プロフィールPROFILE

山田さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
中年アルバイターの雑記
ブログURL
http://part-time.hatenablog.com/
ブログ紹介文
中年アルバイターの雑記。
更新頻度(1年)

60回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2018/01/16

山田さんのプロフィール
読者になる

山田さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 47,714位 977,956サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 0 10 10 20 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 759位 27,345サイト
フリーター日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 15位 459サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 44,900位 40,989位 40,961位 39,074位 33,514位 27,127位 24,530位 977,956サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 0 10 10 20 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 444位 381位 376位 350位 283位 201位 172位 27,345サイト
フリーター日記 16位 16位 16位 14位 13位 9位 8位 459サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,956サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 0 10 10 20 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,345サイト
フリーター日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 459サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、山田さんの読者になりませんか?

ハンドル名
山田さん
ブログタイトル
中年アルバイターの雑記
更新頻度
60回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
中年アルバイターの雑記

山田さんの新着記事

1件〜30件

  • 2019-11-02

    11月。訓練の残りは2ヶ月を切った。残りの時間で何をやるかは、ある程度具体的に確定してるので、後はやるだけ。明日もあさっても、Androidのチュートリアルを淡々と進める。あとは競プロの問題を解く。プログラミングを、私は永遠に続けることになるのかもしれない。永遠は大げさだが、ある日私は、読書というのを永遠に続けるのでないかと思った、その永遠と同じようなニュアンスで、そんなふうに思っている。 『トランスジェンダーの私がボクサーになるまで』という本を読んでいる。奇妙にも身をつまされる。「男」として「パスする(通用する)」という感覚・感情のうちにある、何か簡単には飲み込んでしまってはいけないもの。彼…

  • 2019-10-26

    朝からパーキンソン病の薬が見つからない。ついでに化粧箱も。化粧箱は記憶では1辺20センチくらいの立方体で、つまり、家の中で失くすにはあまりに大きすぎる。昨日母は外に出ていないので、どう考えても家の中にあるはずなのだが、1時間以上捜索しても、見つからない。多分、薬もその化粧箱に入っているのだろう。 薬局に電話して、2日分の薬をつなぎとして出してもらえないか、と言ったけれど、診察を経てでないと出せない、という返答。それはそうだろうとも思う。パーキンソン病の薬は安易な薬ではない。 思いも寄らない仕方で、でも、人が老いて死ぬことは常識でもあって、でも、思いも寄らない。

  • 2019-10-25

    家に帰ると母が壊滅的にボケていた。 …。 朝は、正常だったはずなんだけどな。なぜか三角コーナーにご飯が捨ててある。机にはふりかけをかけた痕跡のある器が、あって、他には紙切れや薬、目薬等であまりに散らかっていて。薬を普段の場所に戻し、目薬を戻し、というのを、私が指示するようにして言葉にして、やってもらう。何かを片付けるのにも最低限の段取りというものは必要で、1つ2つを普段の位置に戻すという段取りが、今日の母には取れない。今、どうして椅子を持ち上げ、場所を移動させたのだろう。その理由が飲み込めない。 そして、飲み込める。母は米を収納するケースを、探していた。持ち上げるという動作は、それに微妙に重な…

  • 2019-10-22

    母は親族的なイベント(食事)に出かけていて、朝は普段よりも念入りに準備していたけれどもヘアドライヤーの電源を入れられない。スイッチは手元にありそれをカチッとやると入る、とは生活上の前提だが、そのスイッチ、あるいはスイッチが有るという事実が、見失われているようだった。「見失う」とは視力に仮託した表現だが、目をつむってもスイッチは入れられる。母に起こっているのは視力的な異変ではない。 ドライヤーを買ったのは1年ほど前。そのときには、電源を入れられる/入れられないという区別がありうるとは考えていなかった。

