心だけ豊かになる、遊酔の貧乏格言!
読者になる
住所
日高川町
出身
尼崎市
ハンドル名
遊酔さん
ブログタイトル
心だけ豊かになる、遊酔の貧乏格言!
ブログURL
http://binbokakugen.seesaa.net/
ブログ紹介文
貧乏なあなたを口だけで応援するために、適当に考えた格言をご紹介します。
自由文
-
更新頻度(1年)

53回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2017/12/16

遊酔さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 30,486位 34,753位 34,981位 34,966位 35,058位 35,260位 35,304位 974,754サイト
INポイント 10 0 10 0 10 0 10 40/週
OUTポイント 10 0 20 0 10 0 10 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 1,606位 1,908位 1,931位 1,916位 1,905位 1,931位 1,931位 66,103サイト
自分らしさ 15位 18位 19位 19位 19位 19位 19位 2,597サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 49,767位 55,321位 55,548位 59,832位 60,042位 60,446位 60,449位 974,754サイト
INポイント 10 0 10 0 10 0 10 40/週
OUTポイント 10 0 20 0 10 0 10 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 2,905位 3,239位 3,247位 3,532位 3,518位 3,539位 3,545位 66,103サイト
自分らしさ 25位 35位 31位 34位 35位 36位 34位 2,597サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,754サイト
INポイント 10 0 10 0 10 0 10 40/週
OUTポイント 10 0 20 0 10 0 10 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,103サイト
自分らしさ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,597サイト

遊酔さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、遊酔さんの読者になりませんか?

ハンドル名
遊酔さん
ブログタイトル
心だけ豊かになる、遊酔の貧乏格言!
更新頻度
53回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
心だけ豊かになる、遊酔の貧乏格言!
  • 『馬鹿は一つも覚えん』

    知識の有無ではなく、 モノごとを考える力の無い人を 馬鹿と言う。 知識は無くとも、 思考力に優れた人はいる。 知識は豊富でも、 思考力の無い人もいる。 馬鹿は何の役にも立たぬ。 育てようとするな。 時間の無駄になる。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『泣かす跳ばす』

    人を育てるには、甘さはいらぬ。 しごいて、しごいて、 泣いても止めず。 それが、本人の跳ぶ力となる。 耐えられずに去るやつは、 放っておけ。 残ったやつこそ、人財。 育ってからは、大切にしてやれ。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『天ぷら高い旨い肥ゆる』

    旨いものはカロリーが高く、 太ってしまう。 しかも、値段も高い。 そんなものは、セレブに任せろ。 貧乏人は、 「太らなくて良かった」と、 粗食に満足すべし。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『旅は未知 つれぇ世は情け無ぇ』

    人生という旅は未知なるもの。 何かとつらい世の中だし、 人の情けも期待はできぬ。 強く生きていくためには、 人を頼らず、 己ひとりでも生き抜く術を 身につけるべし。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『医食冒険』

    「食」を冒険することは、 人生を豊かにすること。 消極的では、未知を旅する楽しさを 味わうことはできない。 世の中には、 無限の美味しさが待っている。 これを知ることは、 心の健康に繋がる。 食べることは、 心の栄養なのだから。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『負けるが負け』

    当座負けておくことが、 結局は勝ちに繋がる。 と言うが、 現代人にそんな時間はない。 とにかく勝たなければ、 次々に新手の敵がやって来る。 1対1の戦いなど、存在しない。 負ければ、それで終わり。 ただし、一度でも大勝しておけば、 その余韻で生きることはできる。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『下手な鉄砲 散弾銃に変えろ』

    下手な鉄砲は、 数撃っても当たらないかもしれない。 下手なのに狙いを定めるから、 命中しない。 ならば、 広角に飛び散る散弾銃を使うべき。 威力は弱くなっていても、 当たりさえすれば、 じわじわと効いてくる。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『鼻糞目糞を笑えない』

    目糞は鼻糞を笑うことができても、 鼻糞は目糞を笑えない。 鼻糞より目糞の方が マシだということ。 互いに欠点のある者同士だとしても、 優劣・順列は必ず生まれるもの。 それが世の中。忘れてはいけない。 「どうせ一緒だろ。仲間だよ」と、 慰め合っていたら、上には登れない。 少しでも上を目指すべき。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『有芸大食』

    いまの時代、大食というだけで テレビ・雑誌に出ることができる。 これはもう、立派な芸だと言える。 また、 「○分以内に食べれば無料」や 「○人前食べれば無料」 というお店もあるので、 食費を0円で 済ませることもできる。 生きるための優れた能力である。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『風邪をひけば薬屋が儲かる』

    誰かが困っていると、 そこに金儲けの話が生まれる。 「人の不幸につけ込んで」 と思ってはいけない。 それが世の中。 ならば、 積極的に手助けしてあげれば良い。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『河童は川中で』

    時にはテリトリーを飛び出し、 冒険したいかもしれないが、 あくまでも生活圏は 川の中であることを 忘れてはならない。 別世界は魅力的だが、危険も多い。 たまに覗く程度がちょうど良い。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『奥方に絹を着せる』

    妻は、絹で包むように 大切にしなければならない。 夫を支え、見守り、 共に歩いてくれる。 夫が窮地に立てば、 身にまとっている絹を売ってでも 助けてくれる。 そんな存在は他にいない。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『絵に描いたオチ』

