chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • ユーミン50周年

    今年は、ユーミンこと松任谷由実がデビューして50周年、それを記念してのベストアルバム『ユーミン万歳!』が我が家に届きました!ラジオのキャンペーンの企画「ユーミンリクエストWEEK」に寄せられたリクエスト曲とエピソードを元に選曲、CD3枚に荒井由実デビュー以来の51曲が収録されています。それに初回特典満載の限定版です♪・ブックレット:収録曲50曲のリスナーからのエピソードを掲載・初回限定盤仕様:三方背ケース、3面デジパック、ブックレット、大型両面ポスター・特典映像Blu-ray:荒井由実×松任谷由実ダイアローグ/「Callmeback」・チケット最速先行予約(抽選)シリアルコード懐かしい曲の数々を聴き、その頃の自分のいろいろを思い出してはジーンとしています。ユーミンはお洒落で都会的なお姉さん、豪華なライブス...ユーミン50周年

  • 図書館だより 「Library News 10月号」

    図書館だより「LibraryNews10月号」を発行しました。こちらです→Google版今月号の特集は「英語の読書にLet’sChallenge!」もっと英語を読めるようになりたい、英語力をあげたい人は洋書を読んでみましょう!英語の本を手にしていると、ちょっと大人になったような誇らしい嬉しい気持ちになりますよね。最初は絵本『ディズニーシリーズ』や児童書『オズの魔法使い』など簡単なもので大丈夫♪中学・高校図書館には英語の面白い本がいろいろありますので、是非手に取ってみて、楽しみながら英語の読書に挑戦してみませんか?先日、英検準1級に合格した高校3年生の男子生徒は、図書館の洋書をよく借りていました。英文読解力や速読力が付いていたのではないでしょうか?!先月から載せている<今月の1冊>のコーナーでは、中学校:『...図書館だより「LibraryNews10月号」

  • 森林公園へ

    気温が高く過ごしやすい週末はこの土日で最後、という天気予報、せっかくの気持ち良い晴天を楽しもうと車で30分ほどの県内にある国営森林公園へ行ってきました♪昨年4月に、ネモフィラとアイスランドポピーを見に行ってから1年半ぶりです。今日は秋の都市緑化月間ということで、なんと入園無料でした♪ラッキー!今は秋の植物が見ごろで、一番の目玉は羽毛ケイトウの花畑♪以前のケイトウは花の上部が縮れた感じがまさに鶏頭でしたが、これは色が様々で可愛らしいです。黄色、オレンジ、ピンク、赤、とカラフルな花畑でたくさんの蜜蜂も忙しく飛び回っていました。いくつかの沼を抜けて歩くと、春には一面のポピー園だった場所には、紅蕎麦の花が咲いていました。赤蕎麦の実は、蕎麦粉にしてソバを打つことは出来ないのかな?小川が流れる水遊び場では、30℃近い...森林公園へ

  • 町田そのこ 著 『宙(そら)ごはん』

    今日で9月も終わり、暑かったり肌寒かったり、雨が降ったりと天候不順の1か月でした。学校は2学期が始まり、3年ぶりに公開での文化祭が無事に終わり、ひと息ついているところです。今月の読書は以下の9冊、記事にした本は少なかったのですが、密かに頑張りました!『宙ごはん』町田そのこ(小学館)『その扉をたたく音』瀬尾まいこ(集英社)『世界でいちばん幸せな男:101歳、アウシュヴィッツ生存者が語る美しい人生の見つけ方』エディー・ジェイク(河出書房新社)『生きのびるための「失敗」入門』雨宮処凛(河出書房新社)『江戸のジャーナリスト葛飾北斎』千野境子(国土社)『両手にトカレフ』ブレイディみかこ(ポプラ社)『そして誰もゆとらなくなった』朝井リョウ(文藝春秋)『どこからか言葉が』谷川俊太郎(朝日新聞出版)『わたしは「セロ弾きの...町田そのこ著『宙(そら)ごはん』

  • 秋の空

    この数日は晴天が続き、気温は高いけれども秋らしい爽やかな日が続いています。最高気温は30℃近くにもなりますが、湿度が低いと暑苦しさを感じず、澄んだ空気で透明感のある青空が気持ち良いです。今日の空は、イワシの大群が泳いでいるような「鰯雲」が一面に広がり吸い込まれるようでした。この雲は、鱗雲(うろこぐも)、鯖雲(さばぐも)、斑雲(まだらぐも)、羊雲(ひつじぐも)などとも呼ばれ、8階から見た空はどこまでも雲が続き、本当に美しかったです。図書館にいたこともあり、こんな俳句を思い出しました。鰯雲人に告ぐべきことならず加藤楸邨学校の校地内には、実のつく木が多数あり実は可愛らしいけれど下に落ちて掃除が大変…このどんぐりは多分マチバシイの実。イチョウの実ギンナンもビッシリです!私はナッツ類が大好きで、これらがクルミやアー...秋の空

  • 塙保己一翁 座像

    中学校に、郷土の偉人塙保己一翁の座像をご寄贈いただきました。市内の瓦製造会社エンマンジさんによる手作りの瓦製の保己一座像、とても重そうで重厚感があり存在感たっぷりですが、頭が大きくにこやかなお顔がとても親しみやすく、つい触りたくなります。昨年は「塙保己一翁」没後200年記念で、この座像が市内各公共施設や公立小中学校に贈られ、今年は私立の学校にもと、お亡くなりになった9月に本校中学校へご寄贈いただきました。この会社は、約100年前に没後100年を記念して瓦製の塙保己一座像を当時の児玉町に寄付され、先代、先々代の偉業を100年後も続けられて素晴らしいです。私が高校生だった時に、講堂にもっと大きな塙保己一翁の座像があり、色や形がそっくりなので、もしかしたらかつて女学校だった頃に贈られたのかもしれません!高校があ...塙保己一翁座像

  • 『わたしは「セロ弾きのゴーシュ」 中村哲が本当に伝えたかったこと』

    中村哲著『わたしは「セロ弾きのゴーシュ」中村哲が本当に伝えたかったこと』(NHK出版)読了しました。2019年12月4日、アフガニスタンで銃撃され亡くなられた医師・中村哲さん。本書は、中村さんが出演されたラジオ番組より、インタビューに答える肉声が忠実に再現されて、自身について多くを語らなかった医師・中村哲の心の内を知ることのできる貴重な証言の記録です。1985年からパキスタン、アフガニスタンで、医師としてハンセン病根絶計画、空爆下での診療所開設を行います、2000年から、大旱魃に見舞われたアフガニスタン国内で干ばつが進み、人が生きるに必需の「水」がない現実に、水源確保のために井戸掘削と地下水路の復旧を行います。地下水だけではとても足りないと、河川からの水源確保事業で全長25Kmに及ぶ灌漑用水路を建設、地表...『わたしは「セロ弾きのゴーシュ」中村哲が本当に伝えたかったこと』

  • 映画 『マイスモールランド』

    久し振り(3年ぶり?)に隣市の蔵の映画館へ行き、映画『マイスモールランド』を観ました。日本初の栄誉となる2022年第72回ベルリン国際映画祭/アムネスティ国際映画賞で、スペシャル・メンションに輝き、世界からも大きな注目を集めている作品です。いろいろ考えさせられたとても良い映画でした。クルド人の家族とともに故郷を逃れ、幼い頃から日本で育った17歳のサーリャ。現在は埼玉県(川口市)の高校に通い、同世代の日本人と変わらない生活を送っていましたが、ある日、難民申請が不認定となり、一家が在留資格を失ったことでサーリャの日常は一変します。在留資格を失ったことをきっかけに自身の居場所に葛藤する姿を描いた社会派ドラマです。春に、中島京子著『やさしい猫』(中央公論新社)を読んでいたので、難民とその在留資格、入管施設について...映画『マイスモールランド』

  • 秩父ミニトリップ

    台風15号は静岡県に大きな被害をもたらし、上陸せずに熱帯低気圧に変わりました。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。この地では少し強めに雨が降った時間がありましたが、午前中には雨が上がりました。といっても台風一過の晴天という訳でもないので、近場の秩父へミニトリップ♪まずは、当園ブルーベリー園へ毎年おいで下さる秩父の本格カレー店マジョラムさんでランチ、今日のカレーはひき肉とかぼちゃのカレー、私は辛さ1,夫は辛さ2でランチコースをお願いしました。コクがあって、絶対に家では作れない美味しいカレー、マジョラムというハーブも入っています。嬉しいことにデザートはマロンタルトと、我が家のブルーベリーを使った手作りブルーベリーアイス、お客様にもブルーベリーアイスは好評だそうで嬉しい☆コースは他にサラダとコーヒー付き。お...秩父ミニトリップ

  • 秋分

    今日は二十四節気の「秋分」、昼と夜の長さが同じになる日ですが雨模様でわかりません。。。(実はピッタリ同じではなく、太陽の大きさの分だけ昼間が8分長いのだそうです…)「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、つい数日前は30℃を越す蒸し暑い日で、その後は朝晩肌寒くてコットンケットを出したりと、毎日の寒暖差に体調を崩しそうです。30℃を越す暑さも15℃という低温も、彼岸過ぎてもあるという意味に変わった?!今日は彼岸の中日なのでおはぎをお供えしました。近くの和菓子店で購入したつぶ餡とこし餡のおはぎ、甘すぎないあんこが好みです♪熱帯低気圧が台風15号となりせっかくの3連休がまたまた台風による雨続きの日、お墓参りは天候が良くなる日を待って行こうと思います。今年は水の被害がとても多い…どの地にも台風の被害がないことを祈りま...秋分

  • かおり

    市場にはあまり出回らない「かおり」という名の珍しい梨をいただきました。地元の梨園で作られているその梨は、とても大きくて緑色で香りは青リンゴのように爽やか、週末に来る予定のフルーツ大好きな孫のためにまだ食べずに大切にとっておきます♪栽培方法がとても難しく面積あたりの収穫量も著しく少ないため、幻の梨と呼ばれているそうです。とても大きくて1個900gもあり、貴重な梨をありがとうございました!この梨園に埼玉ブランド梨「彩玉」を買いに行った時には、1400gの特大サイズを見せて下さいました!!こんなに重い実がついて、木の枝は大丈夫なの?と心配になってしまいます。今年も我が家の庭に、白い彼岸花が咲きました。清楚で繊細な感じが素敵で好きな花、私は毎年開花を心待ちにしています。昨日の夕陽は、台風の影響の厚い雲の切れ目が夕...かおり

  • 敬老の日

    3連休が続くシルバーウィーク前半の今日は、敬老の日でした。保育園年長さんの孫娘から、お祝いのお手紙と写真が届きました♪この保育園では年長さんの祖父母を招待して一緒に遊んだり給食を食べたりの「敬老会」を開催していて3年前の上の孫くんの時にはとても楽しい1日を過ごしたのですが、このコロナ禍になってからは残念ながら会を開くことが出来ないようです。来月の運動会、もう2年行けていないけれど今年はどうなるのかなぁ。。。楽しいことがずい分減ってしまいました。せっかくの3連休なのに台風直撃で、しかも「過去最強クラス」との報道にハラハラしました。この近隣は今日は雨も降らずに晴れ間も見えて、蒸し暑く真夏の日のようでしたが、夕方から風が強くなってきて朝までちょっと心配です。関東地方には明日朝に最接近するようで、学校からは安全第...敬老の日

