searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

holyさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
本が好き♪図書館ブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/library1789
ブログ紹介文
私立高等学校図書館 司書教諭からのメッセージ&日常のあれこれ
更新頻度(1年)

191回 / 365日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2017/12/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、holyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
holyさん
ブログタイトル
本が好き♪図書館ブログ
更新頻度
191回 / 365日(平均3.7回/週)
読者になる
本が好き♪図書館ブログ

holyさんの新着記事

1件〜30件

  • 入学試験

    本校の入学試験が始まりました。本日22日は単願と併願①の学力試験と面接、明後日24日は合格発表と併願➁の試験、この二日間で多くの中学生が受験します。24日に雪の予報が出ていて心配です。受験生が戸惑うことなく気持ち良く試験に臨めるよう、学校側はきめ細やかな準備をしています。特に今年はコロナ感染予防のために、例年とは違う事ばかり、今週初めから、在校生は分散登校&2日間の自宅研修、入試のお手伝いは無し、試験場となる教室は机の数を減らし、間隔をあけ、もちろん消毒と厳重な対策をしています。今後、2月と3月にも入学試験があり、まだまだ受験のチャンスはありますから、どうぞご相談ください。今年の春こそ直接的に対面での出会いとなるよう、コロナの収束を祈っています。どうか、そんな楽しみな日が来ますように。本校3年生の大学入学試験も...入学試験

  • 第164回芥川賞・直木賞発表!

    今日は大寒、暦通りに寒さが厳しい日が続いており、さらに空気がとても乾燥しています。コロナ感染者数も減らず、昨日スーパーへ寄ったら一気に人が減ったような気がしました。そんな今日、第164回芥川賞・直木賞が発表されました。芥川賞は、宇佐見りんさん著『推し、燃ゆ』(文芸秋季号)、直木賞は、西條奈加さん著『心淋(うらさび)し川』(集英社)に決まりました!(画像は朝日新聞HPより)宇佐見りんさんは現在大学2年生(21歳)、以前受賞された綿矢りささん(19歳)、金原ひとみさん(20歳)に次いで、史上3番目の若さでの受賞!2019年に『かか』で文芸賞を受賞してデビュー、同作で三島由紀夫賞を最年少受賞、デビュー2作目で芥川賞候補となり、初めてのノミネートでの受賞と、一気に花開いた感じです。受賞作は、応援するアイドルがファンを殴...第164回芥川賞・直木賞発表!

  • 追悼 安野光雅 氏

    昨日、ショッキングなニュースが入ってきました。子どもの頃から好きだった絵本作家の安野光雅さんが、昨年末お亡くなりになったそうです。94歳でいらっしゃいました。初めて出会った本は『ふしぎなえ』、エッシャーの絵に刺激を受けて描かれた絵本は、不思議な位相空間が軽やかに描かれ、文字がない絵本でもこんなに楽しいのだ!思いました。『はじめてであうすうがくの絵本』『ABCの本』『さかさま』など文字や音楽、数学や科学などの世界を、ユーモアに満ちた細密な画風で表現され、我が子たちとも楽しんだこれらの本は今、孫のところへいってます。時を超えて世界各地の街並みを描く『旅の絵本』シリーズは見ているだけで外国の様子が思い浮かび、以前、さいたま市での展覧会でこの原画を見た時には感動しました!最近では『平家物語』やシェークスピア、『三国志』...追悼安野光雅氏

  • オンラインヨガ

    9月から楽しく通い始めたヨガ、コロナ感染予防対策万全で安心して通っていましたが、緊急事態宣言発令によって「不要不急の外出」を控えるように、の提言に心が揺れていました。ヨガは私にとって心身ともに大切な事なのですが、夜間の外出になるし・・・そこで、今週からいつものレッスンを「オンラインヨガ」に切り替えてもらいました。スタジオでのレッスンを、同時にオンラインで見ながら参加できるのです。初めてだったのでZOOMでつながるまでちょっとドキドキ。。。我が家の和室にヨガマットを敷いて参加したのですが、初めはスタジオでやっている時に比べると集中しにくいし、身体の動きも今一つ、でも、次第に動きと呼吸に夢中になり、1時間後にはいつもと同じように心身ともにスッキリして、気持ち良く終わることが出来ました。通う時間の短縮になり、感染の不...オンラインヨガ

