searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Antonioさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
人生100年時代、60歳からのビル管理。?情報デザイン
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/idlbm
ブログ紹介文
他業種からビル管理業界に進出、今どっぷりつかっている私が、どう生き延びてきたかを語ります。シニアに優
更新頻度(1年)

38回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/01/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Antonioさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Antonioさん
ブログタイトル
人生100年時代、60歳からのビル管理。?情報デザイン
更新頻度
38回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
人生100年時代、60歳からのビル管理。?情報デザイン

Antonioさんの新着記事

1件〜30件

  • R-50ライフデザイン:夏に来ると思い出す「カニ族」暮らしの一か月。

    夏に来ると思い出す「カニ族」暮らしの一か月。それは大学3年のとき。クラスメイトのT君と前年の下北半島旅行に続いての二人旅。リックを担いで、夜行列車と青函連絡船で函館へ。そこから一か月の北海道の旅。石川さゆりの「津軽海峡冬景色」がヒットしたのは、私が社会人になった1977年。会社の忘年会のカラオケで熱唱?したのを覚えている。誰が?わてが。その北海道旅行、何が原因だったか忘れたが、T君とは早い段階で喧嘩をして一人旅に。当時は私のようにリック一つで旅行している人が多く、その姿からカニ族と呼ばれていた。札幌駅前にかってに寝袋をしいて就寝、そんな人が沢山。帯広駅には、カニ族用のプレハブがありお世話になった。そのプレハブ小屋にカニ族ではないトラック運転手が子ずれで泊まっていて、車の中から冷凍のカニを出してきてご馳走してくれ...R-50ライフデザイン:夏に来ると思い出す「カニ族」暮らしの一か月。

  • R-50 ライフデザイン - 必要不可欠の外出

    三週間ぶりのブログ更新。この三週間土日も働き休みは一日だけ。まったくのブラック企業。自分の会社ですが。「この時期、あり余るほどの仕事があるのは幸せ」本当?顧客とのもめごともあり、ストレスがものすごく溜まったので、まず、高尾まで墓参り。そして明治神宮に参拝。この四連休に一泊旅行に急遽出発。「不要不急の外出では?」と言われそうですが、私には「必要不可欠の外出」。茨城県稲敷郡阿見町にある「あみプレミアム・アウトレット」へ行き、アウトドア系の海外のブランド、TimberlamdやColumbiaなどを眺めてちょっとだけ海外にいるような気分になり、また、往復で計9時間のドライブをしてご機嫌で帰宅。いい気分転換になった。ライフデザインの実行も楽ではない。R-50ライフデザイン-必要不可欠の外出

  • R-50 ライフデザイン:60歳以上の方だけお読みください!!

    今週の海外ロングステイのブログで、私は、「いずれにしてもカミさんが行ってくれそうにはない場所だ。万一、カミさんに先立たれたら一人で行こう。本当にLoneliestJourneyだ」と書いた。このところ思うのは、ライフデザインの原点が「現在」ではなく、私あるいはカミさんが「いつ死ぬか」に代わったことである。親戚一同の中では72歳で亡くなっている人が一番多い。その時期はあっという間に来てしまう。そうなると今、仕事はやめて、カミさんと残りの人生を楽しんだ方がよさそうだ。一番長生きした人は祖祖母で100歳。かなり昔の話だ。父は72歳のときに肺がんで他界。タバコが原因だ。母は91歳で健在。一族の長寿記録を塗り替えてほしい。私は「96歳で死亡、75歳まで健康で仕事を続行」と考えている。令和2年の厚生労働白書によると男性の平...R-50ライフデザイン:60歳以上の方だけお読みください!!

  • R-50 ライフデザイン:割安感を感じない理由、割高感を感じる理由、ライフデザインを見直す理由

    2000年の頃からほぼ毎年、行っていた韓国。2015年からは義母の介護でしばらく行かなかったが、コロナ前の2019年7月、久しぶりにソウルへ。海鮮料理を中心に韓国料理を堪能。衣料品や生活雑貨のデザインは格段に良くなり、コーヒーションも渋谷・原宿よりも洒落ているのではと思えるような店が増えてきた。ただ、割安感はない。以前は日本よりも3割くらい安いという感覚であったが今は同じくらいに思われる。同じくコロナ前の2019年9月に米国コロラド州とニューメキシコ州を旅行。ホテル代が高い米国の夏休み期間を外していったが、一般的なビジネスホテルでも料金は高かった。もともと日本よりも賃金水準は高いが、ここにきて差がまた開いた気がする。以下は、日本経済新聞2021年6月22日の記事。************************...R-50ライフデザイン:割安感を感じない理由、割高感を感じる理由、ライフデザインを見直す理由

  • R-50 ライフデザイン - ストレス解消法はこれだ!!

