searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ミカタさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ワーママのミカタ
ブログURL
https://wm-mikata.hatenablog.com
ブログ紹介文
ワーママの見方と味方。ハレてもケでもワーママな日々をつづります。
更新頻度(1年)

196回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2017/09/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ミカタさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ミカタさん
ブログタイトル
ワーママのミカタ
更新頻度
196回 / 365日(平均3.8回/週)
読者になる
ワーママのミカタ

ミカタさんの新着記事

1件〜30件

  • 育休中の過酷な生活。

    立場が逆転して気づいた話 育休から仕事に復帰するときに 思っていました。 たぶん、みんなが思うであろうこと、 「これから始まる嵐のような生活に果たして耐えられるのだろうか?」 という疑問。 自分で 「?????」 という答えしかでないまま、 突入したコロナ禍での仕事復帰。 結果的にはこのタイミングでの 復帰がスムーズだったのは 在宅と出社の組み合わせで ゆるく復帰できたのに加えて、 夫が在宅の日も多く、 家に帰ってきたら夫がいて、 保育園のお迎えをしてくれ、 買い物をしてくれ、料理好きな夫は 料理担当なので夕ごはん作り。 会社から帰ってきてお迎えも終わっていて、 夕ごはんの買い物のメニューも…

  • 主張するワーママ。しないワーママ。

    権利と主張と責任のなかで わたしの所属する組織では 4月、5月の約二ヶ月間、 パートナー社員とよばれる 非正規社員は全員自宅待機をしてました。 そんななか緊急事態宣言が解除されたのを機に出社要請が。 今の部署にはワーママが複数います。 保育園ママもいれば、 小学生ママも中学生ママも。 正社員ワーママも非正規社員ワーママ も多数います。 で、緊急事態宣言が解除されて 非正規社員に出社要請があったところ、 とある小1の子をもつワーママは、 こどもの小学校が分散登校となり 正式に始まらないので 出社できないという切実な訴えが。 どうやら学童にあずけられないので 学校再開になるまで休暇を申請したいと…

  • 来たよ!保育園からお迎えコール!

    備忘録を兼ねた可もなく不可もなく心のままの個人的なつぶやきなので、興味のない方は素通りしてください。 やっぱりそろそろだと思ってたお迎えコールがきた!発熱ではなく、具合が悪いとの連絡。そーよねーワーママあるあるよねー。明日、発熱だとツラい。緊急事態宣言が解除されて忙しさの単位がかわった今、仕事いきたい気持ちと休むべきかとの気持ちの小競り合い。夫在宅の幸運。仕事とは自分もふくめ家族の健康のうえに成り立つもの。

  • 全国転勤がある会社。

    全国津々浦々の転勤 私の属する組織は全国展開しており、 つまり全国転勤あり、 そして職種間異動あり と定期的に所属部署がかわります。 私の初任地は何度も書いていますが、 どげんかせんといかんで 有名になった宮崎県。 私が赴任したときには まだ注目もされていなかった頃で、 九州にお住まいの方はわかるかと思いますが、 「陸の孤島」の地でした。 首都圏に住んでいれば、 九州地方はどこも同じ 距離感だと思いませんか? 少なくとも赴任する前の私の地図では、 宮崎と熊本の位置が微妙なくらいの(失礼) 地図でしたが住んでみて陸の孤島を実感。 宮崎は、熊本や鹿児島とは 一線を画している、その名の通り陸の孤島…

  • とるに足らないつぶやき。

    備忘録を兼ねた可もなく不可もなく心のままの個人的なつぶやきなので、興味のない方は素通りしてください。 いまの部署に異動になって仕事への充実感を感じている。育休、復帰、時短、育休、復帰、時短を繰り返していた30代の私には先のキャリアは描けなかった。ただ、目の前にある子育てだけが事実だった。業務も後方部門でデータを扱う日々、時短の私にふってくるのは細切れの仕事。だれがやっても同じではないかと腐ってしまう自分がいたのも事実。仕事よりつねに家庭優先でいた。そのことに後悔はなかった。でも、今。仕事で自分は必要とされているという実感。仕事に没頭したいと思う自分がいる。なにがそうさせているのだろうか。やりが…

  • 夫との仲違い。

    たまにですが口ケンカ 夫とは、ふだんは よろしくやっていますが、 たまに頻度としては1ヶ月に1度くらいは 口ケンカしますね。 ホントたいしたことない些細なことで、 本人たちはケンカとは思っていない程度の とるに足らない言い争いですが、 こどもたちにとったら 夫婦「ケンカ」と映るらしい。 昨日もたいしたことのないことで、 私もカチンときて、夫もカチンときた。 そういうときは、距離をとるに限る。 接触を限りなく少なくする。 夫との密閉空間、密集場所、密接場面を避ける。 そう3密を避けることは 夫婦ケンカにも応用可能! こどもたちの前では平然としつつも こういう夫婦の微妙な雰囲気って こども(未満児…

