searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

僕の詩集さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
僕の詩集
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/1021akira
ブログ紹介文
我流ですが、読みやすく解かりやすい詩です。 人間・人生・生きるをテーマにしています。是非、ご覧くださ
更新頻度(1年)

371回 / 365日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2018/01/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、僕の詩集さんをフォローしませんか?

ハンドル名
僕の詩集さん
ブログタイトル
僕の詩集
更新頻度
371回 / 365日(平均7.1回/週)
フォロー
僕の詩集

僕の詩集さんの新着記事

1件〜30件

  • 僕の詩集No.2749【 開 拓 精 神 】

    開拓精神にのみやあきらいつまで経っても旧態依然では駄目だ知能の高い人間だ開拓精神を持たなければならない旺盛な意欲と行動力で前人未到の世界を開拓する未到に踏み込むことを怠ってはならない勇気を持って踏み込めば間違いなく新しい時代が到来する開拓の精神は人類進歩の礎それを忘れてしまったら人類は衰微する僕の詩集No.2749【開拓精神】

  • 僕の詩集No.2748【 愛 想 】

    愛想にのみやあきら媚びたり愛想笑いをする必要はないだが愛想が良いことは大切愛想が悪いとお店の店員がそうだったら二度と行きたくなくなる無理に愛想笑いをすることはないが人間不愛想なのは損をする同じ建物に住んでいるのにいや、隣に住んでいるのに出合っても挨拶もしないで素知らぬ態度を取る世の中は自分一人で生きていると言った感じだこんな素っ気ない人間にはなるまい考えがあって交流を避けているのだろうが愛想は人間関係を円滑にする僕の詩集No.2748【愛想】

  • 僕の詩集No.2747【 振 り 返 る 】

    振り返るにのみやあきら自分の人生の軌道は振り返らない方がいい振り返っても役に立たない思い出や反省の為ならいざ知らず無駄なことになるだろう楽しかったこと記念になることがあるだろうが過去は捨ててしまおう未練がましく振り返っても過去は過去どうにもならない忘れてしまおう大切なのはこれから先のことだそれを重点に生きて行こう人生の途中は気にするな振り返るのは死ぬ寸前だけでいい僕の詩集No.2747【振り返る】

  • 僕の詩集No.2746【 頭を働かせ ! 】

    頭を働かせ!にのみやあきら頭は飾り物ではない生きている内に使わなければ衰退する飾って置くだけでは無用の長物生活の中で頭を使わないと不備が発生する頭を働かすことは役に立たせるだけでなく脳の活性化になり若さを保ち若返りになる怠惰な気持ちを捨て思いっ切り頭を使おう生き生きとした人生になる僕の詩集No.2746【頭を働かせ!】

  • 僕の詩集No.2745【 反 対 】

    反対にのみやあきら新しいことを進めようとしたり取り組もうとすると必ずと言っていいほど反対する人がいるだが、採用してしまうと大人しくなる納得したのか諦めたのか黙り込んで文句も言わない反対のための反対としか考えられないそんな行為は実に低俗だ新しいことに反対するならその内容を良く分析し吟味することそれが物事を判断する筋道賢明なやり方だ僕の詩集No.2745【反対】

  • 僕の詩集No.2744【 器 】

    器にのみやあきら器の大きな人間を目指そうそれには日頃の生活がものを言うおいそれと身に付くものではない大切は大切だが知識や教養を身に付けるだけでなく人格に重きを置き人間的魅力を身に付ける人間的魅力を身に付けることによってスケールの大きな心の持ち主になる他人からの信頼も得られるそれが器の大きい人間だ世の中から称賛を浴びる器の大きな人間を目指そう僕の詩集No.2744【器】

  • 僕の詩集No.2743【 無 力 感 】

    無力感にのみやあきら自分には能力がないと、虚しい気持ちにならないこと人間誰だって自信がないでも、それを跳ね飛ばそう自信がないのは君だけではないみんな同じだだから無力感になるのだけは止めよう建設的な気持ちになろうでないと余計自信がなくなる無力感に取りつかれるな!無力感に負けるな!人生自信を持って生きよう!僕の詩集No.2743【無力感】

