searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
楽しいことがあり過ぎる https://pantomochi.hatenablog.com/

好きなバンドはMr.Children(ミスチル)とBUMP OF CHICKENです。

ライブに行くために働いているアラサー独身女が、好きな音楽や足を運んだライブ・フェスの感想を中心にいろいろ自由に書いています。

こめぇり
フォロー
住所
大宮区
出身
大宮区
ブログ村参加

2017/10/17

1件〜100件

  • Mr.Children『永遠』感想

    Mr.Childrenの新曲『永遠』がリリースされた。この曲はNetflix映画『桜のような僕の恋人』の主題歌として、7年ぶりに小林武史プロデュースのもとで制作されたらしい。タイアップの報せを耳にしてYouTubeで映画の予告を見たときは「また悲恋系映画のタイアップ、そしてバラードなのか……」とややテンションが下がってしまった自分もいた。こう言っちゃなんだがミスチルは悲恋系作品とのタイアップが多い、気がする。数えたわけでもないのであくまでわたしの肌感覚だが。ゴリゴリのロックを歌うミスチルを愛する身としてはやや物足りなさを感じてしまうのも正直な気持ちなのだ。ところが実際に楽曲を耳にして、歌詞に目…

  • The Birthday『SUNBURST TOUR 2021』川崎 CLUB CITTA'公演感想

    The Birthdayの『SUNBURST TOUR 2021』が無事に初日を迎えた。前日にグッズの告知が出るまでは「本当に開催されるよね……?」と不安しかなかったけれど、とにかく初日は無事に開催され終演した。こういった状況なので複雑な想いを抱えてはいたけれど、それでもやっぱり終わってみれば「最高」の一言に尽きるので感想を残しておこうと思う。 ちなみに当日は床に貼られたシールを目安に会場前方から埋めていく、といったスタイルが取られていた。わたしの整理番号はA200番台後半だったが、運良く前方に切り込めて最終的には10列目より前にはポジションを取れていたのではないかと思う。隣りの方との間隔は想…

  • The Birthday『サンバースト』全11曲感想

    去る2021年7月28日、The Birthdayの11枚目となるアルバム『サンバースト』がリリースされた。そして明後日9月1日には彼らの約1年ぶりとなるツアー『SUNBURST TOUR 2021』が初日を迎える。迎える予定だ、このエントリーを書いている現時点(8月29日深夜)では。アルバムがリリースされて、通勤電車の中で聴きながらある曲では衝撃を受け、ある曲ではちょっぴりセンチメンタルな気分になったりした。そして、アルバムを聴き終えて思ったことは「なんだ、The Birthdayは変わってないじゃん」という安心感でもあった。チバユウスケは相変わらす愛を歌っていた。良かったです、安心しました…

  • Mr.Children『SOUNDTRACKS』全10曲感想

    Mr.Children、20枚目のオリジナルアルバム『SOUNDTRACKS』がリリースされた。そうか、20枚目なのか。記念すべきアルバムだったんだな……。 今回のアルバム収録曲全10曲のうち、6曲が何かしらのタイアップ曲で既に耳にしていた。中にはリリース当時あまりハマらなかった曲もある。しかし、アルバムとして聴くとリリース時とは違った感想を抱くことも多く、やはり前作『重力と呼吸』同様に「アルバムで聴く良さってあるよね」と再確認した。 ということで例のごとく全10曲の感想を書き留めておきます。 01.DANCING SHOES 1曲めから最高すぎた。『SOUNDTRACKS』に於けるマイベスト…

  • The Birthday『GLITTER SMOKING FLOWERS TOUR 2020』東京公演感想

    何をするにも「コロナ」に囚われ続けた2020年もあと一ヶ月少し。ようやく、とうとう、今年最初のライブに行くことができたので今日はその日のことを書こうと思う。おそらく後々、日本の(もしかしたら世界の)歴史を振り返ったときに『失われた2020年』とか呼ばれることもあるかもしれない今年、最後の最後に滑り込みでライブに行けたことは、ため息ばかりの毎日を救ってくれた。と、同時に「あぁ、わたし、こんなにもコロナコロナの毎日に疲弊していたのか」と実感する出来事でもあった。とにかく久しぶりに全身で感じた興奮や感動、喜び、楽しさ。やっぱりライブっていいものですねぇ、とバカみたいにシンプルな感想を抱いたのでした。…

