searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ミカタさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ワーママのミカタ
ブログURL
https://www.mikatano.me/
ブログ紹介文
ワーママの見方と味方。ハレてもケでもワーママな日々をつづります。
更新頻度(1年)

182回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2017/09/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ミカタさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ミカタさん
ブログタイトル
ワーママのミカタ
更新頻度
182回 / 365日(平均3.5回/週)
フォロー
ワーママのミカタ

ミカタさんの新着記事

1件〜30件

  • GWは読書ウィーク。

    こいのぼりのチューリップ こども(未就学児)がこいのぼりの 吹き流し(一番上のカラフルな飾り)をみて 「こいのぼりのチューリップ」 といったコトバの宝物に出会えた 雨の端午の節句。 Kindleだとさくさく読めちゃう 遅ればせながらKindleデビューしまして、 Kindle Unlimitedもこの際 無料体験で契約してしまい、 連休中、気になった本を さくさく購入&読み放題。 これまで読書はもっぱら小説が 多かったのですが、 いろいろなブロガーさん情報の影響で ビジネス書もかなり読みました。 このあたりをななめ読みですが購読中。 人事評価で顕著な成果、突出した成果をだしている社員「5%」…

  • 公園でみたクレーマーパパ。

    公園での一コマ 連休中、毎日毎日毎日公園という 日常なのか非日常なのか わからない連休。 大きな公園に行ってもちいさな公園に行っても激激激の混み混み混みです。 今日も、公園に行きまして。 そんな公園にて。 そこそこ大きめのその公園では、 自転車がレンタルできて サイクリングや自転車の練習ができる 貴重な場です。 今の御時世、自転車のレンタルにも 入場制限があって、密を避けるために 1時間あたり○台のレンタルという 規制がありました。 アナウンスに従ってレンタルを 希望する人は整理券を 前もってとっておいて、 指定の時間にレンタルするという流れです。 こども(未就学児)が自転車に 乗りたいとい…

  • 予定のないGW、おうち時間の充実。

    GWいかがお過ごし あらゆる活動が制限されているGWですが いかがお過ごしでしょうか。 公園もキャンプも「自粛」を促されてしまうと 子育て世代にはつらい連休ですが・・・ 30日は仕事と学校と保育園と 平常運転でしたので、 実質5連休のわが家。 わが家のGWの過ごし方をちょこっと。 ホットプレート導入 土日はいつもと変わらずの習い事、 近場の公園、買い物という フツーな休日ではありました。 そんななかでも、おうち時間を 楽しむためにこれを導入。 そうホットプレート。 これがなかなか楽しい夕ごはんとなりました。 それぞれ好きなお肉、野菜を焼いて食べて、 フランクフルト、焼きそばを焼いて食べて。 …

  • 本が好きだからこそ、街の本屋さん。

    こどもが本好きになりまして 幸いなことにこどもが本好きになりました。 本に関しては小さいころの読み聞かせや 学校での読み聞かせボランティア、 学級文庫での本の選定など かなり子育てにおける 本のある環境には心を配っておりました。 www.mikatano.me www.mikatano.me www.mikatano.me 結果なのか必然なのか偶然なのか、 中学生になるこどもは大の本好きです。 月、1,2回は必ず本屋に連れて行って 好きな本を数冊購入。 最近では、好きな作家シリーズを読破していたり、 私が読もうと積ん読していた このあたりを知らぬ間にもう読んじゃった と感想を聞かせてくれました…

  • 中1の壁というより公立中ガチャ。

    中1の壁はどうやらないようだけど・・・ 個人的感想ではありますが 中1の壁はどうやら存在しないようです。 ワーママ界隈で俗に言う小1の壁、 小4の壁で壁終了のようですので、 (あくまでも個人的見解ですが) 世のワーママ方々へご報告します。 壁が存在しない理由の大きな要因は、 本人が自発的にしてくれることが ほとんどであるから。 例えば小1で泣かされた持ち物確認は 当然のことながら親はいっさいスルー、 そして書類の嵐ですが、基本的に連絡事項は 「先生→本人」で簡潔することが多いので 中学校のもろもろの雑事からは解放され、 本当に必要な書類のみで済み、 そもそもそれらも本人からの報告があるので 抜…

