searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

りんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
どうにかなるさ!不登校
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/rin082209221107
ブログ紹介文
小6秋から中学校三年間 完全不登校だった息子。 現在 通信制高校ネットコースの一年生。 不登校支援のサポートを受けながら、ゆっくりゆっくり亀のように前を進む息子。 子どもを信じて 見守る 母の独り言を綴っています。
更新頻度(1年)

127回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2017/10/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、りんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
りんさん
ブログタイトル
どうにかなるさ!不登校
更新頻度
127回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
どうにかなるさ!不登校

りんさんの新着記事

1件〜30件

  • 末っ子は変わっている?!

    一緒にテレビを観ていたら、有名な振り付け師さんが末っ子って。三男「やっぱりな。末っ子は変わってるんだよ。」妙に納得してる。うちの三兄弟は、上2人は、高校から大学へ。長男は、非正規だが、堅い仕事。今、就活しているが、いずれにしても、堅い仕事、勤め人になると思う。次男は、国立大工学部で大学院に行くか就職か考え中。三男は、中学校には、全く行かず、高校はネットの高校。最先端な感じ。この先どうなるのかは予想出来ない。三男は、普通に学校行った子どもとは、異なる考え方をしているのは、間違いない。世の中に出た時、普通の人と違う発想が活かされればいいのにね~。起業とかしたりして。三男も自分が変わってることを良い方に考えているようで、それならいいっか(^^)v末っ子は変わっている?!

  • 不規則なバイト。

    バイトの日も時間もその都度違う。一週間ごと、本人が行ける日を申告し、店長さんが振り分けるようだ。三男は、時間に自由だから、空いてる時間に入れられているのか、本当にいろんな時間帯。本人もよく失念せず行けてるなって思う。バイトの前日には、制服等を用意している。毎日同じ時間に行くより、その方が向いているのかなぁ。今は、週3にしている。勉強するからと。高2の履修科目のうち、必修科目以外は、勉強するのを辞めたいと言ってきた。どうぞどうぞ・・・無理は禁物。本人理系か文系かもわからず選択したのだから。私も旦那も長男も文系。数学が苦手。教えてもあげれないし。不規則なバイト。

  • 勉強は疲れる。

    バイトを減らし勉強の時間を確保するって~。でも勉強が進んでいるかどうかは不明。勉強している姿を見たのは、一度だけ。「勉強しなきゃな。」と呟いている姿は見せる。サポート校に行った翌日は、一日中寝てる。すこーしだけモヤモヤするが、大丈夫だと思えるのは、三男が成長してるのか、それとも母の意識が変わったのか。どっちなんだろう?勉強は疲れる。

  • やっと 腰をあげた?!

    三男教科書持ってる?もしかして勉強してる?三男の部屋を覗いたら、机の上にパソコンを開けてる。久しぶりに勉強してる姿・・・やっとやる気になったか。実は、「勉強してるの?」さらりと、押していた。でも三男はあまのじゃく。ここで「勉強始めたのね~。」って誉めたなら、勉強しなくなる。なので、見ても知らんぷりを決め込む。三男から言い出すまでは。やっと腰をあげた?!

  • 8月の電気料金。

    暑すぎるー!!!我が家の電気料金7月の2倍くらいになりそうです。三男は、エアコンを着けたまま、出かけていたのを父さんに見つかってしまい、注意されてた。父さんついでに「いつも何度にしてるか?」「空気清浄機も消すように。」日頃思っていることを次々付けたし。ここぞ!って、いろいろ言うのは、ダメよー!三男ヤッパリキレる。「もうエアコン着けない!」いやいやこの猛暑エアコンつけなきゃ。すると設定温度を30度にしてた。本当にあまのじゃくなんだから。さて父さんお風呂、追い焚きスイッチを入れてるし思わず何してるん?って聞いたわ。「お風呂ぐらい自分の好きなようにさせてくれ。」って~。いやいやお湯もガンガン入れてるし、あなた一番最後に入ってるんだよ。ならば三男に設定温度のことを意見しないでよ。8月の電気料金。

  • 目標さえ見つかれば。

    長男の中学校の担任の先生は、私の高校の同級生だった。浪人4年して、大学に入ったらしい。(子どもから聞いた。)確か隣のクラス文系男子。なのに理科の先生。かなり頑張ったみたい。高校の頃から先生が目標だったのかなぁ?本人から直接聞くことは出来なかった。なんせ会うのは、三者懇談のときぐらいだったから。長男が関わった中学校の先生は、いい感じだったな。部活の先生は、高校卒業後目標が見つからず進学もせずプータロー。偶然会った先生に「先生になってみたらどうか。」と言われ、一念発起したらしい。目標さえ見つかれば、人って頑張れるんだなぁ~。目標さえ見つかれば。