  • 2020年9月27日、リスナーとして思うこと。

    全国1億2000万人のBUMPリスナーの皆さん、状況はどうだい?いやぁ、わたし、どちらかと言えば自分自身のご機嫌取りがうまいタイプだと思っていたのですが、さすがにここ数週間のアレコレにはめちゃくちゃメンタル揺さぶられております。BUMPリスナー的ブラックフライデーが続くこと2週間、次の金曜日は何も起こらないでおくれよ……。 とは言えせっかくブログをやっているし、好きなバンドが炎上することなんて滅多に無いから(笑うところです)オタクはオタクらしくお気持ち表明エントリーでも書くことにする(※)。ちなみに、先の一文(※)は一週間ぶり二回目の登場だよ。 ▼ブラックフライデー第1弾のときのお気持ち表明エ…

  • 2020年9月21日、いまの気持ち

    どうせいつか終わる旅を 僕と一緒に歌おう BUMP OF CHICKENの『HAPPY』という楽曲の一節だ。 BUMPを好きになって以来、誰かの誕生日を迎えるたびにこの曲が頭に浮かぶようになった。BUMPの記念日には、ことさら何度も。 9月20日はBUMPのメジャーデビュー記念日だった。朝起きていつも通りTwitterを見たら、トレンドに『#BUMPメジャーデビュー20周年』の文字を見つけてめちゃくちゃ微妙な気持ちになった。例の報道以降、BUMP OF CHICKENの名前は思わぬ形で注目されている。だから、たとえハッシュタグ自体はポジティブなものだったとしても、今、このタイミングでトレンドに…

  • 『卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)』の術後1年が経った。

    ようやく梅雨が明けた。今年はコロナ禍でどうにもこうにも季節感がわかない。Googleフォトが過去の写真を教えてくれるたびに(過去にアップロードした写真を勝手に収集してInstagramのストーリー機能のように表示してくれる)、それらを見て「あぁ、去年の今頃は……」なんて思い出に浸ったりしている。昨年も一昨年もそれより前も、たいていの場合、今頃の時期は夏フェスの写真がまとめられていて、そのたびに脱力感に襲われる。今年は何も楽しみがない。本当に。ふいに「なんかおもしろいことないかなぁ」と呟いてしまったときには、さすがに三十路を過ぎてこんな心の声が漏れ出るとはと少し笑ってしまった。とにかく日々を淡々…

  • BiSH『オーケストラ』ライブ映像が超最高だから見てほしい。

    5月初頭、突如としてBiSHの某動画にめちゃめちゃハマって1日5回以上視聴する行為を1週間ほど続けたのでその感想を書きます。 そもそもBiSHの『オーケストラ』という曲を知ったのはリリース時のことだ。その当時勤めていた会社では作業BGMとしてラジオを1日中流すという文化があり、たしかその時はパーソナリティのオススメ的な感じでBiSHの『オーケストラ』が紹介されていた。妙にしゃがれた声がカッコよくて、オンエア楽曲をソッコーで調べたのがわたしとBiSHの出会いである。当時、すでに型破りのアイドルとして界隈では話題になってたようだが、アイドル文化に疎かったわたしは「なーんとなく聞いたことがあるかなぁ…

  • 日記_ラジオとかYouTubeとかPONTSUKAについて

    オタクの皆さん、お元気ですか。推しのライブに行くことを人生の基軸においている系のオタクことわたしは、元気です。1月にあったThe Birthdayのライブを諸事情によりブッチしたため、2020年は未だどちらの推しにも会えていません。あれほど「推しは推せるうちに推せ」と思っていたのに……とにもかくにも今はひたすら耐え『歯ぁ食いしばって寝る(©岡村隆史)』しかありませんね。 ということでここ最近のことをダラダラ書きます。 ■ラジオについて『ナインティナインのオールナイトニッポン』が『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』に生まれ変わってはや数年、何やかんや擦った揉んだがありまして再び『ナ…

  • 『カナリヤ鳴く空』を観た夜のこと_「LIVE with YOU -TOKYO SKA JAM "8"」感想

    喜びの度合いを表すことばは人それぞれだ。 シンプルに「うれしい」とする人もいれば、とても回りくどい表現やオーバーな言い回しを好む人もいるだろう。 ちなみに、わたしの場合は「発狂」ということばを使う傾向にある、と思う。調べたことはないけれどたぶんそうだ。自分の感情のキャパシティを超えた喜びを表現するとき「発狂」ということばをついつい使ってしまう。 さて、この場合の「発狂」は比喩である。何の前触れもなく突然ライブ会場でなりふり構わず叫び暴れたりしたのではなく、あくまで「発狂(するほどの喜びを感じた)」的な意味合いを含ませている。 ところが先日のライブで、文字通り「発狂」する経験をした。それこそ当時…