  • こどもの行事をたのしむ余裕。

    慌ただしい日々のなかでの潤い 4月にはいってようやく お雛様をしまったことを 小声で報告しつつ、 お雛様と入れ替わりで 兜を飾りました。 そして、この週末、こいのぼりもだしました。 このこいのぼりは橋本弥喜智商店の手描きのこいのぼり。 本当に良いものに出会えました。 こどもにはぜひ受け継いでほしい。 www.mikatano.me 爽やかな初夏の風にふかれて 気持ちよさそうに泳ぐ鯉のぼりをみて、 季節のこどもの行事を楽しむ 心のゆとりと潤いは大切だわ と自己満足の達成感。 といっても、働きながら子育てを していると週末も忙殺。 週末はルーティーンの洗濯、 掃除に加えて、 保育園児のシーツの洗…

  • 山登りにワークマン女子。

    これも原体験 4月の某週末、小学校のこどもと いっしょに高尾山にある こげさわ渓谷の植樹体験に参加。 快晴の日曜日、 眠い眼でお弁当を作り お弁当をリュックにつめて、 7時代の電車で出発。 高尾駅にはまだ8時前というのに 登山客が集結。 バスを待つ長蛇の列に並び、目的地、こげさわ渓谷へ。 今回、裏高尾山とよばれる こげさわ渓谷を主に活動の場所として 森の整備のための間伐、 風倒木の処理・植樹などの 森林整備をしている 冒険の森の活動の植樹に参加してきました。 こどもはボランティアの方の指導のもと 一生懸命、斜面の土を掘って、 まだまだ小さなちいさな苗木(やまぐりの苗木)を植樹。 30年後、50…

  • ブログが書けないイイワケ。

    ブログ、間遠中 最近ブログが書けないことの 理由のひとつは、 今まで通勤途中や移動中はネットを見ることが多かったのだが 今は読書にあてることが多い。 最近、読書時間が多くなって ブログを書いたり ネットを見る時間も減少。 スクリーンタイムの報告によると、 最近は以前の半分くらいの時間しか スマホを見ていないようである。 つまり、その分、読書時間。 読書に触発されたのは ワーママブロガーさんのおすすめ本をみて 久々に読書欲がわいたことや 単純に活字欲のため。 最近はこのあたりを読破しつつ。 。 令和の小学校のPC事情 もう一つの理由は、 小学生高学年のこどもが PCをよく使うようになったこと。…

  • 「転職」を見据えるワケ。

    いまいる場所で咲きつつも いつの間にかブログの更新も 途絶えてしまった4月も中旬ですが、 みなさまいかがお過ごしでしょうか。 仕事では4月は部署のメンバーの 入れ替わりもあり新しい風が 吹いております。 わたしは現部署に異動して 2年目の春。 実のところ昨年の前の上長の人となりが あまり好感をもてずに 尊敬できずにいました。 そのこともあって 「転職」もちらほら頭をよぎりました。 が、前上長が異動となり 新しく上長になった方の 人間性に期待がもて、 今年度、業務に邁進するぞ、 貢献するぞという気持ちでおります。 上司の人間性って大事です。 自分のキャリアは自分で決めたい 自分のキャリアを見据…

  • たんぽぽのおじいさん。

    コトバの宝物 道端でこども(未就学児)が 「あれとって、 たんぽぽのおじいさん」 といった。 たんぽぽのわた毛という言葉を知らなくて 「たんぽぽのおじいさん」と表現したこのコトバには 一生出会えないかもしれない宝物。 今この一瞬の成長を大切にしたいと思ったわた毛の春。

  • ワーママとしていつアクセルをふむのか。

    卒業式という節目に 上の子はこの春、中学入学という 新しいステージに。 感染症対策という名目上、 卒業式は短時間のコンパクトな 式ではあったけど、 こどもの成長を感じるには 十分な式典であり節目となりました。 ワーママ歴、気づけば12年。 中学校という新たな段階へ 親の手をますます離れて 自分の世界を切り開き、創り上げ、 思春期という大人への階段をのぼる この時期の成長は、心配でもあり 楽しみでもあり。 中1の壁?? 中1の壁・・・ なんて存在するのだろうか? と疑問符がつきつつ、 ワーママ界隈で中1の壁が 騒がれていないのをみると ないものだと信じたい。 というか、もうこの時期は 親の手を…

  • 【社会人の学び直し】春から大学生(予定)。

    祝*合格 この4月から、大学生になります。 こどもが・・・ではなく、アラフォーの私が。 学び直しのために、2021春から大学の通信課程に 1年間通い、国家資格取得に向けてチャレンジします。 遡れば2019春にも国家資格取得を目指し、 通信課程に入学しました。 (必要な履修科目を受講しないと国家資格の受験資格がないため。) www.mikatano.me そして、2020春、目指していた国家資格を無事合格し、 その分野でキャリアを活かすには必要十分と いわれる(やや)難関資格であります。 www.mikatano.me 今後のキャリアを見据えてさらに 上位の資格を目指すことにしました。 学費が最…

