chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
日仏フィグー社 スタッフのブログ http://nffigue.blogspot.com/

フランスがより身近に感じられるような日常を綴ってみたいと思います。

日仏フィグー社のスタッフが、フランスや日本での日々の中で、お仕事の合間や休憩時に目にしたちょっとした風景を載せています。私達と同じように、海の向こう側のフランスを目指して頑張っていらっしゃる皆様へ向けて、フランスがより身近に感じられるような日常を綴ってみたいと思います。

日仏フィグー社
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2017/09/05

1件〜100件

  • 絶景、セザンヌの山

    パリから出張先のマルセイユへ向かう飛行機がマルセイユ到着前にエクス・アン・プロヴァンス近くの上空を通りました。その時、窓から素晴らしく感動的な景色を目にすることが出来ました。画家セザンヌが愛したサントビクトワール山です。何度か利用させていただいている便ですが、この感動の景色に遭遇...

  • パリ5区、今日の日替わりランチ

    パリ5区のモンターニュ・サンジュヌヴィエーヴ通りにある週末を含めて毎日ランチメニューを提供されている小さなレストランの前を通りました。今日の日替わりのメインは、メルゲ(ソーセージの一種と理解しております)かな。一度とても美味しいカサゴ料理の日があったのですが、それ以来二度と巡り合...

  • パリ、タルタルの往復焼き

    パリは秋を通り過ぎて寒さを感じます。写真はパリのカフェ飯では定番のひとつ、牛のタルタルでございます。お仕事が外の時のランチにたまにいただくフランスらしいメニューですが、今回の写真は普通のタルタルではなく表裏を30秒ほど軽く焼いてもらった往復焼き( Tartare Aller-re...

  • パリ、パンテオンの美しい内装

    パリ、パンテオンのドーム屋根はパリの象徴的な建造物のひとつですが、そのドーム屋根を内部から見上げると、こんな感じです。朝晩は寒さを感じるようになってまいりました。明日は今日よりも平和な日となりますように。。。      ※下のボタンをクリックすると今回のブログ記事に一票が入ります...

  • パリの隣町パンタンの遺産

     パリの隣町パンタン。お仕事の拠点のひとつとしてよく通る教会前の大通り沿いの集合住宅入口にこのようなプレートがあります。イルドフランス気域の文化遺産として認定されている建物とのこと。日本にも地域や自治体毎に文化遺産を認定しているところが多くあるようにフランスにも沢山あります。今も...

  • パリ6区、週末はリュクサンブール公園

    パリ6区のリュクサンブール公園付近のプレートです。お昼休みや週末にはパリ市民の憩いの場となるリュクサンブール公園も300年以上の歴史の中で今の風景が築き上げられてきたことがわかるのですが、この画像では粗くて字が読めないですね。。。      ※下のボタンをクリックすると今回のブロ...

  • パリ12区、ライブハウスのある通りで

    お仕事途中にたまに通るパリ12区のBiscornet通り。週末の夜に賑わうライブハウス、スーパーソニッククラブがある通りですが、お昼間はいたって静かでございます。壁にたてかけられた木製運搬パレットの奥に見える煙草をふかす男女のモノクロ写真がカッコイイですね。フランスだからゴロワー...

  • 日本でもアストリッドとラファエル

    フランス人気ドラマシリーズのひとつで今年の第3シリーズへと続いているAstrid et Raphaëlle(アストリッドとラファエル)の第1シリーズが日本でも毎週日曜日の夜11時にNHKで放映されているようで、すでに10話中の6話まで放送されているらしいです。フランスの連続ドラマ...

  • パリ、サンジャック塔のパスカルさん

    Pierre-Jules Cavalierは1980年代の芸術家ですが、彼が手掛けたとされる作品のなかでも印象的な彫刻のひとつがパリ・サンジャック塔の足元にあるパスカル像です。特に横から見るシルエットがなかなかカッコイイですね。以前のフランス・フラン紙幣に登場したなんとなく頼りな...

  • パリ14区、茄子の美味しい季節も終盤です

    2022年も9月6日となり、世の中のヴァカンス気分もすっかり過去のものになっています。この夏も例年通りにヴァカンスなく働いてまいりましたので、先日のお仕事の打ち合わせを兼ねたパリ14区の小さなレストランでのビジネスランスはちょっとしたご褒美でした。前菜は茄子のオンパレード。季節の...