  • 【緊急事態宣言解除】本格的に仕事再開への現実味。

    鬱々?晴々? 関東圏においても25日に 緊急事態宣言解除の現実味が 増してきました。 いよいよ、本格的に経済が 始動しはじめる兆しがみえてきました。 在宅ワークや自宅待機で出社から 長らく遠ざかっていた方々のなかには、 やっとやっと日常がもどってくるーーー! という晴れ晴れした気分の方々もいれば 在宅期間が長すぎて長すぎて 在宅のゆるさに慣れてしまって 仕事へのモチベーションがだだ下がり、 鬱々としている方も いらっしゃるのではないかと思われます。 あなたはどっち? わたしは、晴れ晴れしている方です。 といっても、この緊急事態宣言においても 週に2〜3の出社はつづけていたので その延長線上とい…

  • コロナ禍のなかでの復帰。

    コロナのなかで復帰 この4月に育休から復帰しましたが、 期せずしてコロナ禍のなかでの 復帰となりました。 この混乱のなかではありますが 緊急事態宣言がだされたなかでの 復帰がよかったことが いくつかあります。 まずは、在宅勤務がはじまったこと。 これは、働き方に大きな変化を もたらしました。 そして、それが結果として 慣らし復帰のような形で、 少しずつ業務に復帰できることに つながりました。 今まで週5フルに出社していた生活から、 週2〜3の出社と在宅ワークの 組み合わせになり、 心と時間の余裕が格段に大きくなりました。 4月から研究職→専門職への異動となり 仕事の内容がガラリと変わり 精神…

  • とるに足らないつぶやき。

    勘の言い方はお気づきかと思いますが、Twitterのつぶやき風です(文字数少なめを意識)。備忘録を兼ねた可もなく不可もなく心のままの個人的なつぶやきなので、興味のない方は素通りしてください。 世の中はいろんな仕組みがあるものだ。奥深く多岐にわたる迷路のようなもの。搾取する側される側、利用する側される側。結局、仕組みを先に作り出した人が得をするのだ。利用されると分かってて、それに乗っかってしまうのもまた人生。だって人が作った仕組みに乗っかるだけの方が往々にして楽だから。

  • とるに足らないつぶやき。

    勘の言い方はお気づきかと思いますが、 Twitterのつぶやき風です(文字数少なめを意識)。 ついついスマホを見てします。電車で移動中、待ち時間、手が空いたとき。スマホで知れる半径500キロのなかの発見よりも、リアルの半径500メートルの発見の方が自分の生活に直結する大発見だったりする。電車に乗ったら窓の景色を眺めよう。ぼーっと物思いにふけるその中に新しいヒントが閃いたりするかもしれない。手が空いたときにも意識して目の前のことを見つめよう。近すぎて見えなかったものに気づくかもしれない。自戒を込めて。こうしてまた画面をみてるわけだが。

  • 在宅ワークと選別される社員。

    在宅ワークの行方 在宅ワークの成果ってみえる形で だせないと 「何しているの?」状態に ならないですか? たとえば、SE、プログラマーなどが 開発したものを成果として出すというのは とてもわかりやすい労働の結果ですが、 事務職、営業職、対人業務などは、 在宅ワークでできることに限りがあるので、 このコロナ禍で強制的に在宅ワークに ならざるを得なかった場合、 「あなたホントにシゴトしてるアルカ?」 みたいな社員もたくさんいるんではないでしょうか。 (大きな声では言えませんが) 私の観測範囲でも見受けられます。 これまでの日本型の労働環境においては、 朝から夕方まで強制的に「職場にいる時間」とい…

  • とるに足らないつぶやき。

    勘の言い方はお気づきかと思いますが、 Twitterのつぶやき風です(文字数少なめを意識)。 高学年女子の人間関係はフクザツ。 これはもう疑いようのない事実であることを実感している。 余計な口出しはしないと決めつつも、子の人間関係へのアンテナは常にびんびんにたてて見守っている。 はっきりいってしまえば、「ちょっと心配な子=ここでいう心配とは人間関係におけるトラブルメーカーになりやすい子」がいるというのも分かってきた。 つまり、いじめっ子の要素をあわせもっている子。 この子とはあまり遊んでほしくないというのが正直なところ。 でも対1でみれば、「普通」の「いい子」にみえる。 でも、集団に混じれば特…