  • 70歳定年の衝撃。

    えー70まで働くの??? 定年、正確には再雇用制度の上限が延びることはわかっていましたが、 実際に弊社の就業規定が この4月1日付けで再雇用の年齢上限が変更となりました。 現在、65歳まで再雇用の期間が 設定されていましたが、 4月からはその期間が 70歳までとなるようで・・・ もちろん、定年が延びるであろうこと、その移行期間として再雇用の期間も延びるであろうことは わかっていましたが、 実際に就業規則として通達がだされますと 「えーーーー!70まで働くの???」 と驚くばかり。 もちろん、「辞める」という 選択肢はあるわけなので 自分の意思次第なのですが、 70まで働きたいものなのかな? …

  • 【登校しぶり】真相を学校に確認。

    事の真相は? www.mikatano.me こどもが音楽の授業、特に音楽の先生が嫌だという。 その威圧的な物言いが本人にとって ストレスになっている模様。 音楽が嫌だから学校に行かないと言ったとき、そこまで登校を拒否する原因はいったい何なのか真相がわからないので 直接、学校に問い合わせた。 こういうときは即行動。 担任の先生にこどもが訴えている内容を そのまま伝え、(もちろん建設的に冷静に) 話し合った。 先生は真摯に聞いてくれ、 音楽の授業について、そしてその後の 学校生活についても相談した。 事実と解釈と真実の間 こどもから聞く話と事実は異なることもままありうる。 それはこどもの「解釈…

  • 仕事に脂がのる40代ワーママ。

    仕事のやりがいと成果 最近、仕事の成果がでてきています。 一時期、停滞期もありましたが、 いま、とても仕事にやりがいをもって 楽しいと感じている。 月曜日がまったく憂鬱じゃない。 むしろ、土曜日に起きて、 仕事のリズムで目が冷めてしまい、 今日やるべき仕事の続きを考えてしまったほど。 (ちょっとして土曜日だと気づく) 仕事に追われているということもなく、 ただ単に自分のやりがいと成果を感じている1年の終わり。 年間を通しての実績も積み上がりつつあり、 評価もそれに比例して向上中。 ああがんばっている私、 と噛み締めつつ この仕事が好きだなとしみじみと感じる。 つまり、青臭いですがやりがいを感じ…

  • 【登校しぶり】そもそも学校は何故に必要なのかという問。

    学校はなんのために行くのか こどもに「学校に行きたくない」 「どうして学校に行かなければならないのか?」と言われたら。 この単純な問いに対して、 多くの親はどのように答えるだろうか。 「勉強のため」 「集団での社会性を身につけるため」 「心身の健康のため」 といえば聞こえがいいですが、 こどもは果たしてその答えに納得するでしょうか。 そもそも「勉強のため」 「集団での社会性を身につけるため」 「心身の健康のため」という目的を達成するならば、 「学校」という場じゃなくても、 勉強は家庭教師だって塾だって その役割は担えるし、 集団での社会性は習い事、課外活動、 地域活動のような第三の場でも達成…

  • 人事の春、再雇用その先は?

    再雇用制度・・・ 弊社では、60才定年のち希望者には 再雇用制度があります。 観測範囲では8〜9割が再雇用を希望する感じでしょうか。 再雇用になった場合、 職位もさがりますし、お給料も半減するんじゃないでしょうか。 で、40代前半の私は思うわけです。 60才まで勤め上げたとして まだその先も同じ組織で働きたいと思うの? そのココロは? 組織で培った人脈に甘んじていたいの? 60才まで昇進して上り詰めた自分の地位をひけらかしながら再雇用でものうのうと部下を従わせたいの? もしかして、異業種や異分野に飛び込む自信もスキルも経験もないから、もとの会社にしがみついているの? なーんて思ってしまうわけで…

  • 若者に声をかけられて。

    THA受験シーズン 今朝の通勤途中でのこと。 ○○駅の行き方を質問され、身なりや年代からして あー地方から上京してきた若者なのだな、と思った。 よく考えれば今日は国公立大学の前期試験の日程日らしい。 未来の若者には、精一杯の人事を尽くし、 良い未来が訪れることを願う。 わが子も、いずれ数年後には こうやって受験を迎えるのかと思うと、 月日の流れは早い。 そういえばこのときも受験生から声をかけられたなー。 www.mikatano.me