    仕事の方は顧客の責任者が1週間の休暇に入ったにも関わらず、いや、入ったから、ますます忙しくなった。次から次へと仕事が放り込まれてくる。メールのCCにはたくさんの関係者が含まれているが、何のコメントもなく、もちろん、サポートもない。「信頼して任せてくれている」と思うべきか。・・・・・違うな。大分、ストレスが溜まったので、カミさんを取れだして外食。思いっきり食べた。<やっぱり肉がいい>少し、ストレス解消。もう一つ、ストレス解消法。自分の心の健康のために行ったのが、前にも紹介したかもしれない「バーチャルトリップ」の実施。今回のテーマは、カナダ・アルバータ州のエドモントンから米国・コロラド州のまでのドライブ。期間は2週間。資料は例によって、NationalGeographic社の地図帳『RoadAtlas』とガイドブッ...R-50ライフデザイン-ストレス解消法はこれだ!!

  • R-50 ライフデザイン:人は一日24時間を消費しなければならない

    在宅勤務が多いと運動不足になる。体重が減ったのは、筋肉が落ちたからであって、脂肪が減ったのではないという指摘もあった。そこで、今更であるが、やらないよりはいいので、17時15分(契約先と約束している終業時間)で、一旦、仕事を止め、近所を散策することにした。目標はわずか30分。具体的に見たいところもなく歩き回るのは意外と大変。かといって、多摩川の堤防を同じ距離、毎日、散策というのは変化がなさすぎる。という訳で、17時15分に仕事を一旦、止め、どこに行くかを考えることにした。その一つが、狛江市方面にある多摩川住宅。1966年から1969年にかけて建設された公営住宅。88棟3914戸、うち、57棟2048戸が分譲住宅、残りが賃貸である。現在、一部、建て替えが始まっている。ここは、日本の高度成長期、急増する東京の人口の...R-50ライフデザイン:人は一日24時間を消費しなければならない

  • R-50 ライフデザイン - 転職先への低応力

    法人市民税納税の市の指定金融機関が「みずほ銀行」であったので、職場近くにあるみずほ銀行本店に行ったら、「予約はありますか」と聞かれた。よく見ると以前のようには客はいない。私を入れて6人。予約はしていなかったので、整理券を持って呼び出しを待った。<以前、お昼時は満席でしたが。>予約優先なので待つこと25分。ようやく窓口に行くと「会社の口座はお持ちですか」「いいえ、私個人の口座はありますが」「次からは会社の口座のある銀行に行ってください」とのこと。でも市の指定なんですけど・・・・・支払い済みの伝票を受け取る時、もう一度、「次はお口座をお持ちの銀行で」。「そうか、みずほ銀行はリストラ中なんだ」と気づいた。本店といえども窓口の人は以前の五分の一程度の僅か二人。予約ベースのオペレーションにして業務を効率化。なるほど。20...R-50ライフデザイン-転職先への低応力

  • 久しぶりに家飲み。コロナでできた自由時間を有効活用。

    久しぶりの家飲み。なんだBudかと言われそうだが、癖がなくアメリカのビールではこれがいい。晩酌はしない主義だが、仕事や勉強が一段落する夜11時半頃からワインやウイスキー、焼酎などを飲んでいた昔。しかし、この一年くらいほぼ家ではアルコールなし。外での飲み会も減った。サラリーマン時代は、週4日は出張していたので、出張先では100%飲み会。今の仕事をしてからは「週2」程度で飲んでいた。それが、コロナ後は「月2」まで減った。皆がそうだとすると飲食店はつらい。コロナで仕事の仕方も大きく変わった。在宅勤務が70%。在宅勤務のときは、一旦、6時までに仕事を止め、カミさんと食事、団欒の後、9時以降に仕事または勉強。職場にいると周囲に合わせて残業をしてしまうが。往復3時間の通勤時間が無くなり、自分の時間が増えた。通勤時間は読書の...久しぶりに家飲み。コロナでできた自由時間を有効活用。