  • 図書館だより 「Library News 1月号」

    今日から全3年生が登校していないので、校内は少し静かで淋しい感じがします。図書館便り「LibraryNews1月号」を発行しました。こちらです→Google版新年号の特集記事は「2020年年間ベストセラー」書籍取り次ぎ大手の日販が発表した<総合>部門の1位から10位は以下のような結果です。*印は、本校図書館にありますので、是非借りに来てくださいね。1位『鬼滅の刃しあわせの花』吾峠呼世晴矢島綾(集英社)*2位『鬼滅の刃片羽の蝶』吾峠呼世晴矢島綾(集英社)*3位『あつまれどうぶつの森完全攻略本+超カタログ』ニンテンドードリーム編集部編著4位『鬼滅の刃風の道しるべ』吾峠呼世晴矢島綾著(集英社)*5位『あつまれどうぶつの森ザ・コンプリートガイド』電撃ゲーム書籍編集部編(KADOKAWA)6位『ぼくはイエロー...図書館だより「LibraryNews1月号」

  • 3学期始業式

    今日は中学校・高校ともに本校の3学期始業式でした。感染者増加、そして緊急事態宣言発令により、8日の予定だった始業式が今日になりました。厳しい寒さが続くこの数日、今日は最低気温-4℃、日中も5℃までしか上がらず、久しぶりに開館した図書館はすっかり冷え切っていてなかなか暖まらず、どの本も冷たくなっていました。高校は学年毎の分散登校、そしてオンラインでの始業式、校内に新学期が始まったという活気はなく、生徒も教職員も緊張の面持ちです。明日から、受験のない3年生は2月中旬まで自宅でのオンライン授業、来週末に本校を受験する中学生のために、来週のみ1.2年生の登校も減らします。再来週以降1.2年生は通常登校ですが、図書委員会の活動をどうしようか悩み中です。全体で集まっての会議は今年度一度も行っていませんが、1.2年生を活動さ...3学期始業式

  • マイナス9.2℃!

    一昨日からマイナス5℃前後の厳しい寒さが続いていますが、隣町(ほぼこの地)の今朝の最低気温は-9.2℃!!記録的な寒さで、昨日の-8.9℃に引き続き記録更新の低温です。我が家で一番寒い洗面所は、日中でも4℃までしか上がりませんでした。上下左右を囲まれているマンションと比べると、戸建ては寒いうえに、我が家は周りに家もなく北風に晒され、築年数も経っているのですきま風が・・・換気はOK。あちこちのドアの上下左右などに「すきまテープ」を貼りました。豊作だった大好物の金柑が、この寒さでかなりダメになってしまいましたが、何とかこれだけ採れました♪今日、収穫しようと思っていたのでちょっと遅かったです。毎日寒いし、コロナの感染者が爆発的に増えているしで、心身ともに凍えるような日々ですが、我が子から心温まる華やかなお年賀が届きま...マイナス9.2℃!

  • 緊急事態宣言

    昨日、東京・埼玉・神奈川・千葉の1都3県に緊急事態宣言が発令されました。前回は4月7日に発令、あれからちょうど9か月経ってまた発令されるとは!今日の感染者は東京2,392人、埼玉496人、神奈川838人、千葉455人、今日までの累計は、東京71,182人、埼玉16,895人、神奈川25,620人、千葉13,353人、人口比で見ると、東京は190人に1人、埼玉は430人に1人、神奈川は356人に1人、千葉は465人に1人、が感染したことになります。(ちなみに感染者9名の我が町は1,222人に1人しか感染していない!県内感染者最少5市町村入り)こう考えると、首都圏とりわけ東京都の感染がいかに多いことかと、恐怖にかられます。もう、身近な誰かが感染しているかもしれないし、いつ自分が罹ってもおかしくない数字です。来月7日...緊急事態宣言

