(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録
読者になる
住所
出身
ハンドル名
(・ω・`)『しょぼーん』さん
ブログタイトル
(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録
ブログURL
https://www.shoboonn.com/
ブログ紹介文
つみたてNISAとSPXL(S&P500ブル3倍)へ投資中。
自由文
つみたてNISAとSPXL(S&P500ブル3倍)へ投資中。 日々の変動と株式市場の動向を発信していきます。
更新頻度(1年)

194回 / 194日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2018/01/07

(・ω・`)『しょぼーん』さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 24,282位 21,442位 19,688位 21,528位 24,960位 25,183位 25,300位 975,070サイト
INポイント 10 10 10 10 10 0 10 60/週
OUTポイント 310 260 160 100 250 400 410 1,890/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 561位 518位 480位 520位 576位 579位 590位 13,557サイト
米国株 121位 119位 115位 121位 125位 124位 125位 927サイト
投資信託 75位 74位 74位 74位 75位 77位 75位 741サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 6,458位 6,699位 6,113位 5,585位 5,350位 5,395位 5,238位 975,070サイト
INポイント 10 10 10 10 10 0 10 60/週
OUTポイント 310 260 160 100 250 400 410 1,890/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 312位 325位 306位 292位 279位 294位 288位 13,557サイト
米国株 91位 92位 87位 82位 82位 86位 85位 927サイト
投資信託 63位 66位 66位 61位 58位 58位 58位 741サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,070サイト
INポイント 10 10 10 10 10 0 10 60/週
OUTポイント 310 260 160 100 250 400 410 1,890/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,557サイト
米国株 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 927サイト
投資信託 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 741サイト

(・ω・`)『しょぼーん』さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、(・ω・`)『しょぼーん』さんの読者になりませんか?

ハンドル名
(・ω・`)『しょぼーん』さん
ブログタイトル
(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録
更新頻度
194回 / 194日(平均7.0回/週)
読者になる
(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録
  • FAANGの先陣ネットフリックス 好決算で株価10%超の急伸

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/17の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月16日の米株式市場は下落。 ダウ−0.08%、S&P500−0.20%%、ナスダック−0.30%となった。 続々と発表される企業の四半期決算。 今日はFAANG(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)でおなじみハイテク銘柄群の中から「N(ネットフリックス)」が先陣を切る形で決算発表を行った。 第3四半期(7〜9月期)の売上高は前年同期比31%増、純利益は同65%増、成長を測る数値として重要な有料会員数は677万人増加し、総有料会員数は1億5833万人となっ…

  • 好スタートをきった業績相場 イマイチ決算でも連れ高が発生中

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/16の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月15日の米株式市場は上昇。 ダウ+0.89%、S&P500+1.00%、ナスダック+1.24%となった。 今日から本格化し始める企業の四半期決算。 米企業は金融大手とヘルスケア関連が好決算を発表したことで、最高のスタートを切ることができた。 ヘルスケア関連では世界最大手のユナイテッドヘルスが売上高・利益ともに市場予想を上回り、利益見通しも引き上げたことで8%超の大幅高となった。 また絆創膏(ばんそうこう)をバンドエイドの名で商標登録したジョンソン・エンド・ジョンソンも市場予想を上回…

  • 四半期決算シーズン突入!材料相場から業績相場へとシフト

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/15の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月14日の米株式市場は四日ぶりの下落。 ダウ−0.11%、S&P500%−0.14%、ナスダック−0.10%となった。 先週末は米中貿易協議部分合意を受けて大幅高となったが、数日経ち、米中お互いの認識の差による先行き不透明感から今日はどっちつかずの展開となった。 まあ米中貿易協議に関しては一区切りついたから材料相場はちと休憩。 これから月末にかけては企業の業績、四半期決算の内容が重要視される業績相場に突入である! 個別株を保有する投資家にとっては材料相場より不安やもしれぬ業績相場。 …