  • 顧客の本社引越し等があり土日出勤が続きましたが、それも16日(日)で終了。翌月曜日、火曜日と代休をとり、30年ぶりにベランダの片づけをしました。緊急事態宣言のため、もともと土日は閉店が多い大手界隈のレストランは、私の好きな味噌ラーメン専門店を除き閉店。という訳で、15日(土)の出勤時は神保町まで足を延ばし、TACOBELLでランチ。古「本」の少しだけアメリカンな気分を味わいました。16日(日)は味噌ラーメン専門店で札幌味噌ラーメン。店の外までは並んでいませんでしたが、私のような休日出勤者でほぼ満席でした。代休の月曜日はカミさんと二子玉。まずは、ShakeShackでハンバーガー。平日の二子玉は人が少なめで穏やかでいいですね。カミさんがショッピングを楽しんでいる間、私は高島屋1階のBookCaféのような休憩スペ...t

  • R-50のライフデザイン - 『ノマド – 漂流する高齢労働者たち』を読み終わって

    『ノマド–漂流する高齢労働者たち』(原題:Nomadland、ジェシカ・ブルーダー著、鈴木素子訳、春秋社)を読み終わりました。ノマドの人々が集う場所を地図で探すなどして、半分、旅行気分で読み始めましたが、読み進めるうちにつらくなってきました。現金収入を得るための過酷な肉体労働、冷暖房も下水道もない生活、目立たないように息を潜めての暮らし、・・・・・高齢になって状況を好転させるすべはなく、死ぬまで続けるこの生活。日本は労働法や年金制度、福祉政策が異なるので、「ハウスレス」の人が溢れる状況は想像できません。しかし、年金制度が崩壊したら?急激なインフレになったら?息子や孫の世代は大丈夫か?など、いろいろリスクを考えてしまいました、そしてもう一度、資金計画、その中の必要生活費を見直してみました。マンション関連では、管理...R-50のライフデザイン-『ノマド–漂流する高齢労働者たち』を読み終わって

  • R-50のライフデザイン - キャンパー、ワーキャンパー、そしてノマド

    1983年、カリフォルニア州サンノゼに家族で赴任。一番の楽しみは旅行でした。小さな車にキャンプ道具を積んで、北はカナダのバンフ、南はアリゾナのツーソン。エアコンなしの車でよく行ったものです。ネットがなかった時代、KOA(KampgroundsofAmericaInc)が発行していた情報誌がキャンプサイトの情報源。それとこの看板。大きな蚊に襲われたオレゴン州のコロンビア川沿いのキャンプ場、バナナスラッグという大きなナメクジのいたレッドウッド国立公園のキャンプ場、朝食中に大きな鹿があいさつに来たラッセン国立公園のキャンプ場、数十人の高校生たちが毛布もかけずに芝生の上に寝ていたサンタクルツのキャンプ場、パッチワークと聖書を送ってくれた親切な老夫婦と出会ったネバダ州ラブロック(Lovelock)のキャンプ場、赤い砂だら...R-50のライフデザイン-キャンパー、ワーキャンパー、そしてノマド

  • R-50 ライフデザイン:アスリートのセカンドキャリア

    FC東京ファン、サッカーファンの私も気になっていた引退後のJリーガーたちの生活。内田篤人や中村憲剛はなんぼでも仕事があるでしょうが、BigNameでないJリーガーはどうセカンドキャリアを築いていくのか。一般のサラリーマンが60歳前後でセカンドキャリアに入るのとは異なり、20代後半でセカンドキャリアを考えねばならないJリーガーたち。サラリーマンで言うと、特別なスキルはないけど20代後半で会社を解雇されてしまった、あるいは会社が倒産してしまった、さあ、どうしようといった状況に似ています。ちなみに、FC東京の年俸は、森重の7000万円が筆頭。レギュラーでも二年目の中村帆高、中村拓海は460万円。J2、J3だとかなり下がる模様。選手寿命が短いことを考えると、普通のサラリーマンの生涯年収を選手として稼げる人は少ない。アス...R-50ライフデザイン:アスリートのセカンドキャリア

