プロフィールPROFILE

しまいびとさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
しまいびと
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/npo-hc
ブログ紹介文
�・自分らしく生きるためにできること�・
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2017/12/14

しまいびとさんのプロフィール
読者になる

しまいびとさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 17,744位 16,822位 15,753位 14,818位 15,799位 15,803位 15,848位 978,489サイト
INポイント 0 20 10 20 10 10 20 90/週
OUTポイント 0 30 20 30 10 20 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 76位 74位 72位 67位 72位 71位 70位 5,500サイト
ケアマネージャー 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 124サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 30,485位 29,569位 28,029位 27,257位 28,919位 28,881位 29,813位 978,489サイト
INポイント 0 20 10 20 10 10 20 90/週
OUTポイント 0 30 20 30 10 20 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 151位 147位 132位 133位 145位 140位 146位 5,500サイト
ケアマネージャー 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 124サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,489サイト
INポイント 0 20 10 20 10 10 20 90/週
OUTポイント 0 30 20 30 10 20 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,500サイト
ケアマネージャー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 124サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しまいびとさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しまいびとさん
ブログタイトル
しまいびと
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
しまいびと

しまいびとさんの新着記事

1件〜30件

  • 当事務所について

    今更ながら、当事務所の紹介をさせて頂きます。独立型居宅介護支援事業所『あいネット』〒550-0015大阪市西区南堀江4-16-16ドメイン堀江503号TEL:06-7183-0713FAX:06-4980-4139Email:npo-hc@goo.jp管理者兼主任介護支援専門員高野秀紀当事務所の特徴としましては、①介護サービスを併設しておらず、介護保険法の趣旨に沿った公平中立なケアマネジメントを提供致します。②緊急時は可能な限り、24時間365日対応致します。③法人として、成年後見、任意後見、死後事務委任等を受任しています。の3点を挙げさせて頂きます。介護保険のケアマネジャーをお探しの方、大阪市内であれば、どこでも担当させて頂きます。お気軽にお問合せ下さいませ。よろしくお願い申し上げます。当事務所について

  • 書籍出版のご案内

    あさっての10月25日、日本加除出版さんから、『Q&A高齢者施設・事業所の法律相談介護現場の77問』という書籍が出版されます。本編は、弁護士さんや司法書士さんなど錚々たるメンバーが執筆されていますが、私も、僭越ながら本編とは別の部分で、3つのコラムを掲載して頂いております。私のコラムが役に立つかどうかは別として(笑)、この本はケアマネジャーや介護施設の方にとって、役立つこと間違いありません!ご興味がある方、事業所や施設の管理者の方など、ぜひ、ご活用頂ければと思います。よろしくお願い申し上げます!書籍出版のご案内

  • 愛犬が寝たきりになった話

    9月6日、14歳の愛犬が脳出血を発症しました。帰宅時に、嘔吐、けいれん、失禁状態だったため、動物病院の夜診に連れて行き、応急処置を受け、翌日精密検査をすることになりました。そのときすでに意識はなく、先生からは、「余命長くないことを覚悟して欲しい」と言われました。精密検査の結果、ヨークシャーテリア特有の免疫疾患が原因のようで、発症は防ぎようがなかったとのこと。意識不明の状態が続いており、投薬や点滴、導尿のため、毎日、朝病院に預け、夜引き取りに行く、という治療を続けました。そうこうしているうちに、意識は回復しましたが、目が全く見えておらず、耳もほとんど聞こえない、という状態。それでも、獣医さんや看護師さんたちが、完全看護で世話をしてくれました。ただ、仕事の都合で病院への送り迎えを毎日続けることができず、また費用的な...愛犬が寝たきりになった話

  • 居住支援法人との連携

    平成29年に、「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(住宅セーフティネット法)の一部を改正する法律案」が閣議決定され、『居住支援法人』という制度が始まりました。文字通り、「居住の支援を行う」ため、都道府県から指定を受けた法人で、主な業務として、高齢者や障がい者などの要配慮者に対して、①登録住宅の入居者への家賃債務保証②住宅相談など賃貸住宅への円滑な入居に係る情報提供・相談③見守りなど要配慮者への生活支援④①~③に附帯する業務を行います。また、①~④全ての業務を行う必要はなく、どの業務を行うかを事前に登録することができます。具体的には、〇入居前の支援(相談窓口や訪問等による相談対応や、不動産店等への同行、緊急連絡先の確保等)〇入居中の居住支援(訪問等による見守りサービスや、緊急時の駆けつけ対応...居住支援法人との連携