  • 日中は30℃を越す日もありますが、朝晩の涼しさはすっかり秋となりました。心配だった帯状疱疹ワクチンの副反応は、腕が少し腫れて痛いですが頭痛発熱はありませんでした。我が家の果物もブルーベリーからイチジク、そして今の盛りは大好きな栗♪木が大きくなってきたので、ふっくらとして大きな実が毎日たくさん落ちてきますが、落ちる前に下からイガを叩いて落とすと、虫がつくことはほとんどありません。茹でてそのまま食べるのが栗本来の美味しさを味わえて一番好きなのですが、あちこちのスイーツ店のモンブランも楽しみ♪そしてこれから今年はたくさん実りそうな柿がいっぱい、と危険な季節の到来です・・・今、庭に秋の七草のひとつ「萩」のピンクと白の花が咲いています。『萩の花尾花葛花瞿麦(なでしこ)の花女郎花また藤袴朝貌(あさがお)の花』(万葉集...秋

  • 帯状疱疹ワクチン

    今日、帯状疱疹ワクチンを接種しました!以前から、とても多くの身近な方(同僚・友人・家族)たちが帯状疱疹にかかり、その激痛の辛さや後遺症の大変さを知って怖い病気だなぁと思っていました。水ぼうそうのウイルスが体に残っていて、疲れたりストレスなどで免疫力が落ちると、「帯状疱疹」として発症し、日本人では80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を発症するそうです。子どもの頃は発熱し湿疹ができてそれほど重くならずに治るのですが、大人になると神経に沿って発疹し、かなりの痛みと、周辺の神経が傷つくのだそうです。特に危ないのは首から上に発症した時で、顔面麻痺や目や耳などの機能の低下もあるそうなので、かなり前から「予防したい!」と思っていました。この夏、自治体の広報誌でこのワクチンに対して助成金が出るようになったと知り、すぐにかか...帯状疱疹ワクチン

  • ブルーベリー閉園

    我が家ブルーベリー園の2022年の摘み取りは、今日をもちまして終了いたしました。7月9日の開園から2か月、各地よりたくさんのお客様にご来園いただき、心より感謝申し上げます。ありがとうございました!今年はよくわからないままにインスタ投稿を増やしたこともあり、リピーターのお客様方のみならず、多くの初めましてのお客様がお越しくださいました。コロナ禍3年目の大変な状況下でしたが、素敵な出会いと楽しい思い出がたくさん!特にお子さんや若い方々に大好評だったのが木立の中の「木漏れ日のブランコ」皆さんとの楽しいおしゃべりから元気をいただけた、楽しく充実した夏でした♪終わらないコロナ禍で、より少人数での人数制限、マスク、手洗い、手指消毒、等、お客様のご協力あって今シーズンを何事もなく無事に終えられ感謝でいっぱいです。ブルー...ブルーベリー閉園

  • 中秋の名月

    今日は旧暦の8月15日「十五夜」、今宵の月は「中秋の名月」で昨年に引き続き「満月」です!8時前の満月の周りには雲が沸いていて、雲の濃淡が墨絵のようでこれもまた美しいと思いました。今は、明るいほどの月の光が静かに窓から差し込んでいます。9月の満月は、英語圏では収穫の時期なので「ハーベストムーン」と呼ばれています。昨年はいろいろと飾り付けをしたのですが、今年はまだブルーベリー園も開園中でバタバタしていました。それで、コレクションしている大倉陶園の「歳時記シリーズ」の、満月と秋の七草が金彩・銀彩で描かれているデミタス・プレート等を飾るだけになってしまいました…お供えは今年も月見団子ではなく中国の中秋節と同じように「月餅」に、しかも「大月餅」という特大サイズにしました!8日に、イギリスのエリザベス女王が96歳でお...中秋の名月

  • 本校文化祭 「桐華祭」

    生徒会主催による令和4年度桐華祭(とうかさい)が、明日・明後日の2日間、「~自分らしさ全開~」をテーマに中学校・高等学校の合同で開催されます。やっと3年ぶりに公開での文化祭となりましたが、ご来校いただけるのは生徒たちの保護者の皆様と、本校を見学予定の小学生・中学生とその保護者の方々です。全員に健康チェックシートをご提出いただき、飲食の模擬店はなく、生徒たちの昼休憩の1時間はご来校の方々全員にご退出いただくという、感染対策万全での開催です。図書館は申し訳ありませんが、管理の都合上閉館いたします。【開催日時】9月9日(土)9:30〜15:009月10日(日)9:30〜14:30【主な内容】クラス展示・部活動展示(美術部・書道部・写真部・家庭科部・生物部他)部活動ステージ発表(チアリーディング部・ダンス部・吹奏...本校文化祭「桐華祭」

  • エディー・ジェイク 著 『世界でいちばん幸せな男』

    「世界でいちばん幸せな男」という言葉を聞いた時、どんな人を思い浮かべますか?世界一のお金持ち?宝くじに当たった人?自分の会社を大きくした方?社会的名誉を得た方?下衆な考えではこんな人を想像してしまいます。この本のタイトルは、『世界でいちばん幸せな男:101歳、アウシュヴィッツ生存者が語る美しい人生の見つけ方』なのです!著者はエディー・ジェイクさん、金原瑞人さんの翻訳で、河出書房新社より出版されています。第二次世界大戦中にナチスによってユダヤ人が大量虐殺されたホロコーストを生き延びた方が、101歳にして表紙写真の穏やかで優しい笑顔で「世界でいちばん幸せ」とおっしゃっていることに驚愕しました!作者のエディーさんはドイツ人生まれのユダヤ人、技術者としての腕をアピールして各国で何とかして生き延びようとしますが、見...エディー・ジェイク著『世界でいちばん幸せな男』

  • 小さな命

    小さなお子さんの事故や事件には胸が痛みます。自分では命を守れない子供が、図らずも命を落としてしまうのは何ともやり切れません。先日は、家族がわずか5分あまり目を離した間に、外に出てしまった2歳の男の子。行方不明になってしまい、何とか無事に見つかりますようにと祈っていましたが、10日あまり経った時に海の中で見つかりました。いつもと同じ日常的なことをしていたのに、ご家族も「まさか?!」と思われたことでしょう。また、昨日は再び起こってしまった幼稚園バスに取り残されての熱中症により、3歳の女の子が亡くなってしまいました。いつもと同じバスで同じように信頼しているこども園へ行った我が子が、わずか数時間の後に変わり果てた姿で帰ってきたら親御さんはどれだけ辛いことでしょう。このバスの事故を知った時に「ハインリッヒの法則」を...小さな命

  • 図書館だより「LibraryNews9月号」

    図書館だより「LibraryNews9月号」を中高全校生徒、教職員に配信しました。こちらです→Google版今月号の特集は「第167回芥川賞・直木賞発表!!」として、芥川賞の、高瀬隼子(たかせじゅんこ)著『おいしいごはんが食べられますように』(群像1月号)直木賞の、窪美澄(くぼみすみ)著『夜に星を放つ』(文芸春秋)を紹介しました。直木賞受賞の『夜に星を放つ』は中高生にお勧めできる、素敵な作品でした。芥川賞作品は、口コミによると読後は決して良い気分にならない・・・そうなので、読むのを躊躇しています。かなり小説に引きずられてしまう方なので。。。他には中学校・高校それぞれにおすすめの<今月の1冊>コーナーを作り、中学校は、『わたしは「セロ弾きのゴーシュ」中村哲が本当に伝えたかったこと』中村哲NHK出版高校は、『...図書館だより「LibraryNews9月号」

  • 中島空 著『境界のポラリス』

    今日で8月も終わり、夏休み終了と同時に朝晩は一気に涼しくなりました。学校が始まって3日、始まるまでは心配していましたが、生徒たちは皆、落ち着いていて、変わりなく楽しそうに過ごしている姿に、ちょっとホッとしています。私の今月の読書は、なんと以下のたったの3冊!『女性の覚悟』坂東眞理子(主婦の友社)『さよならに反する現象』乙一(KADOKAWA)『境界のポラリス』中島空(講談社)今年5月に並ぶ生涯最低記録かもしれません・・・暑かったし、家業で超多忙だったし、心身ともに落ち着いていないと本って読めないものですね。図書館で借りた本が何冊かありましたが、読了出来ずに返却することの虚しさよ。そんな数少ない読書の中で、今日紹介するのは、中島空(なかじまくう)著『境界のポラリス』(講談社)中島空さんは出版社勤務、2020...中島空著『境界のポラリス』

  • 夏休み最終日

    多くの学校で、今日は夏休み最終日だったのではないでしょうか。昨日は最高気温34度の蒸し暑い日でしたが、今日は一変して25℃ととても涼しく、ちょっと夏の終わりも感じる肌寒さで、夏休み最後を感じる日となりました。明日の2学期始業式を前に、全教職員に抗原検査キットが配られ指定日に自宅で検査をしました。検査をするのは初めて。感染した気配も症状もないので大丈夫とは思っていましたが、無症状感染者だったらどうしようかと結果が出るまではちょっとドキドキ・・・陰性でした!!良かった。。。自宅には、抗原検査キットを調剤薬局で購入して、何かの時のために2個確保しています。行動制限のない3年ぶりの夏休み、ブルーベリー園で忙殺される日々の中で、子どもや孫たち、友人たちに個別に会えたりと、常にwithマスクでちょっぴりのお楽しみも♪...夏休み最終日

  • 命日

    今日は実母の命日、亡くなってから丸3年が過ぎ、淋しいことですが母の不在に慣れてきました。天に召されてから半年後にコロナ禍となったので、一周忌はお寺で家族だけの法要のみ、昨年の三回忌は家族みんなが心の中で亡母を想ってください、となりました。一度も家族、親族が一堂に集まれないまま3年が過ぎてしまいました。実家の父とお墓参りに行きました。1年前のちょうど今頃、父は気が付かないうちに内臓疾患が進んでいて極度に血液が減り、緊急入院して大量輸血していただいたいて命を救われたということがありました。88歳と高齢ですが、足腰は問題なく毎日1万歩以上歩き、認知症の気配すらないのですが、ある病気が発覚してここのところ病院通いが続いています。大変なことにならないと良いのですが・・・近ごろ、宗教の大きな問題が連日報道されていて、...命日

  • 処暑

    今日は二十四節気の処暑、暑さが峠を越えて後退し始めるころ、とは言っても今日は最高気温が33℃を越す真夏日となりました。しかも、蒸し暑く一気に秋の到来とはなりませんね。毎年この「処暑」に合わせて秩父の長瀞町では「秋の七草寺めぐり」が始まるそうです。秋の七草が植えられた7つの寺を巡るため、例年は無料バスが巡回するのですが、今年も新型コロナの影響で運行されないそうです。来月まで行われるそうなので、もう少し涼しくなったらゆっくり寺巡りをしてみたいです。それから、お気に入りの自然公園へ「レンゲショウマ」を見にも行きたいです。友人がすでに行ったようで素敵な写真をSNSにアップしていましたので、私も早く行かねば!!まだ間に合うかな?!冒頭画像は、我が家のブルーベリー園にある大きな百日紅の木、花は夏の間中咲いていて、長く...処暑

  • オープンスクール

    昨日、本日、と中学校・高校の第2回、第3回のオープンスクールを実施し、たくさんの皆様にご来校いただきありがとうございました。密を避けるため、1教室の人数制限や保護者のご来場制限、アルコール消毒、マスク着用等に全面的にご協力をいただきまして感謝申し上げます。今年度はイベント・授業体験、部活動体験の他に、新たな取り組みとして、キャンパスツアー、卒業生座談会、保護者座談会などのイベントを実施しました。校内自由見学では下記のイベントが開催されました。◇各部活動の展示・模擬店◇ダンスやチアリーディング、吹奏楽に書道パフォーマンスの部活動発表!◇保護者座談会・卒業生座談会◇生徒による各類型説明会◇本校の制服を紹介するhonjodaiichicollection◇撮影スポット(トリックアート・アンブレラスカイ)◇入試相...オープンスクール