  • 2019-10-13

    某弟と会うなる機会があった、 母の健康というか認知機能は衰えてゆくし、今はまだ、「言葉」という意味ではあまり混濁しているような印象は、ない、でも、動作の接続は既に若干、ちぐはぐで、家で道を間違える。マンションの一室にすぎず、間違えるような「道」は、通常は存在しない。冷蔵庫を開けようとして食器棚を開け、冷蔵庫に行こうとして、洗面台へと向かう。いつまで母が続くか、私は自信がない、仮に1年、2年開けてしまった場合、母はもういないのではないかという気がしていて、偶然、彼は日本に帰ってきていただけだった、出張で、私に会う必要はまったくなかったけれど、母に会ったのは良いことだった、母が席を外したとき、私に…

  • 2019-10-12

    作業ログを付けるスクリプト(50行ほど)を、台風ニュースを見ながら書いていた。オブジェクト指向で書こうとしたが迷走したので関数の羅列になった。多分50行のスクリプトにオブジェクト指向は必要ない。 今思いついて、訓練の残り期間が表示されるようにしてみた。残り79日だった。時間がない。もう少しだけ強度を上げよう。明日はFlaskを使った単純なスクリプト書く。今日気まぐれに書いた作業ログスクリプトは、しばらく使ってみる。

  • 2019-10-04

    何週間か、ヴァージニア・ウルフの日記を、少しずつ読んでいた。ウルフは、そこらに転がっているテンプレでは記述し得ないものを記述するという無理ゲーを、終生続けた人だけど、もう圧倒的に立派なんだ。テンプレで処理できない、オリジナルな記述。それを目指して苦闘して、初稿は1400ページとかまで膨れ上がる。それをウルフは何度も何度も、14回とか18回とか、全文タイプし直し、弱い部分を削りに削っていく。その過程で、ウルフの自作への評価は、これは傑作ではないかというのと、自分の才能は完璧に尽きた、もう終わりだ、という両極を忙しく行き来する。凄いと思うのは、その行き来を半年とか1年とかかけ、場合によっては何週間…

  • 2019-10-03

    仮に1週間後に訓練が終わるとしたら、手元には何も残っていない。実際には3ヶ月あるが、3ヶ月もそう異なりはしない。 入門Haskellは休止。Haskellが難しいから、ではあるのだが、気が散りすぎ。突貫的に努力でそうな気がしてきたので、それに従ってみる。今までサボりすぎたとは思うけど、AtCoderの問題を延々と解いてきたのは間違ってなかったようにも思う。今日で76日連続で解き、解いた問題数は395問になった。冴えたアルゴリズムが書けるようにはならない、読めるようにすら。でも、簡単な処理を瞬殺できるようには、なった。これはベースとして機能してくれるはずで、やってきたことは間違ってない、

  • 2019-10-02

    3時に起きて、少しだけ(確か)SQLの動画など。背中が痛くて朝まで寝てられない。 訓練校。今日も成果はない。1日に50行程度のコードを歩いて、たどり直してみる、その程度が限界だった。驚くほど何もできずに毎日が終わっていく。「ちょっとしたもの」を作りたいという願望があった、しかし自分の能力が絶望的に足らない。このペースで進めても、何も残らず終わってしまう、昼休み、公園で飯を食うのだけれど真夏の空はもっと暴力的に青かったなあ、と、時間が経つのは早い。 可能なことをやるしかない、もっと時間を支出するとか、それはもう、ムリ。私はそれなりにやってる、多分、大した分量じゃないけど、訓練校に来ている人の誰よ…

  • 2019-10-01

    訓練は残り3ヶ月、驚くほど時間がない。頑張らなきゃと思う。周囲の人を見てもモチベーションなんか得られない、というのは、ないものねだり。モチベーションを与えてくれるような環境に身を置くことなんて今後もない。 帰りにSQLの本を買い、電車で読む。著者のウェブサイトをわたしは昔々に読んだことがあった。SQLとは全然関係ない。山形浩生さんが昔、プロジェクト杉田玄白という、著作権の切れた海外の作品の翻訳を無料で載せていくようなのをやってたけど(青空文庫の翻訳版みたいな)、その人は確かフレーゲとか翻訳してた気がする(勘違いかもしれない、今は調べない)。 帰宅してAtCoderを1問解く。『入門Haskel…