  • 不登校のご家庭。

    ごくごく普通のご家庭 「不登校」や「登校しぶり」というと まるで特別なことのように まるで腫れ物という表現がただしいのか、 周囲は必要以上に気を使ってしまう 面があると思う。 一方、その当事者は自分の子育てについて 自信をなくしたり 周囲との比較によって更に落ち込んだり、 先の見えない未来について不安が大きく、 そして自分の子育てについて 後ろ向きになりやすいと思う。 そして、こどもが「不登校気味」であるとか 「登校しぶり」であるということを 隠すというか、 あえて周囲に言わないようになる。 これはこどもが登校しぶりになり、 やや不登校気味になったときに 私が実際に感じたこと。 でも、ね、学校…

  • 中学受験悲喜こもごも。

    外野から中学受験を語る 中学受験の結果がでそろって、受験された子、ご家族は 悲喜こもごものことと思います。 こどもの同級生のクラスでも 中学受験をした子が3分の1ほど。 結果は風の噂で伝え聞くばかりですが いずれにしても、第一志望の学校に 合格する子の方がわずか。 第二志望くらいまでに 合格できれば御の字でしょうが、 残念にもサクラチルという結果になってしまった場合、 小6にして酷な現実を 突きつけられることになります。 うちのこどもは公立中学に 進学することをはやくから決めましたので 今となっては惑わずの心ですが、 まわりには小学校4年生あたりから 本格的に塾通いをしている同級生もちらほら…

  • 男勝りと女々しい。

    ジェンダーを絡めることのイカン 大会組織委員長を巡って 連日騒がれていますが、 今度は自民党の重鎮の「男勝り」発言が 炎上しているそう。 news.yahoo.co.jp 新会長を擁護するつもりで 「スケート界では男みたいな性格で、ハグなんてのは当たり前の世界です。それをセクハラだと言われたら、これはかわいそうだなと… 」 との発言。 後にバッシングを受けて 「男みたいな性格」を「男勝り」と 訂正したそうですが、 そういうことじゃなく そもそもの言葉を選ぶ感覚の底にある 男性優位の意識がにじみ出ていると 言わざるを得ない。 この渦中にその発言はNGであろうと 気づけないのは時代錯誤な鈍感さ。…

  • 登校しぶりと「学校行きたくない」のきっかけ。

    理由は些細なことでした www.mikatano.meつづき。 こどもは寝る前など学校のことを割と 話してくれます。 未就学児を寝かしつけている同じ部屋で 小学生のこどもと寝ているので、 寝る前の時間は意識して学校のことや 友達のことなどを聞くようにしていました。 そんなある夜、 「学校行きたくないなー」 とつぶやいたこども。 「なんで?」と聞くと、 音楽が嫌だという。 詳しく聞くと、音楽の時間、 特に音楽の先生(推定60才代男性、定年後の再雇用で臨時職員) が嫌だという。 何が嫌なのか詳しく聞くと、 騒いでいるこどもに対して注意するときに 大きな声で「だまれ」「うるさい」 といった言葉を使…

  • 【序】ワーママの私とこどもの登校しぶり。

    突然の学校行きたくない宣言 2学期某日のこと、 小学校中学年のこどもが 「学校に行きたくない」と言う。 1学期まで、いや3年生も2年生も 風邪以外は皆勤賞であったこどもの 突然の登校しぶり。 それは、唐突ともいうべき始まりでした・・・ とその前に、こどもの登校しぶりについて 本ブログに書くかどうか悩みました。 おおよそ10歳を過ぎたら こどもの人格は形成され 確立されつつあり こども自身の自我が芽生え、 アイデンティティが存在すると 強く思う。 もちろん、生まれたたその瞬間から 人格はその子自身のものであるが、 大部分の意思決定については 親のコントロール下にある。 であるからして親目線で書く…

  • 東京うまれ東京育ちの弊害。

    東京の視点、地方の視点 夫も私も地方出身。 地方の公立の小、中、高校を卒業して 県外への大学に進学し、 東京に就職するというルートで 東京在住の今。 そして、こどもうみ東京で子育て中。 地方、田舎出身の身として 夫婦ともに感じるのは、 こどもには地方、田舎の生活を 経験してほしいと思うし 田舎から東京や日本をみる視点を 自分自身のなかに根付かせてほしいと思う。 東京=日本じゃないんだぞっていう。 地方育ちだと地方出身のアイデンティティとか 一方で劣等感とか抱きやすく、 東京への憧れも同時にあってそこから ハングリー精神も湧いたりする。 東京で子どもをもち、 東京で子育てをしていく中で思うこと。…