  • 送り盆

    昨夜、国の重要無形民俗文化財指定の「猪俣の百八燈」というこの地の伝統行事が行われました。各地で行われるお盆の百八燈行事の一つで、108の塚を築いたその上で火を焚き、亡魂を慰めるという趣意と相まって塚信仰の様相を示しているそうです。でも、一昨年・昨年・今年とコロナ禍のため3年連続縮小されて神事のみの実施で、今まで盛大に行われていた花火大会は縮小され、我が家の2階ベランダからのんびり見ました。今日は送り盆、息子家族が抗原検査を受け陰性が証明されてからやってきました。5月の伊東旅行から3か月ぶり、一番変わったのは1歳のチビ姫、髪が伸びておしゃべりに!まずは、庭に用意したプールで、裸ん坊の3歳孫クンは頭から水をかぶって大はしゃぎ♪散水ホースを手にあちこち振り回して、私もかなり水攻撃を受け、「一緒に入ろう♪」と誘わ...送り盆

  • スタジオジブリ

    昨夜、台風8号の雨が上がった夜空を見上げたら、ほぼ満月の十六夜月と星が出ていました。その下には薄い雲が白くたなびいていて、その形はまるで映画『千と千尋の神隠し』のハク龍のようで驚きました!台風で荒れ狂った川と、映画の川の神ハクがリンクしたようで、しばし一人で感動・・・!映画「千と千尋の神隠し」に登場するハクの正体は「琥珀川」という川の主の神様、本名は「ニギハヤミコハクヌシ」だったのですよね。『古事記』に記載のあるニギハヤヒ「邇藝速日」をモデルとしているようで、大和地方の豪族のナガスネヒコが主と奉り、初代・神武天皇に仕える神様でした。映画のハクの衣装やヘアスタイルが古代の神様を思い起こさせます。このように、スタジオジブリの映画は見る度に新たな発見があり、私は何度でも楽しめます。我が子たちの成長と共に見続けた...スタジオジブリ

  • 迎え盆

    今日は迎え盆、ですが台風8号が関東直撃の予報で何も出来ないと思っていました。でも、この地は夜7時から1時間ぐらい雨がサッと降っただけ、風も無く、被害はありません。この地は今、月が出ていますが関東南部は風雨が強く、さらに東北地方は雨が降り止まず、今年は天候が過激で、各地に大きな被害が出ていて心が痛みます。どうか東北地方の雨が一刻も早く止むことを願っています。冒頭画像は、我が家の茶室前のノリウツギ(ピラミッドアジサイ)、真夏に咲く真っ白い細かな花びらが涼し気です。カシワバアジサイかと思いましたが、葉が柏の葉のようになっていないので違うようです。蹲踞の前にはヤブミョウガの花が咲いていました。年々こういう花が好きになってきたのは、日本人のDNA?年のせい?コロナ、宗教、台風、大雨、火災、猛暑、と気持ちが塞がるニュ...迎え盆

  • 坂東眞理子 著『女性の覚悟』

    坂東眞理子著『女性の覚悟』(主婦の友社)読了しました。2007年に坂東真理子さんの著作『女性の品格』がベストセラーになりました。坂東さんは東京大学卒業後官僚となり、ハーバード大学へ留学、埼玉県の副知事を務め、内閣府男女共同参画局長、女性初の在豪州ブリスベン総領事、大学教授・理事にもなられ、坂東さんの世代の女性としては、いわゆるエリートを極めた方でもあります。15年前の『女性の品格』では感じるものがありませんでしたが、この『女性の覚悟』は興味深かったです。75歳の今なお現役で働き続ける坂東さんは、本の中で、「50代、60代はまだまだ若い。可能性はいくらでもある。社会や他人から与えられる、守ってもらうことはあてにしないで、自分で自分の人生に責任をもって生きていこう」とエールを送っています。アラフィフ世代の女性...坂東眞理子著『女性の覚悟』

  • ブルーベリーの日

    今日8月8日はブルーベリーの日です♪8月8日という日付「88」が、BlueBerryのBBと似ていることと、ブルベリーの収穫時期に当たることから、らしいです。学校は夏休み中、コロナでどこへも出掛けていない、誰にも会っていない、ということで、連日家業のブルーベリー園と我が家の記事ばかりで恐縮です。今日は、当園のブルーベリーをお使いいただいているお店のご紹介。まずは、長年のお付き合いのベーカリー「パンドミ」さんのブルーベリーブレッド。注文でこんなケーキも作ってくれるそうです♪当園のブルーベリーを贅沢に敷き詰めた「ブルーベリーチーズタルト」そして、国産の原材料をお使いの「goodlittleday」さんのブルーベリーシフォンサンドブルーベリーの下の部分にクリームチーズが入っているブルーベリーデニッシュ生産地で手...ブルーベリーの日

  • 木漏れ日のブランコ

    我が家の裏庭に、杉の立ち木2本を利用した自作の「木漏れ日のブランコ」があります。以前は「新ハイジのブランコ」と呼んでいました。我が子たちが生まれた30年ほど前、別の樫の木に義父が孫たちのためにと作ってくれたのが「ハイジのブランコ」。でも、5年ほど前に、大きくなり過ぎた樫の木を切り倒してブランコはなくなってしまいました。そこで、夫が自分の孫たちのためにと作ったのが「新ハイジのブランコ」です。元は池だった淵のところに自生していた杉の木の上の部分を切り、切込みを入れた部分に鉄棒を渡してロープをかけたブランコなので「立ち木のブランコ」。乗り出すところには足がつきますが、漕ぎ出した先は池の部分なので高くて足がつかず、まるで空中に投げ出されるような爽快感があり「空中ブランコ」とも言えます。ブランコに乗りながら上を見る...木漏れ日のブランコ

  • 広島原爆の日

    今日は広島に原子爆弾が落とされた日、77年前のことです。今や日本では戦争を知らない世代がほとんどを占め、歴史上の出来事のように思っていましたが、今年はロシアのウクライナ侵攻によって、多くの人が戦争は現実のこととして恐ろしく思ったでしょう。しかも核兵器使用の可能性というあってはならないことが、何度も持ち上がりました。世界中を震撼させた原子爆弾の被害を忘れてはならない日です。一昨日前からの3日間はとても涼しくエアコンいらずで、庭の花々を見る気持ちになりました。この暑い盛りに夕方からひっそりと咲くのがカラスウリの花、レースで作られたかのような繊細で美しい大きな花が、今年も庭先の生け垣にいくつも咲きました。たった一晩で花はしぼんでしまいますが、夏の宵の楽しみです。そして、夏らしく華やかで綺麗な花をつける我が家の百...広島原爆の日

  • 涼しい!

    今朝起きて窓を開けると、涼しさにビックリしました!連日35℃以上の日がずっと続き、特に昨日一昨日は40℃近くまで上がった暑い日だったので、いきなりの涼しさに肌寒さを感じたほどでした。最低気温22℃、最高気温28℃の今日は一日エアコンを使わずに過ごせて快適です♪画像は甘い香りを放つ金柑の花、涼やかな気持ちになります。昨夜から今日まで、東北・北陸地方は「記録的豪雨」に見舞われ、各地で川が氾濫、土砂災害や、住宅地の冠水・浸水、等、TVニュースでの映像に驚くばかりです。水はどんな狭いところでも潜り抜け、低い場所へ集まってしまうため、一気に水量が増え、防ぐことも出来ずにただなすがままになってしまいます。被害に遭われた方々が、日常へ戻るにはかなりの時間がかかることでしょう。豪雪や厳寒で辛抱強い方々が多い地方ですが、ど...涼しい!

  • 暑中お見舞い申し上げます

    暑中お見舞い申し上げます猛暑の折、皆さまどうぞご自愛ください今日から8月、夏真っ盛りです。昨日に引き続き今日も37℃の猛暑となり、今日38.4℃だった熊谷市の明日の予報は41℃!この先、立秋を過ぎてもしばらく暑さが続くそうで、身体にこたえる厳しい天候ですね。イギリスやフランスでは40℃を越すなど、世界的な温暖化なのでしょうか。20年以上壊れずに使っていた寝室のエアコンが、この猛暑での酷使と経年劣化で、エアコンから水が垂れてきて、ついに壊れそうになりました!半導体不足で電化製品の品薄が続いていると聞いていたので在庫があるか心配でしたが、最新型でなければ在庫はあるということで、エアコンを新しくしました♪電気屋さん曰く、エアコンが全く動かなくなってからだと工事が大変だそうで、良かった…昨日、取り付け工事していた...暑中お見舞い申し上げます

  • 猛暑日に27Kg超!

    今日で7月も終わり。6月は雨の降らない空梅雨、その後、40度前後の猛暑が1週間続き7月半ばまで雨のない乾燥、やっと雨が降ったと思ったら1週間も降り続き、挙句の果てに記録的短時間大雨情報が出るなど、過酷な天候が続いた7月でした。我が家のブルーベリー園は7月9日に開園して3週間、今年もリピータの皆様や新しいお客様にたくさんおいでいただいております。7月最終日の今日は38℃を越す猛暑日となりましたが、毎年たくさん摘んでくださるリピーターご家族3名様は、今年も27Kg強の大収穫!!お一人で10㎏摘むのは、猛暑日ではなくとも並大抵のことではありません。今までの最高記録は34kg!昨年は32Kgと毎年30Kg超えです。当園のHPでも紹介しているので、お客様方の語り草となるほど有名な話で、摘んだことのあるお客様方は口々...猛暑日に27Kg超!

  • 記録的短時間大雨情報!

    この数日、耐えられないほどの蒸し暑さが続いていてまるでサウナの中にいるようでした。昨日夕方は雨が降ったものの、ほんの少しだったのでかえって蒸し暑さが増してしまい、今朝も朝からはっきりしない天気でムシムシとかなり暑かったです。こういう中で元気なのは画像の多肉植物、新しい芽がどんどん出ています。しばらく雨が降らずに、昨日もお湿り程度でブルーベリーが困った…と思っていたところ、今日夕方から、久し振りの雷雨となりました!「恵みの雨♪」と初めは喜んでいたものの、次第に雨足が強くなり、雷はとどろき、その度に何度も停電して、ランタンを用意したり、家電やPCのコンセントを外したりと大わらわ。やっと雷が少し収まってニュースを見たら、▽美里町付近では午後6時50分までの1時間に110ミリ▽寄居町付近では午後7時までの1時間に...記録的短時間大雨情報!

  • 3万人!

    我が家のイチジクの実が美味しく実りました♪一つだけ大きくふっくら熟していて甘く、まるでゼリーのような美味しさでした。この地はまた雨が降らない日が続いていて、甘さはのっているのでしょう。今日の東京都のコロナ新規感染者がついに3万人を超えました!つい先日「1万人!?」とビックリしていたのに、日ごとに倍増していて、埼玉県がすでに1万人越え、市町村別の感染者数は今まで見たことのない数字になっています。それでも国からは行動制限は出されていませんが、感染者が多くて列車の運行やイベントの開催等、様々なところで影響が出ています。来月初めに都内で開催されるコンサートのチケットが取れずにガッカリしていましたが、こうなってくるとチケットがあっても行くのを悩んだかもしれません。今日、ホームセンターとスーパーへ買い物に行ったところ...3万人!