  • パリ、ラ・ヴィレットでエクササイズ

    天気予報ではパリは次週の長雨の後は、本格的に秋の気候になって行きそうだとのことでございます。パリ、ラ・ヴィレットの公園では様々なグループが体を動かす姿が見られ、外での運動も気持ちの良い気候になってきたようです。私たちも秋の忙しい時期に備えて体を鍛えなければとの思いだけはあるのです...

  • ルーアンのセーヌ

    2022年も9月に入りました。ルーアンでのお仕事も一段落。次はいつのことになるのでしょうか。セーヌといえばパリをイメージする人が多いと思いますが、ルーアンを流れるセーヌの風景からはパリよりも広い空を感じることが出来ます。河原も整備されてとてもゆったりと過ごせる憩いの場所です。平和...

  • ルーアンの市場にて

    美しい木組みの家が今も多く残る初秋の訪れを感じさせるルーアンの街です。お仕事で度々訪れ、その度にまたすぐに再訪したくなります。パリにも通じているセーヌ川や画家モネが愛した大聖堂に中世からの木組みのお家、ジャンヌダルクにまつわる地など、他にも様々な訪れるべき場所があるルーアンですが...

  • パリの薬局、本当にお世話になっています

    お仕事先に向かう道中にふと見ると、パリ、モンパルナスにある小さな薬局の前に今も新型コロナウィルスのワクチン接種と検査は予約なしでいつでもどうぞとの貼紙がありました。 そういえば、2020年春以降の2年ほどの間は本当にお世話になりました。何度も検査でお世話になったことは勿論のこと、...

  • パリ、モンマルトルの映画館への道

    モンマルトルの麓にある小さな映画館「Studio 28」は、ジャンコクトーが内装に関わったという地元の人たちに馴染みの場所になっています。写真に写る標識から少し坂を上ったところにあるこの映画館では日本映画も頻繁に上演されており、この8月は、のんさん主演の「TEMPURA(私を食い...

  • パリの市場にもミラベルが登場

    9月の短期間に果物屋さんにならび、夏の終わりと秋の訪れを教えてくれる季節の果物ミラベル。早くもパリの市場で発見しました。ほのかな期待を抱いて毎年美味しいミラベルの新作ケーキが登場する7区のケーキ屋さんに行きましたが、まだミラベルケーキは登場しておらず、9月になるだろうとのこと。と...

  • パリ、爽やかな日の訪れ

    このブログでも時々登場するパリ郊外のパンタンやパリのいくつかの地下鉄駅内が水浸しになる大雨被害が先日ありましたが、今日は爽やかな一日となりそうです。地下鉄の通路を歩くカップルは短パン姿ですが、朝早い時間帯は少し肌寒く感じるようになっています。9月に入ると、引きこもって事務仕事に追...

  • パリ郊外、スタリングラード公園の風景

    パリの北東、隣町のPATINに入って Jean-Lolive の大通りをしばらく進むと見えてくる公園が写真のParc Stalingrad です。周辺住民や子供達、お仕事でこの地域を利用されている皆さんの憩いの場として、小さな映画館や図書館、カフェなどの施設が隣接しています。更に...

  • パリ、カナルで夏のボート遊び

    パリのラヴィレット地区を流れる運河(カナル)はパリ市民の憩いの場所のひとつですが、特にこの季節はレンタルボートで遊ぶ人やカナル沿いのカフェでくつろぐ人の姿も多く、明るい雰囲気です。この2022年は8月14日までの日程でカナル沿いのパリ近郊の街も含めた恒例の芸術文化イベント「カナル...

  • パリ、パンテオンのジャンヌ・ダルク

    画家ジュール・ウジェーヌ・ルヌヴー( Jules-Eugène Lenepveu )が晩年に手掛けたジャンヌ・ダルクのシリーズをパリのパンテオンの中で見ることが出来ます。1880年代の作品です。写真ではその迫力がなかなか伝わりませんが、ジャンヌ・ダルクの物語を切り取ったワンシーン...

  • パリ郊外、パンタン運河沿いの風景

    パリ北東部のポルト・ド・パンタンを過ぎるとパンタン市です。といってもパリ市の地下鉄やバスも走っていますし、何よりもバスチーユから続く運河がこことパリを区別することなく流れています。写真の左側に運河が流れています。このように整備される前からこの界隈は私たちにとって非常に馴染み深く常...

  • パリ、眼鏡屋さん前の風景

    一式40ユーロとか60ユーロなどのメガネの看板が目を引く眼鏡屋さん。パリ市内だけでも10店舗ほどある人気の眼鏡屋さん「Acuitis」です。日本ではリーズナブルで且つバリエーション豊かな眼鏡を揃える眼鏡販売のチェーン店が増えていますがフランスも同じです。30分ほど待てば数十ユーロ...