  • 【たわら】つみたてNISA 週間動向 2019/10/8〜12 【楽天】

    つみたてNISA週間動向 2019/10/8〜12のつみたてNISA保有投信の動きだよ。 たわら先進国は前週末比+2.37% 楽天VTIは前週末比+2.06% 今週は10〜11日の日程で行われた米中貿易協議が最大の材料となった。 週の前半はアメリカが新疆(しんきょう)ウイグル自治区への人権侵害を理由に、28の中国企業・団体をエンティティ・リスト、いわゆる禁輸措置の対象としたことを受けて、週末の協議が荒れるのではとの見方から値を下げた。 だが協議が始まればその不安もどこへやら。 トランプ米大統領が初日の協議終了後に太鼓判を押したことで、否応なく期待が高まり買い先行。 そして週の最終取引日、協議の…

  • 米中貿易戦争、部分的合意第1弾完了! 文書化&署名は11月の見通し

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/12の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月11日の米株式市場は三日続伸。 ダウ+1.21%、S&P500%+1.09%、ナスダック+1.34%となった。 祝!米中貿易協議での部分的合意!! わーーーい、ぱちぱちぱち( ノ゚∀゚)ノ 世界が固唾を飲んで見守る中で行われた今回の米中貿易協議。 前日にトランプ大統米大統領が太鼓判を押した通り無事にまとまったようである。 詳細はまだ不明だけど中国による米農産物の購入拡大や、知的財産権・為替・金融サービスの問題に関して一部合意。 加えてアメリカが15日に予定していた対中追加関税第4弾…

  • 米中貿易協議初日、トランプ大統領から太鼓判をもらう

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/11の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月10日の米株式市場は二日続伸。 ダウ+0.57%、S&P500+0.64%、ナスダック+0.60%となった。 世界各国の投資家が固唾を飲んで見守る米中貿易協議の期待から買い先行の展開。 トランプ大統領がツイッターで「11日に中国の劉鶴副首相とホワイトハウスで会う」とつぶやいたこともあり、なにかしらの合意が行われるとみんなワクワク。 また「協議は非常にうまくいった。極めて順調だ」と、7時間にも及んだ協議に太鼓判を押した。 ただアメリカが最も問題視している知的財産権の保護や企業への補助…

  • 相反する米中貿易協議の情報に一喜一憂する株式市場

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/10の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月9日の米株式市場は ダウ+0.70%、S&P500+0.91%、ナスダック+1.02%となった。 昨日とは打って変わって買い先行の良い雰囲気。 明日に迫った米中貿易協議で中国が部分合意に意欲的な姿勢を見せたことが好感された。 先週から米中貿易協議の行方に注目が集まっているが、なんだか両国の姿勢や発言が二転三転しており株式市場は上下に振れとるのぉ。 トランプ大統領が楽観論を示したと思ったら人権侵害を理由に制裁を加たり。 中国も米農産物の輸入拡大を示唆しつつも、新たな制裁に対しては報復…

  • アメリカの対中強硬路線が第2ステージに突入!人権侵害を理由に制裁開始!

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/9の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月8日の米株式市場は大きく続落。 ダウ−1.19%、S&P500−1.56%、ナスダック−1.67%となった。 10日からの閣僚級米中貿易協議を前にアメリカが中国への強硬姿勢を強めたことで協議が難航、いや事前予想の部分合意すら怪しい雰囲気が漂い出してきた。 アメリカは中国による新疆(しんきょう)ウイグル自治区の住民への人権侵害を理由に、中国の監視カメラメーカーや公安など計28企業・団体を「エンティティー・リスト」に追加、実質の禁輸を宣言したのである。 また人権侵害に関わったとされる中国…

  • 部分合意で時間稼ぎをしたい中国といくらでも制裁手段のあるアメリカ

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/8の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月7日の米株式市場は下落。 ダウ−0.36%、S&P500−0.45%、ナスダック−0.33%となった。 10日〜11日の日程で行われる閣僚級の米中貿易協議への意識が強く、協議がらみのニュースがでるたびに上に行ったり下に行ったりで方向感皆無な一日だったのである。 中国側は今回の協議で全面合意ではなく、部分的な合意で手打ちにしようと思っているらしく、米国産農産物やエネルギーの輸入に焦点をあてて交渉に臨むとのこと。 中国はアメリカからの輸入を増やすことで、トランプ大統領が問題視している貿易…