  • 介護サービスがサービス業と異なる点

    あるソムリエがこんなことを言っていました。お客様から、「この料理には、このワインが合うよね」と10万円のワインをご注文頂いたときに、明らかに、その料理にそのワインは合わない、むしろ別の1万円のワインの方がよく合うのに、と思ったとしても、そんな野暮なことは言わずに、そのまま10万円のワインを提供する、と言うものです。ここには2点の『プロ意識』が存在します。①お客様が美味しいと思っているのであれば、それが正解であり、そこを不定する必要はない。②あくまで売り上げを稼ぐのがソムリエの役目であり、例え1万円のワインで十分だとしても、10万円のワインが売れるのなら、当然にそちらを売る。①については、以前の記事でも伝えた通り、我々も意識する必要があると思いますが、②についてはどうでしょう?介護福祉の業界では、利用者が希望した...介護サービスがサービス業と異なる点

  • 成年被後見人、被保佐人の方の権利制限が見直されます

    以前の記事で、成年被後見人や被保佐人となった場合、職業上の制限等が生じる話をしました。我々の業界でいうと、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員などの資格を失うことになります。ただ、令和元年6月7日、「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律」が成立したことにより、成年被後見人等になったことで、一律に資格や地位を失うということはなくなりました。今後は、個別に審査、判断されることになります。以下、裁判所のホームページより引用します。これまで、各種の法律において、後見制度又は保佐制度を利用することにより、一定の資格や職業を失ったり、営業許可等が取得できなくなったりするなどの権利制限に関する規定が定められていました。令和元年6月7日に成立した「成年被後見人等の権利の制限に係...成年被後見人、被保佐人の方の権利制限が見直されます

  • しずかちゃんにはなれない自分

    アサーションとは、「相手を尊重しながら、自分の意見もきっちりと主張する。」という手法です。ネット上にたくさん解説がアップされていますが、その多くが『ドラえもん』のジャイアン(攻撃型)と、のび太(非主張型)としずかちゃん(アサーション型)の3人に例えて紹介されています。アサーションスキルを身につければ、たとえ意見がぶつかった場合でも、相手の意見を尊重し、また自分の意見もきっちり述べ、ときには譲歩し、ときには譲歩してもらいながら、お互い納得のいく結論を導くことができる、というものです。が、私は長年介護業界にいますが、正直この能力についてはあまり自信がありません。しずかちゃんのようなタイプとはほど遠く、どちらかと言えば、議論においては、自分の意見を強く主張するタイプだと思っています。例えば前回のブログの中で解説した不...しずかちゃんにはなれない自分

  • お客様は神様なのか

    『お客様は神様です』を英語に訳すと、『Thecustomerisalwaysright』になります。直訳すると、『お客様は常に正しい』という意味です。さて、この『お客様は常に正しい』は正しい考え方なのでしょうか?もう25年以上前、私がまだホテル学校の学生だった頃、『一流のサービス』について授業で議論し合った際、講師の先生がわかりやすい例を提示してくれました。真っ白な鳩を見て、「あの鳩は黒いね」とおっしゃったとしても、それはお客様が正しいと言うことには該当しない。一方、熱々のスープを出したつもりでも、「このスープちょっと温いわね」とおっしゃった場合、それはサービス側は真摯に受け止めなければならない。なぜならば、熱い、温い、冷たい、暑い、寒い、美味しい、まずい、きれい、きたない、嬉しい、嫌な思い、などの感覚は人によ...お客様は神様なのか

  • 独立型居宅介護支援事業所に掛かる経費

    独立型ケアマネをするにあたって、必要となる経費について、紹介したいと思います。≪毎月必要となる経費≫⇓【家賃】⇒一人ケアマネなら5坪で十分です。5~60,000万円【光熱費】⇒夏と冬で変わりますが、平均8,000円【介護ソフト】⇒クラウド型が便利です。6,000円【固定電話・プロバイダー】10,000円【携帯電話】8,000円【交通費】⇒どこへでも電動自転車ならほぼ0円【消耗品等経費】⇒トナー・文具・切手等、10,000円【税理士報酬】⇒税理士によって全く異なりますが、当方では、決算料込みで、月16,000円【交際費】個人によって異なります。【社会保険料会社負担分】給料設定によって異なります。【事務員給料】状況によって異なります。≪年間で必要となる経費≫⇓【税金】⇒赤字でも法人住民税均等割は必要です。70,00...独立型居宅介護支援事業所に掛かる経費

  • 独立型居宅介護支援事業所は食べていけるのか?

