粧品・スキンケア商品に潜む危険をテーマに見ていきた…

  • 蒸しタオルがいいらしい

    頭皮ケアには蒸しタオルがお勧めなのをご存知ですか? 薄毛が進行しやすい季節は秋から冬にかけてです。 この時期に薄毛が進行しやすい理由はいろいろあります。まず気温の低下とともに乾燥しやすい季節になるからです。 頭皮の潤いが奪われて頭皮環境が悪化して薄毛が進行しやすくなります。 また、寒いことで血行が悪くなって頭皮に十分栄養がいきわたらないということもあります。 さらにはお風呂に入った時に暖かい時期よりも温度の高いシャワーなどを使用することで余分に皮脂を取り除いてしまったり、入浴後のドライヤーに時間がかかることによって過剰に頭皮の乾燥してしまうことも原因の一つです。 このように寒くなってくる時期は…

  • 日本酒のスゴすぎる美肌効果

    日本酒を作る“杜氏”さんの手はキレイという話、ご存知ですか?また、米どころである東北の女性の肌がキレイなのは、日本酒を飲む習慣があるから、とも言われます。 実は、日本酒には美肌効果があるそうです。 今回は、そんな日本酒の美肌効果に焦点を当てて、見ていきましょう。 日本酒には、美肌・美容にうれしい成分がいっぱい ①コウジ酸 日本酒造りの際、麹の発酵過程で生み出される成分が「コウジ酸」です。この項コウジ酸は、メラニンの生成を抑える働きがあります。 メラニンは、紫外線を浴びると発生する物質で、過剰に生成されるとシミの原因となってしまいます。コウジ酸は、メラニンを作るチロシナーゼという酵素の働きを止め…

  • 頭皮のかゆみ、皮膚ダニが原因かも?!

    しっかりとヘアケアしているつもりでも、寝起きや日中に頭皮の痒みを感じた経験はないでしょうか。 そんな頭皮の悩みの原因は、皮膚ダニが原因かもしれないです。 今回は、そんな頭皮ダニとその原因、影響などについて見ていきましょう。 皮膚ダニとは? これは、どんなに清潔にしている人であっても必ず存在するダニであり、顔や頭皮などに存在しています。 皮膚ダニはクモの仲間でダニ科に属し、8本の足を持ち,口器を皮脂や細胞に差し込んで栄養分を吸い取ります。 皮脂の分泌が多い部分を中心にほぼ全身に生息しており、主に毛根に住む大型タイプのデモデクス・フォリキュロラムと皮脂腺に住み皮脂をエサとする小型タイプのデモデクス…

  • 頭皮のかゆみ、皮膚ダニが原因かも?!

    しっかりとヘアケアしているつもりでも、寝起きや日中に頭皮の痒みを感じた経験はないでしょうか。 そんな頭皮の悩みの原因は、皮膚ダニが原因かもしれないです。 今回は、そんな頭皮ダニとその原因、影響などについて見ていきましょう。 皮膚ダニとは? これは、どんなに清潔にしている人であっても必ず存在するダニであり、顔や頭皮などに存在しています。 皮膚ダニはクモの仲間でダニ科に属し、8本の足を持ち,口器を皮脂や細胞に差し込んで栄養分を吸い取ります。 皮脂の分泌が多い部分を中心にほぼ全身に生息しており、主に毛根に住む大型タイプのデモデクス・フォリキュロラムと皮脂腺に住み皮脂をエサとする小型タイプのデモデクス…

  • 食べる日焼け対策!!紫外線を体の中から予防

    いよいよ紫外線が強くなってきましたね。 日焼け止めや羽織ものなど、皆さまそれぞれに対策をしていらっしゃると思います。 もちろんお肌を紫外線から守るためには、そのような対策も必要ですが、身体の内側からのケアも大切です! そこで今回は、紫外線対策に有効な食べ物についてまとめてみました。 紫外線に良い食べ物は? 1.トマト 実はトマトは「食べる日焼け止め」とまで言われていることをご存じでしょうか。 トマトに含まれるリコピンという成分には抗酸化作用があり、紫外線によって作られる活性酸素を除去する働きがあります。 シミやソバカスの原因といわれるメラニンの生成も抑制するので、日焼け対策として積極的に摂取す…

  • 良い抜毛と悪い抜毛

    人間の髪の毛は1日だけで50本から100本程度抜け落ちると言われています。 誰にでも発生する自然現象です。 その中でも、良い抜け毛と悪い抜け毛が存在し、これらは抜け毛の毛根をチェックすることで分かります。 皆さんご存知でしたか? 今回は、良い抜毛と悪い抜毛を見ていきましょう。 あなたの抜毛はよい抜毛?それとも悪い抜毛? あなたの抜け毛が、「良い抜け毛」か「悪い抜け毛」かは、抜けた髪をチェックしてみればわかります。 ブラッシングやシャンプーの際に抜けた髪の毛や、枕やタオルについた髪の毛を何本か取ってみて、その形状をよく観察してみましょう。虫メガネを使えば、簡単に見ることができます。 【良い抜け毛…

  • よく噛んで食べることは、メリットいっぱいだった!!