  • メルカリの底力。

    メルカリに助けられた話 メルカリはやりとりの面倒さや 手間(商品説明などの写真アップや 梱包手続き)がかかる割にもともと 安価な設定なので薄利であり、 しばらく遠のいていました。 んが、先日、メルカリに 大変お世話になった事がありました。 というのも、先日、某図書館で 専門雑記を借りたのですが、 不注意で表紙が雨に濡れてしまって 乾かしたものの紙が 波打ってしまった状態に。 図書館にその旨説明をして返却するものの このままでは貸し出しができないので 同じものを買って弁償してほしいとのこと。 こちらに非があるので致し方なし。 で、その専門雑誌が2018年のもので バックナンバーを調べてみたところ…

  • これが非正規のゲンジツ。

    人事の足音 人事の異動打診がはじまる季節。 私は今年度異動になったので、 異動は99%ないと思っています。 全国異動がある会社の宿命、 異動の可能性があるメンバーは 皆ドキドキしてるはず。 そんな中、私のデスク隣に座っている 非正規のパートナー社員さんが 突然、契約が打ち切られた話。 表上は契約期間満了ということで 契約更新に至らなかったらしい。 契約打ち切りは突然に まさか、とご本人も思ったはずだし、 まわりもどう声をかけてよいのか。 暗黙の了解として、非正規社員は 年度ごとの更新だけど、 ほぼみな間違いなく更新される 環境であるので、 コロナによる業績悪化もない弊社で、 何故に突然の契約打…

  • 資産管理。

    投資一歩一歩 2018年からはじめた投資信託。 月30,000円の投信の積立で随分育っており、 評価額+10万ほどの利益となっています。 コロナによる乱高下には泡泡しましたが、 やはり長期運用でじっくり投資するという 時間のメリットを感じています。 www.mikatano.me 今回、まとまった手元の預金を どのようにドルコスト平均法で 分散投資していくのか悩んでいたところ、 勝間和代さんのVoicy 「ある程度手元に預金がある時のドルコスト平均法のやり方」 がとても参考になりましたので、 この方法で計画的に積み立てていこうかと 思います。 要は、ボーナスや親の遺産などで なとまった資金が手…

  • キャリアダウンした先輩ワーママ。

    ロールモデルの先輩ワーママ キャリアダウンしたワーママの話。 初任地でご一緒した5つ上先輩は 20代後半で結婚、出産し 育休を取り復帰し、妊娠、育休、復帰と子育てとの両立を図りながら ワーママとして頑張っていた先輩。 私の数年上の年次の先輩ということもあり ワーママのロールモデルとして、 キャリアを歩むマイルストーンとして 大事な標石だった。 先輩には常に数歩先を歩んでほしかった。 キャリア、一旦停止 その先輩が数年前、会社を辞めた。 辞めた理由は子育てに余裕をもって 専念したいと言う。 全国転勤がある会社で このままキャリアを歩み続けることの限界。 ロールモデルとして背中をみていた 先輩だ…

  • ワーママ的強みを知り、強みを活かす。

    ストレングスファインダーって? ストレングス・ファインダーとは 自己分析ツールのひとつ。 ワーママはるさんのVoicyで (#41 働く女性はストレングスファインダーを受けろ) その存在を知り、 キャリアを考えるうえで自分の強みに 興味がわいて診断料として5,000円の投資。 高いとみるか妥当とみるか安いとみるかは、 診断後の分析結果をどう自己解釈して 次につなげられるかどうかが鍵と思われる。 34項目の資質から強みを順位付けします。 わたしの上位5項目には「最上志向」「学習欲」「収集心」「着想」などがあり、なるほどーと思いながら解説を読み込む。 「最上志向」の資質が高い人は、個人や集団の卓…

  • こどもの留守番に救世主、アレクサ。

    教えてくれてありがとー! なんでこんなに便利なアレクサの 機能に気づかなかっんだろ??? お気に入りのブロガーさんである ポニさんのアレクサの有用な使い道の 記事を見て、はたと気づいた。 アレクサ歴2年。 アレクサはNewsと音楽と天気くらいしか 利用していなかった。 うちのアレクサはEchoSpot。 アレクサコールと言う超便利な機能を どうして今まで使わなかったのか、 どうして今まで気づかなかったのか、 IT最先端で仕事している夫が 何故教えてくれなかったのか??? 早速電話機能を使ってみた。 家のアレクサはカメラ機能が付いているので こどもの顔が見れてとても安心。 amazonより写真は…

カテゴリー一覧
商用