  • 米国株・つみたてNISA・資産総額 月末報告会(2019年9月末)

    世界的に株価が下落しがちな9月。 そんな月を我が輩は無事に乗り越えられたのか!? 確認すべし(*ΦωΦ) 米国株 2019年9月末時点での米国株保有状況はこんな感じ。 ビザは前月末比−5.72% アマゾンは前月末比−4.61% SPXLは前月末比+3.43% くら寿司USAは9月に買ったから前月末比はなしだけど、はやくも−20%超の評価損を抱えているよ・・・。 ちなみに9月のS&P500の騰落率は+1.72%であり、指数に連動するSPXL以外は完膚無きまでの敗北である。 つみたてNISA つみたてNISAの評価損益率は+4.83%で9月は終了。 少しずつではあるが確実にプラス幅が広いがってきて…

  • 【たわら】つみたてNISA 週間動向 2019/10/1〜5 【楽天】

    つみたてNISA週間動向 2019/10/1〜5のつみたてNISA保有投信の動きだよ。 たわら先進国は前週末比−3.47% 楽天VTIは前週末比−3.49% 今週は通算22回目のつみたてNISA買付&約定が行われた。 だが肝心の評価損益率は大幅下落となっている。 米ISM製造業景況指数2ヶ月連続下落&50以下で+悪い米ADP雇用統計で米株式市場が2日連続の大幅安。 加えてイギリスがEUから「合意なき離脱」をする可能性が高まり、欧州株式市場が米株式市場を上回る大幅安。 10月は最悪のスタートと言っても過言ではないだろう。 ただ米株式市場ではこの悪い経済指標を受けて利下げ観測が急浮上。 週末は1%…

  • 下降する経済指標 不透明な米中貿易協議 それでも楽観的なアメリカのお偉さん方

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/5の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月4日の米株式市場は2日続けての大幅続伸。 ダウ+1.42%、S&P500+1.42%、ナスダック+1.40%となった。 数日前の大幅下落がまるで嘘のような上がりっぷり。 発表された9月の米雇用統計が強弱入り混じる内容で、10月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げされるとの思惑が強くなった。 またトランプ大統領が10月10〜11日に行われる閣僚級米中貿易協議の結果に、楽観的な姿勢を示したことも投資家の安心を誘った。 さらにさらに、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長や、…

  • 10月の米利下げ確率が90%にまで急上昇!だが利下げは劇薬、株価暴落を招く恐れも

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/4の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月3日の米株式市場は上昇。 ダウ+0.47%、S&P500+0.80%、ナスダック+1.12%となった。 昨日の大幅下落からの反発を見越して買い優勢。 また先日発表された米ISM製造業景況指数や米ADP民間雇用統計の悪い結果を受けて、10月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で「今年3度目の0.25%利下げを行うのでは?」との見方が一時90%を超えたことも買い材料となった。 つい一週間前は利下げ据え置き五分五分だっただけに、一気に利下げ期待が高まった雰囲気である。 ただ実際問題、利下げ…

  • EU終了のお知らせ 合意なき離脱&8000億円の報復関税で株式市場崩壊

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/3の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月2日の米株式市場は暴落急落おはぎゃーございます。 ダウは−1.86%、S&P500−1.79%、ナスダック−1.56%となった。 昨日発表された米ISM製造業景況指数と、今日発表された米ADP民間雇用統計が予想以上に悪い結果であり、米経済のリセッションが意識された。 だがしかし昨日のEU(欧州連合)圏の株式市場、イギリスやドイツ、フランスやらイタリアは今日の米株式市場の比じゃないレベルで暴落しているのである。 軒並み3%近く下落しておりまさに地獄。 なぜこれほど下げているのかというと…