    人間や動物は、口から食べ物を摂取することで生きています。 毎日必ず口から食べ物を噛んで食べています。噛んでたべるとき、普段は意識していませんが、実は「よく噛む」、ということで、様々なメリットがあるのです!美容・美肌効果、ダイエットや小顔効果・・・・・・だけでなく、実は他にもたくさんの効果・メリットがあるんです! よく噛むことで得られる効果 それでは、実際に、よく噛んでゆっくり時間をかけて食べることで得られる効果を見ていきましょう! 1.ダイエット効果・太る防止効果 よく噛んでゆっくり食事をすると、満腹のサインが脳に伝わりやすく、食べ過ぎを防ぐことができます。満腹中枢が刺激されて満腹感を感じるの…

  • ストレスと髪の関係

    髪が急に抜けてしまった、円形脱毛症になった、髪の色が一夜にして退色してしまったという話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。 配偶者や家族が亡くなったり、職場で長期間ストレスに晒されるなどしても、髪は傷みます。 肌もそうですが、髪はストレスのダメージが表出しやすい箇所といっても過言ではありません。 ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れることは、ご存知の方も多いかと思います。それだけではなく、ストレスによってホルモンバランスや免疫機能も攻撃を受けます。 ストレスのよる影響 ①ストレスが身体に及ぼす影響 ストレスと言うのは実はメンタル面だけの問題ではなく、身体にも影響を与えること…

  • 辛いものを食べると、美肌になるって本当だった?!

    暑いからこそ、辛いもの食べたくなりませんか? 発汗作用があり新陳代謝をUPすると言われているので、食べ過ぎなければ美容にはとても効果的です。 今回は、辛いものが美容に効く理由を見ていきましょう! 唐辛子の効果 少し食べるだけでも発汗作用があり、体の中から脂肪が燃えているような感じがする唐辛子です。 カプサイシンダイエットというものが以前流行を見せていましたが、カプサイシンを摂取すると脂肪が燃焼してダイエットに繋がるからといって、大量に辛い物を食べてカプサイシンを摂取することは逆に体にとっては危険となっています。 脂肪の燃焼を助けてくれると言われているカプサイシンは、摂りすぎに注意し適度な量を摂…

  • 辛いものを食べると、美肌になるって本当だった?!

    暑いからこそ、辛いもの食べたくなりませんか? 発汗作用があり新陳代謝をUPすると言われているので、食べ過ぎなければ美容にはとても効果的です。 今回は、辛いものが美容に効く理由を見ていきましょう! 唐辛子の効果 少し食べるだけでも発汗作用があり、体の中から脂肪が燃えているような感じがする唐辛子です。 カプサイシンダイエットというものが以前流行を見せていましたが、カプサイシンを摂取すると脂肪が燃焼してダイエットに繋がるからといって、大量に辛い物を食べてカプサイシンを摂取することは逆に体にとっては危険となっています。 脂肪の燃焼を助けてくれると言われているカプサイシンは、摂りすぎに注意し適度な量を摂…

  • 前回は、髪の毛に良い食べ物としてイワシを紹介しました。 そこで疑問に思ったのが、髪の毛に良い飲み物ってあるのか?と。 薄毛になる原因は様々ですが、食べ物や飲み物による影響もかなり大きいようです。 ただ、普段の食事でなかなか意識して薄毛に良い食べ物ばかりは食べてられません。 そこで 「食べ物はともかく飲み物なら意識して毎日摂り入れられるかも!」 「手軽に薄毛予防ができる飲み物って無いかな?」 「あの飲み物って薄毛予防に効果あるのかな~」 と言うように思ってる方も多いのではないでしょうか。 やはり、どんな健康法でも継続的に続けるのが難しいので、飲み物なら比較的毎日でも取り入れやすいと思います。 と…

  • 血液サラサラに改善!血液サラサラは美容にも良い

    血流美人は素肌美人であるってご存知ですか? 血行がよくなると、肌はキレイになりますよね。 くすみやくまなども、やっぱり血流からって言います。高いクリームを使ってもよくならなかったのが、血行がよくなったら必要なくなったりするんですよ。血液の循環が悪いとお肌も血行不良になるから、栄養や水分がすみずみまで行き届かなくて、くすみや肌のごわつきの原因になるのです。 そもそも血液がドロドロとは、どのような状態? 血液は血管を通して体のすみずみに酸素や栄養分を運んだり、不要な老廃物を除去したり、ウイルスと戦ったりと、生命活動を行う上でとても重要な役割をしています。 血液がサラサラな状態とはこれらの働きがスム…

  • 薄毛・白髪・抜け毛にイワシ!!!!