    独立型居宅介護支援事業所は食べていけるのか?という話をよく聞きます。利用者に対して、公平中立なケアマネジメントを提供したいと、熱い思いを抱いて、いざ独立を計画しても、『採算がとれない』という理由で断念する方も多いと思います。当方は、独立型居宅介護支援事業所を運営していますが、食べていけるかどうかと言われると・・・実際食べてはいけてます。今回は、独立型ケアマネに向く方、向かない方を、私的に分析したいと思います。【独立に向かない人】〇会社で出世をしたい人⇒大手の会社で出世しながら、役職を上げていく方が圧倒的に給料が高いです。〇休みは有給まで含めて全て取得し、プライベートと仕事をきっちり分けたい人⇒これはサラリーマンでないとできません。〇介護・福祉以外のことは苦手な人⇒会社を経営すると、税務、労務、各種手続き等様々な...独立型居宅介護支援事業所は食べていけるのか?

  • 意思決定支援という考え方

    介護や福祉の世界では、利用者と関わる際に、『自己決定を尊重する』ことが、基本中の基本になります。当たり前のことなのですが、自分で意思表示できない方や、判断能力が著しく低下している方の場合、この自己決定はどうすべきなのでしょう?この場合については、平成29年3月に厚生労働省から発出されている『障害福祉サービスの利用等にあたっての意思決定支援ガイドラインについて』の中に、「本人の自己決定や意思確認がどうしても困難な場合は、本人をよく知る関係者が集まって、本人の日常生活の場面や事業者のサービス提供場面における表情や感情、行動に関する記録などの情報に加え、これまでの生活史、人間関係等様々な情報を把握し、根拠を明確にしながら障害者の意思及び選好を推定する。本人のこれまでの生活史を家族関係も含めて理解することは、職員が本人...意思決定支援という考え方

  • コミュニティソーシャルワーカーという職種

    【介護を受けたい場所】①自宅⇒男性42.2%、女性30.2%②特養や老健等の介護保険施設⇒男性29.6%、女性30.3%③民間有料老人ホーム等⇒男性2.3%、女性3.0%④医療機関へ入院⇒男性16.7%、女性23.1%⑤わからない⇒男性6.6%、女性8.6%※内閣府「高齢者の健康に関する意識調査(2012年)」【完治が見込めない病気の場合に迎えたい最後の場所】①自宅⇒男性59.2%、女性43.8%②病院等⇒男性25.4%、女性36.6%③特養や有料、サ高住等の施設⇒男性8.5%、女性12.3%④わからない⇒男性4.9%、女性6.1%※内閣府「高齢社会白書(2019年)」という調査でも示される通り、大半の方は、最後まで自宅で生活することを望んでいます。一方で、【安心して住み続けるために必要なこと】は何かという質問...コミュニティソーシャルワーカーという職種

  • 炎天下のお引っ越し

    昨年の8月1日は、住吉祭でお神輿をかついでいました。が、今年は参加できず、炎天下の中、事務所の引っ越しをしていました。すぐ近くなので、業者さんに頼まず、自分で台車を押しながら、何往復もしていたら、すっかり真っ黒に日焼けてしてしまいました。そして、全身が筋肉痛・・・。さて、当法人は大阪市内で、独立型の居宅介護支援事業所を運営する傍ら、後見人の受任や、終活、死後事務、不動産等の相談、及び、様々な機関での研修講師などを行っています。事務所も移転し、心機一転頑張ります!ご相談は、下記までお気軽にご連絡下さいませ。NPO法人ホスピタリティ・ケア理事長髙野秀紀npo-hc@goo.jp炎天下のお引っ越し

  • 特別寄与制度が始まりました

    2018年7月、民法が改正され、相続について約40年ぶりに大きな見直しが行われました。すでに今年の1月に施行された「自筆証書遺言の緩和」(⇒財産目録をパソコン等で作成可能)や2020年4月に施行予定の「配偶者居住権の創設」(⇒遺産分割において自宅での生活を続けながら、他の財産も取得できるようになる)等を除けば、大半はこの7月1日から施行となります。この改正に関する詳しい内容については、すでにホームページ上に、様々なわかりやすいサイトが確認できますので、ぜひ検索して調べてみてください。今日は、この7月から施行された改正点の中で、『特別寄与制度』について取り上げてみたいと思います。簡単に説明すると、『相続人以外の【親族】が、【無償】で被相続人の、【介護や看護等】を行った場合に、相続人に対して、金銭の請求ができる』と...特別寄与制度が始まりました