  • R-50のライフデザイン:コロナ禍の送別会

    私が受け持つ大手町の現場を取りまとめていただいたA氏がこの現場を去って半年。新たな会社で営業職につき、故郷に帰ることになったとのこと。コロナ禍ではありましたが、ハンバーガー屋「ShakeShack」で送別会。アルコールなし。20時終了。<ジャンクフードの送別会も悪くない?!>A氏はビル管理業界が長いものの、大手ビル管理会社に人材を派遣する会社の社員。以前説明したように受託業務では昇給も昇進もないため、外資系のビル管理会社か大手のビル管理会社のアカウントマネージャのポジションを目指したそうです。その結果、大手ビル管理会社に採用されました。しかし、工場のビル管理に任命されたため社内で直訴し、営業職に変更してもらったそうです。恐らく会社としても現場が分かる営業が必要だったのでしょう。また、この業界では珍しい?のですが...R-50のライフデザイン:コロナ禍の送別会

  • R-50のライフデザイン:12年前の堺屋太一の提言

    シン・ライフデザインの先月の反省項目の一つの読書量の減退。今月から早速改めました。今年の方針は、積読(つんどく)状態の本の読書、および、再読です。早速、読んだのは『凄い時代~勝負は2011年』(堺屋太一著、講談社)。発行されたのは2009年1日、2008年のリーマンショック直後です。2020年の新型コロナ禍はニューノーマルと言われましたが、リーマンショックも過去に起きたニューノーマルの一つです。その時、堺屋太一がどう分析し、どのような対策を低減したかを知りたくて読んでみた次第です。その中で、ライフデザインに関わる内容がありましたので、共有させていただきます。序章の「今、何をなすべきか」の項目として以下の2点を挙げています。・終身雇用制度を緩和し、職縁社会からの脱却・人生の規格と順序の変更昭和世代は、「終身雇用制...R-50のライフデザイン:12年前の堺屋太一の提言

  • R-50のライフデザイン - 2月のハイライト・ローライト

    私の職場は、コロナ対策を厳格に行っています。マスクや手の消毒は当たり前のこととして、70%以上の社員がテレワーク、職場の階をまたがる移動は禁止、ビル間の移動は14日間在宅後など・・・・・という訳で、2月19日から21日、大崎で仕事をしたので、元の職場に戻るためには、14日間のテレワークということで、本日まで本当に在宅勤務。実のところ、明日から職場復帰かと思うと少し億劫。それでは、2月のハイライト!とローライト。その1。・次男の誕生日バレンタインデーが誕生日なので覚えやすい。本人の希望もあり、すし店でお祝い。転職も決まり、あとは嫁さんが来てくれれば。できれば国際結婚で。なんてね。親が口を出すことではありませんね。その2。・二子多摩川のShakeShackのハンバーガーコロラドで食べたGrassBurgerに匹敵す...R-50のライフデザイン-2月のハイライト・ローライト

  • R-50ライフデザイン - 「一億総活躍社会」vs「1億総非正規」

    「一億総活躍社会の実現」我が国の構造的な問題である少子高齢化に真正面から挑み、「希望を生み出す強い経済」、「夢をつむぐ子育て支援」、「安心につながる社会保障」の「新・三本の矢」の実現を目的とする「一億総活躍社会」の実現に向けて、政府を挙げて取り組んでいきます。平成27年、首相官邸ホームページの見出しです。以下は、政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、主にアメリカ株式を中心に投資全般を扱ったブログ「フルインベスト」を運営している鈴木傾城(すずきけいせい)氏の2021年1月24日の記事です。国によって作り上げられてしまった悪しき社会構造の中でどうサバイブしていくか、この記事はヒントを与えてくれています。竹中平蔵が若者に仕掛けた罠。...R-50ライフデザイン-「一億総活躍社会」vs「1億総非正規」

  • R-50ライフデザイン - 貧乏でも幸せ

    『WORKSHIFTワーク・シフト』(リンダ・グラットン著、プレジデント社)に「第三のシフトで要求されるのは、仕事に関する古い約束事を脱却し、未来に押しつぶされないものに転換することだ。」とあります。古い約束事とは、「所得を増やし、消費を増やすことを追求する発想」です。昭和の時代を生きてきた私はまさにその発想が身についてしまった一人でした。3畳一間の学生生活、社会人になり、その倍の6畳のアパートで生活。結婚して2DKのアパートに。IT業界の急成長と共に、給料も毎年10%以上アップ。子供ができ、マンションを購入。私が自分の人生をシフト、自分なりのいき方を見つけたのは、米国に駐在したときでした。会社の同僚や現地で知り合った人々の「自分の人生を自分の力で切り開こうとする前向きさ」に感銘を受けたからでした。生き方はかわ...R-50ライフデザイン-貧乏でも幸せ