  • 初詣

    今日の日中なら人出も少ないだろうと、夫と車で初詣に行ってきました。場所は、群馬県太田市の大光院、「子育て呑龍」とも呼ばれていて7年前にも初詣に行っていました。呑龍は当時、多くの子どもが間引かれて殺されていたことを悲しんで、これらの子どもを弟子として引き取って育てたため、後世の人々から子育て呑龍と慕われたそうです。開山当時の本堂は400年も経っていて、その前の推定樹齢700年の黒松は「臥龍松」と称され、あたかも巨龍が地に伏し、今まさに昇天せんとする勢いをあらわしています。7年前に安産祈願してもらった孫は今や小学1年生、今回は、家族皆の健康、とりわけ4人の孫が健康でありますようにと、祈願してきました。その後、前から気になっていた太田市立図書館へ。駅前ロータリーにあるので駅を使う市民がより手軽に利用でき、とても素敵な...初詣

  • 日常

    正月三が日が過ぎ、今日から出勤の方も多かったことでしょう。大晦日から元日はマイナス7℃と厳しい寒さでしたが、昨日今日はとても暖か。年末大晦日まで大掃除・断捨離に励んでいましたが、この3日は思い切り寝正月、読書・録画番組を観る、等好きな事だけしてのんびりしていました。何もしなくて楽ちんだけれども、心弾まないし楽しくないし充実感も今一つ、一日の歩行歩数が500歩に満たない・・・あまりに座りすぎ&食べ過ぎだったので、せっかく年末に減った体重があっという間に元通り、このままでは具合悪くなりそうな気がしたので今日から活動開始!朝からまたまた断捨離(見ないようにしていた娘の大量の本段ボール5箱!!)、午後は夫と一緒にウォーキングでお気に入りの「星の王子さまパーキングエリア」へ。ここが3月末で終わってしまうそうで、王子さまか...日常

  • 明けましておめでとうございます

    明けましておめでとうございます。令和3年2021年の今年もよろしくお願いいたします。今年こそは、皆様にとって素晴らしい1年になりますようお祈り申し上げます。皆さまも同様でしょうが、今年のお正月は夫と二人で静かに過ごしています。こういうシチュエーションは・・・ウン十年前の新婚早々のお正月は新婚旅行のオーストラリアで過ごしていたので、2人だけで過ごすお正月は長女を出産する直前以来、33年振りです!子供や孫たちに会えないのは残念ですが、自分のために時間を使えるお正月と考えることに!そこで、夫はこの3ヶ日間は駅伝を見るために朝から午後までずっとリビングでTV観戦、駅伝は結果をニュースで見れば十分な私は、その間、2階で読書三昧♪夕方以降は、私がリビングで撮りためた映画、音楽・芸術番組を観るということになりました。(ちなみ...明けましておめでとうございます

  • 2020年回顧

    いつものように年越しの準備が終わり、夫と年越し蕎麦を食べ、聴きたい曲は数曲しかないけれど紅白を横目で見ながらブログを書いています。あと3時間で今年が終わります。紅白の後は例年通りジルベスターのカウントダウン、今年はベートーベンの「運命」です♪今まで生きてきた中で覚えがないほど、社会が大波乱のまま終わる令和2年2020年を振り返ります。世界的な大流行となった新型コロナ感染症は大晦日の今日、東京の感染者1337人、埼玉県330人と、第3波の真っただ中、大流行のまま年が明けてしまいます。辛いことが多すぎました。長期に渡る学校の臨時休校、在宅勤務、感染の恐怖、新しい生活様式、不安に包まれる日々、昨年までの日常がいかに奇跡的で、楽しくて、幸せで、有難いことだったか思い知らされた日々でした。そんな一年の中で、キラ星のように...2020年回顧

  • 大掃除終了!

    今年も予定していたワックスがけが例年通りに終了!畳の部屋は一部屋しかないので、それ以外の部屋・廊下・玄関・階段、すべて2回塗りしました。今年は年末のお出掛け予定が皆無で、お正月お客様の準備もないので、終業式翌日からずっと断捨離・部屋の模様替え・大掃除で1週間が終わりました。風がなく穏やかで暖かな日が続いて、とっても助かりました。やるべきことをやり終えられ、例年と同じことが出来たという自己満足でいっぱい、大掃除をやり終えられることが、心身ともに健康のバロメーターかもしれません。29日と一夜飾りは避けての今日、ピカピカになった玄関にしめ飾りを飾り、他にお花や鏡餅、カレンダーも架け替えて年越しの準備は万端、元旦に年神様を待つばかりです。今、BSTVでユーミンの40周年苗場ライブを見ながらブログを書いています。デビュー...大掃除終了!