  • BUMP OF CHICKEN『TOUR 2019 aurora ark』東京ドーム公演感想

    11月4日(祝)の東京ドーム公演をもってBUMPのツアー『aurora ark』がファイナルを迎えた。今回のツアーはドームとライブハウスを交互に回るような構成だった。 案の定、ライブハウス公演のチケットは当たることのなかったわたしだが(年齢制限でもあるんですかね!?)初日のメットライフドーム公演を皮切りに、ドーム公演すべてに足を運ぶことができた。 思い返せば前回のツアー『PATHFINDER』当時は、前職であり、仕事へのモチベーションが最悪の状態であった。そのため、生活のすべてをBUMPのツアーに捧げていた感もあり、結果的に11公演に参加するという家族いわく「心配になるレベル」で充実のオタクラ…

  • 『卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)』の摘出手術を受けた。

    ・『卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)』の手術を受けるために入院するまでのこと。 前回に引き続き、今回は入院と手術について。入院中の出来事をメモアプリに記録しておいたので、それらを再編しつつ書いていきます。今回もグロい表現があったりするので苦手な方はご注意ください。 ・7月21日(日)入院1日目/手術前日 9時半頃、病院到着。10時前に病室に案内される。10時過ぎ、ようやく看護師さん到着。1時間ほど入院と手術に関する説明を受けて、病棟内の案内を受ける。その後、付き添いの母親が帰宅。自販機でお茶を買おうとしたところ小銭が200円ちょっとしかないことに気づき焦る。院内の自販機は1000円札しか使えず、わ…

  • 『卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)』の手術を受けるために入院するまでのこと。

    2019年7月もあと数日で終わる。 この1ヶ月はこれまでの人生でも確実に激動度ぶっちぎりNo.1だった。人生で初めての入院、そして手術を経験したからだ。 病名は『卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)』。字面から漂う不穏感が凄まじい。 字面同様に凄まじい威力(痛みという意味で)を持った病気に振り回されまくったこの1ヶ月。こんなにも貴重な経験をしたのだから出来る限り細かく思い出してブログに残しておくことにしました。そう思ったのは「自分のための記録」という大きな一面はもちろんのこと、同じような病気になったどこかの誰かの助けになる可能性も0ではないと考えたからです。 耐え難い痛みの末に病院での診断を受けてから…

  • BUMP OF CHICKEN『aurora arc』全14曲感想

    BUMP OF CHICKENの9枚目のアルバム『aurora arc』が2019年7月10日にリリースされた。全14曲のうち12曲が何かしらの形で解禁されていて、アルバムとしてはやや寂しい気もしなくもないが実際に全14曲をとおして聴いてみたら「この並びで聴くからこそ!!!!」と驚きやら感動やらでいっぱいになった。やっぱりアルバムで聴くからこその醍醐味ってまだまだあるんだ。あとアルバムのアートワークにけっこう感動してしまい、そういった面でもフィジカルの強みを多いに感じた。 ということでさっそく始めます。 1. aurora arc ギターのアルペジオからはじまるインスト曲。少し切ない曲調なのに…

  • The Birthday『VIVIAN KILLERS TOUR2019』横浜ベイホール公演感想

    ハッピーニューエラ!!!!! ということで令和1発目の更新もThe Birthdayのライブの感想です。 セットリスト等も記載するのでネタバレ回避ガチ勢の皆さんはご注意ください。 ▼今まで書いたThe Birthday関連のエントリーはこちら ・The Birthdayのライブを初めて観た_『マグロック2018』感想 ・The Birthday TOUR 19 NIGHTS 2018 AUTUMN 中野サンプラザ公演感想 ・The Birthday『VIVIAN KILLERS』全12曲感想 昨日(2019.5.11)は「夏過ぎでは!!?」と驚くぐらいの陽気のなか横浜ベイホールまで行ってきた。…