  • オープンスクール

    昨日は、高校第1回目となるオープンスクールを実施し、「イベント・授業体験」・「部活動体験」コースに、多くの方々にご参加いただきました。今年初の試み「アンブレラスカイ」、空に、地面に、7色の光が映し出されました。美術部によるトリックアート、一瞬「あれっ?!」って思ってしまいますね!その他、ダンスやチアリーディング、吹奏楽や書道パフォーマンス、と盛り沢山の部活動発表、そして、部活動体験がありました。在校生たちによる校内案内やコース紹介も好評だったようです。来月、8月20日と21日にもほぼ同じ内容でオープンスクールが開催されます。是非、多くの中学生と保護者の皆様においでいただけますよう、心よりお待ちしております。オープンスクール

  • 中学校1学期終業式

    今日は、中学校の1学期終業式でした。夏休み中にたくさん本を読んでもらいたい!と1学期最後の貸出に励みました。国語科の先生と協力して、国語の授業中にも図書館で過ごす時間を作りました。高校の終業式は1週間前に終わっていますが、コースによっては来週まで夏期を清掃し、配置換えが終わった書架の図書を登録番号に従って整理整頓、まだまだ図書館整備は続きます。明日の高校オープンスクールには中学生と保護者がたくさんおいで下さいます。本校の良さを知っていただけますよう、願っています。昨日は、野球部の第104回全国高等学校野球選手権埼玉大会5回戦が行われました。残念ながら敗退してしまいベスト8には残れませんでしたが、頑張った生徒たちの健闘を称えます!(画像は本校HPより)本校は2008年(1回戦・2回戦)と2010年に埼玉県代...中学校1学期終業式

  • 第167回芥川龍之介賞・直木三十五賞 発表!

    昨夜、第167回芥川龍之介賞・直木三十五賞の受賞作品の発表がありました!(画像はAmazonより)「芥川賞」は、高瀬隼子(じゅんこ)『おいしいごはんが食べられますように』(群像1月号)2回目「直木賞」は、窪美澄(くぼみすみ)『夜に星を放つ』(文芸春秋)3回目両賞とも女性作家の受賞となりました、おめでとうございます!芥川賞の受賞が決まった高瀬さんは1988年、愛媛県新居浜市生まれ。立命館大卒。2019年に『犬のかたちをしているもの』ですばる文学賞を受賞しデビューし、その後、仕事をしながら執筆を続けているそうです。小説家になることが子供の頃からの夢、でも芥川賞とは無縁と思っていたそうです。私には未読の作家さん、これから読むのが楽しみです♪窪さんは65年、東京都稲城市生まれ。仕事をしながらデビュー作『ミクマリ』...第167回芥川龍之介賞・直木三十五賞発表!

  • セミの初鳴き

    1週間ぶりに青空が見られました!から梅雨後の雨不足に嘆いて「雨よ降って!!」と強く願い祈り過ぎてしまったせいか、雨が良く降り、1週間も続けて降り過ぎるぐらい降りました!そしてやっと今日、久し振りの夏らしい青空!やはり気持ち良いです♪青空に聞こえてきたのは蝉の初鳴き、アブラゼミとミンミンゼミの声に「夏休み」を感じます。6月過ぎに梅雨が明けて40℃の高温が続いたのに何となく「夏」を感じなかったのは、セミが鳴いていないから、とある日気が付きました。セミはある程度雨が降らないと羽化しないのだそうですね。土が固すぎて地面に出られないからでしょうか?長く雨が降り、止んで梅雨が明け、太陽が照りつける、という順番をセミも待っていたのでしょう。我が家は超自然に囲まれているので戸外は静かだと思われますが、自動車や電車の騒音や...セミの初鳴き

  • 1学期終業式

    今日は本校高校の1学期終業式、コロナ感染予防で密集を避けるため、もうすっかり定着したTV放送を利用して各教室での終業式となりました。万全の対策をしながら、1学期の歩みを止めることなく何とか最後まで終わって良かった♪中学校の終業式は1週間後なので、私ももうしばらく出勤しますが、高校図書館は今日で閉館、数年前から夏休み中は開館しないことになりました。明日は中学校のオープンスクール、7月23日は高校のオープンスクール、夏期講習のあるコースもあるので、全員が夏休みという期間は短いのですが、「夏休み」という言葉は嬉しいですよね。今日の最高気温は25℃とこんなに涼しい1学期終業式はあまり覚えがなく、また梅雨が戻って来たかのような連日の雨に、「さすがにもう止んで欲しい…」と願ったり。1学期は、図書館内の蔵書配置換えと、...1学期終業式

  • 記録的短時間大雨情報

    昨日夕方から埼玉県中央部に記録的短時間大雨情報が出されました。埼玉県比企郡鳩山町では、午後8時までの1時間で110ミリ、3時間で263.5ミリ、6時間で観測史上1位となる360ミリだったそうで、近隣の地域にも被害が出ました。道路、橋、人家、施設、学校等、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。私が今まで経験した中で大雨が降って怖い!と一番感じたのは3年前の台風19号の時、あの時で24時間雨量475ミリだったので、昨日はきっと滝のような雨だったことでしょう。今年の夏は大して雨の降らない空梅雨が6月末に開けてしまい、その後、40度前後の猛暑が1週間も続き雷雨も全くありませんでした。地面はカラカラ、草木や野菜が萎れてしまっているのをあちこちで見ました。当園のブルーベリーも危機的状況で、このまま降らずに8月まで...記録的短時間大雨情報

  • ブルーベリーリース

    今年のブルーベリー園に向けて、ドアに飾るブルーベリーリースを手作りしました。全ての材料を100円ショップで揃えて、なんと合計600円で出来上がりました♪本格的にお花屋さんで作っていただけばもっとずっと素敵でしょうが、ずっと戸外にかけておくものですし、汚れても洗えて気軽に掛けておけます。遠目には一応リースに見えるかな、と自己満足しています!以前は、同じく100円ショップで買った材料でこんなブルーベリーリースを700円で作りました。摘み取りに使っていただいているプラスチックカゴも別の100円ショップ買ったもので、周囲と底に穴が開いているので、摘んだブルーベリーが蒸れずにいい感じなのです。ただ、このプラスチックの取っ手が割れてしまい困っていたところ、1本100円で革製の持ち手を見つけ、よりグレードアップした感じ...ブルーベリーリース

  • ブルーベリー園 開園!

    今日から、我が家のブルーベリー園「堀内ファーム」がオープンいたしました。初日から今の時期だけの大粒ブルーベリー狙いの多くのお客様においでいただき、皆さまから「大粒~♪」とのお声をいただき嬉しい限りです♪リピーター様ご家族3名で早速10㎏超えの摘み取り、お見事です!「無農薬、無化学肥料の自然栽培」を売りにしているので、食の安全に気を付けている方々から大変好評をいただき、遠くからのお客様が年々増加!皮ごと食べるものですから、安心安全で木で完熟の美味しいブルーベリーを食べたいですよね♪最近は、ブルーベリーの健康食品スーパーフードとしての効能も注目されています。子育て応援として、小学生以下のお子様は全員入園無料、しかも多くのものが値上がりしている今年も、開園以来15年お値段据え置きで頑張っています!里山の広々とし...ブルーベリー園開園!

  • 七夕そして小暑

    今日は五節句のうちの「七夕(たなばた・しちせき)の節句」です。今年は6月末に梅雨明けしたので星空が見えるかな…と思っていましたが、この1週間は戻り梅雨のような曇り空が多く、今夜も半月が見えたり隠れたり。今朝も今夜も涼やかな風が吹いて24℃ととっても過ごしやすく、日中も30℃ほど♪真夏も今日のような日が続くのだったら、過ごしやすくて気分も良いのに・・・この近隣では、月遅れの8月7日に七夕をするところが多いです。旧暦の7月7日は現在の8月なので、月遅れが本来の姿なのかもしれませんね。七夕とはお盆行事の一環で、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから、7日の夕で「七夕」と書いて「棚幡=たなばた」と発音するようになったらしいです。子どもたちが小さかった頃は笹を取ってきて楽しく飾り付けをしたりしましたが...七夕そして小暑

  • 恵みの雨

    昨日は久し振りに雨が降り、38℃の酷暑から1週間ぶりに逃れられ普通に過ごせました。でも、期待特大だった雨の量が少なすぎて、これぐらいではまさに「焼け石に水」…とガッカリしていたのですが、今朝方しっかりと降って恵みの雨となりました!ブルーベリーの実がしぼんでしまう…とやきもきしていましたがこれでちょっと安心。あと2、3日降ってくれるとより良いので、明日、明後日の雨にまたまた期待しています。30℃以下の涼しい気温に身体は動き気分も良く、出勤前にいつもの公園へ♪古代蓮が咲き初めていました。蓮の池の葉は緑も美しく勢いよく、きっとずっと水を入れ続けていたのでしょうね。でも、例年よりは花の数が少ないように思います。公園内の花壇の草花は枯れ気味だったり、花や葉が焦げたようになってしまっていましたが、木に咲く花は何とか頑...恵みの雨

  • 半夏生の日に

    今日は、暦の上で半夏生(はんげしょう)、季節の暦日である雑節のうちの一日です。夏至から数えて11日目、天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日でもあります。画像は、先日行った公園に群生していた半夏生、我が家の庭にも群生していたのに、いつの間にか無くなってしまいました。今年初めの新年会から半年ぶりに仲良しとさんたちとのランチ会でした♪あっという間に半年が過ぎてしまったことが信じられません!今日は近くのお蕎麦屋さんに集まり、期間限定のうな重定食をチョイス♪本来はこれにお蕎麦が付いているのですが、とても食べきれないとお蕎麦を外していただき、それでも十分な量でお腹がいっぱいです。38℃越えの気温が1週間も続いており、危険な災害級の暑さに負けないようにスタミナ付けました!鰻が大きくて柔らかく、他に茄子の揚げびたし...半夏生の日に

  • 図書館だより「Library News 7月号」

    図書館だより「LibraryNews7月号」を全校に配信しました。こちらです→Google版今月号の特集は毎年恒例ですが「本を読んで世界を拡げ心を豊かに!」として、第68回読書感想文全国コンクールの中学校・高等学校の部の課題図書を紹介しました。冒頭画像は高等学校の部の課題図書『その扉をたたく音』瀬尾まいこ(集英社)『建築家になりたい君へ』隈研吾(河出書房新社)『クジラの骨と僕らの未来』中村玄(理論社)そして、中学校の部の課題図書『セカイを科学せよ!』安田夏菜(講談社)『海を見た日』M・G・ヘネシー杉田七重訳(鈴木出版)『江戸のジャーナリスト葛飾北斎』千野境子(国土社)今までは➀文学作品、➁海外ノンフィクション作品、➂国内ノンフィクション作品、というジャンル分けとなっていましたが、今年の高校生の部には海外作...図書館だより「LibraryNews7月号」

  • 夏越の祓

    今日6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)」この半年間の穢れを祓い無病息災を祈り、残りの半年の健康と厄除けを祈願する日です。年明けからもう半年経ってしまったのですね。「水無月の夏越しの祓する人は千歳の命のぶというなり」と言われており、茅草で作られた輪の中をくぐる「茅の輪くぐり」をしようと、昨年は秩父神社へ行き、今年は深谷市にある瀧宮神社へ初めて行って来ました。深谷駅のすぐ南に、こんなに広い境内を持つ神社があったことを初めて知りました。天照大神、豊受大神、彦火火出見命が祀られており、境内には、境内社として八坂神社、御嶽神社、豊受神社、八幡社、などがありました。「霊泉の杜」とも呼ばれており、境内の池は古くから続く豊かな湧水からなっており、大神木2本が聳える境内には泉もあり、希望があれば汲むことも出来るようで...夏越の祓

  • 今日も40℃越え!!