  • 2019-09-30

    訓練期間の半分が終わった。

  • 2019-09-16

    朝起きると気力がない、背中とか腰が痛んで熟睡もできない。年だなあと思う。何もせんまま年だけ取ってしまった、と思う。 問題を1問解き、チュートリアルを少しだけ進める。コードブログの記事を1つ書く。覚書は、パブリックにしたほうがより記憶に残るように、思う。 本を読むテンションにも上下はあって、今は落ちている。あまりに何を読んでも頭に、感情に入ってこない。砂を噛むよう、ではないが。『量子の海、ディラックの深淵』は素晴らしかったけれど、途切れてしまった。読みながら、ウエルベック『素粒子』のミシェルのモデルがディラックだったとしても全く驚かないと思った。ディラックの兄が自殺するにいたっては、ほとんど『素…

  • 2019-09-15

    日曜もあっという間に、何もせずに終わる。朝、AtCoderを1問解いて、昼にも1問解いた。ヴァージニア・ウルフの日記を少し読み、夜、AtCoderのABC141に出た。変わらずA・B・C問題は解けて、D問題は惜しかった。「優先度付きキュー」とは何か、私は知らないが、その知らない理屈を使って解く問題を、たしかに私は1問解いたことがあり、しかも、コンテスト中に、正しくもその問題を探り当てさえしていた。多分、これを使うんだよなあ、と。しかし、復習が足らなかった。メモも短時間でコードをでっち上げるにはあまりに参考にならない雑さだった。そんなわけで、解けたかもしれないそれは解けず、スコアも普段どおりに収…

  • 2019-09-05

    母が買ってきたサラダを皿に取り分けようとする。が、皿でなく傍にあった氷と水の入ったティーカップに黙々とサラダを突っ込んでいく。満杯になって気づく。これは、不思議なことだ。それは一般的な不注意の範疇ではないし、その種のバグの経験が私にはない。だから、内的にそれがどういうことなのか、推測も届かない。 何度か書いてるけど、母のその種のバグというか衰えに対して、さしたる感情も思考もないのがいつも不自然で、現実感がない。こんなふうに自由度を失くしてって、ある日歩行器でないと歩行できなくなってもやはり、言葉も感情も不在のままなのではなかろうか、と。 死に魅入られた人びと―ソ連崩壊と自殺者の記録作者: スヴ…

  • 2019-09-03

    起きられなかった。訓練校に行った。AtCoderの問題を解き、それは簡単な問題なのだけれど、1ヶ月前は手が止まって解けなかった、あるいは、仮に解けても死ぬほど迷走してたはずだった。今日は、ノートに少し落書きしてそのままコードを書いたら1発で通った。スコア的に進捗はない一方で、主観的には書けるようになってる。 この前の土日は、JavaScriptでTodoリストなどを書いていた。一応完成させて、図書館に行った。帰って振り返ってみると、それはTodoリストではなかった。が、修正する気はなく、というのもTodoリストに興味がない。次は興味を持てるものを書くことにした。残りは4ヶ月だった。何となくだが…

  • 2019-08-31

    母の衰えは気のせいでも冗談でもない。 随分と昔から、同じマンションの人と「生協」を共同で取っているのだけれど、多分1ヶ月半ほど前から、母は正しく自分の頼んだものや、次回のパンフレットなどを取ってくることを、忘れるようになった。忘れるというか、ーーある種、私(たち)が普通に「忘れる」と呼ぶのとは異なる感じで、欠落する。こういったことは、それ以前には起こらなかった。 衰えは、完全に「慣れ」に解消してしまえるほど穏やかでなく、かといって明快な反応を返せるほどに急でもない。こういった微妙さを、私は予期していなかった。何か言葉や感覚があって然るべきに思われ、しかしそこには空欄しかない。当惑しかない。それ…

  • 2019-08-29

    訓練校は2ヶ月が終わった。毎日少しずつではあるけれど、コードは書いていて、こなれた部分もある。毎日やってなかったら進めてない場所に進めてる。でもその一方で、これを訓練校の最後まで続けたところで、客観的には何もないことも、分かってる。 年を取りすぎた。訓練校に来ている20代中盤の人は、別に自分が若いとは思ってないと思う。けど、若いよ。やり直し、積む時間が彼らには十分にある。自分にはもうその時間がない。