  • The Birthday『VIVIAN KILLERS』全12曲感想

    The Birthday 10枚目のオリジナルアルバム『VIVIAN KILLERS』がリリースされた。 相変わらずハチャメチャにかっこ良く、最高にロックン・ロールな作品だった。 今回のアルバムリリースに合わせて、ボーカルであるチバユウスケを中心にかなりの雑誌等でプロモーション活動がなされている。その多くの場所で、今回のアルバムは『若々しい』的な表現を用いられて紹介されている。特に意識もせずそれらのワードを目にして「いかにも音楽ライターが使いそうなありふれた表現だな……」とか思っていたのだけど(音楽素人がエラそうに何を言うかって感じですが)、なるほどあながち間違いでもないかもな、と考えを改めた…

  • 日記_清水ミチコのライブ、フェルメール展・ムンク展のこと

    2019年が始まりあっという間に1ヶ月が過ぎてしまった。今回は、特に何かひとつのことにしぼらずに、なんとなく書いておきたい(残しておきたい)アレコレについてのエントリーです。 ・『清水ミチコ・森山良子 初夢フェスin武道館 ~ライブでアラモード~』に行った 2019年1月2日に念願の清水ミチコのライブに行ってきた。年末年始の恒例行事である彼女のライブには数年前から行ってみたいと思っていて、ついにそれが叶った。今年のライブ初めがまさかの清水ミチコとは……。自分でもびっくりである。 さて、今回のライブは彼女がレギュラー出演しているWOWOWのトーク番組とのコラボ?的な企画だったそうで、同番組に同じ…

  • CDJ 18/19(2018.12.28公演)EARTH STAGE 感想

    明けましておめでとうございます。 今年も好きなことについて、好きなように書いていきたいと思っています、どうぞよろしくお願いします。 ところで、弊社の仕事納めは12/28(金)でした。にも関わらず、入社1年未満の身でありながら、わたしはその日仕事を休みました(もちろん事前に申告したうえで休暇を取得した)。何故かって。そんなもの答えは簡単だ。我が愛すべきバンドことBUMP OF CHICKENの皆さんが幕張メッセで開催された年末恒例の音楽フェス『COUNT DOWN JAPAN 18/19』に出演したからです。 ということで、わたしにとってもBUMPが同フェスに出演した2015年以来のCDJ。ライ…

  • The Birthday TOUR 19 NIGHTS 2018 AUTUMN 中野サンプラザ公演感想

    ぶっちぎりで優勝だった。何がってチバユウスケ(敬称略)のカッコ良さです。 もともと感情表現に関する語彙力の乏しいわたしは「ヤバい」をとにかく多用する。いい大人がそんな言葉でしか感情の起伏をアウトプットする術を持たないなんて、やや恥ずかしいなと思っているのだが、その「ヤバい」という言葉ですらカバーしきれない領域の感情を抱いたとき、どうやらその想いを表現するにピッタリの言葉が「優勝」であることを知った日だった。 前回の更新でマグロック2018での衝撃のThe Birthdayライブ初体験を書き(想像以上にたくさんの方に読んでいただきとても嬉しかったです)、それに続くエントリーがまたもThe Bir…

  • The Birthdayのライブを初めて観た_『マグロック2018』感想

    今年の夏前にチバユウスケというアーティストに出会い、あっという間にその魅力の虜になって早数ヶ月……。 ▼それらの日々についてはこちらをご覧ください。 ・日記_転職・ap bank fes・ミッシェルのこととか ・日記_在宅夏フェスとかカメ止めとかチバユウスケとか そんなチバがフロントマンを務めるThe Birthdayのツアーが今月から始まる。幸いなことにツアーファイナルとなる中野サンプラザ公演のチケットをゲットしたので、それはそれは浮かれまくりで日々を過ごしていたのだが、ふと思った。果たしていきなりワンマンであの憧れのチバユウスケを目の当たりにして大丈夫だろうか……と。 「大丈夫だろうか………

  • Mr.Children 『重力と呼吸』全10曲感想

    Mr.Childrenの19枚目のオリジナルアルバム『重力と呼吸』がリリースされました。 一昨日(10月2日)、タワレコ渋谷店でフライングゲットし、帰宅。入浴と夕飯を済ませ、さっそく聴いた。……驚いた。それはもう本当に衝撃がすごかった。わたしは彼らがツアーを行う際は複数公演に足を運ぶし、ボーカルの桜井和寿が主催者のひとりでもあるap bank fesにおひとりさま参戦を果たすような、一般的にいえばそこそこマジのミスチルファンだろう。そんなわたしですが、彼らの音楽を聴いてこんなにも大きな衝撃を受けたのは久しぶりだった(ヒカリノアトリエがあんまりだった*1)ので、今日はその感想を書き連ねていきます…