  • パリ、深夜の路地裏

    前回、夏の心地良いパリの路地裏を載せましたが、今日は同じ路地裏でも、夏の深夜のやや肌寒そうな路地裏です。ナシオン広場などからほど近いパリ11区の「Le passage Turquetil」です。日本語にするとパッサージュ・テュルクティルといった感じになるでしょうか。とても可愛らし...

  • パリ、モンマルトルの路地裏

    フランスでも熱波による山火事や海水温の異常な上昇など自然による驚異が日々感じられるようになりました。パリの猛暑はこのところ、ひと段落していますが、それでも日陰が気持ち良い今日この頃です。モンマルトル付近は入り組んだ路地に入ると日陰が多く、一旦日陰に入ると日差しで眩しい大通りには戻...

  • パリ郊外のタイ料理店「Le Galanga」さん

    写真はパリの北東に位置するパンタンのカナル沿いのタイ料理店「Le Galanga」さん。カリッとした表面の揚げ春巻きはランチの前菜で選べる一品です。お仕事拠点の関係でちょくちょくお邪魔していますが、このブログでは久々の登場でございます。同じお店ばかりについつい来てしまうのですが...

  • パリ、ル・ノートルのエビサラダ

    この1~2年は、テイクアウトして簡単に済ませる食事が増えました。 写真は少し前になりますが、エコール・ミリテールの近くのル・ノートルさんの支店です。ショーケースにお惣菜が並びますが、この日はエビのサラダを200gだけ頂き、お家でグリーンサラダとパンとみそ汁とあわせるという超シンプ...

  • パリ11区、2022年も7月14日ですね

    7月14日は革命記念日でフランスではお休みのお店が多いと思いますので、前日のお仕事帰りにお買い物を済ませます。11区のCHANZY通りにあるチーズ屋さんL’UNIVERS FR’OMAGEに立ち寄り、チーズではなく無塩バターを購入。このお店のすぐ近くのシリルさんのお店で購入したパ...

  • パリ20区、クスクスで栄養補給

    すっかりコロナが過去のような雰囲気ですが、実際にはフランスのコロナ感染者数がまた随分と増えてきています。と、いうことで、このところのお仕事はリモートワーク中心で、ほとんど外の風景をお届けできずにおりましたが、たまには外食で栄養補給も必要です。写真は20区のバニョレ通りにある庶民的...

  • 美しいリール観光局の内部

    フランスには各地に個性的な観光局があります。リール市の観光局は古くからの建物がそのまま活用されていますが、石の螺旋階段を上がると2階にはこのような光景が見られます。晴れた日にはステンドガラスを通した美しい色に満たされた室内を見ることが出来ます。地上階(日本式1階)にはインフォメー...

  • 研究者たちの家、リールの風景

    北フランス、リールのJean Bart通りを歩いてると突然現れる現代的な建築物。壁には「知れば知るほど好きになる」との日本語など様々な言語の言葉が並びます。 ここは「Maison Internationale des Chercheurs」です。直訳すると研究者たちの家ということ...

  • フランス、厳しい熱波のピーク

    2022年はまだ6月ですがフランス各地で大変な高温になっています。今日18日の土曜日がそのピークとなるようで、日曜日からはなんとか気温が下がってくれるとの予報です。ちなみに18日のパリは38度まで気温上昇が予想され、ここリールでも午後から夕方にかけて34度とのこと。青空に映えるリ...

  • リールの朝の街角

    リールの朝。お仕事先へ向かう途中の何気ない風景です。ナッツ系のゴロゴロ感満載のタルトは美味しいに決まっていますね!しかしながら、やはりこれからの夏場はフルーツ系が多いようです。。。

  • 北仏リール、江戸時代初期の建造物

    さすがに北フランスも6月に入ると午後の気温が20度以上の陽気になってまいります。写真はリールのフランドル駅からもそれほど遠くない仕事場からの徒歩コースでいつも目にする立派な門。近寄って見ると1621年に作られた建造物であるというプレートを発見。今から400年前の皆さんが見ていたの...

  • リールで美味しい持ち帰りピザ屋さん

    北フランスでも美味しいピザがいたるところで食べられる昨今ですが、昨年の開店からテイクアウトでいつも利用させていただくようになったのがアナトール通りにある「PROGETTO NAPOLETANO」さんです。可愛いお店で可愛いユニフォームを纏った厳ついお兄さんたちがナポリのピザ釜を囲...