  • R-50ライフデザイン - 次男の転職で思うこと

    いろいろありましたが、次男はシステムエンジニア(SE)になりました。2回の転職を経てようやく年収400万円を超えたそうです。一方、私の友人の息子さんは、東大を卒業し、大手企業に勤めた後に、外資系コンサル会社に入り、年収1千万円を超えたそうです。この差は、こどものときからの勉強と努力、地頭の差だと思います。では、次男のようにのんびり屋で地頭が普通の人はどうすればよいのでしょうか。次男は経営学部を卒業したものの就活に失敗し、非正規雇用者として福祉関係の仕事に就きました。介護用のベッドや車いすのレンタルの会社で、戻ってきたベッドや車いすの清掃などが仕事だったそうです。汚物等で汚れたものが多く、結構、大変だったようです。その他に、ティッシュ配りもしていました。次男のいいところは仕事が嫌いではないこと。もっと早くから勉強...R-50ライフデザイン-次男の転職で思うこと

  • R-50ライフデザイン – 1月のハイライト・ローライト

    1月が終わりました。緊急事態宣言が出て、ちょっとした「お出かけ」はできても、旅行は禁止。それでもうれしいことはあるものです。それでは、1月のハイライト!とローライト?その1。・地元、FC東京、ルヴァンカップ優勝。昨年はOlympicが予定され、ACL出場もあったため超過密日程。ホーム味スタが使えない連戦もあり、J1での成績は2019年の2位から2020年は6位に落ちてしまった。その悔しさをバネに?1月4日のルヴァンカップに優勝できたのはうれしい限り!!2月末から始まるJリーグが楽しみだ。その2。・長男と私の誕生日が近いので、一緒に自宅で「お誕生日会」。「お誕生日会」とカワイク言う歳ではないが、まあ、自由に仕事をさせてくれているカミさんに感謝。そして漫画家で貧乏な長男を支えてくれている長男の嫁さんにも感謝。来年は...R-50ライフデザイン–1月のハイライト・ローライト

  • R-50ライフデザイン - 在宅勤務の効用 - インプットの時間を確保

    片道1時間半、往復で3時間の通勤時間。6時50分に自宅をでて会社に到着が8時20分。残業は少ないとはいえ帰宅は8時前後。朝は電車の中で読書、帰りはYouTubeで音楽を聴く。疲れるので帰宅後の仕事は、はかどらない。今年早々に緊急事態宣言が出て、職場にでかけるのは週に1回。在宅勤務の場合、起床7時30分。朝食後、新聞を読み、8時30分にパソコンを立ち上げ、職場のシステムに接続。8時45分から本気モードに。昼食1時間を挟んで17時15分に営業終了。一旦、職場のシステムとの接続を切り、個人のメールボックスをチェックし、夕刊を読み、6時過ぎには夕食。9時には書斎に入り、12時まで仕事。昼の仕事と異なり、次の一手のための勉強や研究、いわばインプット。昼の仕事は時間に追われる仕事だが、こちらは時間をかけてじっくり取り組む仕...R-50ライフデザイン-在宅勤務の効用-インプットの時間を確保

  • R-50ライフデザイン - 70歳までの定年延長

    年明けから三週間が過ぎようとしています。いまのところ三日坊主にならずに、シン・ライフデザインをこつこつと進めています。さて、ネットで高齢者の就業に関する記事をみつけたので、全文掲載(図表削除)します。著者は、リクルートワークス研究所研究員、アナリストの坂本貴志氏。政府は「一億総活躍社会」を目指し、高齢者の豊富な経験や知恵を活かしたいとし、70歳までの就業を確保すると2019年、安倍総理(当時)は所信表明演説で述べています。しかし、昨年の11月の記事で書いたように、給与をもらうと年金が減る仕組みがあり、年金の支給額を減らしたい、年金支給時期を先延ばししたいという政府の意図が見え見えです。逆に給与も出て年金も出れば、老い先短い高齢者は旅行や趣味にお金を使ってくれると思うのですが、いかがなものでしょうか。私自身は学び...R-50ライフデザイン-70歳までの定年延長