    今日、群馬県伊勢崎市で最高気温40.0℃という災害級の暑さを記録、6月に40度に達するのは40.2度となった25日に続き、観測史上2例目となりました!画像は本校8階図書館から利根川越しに見える伊勢崎市、本校も同じくらい暑かったということですよね。今日も電力需要逼迫注意報が出て東京電力管内は節電要請、校内でも節電の呼びかけがあったのでお昼休み後はなるべく司書室にいて、図書館のエアコンの温度設定を高めにしていました。ふと気が付くと、放課後の開館直後には32.5℃まで上がってしまっていた!大慌てでフル稼働にする間もなく生徒たちが続々と集まってきてしまい、暑い中でもみんな静かに勉強に取り組んでいています・・・放課後は全クラス教室のエアコンを停止したので、明日からの期末テストに向け頑張る生徒たちが図書館や自習室など...今日も40℃越え!!

  • 梅雨明け!

    今日、気象庁は関東甲信と東海、九州南部が梅雨明けしたとみられると発表しました。いずれの地域も過去最も短い梅雨だそうです!そして今日も38℃と、この4日間猛暑日が続いていますし今週末までは暑そうです。今年の梅雨入りは関東で6月6日とほぼ平年並みでしたが、梅雨明けは記録的に早く、梅雨の期間は関東で21日間と過去最も短くなっています。6月中に梅雨明けしたのは、4年前の2018年6月29日、この年の8月に熊谷市が史上最高気温41.1℃を記録したことを考えるとこの夏も暑いのでしょうか?!こんなに暑いというのに、今日初めて「電力需要逼迫注意報」が出て節電要請がなされました。「猛暑なのでエアコンを使って熱中症にならないように。」と呼びかけた直後にその口で、「電力がひっ迫しているので節電を!」との矛盾した発言に戸惑います...梅雨明け!

  • 梅雨明け?

    昨日の最高気温35℃という猛暑日に続き、今日は39℃とさらに暑い日となりました!本校裏の川を越えると群馬県伊勢崎市、そこは何と40.2℃まで上がり、今までの6月国内最高気温は11年前の熊谷市で39.8℃、それを上回り記録更新しました。今後1週間の予報では連日35℃以上となっていて、もはや梅雨明けしたのでは?と思わせる暑さが続きそうです。天気予報アプリでは、この地の今日の予報41℃となっていてビックリ!週末のルーティーンで今日も朝から家中の掃除をしていたら、久しぶりに汗が流れ、防災放送でも「危険な暑さ!」と連呼していたのでエアコン&扇風機ON!家にある2台の扇風機の1台は古くて危ないと思い、新しい扇風機を買いました♪「アサギマダラ蝶」(好き♪)のくびれ羽根と「アゲハ蝶」の尾状突起を参考にした羽根で、冷え過ぎ...梅雨明け?

  • 平和

    昨日は「慰霊の日」沖縄県が制定している記念日で、沖縄戦等の戦没者を追悼する日でした。第二次世界大戦中に日本で唯一住民を巻き込んでの地上戦が行われ、県民の4人に1人、12万人が亡くなった旧日本軍の組織的戦闘が終結してから77年、沖縄が1972年に本土に復帰してから50年の節目の年でもあります。昨日、沖縄県糸満市の平和祈念公園で沖縄全戦没者追悼式が開かれ、そこで小学2年生の女子児童が読んだ自作の詩がとても心に残っています。題名は「こわいをしって、へいわがわかった」まさにその通りだと思いました。平易な言葉で作られていても、大人の心にも響く素晴らしい詩でした。ロシアがウクライナに侵攻してから今日で4か月、こんなに長く続くと思いませんでした。平凡で当たり前の毎日の中で「平和」を特別に実感することは少ないですが、ウク...平和

  • 夏至

    今日は二十四節気の「夏至」一年で最も昼が長く夜が短くなる日で、昼の長さは冬至の日と比べると5時間も長いそうです。例年、梅雨の頃なので日の長さを感じず、今年も曇天で日没を見ることが出来ませんでしたが、夜7時過ぎても明るさを感じました。「夏に至る」と書くように、夏至を過ぎるといよいよ本格的な夏の到来、マスクが辛いです…画像は我が家のシンボルツリーの1本、夏椿とも呼ばれる沙羅の花です。たった1日で落下してしまう可憐ではかない一日花、『平家物語』の冒頭で世の無常を象徴する花として登場します。初めは小さく上を切り詰めましたが、30年も経つと2階にまで届く大きさになりました。そして今日は「国際YogaDay」TVニュースで、インドで3年ぶりに行われた首相も参加してのヨガイベントの様子を見ました。昨年は、オンラインでメ...夏至

  • ワイルドナイツ

    今日は父の日、というわけで夫の行きたいところへお付き合い。熊谷市をホストエリアとしてJAPANRUGBYLEAGUEONEに所属しているラグビーチーム、「埼玉パナソニックワイルドナイツ」の本拠地熊谷スポーツ文化公園に行ってきました。このスポーツ文化公園の歴史は1988年に「さいたま博」が開催されたところから始まります。その後、2004年の国体開催に向けてドームや陸上競技場などが整備され、私は、息子が中学生の頃に陸上の大会を見に良く来ました。2004年の国体では、コーラスのメンバーと共に開会式に参加しTVにも映りましたが、それ以来、全く用事が無く、久しぶりに来たら木々は大きくなり拡張・整備されていました。昨年夏にワイルドナイツが熊谷市を本拠地としてに移転してくれたことで、ホテルやレストラン、ゲストハウス、練...ワイルドナイツ

  • YOGA+FLOWER

    ヨガ教室のイベントで、隣町にあるお花屋さんハウス内での「YOGA+FLOWER」に参加しました。昨年、5月と6月に参加して、植物の中でのヨガはとても気持ちが良かったので、久し振りに夕暮れ時からのヨガに参加しました。月によって朝か夜に開催されるので、朝が苦手な私は夜開催の月に参加しています。瑞々しい植物たちの囲まれてのヨガは、空気が綺麗なように感じ、マスクをしたままですがゆっくり深呼吸しながらの動きで、身体がほぐれていきました。始まる時にはまだ明るかった戸外も、次第に薄暮となり、終わる頃には真っ暗に。終わりには季節のお花が渡されます♪今月のお花はシャクヤクとバラ、スプレーカーネーション、そして名前は良く知っているけれど植物の姿をあまり見たことがなかったアワ!ヨガで身体と心が癒された後、自分にお花をいただける...YOGA+FLOWER

  • 第167回芥川賞・直木賞候補作発表

    昨日、「第167回芥川龍之介賞・直木三十五賞」の候補10作が発表されました。芥川・直木賞候補作一覧<芥川賞>小砂川チト『家庭用安心坑夫』(群像6月号)初鈴木涼美『ギフテッド』(文学界6月号)初高瀬隼子『おいしいごはんが食べられますように』(群像1月号)2回目年森瑛『N/A』(文学界5月号)初山下紘加『あくてえ』(文芸夏季号)初<直木賞>河﨑秋子『絞め殺しの樹』(小学館)初窪美澄『夜に星を放つ』(文芸春秋)3回目呉勝浩『爆弾』(講談社)3回目永井紗耶子『女人』(中央公論新社)初深緑野分『スタッフロール』(文芸春秋)3回目直木賞は春以降に出版されて間もない作品が多いように思いました。初ノミネートの作品が多いので、チェックしていなかった作品ばかり、今まであまりありませんでしたが私は全作品未読です・・・特筆すべき...第167回芥川賞・直木賞候補作発表

  • 雹(ひょう)害支援

    この地近隣が前代未聞の雹害を被ってから2週間、あれから更に様々な被害の様子を聞き心を痛めています。農業の盛んなこの地、県内での農業への被害は少なくとも38億4000万円余りだそうです!このうち、小麦やスイートコーン、それにねぎなどの農作物への被害が30億1400万円、農業用ハウスなど生産施設の被害が8億2500万円余りなどとなっています。と同時に、多くの場面で様々な支援が行われており、人の心の温かさを感じています。我が家で毎年必ず買って孫たちに送っていたブランドトウモロコシ「味来」は、大きなJA直売所のある道の駅や、深谷市役所で傷ついたものを7割引きで販売しました。このトウモロコシ大好きな孫たちに「今年は残念ながら送れないよ。」と話していたのですが、夫が2回並んで(市役所では1回に1人1箱しか買えないとか...雹(ひょう)害支援

  • 梅雨寒

    今日の最高気温は4月並みの18℃、梅雨寒の日となりました。今年の6月は肌寒い日が多く、長袖や綿毛布が手放せません。34℃と猛暑日直前まで上がった5月末に部屋を夏のしつらえにし、衣替えもしてしまったのですが、リビングの扇風機が寒々しく、ホットカーペットが恋しくなっています。写真はいつものウォーキングコースの古代蓮の池。大きな蓮の葉に球状に水がたまっている梅雨らしい風景で、花の開花はまだ先のようです。昨年と同じように、黄色くなった梅の実がたくさん落ちていました♪春ドラマが続々と最終回を迎えています。週に4本ぐらいしかドラマを見ていませんが、終わり方が辛かったのが「マイファミリー」学生時代に仲良しだった友人たちのお嬢さんたちが誘拐されたのですが、一人のお嬢さんだけが恐らく亡くなってしまい、家庭が崩壊してしまいま...梅雨寒

  • 上橋菜穂子 著 『香君 上・下』

    上橋菜穂子著『香君(こうくん)上・下』(文藝春秋)読了しました。(画像は出版元の文藝春秋HPより)上巻の副題は「西から来た少女」、下巻の副題は「遥かな道」、合わせて1000ページ近くにもなる大長編、楽しみながらじっくり読みました。この作品は、「香り」と植物や昆虫の生態をテーマに描く壮大なファンタジーです。香りから、草木の声を聞くことのできる力を持った主人公アイシャは、その類まれな力ゆえに、そこから見える世界を誰とも共有できない孤独を抱えます。彼女と共に歩む友人たちもまた、異なる孤独を抱える人々ですが、それぞれの孤独を抱えたまま、依存を脱した共在の道を拓こうとし、それが国や国民を新たな道へと導いていきます。題名からは想像もできないストーリー展開で、ファンタジーの世界にすっかり引き込まれ、植物や昆虫について新...上橋菜穂子著『香君上・下』

  • 第9回高校生直木賞

    第9回高校生直木賞(同実行委員会主催、文部科学省ほか後援)の選考会が、5月22日13時よりオンラインにて開催され、下記作品が受賞作として決定いたしました。受賞作逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房刊)4月に発表された第19回本屋大賞でも大賞を受賞した作品で、第2次世界大戦でスターリングラードの前線で激戦を戦うソ連の女性狙撃手が主人公です。ロシアによるウクライナ侵攻とも相まって、ベストセラーになりました。その他の候補作は、一穂ミチ『スモールワールズ』(講談社)今村翔吾『塞王の楯』(集英社)佐藤究『テスカトリポカ』(KADOKAWA)澤田瞳子『星落ちて、なお』(文藝春秋)米澤穂信『黒牢城』(KADOKAWA)このブログで話題にしてきた本が多く、読書家の高校生の読書は大人と変わりないです。今まで8回の高校...第9回高校生直木賞

  • 梅雨入り

    庭のムラサキツユクサが冷たい雨にぬれた今日、関東地方の梅雨入りが発表されました。梅雨入り初日の雨で、この地の最高気温は16℃と6月とは思えない季節外れの肌寒さで、せっかく洗って片付けた長袖を引っ張り出して重ね着しました。1週間前は34℃の暑さだったのに、こう気温が変動しては体調を崩しそうです。昨日は二十四節気の「芒種」、芒(のぎ)のある稲や麦などの穀物を種播きする時季です。芒とは、稲や麦などの種を包む殻に生えているトゲのこと、この地では麦刈りと田植えがこの時期同時に行われます。6月11日(土)は季節の移りかわりの目安となる雑節の「入梅」で、暦の上ではこの日から梅雨の季節に入ります。温暖化や気候変動もありますが、季節はあまり変わらずに変わっていきます。明日から3日間、朝から高校は三者面談で面談の日時だけ生徒...梅雨入り