  • 大学に行く意味。

    三男は、大学に行くと言うが。何を勉強したいかは、不明。〇〇大学卒って肩書きが欲しいだけ。最終学歴にブランドが欲しいだけ。そんな気持ちだけで大学に行く意味あるのかな。だいたい勉強しないのにそんなブランドになり得るような大学行けないわ。その現実には、目を背けてる。大学に行く意味。

  • サラッと一言・・・。

    三男のバイトのシフトは、いろいろ。昨日は、17:00~21:00今日は、9:00~15:00さすがにお疲れ。いつもは、自転車なんだけど。今日は送って!って。私が休みだったから、甘えが出たのかもしれんけど。送って行ったら、迎えに行くことになる。帰りの車の中で「疲れた~。」を連発。ただ聴くのみ。「でも、今日いくら稼いだかな。」計算しだす。「まっいいかぁ。」それでも「疲れる。」を連発。今週週5だもんね~。母「だったら、ちょっと休んだら。一応高校生だから勉強しないといけないとか言って。」三男「再来週休む。」母「本当に勉強。やることはやらんと。」三男「わかった~。」いつもはもっとサラッとなんだけど。今日は少し突っ込んでみた。本当に少しだけ。本当は言いたいこともっとあるのは気づいてるんじゃないかな。サラッと一言・・・。

  • 山が教えてくれること。

    いつも行く山いろんなコースがある。王道もあれば、横道もある。近道だと思って進んだら、実は草ボウボウのとんでもない道で、目的地から外れたり。それでも頂上を目指して歩いて行けば、到達できる道がいくつもある。不登校って、王道ではなく、横道にそれちゃったってことかなって思う。でも、前を向いて歩いて行けば、同じように頂上に行ける。立ち止まって動けなくなっているときは、少し休めば前を向いて動けるのかもしれない。でも、本当にどっちに進めばいいのかわからなくなっているなら、地図を広げ(今はスマホ)落ち着こう。とりあえず歩いていたら、どうにかなるかもしれない。でも、先導してくれる人がいればもっと楽になると思う。一人じゃ行けない道もあるし。いろんなことを考えながらいつも山を歩いている。山が教えてくれること。

  • 息子と一緒に山歩き。

    三男を山歩きに誘ってみた。行くって~!さて当日起きてくる気配なし。そりゃ~この暑さ・・・。ダメ元で声かける。三男「何時から行く?」本当に行くの?余計なことは言わず待とう。そのうち昼過ぎ起きてきて・・・。お昼ご飯を食べて、出発!父さん先回り発言連発。「水分をとらないと熱中症になるぞ。」「休憩しないと、上まで上がれなくなるぞ。」「お茶が無くなったら、父さん予備持ってるからな。」「まだまだ階段だぞ。大丈夫か」何度も「大丈夫か?」と声かける。それじゃ大丈夫なものもそうじゃなくなる気がしてくる。その声かけに応じる三男。今の三男なら、無理なら無理って言えるはず。成長してるのよ。三男も。父さんも母さんもハァーハァーと登っている脇を颯爽と追い抜く三男の後ろ姿を見てごらんよ。先で待ってることもある。道の先が不安なときは、道を譲る...息子と一緒に山歩き。

  • 責められている気がする!

    「〇〇(長男)に責められた!」なんで?三男が長男にwi-fiが繋がらないと聞いたら、「ちゃんと接続したのか。繋がらないなんてありえない。」そっかぁ。なかなかフォローしてくれなかったのか。三男「〇〇(長男)は、否定から入るし。」わかってるじゃない。でも気持ちが収まらず、訴えてきたのね。成長してるね!三男。わかるよ~まずは受け止めてほしかったんだよね。責められている気がする!