  • 日記_在宅夏フェスとかカメ止めとかチバユウスケとか

    ついにブログを1本も書かずに8月を終えてしまったので9月は早々に何かしら書くぞ!と息巻いていた。のに気づけばもう10日。書かずにいると書けなくなるとはよく聞く言葉だけどほんとにその通りなのかもしれない。「何かを書こう・書かなくては」という意識が日ごとに薄くなっている気がする……。いかんいかん!ということで2018年夏の出来事を雑に振り返りつつ、リハビリです。 ・在宅夏フェスが最高に楽しかった いやぁ最高だったよ #FRFYouTube !!!!! チバユウスケにハマりだしてすぐにFujirock'18がYouTubeで生配信されることを知り「The Birthdayのライブをオンタイムで!しか…

  • ap bank fes '18 感想

    7/14(土)15(日)16(月・祝)の三連休、6年ぶりに静岡県つま恋で開催された『ap bank fes'18』に行ってきたので、すでに1週間経ってしまったが感想を書く。 わたしが初めてap bank fes(以下ap)に行ったのは2012年に開催された『ap bank fes'12 Fund for Japan』の仙台みちのく会場なので、つま恋で開催されるapに行くのは今回が初めてだった。実は、ここ数年一緒にapに行っていた友人その1が事情により不参加であり、さらに現地で合流予定だった友人その2が開催1週間前に退っ引きならない事情で急遽不参加となり……つまり1人ぼっちで行ってきた訳である。…

  • 日記_転職・ap bank fes・ミッシェルのこととか

    あっという間に7月。2018年も半分過ぎた。平成最後の夏もあっという間に終わるんだろうな……。去年の七夕に始めた当ブログも開設1年を迎えた。たま〜に読み返すと開設当初のテンション高めな文章がめちゃくちゃ恥ずかしいけど、それもまぁ思い出ですよね。人生に於いての黒歴史は人生をフルコースで深く味わうためのいくつものスパイスのうちの一つみたいなもんです*1。 ・転職 4月から働き始めた転職先で3ヵ月の試用期間が終わり、今月から正社員として働き始めた。業務内容などは何も変わらないけど雇用形態が変わったことで福利厚生にやっと加入できた、良かった。あとようやく事務所の鍵を貰えました。通勤電車の乗り換えの都合…

  • 『hide TRIBUTE IMPULSE』全曲感想

    今更になるが先日発売された『hide TRIBUTE IMPULSE』が思いのほか良作だったので感想を書こうと思う。あくまで音楽素人が、好き勝手に抱いた感想です。 収録楽曲及び参加アーティストはこちら。 参加アーティスト/収録曲 1. Dragon Ash / ROCKET DIVE2. MIYAVI / ピンク スパイダー3. FLOW / D.O.D. (DRINK OR DIE)4. Cocco / GOOD BYE5. 西川貴教 / ever free6. HISASHI × YOW-ROW / DOUBT7. ACID ANDROID / ELECTRIC CUCUMBER ※18.…

  • hide 20th Memorial Project 映画『HURRY GO ROUND』感想

    公開日当日、友人の結婚式後に映画『HURRY GO ROUND』を観てきた。 オタク魂丸出しでムビチケ1枚と前売券1枚を事前購入していたので、後日、仕事帰りにも観た。今回はこの映画の感想を書こうと思う。 映画のあらすじはこちら。 1998年5月に33歳の若さで他界した「X JAPAN」のギタリスト、hideの没後20年を機に、いまなお多くのファンから愛され続けているhideの最期の足取りをたどっていくドキュメンタリー。「ちはやふる」「君の膵臓をたべたい」などで活躍する若手俳優の矢本悠馬がナビゲーター役を務める。神奈川県三浦市にあるhideの墓。墓石には事実上hideの最後の楽曲となった「HUR…

  • 2018年5月2日、hideの献花式に行ってきた話

    2018年5月2日が終わった。多くのhideファンの皆さんと恐らく同じように、グチャグチャとした整理しきれない感情を抱き続けた1日だった。正確にいえば、昨日(5月1日)の夜からいろいろと考えてしまって非常に鬱々としたまま朝を迎えた。 こんな言い方は後出しジャンケンみたいで何だかなぁ……と思うのだけど今日(5月2日)という日の勢いに任せて、この色々な感情をどうせなら記事にしてみようと思った。少々お酒を飲んだので、いつも以上に乱文になってしまうかもしれません。 そもそも彼がこの世を去って20回目の5月2日を『20th Memorial Day』とすることに抵抗があった。「メモリアルって……(失笑)…