  • リールの美味しいコロッケとフライドポテト

    前回のこのブログで書かせていただきましたリールのフリットリー(フライドポテト屋さん)「MEUNIER」と同じ場所です。お店に入ってすぐのカウンター内の目の前のフライヤーでイケメン?のお兄さんが揚げてくれる熱々ポテトがいただけます。お昼休みに立ち寄り、ポテトの中(特大、大、中、小が...

  • 北仏リールの名物はベルギーっぽいのです

    2か月ぶりのリールからです。この地方の名物のひとつにフリット(フライドポテト)がありますが、これはベルギーやオランダを含むフランドルの地域に共通した名物と言えそうです。リール・フランドル駅前のフリット専門店の前は避けることが出来ないお仕事場への通り道になっていますが、今日は時間の...

  • パリ、初夏の陽気の北駅です

    お天気予報によるとパリの最高気温は27度とか。フランスは全国的に5月としては随分気温が高くなり、各地で水不足も深刻になるつつあるとのことです。 写真は北駅周辺の青い空。飛行機も見えます。ここからRERでシャルルドゴール空港まで行けば日本行きの飛行機に乗ることが出来ます。そういう意...

  • パリ、バスチーユの駅です

    2022年も早くも5月になり、とても良い季節ですので歩いて行ってもよいのですが、やや疲れが溜まっておりまして、今回は地下鉄8号線でバスチーユからフィーユ・デュ・カルベールに参ります。 最近、数年前は問屋街だったのが、すっかりおしゃれなお店が立ち並ぶ通りにかわったフィーユ・デュ・カ...

  • パリ12区、モーニングです

     パリ12区、LEDRU ROLLIN通りのカフェ「POPULAIRE」では、夕方のアペリティフタイムに大きなガラス窓越しに多くの人で賑わう様子をいつも目にします。朝は結構な穴場ではないかということで、お仕事の打ち合わせ前のモーニングをここでいただくことにいたしました。9ユーロで...

  • 美味しいクスクスの夕食です

    夕食は鶏とメルゲのクスクス、生ハムと生野菜添えです。なかなか贅沢な夕食に見えますが、実は、スーパーのカルフールで購入したレンジで3分のお気軽クスクスに、生ハムとサラダを添えただけの5分で完成の簡単夕食でした。結構気に入っておりまして、このクスクス、実は過去にもこのブログに登場し、...

  • パリ、すっかり春の陽気

    一時の寒さを忘れるくらい、パリも春の陽気を感じる日々となりました。お仕事の関係で、このところパリのリヨン駅界隈が行動範囲となっています。駅前カフェでの事務仕事を兼ねた朝食が常となっています。このパリ・リヨン駅から行くことが出来る南フランス各地(モンペリエ、ニーム、ニース、マルセイ...

  • パリ、リヨン駅近くでカフェグルマン

    パリ、リヨン駅やバスチーユにも近いカフェの「QUAI33」で大切な打ち合わせです。陽気な店員さんがカフェグルマン(2022年4月現在9ユーロ)のカフェをショコラに変えていただくお願いをきいてくださり、ショコラグルマンです。対応は店員さんや日によって異なる可能性が大ですが、そういっ...

  • 寒い4月のパリで熱々ラクレット

    4月に入って何故かとても寒いパリ。真冬の寒さが続いています。こんな時は熱々のラクレット。日本のお鍋のように皆で鉄板を囲んで楽しくいただくと、より美味しくなる気がいたします。ご馳走様でした。心から感謝!

  • パリ到着前の機内食

    3年ほど前からだと思いますが、日本とフランス間のエールフランスの機内食の内、朝食用メニューが写真のような感じになっています。可愛いいミニ紙サックに暖かい一品(サンドウィッチやキッシュなど)とヨーグルトとフルーツにドリンクといった感じのシンプルメニューですがそれで十分です。この20...

  • リールで美味しくお気軽お寿司ランチ

    2022年も4月になりました。リールを一旦離れる前に、 Molinel通りにある気軽に入れるお寿司屋さん「Akira」でお腹を満たします。 13.9ユーロのお昼のMenuからサーモンランチをいただきました。ボリューム控えめで丁度いい感じです。フランスでの外食でサーモンは本当に間違...