  • 僕の詩集No.2742【 謙 虚 さ ( 2 ) 】

    謙虚さ(2)にのみやあきら自分のことは抑えて素直に相手の意見を受け入れるどんなことがあっても慎ましくへりくだり相手を敬って自分は控えめにするそれが気高い心の姿そんな謙虚さに誰もが褒めたたえてくれるだろう謙虚さは人間関係の潤滑油謙遜した人物になる努力をしよう僕の詩集No.2742【謙虚さ(2)】

  • 僕の詩集No.2741【 潮 時 】

    潮時にのみやあきら物事を始めたり終わらせるのにちょうどいい好機が潮時だが普通の潮時なら問題ないが物事の終わりとなると穏やかでない場合によっては人生の潮時となると死を意味することになる同じ潮時でも悲しい潮時とても好機とは言えない特に年寄りに取っては痛手だ「あなたはもう潮時ですよ」と、言われようものなら地獄に落ちた気持ち同然潮時は潮時でも最悪僕の詩集No.2741【潮時】

  • 僕の詩集No.2740【 使 命 感 ( 2 ) 】

    使命感(2)にのみやあきら使命感を持って生きよう自分を甘やかせてはいけない自分を厳しく監視する自分に厳しく要求する自分に課せられた物事を責任を持って果たさす自分をコントロールするそれが使命感だそして自分にその気概を持たせる使命感はそれを見守るそしてそれが進歩に繋がるそれで人生バンバンザイ僕の詩集No.2740【使命感(2)】

  • 僕の詩集No.2739【 諦めない心 】

    諦めない心にのみやあきら人生諦めなければならないことに沢山出会うでも諦めは敗北ではない一旦引いて出直すための充電期間だから例え諦めたとしてもがっかりすることも落ち込むこともない一時的な現状だと思えばいい新たな世界が待っている本当に諦めてしまうと全てが無になる諦めないで出直すチャンスを大切にしようきっと素晴らしい新たな世界に出会える僕の詩集No.2739【諦めない心】

  • 僕の詩集No.2738【 未知の世界へ 】

    未知の世界へにのみやあきら未知の世界へ飛び出そうウジウジした肩身の狭い世界はもうご免だ未知の世界なら間違いなく素晴らしい夢に出会える未知の世界には希望がある未知の世界には幸福がある未知の世界には未来があるその出会いを期待して神秘の世界に飛び込もう未知の世界には無尽蔵に好運が転がっているそれを獲得するのだそして思いっ切り人生を堪能しよう過去を捨てて新しい世界で生きよう僕の詩集No.2738【未知の世界へ】

  • 僕の詩集No.2737【 茨 の 道 】

    茨の道にのみやあきら人生は茨の道を歩まなければならない棘のある世界を通り抜けなければならない困難な状況で苦難な道を試練のため通り抜けなければならない抜けても楽になるとは限らないだから茨の道に負けずに耐えどんな困難・苦難が降りかかろうとも乗り越えられる強い人間にならなければならない僕の詩集No.2737【茨の道】

  • 僕の詩集No.2736【 心 ( 13 ) 】

    心(13)にのみやあきら貧弱な心だなぁ~~と、言われないように心を常に磨こう優しい心穏やかな心好感の持てる心深みのある心と言われるように心を磨きに磨きを掛け自分を高めるのだ心は人間の活動の根源強く健康な状態にして置こうそうすれば何が来ても恐れることはない立派で優れた心を持とう僕の詩集No.2736【心(13)】

  • 第3詩集「人間・人生・生きる」のご案内。

    第3詩集「人間・人生・生きる」出版のご案内。第1詩集「目的のない旅」(文芸社)第2詩集「遠い記憶」(百年書房)に引き続き、第3詩集「人間・人生・生きる」(百年書房)を出版いたしました。尚、出版社・書店では販売しておりませんので、ご了承ください。但し、Amazonでのみネット販売をしております。下記にURLを表示しましたので、それで検索してください。●出版日2020年10月21日●本の装幀・価格四六判(128mm×188mm)172頁領布価格1200円●Amazonでの販売用URLhttps://onl.tw/nafBCmp打ち込むのが面倒でしたら、コピーをして、ネット検索欄に貼り付けて、検索をしてください。●表表紙帯のキャッチコピーそれでも、頑張らなければならないそれでも、生きていかなければならない道しるべとな...第3詩集「人間・人生・生きる」のご案内。