  • 2019-08-25

    土日(休日)が終わるのは早い。全く何もせず終わってしまった。 昨日はAtCoderの某コンテンストに出て、1問だけ解けた。レーティングが初めて下がった。早くも頭打ち感があるが、年末まで続ける。 来週は、JavaScriptで小さなアプリというか機能を書くことにしている。AtCoderの過去問を40日ほど連続で解いてきて、自分には大きな、複雑なコードを書く能力はないが、単純なコードを書く能力ならあると感じるようになった。その単純さの範囲内で書ける機能を書いてみる。期限は1週間、来週の日曜まで。 読んだ。 戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)作者: スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ,三浦み…

  • 2019-08-18

    「AtCoder Beginner Contest 138」に出た。A・B・C問題が解けて2,561位だった。C問題までは解ける事が多いが、D問題には手が出ない。何とか、ここを超えたい、越えよう。明日からはD問題の過去問に着手することに、する。最悪、他人のコードを意味もわからないまま写経するだけでも良い。 訓練校の残りは130日。 読んだ。 創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで (講談社選書メチエ)作者: 松本卓也出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/03/13メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る

  • 2019-08-17

    「AtCoder Grand Contest 037」に出た。普段出ているのは初心者向けのコンテストなのだけれど、今回は上級者向け。1問目だけなら解ける(かもしれない)ので、出てみた。期待通りA問題だけ解けて、846位。 レーティングが上がって、灰色(最下層)から茶色(下から2番め)になりました。 読んだ。 ロックで独立する方法 (新潮文庫)作者: 忌野清志郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2019/03/28メディア: 文庫この商品を含むブログを見る

  • 2019-08-15

    暴風雨で整形外科の予約をキャンセルし、茶碗蒸しを作った。茶碗蒸しは失敗した。訓練校はつかの間の盆休み的期間で、ぐったりしていた。が、毎日1問は解くことになっているAtCoderの問題は、今日も解いた。30日連続になった。これは訓練校が終わるまで切らさず続けることになっている。続けられたら160日ほどになる。 ベーシックなアルゴリズム/データ構造の実装をしょぼしょぼと、進めている。二分探索木とか、難しい。私は再帰が分からない(書けない)。が、懲りずに連日やる。プログラマの定年は35歳というフォークセオリーを聞いたことがある。それに従えば、私は定年後にプログラミングを始めた人間だ。気負っても仕方な…

  • 日曜雑記5

    「AtCoder Beginner Contest 137」の結果は、A・B・C問題が解けて1,788位。解けた問題数的には変化はない。が、スコアは今までで一番良かった。多少こなれてきて、前回辺りから、D問題が解けそうにも見える。実際には全く解けないのだが、解けてもおかしくはない(勘違いかもしれない)。 最近は、文庫本でジャンルとしては「文学」を読むことになってる。機械に通じるよう文書を書く(プログラミングする)のは、延々とした論理的つじつま合わせ的な面があるが、それを離れてまで私は論理を読みたくない。読むなら、飛躍があって感覚的で、意味の分からないものを読みたい。そんなわけで(広義の)文学な…

  • 日曜雑記4

    既に月曜だが。日曜の「AtCoder Beginner Contest 136」はA・B問題が解けて3,810位。進捗はない。 今週読んだ本: チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)作者: スベトラーナ・アレクシエービッチ,松本妙子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2011/06/16メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 57回この商品を含むブログ (21件) を見る 塩を食う女たち――聞書・北米の黒人女性 (岩波現代文庫)作者: 藤本和子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2018/12/15メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る コンビニ人間 (文春…