  • 『めちゃイケ』最終回を終えて思うこと

    『めちゃ2イケてるッ!』最終回が放送されて1週間が経った。 中学生の頃から続けてきためちゃイケの毎週録画を解除し忘れていたことに、さっき気付いた。HDDレコーダーの録画ランプが点灯していて「何予約してたっけ?」と確認したら19時から放送している『ENGEIグランドスラム』を録っていた。しかもMCはナインティナイン。なんてセンチメンタルな展開……。こんなことで終わったことを思い知らされることになるとは。 最終回は5時間10分の超スペシャル版での放送だった。放送時間を知ったときは「いくらなんでも長すぎないか?またネットで叩かれやしないか?」とやや心配していたのだが杞憂に過ぎなかった。放送中はtwi…

  • エレカシ×スピッツ×ミスチル『ド・ド・ドーンと集結決定!!夢の競演』感想

    先日さいたまスーパーアリーナで開催された『エレファントカシマシ 30th ANNIVERSARY TOUR“THE FIGHTING MAN SPECIAL” ド・ド・ドーンと集結決定!!~夢の競演~』に行って来た。もちろん一番のお目当てはミスチルだったのだが、前々からスピッツをライブで観てみたいと思っていたし、エレカシに関しては今までフェスで3回ほど観る機会があり、その度に「やっぱりエレカシかっけー!!!」と感動する素晴らしいライブだったので、ミスチル目当てと言いつつも楽しみ度的には3バンドほぼ同じといった心境だった。わたしはMr.Childrenのファンであるが、エレカシにしろスピッツにし…

  • 日記_『アンナチュラル』とかネイルとか子供用お箸とか

    久しぶりに電車に乗って出かけたら世間があまりにも春だったので焦った。 取り立てて大きな出来事がない毎日だけど、そんな生活に「自分はもう以前のように正社員雇用での生活に戻れないのではないだろうか…」と気分が落ちていくだけなので気晴らしのブログです。最近の出来事や思ったことなどを書いていこうと思います。 金曜ドラマ『アンナチュラル』 いやぁ、久しぶりに見た連続ドラマが『アンナチュラル』で本当に良かった。もうとにかく毎週見終わった後に「なんてドラマだ」と思わずにはいられない見事な脚本。視聴者の予想を裏切る展開でありつつも、そのあまりの華麗な裏切りっぷりに「アッパレ!」と清々しさすら覚えるほどだ。特に…

  • hide(X JAPAN)の動画をひたすらオススメするから、みんな見てくれ。

    相変わらず引きこもり無職生活を送る毎日。退職したころは冬真っただ中だったのに気づけば梅の花も咲き始めたようで…。季節巡るの早いな!?2018年の1/4を無職のまま消費してしまった。『1年の1/4、無職』って字面怖すぎでは…? こんなことを考えているとあっと言う間に思考がダークサイドに引きずり込まれてしまうので、今日は気分が上がることを書こうと思う。ブログくらいは楽しくいこうぜ!ってなもんだ。 そんなこんなで3月も引き続きhideにどっぷりの日々です。 最近は過去のラジオ音源(しかもフル尺という神仕様!!!)を某ニコ動で発掘したのでそれらを聞きあさっている。彼はあんなにもエキセントリックな風貌で…

  • 日記_平昌オリンピックとか

    仕事が決まらない。こんなにも決まらないものなのか、と嫌になる。まぁ嫌になるほど就職活動をせっせと頑張っているのかと問われたら「否」なんですが…。とはいえ何だかんだで志望した企業を2〜3社受ければ決まるだろうなと思っていたのだが、どうやら甘かったらしい。どうせすぐに転職できるだろうと思っていたので失業保険やら国民健康保険やらの手続きも不要だ!と強気だったのだが、そうも言ってられない状況になってきたなという感じである。 元々が極度の面倒くさがりということもあり、用事がなければ一日中自室で過ごすことも全く苦ではないので今月の外出日数はたったの4日間という見事な引きこもりっぷり。やばい。いい加減に「無…

ブログリーダー」を活用して、こめぇりさんをフォローしませんか?

ハンドル名
こめぇりさん
ブログタイトル
楽しいことがあり過ぎる
フォロー
楽しいことがあり過ぎる

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用