  • 私の死を誰にも知らせないで

    「身寄りはいません・・・、」「いや兄弟がいますが、何十年も前に縁を切っているので、生きているのか死んでいるのかもわかりません。」「だから、私が死んでも兄弟やその家族には知らせないで下さい。」まれにですが、このような相談を受けます。さて、この希望に沿うことができるのでしょうか?遺言書を作成していない場合、兄弟姉妹(死亡の場合は甥姪)は、法定相続人となります。ですので、いずれご本人の死を知り、かつ遺産を相続することになります。では、遺産を渡さないために、「全財産をどこかへ寄付する」という遺言書を作成した場合はどうでしょう?兄弟姉妹には遺留分がありません。ですので、その遺言書の通り全財産寄付されることとなります。では希望通り、ご本人の死は兄弟へ伝わらずに済むのでしょうか?残念ながらそうはなりません。『遺言執行者は、遅...私の死を誰にも知らせないで

  • セルフネグレクトとバーンアウト

    この一年間で、高齢男性の一人暮らしのゴミ屋敷を掃除したことが4回あります。つまり大変なゴミの中で生活している4人の高齢者と出会ったわけですが、それぞれその状態に至った経緯は全く異なります。ある方については、おそらく直近までは不自由なく生活していたと思われ、転倒と急な病気により、身体的に掃除をすることができなくなり、またその助けを求めることもできず、こちらが関わり始めたときには、すでにゴミの中で生活することになっていました。この場合は、セルフネグレクトとは言いません。一方、足が埋もれてしまうほど積み上げられた数年分のゴミの中で生活している方もいました。その方はこちらが関わり始めた当初は、一切の支援を希望されず、私の顔を見る度に、近所の方が驚いて様子を見に来るほどの大声で、「帰れ!」と怒鳴っておられました。その後一...セルフネグレクトとバーンアウト

  • セルフネグレクトとアウトリーチ

    『セルフネグレクト』とは、成人が通常の生活を維持するために必要な行為を行う意欲や能力を喪失し、自己の健康や安全を損なうこと、と辞書に記載されています。高齢者によく見られるのは、介護・医療サービスの利用を拒否することなどにより、社会から孤立し、生活行為や心身の健康維持ができなくなっている、といった状態です。この『セルフネグレクト』は、高齢者虐待防止法の対象外ですが、セルフネグレクト状態にある高齢者は、認知症のほか、精神疾患・障害、アルコール関連の問題を有すると思われる者も多く、それまでの生活歴や疾病・障害の理由から、「支援してほしくない」「困っていない」など、市町村や地域包括支援センター等の関与を拒否することもあるので支援には困難が伴いますが、生命・身体に重大な危険が生じるおそれや、ひいては孤立死に至るリスクも抱...セルフネグレクトとアウトリーチ

  • 尊厳ある介護とは

    だいぶ前の話になりますが、こんな判例があります。デイサービスを利用していた80代の女性が、帰宅前にトイレに行こうとしました。トイレの前までの移動は職員に見守られ、トイレの中に入ろうとした際に、「一人で大丈夫だから」とトイレ内の介助を拒絶されました。その女性に、認知症はありません。その直後、トイレ内で転倒し、大腿骨を骨折、後遺障害が残りました。そのことで、デイサービスに損害賠償を求め、訴えを起こしました。その結果、、、デイサービス側の過失が認められ、1000万円を超える損害賠償の判決が下りました。ここで、判決の理由を一部紹介させて頂きます。『確かに、要介護者に対して介護義務を負う者であっても、意思能力に問題のない要介護者が介護拒絶の意思を示した場合、介護義務を免れる事態が考えられないではない。しかし、そのような介...尊厳ある介護とは

  • 明日は四天王寺へ

    前回、「アドバンスド・ケア・プランニング」の話をしました。実は私が以前、任意後見契約を締結し関わらせて頂いた高齢者の方が、「リビング・ウィル」を申し込み、いつも会員証を携帯されていました。その方は、ガンで亡くなられたのですが、元気なときに申し込んだ意思のまま、最後の最後まで一切の延命治療を拒否し、それどころか点滴さえも受けず、穏やかに天寿を全うされました。最後の数ヶ月は私も頻繁にお会いし、いろいろな支援をしました。そして、一番最後に頼まれたことが、「世話になった隣の人に、百貨店で最高のお茶を買って届けて欲しい」というものでした。「隣の人はいろんな病気があって、お菓子などは食べられないから、お茶がいいの」ということだそうです。自分も一切の治療を拒否し、とても大変な状況の中で、なお他人のことを思いやれるその心に、「...明日は四天王寺へ

  • アドバンスド・ケア・プランニングは浸透するか?