  • 日曜雑記3

    今週も終わっていた。 昨日参加した「AtCoder Beginner Contest 135」は、A・B・C問題が解けて2,918位。これで参加は4回目だが初回が一番順位が良かった。というわけで、この1ヶ月、私としては全く進捗がない。が、それでも集中はできている。余計なことはあまりしない。朝起きて問題を解く。訓練校に行って授業を受ける。往復の電車で本を読む。家に帰ったら夕飯を作り、さっさと寝る。進捗はない。でも、それなりの努力はしている。 もう少しだけ、先に進みたい。アルゴリズムの本を新しく買って、明日から始めることにする。こういう本は難しい。だから、一番簡単そうな本を買ってきた。 新・標準プ…

  • 日曜雑記2

    1週間が経った。社会的に話題になっている(かもしれない)事柄・ニュースに無知であろうとしている。訓練校の残り日数は159日。日々は捗らず、驚くほど僅かのことしかできそうにない。 訓練校の授業は遅いとしても、毎日6時間ある。どうしたって進まざる得ない。結果、もう追いつかれた感じもある。一応、Progateなどでその言語の予習はしてた。でも、Progateは所詮はお仕着せの穴埋め問題だ。訓練校の講師が出す問題のほうが、難しい。丸を並べるだけの問題でこうまで苦労すると謙虚になるよな、と帰り道に思う。私にとって訓練校は良い場所だ。就職には繋がらないだろうけど。 「AtCoder Beginner Co…

  • 日曜雑記

    7月1日から、某所の職業訓練に通い始めた。 私は無職だが、周囲の人間も例外なく無職であるという点に、奇妙さを覚える。年齢層は存外にバラバラで、全体的にあまり若いという印象はない。コースへの意欲もまた、バラバラだ。単に失業保険の延命のためだけに来ているっぽい人もいれば、このコースをテコに、実際に転職してやろうって野心のあるだろう人もいる。野心を持つには年を取りすぎている人もいる(私もその1人だ)。 授業の速度は、今のところは遅いと思う。最初の数日は、「こんにちは世界」以外に何一つとして、書かなかった。が、直近の数日は普通にコードを書くようになり始め、プログラミングの授業っぽくなってきた。それだけ…

  • 170 ~ 166

    2019-07-10(170) 6時起床。Progate。9〜15時。訓練校。条件分岐など。16時帰宅。 2019-07-11(169) 7時起床。昨夜、ウィンブルドン、錦織VSフェデラー。フェデラーは偉大。9〜15時、訓練校。最近読んでいた洋書を読み終える。洋書はここで打ち止め。今後はプログラミングの本を読む。 2019-07-12(168) 6時起床。sentdex 氏のPython入門動画。9〜15時、訓練校。while、swich等。ここ数日は、プログラミングの授業って感じになっていて、通えることになって本当に良かったと思う。電車で『問題解決のPythonプログラミング』。 2019-…

  • 2019-06-29

    AtCoderの「AtCoder Beginner Contest 132 」に出てみた。A・B・C問題が解けて2715位。

  • 2019-06-27

    雇用保険説明会。40分の動画と50分の「補足」。彼らは「補足」という言葉の意味を分かっていない。 しかし私たちは従順に、1時間半以上にわたって、じっと同じ場所で、一言も発さず、ほとんど身動きもせず、座っていた。これは凄いことだ。義務教育で教科書として習ったことは、ほとんど何も、覚えていない。でも、犬のように「待て」と言われ、実際にじっと待っていること、それだけは、本当に深々と、ほとんど例外なく私たちは習得していた。

  • 2019-06-26

    LINEは、Androidタブレットとスマホの同時利用ができない、ということを初めて知った。そんな不自由な仕様だとは、考えてもいなかった。視力が悪く手先の不器用になりつつある母には、スマホの小さな画面でLINEをするのは無理ゲー感がある。だからタブレットを買った。結局、無駄金になった。 冷蔵庫に、新品の靴下が入っていた。母がさっき6足1000円で買ってきたもの。間違えてそこに「収納」したのだった。「意志力/注意力」が枯渇すると、この種のことが起こる。私はこれをボケと呼ぼうとは思わない。「バグ」と思う。生物という一定しない機械、それを動かす複雑怪奇なプログラムが気まぐれにエラーを吐いたり吐かなか…

カテゴリー一覧
商用