  • 「在宅ワーク」のちょうどよいバランスと新鮮な驚き。

    夫も妻も在宅ワークの場合 コロナカ(=コロナ禍=今年の流行語?) において、突然、 夫も妻も在宅ワークとなった場合、 限られた空間でワークスペースを 共有せざるを得ないと思います。 夫と妻ともに在宅で仕事をしながら空間を共有すると、必然的にお互いの仕事が見えてきます。 普段知ることもなかった パートナーの仕事の顔が 垣間見れたりしませんか? 私は垣間見ています。 夫が在宅でプレゼンや オンラインミーティングをする機会が 多くなり、自然と会話が 耳に入ってくるのですが、 業界用語というのか私には聞き慣れない言葉を 流暢に駆使して話していたり、 ふだん私に対して話している口調とは ちょっとちがう…

  • とるに足らないつぶやき。

    今日は個人的にいい発見があって気分があがったのと、仕事で自己の限界を感じてすこし気分が下がったのと、プラスもマイナスもあった。仕事も人生も山もあり谷もあり、でもこうしてキロクをつけていないととるにたらない些細な記憶でうもれてしまうようなこと。でも、仕事での限界ってどうしたらいいのかと自分自身に問いかけ模索中。

  • 【品薄】パストリーゼが定価で買えた!

    つづく品薄 コロナ禍によって 店頭から姿を消したもの たくさんあります。 ティッシュ、マスク、 ホットケーキのもと、小麦粉、パスタアルコール用品、・・・ そんなひとつが、パストリーゼ。 店頭から消えて久しい。 いつも買う薬局では、 コロナの前はふつうに買えたのに ここ数ヶ月まったく在庫なし。 楽天やAmazonなど驚くほどの 高値で買うつもりは毛頭ありませんが、 はやく在庫復活してほしい。 うちでは、キッチンでよく使っており、 必需品でもあり、いろんなところを 除菌できるのが便利だった。 食品にかかっても大丈夫というのもよかった。 できれば欲しいなと 思っていたものの、 目玉が飛び出す高値に…

  • 【公立小学校】オンライン教育の浸透具合。Surfaceが使える。

    オンライン教育じわり始動 こどもの通う小学校は都内にある いたって一般的な公立小学校。 この度の急な休校で オンライン教育が始まったのは連休明け。 最初はスクールタクトでの朝の会からはじまり、少しずつ授業も本格的に始動しています。 この混乱のなかそしてこの短期間で 迅速なオンライン教育への取り組みは、 保護者目線からみても なかなか凄いと感心しながら、 こどものサポートをしています。 まず、定時刻に朝の会がはじまります。 schoolTakt*でやりとりし、今日の体調を報告します。 *スクールタクトとは、ブラウザによるカンタン協働学習・アクティブラーニングであり、総務省先導的教育システム実証…

  • 【時短】おそうじはダスキンモップでラクに。

    おそうじといえばダスキン ダスキンのモップを使い始めて 5年以上たち、ダスキンユーザーです。 ダスキンのモップは、はじめ 「おそうじベーシック3」という モップ、ハンディモップ、クリーナーがセットに なったお得なプランを月額1,925円で レンタルしていましたが、 ハンディモップ(シュシュ)を使う頻度が 少ないことや、クリーナーは手持ちの ダイソン掃除機で代用できることがわかり、 いまはモップ(ララ)のみ月額1,045円で レンタルしています。 www.duskin.co.jp 月1,000円のレンタル代が高いと 感じるかどうかは個人の感覚ですが、 私はもうこのモップがある生活が当たり前 に重…

  • 【庭しごと】おすすめの無印スコップとプロ仕様の園芸ハサミ。

    庭しごとのおすすめアイテム もともとグリーンやお花は好きでしたが、 戸建てに引っ越して小さな庭ができ、 地植えしたり、花を植えているうちに 庭しごとが徐々に板についてきました。 やはりグリーンは癒やし効果があります。 ということで、庭しごとで活躍している お気に入りのものをご紹介。 まずは、無印のスコップ。 「アルミ土すくい」というネット限定のもの。 www.muji.com こんなカタチのスコップ探してた! という感じで一目惚れ。 シンプルでとても使いやすい。 サビにくいアルミ製なので、 外においても雨ざらしでも錆びない ところも気に入っています。 小サイズを使っていますが、 おとなにも握…