  • 第2詩集「遠い記憶」のご案内。

    第2詩集「遠い記憶」出版のご案内。第1詩集「目的のない旅」(文芸社)に引き続き、第2詩集「遠い記憶」(百年書房)を出版いたしました。今回から、詩集の出版は私の人生の証として考え、今後、出版を重ねていきたいと言う趣旨から、出版部数を押さえ経費を節減し、販売や宣伝にはこだわらないことにしました。従って、出版社、書店などでの販売はいたしません。Amazonだけでの販売となります。下記にURLを表示しますので、ご利用ください。詩集の傾向は、第1詩集と同じで、人間・人生・生きるをテーマにした作品です。参考までに、「あとがき」を掲載しますのでご一読ください。私の詩作の姿勢がお解りになるのではないか、と思います。よろしくお願いいたします。●出版日2019年3月●本の装幀・価格A5判(148mm×210mm)153頁頒布価格1...第2詩集「遠い記憶」のご案内。

  • 第1詩集「目的のない旅」のご案内。

    第1詩集「目的のない旅」のご案内。常備販売店が変わりましたので、お知らせいたします。最後のコーナーに記載してあります。尚、常備店以外でも、どこの書店でも、お取り寄せになりますが、扱っておりますので、ご利用ください。詩集「目的のない旅」を(株)文芸社から出版、発売中です。人間・人生・生きるなどをテーマに、読みやすく解かりやすい詩です。ご興味がおありの方は、書店に出版社名・書名・著作者名を申し出て、ご購入ください。お取り寄せの形になります。また、電子書籍の販売も下記の2店舗で扱っております。電子書籍ですと割安になります。是非、ご利用ください。掲載しました作品は、私の初期作品、約800篇をブログに投稿し、その中から70篇を選択して掲載しました。●出版日2017年10月21日●本の装幀・価格は下記の通りです。四六判(1...第1詩集「目的のない旅」のご案内。

  • 僕の詩集No.2735【 冷 静 さ ( 2 ) 】

    冷静さ(2)にのみやあきらどんな難関に出合っても冷静さを失わず雑念に翻弄されず落ち着いた気持ちで対処するそして冷静な判断・処理をする決して感情的になってはいけない気持ちを落ち着け冷静な行動を取る冷静さが素晴らしい解決方法を見い出してくれる冷静さを失うとそれが裏目に出るその結果ど壺に嵌ることになる僕の詩集No.2735【冷静さ(2)】

  • 僕の詩集No.2734【 ツキを逃がすな 】

    ツキを逃がすなにのみやあきらツキは好運とも言うでもツキの方が実感があるだからツキを使う生きているといつかはツキが巡ってくるボケッとしないでそれを捕まえ活かそう取り逃がしたら元も子もないツキはそうそう巡っては来ないだから少ないチャンスを物にするのだツキを捕まえ損ねると大きな痛手になる何が何でも物にしなくてはならないツキを活かすか活かさないかで人生が大きく左右される僕の詩集No.2734【ツキを逃がすな】

  • 僕の詩集No.2733【 幸せは来てくれない 】

    幸せは来てくれないにのみやあきら幸せは来てくれない呼ばなければ来てくれない待っていてもやって来ない迎えに行かなければ来てはくれない積極的に迎えに行かなければ来てはくれない迎えに行って連れて来なければ来てはくれないそれでも来てくれるかどうか判らない幸を得るには努力がいるたやすくは手に入らない僕の詩集No.2733【幸せは来てくれない】

  • 僕の詩集No.2732【 見切り発車 】

    見切り発車にのみやあきら議論され尽くしていないのに強引に決定し実行してしまうこんな傲慢振りはフェアでないアンフェアだ民主的でないし自由・平等の精神に欠けるこんなやり方の主は断固糾弾すべきだそして組織から追い出してしまってもいい世の中は民主的なやり方で進めるべきだ積み上げてきた民主化を無にしてはならない僕の詩集No.2732【見切り発車】