  • 窓拭き&断捨離

    年末の恒例行事「大掃除」始めています!今年は寒いし、お正月のお客様もなさそうだからやめようかな・・・と思ったのですが、恐らく今しかやらないし、他の季節は虫が多くて窓を開けていられないのでやっぱりやることに!先日、家を新築した友人宅へ新築祝いに伺って、ピカピカの素敵な家を拝見したのも刺激となりました。この2日は窓ふき&カーテンの洗濯をしていますが、冬眠中のテントウムシに遭遇したりもあるあるですが、今年のビックリはトイレの換気扇。しばらく前から動かなくなっていたので解体してみたら、中に泥がいっぱい、ナント、換気扇の中に泥バチが外から入って、泥の巣を作っていたのでした!撤去!!我が家はサッシ窓の枠が白で、見た目は明るくていいのですがこの掃除が大変。レールに土埃や虫や葉っぱ(我が家ではこれらが非常に多い!)がちょっとあ...窓拭き&断捨離

  • お家クリスマス

    今年のクリスマスイブは、家で夫と静かに過ごしています。チビたちとのプレゼントショッピング&お食事、友人との第九コンサートや歌舞伎、ホテルレストランでのクリスマスランチなど、遠い昔のようです。それでも、お寿司やローストビーフ、鴨ロースト、カキフライに鍋物、等々、好きなものをテーブルに広げて、チビたちの話をしながら過ごしました。デザートにコンビニだけどちょっとこだわりのケーキを♪「ピエール・エルメシグネチャーガトーフランボワーズエショコラ」ブラウニー生地に、2種類のチョコレートクリーム、フランボワーズのムースとナパージュを重ねた5層仕立ての、ピエール・エルメ氏考案のチョコレートケーキです。十分美味しかったです!!チビたちにはオンラインでプレゼントを注文して宅配してもらい、届いたよ~とzoomで...お家クリスマス

  • 一陽来復!

    今日は冬至です。(毎年の話題で恐縮ですが・・・)1年で一番日が短くなる冬至の日は「一陽来復(いちようらいふく)」と言い、人間の魂が一時的に死に、太陽が帰り来て再生すると考えられていました。そして、イヤなこと、悪いことはこの日を境にして、改善、良い方に向かうとし、まさしく今日から、陰が極まり再び陽にかえり、みんなが上昇運に転じる日です!2020年のほとんどがコロナに苦しめられた日々、これだけ長期に渡ると、ほとんどの方が何らかの形で疲れていますよね。本当に、明日からどうか少しずつでも良い方に向かいますように!!!毎年恒例の柚子のハチミツ漬けも作り、カップの半分ぐらい大量に入れてお湯で割り、柚子の皮も果肉もパクパク食べて感染予防。この数日朝はずっとマイナス5℃前後、朝晩とにかく寒くて今から春が待ち遠しいです。この2週...一陽来復!

  • 第164回 芥川賞・直木賞候補作発表

    一昨日、第164回芥川・直木賞の候補作が発表されました。話題になっているのは、ミュージシャン2名がその中に入っているということ!芥川賞ノミネートのロックバンド「クリープハイプ」の尾崎世界観さん著『母影』(新潮12月号)、直木賞ノミネートのジャニーズ「NEWS」の加藤シゲアキさん著『オルタネート』(新潮社)です。芥川・直木賞候補作一覧<芥川賞>宇佐見りん『推し、燃ゆ』(文芸秋号)初尾崎世界『母影』(新潮12月号)初木崎みつ子『コンジュジ』(すばる11月号)初砂川文次『小隊』(文学界9月号)2乗代雄介『旅する練習』(群像12月号)2<直木賞>芦沢央『汚れた手をそこで拭かない』(文芸春秋)初伊与原新『八月の銀の雪』(新潮社)初加藤シゲアキ『オルタネート』(新潮社)初西條奈加『心(うら)淋し川』(集英社)初坂上泉『イン...第164回芥川賞・直木賞候補作発表