  • 梅雨入り前の青空

    今日は朝から晴天で空気も乾燥してカラッとした清々しい1日、庭の緑が鮮やかです。家事がひと段落ついた午後は庭を見ながらティータイム、久し振りにゆっくりしました。木々の緑が美しい!株分けした多肉植物から、さらに新芽が出ていました。毎年必ず咲いてくれるツバメスイセン、赤色が鮮やかです!今年は久し振りにスモモが実を付け、甘酸っぱい実を楽しみました。以前は家で実るフルーツなど興味がなく食べようと思わなかったのに、今は楽しみ♪夕方は久々に近所をウォーキング、この地では田植えが終わったところです。ひょう被害で倒れた麦の穂、倒れたものは何とか収穫できると良いのですが・・・深谷市名産のトウモロコシ「未来」は『ミラクルスイートコーン』とも呼ばれるほど、甘みが強く粒皮が柔らかくジューシーでまるで果物のような甘さです。トウモロコ...梅雨入り前の青空

  • 雹(ひょう)被害

    昨日夕方、この地は猛烈な風雨と雹(ひょう)が降るという荒天となりました。(冒頭画像は県内で一番被害が大きかった町に住む友人からのものです。)私が夕方6時に学校を出たころはポツポツ雨が降り出したところで、我が家のある方面は空が明るかったので帰宅するまでは大丈夫だろうと思っていました。でも、車を走り出してすぐに雨と風が強くなり、パラパラとひょうが降り出しました。車の屋根に「コツン、コツン」と当たっていたのが、風が強くなるにつれ「バコン、バコン」という音になり道路に2cmほどのひょうが散ります。車のスピードでこの雲を抜けられると思っていたのですが、あいにくの帰宅ラッシュ時間、加えてこの天候で車は徐行運転で雲を抜け出せず、途中、前が泥水一色となり何も見えなく、大きな枝が目の前を飛んでいく中、結局、雹の雲と一緒に移...雹(ひょう)被害

  • 図書館便り「Library News 6月号」

    図書館便り「LibraryNews6月号」を発行しました。こちらに(Google版)アップしました。今月号の特集は「ロシア・ウクライナについて知ろう」両国の歴史・地理・文化についての本の紹介です。ロシアが2月24日にウクライナに攻め込み、戦争が始まりました。現代の世界では戦争は長くは続かないだろうと思われていましたが、現在も攻撃は続いており、ウクライナ国民の犠牲は増え続け、国際社会からはロシアへの厳しい非難の声が上がっています。ロシアはなぜ「兄弟国」とも言われた隣国ウクライナに侵攻したのでしょうか?冒頭画像は、近ごろ話題となっている本『物語ウクライナの歴史ヨーロッパ最後の大国』黒川祐次中公新書20年ほど前に出版された本ですが、現在ベストセラーとなっています。スキタイの興亡、キエフ・ルーシ公国の隆盛、コサッ...図書館便り「LibraryNews6月号」

  • 至福の時

    今日で5月も終わり、今月は家族との楽しい時間をたくさん過ごせました。GW中は孫や子どもたちが入れ替わり遊びに来てくれ、10日ほど前、子どもたちが私の記念旅行を企画準備、ご招待で温泉旅行へ行きました!大人6人、8.5.3.1歳の孫4人の10人での旅行は初めて、備忘録として記事にしておきます。日にちと集合時間・場所だけ知らされ、連休が終わってからはその日を指折り待ち、とにかく久しぶり(8年ぶり?!)の宿泊旅行なので準備にオロオロ。。。3年半ぶりに在来線に乗り東京駅に着いてみると、こんな豪華な列車での旅行!1号車1列目に私たち夫婦、子どもたち2家族は6人用の個室で♪(画像はJR東日本サフィール踊り子号HPより)駅に着くと旅館の貸切バスが迎えに来ていて、どこへも寄らずに部屋へ直行です。ホテル内のエステで久しぶりにオイル...至福の時

  • 34℃!

    昨日に引き続き、今日も真夏の暑さで最高気温は34℃にまで上がり、家の中はひんやりしているのに、戸外は熱中症になりそうなムッとする蒸し暑さでした。昨日今日、天気が良く湿度も低くて、家中の窓とクローゼットの扉を開けて湿気を飛ばし、この2日間で冬の大物諸々を洗って干して片付け、ホットカーペットからい草マットへ、ファンヒーターから扇風機へ、毛布と羽毛布団から肌掛けへ、夏のしつらいにしました。Tシャツ1枚で頑張ってもまだ汗はかかず、心地よい疲れとスッキリ感です。家事がたまっている週末に天気が良いのは嬉しいです。庭の芝生や木々の緑が綺麗、一番良い季節です。早生種のブルーベリーが実り始め、超希少な初物を一粒ずつ大事に食べました♪1年ぶりのフレッシュなブルーベリーは皮が柔らかく、甘酸っぱさと甘さが絶妙の美味しさです。早生種はこ...34℃!

  • 映画『流浪の月』

    先日、映画『流浪の月』を観に行ってきました。なるべく広いホールで人の少ない時間、と選んでいったところ150座席以上に観客は3名…映画館大丈夫?と心配になる少なさでした。この映画の原作は「2020年本屋大賞」で大賞を受賞した凪良ゆう著『流浪の月』この小説は読んで面白かったし、松坂桃李君♡のキャスティングはピッタリ、監督は映画「フラガール」「悪人」「怒り」などの李相日さん、楽しみにしていました。内容は・・・10歳の少女を自分の部屋に入れたために誘拐罪で逮捕された男が、15年後に成長した彼女と再会、この15年のうちに2人とも自分なりの幸せを手に入れたと思っていましたが、再会することで閉じ込めていた自分の気持ちに気付く・・・という、原作と変わらぬものでした。BGMがほとんどなく、会話のみで進んでいくとても静かな映画でし...映画『流浪の月』

  • 修学旅行

    今日から3泊4日の日程で、中学3年生が予定通り修学旅行に出発しました!関西方面を旅行する予定、「予定通り」何と素晴らしく素敵な響きでしょう。昨日お昼休みに中学校図書館へ行くと、3年生のテンションが上がっていて、口々に「楽しみー!」「行けて良かった!」「嬉しい♪」と言っていました。小学生、中学生、高校生、大学生、どの学校でも今の3年生は入グラウンドは乱となった学年、どうかせめてこの1年は通常通りの学校生活を経験できますように。。。祈高校は今日が中間テスト最終日。放課後のグラウンドや体育館は部活動で頑張る生徒たちの元気で明るい声が響いています。こうやって少しずつ日常が戻ってきて、心配なく過ごせるようになると良いです。出勤前に地元公立図書館へリクエストした本を受け取りに行き、すぐそばの林の中の公園を久しぶりにウォーキ...修学旅行

  • ソン・ウォンピョン 著『三十の反撃』

    『三十の反撃』ソン・ウォンピョン著、矢島暁子訳(祥伝社)、読了しました。2022年第19回本屋大賞翻訳小説部門第1位に選ばれた作品です。あらすじは・・・非正規社員の三十歳キム・ジヘは、正社員を目指しながら半地下で暮らします。平凡な彼女は、世の中にも会社にも期待することを諦めていましたが、一癖ある同僚との出会いをきっかけに、社会に小さな反撃を始めるのです。次第に自らを見つめ直し、自分らしい生き方を模索するようになった彼女は、ついに「本当の自分」としての一歩を踏み出すことになるのでしょうか──。アカデミー賞を受賞した韓国映画『パラサイト半地下の家族』の若者たちも30歳代でした。そして、韓国に限った話ではなく、日本で「失われた30年」を生きてきた若者にも当てはまりそう、平成生まれは生まれた時から日本経済の成長が止まり...ソン・ウォンピョン著『三十の反撃』

  • 久し振りの青空

    今日は久しぶりに雲が晴れて太陽が顔を出し、気持ちの良い青空が広がりました!3月下旬並みという低温と曇天に身も心もまたまた縮んでいましたが、今日は朝から気分スッキリ!太陽って偉大です。お昼休みに中学校図書館へ行くため玄関から外へ出ると(中学校は高校の道を挟んだ向かい側)、男子高校生たちが一方向を向いて芝生に座り、お弁当を食べていました。この気持ちの良い晴れ空、外でご飯食べたくなりますよね♪男子高校生たちの何という心温まる景色。。。中学校校庭に面しているメタセコイアの木も青々としています。5か月前の12月初めはこんな様子・・・毎日、事件や事故や聞くに堪えないニュースが多数流れますが、自然はその営みを変えません。中学校高校とも、明日から1学期中間テストが始まります。4月は学校行事が多く、5月初めに連休があったのでテス...久し振りの青空

  • 沖縄本土復帰50年

    今日は、1972年に沖縄が本土に復帰してから50年の節目の日、各種メディアで様々な情報や特別番組が流れた一日でした。沖縄を題材にした小説で心に残っているのは、第9回山田風太郎賞&160回直木賞受賞の真藤順丈著『宝島』(講談社)原田マハ著『太陽の棘』(文藝春秋)戦争中には日本で唯一地上戦が行われ、県民の4人に1人、12万人が亡くなり、その後27年間もアメリカに統治され、その間に米軍に関する様々な事件が起こり、本土に復帰し50年たった今もなおアメリカ軍基地は残されています。そんな沖縄の悲しみ、苦しみを忘れられることのないよう語り継ぎ、学びたいです。何よりも、沖縄の方々が幸せであってもらいたいです。先日、TVで朝ドラの「ちゅらさん」総集編をちょっと見て、懐かしく思い出しました。中年になるまでは朝ドラも大河ドラマも興味...沖縄本土復帰50年

  • メガネ

    4年前にコンタクトレンズから、軽くてキラキラしたお気に入りの眼鏡を愛用しています。レンズにキズが付いてきたのでそろそろレンズを取り換えようと思っていたある晩、カーペットの上にメガネを置いてしまい、何と踏んでしまいました!しかも、底の堅いスリッパを履いて・・・フレームが折れ曲がりレンズが外れるという大惨事!!運悪くその翌々日は健康診断、替えの眼鏡では視力は0.3までしか出ません。翌日開店早々にメガネ店に駆け込み、「こんなになってしまいました。。。」と見せたところ、何と、使えるぐらいまでに直してくださったのです♪でも、かなりダメージを受けてしまったのでいつ壊れるかわからないですよ…というので、思い切って自分への節目誕生プレゼントとして新しいメガネを作りました♪今までの眼鏡はチタン製でとても軽く、かけやすく、朝から晩...メガネ

  • 追悼 早乙女勝元氏

    作家の早乙女勝元先生が10日、90歳でお亡くなりになりました。十数年前に本校でご講演いただいたことで身近に感じていたので、訃報に気落ちしました。早乙女氏は東京都の出身で、12歳の時に1945年3月10日未明の東京大空襲を経験され、下町が火の海に包まれる中、多くの人たちが亡くなるのを目の当たりにされました。九死に一生を得たこの体験が生涯にわたる反戦・平和運動の原点となったそうです。ご講演では穏やかな語り口ではありましたが、戦争の悲惨さと平和の大切さを訴えられ、戦争に強く反対するお気持ちがひしひしと伝わったことを覚えています。著作本を何冊もご寄贈くださり、冒頭画像の本に「平和を子の手に」というお言葉と一緒にサインをいただきました。早乙女氏は「東京空襲を記録する会」を結成、「東京大空襲・戦災誌」の編集に携わりました。...追悼早乙女勝元氏