  • 米ISM製造業景況指数はリセッションを示唆 米中貿易戦争の影響がじわりじわりと

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/2の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間10月1日の米株式市場は主要三指数そろって1%超の下落。 ダウ−1.28%、S&P500−1.23%、ナスダック−1.13%となった。 取り引き時間中に発表された米ISM製造業景況指数が47.8(50以下だと景況感悪し)となり、2ヶ月連続&予想以上の減少で一気にリスクオフに傾いた。 ちなみに47.8という数字は2009年6月以来約10年ぶりの低水準。 そして50以下で2ヶ月連続の減少は2015年11月〜12月以来、約3年半ぶりのことである。 上の画像は2015年〜2019年9月までの各年の…

  • 中国企業の上場廃止報道は「フェイクニュース」 米高官が一刀両断

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/10/1の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間9月30日の米株式市場は上昇。 ダウは+0.36%、S&P500は+0.50%、ナスダックは+0.75%となった。 9月の最終取引は買い先行の良い雰囲気で終わりを迎えた。 先週末に報じられた「トランプ政権が中国企業の上場廃止を検討」との話しを、米財務省やナバロ大統領補佐官が「フェイクニュース」だと一刀両断したことで、不安視されていた米中の分断深刻化が緩和されたのが良かった。 外部リンク: 米中分断なら市場混乱、中国けん制 米「上場廃止報道はうそ」 - ロイター ナバロ氏曰く「報道の半分以上…

  • 【たわら】つみたてNISA 週間動向 2019/9/25〜28 【楽天】

    つみたてNISA週間動向 2019/9/25〜28のつみたてNISA保有投信の動きだよ。 たわらせんしんは前週末比−1.43% 楽天VTIは前週末比−1.28% 今週はトランプ米大統領への弾劾リスクで一時騒然としたが、それもすぐに持ち直し何事もなく終わる感じだった。 だがしかし!最終取引日の場中に、トランプ政権が米証券取引所に上場する中国企業の上場廃止を検討するとの報道。 これによりプラマイゼロ近辺で動いていた米主要三指数は直角落下。 米企業の株価への影響はさほどでもなかったが、アリババやJDドットコムといった中国企業の株価は甚大な影響を受け、5%超の下落となった。 いやはや、まだ検討段階とは…

  • アリババもJDドットコムも紙クズに!? アメリカが中国企業の上場廃止を検討

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/28の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 現地時間9月27日の米株式市場は続落。 前日比でダウ−0.26%、S&P500−0.53%、ナスダック−1.14%となった。 下落の理由は驚くなかれ、トランプ政権がアメリカの証券取引所から中国企業を追い出そうとしていると報道されたからである。 なんでもニューヨーク証券取引所やナスダックに上場している中国株を上場廃止にしようと目論んでいるらしく、実現したらアリババやJDドットコムといった中国企業の株式が紙クズになる。 いや、今はネットでの取り引きだから電子クズか? いやいや、紙クズなのか電子クズなの…

  • ついに始まるリセッション ドイツが景気後退入りの見込み

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/27の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 米時間9月26日の米株式市場はダウ−0.30%、S&P500−0.24%、ナスダック−0.58%。 トランプ米大統領に対する弾劾リスクが嫌気され下落。 ただ弾劾にいたる可能性は不透明であるものの低く、この政治リスクより深刻な経済リスクがヨーロッパで台頭しつつある。 それはドイツがついに景気後退(リセッション)に陥るとの話しである。 ドイツ経済は7-9月にマイナス成長、景気後退入りの見込み-DIW - Bloomberg 欧米では2四半期連続でGDPの成長率がマイナスになると、景気後退とみなすのが一…

  • 日米貿易協定は無事合意 米中貿易協定にも期待したい

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/26の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 米時間9月25日の米株式市場は一時マイナスに沈むもそこから持ち直しプラス引け。 トランプ米大統領弾劾の可能性低下で昨日の売り分戻ってきた感じである。 また材料視されてはいないが日米貿易協定が無事最終合意に至った。 これはアメリカvs世界の貿易摩擦が激化する中ではいいニュース。 日本側は自動車への追加関税回避や、輸入される「コメ」への高関税維持&無関税輸入枠なし、輸出する牛肉への低関税枠拡大などを協議の結果合意に盛り込むことができた。 アメリカ側は牛肉や豚肉、ワイン、チーズなどの段階的な関税引き下げ…

  • 株価急落?それ、仮想通貨の前で同じこと言えんの?