  • オンライン予餞会

    今年は開催が危ぶまれた予餞会ですが、本日4~6時間目にオンラインで全校に配信されました。学校HP記事はこちら。例年は全校生徒が体育館に集まって、午前中は吹奏楽部、ダンス部、書道部、チアリーディング部、各部在校生から、3年間アルバムの映像、午後は様々なゲスト(芸能人)を招いてのステージで大盛り上がりのうちに終わる一日がかりの行事です。今年は新型コロナウイルス感染防止対策のためオンラインLIVE、オンデマンドで行いました。高校1、2年生は全員が自分のタブレットを持っているので教室で各自のタブレットでの観賞、3年生もモバイル端末を持っている生徒は持参し、各自フル充電してくるように連絡、教室でもプロジェクターで黒板のスクリーンに画像を映しています。1000名ほどが同じ場所で同時間にサイトに入れるのかと心配でしたが、無事...オンライン予餞会

  • ベートーベンイヤー

    今日12月16日は偉大な作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~1827)の誕生日、今年は生誕250年の記念すべき年です。ベートーベンは1770年12月16日、ドイツ中西部のボンで、宮廷のテノール歌手だった父ヨハンと、母マリア・マグダレーナのもとに生まれました。作曲家にとって命とも言うべき聴覚を失いながらも、数々の名曲を生み出し、溢れる創意で音楽界へ革命をもたらした彼は、やがて“楽聖”として称えられることに♪画像は2年前のクリスマスにNHKホールでN響の第九を聴いた時のもの、メモリアルイヤーの今年は生誕250年にちなんで数多くの演奏会が予定され、私もいくつかの演奏会に行っていたに違いないのに、コロナで残念なことに・・・メディアでも、いくつか取り上げられています。先日、TV音楽番組で「ベートーベンベ...ベートーベンイヤー

  • 池上彰 著『なんのために学ぶのか』

    池上彰著『なんのために学ぶのか』(SB新書)読了しました。ここ数年メディアで引っ張りだこ&著作本多数の、元NHKアナウンサー池上彰氏、高校から今までのご自身の経験の中で感じ取った「学び」について書かれた本です。その折々に感じていた学びと、今だからわかる学びの大切さについて語っています。学術本ではなく池上氏の来歴を知りながら、とても分かりやすく読め、表紙の絵からも学校で勉強中の中高生にはぴったりと思います。「学び」いう言葉には楽しさを感じますが、「勉強」という言葉には強制力を感じます。学校での勉強が面倒くさくなったり、思うような成績が取れないと、誰でも一度は「どうして勉強しなくちゃいけないの?」と思ったことがあるでしょう。池上さんは「勉強が好きじゃなくてもいい。おもしろいことが一つあればいい」と言っています。運転...池上彰著『なんのために学ぶのか』

  • 初宮参

    今日、先月生まれた息子夫妻の子(私の4人目の孫♪)の初宮参りに行ってきました。会うのは生まれてから2回目、大きくなったかな?と楽しみにしていました。場所は、息子の家近くのいつもの調神社(つきじんじゃ)、春の安産祈願は妊婦さんのみだったので、初宮参も行けないかもと思っていました。初宮参で御祈祷に入れるのは両親と赤ちゃんだけというので、その間、上のチビ兄を境内で見ているために呼んでもらえました♪狛ウサギ、そして木々が紅葉する境内のあちこちのウサギモチーフが出迎えてくれました。散歩していると、なんと、この池の噴水ウサギの上に青い羽根のカワセミが!慌ててカメラを構えたら少し離れた垣根の上に移動し、しばらくチビ君と見ていました♪2年前のチビチビくんの初宮参の際は、お宮参りや七五三の華やかで可愛い子どもたち、両親・兄弟・祖...初宮参