  • 図書館だより「Library News 5月号」

    冒頭画像は本校正面玄関そばにある桐の花、大きな2本の木には薄紫の花が満開です♪かつて本校が女子高だった時の校章には桐がデザインされていました。連休明けの今日、図書館だより「LibraryNews5月号」を全校に配信いたしました。こちらです。Google版まだまだコロナ禍が心配な昨今ですが、元気な生徒たちの姿が見られて良かった!今月号の特集は「発表!第19回本屋大賞」、先月発表された本屋大賞の紹介です。10位までの多くの作品が本校図書館にありますので、ぜひ生徒たちに読んでもらいたいです。大賞受賞は『同志少女よ、敵を撃て』逢坂冬馬(早川書房)他にも発掘部門「超発掘本!」には『破船』吉村昭(新潮文庫)、「翻訳小説部門」第1位は『三十の反撃』ソン・ウォンピョン:著、矢島暁子:訳(祥伝社)が発表され、こちらも順次図書館に...図書館だより「LibraryNews5月号」

  • 母の日&断捨離

    連休最終日は母の日、県銘菓のお饅頭は母の日バージョンが販売されていたので蘭と一緒に♪施設の父にもこの母の日バージョンお饅頭と柏餅を渡して、母の仏前にお供えしてもらいました。(この和菓子店の隣市支店がいつの間にか閉店していて、ビックリしました!)この2年の連休といえば断捨離・・・過ごしやすい天候で花粉も終わって窓を開けられるようになると、やはり断捨離したくなります!そこで連休最終日は、2階の部屋と廊下物置を夫と片づけました。2階は1年半前に断捨離しましたが、まだ残っていたのは、衣類とユニフォーム、趣味グッズ…思い出のユニフォームは厳選して残し、衣類は主人が着られそうなものを残しました。そして、大部分を占めていたのが5,6人分の敷布団・掛け布団、寝具の類、我が子の友人たち数人(多い時には10人!)が泊まりに来ること...母の日&断捨離

  • 樹齢650年の藤

    晴天の続く連休もあと2日となった今日、隣市の長泉寺へ樹齢650年以上と推定される県天然記念物「骨波田の藤」を見に行ってきました♪前回行ったのはちょうど5年前。今朝の全国紙地方版と地方紙の記事にあったからか、駐車場に入るまで初めて渋滞していました!本堂前の左右二つの棚が骨波田の藤、ムラサキナガフジという種類の長さ1mもの花房で、薄紫の花の色、ほのかな甘い香り、向こうまで続く藤棚、花の下で穏やかな時間を過ごしました。今年は樹齢270年以上とされる白い花の藤も同時に楽しめ、香りがより強いように思いました。既に咲き終わった藤の花は、早くもマメ科らしい小さな実を付けていました。山門に上がり藤棚を見下ろすと、緑の葉が茂っていて樹齢650年でも元気いっぱいです。見えている広い藤棚が、たった2本の藤の木から成っているとは驚きで...樹齢650年の藤

  • 端午の節句

    今日は五節句のうちの端午の節句、こどもの日、薫風香る気持ちの良い季節になりました。一昨日から泊りに来ている孫たちと、今日もどこへも行かず我が家で楽しく過ごしました♪ちゃんと日課のピアノ練習をして・・・晴天で空気も清々しいとても良い日だったので、サイクリングに私も参加♪と、13年前にプレゼントされたクロスバイクを久々(10年ぶり?!)に出して乗ってみたら、乗り始めて10秒でコケてしまい、しかもわざわざ煉瓦の上で膝を強打!涙。。。しばらく氷で冷やして、今は湿布を貼っていますが大丈夫かなぁ?クロスバイクはママチャリと違うから怖いのですが、それとも足が短くなってる?もう慎重に動かないと危ないお年頃、大ケガしたら大変なので本当に気を付けないと!ウォーキングと合わせて、これから少しずつ気を付けながら自転車にも乗ろうかな・・...端午の節句

  • 連休の楽しみ♪

    この連休は、3年ぶりに子どもたち・孫たちと会える嬉しい日が続いていて、昨年までの2年間は断捨離ばかり、何も予定がない淋しく退屈な休日だったので大違いです。先週は、祝日なのに急遽仕事となってしまった娘の家へ車で行き、孫二人と一日お留守番、公園へ遊びに行くと、孫たちの友達がたくさん来ていて、友達といる時の姿を見ました。戸外でいつもの仲間と離れて遊んでいても皆マスクをしています。ちなみに8歳5歳の孫はワクチン接種済みで、副反応の発熱はなかったそうです。昨日からは、その孫二人が子どもだけで我が家に泊まりに来ています。どこかへ出かけることもせずに、家で遊んでいても十分楽しいらしく、裸足で庭の芝生の上を走り回ったり野球をしたり、もう大はしゃぎ!都心と違って周りの家から離れているので、大声で笑ったり歌ったりしても全く問題あり...連休の楽しみ♪

  • 吉田修一 著 『ミス・サンシャイン』

    今日から5月、今年は天候不順の晩春が続き、今日も雨降りで最高気温は13℃までしか上がらず、肌寒い皐月の始まりとなりました。先月の読書は以下の5冊、年度始まりでバタバタの日が続き、腰を落ち着けての読書は難しく、小説が少なかったです。『砂嵐に星屑』一穂ミチ(幻冬舎)『ミス・サンシャイン』吉田修一(文藝春秋)『三千円の使いかた』原田ひ香(中央公論新社)『1分ねじれ筋のばし』今村匡子(サンマーク出版)『日本語の大疑問眠れなくなるほど面白いことばの世界』国立国語研究所編(幻冬舎新書)今日紹介するのは、吉田修一著『ミス・サンシャイン』(文藝春秋)吉田修一さんといえば、2007年『悪人』で大佛次郎賞と毎日出版文化賞を受賞し、映画も大ヒット、他に、1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞、第117回芥川賞候補、2002年...吉田修一著『ミス・サンシャイン』

  • 映画『カモン カモン(C'MON C'MON)』

    今月誕生日がやって来て嬉しかったことの一つは、映画をシニア割で観られるようになったこと♪今までは、レディースデイと会員デイのお得な曜日だけに行っていたのですが、これからはいつ行ってもお得なお値段!ということで、早速映画を観に行ってきました。シニア割お初の映画は『カモンカモン(C'MONC'MON)』現代ものですがモノクロ映画です。あらすじは・・・子育てに慣れていない男と、ちょっと気難しい9歳の少年が共同生活するというもの。ニューヨークでラジオジャーナリストをしている独り者の主人公ジョニーは、ロサンゼルスに住む妹に9歳の息子のジェシーの面倒を見てほしいと頼まれます。初めはジェシーはジョニーを困惑させるようなことを聞いたり、やってしまったりしますが、ジョニーの仕事道具の録音機材に興味を持ち、少しずつ二人の距離は縮ん...映画『カモンカモン(C'MONC'MON)』

  • 国立国語研究所編 『日本語の大疑問』

    『日本語の大疑問眠れなくなるほど面白いことばの世界』国立国語研究所編(幻冬舎新書)読了しました。書名と編集者名からはとても専門的な本のように思われるこの本が、今、とても話題になっていて、どのような内容なのか興味を持って読んだところ、とても面白い本でした♪毎日当たり前に使っている日本語ですが、あらためて考えると不思議なことがありますよね。「シミュレーション」を「シュミレーション」とつい発音してしまうのはなぜ?「確認させていただいてもよろしいですか」は乱れた日本語なの?なぜ「犬年」ではなく「戌年」なのか?それら国民の抱く素朴だけれど奥深い疑問に、ことばのスペシャリストが集う国立国語研究所が、様々な考え方から名回答を解説します。一番驚いたのは、明治時代に英語を勉強する時に漢文を勉強するように単語に返り点を打ち、訓読し...国立国語研究所編『日本語の大疑問』

  • 牡丹

    「百花の王」と呼ばれ、豪華で艶やかな牡丹を今年も見に行ってきました。場所はボタン寺として知られる立岩寺、ぼけ封じ関東三十三観音霊場の三十番札所です!中国の国花でもある牡丹は「花の王」と呼ばれ、華やかさの象徴とされ、日本でも「高貴」や「王者の風格」といった花言葉をもっています。花弁が薄い牡丹にとっては、真夏のような今日の強い日差しは厳しかったようで、花びらが縮れたようになってかなり散ってしまっていました。まだ咲いている華やかで顔ほど大きな花の存在感は圧倒的で、色とりどりのボタンに囲まれながら境内をしばらく歩いたら気持ちが明るくなりました。古木の大きな藤やカキツバタも見事です♪休日を北海道で楽しく過ごす予定だった26名の方々が、遊覧観光船での事故に巻き込まれました。我が家は二十数年前の夏に、知床岬に沿って沿岸を観光...牡丹

  • 「サンジョルディの日」は「子ども読書の日」

    今日4月23日は「サンジョルディの日」です。その昔、ある国のお姫様がドラゴンにさらわれそうになり、サン・ジョルディがひと突きで倒して救い、その時、ドラゴンの血が地面に流れて赤いバラが咲いたと伝えらてきました。これにちなんで、スペインカタルーニャ地方ではサン・ジョルディの命日に、女性が男性に本を贈り、お返しに男性が女性に真紅のバラを贈るという記念日です。(夫は「赤ワインと赤いバラを贈り合う日」と好きなように勝手に曲解していました!本はいらないのかい?!)日本の古事記「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)伝説」や映画『竜とそばかすの姫』を思い出しました!また、文豪として名高いセルバンテスとシェークスピアの命日でもあり、ユネスコにより「世界本の日」に指定、国連の「世界図書・著作権デー」に指定されています。日本では「子ども読書の...「サンジョルディの日」は「子ども読書の日」

  • 関 眞興 著 『一冊でわかるロシア史』

    中学2年生の生徒から、オンライン予約でこの本の予約が入りました。『一冊でわかるロシア史(世界と日本がわかる国ぐにの歴史)』関眞興(河出書房新社)こういった本はなかなか中高生には読まれないので、読もうとしてくれて嬉しい!長期戦となってしまったロシアのウクライナ侵略について、子どもたちもとても気になっているのでしょう。「戦争」といえば歴史上のことで、今の自分とはあまり関りがないと思っていたのに、ライブ映像で戦闘状況を見ることにショックを受けている子どもたちも多いです。お父さんは戦いのために祖国に残り、お母さんと子どもたちが必死の逃亡を続けている、爆撃を受けて亡くなった人も多いし、昨日まで綺麗だった街も建物も壊される。そこに「もし自分だったら」という視点を持つような繊細で思慮深い子どもたちに、大人として安心を届けるた...関眞興著『一冊でわかるロシア史』

  • 記念日

    今日は私の記念日。ここ関東地方にだけ「晴れ女」パワーが足りなかったようで珍しく晴天とはならず…もっとも、毎年この日は二十四節気の「穀雨」ではあります。予想だにしなかったことに、コロナ禍3年目の中でのお誕生日となりました。予定日より2か月早く1,700gで生まれてしまい、20年前には大病しての手術・入院を乗り越え、巡りくる干支の年を無事に迎えられたことがとても嬉しく、特に今は、元気に平和にこの日を迎えられたことにひときわ感謝の思いでいっぱいです。心温まるありがたいメッセージやお言葉をいただくたびに、いつも私を支えて下さる友人・知人・家族あっての自分と改めて実感し有難いことと感謝です。特にもうすぐ88歳になる父からの、「娘の長寿祝いの日まで自分が生きられて、私もしあわせです」の言葉には、胸がいっぱいになりました。春...記念日