  • R-50のライフデザイン - 在宅勤務(テレワーク)の効用

    片道1時間半、往復で3時間の通勤時間。6時50分に自宅をでて会社に着くのが8時20分。帰宅は7時前後。朝、電車の中で読書、帰りはYouTubeで音楽を聴く。疲れるので夜は仕事がはかどらない。この3時間の通勤時間がなくなった。緊急事態宣言になり、職場に出かけるのは週に1回のみ。在宅勤務(テレワーク)のときは、起床が7時30分。軽い朝食の後、新聞を読み、8時30分にパソコンを立ち上げ、職場のクラウドシステムに接続。8時45分から本気モードに。昼食1時間を挟んで17時15分に営業終了。一旦、クラウドとの接続を切り、個人のメールボックスをチェックし、夕刊を読み、6時過ぎには夕食。夕食後は、NHKの7時のニュースを見て、それから必要があればスーパーなどに買い物に行き、帰宅後、お茶!9時には書斎に入り、12時まで仕事。昼の...R-50のライフデザイン-在宅勤務(テレワーク)の効用

  • R-50のライフデザイン - 「シン・ライフデザイン」年間計画の遂行開始

    年始の仕事は4日から始まりました。4日の通勤電車の乗客は、いつもの半分低度でしたが、5日は元の混み具合に戻りました。通勤混雑がコロナ感染につながるのではと、以前、心配しましたが、データで読み解く限り、その可能性はありません。通勤の混雑で感染するなら、もっと早い段階で郊外に感染が拡大していたはずです。旅行も同様です。問題は過ごし方。私はお酒が好きなので、居酒屋にはよく行きますが、最大でも4人までのグループ。大声を出さなくとも聞こえる場所で飲みます。旅行も同様で、現地の景色や空気を味わい、飲み会なしで楽しみます。昨年は、沖縄、宮崎、京都旅行を楽しみました。今の職場(私の顧客の職場)は、席の間隔を2メートル以上空け、気になる人には段ボール製のパティションを設け、アルコールでドアノブなどを日に何回かクリーニング、それと...R-50のライフデザイン-「シン・ライフデザイン」年間計画の遂行開始

  • R-50のライフデザイン - 一年の計は元旦にあり

    R-50のライフデザイン-一年の計は元旦にあり

  • R-50のライフデザイン - 年末・年始でライフデザインの見直しと年間計画の作成を!

    今年もあと10日あまり、ブログの更新は正月休み明けの週末までお休みします。仕事の方は、年末は30日まで、年始は4日から始まります。コロナ禍で苦しい思いをしている人が多い中、高齢にも関わらず、忙しい毎日が続いているのはありがたいことです。だからといって、現状に踏みとどまるのではなく、以前、お話しした「シン・ライフデザイン」を進めるべく、年末・年始に、今年一年を振り返るとともに、2021年の年間計画を作成することにします。先日、米国に住んでいる友人Y氏からクリスマスのメッセージが届きました。確か1987年だったと思います。同僚であったY氏は、会社を辞めて奥さん、子供二人とアメリカに移住しました。その後、MBAを取得し、シリコンバレーの半導体企業で活躍していました。リスクを取り、努力を重ね成功する、Y氏を見ていると、...R-50のライフデザイン-年末・年始でライフデザインの見直しと年間計画の作成を!

  • R-50のライフデザイン:自粛自粛自粛の年末・年始はライフデザインのレビューと作成とでしっぽり!!ちぇ!!!

    「健康・お金・つながり」の3要素からなる「人生資産」の中で、私が最も関心がなく、それ故に最も勉強しなければならない「お金」、その中の年金と給与、年金の繰上げ・繰下げについて記事を書いたら、早くも燃え尽き症候群になってしまい、しばし投稿をさぼってしましました。では、気合を入れ直して!!「高齢者のGoToトラベル自粛せよ」だって!東京都から高齢者のGoToトラベル自粛要請がでました。私も高齢者。しかも、大手町までそこそこ混んでいる電車で通勤しています。でも、コロナにはかかっていません。通勤電車で感染するようなら、もっと早い段階で広い範囲にコロナの感染は広がっていたはずです。つまり、会話がない状態では、感染はほとんどないと判断できます。一方、昼のカラオケで高齢者の集団が感染しクラスターが発生、等、集団での飲み会、カラ...R-50のライフデザイン:自粛自粛自粛の年末・年始はライフデザインのレビューと作成とでしっぽり!!ちぇ!!!