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/25の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 米時間9月24日の米株式市場は下落。 寄付きは高く始まったが、トランプ米大統領が国連演説で中国批判&米中貿易戦争強気姿勢を行ったことで流れが一転。 また米民主党のペロシ下院議長が、トランプ米大統領への弾劾に関わる調査を開始するとの報道でさらに下げが加速。 一時ダウ平均とS&P500は−1%超、ナスダックは−2%近く下落しており「おはぎゃー」といっても差し支えない状況だった。 と言いたいが、1%だ2%だの下落では今日の主役ははれない。 そう、今日の主役は仮想通貨の下落急落大暴落だ!! 外部リンク: …

  • やはり米国株一強か 購買担当者景気指数(PMI)が欧米で明暗くっきり

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/23の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 米時間9月22日の米株式市場はほぼ変わらず。 先週末から新たな動きを見せている米中貿易協議への様子見ってな雰囲気である。 そしてそんな米中貿易戦争の影響を受けがちな経済指標、購買担当者景気指数(PMI)(サービス部門、製造業、総合)の9月分が欧米各国で発表された。 欧州分はドイツとフランスそしてユーロ圏。 結論をいうと総じて低調な結果となり全滅壊滅前線崩壊である。 総合PMIがドイツでは好不況の境である50を6年半ぶりに下回る49.1。 フランスも前月から減少の51.3で、ユーロ圏も約6年ぶりの低…

  • 【たわら】つみたてNISA 週間動向 2019/9/18〜21 【楽天】

    つみたてNISA週間動向 2019/9/18〜21のつみたてNISA保有投信の動きだよ。 たわら先進国は前週末比−0.14% 楽天VTIは前週末比−0.39% 今週はほぼヨコヨコの一週間だったのである。 週明けは先週末にあったサウジアラビアの国営石油企業サウジアラムコへのドローン攻撃によりマイナスでスタートした。 だがそれよりも今週市場が注目していたのは、なんといっても米連邦公開市場委員会(FOMC)である。 結果は7月に続き0.25%の利下げを決定し2回連続の利下げとなった。 まあ市場としてはおおむね予想通りの展開だったようで、利下げ自体には対して反応しなかった。 だがパウエル議長が会見で「…

  • 米中貿易協議早くも終了のお知らせ 中国代表団が早期帰国を決定

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/21の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 米時間9月20日の米株式市場は下落。 寄付きからプラスで推移していたが、米中貿易協議への期待が剥落するニュースで直角下落してマイナスで取引を終えた。 なんでもワシントンを訪問して次官級協議を行っていた中国代表団が、予定を早めて帰国するとのことである。 当初中国代表団は来週初めにモンタナ州の農家を視察するとしていたが、どうやらそれをドタキャンしたようで。 モンタナ州は2016年の米大統領選挙でトランプ米大統領を支持した州であり、中国代表団も「わかった上」での行動かもしれない。 なぜこのようなことにな…

  • 米中貿易戦争はさらに激化? 専門家や事情通から警告が発せられている

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/20の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 利下げから一夜明けた米時間9月19日の米株式市場は高安まちまち。 寄付き高値で始まったものの、徐々に上げ幅を縮小。 ダウは下落でS&P500は変わらず、ナスダックはなんとかプラス引けとなった。 上げ幅を縮小したら理由として大きいのは、米中貿易に関して専門家や情報通がネガティブな発信をしたことだろう。 トランプ米大統領の非公式アドバイザーであるマイケル・ピルベリー中国戦略専門家曰く「迅速な合意がなされない場合、トランプ米大統領は関税をさらに引き上げる可能性がある」と述べている。 米大統領、対中摩擦激…