  • ビタミン

    友人から、とっても美味しいマカロンを贈っていただきました。紅茶3種を使ったクリーム入りと、ビターチョコレート味、可愛いハート形のマカロンも♪1個で2つの味が楽しめるマカロンは初めてです。洋菓子も和菓子も大好きですが、ビタミンたっぷりの果物や野菜も大好きです♪私の朝食は、季節ごとの旬の美味しいフルーツや野菜がメイン!長野の美味しいリンゴをいただきました。蜜がたっぷり入っていてとっても甘く、しゃっきりとした歯触りの素晴らしい味わい♪最近は皮をむかずに輪切りにして、廃棄する部分も少なく美味しくいただいています。毎日ヨーグルトと一緒にキウイを食べるのですが、それをお知り合いに話したら、家で実ったものだからまだ硬いけど、と1ヶ月分も頂きリンゴと一緒に保管して完熟を待ちました。外から触った感じは少し硬いのですが、いただいて...ビタミン

  • 戦国の茶器

    今村翔吾著『じんかん』を読んでいたころから集めていたガチャガチャ「戦国の茶器」、ついに3シリーズ全18種類集めました!!大河ドラマ「麒麟がくる」が終わる前にコンプリート出来て嬉し~い♪この中の「九十九茄子」、以前の放送で松永久秀が信長に献上するシーンがありましたね。今後、久秀が「信長などにくれるものか!」と「平蜘蛛」の中に爆薬を入れて共に爆死するシーンや、本能寺の変が起きる前夜、香炉「三足ノ蛙」が信長に危機を知らせるように突然鳴き出すシーンあるかな?茶器ごとに並べてみて、実際に見た茶器にはリンク記事を貼りました。他にも「国宝の陶磁器を訪ねる旅」等、数多くの展覧会で気が付かずに見ていたものもある気がします。【】内は銘。<茶碗>・唐草文染付茶碗【荒木】徳川美術館蔵・白天目茶碗【紹鴎白天目】重要文化財徳川美術館蔵・大...戦国の茶器

  • メタセコイア

    高校のイチョウ並木の黄葉が終わりすべて落葉すると、今の季節は中学校のメタセコイア並木の紅葉が綺麗になります。天に向かってすっくと立った端正な樹形や、四季折々に変化する葉色が美しく、冬にこの木々に雪が積もった様も、クリスマスツリーを連想させて素敵です。今の季節の紅葉が美しいことから「曙杉」の別名もあるようですが、実はこの後に落葉した葉は細かくチリチリになって、掃除が面倒ということも・・・年度当初の予定では、今日から本校2年生は1週間の予定で沖縄への修学旅行でした。春からのコロナ禍で、もちろん旅行を含む全ての行事が中止、1、3年生は三者面談の週となっているので2年生だけが授業という可哀想な結果に。でも、明日、2年生の修学旅行代替行事が2先生スタッフにより計画されました!校内での1日ですが、スポーツやレクリエーション...メタセコイア

  • 『鬼滅の刃』

    春先からずっとブログ記事にしようと思っていた吾峠呼世晴さんの漫画『鬼滅の刃』、昨日、完結の23巻が発売されブームここに極まれり感いっぱいになったので、ついに記事にします。画像は話題となった、昨日の新聞1ページ全面をドーンと使った新聞広告、めくってもめくっても広告が4ページにわたって現れビックリ、圧倒されました!春先の緊急事態宣言発令時にあちこちで「鬼滅の刃」が話題になっているのを見聞きし、学校図書館に入れている10代女性向けファッション雑誌表紙に、ついに炭治郎と禰豆子が登場!こんなに流行っているのか!と驚きました。ZOOM本読みを続けている小1孫もコミックを読んでいるというので、どんな話なのか聞くと、「鬼になった妹を助けるために、鬼殺隊の柱たちが刀を使って鬼をやっつける。」というのです。思わず『古事記』の話?!...『鬼滅の刃』

  • 図書館だより「Library News 12月号」

    本校正面玄関に面した前庭で、今年もイルミネーションの点灯が始まりました!!2020年最後の図書館だより「LibraryNews12月号」を配信しました。こちらです→Google版今月号の特集は「2020年の主な文学賞受賞作」紹介。文学賞として良く知られる芥川賞・直木賞の他にも、毎年多くの文学賞が発表されています。今年1年間に発表された主な文学賞の大賞受賞作をまとめて紹介しました。純文学はちょっと難しくて・・・と思う方は、自分の好きな作家名のついた文学賞で面白いと思える作品に出会えるかもしれません。私は文学賞の中から読む本を選ぶことも多く、今年も初めて出会った作家さんが何人もいました。楽しみなクリスマスもお正月も、残念ながら今年は家で過ごすことになりそうですが、じっくり本と向き合える時間が出来たと読書を楽しむのも...図書館だより「LibraryNews12月号」