  • R-50のライフデザイン:「シン・ライフデザイン」の失敗、漏れていた「年金の繰上げ・繰下げ」調査

    前回は、年金と給与の関係を説明し、「年金を減額されない上手い働き方」の例を説明しました。ちょっと復習しますと、最も簡単な方法は、60から64歳の間なら、「総報酬月額相当額+年金月額」が28万円を超えない範囲、65歳以降なら46万円を超えない範囲で働くことです。あるいは、減額されるのは、あくまでも60歳以降も厚生年金に加入して働く場合です。ですから、厚生年金に加入しない働き方を選択すれば良いのです。加入不要な仕事は、所定労働時間30時間未満のパートや自営などです。もちろん、株の運用、アパート経営などは減額対象にはなりません。今回は公的年金の繰上げ・繰下げの話をします。実は、私は年金の繰下げをしなかったことを後悔しています。明らかな勉強不足・調査不足でした。・公的年金の繰上げ65歳から受け取る年金は、60歳になると...R-50のライフデザイン:「シン・ライフデザイン」の失敗、漏れていた「年金の繰上げ・繰下げ」調査

  • R-50のライフデザイン:「シン・ライフデザイン」の疑問、働くと損する!?

    週末に90歳になる母が来ていたので、仕事どころではなくなりました。あと何年、いや何回、顔を合わせることができ、食事や散歩などに行けるかを考えると、仕事の優先順位は下がってしまいますね。さて、今回は、お約束した「働きながら年金を受け取る場合の留意点」のお話です。働きながら厚生年金保険に加入して受け取る年金は「在職老齢年金」と呼ばれています。調整対象となるのは、60歳以降、厚生年金に加入していて、給与収入(総報酬月額相当額)と年金月額の合計額が一定額を超えた場合です。ここで給与(総報酬月額相当額)とは、標準報酬月額(4・5・6月の給与平均額)と標準賞与額(直近1年間に受けたボーナスの総額を12で割った額)の合計額のことです。また、年金月額とは、老齢厚生年金の1か月分の支給額のことです。加給年金額や経過的加算額は含み...R-50のライフデザイン:「シン・ライフデザイン」の疑問、働くと損する!?

  • R-50のライフデザイン:「シン・ライフデザイン」の途中経過と課題(その2)

    先週続きで、仕事の三本柱の最後の一本、e-ラーニングコンテンツの作成です。・e-ラーニングコンテンツ作成中小企業診断士(情報部門)を取得するために通学したH専門学校で、その後、講師やテキスト作成・作問・添削などを数年やらせていただきました。その延長線上としての情報関連のe-ラーニング教材の作成を行いました。新型コロナの影響で在宅での学習やWeb会議を使用した研修が増加。明らかにニーズは増えていますが、参入企業も急増しています。品揃えを増やすのか、OH専門学校が得意とする特定分野に特化するのか、等、戦略の見直しが求められています。情報関連に関しては、前職の同僚と共同で「失敗しないビジネス用メール」を作成・販売。続いて「ITリテラシー入門」を作成中。さて、最後の私生活の目標ですが、「息子たちの結婚や孫のイベント」に...R-50のライフデザイン:「シン・ライフデザイン」の途中経過と課題(その2)

  • R-50のライフデザイン:「シン・ライフデザイン」の途中経過と課題

    2013年11月に「シン・ライフデザイン」を作成、この10月で7年目が終わろうとしています。まもなく「14年現役続行計画」の折り返し地点です。まずは仕事とそれに関連する自己啓発について、「何が達成できて、何ができなかったか、また、新たな課題は?」を見ていきます。・外資系企業のビル管理HDD(ハードディスク)業界や半導体業界にいた私にとって、ビル管理業界は全くの新しい業界でした。いや、「新しい業界なので、勉強すべきことも多く、良い刺激になるので入った」と言った方が良いかと思います。新しい業界だからと言って、全く想像がつかない仕事だという訳ではありません。第三種電気主任技術者の資格を取ったときにビル管理業界について調べたことがありましたし、ビルで仕事をしていれば、ビル管理業務の一端を見ることができます。例えば清掃業...R-50のライフデザイン:「シン・ライフデザイン」の途中経過と課題

カテゴリー一覧
商用