  • 2回連続の0.25%利下げ決定 トランプ大統領は「無能だ!」と不満炸裂

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/19の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 米時間9月18日の米株式市場は高安まちまち。 米連邦公開市場委員会(FOMC)前はマイナス圏で推移したあと利下げ発表後に下げ幅を拡大、だがパウエルFRB議長の会見後に上昇に転じダウとS&P500は微上げ、ナスダックは微減となった。 さてさて、今月の最大の材料とも言えるFOMCで7月に続いて2回連続の0.25%利下げが発表された。 ある程度織り込みだったこともあり材料出尽くし感もあったが、パウエルFRB議長が「景気が減速すればもっと大幅な利下げが適当だ」と述べた。 今後も利下げする可能性があることが…

  • 9月のFOMCは利下げ無しもありえる!? 据え置き予想が過半数を超える

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/18の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 米時間9月17日の米株式市場は上昇。 米連邦公開市場委員会(FOMC)直前ということもあり積極的な売買は見られなかったが、利下げへの期待から引けにかけて買いが入った。 どうやら株式市場は7月の利下げに続いて、9月も利下げするとの予想で動いている雰囲気だ。 いや、「だった」が正しいのかも知れない。 実はここ数日、CMEグループが提供している政策金利予想(Fedウォッチ)では利下げ無し予想が急上昇しており、いっときの利下げ確実との見方から風向きが変わっていることをご存知だろうか。 一週間前はわずか8%…

  • 石油施設攻撃、ブレグジット、米中貿易協議にFOMC 材料豊富で不安定な相場になりそうだ

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/17の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 週明け、米時間9月16日の米株式市場は下落。 14日にサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの施設が、ドローンによる攻撃を受けたことでリスクオフの動きとなった。 今回の攻撃で世界の石油供給が5%減少すると試算されており、原油先物価格は一時20%近く上昇した。 サウジアラムコの石油供給能力そんなに凄かったんか・・・。 またこのほかにも週明けから材料は非常に豊富なようで、相場に影響を及ぼしそうなニュースやイベントが続々と。 まずはイギリス。 EU離脱に関してジョンソン英首相が改めて10月末の離脱を…

  • 【たわら】つみたてNISA 週間動向 2019/9/10〜14【楽天】

    つみたてNISA週間動向 2019/9/10〜14のつみたてNISA保有投信の動きだよ。 たわら先進国は前週末比+2.38% 楽天VTIは前週末比+2.54% The 右肩上がりの一週間だったのである。 上昇の要因はやはり米中貿易協議再開期待によるところだろう。 今週はトランプ大統領が10月1日に発動する予定だった対中追加関税上乗せを、15日に延期すると発表。 また中国もアメリカ産農産物の輸入手続き再開を発表。 さらに中国国営商社がアメリカ産大豆を100万トン超輸入するとの報道も飛び交った。 10月初旬の閣僚級貿易協議を前に米中が歩み寄りの姿勢を見せており、投資家の期待は否応なしに高まっている…

  • ダウ平均8日続伸 米中の歩み寄りで底堅い 来週は利下げの有無で大波乱?

    米国株・つみたてNISA 保有状況 2019/9/14の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 米時間9月13日の米株式市場は高安まちまち。 ダウ平均は2018年5月以来の8連騰となったが、アップルの投資判断引き下げなどの影響でS&P500やナスダックは下落となった。 今週は米中が貿易協議に向けて歩み寄りを見せたことが材料となり、投資家の心理状態がだいぶ改善されたようである。 ただそれは今週で一服だろう。 来週から焦点となるのは17〜18日に行われる米連邦公開市場委員会(FOMC)。 そこで7月末に続けての利下げが行われるかどうかに注目が集まる。 市場の大勢は0.25%の利下げがあるとの予想…

カテゴリー一覧
商用