searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Tsugumiさんのプロフィール

住所
イタリア
出身
海外

12年間のCA生活に終止符を打ち、ローマの片田舎へ。オリーブオイルは庭のオリーブの木から、10種以上のフルーツもすべて自家製。添加物フリーの生活をしつつ、自宅でイタリア家庭料理教室を主催。 ローマの片田舎より発する私の想い、美味しいもの、ことについて。

ブログタイトル
ローマより徒然なるままに
ブログURL
https://ameblo.jp/tsugumi-hiraga/
ブログ紹介文
ローマの片田舎より発する私の想い、美味しいモノ、コトについて。時にCA時代の話や小説も。
更新頻度(1年)

313回 / 365日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2017/09/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Tsugumiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Tsugumiさん
ブログタイトル
ローマより徒然なるままに
更新頻度
313回 / 365日(平均6.0回/週)
読者になる
ローマより徒然なるままに

Tsugumiさんの新着記事

1件〜30件

  • 楽園での一日

    今日は日本人学校に教科書を取りに行くことになっていた。嫌だなあ、とギリギリまで外出を躊躇っていたのだが、折しも、仲良しのママ友から自宅プールへのお誘いが。彼女…

  • ドケルバン病

    土曜の朝、夫が早起きをして新鮮な魚を買いに行く、という我が家の日常がようやく戻ってきた。 本来ならば魚は自身の目で選びたいが、わがままは言えない。新鮮な魚が入…

  • 添加物アレルギー@気難しい夫へのパスタ

    イタリアに来てから美味しいと思ったものの一つでもあるアリーチ=カタクチイワシ素材の良いものは、オリーブオイルとちょっとの塩だけで素材の味を十分に楽しめるのであ…

  • 郷愁からお家 de Yakiniku

    ここのところ日本人の友人と話す度に、出てくる話題といえば夏の一時帰国のこと。やはり今の現状ではYesよりNoだろう。現状が好転することを夢見るしかないようであ…

  • 大喧嘩のあとに

    ロックダウンが始まったばかりの当初、もっぱら私を思い悩ませていたのは娘S のことだった。とても複雑な性格を持つ彼女。学校からの帰宅後だけでも、彼女と一緒にいる…

  • 航空業界の厳しい現実と家庭菜園の野菜たち

    SNSの発達により、JAL時代の同期とも再び縁が出来、時々ラインでやりとりをしながら当時を懐かしく振り返ったりしている。一昨日は、訓練時代からのご縁の二人の友…

  • アフターではなく”共存”の社会での新たな一歩

    今日から規制が大幅に緩和したイタリア。自己宣誓書(何処にどのような目的で外出するのかや自身の住所等を書いていた)を持たずに州内を移動出来るようになったのである…

  • 2ヶ月半ぶりに外出した娘

    我が家でロックダウンに一番馴染んでいたかのように思われた人、それは意外にも娘かもしれない。ロックダウンが明けた今でも外(敷地外)には出たくないと言っている。怖…

  • 少しずつ再開

    月曜から州内の移動は証明書なしで出来るようになる。衣料店などもようやく再開となる。 我が町内の小さなブティックの店主、フランチェスカは、義理姉の学生時代からの…

  • 時短料理より日伊比較

    働くママをターゲットに15分で出来る時短料理レシピを書き始めている。 私の初記事となったのはこちらこのワーママにおすすめ イタリア風ライスサラダ!ジェノヴェー…

  • イタリア人”総シェフ化”の心理学

    ロックダウン中から日課となった事がある。それは何かを捏ねること。ちなみにこの日課、ロックダウンが明けた今でもまだ健在である。 小麦粉を使ってドルチェの生地を捏…

  • 料理は科学&化学@進化するレシピ

    今、とあるサイト向けに時短レシピの記事を書いている。掲載されたら、こちらでも紹介をさせて頂けたらと思っている。今回書いていたのはライスサラダをアレンジしたメニ…