  • 師走

    今日から12月、コロナ禍で未曽有の大変な年となった2020年もあと1ヶ月です。8階図書館から冬になってはるか遠くまで見渡せ、特に夕暮れの時間の景色は見事!秩父の山々に沈む夕日の素晴らしさは、毎日見ても飽きません。11月の私の読書は以下の6冊でした。『なぜ僕らは働くのか君が幸せになるために考えてほしい大切なこと』佳奈(学研プラス)『ハリネズミは月を見上げる』あさのあつこ(新潮社)『目を見て話せない』似鳥鶏(KADOKAWA)『わたしの良い子』寺地はるな(中央公論新社)『家族じまい』桜木紫乃(集英社)『半沢直樹アルルカンと道化師』池井戸潤(講談社)すでに紹介した作品もありますが、今日紹介するのは寺地はるな著『わたしの良い子』(中央公論新社)タイトルから自分の子どもについてのストーリーと思って読み始めたのですが、良い...師走

  • 音楽の力

    朝ドラ「エール」が今日、最終回となってしまいました。毎日とても楽しみで、今回の朝ドラは「音楽」という好きなジャンルだったので特に楽しく観ました。(冒頭画像はNHKHPより)主人公のモデルは日本の代表的作曲家古関裕而氏とその奥様金子さん、お2人の掛け合いが最高に楽しく、微笑ましく、窪田正孝さんと二階堂ふみさん、他のキャストの方々もピッタリだったように思います。楽しく見ている途中でコロナ感染拡大のために2ヶ月休止となってしまった時は淋しかった…古関氏が若い頃から晩年まで作曲した曲がドラマに出てくるたびに、「この歌も古関氏の作曲だったのね!」と驚くほど様々な曲を作っていらっしゃいました。(なんと、息子夫妻の母校の応援歌もそうでした!)ドラマの中で多くの音楽が流れるたびに、何度も音楽の持つ力の大きさに感動しました。特に...音楽の力

  • 池井戸潤 著 『半沢直樹 アルルカンと道化師』

    池井戸潤著『半沢直樹アルルカンと道化師』(講談社)読了しました。6年ぶりの半沢直樹シリーズ第5作、もちろん面白かったです!!池井戸潤の作品はほとんど読んでいて、第1作『オレたちバブル入行組』、第2作『オレたち花のバブル組』、第3作『ロスジェネの逆襲』、第4作『銀翼のイカロス』まですべて読了し、TVドラマも全部見ました。特に今年の夏から放映されていた第3作、第4作のTVドラマはコロナで中断したり、たくさん登場した歌舞伎役者さんたちや俳優さんたちが、テレビの中で大見得を切るかのような「顔面歌舞伎」!?が話題に。第5作『アルルカンと道化師』は、本の帯に「探偵半沢、絵画の謎に挑む」とあり楽しみでした。「アルルカンとピエロ」といえば、絵画に良く描かれるモチーフで、2人の道化師、ひし形の模様のついた衣裳で全身を包んだずる賢...池井戸潤著『半沢直樹アルルカンと道化師』

  • WiFi

    季節外れの暖かさが続いた11月ですが、下旬ともなるとさすがに朝晩は寒くなってきました。今までは感染予防のための換気の習慣で、家でもドアを開け放しておくことが多かったのですが、暖房をつけるようになって部屋ごとにドアを閉めておくようになりました。そうすると悪くなるのが我が家のWiFiの電波状態、速度が遅くなったり繋がりにくくなったりします。ルーターを1階のリビングの東端窓際に置いてあるので、2階の西の部屋は本当につながらない、それで、2階にもう一つ中継器を付けていましたが、どうも今一つ。電波は放射状に広がるので、窓の方に逃げてしまっているのを何とかしようと思って、湾曲した何かを・・・と窓側に大きなステンレス製のボウルを置いてみたところ、これが実に調子良いです!!100円ショップで売っている一番大きなボウルはさすがに...WiFi

カテゴリー一覧
商用