  • 【隣の芝生】オンライン教育の実際。

    観測範囲におけるオンライン教育 自治体によって、 それこそ同じ自治体でも 校区が違えばオンラインの 取り組みが異なっている 印象を受けます(SNS情報)。 で、興味があり、 リアルではどうなのかと気になって 同じ保育園卒の友達で おなじ自治体に住んでいて、 かつちがう校区の小学校に 通っている友達が複数人おり、 他校区(N=5)の状況を ライン調査してみました。 保育園は学区関係なく、 どの地域からも希望園に 入園希望がだせるので、 住んでいる自治体の状況 (すべてではありません)が よくわかりました。 結果は Case1【実施中】:現在、(試行錯誤だが)オンライン教育に取り組んでいる Cas…

  • 【Netflix】「ザ・サイレンス闇のハンター」と人間性のホラー。

    時間ができたのでこどもとNetflix 最近、こどもとNetflixをみる機会が増えている。 通勤のない在宅ワークで家族時間も増えて 夜時間が長く感じる。 つい週末気分で夜ふかししても 大丈夫みたいな余裕感(ホントはよくない)。 「アイ・アム・マザー」も小学生のこどもと いっしょに見たけれど、 高学年のこどもも吹き替えなら内容も理解でき、 最後までいっしょに観ていた。 もう映画もいっしょに楽しめるという新鮮な驚き。 そして、次にみたのは「ザ・サイレンス闇のハンター」。 www.netflix.com 人間の存在を音で感知し襲撃するどう猛な飛行生物が突如現れ、混とんとする世界。安全な場所を求めて…

  • 新たな学び、決めました。

    学びをとめない 昨年の今頃は、 新しい学びにむけて 意欲みなぎる春だった。 wm-mikata.hatenablog.com アラフォーにして、そして育休中に 通信大学へ通い、 国家試験資格取得を目指すと 決めたあのとき、 無謀な計画とも思えたけれど、 あのとき一歩踏み出した選択は 間違っていなかったと思える。 そしてこの1年は濃厚な そして有意義な時間となった。 きっとそれは、目標であった国家資格に 晴れて合格したから言えるのかもしれない。 そして、今。 休校中の「#学びを止めない」 ではないけれど、 私も日々、学ぶ姿勢を忘れないで もちたいと思う。 試験を受けてバーンアウト気味になり、 合…

  • 【toio】休校生活の徒然。いまどきの知育玩具はスゴい。

    とりあえず好きなことを気のゆくままに 学校がなんて恵まれた環境であるのかを 感じずにはいられない日々ですが、 5月も、もしかしたら6月も? つづくかもしれない休校中、 できれば有意義に過ごしたいもの。 「勉強」はとりあえず、 「学校からの課題はやること」という 低い目標だけをたてて、 自主学習(ワークなど)については ややあきらめモードです。 かわりにこどもたちが食いつく、 好きな、興味のある分野を このあまりある時間で 伸ばしてあげたいと 思っています。 とりあえず、高学年のこどもは、 Photoshopにくわえて、 Keynote(プレゼンツール)の使い方も 夫に教えてもらい、 すこしず…

  • 正規社員と非正規社員の「差」とは。

    正規と非正規を分けるもの どこの会社も同じだと思いますが、 正社員もいれば、非正規社員もいる。 これを区別することで分断が生まれる といえばそうでもあるだし、 区別することで「裁量」であったり 「責任」という線引がひかれるという面もある。 コロナ禍によって突然のリモートワークや 自宅待機、休暇を余儀なくされている 方々も多いと思います。 業種や業界、勤務体系によって 緊急事態宣言下における待遇が 変わってくると思われます。 うちの会社の場合ですが、 緊急事態宣言下での勤務体制は、 パートナー社員とよばれる 正社員以外の非正規社員は、 緊急事態宣言がでた4月から 延長が決まった5月末まで、 ま…

  • 在宅ワーク+オンライン授業の本音。

    子あり在宅ワークの限界 わたしの会社でも在宅ワークがようやく解禁され(遅すぎ) というか、正確には4月にも在宅日がありましたが、 制度的には在宅ワークというよりも 自宅待機の意味合いが強く、 特別休暇扱いでの自宅待機で 出勤と休暇を組み合わせて過ごしていました。 今後は、出勤と在宅ワークを 組み合わせることができ、 出勤日は保育園にあずけて出勤し、 それ以外は子あり在宅ワークで 柔軟に対応できそう。 といっても「こども+在宅勤務」って わかっていたことですが、 わかっていたことですが、 仕事になりませんよね。 だから、本心ではこんな状況ならば 出勤した方が仕事が捗るし、集中できるし、 むしろ…