    『アドバンスド・ケア・プランニング』という言葉をご存知でしょうか?昨年、『人生会議』という愛称に決まりましたね。命の危険が迫った状態になると、約70%の方がこれからの治療やケアについて、自分で決めたり人に伝えることができなくなるそうです。そこで、治療やケアに関する方針を元気なうちに決めておきましょう、という取り組みです。そうすることによって、万が一のときに、自分の家族などが自分の代わりに決断を下すための重要な手助けになるわけです。この制度については、厚生労働省のホームページにわかりやすいパンフレットがアップされていますので、そちらをご参照下さい。さて、この『人生会議』は今後浸透するのでしょうか?「リビングウィル」などと同じく、『人生会議』で決めた意志は尊重されますが、法的強制力はありません。しかし、法的強制力が...アドバンスド・ケア・プランニングは浸透するか?

  • 最近のCMを見てふと思う事

    介護業界の方には、CMと言えばケアマネジャーのことですよね。今回はケアマネではなくて、テレビコマーシャルのことです。私は昭和50年生まれの43歳の中年男性です。最近CMを見ていると、自分の青春時代を思い出させてくれる、懐かしい音楽がよく聴こえてきます。学生時代~20代前半くらいの、自分が音楽をよく聴いていた時代の歌を耳にすると、なんとなく嬉しいもんです。皆さんもそうではないでしょうか?さて、私がそう感じると言うことは、私と同年代の皆さんも、同じように思っておられる方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?さて、これってどういうことなんでしょう?1980年代、90年代に素晴らしい音楽がたくさんあったから?もちろん、それもあるでしょう。でも、ちょっと違う考えを持っています。購買やサービス利用に影響力のある人に、...最近のCMを見てふと思う事

  • 公平か平等か

    私は仕事のスタンスとして、なんでもかんでもこちらで行うことはせず、利用者お一人お一人の状況に応じて、必要なことのみ支援するということを意識しています。すると、たまに他のスタッフから、「人によって対応を変えるのは不公平ではないですか?」と言われることがあります。それに対して私はいつも、「不公平ではなく、不平等であり、人によって対応を変えるのは、極めて公平なことですよ。」と返答します。私はこの世の中のほとんどのことは、公平に考えられている、またはつくられていると思っています。介護業界もしかりです。公平に対応するということは、その人その人の状況によって対応を変えることです。例えば、一人暮らしの人と、同居家族のいる人、お金に余裕のある人と、ギリギリの生活を送られている人、思うように体が動かない人と、わりと元気な人、など...公平か平等か

  • 料理脳

    わけあって今月から一人暮らしをしています。が、私は料理が大の苦手なんです。。。昔バーテンダーをしていたので、包丁はそこそこ使えますし、レシピがあれば、それ通り作ることはできるのですが、冷蔵庫に今ある食材で何が作れるか?ということは全く思いつきません。やはり料理をするということは、かなり脳を使うようで、特に前頭葉の活性化につながるとのこと。料理が上手な人はそれだけで尊敬します。特に、いきなり訪問した利用者宅の冷蔵庫の中を見て、今日は何が作れるかを瞬時に判断し、テキパキ時間内に料理をしてしまうヘルパーさんには、本当に頭が下がります。一人暮らしを続けていると慣れるのかなぁ、と思いつつ、今日も結局何か買ってこようかな(笑)料理脳

  • 住吉祭

    今日は、大阪の住吉大社の住吉祭の日です。今年はひょんなことから、住吉祭のお神輿をかつぐことになりました。先日、練習と神輿洗神事というのに参加しましたが、これがなかなか大変…。当然ながらむちゃくちゃ重たいですし、終わった翌日は、肩が真っ赤で皮がむけて、全身が筋肉痛…。でも、昔のアメフト部時代の部活動を思い出して、かなり楽しんでいます。このようなご縁を頂けたことに感謝です。また、今年は母校が10年ぶりに甲子園出場とのこと。いつもと違う楽しみのある夏になりそうです。では、住吉祭へ行っていきます!住吉祭