  • 再び 山歩き・・・久しぶりの海。

    猛暑だけど直射日光をあびなければ、意外に外の方が涼しかったりする。盆休みで、家でずっとダラダラしている旦那を誘って、木蔭を求めに出かけた。やっぱり暑い。山から降りれば海岸へ。瀬戸内海は、小さな島が点在する。一番奥に霞んで見えるのが、四国かな。子どもが小さかった頃、海水浴にきたこともある。以前も人が少なかったけど・・・。再び山歩き・・・久しぶりの海。

  • 猛暑の中 山歩きでの冒険。

    朝から日射しが強い。でも、日射しを避ければ風がある。旦那と山歩きに出発。日射しを避けようと脇道を進む。誰も通った形跡が無い。枝に付けられた赤いテープを目印に進んで行く。ザザッ!丸い姿が2つ走り去った。たぶんたぬき?猪もいるかも。途端に怖くなる。引き返すのも怖いので前に進む。こんな森の中で迷子になりたくない。休憩もせず、前に進んだ。その後やっと森から脱出。一人じゃ行かない!冒険の道だった。写真を撮っておけば良かった。たぶんもうあの道を通ることは無いわ。普通の山道でも日射しは遮られて風が気持ちいい。さすがに人はいない。山道を歩いていても旦那は昆虫。私は植物。観ているところは全然違う。それでいいかな。子育てでも、観ていることは違うなって思う。同じ方向なんだけど。山中にあるお寺で手を合わす。「家族が健康で笑顔でいられま...猛暑の中山歩きでの冒険。

  • 道に迷う。

    長男に車で送ってほしいと言われ出発。私の車にはカーナビは無い。行きは長男のナビで目的地へ。長男を送りさぁ帰り。「どっち~?」北も南もわからない。標識もよくわかならない。スマホのナビ起動。でも、なんか同じ所をぐるぐる回ってる気が。コンビニの駐車場で、確認。とりあえずどっちに出るの~?落ち着こう!マップでもう一度確認。なんとかわかる道に出て一安心。迷いながら、変な汗をかきながら急ぐわけでもないのに・・・。まるで人生みたい(大袈裟)私って、いつも焦ってしまう。今までだって子育ても。のんびりしているようでスイッチが入れば焦りまくり。・・・・・・・旦那と山歩き。先日ママ友グループで行った山へ。道を憶えているはずと先導するが、さっぱり・・・。やっぱり道に迷う。一人じゃ行けないわ~。蛇発見。どこにいる~?道に迷う。

  • 夢を諦めた言葉。

    今になって思い出した。私が、高校生の時懇談で言われた。「そんな夢無理だ。」その当時の私の夢は、スチュワーデス。(いつからCAになったんだろう?)中学校までは、英語が好きで得意だった。高校に入ってから伸び悩んでいた。咄嗟に担任に「スチュワーデスじゃなくても英語が活かせる仕事に就きたい。」食い下がったが、「そんな仕事は難しいぞ。おまえに出来るのか。」その言葉をそのまま受け止めて目標を無くしてしまった。本当にやりたければ、頑張ったはずだ。わかっている。その後「同じ位の成績だった〇〇さんは、〇〇番位になっているが、おまえは、下がるばかり。〇〇さんのように頑張れないのか。」その言葉に奮起する生徒もいただろう。すごく傷つき落ち込んだのは憶えている。私は、あああ仕方ないなって、出来ないのかと投げ出してしまうような生徒だった。...夢を諦めた言葉。

  • オンラインで、三者懇談。

    オンラインで高校の先生と三者懇談。三男の通信制高校は、ネットコースなので、コロナでなくても、オンライン。三者懇談の日なのに直前までバイトしていた三男。zoomをパソコンにインストールしてなくて、スマホで三者懇談。卒業後の進路を聞かれ「大学進学。」勉強の進捗状況を確認する先生。わかっていますよ~全くしてないです。先生失笑!!!!!そりゃそうだ。こんなに「失笑」って言葉が当てはまる時ってないわ~(笑)この状況に、子どもに任せているって話している親もどうかしとるなぁ(笑)三男は「どうにかなると思います。」先生は、「大学進学するなら、勉強を進めないと。困るのは、自分だからね。」三男「はい。」ああ・・・どこまでわかってるのかしら。毎日ゴーヤ料理!プランターで育ったきゅうり。野菜が高騰している時期に有り難い。オンラインで、三者懇談。

  • 何事も 目標がないとね~!

    最近の趣味は、山歩き。今は、近所の山を歩いている。週末は、旦那と風景や草花昆虫を観察しながら、山頂を目指して歩いている。まっ低い山なんだけど、それなりに達成感もある。月に一度は、ママ友達のグループで出かけている。みんな子ども達から手が離れ、自分たちの楽しみを見つけようとしている。一応山ガール。みんな装備を整えるのも楽しみ。ママ友達とは、三男が不登校になってから少し遠のいていたんだけど。三男のこともよく知っているママ友達だからの良い一面だけで、付き合えるようになった気がする。他の子ども達のことが気にならなくなっている。我が子と比べたりしなくなった。誰とも比べたりしなくなった。山歩きの目標は山頂まで登ること。何事も目標がないとね~!