    ビジネスも恋愛も、 肝心なのは会話力。 「中身で勝負だ」 などと言ってみても、 それは相手に伝わらない。 しっかりと伝えるためには、 何度も何度も プレゼントークを予習すること。 すなわち、絵に描いてみること。 さらに、 会話には“オチ”を作ること。 決めの言葉。 途中失敗しても、オチが決まれば、 感動させることはできる。 何度もオチを絵に描いてみることだ。 人気ランキングに参加しています。…

  • 『Yahooをつついて白蛇を出す』

    ボーッとネットサーフィンなど、 してはならない。 ネットをするなら、 富をもたらす使い・白蛇を探せ。 すなわち、金儲けの種である。 隅をつついていれば、 思わぬ情報が飛び出すかもしれぬ。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『苦しい時の神なのに』

    お金に困って祈る時も 賽銭を取られる。 祈ってもうまく行かない時は、 「神の与えた試練だ」と言われる。 神に頼る時間があるなら、働け。 信じるべきは、己である。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『先は百八つの超』

    行く先々には、 己の煩悩と同じ数だけ、 試練があると思え。 それを超えて行くのも 素晴らしい人生だが、 煩悩の数を減らし、 試練を少なくするのも、 また人生なり。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『木上の楼閣』

    ツリーハウスのごとく、 少し不安定な木の上に建てた家は、 見晴らしも良く、 その緊張感ゆえに楽しくもある。 しかし、 地に足をつけた生き方をするなら、 地盤のしっかりした土地の上に 家を建てるべき。 これは、生き方の話である。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『五十歩五十一歩』

    似たり寄ったりで大差はない、 同じようなものだ、 と思うのは間違い。 一歩の違いは、実に大きい。 1位は注目されるが、 2位は存在しないも同然。 金メダルは歴史に刻まれるが、 銀メダルは過去の栄光に過ぎない。 とにかく、 人より一歩先に出ることが肝心だ。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『荒野の白袴』

    自分のスタイルを貫くことは尊い。 だが、荒野にあって、 動きにくいスタイルを守るのは、 愚か者である。 その場所に合った スタイルを知るべし。 それが賢者というものだ。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『後塵を排す』

    追従する者、 遅れをとる者を待つ必要はない。 その優しさが仇となる。 まだ来ないと 余裕を持つこともならぬ。 力を抜かず、前に進むべし。 ダントツにならなければ、 いつか抜かれてしまう。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『木を見て登らざるは勇なきなり』

    眼の前に大きな木があるなら、 何も考えずに登ってみることだ。 登って何になる、 怪我をするかもしれない、 と考えているようでは、 何も発見できない。 その木に登ることで、 進むべき道が見えるかもしれない。 宝を見つけるかもしれない。 登る勇気を持っていた自分に 驚くかもしれない。 理屈などいらぬ。登ってみよ。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『今日貧乏』

    私は貧乏だ、どうせダメだ、 何もできない。 そう思っている人には、 眼の前にチャンスが来ていても、 見えないものだ。 明日はいい日かもしれないと、 夢見る人にはチャンスが見える。 諦めなければ、 小さなチャンスも見逃すことはない。 人には平等にチャンスがある。 見えるか見えないか、ただそれだけ。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『チューすれば通ず』

    意見が合わない。気が合わない。 だから、話の真意も伝わらない。 そんな時は、相手にチューをする。 もちろん、心の中で。 そう思った瞬間、 心が笑って余裕が生まれる。 相手を受け入れる準備ができる。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『腹八分目に敗者おらず』

    腹八分目にしておけば、 腹をこわすこともなく、 医者にも掛からないと言う。 何でもほどほどにしておけば、 人生の敗者になることはないが、 成功することもない。 時には、満腹になるまで やってみなければ いけないこともある。 腹がはち切れるまで、 やってみるべき。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『畑を掘らば開かれん』

    物事のすべては、 畑づくりから始まる。 種を蒔く前にやるべきことだ。 土壌が整っていなければ、 どんなに珍しい種を蒔いても、 成長させるのは難しい。 どこにでも蒔けば良い というものでもない。 まずは開拓からだ。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『晴天の辟易』

    スカッと晴れた日は、 気持ちが良いものだ。 だが、それが続くと いろんな支障が出てくる。 時には雨も降らなければ、 作物は育たない。 動物も生きてはいけぬ。 人生には さまざまな天気があるものだ。 それがなければ、人も育たない。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『図鑑即識』

    少しでも暇があるなら、本を読め。 文字が苦手なら、図鑑を眺めろ。 眼から入る知識は身につきやすい。 それは、いずれ教養となる。 物知りは賢く見えるものだ。 人は見ためが9割と言う。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『老練の腕惜しい』

    世の中には、 腕に憶えのある 高齢者がたくさんいる。 しかし、忘れ去られようとしている。 この財産を次に伝えなければ、 二度と同じ技術は生まれない。 そんな人たちを集めれば、 新しいビジネスが生まれる。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『名を取りながら得も取れ』

    名誉だけでは食べてはいけぬ。 得をするだけでは、次が無い。 名誉を上手に活用して、 得する方向へ導け。 人はとかく「名」に弱い。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

  • 『無い袖はつける』

    無い袖は振れぬと、 時には開き直ることも必要。 だが、いつも逃げてばかりでは、 前には進めぬ。 たまには努力してみることも大切。 “たまに”なら、 気楽にチャレンジできるだろう。 人気ランキングに参加しています。 1クリックをお願いいたします。

カテゴリー一覧
商用