  • 図書委員

    画像は本校正面玄関と、その向こうは最上階に図書館がある8階建ての特別教室棟、新緑が美しい☆中学校・高校ともに図書館が全面オープンして1週間、中学高校図書委員の活動も始まりました。今年も全体で集まっての委員会は開催せずに、当番表のデータを生徒に送りました。今までは、生徒数が多かったのでお昼休みと放課後の両方を担当してもらっていましたが、昨年からは学校のシステムや感染予防も考慮して、生徒の負担にならないよう、1日の昼と放課後のどちらかを1クラスの担当にしています。図書委員の仕事はカウンター業務と書架整理、今までの委員は、責任もってきっちりと当番をこなしてくれました。3年連続で図書委員となってくれた生徒たち、初めての生徒たち、初々しい新入生、皆、しっかりと仕事を頑張ってもらいたいです!図書委員の生徒たち、本好きの生徒...図書委員

  • iPhone13

    新しいiPhone13に買い替えました!2年前に最新版iPhone11に買い替え、24回払いで2年後iPhoneアップグレードを契約していました。2年が経過し、機種代の残金を一括払いしてこの機種を買い取り使い続けても良かったのですが、そろそろ5Gエリアも拡がってくるだろうし、何よりスマホで写真を撮るのが日常の私は、カメラ機能が良いスマホを使いたいです。そこで、夫と2台分iPhone13にしました♪(あまり使わない夫は12でもよかったのですが、もう在庫がないそうです…)前のスマホはティファ〇ーカラーのグリーンでしたが、今回は医療関係者への支援となるレッド、もうすぐこの色の祝いともなる記念の年の色です♪サイズは前と同じ6.1インチ、でもやや小さく軽くなったような気がしますし、機種が入っていた箱もこんなに薄くなりまし...iPhone13

  • 新年度の1週間

    この1週間の気候は夏のような28℃の日が3日続いたかと思えば、最高気温がやっと10℃という真冬並みの寒い日が2日続くという、心身ともに負担の大きい1週間で、半袖で汗をかいたり、ハイネックのヒートテックを着たりと、「季節はずれ」もほどほどにして欲しい…加えて新年度始まっての1週間、とても慌ただしく毎日がバタバタと過ぎていった感じで、週末になりやっと一息付けました。今日はやっと暖かになり、気が付いたら外は花や緑がとても綺麗!庭の大きなケヤキの木は若々しい新緑の黄緑色、空には一直線に飛行機雲が走っています。庭の花々も今を盛りと咲いています♪昨年いただいた多肉植物にはたくさんの新芽が付いて、新たな一鉢が出来上がりました♪この季節の山は「山笑う」一気に木々の芽吹きが始まり、春の季語「山笑う」は春の山の明るい感じをいいます...新年度の1週間

  • TVドラマ

    春のTVドラマが始まりました。冒頭画像は、その中のドラマ原作新川帆立著『元彼の遺言状』(宝島社)です。(画像はAmazonHPより)新聞広告で、第19回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作!と盛んに宣伝していたので、1年ほど前に私も読みましたが、あまり心に響かなかったのでブログで紹介していませんでした。でも綾瀬はるかさん主演でドラマ化されたというので見てみたら、面白かったです!読みながらの私のイメージでは「私失敗しないので!」の女優さんが浮かんでいたのですが…それから昨夜始まった木村♡くん主演の『未来への10カウント』はもちろん毎週録画、高校の部活動が舞台というのも面白そうです♪もう1作はずっと見続けている日曜劇場の『マイファミリー』毎週観たいドラマはこの3本くらいかな、と思います。今週から始まった朝ドラ新番...TVドラマ

  • 新入生オリエンテーション

    昨日午後、中学校の新入生に向けて図書館のオリエンテーションを行いました。1クラスなのですが、今は登校してのハイブリッド授業なのでクラス半分ずつの2回開催です。高校から来ると中学生は幼く可愛らしく、まして入学したばかりの1年生はもはや孫に近いくらいです。まず初めに、前日発行したばかりの図書館だより「LibraryNews4月号」を元に、中学校・高校図書館の開館時間、利用方法、利用上の注意、等、予定通り順調に進みました。その後、生徒各自持参のタブレットを使って、・オンライン蔵書検索・予約方法の説明・配信された図書館だより「LibraryNews」の見方を説明、昨年はこれが思うようにいかなかったので、出来るところまでと思っていました。でも、今年の生徒たちはその日に配布されたばかりのタブレットをちゃんと使いこなせていま...新入生オリエンテーション

  • 始業式

    今日は1学期始業式でした。この2年ですっかり定着した、スタジオ放送を利用してオンラインでの全校集会です。校長訓話・新任先生方着任式・春休み中全国大会出場の部活動報告会・保健室より・生徒指導より、全校生徒・全教職員は教室で各自のタブレットを見ながら参加しました。新たに16名もの先生方が着任されたことは、今までになかったことです!始業式は0時間目、その後は今日から普通に6時間授業です。そして2回目の入学式も!金曜日に体調の関係で出席できなかった中高新入生に、全く同じ場を用意しました。入学式・卒業式は人生の節目ですし、一生に1回しかないことですから。なるべく早く図書館を開館できるよう、準備出勤中から奮闘努力の結果、中高共に今日から図書館開館、本の貸出・返却、学習での図書館利用可です!図書館だより「LibraryNew...始業式

  • 28℃!

    昨日から季節外れの暖かさが続き、今日の最高気温は28℃!ちょうど1週間前は、雨降りで12度までしか上がらない肌寒い日だったことが嘘みたいです。夏日というよりも真夏日に近く、暖かいというより暑くて半袖Tシャツで過ごしました。あちこちで春の花々が一斉に咲き始め、庭のシャクナゲは今までになく多くの花をつけました♪スギよりもヒノキ花粉が辛いのでウォーキングを控えていましたが、今日の陽気に誘われて。この地ではまだまだ咲いている桜、葉桜、林の新緑のコラボが素敵でした。我が家の桜の木も、年々枝ぶりが見事になってきました。早生種のブルーベリーの花も咲き始め、また夏が来ることを感じます。午後のお茶のお供は、桜の花と花びらのクッキー、ほんのり桜の香りがしました♪鳩のサブレ―がお馴染みのお店ですが、季節ごとに素敵なスィーツも出してい...28℃!

  • 入学式

    暖かく気持ちの良い春の一日、今日は、中学校と高等学校の合同入学式が高校体育館で行われました。新入生の皆さん、入学おめでとうございます!今年の新入生は中学生37名、高校生が11クラス381名、コロナ感染予防のため、体育館での式典は午前中に中学新入生と保護者1名、午後は高校新入生のみ、残念ながら今年も高校保護者の皆様にはオンライン視聴でのご参加をお願いいたしました。学校HPの記事はこちらです。中学校高校コロナ禍での3回目の春、2年前の入学式は3月からの休校が延長されたため6月の入学式、昨年の入学式は例年通り4月に行われましたが、保護者の方々には出席してもらえず、3回目の春となる今年までまさか生徒、そして教員は担任だけ出席の入学式となるとは!中高大の学校の3年生は、通常通りの学校生活が送れないまま卒業することにならな...入学式

  • 本屋大賞2022決定!

    昨日、全国の書店員が「いちばん売りたい本」を選ぶ「本屋大賞2022」が決定しました!(画像は本屋大賞公式HPより)全国の書店員が年に1度、出版業界活性化のために「一番売りたい本」を投票だけで選出し、第19回目の今回は2020年12月1日〜2021年11月30日の間に刊行された日本の小説が対象です。大賞に選ばれたのは、逢坂冬馬著『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房)2021年11月発売時からの大注目作品ですぐにベストセラーとなり、私も以前記事にしました。作品は、第2次世界大戦でソ戦の決定的な転換点となるスターリングラードの前線で、激戦を戦う女性狙撃手の話。ロシアがウクライナを攻略している今、皮肉なことに時流に乗った部分もあるかもしれません。作中に「ロシア、ウクライナの友情は永遠に続くのだろうか。」という文章があり、...本屋大賞2022決定!

  • 準備出勤

    今日は準備出勤、全教職員が新年度スタートです。校地を取り囲む桜並木からは花びらが散り始めていましたが、まだまだ綺麗に咲いていて、明後日の入学式まで持ちそうです。画像の一番高い校舎が8階建ての高校特別教室棟、その最上階8階に図書館があり私はそこにいます。朝からオンラインで全体の職員会議、今年度は中学校・高等学校合わせて全教職員93名です。春休みはブルーベリーも大掃除もなく、長期休業の中で一番のんびりゆっくり出来る休み。どこへも出掛けず、孫たちも泊りに来れなかったので、昨日までかなりのんび~~~り過ごし、今朝の職員会議で一気に目が覚めた思いでした。新年度の生徒たちのために、今日は会議や打ち合わせ等でいろいろ準備しました。私は休み中に届いていた書籍や雑誌の整理、年度末・年度当初の業務に取り掛かりました。今日から心身と...準備出勤

  • TVドラマ「アンという名の少女3」

    先月、続々と冬のドラマが最終回を迎えました。今は春ドラマの開始に向けて特番ばかりで、いつにもまして見たいTV番組がない…冬ドラマをいくつか見始めましたが、最後まで面白く見終えたのは「アンという名の少女3」。(画像はNHK番組HPより)シリーズ1、シリーズ2も面白かったですが、シリーズ3作目のアンは青春期を迎え本当に良かった!アンが16歳から18歳までの間が描かれ、原作では『アンの青春』にあたりますが、シリーズ2からは原作を離れたオリジナルストーリーになっています。シリーズ2から、LGTBであるクラスメートや、黒人青年、原住民の少女、女性の結婚問題など、かつてはあからさまな差別が当たり前に存在し、今なお世界の問題になっている人物が登場します。今回のシーズンでは、孤児院育ちの自分の生い立ちを調べたり、学校卒業後のこ...TVドラマ「アンという名の少女3」

  • 満開!

    昨日は時折日が射す花曇りの一日、我が家から徒歩5分のところにある桜並木を見に行きました。桜はちょうど満開!桜並木近くの畑に菜の花がたくさん咲いていて、この地でも菜の花と桜のコラボが見られました♪ここは大きな電子機器工場で、工場が出来た時に敷地に沿って植えられた桜が年ごとに成長し、今ではこんな立派な桜並木となりました。歩く人も無く、誰も見に来ていないのでのびのびとウォーキング出来ました。我が家の桜もずい分大きくなり満開です♪桜の季節になると日本全国あちこちで桜の花を楽しみ、これほど桜の木が多いのかと驚かされ、花が終わると何の木だったのか気に留めず、また翌年に桜の花の元に集まるのが面白いです。農地の畔には、ツクシが出てタンポポがたくさん咲いて、のどかな春の一日でした。以前、都内の孫が遊びに来た時「ツクシが生えてるの...満開!

  • 稲垣えみ子 著 『老後とピアノ』

    今日から4月、新年度の始まりです!学校という場にいると、新年になるよりも気持ちと環境がより新たになるように思います。新入生、新社会人として次のステージに立った方も多いことでしょう。2022年度、令和4年度の始まりは、寒の戻りでちょっと肌寒く風が強いですが晴天です!先月3月の読書は以下の8冊、春休みなのに外出せずお家時間が続くと読書もはかどります…『ブラックボックス』砂川文次講談社『マンガでわかるLGBTQ+』パレットーク講談社『硝子の塔の殺人』知念実希人実業之日本社『母の待つ里』浅田次郎新潮社『やさしい猫』中島京子中央公論新社『タラント』角田光代中央公論新社『老後とピアノ』稲垣えみ子ポプラ社『丘の上の賢人旅屋おかえり』原田マハ集英社文庫すでに何冊かは記事で紹介していて、特に女性作家さんの本には共感させられること...稲垣えみ子著『老後とピアノ』

ブログリーダー」を活用して、holyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
holyさん
ブログタイトル
本が好き♪図書館ブログ
フォロー
本が好き♪図書館ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用