  • 梅雨明け。

    昨日は、梅雨明けしたはずなのに、夕方雷なって大雨。仕事から帰って買い物に行こうと思ってたのに。大雨警報洪水警報も出る始末。冷凍庫からごそごそ材料出して、夕ご飯作り。そのうち晴れ間が出て・・・虹が見えたらしい(残念見れず)梅雨が明けたと思っても油断は出来ない。これって不登校引きこもりじゃなくなっても何が起こるかわからんってこと!ネガティブに考えてしまった。でもね雨もずっと続かない。そう考えればいつかは晴れるって~!思考の癖を変えていかなくちゃね~。梅雨明け。

  • 梅雨明け。

    昨日は、梅雨明けしたはずなのに、夕方雷なって大雨。仕事から帰って買い物に行こうと思ってたのに。大雨警報洪水警報も出る始末。冷凍庫からごそごそ材料出して、夕ご飯作り。そのうち晴れ間が出て・・・虹が見えたらしい(残念見れず)梅雨が明けたと思っても油断は出来ない。これって不登校引きこもりじゃなくなっても何が起こるかわからんってこと!ネガティブに考えてしまった。でもね雨もずっと続かない。そう考えればいつかは晴れるって~!思考の癖を変えていかなくちゃね~。梅雨明け。

  • 三者懇談。

    来週は、通信制高校の三者懇談。リモートで。どんな感じになるなかなぁ?話をすることも無いなぁ。三男勉強していないし。サポート校のくまモン先生には勉強のことお願してるんだけど。本人の希望で中学英語をしているようで、何せ中学校3年間の勉強が抜けてるから、基礎からって感じなんだと思う。もっと本人の気持ちさえ上がれば、そんなのすぐに終わらせることが出来るはず。でもゆっくりみたい。サポート校というより居場所なんだよね。友達とゲームしたり、おしゃべりしたり。それはそれで大切な時間なわけで。これって引きこもりを経験してるからこそまっいいかぁ!って思うんだろうな。この夏初めての収穫三者懇談。

  • 未来の自分。

    「2023年俺は何をしてるのかなぁ?」うーんと。3年後か・・・働いてるかな?それとも大学生?専門学校行ってるかな?どうだろうね~??「そっかぁ大学生か~」なんだか夢見るようにニヤついている。思わず「じゃ勉強しないとね~。」と、言いそうになるが我慢。何か・・・楽しいことが2023年にあるらしい。良いじゃない。未来に楽しみがあるなら。我が家のミニトマト。完熟は、とても美味しい。未来の自分。

  • 不登校 引きこもり の オススメの本を読む

    今は絶版となっている「不登校ひきこもりこころの解説書」図書館で借りて読みました。たぶん不登校になってすぐにも図書館で借りてはみたものの、チラッと見ただけで、返却したように思う。その当時は、子どもの気持ちよりも子どもを不登校にしてしまった親は、どうしたらいいかを本の中に見つけようとしていたから。今は、不登校でいろいろ学びすんなり内容が入ってきた。通信制高校の教師としての関わり方がまさに三男が支援してもらっているくまモン先生と同じだった。まるでうちの息子?みたいな記事も不登校引きこもりのオススメの本を読む

  • 引きこもり。

    最近のテレビを観て思うこと。引きこもり・・・長期間になる場合、第三者が必要。「家、ついて行ってイイですか?」代々木のゴミ屋敷に住んでる仙人68歳何年か前に観た時にも衝撃過ぎたが、今回は別目線から考察。大学受験に失敗したのがキッカケで引きこもりになってしまったようだ。自分は頭が悪いし、身体が弱かった。その頃から時間がずっと止まっているかのよう。初めて会ったはずのテレビのディレクターにも親切で歓迎している。テレビで放送されたのをキッカケで人と話すことが楽しくなっている様子だった。顔色も良くなっていたし。テレビの取材という第三者で長い長い引きこもりから少し前を向いてきた感じ。語ることが、過去ばかりじゃなくなってた。次はキムタクのドラマ20年間家から出たことの無い引きこもり。小学校の同窓会に出席するために警護を頼むんだ...引きこもり。