  • 日本との距離を感じる日々

    すっかり初夏の陽気となったローマ。明後日など最高気温が27度と予想されている。篭った生活をしていても、季節は着々と変化をしているようである。 本来であれば、日…

  • ビフォー&アフター

    最近掃除をするのが楽しくなってきた。今まではもっぱらお手伝いさんに任せっきりだったのだが、今は彼女の移動も考慮して休んでもらっているがゆえである。 最初はどう…

  • ロックダウン後の初の家族団欒はメキシカン

    約2ヶ月ぶりに家族みんなが揃った。ロンドンで働いている甥っ子はリモートワークとなり、ローマ市内の大学で働いている姪っ子も同様とのことで、皆んなが田舎に戻ってき…

  • コロナ後に3倍に増えたもの

    浮かない顔をしながら経済新聞を読んでいた夫が、いきなり大きな声を出した。 コロナの影響で3倍にも増えたものがある! いきなり何だろう?キッチンでとあるレシピの…

  • イタリア夫の杞憂と驚くべき行動

    朝起きて庭先に出たら、お気に入りの金柑の木がなくなっていることに気がついた。 金柑の木があった跡地では、ブルドーザーが大きな音を立てながら、ガタガタと粗地を整…

  • 娘の感染を疑い出したイタリア夫

    今年の1月、娘Sのひどく長引いた風邪を覚えている? 夫が突然、そんな事を言い出した。今更なんで?そう思いながら、1月の事を思い出してみる。 高熱が長いこと続き…

  • 小麦粉の存在意義

    今日は久しぶりに買い出しに出かけた。夫が自身の事務所に出掛けたからである。 車内の入り込む日差しの強さに驚き、サングラスを忘れて来たことを後悔していた。しばら…

  • 店頭の"待機中のパン”の行方

    キリスト教信者からなのか? パン屋さんやスーパーマーケットで“Pane in attesa” (待機中のパン)と書かれた張り紙がされた小さなバスケットを見かけ…

  • 成熟した大人としての在り方が問われるフェーズ2

    今日から第2章、つまりはフェーズ2の始まりとなった。段階的暖和により、外出規制が一部暖和されたのである。しかしあくまで”一部”であって、不要不急での外出が不可…

  • 行き詰まり

    良い話には裏がある、そんなことは百も承知で生きてきたつもりだった。でもこれだけ引き篭もった生活をしていると、良い話はマンネリ化した生活にちょっとしたスパイスと…

  • 自宅でインド料理を食べながら思うフェーズや今後

    大好きなタンドリーチキンを口にしながら、もう少しパプリカ・ドルチェのスパイスを効かせるべきだったかななどと考えていた。そしてタンドリーチキンを食べるのは何年ぶ…

  • 食、食、食!

    今日は1日中キッチンいた。インスタントポットを使いこなしてみたかったから、という至って単純な理由から。笑 昨晩作っていたスペッツアティーノが思いの外美味しく、…

  • コロナとの世界の中で

    5月4日という期日まであと数日。3日までの封鎖から徐々に人の出入り、営業規制の一部を更に暖和していくというものだが、我が家の生活を考えるに、4日以降もそれほど…

  • Sレストランからの招待状

    娘の今日の午後のオンライン授業は歴史だった。古代ギリシャ人の食生活について。彼らのメニューを考えながらふと思いついたのか、 ママ、今日の夜はご飯作らないくてい…

  • 今日は自宅でインディアンカレー

    週末にインド料理が大好きな義理兄とインディアン対決をすることになった。小さい頃から胃弱として育った私は、あまり香辛料のキツイものは食べないようにしていたのだが…

  • ロックダウン中の素敵な誕生日

    普段と変わらずに始まった今日という一日。それでも朝食には、いつものブリオッシュではなくクレープを焼いた。長いこと使用していなかったル・クルーゼのクレープパンを…

  • 義理母から教わった最後の料理

    8日前に83歳となった義理母は、誰もが認める料理人で、若かりし頃は30人、40人を平気で一人でもてなしていたという。元々自身の食は細く、周囲が食べているのを見…

  • 思わず娘が吐き出したもの

    かつて吉祥寺に住んでいた頃、深大寺の蕎麦と共に大好きだったのが豆腐だった。家から徒歩圏内に老夫婦が手作りで作っている豆腐屋があり、フライトから帰着してはそこへ…

カテゴリー一覧
商用