  • 僕の詩集No.2731【 魅 力 】

    魅力にのみやあきら人間の魅力は特定の人だけのものではない本人が気が付かないだけで誰でも大なり小なり持っている神様は平等には与えてくださっていないだから差があるでも卑下することはない授かった魅力がどうであれそれを十分に活かすことそしてその魅力を盾に世の中に立ち向かう魅力をただの魅力で終わらせては勿体ない何倍も大きくして役立たせるそれで本当の魅力になる僕の詩集No.2731【魅力】

  • 僕の詩集No.2730【 変 化・変 革 】

    変化・変革にのみやあきら変化・変革に人間は神経質になり過ぎ変わることが嫌なのか変わることが怖いのか反対をする変化・変革は進歩の道良くなることに繋がるそれに反対するのは愚の骨頂もっと大きな気持進んだ気持を持たなければならないでないと世の中に取り残される変化・変革を故意に敬遠しないで素直に受け入れよう僕の詩集No.2730【変化・変革】

  • 僕の詩集No.2729【 快 活 さ 】

    快活さにのみやあきら快活な人間を目指そう性格や人柄が明るくハキハキ・キビキビした動作気力や体力の充実陽気な人柄そんな人間を目指そう明朗快活と言う熟語がある明朗も快活も朗らかで元気がある様子明朗は後ろ暗いところがない快活は性格や人格が明るい人間にはどちらも大切両方備わっていれば性格・人格が良く優秀な人間と見なされるそんな人間を目指そう僕の詩集No.2729【快活さ】

  • 僕の詩集No.2728【 図々しい奴 】

    図々しい奴にのみやあきら自分勝手な振舞い他人に迷惑を掛けても平気それを恥に思ったり気にしたりすることもない厚かましく恥知らずこんな人間は人の風上に置けないだから世の中から早く消え去ってしまえばいい死んでも地獄にしか行けないだろう地獄で閻魔大王に叱咤され重罰・厳罰を受けることになる僕の詩集No.2728【図々しい奴】

  • 僕の詩集No.2727【 完 璧 ( 2 ) 】

    完璧(2)にのみやあきらこの世に完璧な人間はいない高い地位に着いた人でも完璧には届かないだから気負うことはない自分は自分なりに精一杯生きること他人の事は気にしない平凡でも自分なりに生きることが大切完璧を狙って思い通りにならず落ち込み失望し惨めな気持ちになるより完璧を頭から取り去ることほとんどの人間が不完全なのだから僕の詩集No.2727【完璧(2)】

  • 僕の詩集No.2726【 損 者 三 友 】

    損者三友にのみやあきら損者三友には気を付けよう出来れば近づかない方がいい口先だけ上辺だけ誠実・誠意がないそんな人間だから友とは言えない知り合ってしまったのだから仕方がないでも交際を続けるのは問題だそんな損友とは縁を切ろう元々知り合ってなかったと思えば割り切れるだろうそんな友なら失ってもどうと言う事はない新たに益者三友を見つければいい僕の詩集No.2726【損者三友】

  • 僕の詩集No.2725【 体 感 】

    体感にのみやあきら頭で考えることも大切だがどちらかと言うと身体で感じる体感の方が役に立つ頭脳は判断を誤ることがあるその点体感の方は肌で感じるから判断が確かだ体感は脳に刺激を与える働きもしている頭脳は体感に頼らないとやって行けない面がある諸器官に刺激を与えているのは体感人間はそれで活動しているだから体感は人間の司令塔でもある僕の詩集No.2725【体感】

  • 僕の詩集No.2724【 命 の 限 界 】

    命の限界にのみやあきら物事には限界があるその中でも人間に取って一番問題なのが命の限界死だ地球上の資源の限界は代替品でなんとかなるだが人間の命はそれが出来ない自然の厳しい習わしに縛られ命はにっちもさっちも行かない命の限界だけは神でもどうすることも出来ない僕の詩集No.2724【命の限界】

  • 僕の詩集No.2723【 雨 】

    雨にのみやあきら雨は天の恵みうっとおしいなどと嫌がらないで受け入れなければならない雨水によってあらゆる生き物が潤っているそれを忘れてはならない昔は雨乞いと言う行事をやっていたそれだけ雨が降らないと大変なことになる雨を嫌がらないで情緒ある雨を有難く受け入れよう僕の詩集No.2723【雨】

カテゴリー一覧
商用