    薄毛・白髪・抜け毛にイワシ!!!! 某テレビ番組で、薄毛予防に「イワシ」がお勧めというのを検証したものが放送されました。 ご覧になられた方もいらっしゃると思います。 薄毛が気になる方でもイワシを食べ続けることでフサフサ効果が期待できるかも?ということで、今回は、イワシやイワシ缶の何が薄毛予防に効果があるのか? 注目すべき栄養素や効能・効果などについて徹底的に見ていきましょう! なぜ、イワシなの?! そもそも、イワシ(鰯)が薄毛対策に良いらしいと言われるようになった理由は、イワシという魚に含まれる栄養成分にありますが、中でも注目されている成分が〝メチオニン〟や〝亜鉛〟〝EPA(エイコサペンタエン…

  • 高保湿の王様「セラミド」って何?

    美容好きなら一度は聞いたことのある成分、セラミド。肌に大事なのは知っているけど、どんなことをしてくれるのでしょうか?今回は、セラミドに注目していきましょう。 セラミドとは? 健やかな肌の「角層」の中では、何層もの角層細胞が重なっています。そして、角層細胞どうしのすき間を満たし、細胞どうしや水分をつなぎとめているのが、肌の必須成分「セラミド」です。「セラミド」は、肌の奥から生まれてきます。表皮細胞は水分を含み、セラミドは油の一種。水と油という、相反する成分が何層にも重なっているため、体外からアレルゲンや細菌が侵入するのを防ぐバリア機能の役目を果たし、逆に体内からの水分が蒸散するのを防いでいるので…

  • 薄毛と白髪の関係

    「白髪の人はハゲにくい」、「白髪家系はハゲない」ということを耳にした方も多いと思います。白髪が生えてくればハゲる可能性が低くなるのでしょうか?ちょっと気になるこの噂。Twitterでも囁かれる噂です。果たして、この都市伝説は本当なのでしょうか。今回は、白髪とハゲの原因から確認して行きまょう。白髪は薄毛になりにくい? 「白髪が多くて薄毛の人をあまり知らない」「白髪の人は薄毛になりづらいのかも?」と思ったことはありませんか。「たしかに感覚や経験則ではそう思える」という人も多いでしょう。しかし実際のところ、白髪と薄毛には互いに関わりがありません。それぞれの現象は、まったく別の理由が原因で起きているた…

  • パン、パスタ、うどん抜き!グルテンフリーって何?

    海外セレブたちの間でブームになったことから、日本でも注目されるようになったグルテンフリー。 英語ではGluten Free、「グルテンなし」というそのままの意味になります。 さて、その「グルテン」ですが、小麦などに含まれるたんぱく質=小麦タンパク のことで、モッチリしたコシの元でもあります。つまり、グルテンフリーとは、「小麦たんぱくを食べない」、もしくは「小麦たんぱくを食べない」こと。 ポイントは、あくまでもグルテンのみ。糖質ダイエットや炭水化物ダイエットとは根本的に違います。 アレルギーのせいで摂取できないという方はもちろん、 最近では、美容のためにグルテンを控えているという方も増えているよ…

  • 冬の薄毛対策

    冬の薄毛対策 もうすぐ、本格的な寒い冬がやってきますね。 冬は乾燥の季節です。静電気がバチバチして、 手足や顔の皮膚はもちろん、頭皮も乾燥してしまいます。 そしてその乾燥は、薄毛を招く原因にもなりうるのです。 なぜ薄毛の原因となり、どうしたらその乾燥を防ぐことが出来るでしょうか。 今回は冬の薄毛対策をみていきましょう。 冬はフケや抜け毛が増えて薄毛の原因となる季節です 薄毛対策は冬にも気を抜いてはいけません。冬には冬ならではのハゲる原因となる落とし穴がたくさん存在するのです。 冬は空気が乾燥する季節。気温が下がることで大気中の湿度が下がり、部屋に入るとエアコンやストーブの熱が乾燥をさらに推し進…

  • エイジングケアは何歳から始めるべき?