  • やるかやらないか

    私が会社を立ち上げる際に、先輩社長から、これから何か大きなことをしようと思ったときに、それが自分に『できるかできないか』ということを考えると、人間は弱いので、必ず『できない』という結論にたどり着いてしまう。『できるかできないか』ではなく、『やるかやらないか』をまず決めなさい。そして『やる』と決めたら、『できる』ように考えていくものだ。というようなことを言われ、心に響いたのを覚えています。これまで、「自分も独立したい」という相談を、何件かお受けしたことがありますが、私も、先輩社長のこの言葉を、そのままその人たちに伝えてきました。本気でやりたいことが見つかれば、まず『やる』と強く決心し、その道に一生懸命進めば、必ず『できる』ようになるものです。自分の限界を決めずに、チャレンジし続ける人生ほど楽しいことはありません。...やるかやらないか

  • ホスピタリティ・ケア

    約10年ほど前に立ち上げた私の会社の名前は、「ホスピタリティ・ケア」と言います。「ホスピタリティ」とは、「おもてなしの心」や「思いやり」を表す言葉です。私は元ホテルマンであり、20年前、介護業界に転職した私にとって、職員の利用者に対する、ため口や横柄な態度が当たり前のこの世界に、強い違和感を感じたのを覚えています。自分の会社を作る際に、自分は決してその色に染まることがないよう、また常に高い意識を保てるよう、会社名に『ホスピタリティ』という言葉を入れました。『おもてなしの心』をもって『介護サービス』を提供するためです。我ながら、いい会社名だと思っています。まだまだ道半ばではありますが、初心を忘れることなく、これからも精進していきたいと思います。ホスピタリティ・ケア

  • 最後を迎える場所

    先日参加した研修で、ターミナルケアについて勉強しました。「ターミナルケア」とは、終末期の医療や介護のことを表します。最近は、自宅で最後を迎えたいと望む人が多くなっており、それが可能な医療・介護体制が整備されつつあります。ただ、その研修の中で、本人は、最後まで自宅で過ごすことを望んでいたのに、あとから現れた家族の、「自宅で死なれたら、家を売るときに価値が下がる!」という理由で、希望が叶えられなかったケースが紹介されました。なんとも悲しい話ではないでしょうか。ただ、やはり今の日本では、まだそのような考え方が多数を占めているのだと思います。自宅で最期を迎えるということは、本人の強い意志に加え、本当に良い周りの支援者に恵まれなければ実現しません。実は、とても温かいことなのですが、まだまだその感覚が浸透するのに時間がかか...最後を迎える場所

  • 介護業界に入ったわけ

    私が介護業界を目指すことになったのは、ちょうど20年前に、ニュージーランドで暮らしていたときの出来事がきっかけです。ワーキングホリデーで渡航し、アルバイトはしていたものの、結構暇な時間もあったので、日がな毎日78歳のイギリス人の男性に、英語を教えてもらいながら、遊びにも連れて行ってもらっていました。よくそのイギリス人は、私を友人宅に連れて行ってくれました。もちろん、その友人たちもほとんどお年寄りの方ばかりです。そんなある日、いつもと同じように友人の一人のお宅を訪ねました。その友人は、90歳で両足がなく、一人暮らしをしている女性でした。私たちをベッドの上から出迎えてくれたその90歳の女性は、車いすに移り、私たちにコーヒーを淹れてくれようとしました。単純に両足がない老人が一人で暮らしているのにもビックリでしたが、そ...介護業界に入ったわけ

  • 日大アメフト部

    久しぶりの投稿です。介護系のブログとしては、全然関係ない内容なのですが、私も元アメフト部であり、いてもたってもおられず、更新させて頂きました。日大アメフト部の監督とコーチ…絶対に許せません。アメフトは基本的に激しいコンタクトスポーツであり、『相手を潰す…』というのは当たり前のことなんです。だから、ピンポイントで誰かを潰せ!なんてことは試合前に普通は言われません。『目の前に立ちふさがる者全てを、叩きのめす!』ぐらいの覚悟で皆頑張っているからです。要するに今回の、「クォーターバックを潰してこい!」というのは、はっきり言って、「どんな手を使ってでもやり遂げろよ!」という意味に受け取っても仕方ないでしょう。今回の事件…もちろん日大アメフト部の幹部は全員やめるべきでしょう。ただ、私は日大アメフト部そのものを、もう廃部すべ...日大アメフト部

カテゴリー一覧
商用