  • 笑顔。

    心配すればキリが無いけど笑顔を見れば、もうそれだけでいいって思う。その今だけで。さて三男。通信制高校のレポート全く出してない。でもスクーリング申し込んでたし、彼なりに考えてるんだろうって思うことにした。今日は、9時からバイトだったけど、急に8時からってお願いされて「俺そんな時間に起きれる気がしない。母さんどうしよう?!」「無理なら断ればいいじゃん。どっちでも自分が良いようにすれば~」結局7時前から起きて用意して行った。でもいつもは自転車なんだけど「送って~。」と父さんに頼んでた。そうやって自分の気持ちを訴えてきたり、お願いしてくれるのって、良い~。長男は働きながら、今年も就活中。先日は、試験を受けたけどたぶんダメだったようだ。何にも言わないからわからない。でも様子を察するに・・・。内定辞退して頭を下げて実家に戻...笑顔。

  • 定額給付金。

    以前から、勉強用パソコンは買ってあげるって約束していた。で気に入ったのをネットで見つけたって~!早速、注文。私のクレジットカードで支払い。性能なんかよくわからないけど。予算内だったし、本人が決めたんだから、こころよく買ってあげる。ゲームに使うんじゃないよね~。ゲーム用なら、自分のバイト代で買うように常々言っている。三男「あのお金もくれないと~。」えっ?何のお金?父さんの口座に振り込まれた三男分の定額給付金のことらしい。はぁ・・・!!!扶養されてる身でそんなこと言うの?定額給付金。

  • 留年。

    相変わらず、勉強していない三男。通信制高校のレポートの進捗状況は、ネットで把握。堪らず、父さんが「いい加減勉強したら。父さんも一緒にしようか。」三男「そういうのが嫌なんだよ。やる気無くす。」「留年していい?」父さん「そりゃ~ダメ。勉強して大学に進学しなくちゃ。」三男「もうそんなのいいや!」ああ・・やっちまった!父さんの先回り。留年。

  • 破顔一笑!

    「意外に高くてビックリした!」発達障害の本のこと。古本屋さんで、100円しないと思っていたようで。「生きづらさを感じてるの?そうなん?」「いや~(笑)本当にそう思っていたら、こんなところ(リビング)には置かないよ~。」「そうよな。でも何で買ったん?」「なんとなく。母さん興味あるなら読んだら~。」三男笑いながら話す。「母さんいろいろ妄想したよ~。」破顔一笑!

  • 生きづらさを感じているの?

    リビングに置かれていた本三男が買って来たようだ。悩んでるの?とりあえずそっと置いておこう。三男は、言葉が遅く、自分の気持ちを言葉にするのが苦手で、それが為に、理解されないことがあり、発達障害かなって思ったことあった。自分でも何かしら生きづらさを感じて、本を手にしたのかも。でも、自分で気づいて対処しようとしてるのなら、すごい成長。押し寄せてくる妄想をそんな気持ちで締めくくった。生きづらさを感じているの?

  • 引きこもりからは脱出したが。

    通信制高校のレポートが全く進んでいない。本人は、「6月になったら」でももう6月も20日過ぎた。期限は6月15日だった・・・・・。サポート校って言っても、本人の気持ちを優先して週一度中学英語をやり直している状態。本人は、それだけで満足してる様子。行けば友達もいるし。でも・・・レポートも。私が言うよりもと、くまモン先生にお願いした。ところが、本人「嫌だ。やりたくない。」って言い出したようで、くまモン先生もお手上げ。その嫌って気持ちは、今までとは違うと言うらしい。もともと勉強には苦手感あり。引きこもりからは脱出してバイトしてるからそれでいいなら、高校卒業しなくてもいいって思ってるなら、サポート校に行く必要無いんじゃない?サポート校にもお金かかってるんだから。でも行かなくなれば、本人の気持ちの拠り所も無くなるし。やっぱ...引きこもりからは脱出したが。

  • 新聞の人生案内から。

    新聞の人生案内には、必ず目を通す。「自己肯定感低い大学生の娘」自己肯定感が低く、意欲も感じられない娘さんについての相談。一日中スマートフォンで遊んでいる娘さんに変わってもらいたいと、親として思い悩んでいる旨。・・・・・・・・・まるで不登校の相談。・・・・・・・・大学学長大日向雅美さんの回答「馬を水辺に連れていくことはできても、水を飲ませることはできない。」本人にその気がなければ周囲が環境を整えたり強制したりしても無駄という英国のことわざです。そう始まり最後に「信じて待つことが親が子どもに対してできる最大の贈り物」・・・・・・・・・この記事からいろいろ考え続けている。新聞の人生案内から。

カテゴリー一覧
商用