    年齢を重ねるにつれてお肌の調子も落ちてきて”エイジングケア”という言葉が気になっていませんか?実際、いつからエイジングケアを始めたらいいのか、自分が当てはまるのか知りたい方も多いのではないでしょうか。 そこで今回はエイジングケアについて詳しく見ていきましょう。 エイジングケアとは? エイジングケアという言葉には「年齢に応じた肌のお手入れ」という意味があります。「アンチエイジング」と響きは似ていますが、「老化に逆らう方法」というわけではありません。 アンチエイジングとの違い 老化に対して医学的なアプローチを含む予防策をとっていくのが、アンチエイジング。一方、エイジングケアは、日々のお手入れで本来…

  • 薄毛に悩む女性のヘアスタイル

    最近、髪が薄くなったり、ボリュームがなくなってきたと感じたことはありませんか? 髪は女性の命とはよく言われますが、近年髪の悩みを抱えている女性が増えています。 髪のボリュームは「見た目の年齢」に大きな影響を与えてしまうため、髪型で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、女性のための薄毛が目立ちにくいヘアスタイルを見ていきたいと思います。 薄毛が目立つ部分 1.分け目部分の地肌 2.頭頂部つむじの周り 3.生え際やおでこの髪の量 この他にも、頭髪全体として髪の毛が薄くなったり、ハリ・コシがなくなって、全体的にボリュームがダウンして、ペタッとした髪型になってくることがあります。 薄…

  • 美肌菌って何?

    美肌菌って聞いたことありますか? 私たちはたくさんの菌の力を借りて生きています。 例えば、乳酸菌。ヨーグルトなどに含まれていて、おなかの中で活躍してくれる菌として、よく知られています。 実は、皮膚表面にも常に存在している菌=皮膚常在菌が皮膚上フローラを構成し、さまざまな働きをしています。 皮膚上フローラは、体調の変化やストレス、顔を洗うなど日常生活の中で常に変化しています。 何らかの原因で、肌に悪さをする菌=病原性菌が増えてしまうと、ニキビや炎症など肌トラブルを起こしてしまいます。 そこで、美肌へ導く常在菌 =【美肌菌】を育てて皮膚上フローラのバランスを整えることが大事になります。 美肌菌は、…

  • 相手を傷つけずに育毛を薦める方法

    「最近なんだか彼/旦那の髪が薄くなってきた。。。」と悩んでいる方は多いです。 女性は彼氏や夫などパートナーの外見の変化には敏感なので、相手の髪が薄くなり始めた場合は、すぐに気がつくことが多いでしょう。 しかしそれを彼自身にどのように切り出せばいいのでしょうか? また、さりげなく育毛をすすめるにはどうすればいいのでしょう? デリケートな問題ですね。みんな真剣に悩んでいます。 どうやって切り出したらいいのか? 勇気を出すしかないです。 本当に彼自身が薄毛について気がついていない場合もありますが、男性はハゲに関してはけっこう敏感です。 周囲のひとから見ても気がつくレベルであるなら、自分でも自覚してい…

  • あなたの美容知識どのくらい?合ってる?間違ってる?

    美容に良いと思ってやっていることは、本当に合っているのでしょうか? 正しい肌ケアについて、調べてみました。正しいスキンケアを身に付けて、ぷるぷる美肌になりましょう。 問1.化粧水の後は、すぐにクリームなどの油分でフタをすべき 化粧水で肌に潤いを与えた後に、乳液やクリームなどの油分で保湿すること自体は正解です。問題は油分をつけるタイミングです。化粧水でぬれている肌の上に乳液やクリームをつけると、水分と油分とが混ざり合って肌になじみにくくなります。化粧水をつけた後、肌の上に水分の残りを感じない程度になじんだのを確認したらすぐに、乾燥の気になる部分を中心に乳液やクリームをなじませましょう。突っ張るほ…

  • 秋は1年で一番抜毛が多い季節

    朝、枕の上の抜けた髪の毛の多さ、床に落ちた髪の毛の多さ、お風呂場の排水口に溜まった抜け毛の多さを見て、「こんなに抜けているんだ」と不安になったりしますよね。 しかも、「秋になると、特に抜け毛が多い気がする」と感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 実は、健康な状態でも普段から1日50~100本近くの髪の毛が抜け落ちます。 それが秋には、1日に100~200本の毛が抜けるようになるのです。 さらに、頭皮のダメージ次第では200~300本くらい抜けてしまう場合もあるのです。 そんな「秋」と「抜毛」を見ていきましょう。 秋は抜毛の季節というのは本当です ペットを飼っている方なら、犬や猫など…

カテゴリー一覧
商用