  • 【オンライン生活】実は見られてる壁紙、カーテン、チラ見せインテリア。

    オンラインで気になるインテリア ビジネスにおいても オンラインミーティングが普及し、 プライベートでもZOOM飲み なるものが浸透しはじめて、 テレビでもオンライン収録も見慣れました。 YouTuberでもZOOMのコラボ動画が多いですね。 で、気になるのは、 そのフレームワークの 「背景」だったりしませんか? 私は気になってます。 オンライン収録のワイプの画の背景をみて どんなところから収録しているんだろ? どんな部屋なんだろ? と気になってしまいます。 ビジネスでもプライベートでも オンラインでつながることで、 「チラ見せインテリア」がみえてきます。 どんな家なの? どんな部屋なの? どん…

  • 【Netflix】母の日に「アイ・アム・マザー」。

    Netflixのオリジナル作品 Netflixを契約したのは去年の秋。 それから、話題作やドキュメンタリー、 オリジナル作品を観るほどにハマる。 話題作の惹きこまれ度、完成度は流石。 「全裸監督」の山田孝之氏の 憑依した演技魂にも感嘆したし シーズン2が楽しみでならない。 (夫と夜ふかしして一気観) www.netflix.com それから「凶悪」にも心震えたし、 山田孝之氏とリリー・フランキー氏と ピエール瀧氏が共演する作品は 私の中では不動の地位にある。 www.netflix.com 「ストレンジャー・シングス」も一気観した。 www.netflix.com そして、Netflixのド…

  • 【STAY HOME】アナログなカードあそびアイテム追加。

    いまどきのカードゲームが面白い 人生ゲームやどうぶつ将棋、 トランプ、UNOなど アナログなゲームの 有名どころはうちにありまして、 気が向いたときは 日曜日など家族で楽しむこともあります。 もちろん、毎週末ではありませんが。 ですが、このところのSTAYHOMEが 長すぎて長すぎて、 GWの連休は毎日が日曜日な感覚。 そんなときにこどもからのリクエストがあり、 新しくカードゲームを購入。 ウミガメのスープ ひらめき&推論&情報整理力でナゾの真相を解き明かす、情報推理カードゲーム! カードに書かれたナゾのストーリーの真相を、「はい」「いいえ」「関係ありません」で答えられる質問のみをくり返しな…

  • 休日の男飯、助かってます。

    自慢かもしれませんが、自慢させてください。 週末は料理しません。 なぜならば、料理好きな夫が 週末、休日の料理担当であり、 私は、片付け担当。 そして平日は、私が料理担当。 wm-mikata.hatenablog.com 平日、料理を作りつづけていると 人の手料理、ご馳走がただただ美味しく、 週末は夫が何を言わずとも買い物をし、 そして作ってくれるので そのラクさを堪能しております。 が、心のなかで、ついつい思ってました。 だって、週7日のうちの2日だけでしょ? 私が週5日、料理しているわけだし、 割合でいったら、断然私のほうが 料理してるよね? 土日、料理してるっていっても、 片付けは私だ…

  • 【コロナ禍】都心の高価格帯レンタルオフィス。

    最先端のオフィス 2月某日、夫が 「このオフィスどう思う?」 と話をふられました。 やや手狭になった現オフィスの 移転を考えているとのこと。 HPをみるとTheIT企業、The近未来のような 格好いい写真やCGイメージの数々。 時代の先端といった感じの超絶洗練 されたオフィス空間でした。 なんでもビジネスに必要な受付機能や 会議室、リフレッシュスペースなどの 空間をシェアすることで、 賃貸スペースを効率化しかつ コスト削減を実現するのオフィスらしい。 そしてオフィスのコンセプトも 業種をこえたオフィス空間で 異業種との化学反応をもたらすとか、 スタートアップ企業やフリーランサーに 特化した拠点…

  • 【驚】公立小でのオンライン教育、始動。

    パラダイムシフトなるか こどもが通う小学校は、 都内のいたって普通の公立小学校。 ですが、この度の休校で、 5月から家庭学習を支援するための オンライン教育が始まるとの通知があり、 学校からログインIDとPWが付与されました。 教育クラウドプラットフォーム上で、 家庭でのICT機器を活用して 担任とこどもがやりとりをするとのこと。 プラットフォーム上にある 各社デジタル教材や無料提供する コミュニケーション機能を利用でき、 デジタル教材のコンテンツが豊富にある。 manabipocket.ed-cl.com 公立小って昭和な「遅れてる」 イメージがあったので、 この休校中の混乱のなかで、 I…

カテゴリー一覧
商用