  • リール市庁舎、世界遺産の風景

    美しいリール市庁舎の前を通りすぎると、ウクライナの国旗が掲げられていました。そして駅前の広場には桜の花が終盤を迎えていました。こういった美しい風景が楽しめる日が早くウクライナに戻ってほしいものです。リールでのお仕事もようやく一段落しましたので、また次回からはパリの風景をお届けした...

  • リールのピンクなドーナツ屋さん

    リールでの残務もまもなく終了ということで急ぎ足で街中を歩いていると、いつも目に飛び込んで来るピンク色のドーナツ屋さん。気になりつつも結局一度も入れませんでした。また次の機会に…。ところで、先日日本に戻ったスタッフさんは、リールのパスツール研究所のラボでの陰性証明書と3回のワクチン...

  • リールのパスツール研究所のお隣さん

    ウクライナの国旗が掲げられたリール市庁舎の近くに、ワクチンの予防接種を発展させた先駆者として知られるフランスのパスツール(1822-1895)が拠点とした場所のひとつ、パスツール研究所があります。パスツールを始めとする偉大な研究家たちの気配が感じられる場所です。今も新型コロナのP...

  • リールの楽しそうな遊園地

    リールの西側郊外に位置するお客様とのRDVの場所へと向かう途中、城塞や動物園付近を通過しました。その際に小さな遊園地の敷地内を通過。入場無料で遊べ、有料の遊具は15ユーロで一日乗り放題だそうです。子供さんも笑顔が印象的でしたが、意外と大人の皆さんも本気で楽しんでいました。ちなみに...

  • リールのミッテラン広場でお願い

    リールの近代的なリール・ユーロップ駅の前に広がるミッテラン広場を通過する際には、元フランス大統領のミッテランさんの像の前を通ります。その膝だけ皆に触れられて色が違っているのですが、膝を撫でてお願いをすると親しい人の膝が良くなるとかなんとか。。。小さなお子さんがお父さんにお願いして...

  • リール、美しいレンガ色の旧市街

    お仕事の関係で今日もリールからお届けしています。フランス北部の都市リールには様々な景色があります。現代的な今どきの街並み、ベルギーのような佇まいの広場の風景、そして、もうひとつは、パリとも南仏とも全く雰囲気が異なる煉瓦によって形成された街並みでしょう。世界遺産に登録されているリー...

  • リールに咲く春の花

    フランスでは一週間後の週明けの3月14日からいよいよワクチンパスポートの制度が終わり、コロナ前のように自由にワクチンパスポートもマスクもなし(マスクについては公共交通機関内と医療機関内を除く)で行動できるようになります。と、いうことで、体調を崩すことなく責任を持って常に業務を遂行...

  • リール・フランドル駅のパン屋さん

    ここは北フランスのノール県主要都市リールです。お仕事の準備のため、やって来ました。ベルギーやオランダ、イギリス間の国際列車が行き交うリール・ヨーロッパ駅と、フランス国内の路線を中心に発着する古くからあるリール・フランドル駅の2つの駅が 、リールの鉄道の玄関口になっています。リール...

  • 3月のパリ、16区パッシーの風景

    今年は3月1日はマルディグラ。こちらはお仕事の関係者をたずねてパリ16区のパッシー方面へ。高台にある地下鉄の地上駅から更に階段をのぼるとパッシー地区の中心付近に出てまいります。日中の最高気温は12度。まだ春とは言えない気温ですが、座り込んで談笑しているカップルにはすでに春が来た様...

  • 続・日本からフランスへの短期渡航者用ワクチンパス

    先日、このブログで紹介させていただき、すでに削除済みですが、 日本からフランスへの短期渡航者用ワクチンパスについて書かせていただいた内容の続編です。3回目のブースター接種が未だでもグリーン指定の海外からの短期旅行者は渡航者用ワクチンパスが所持できるような記載がフランス政府関連のサ...

  • パリ5区、赤木作品の風景

    先日このブログで紹介させていただいたパリのサロン界を代表する日本人画家であった赤木曠児郎さんが描いた「リュ―・ヴァレット」の風景の場所を、昨日お仕事の移動の途中に通りました。赤木さんが椅子を置いて描いていたであろう場所から写真を撮りました。パンテオンの右手前に描かれていた煉瓦の煙...

  • パリの美術サロン展、お仕事の様子です

    たまにお仕事現場の様子もこのブログに載せないと、単なるフランス好きのブログではないかと思われてしまいます(それでもよいのですが、、、)ので、日仏フィグー社の名誉のためにも、今日はお仕事現場のお写真です。グランパレ・エフェメールで2月20日まで開催されておりました美術サロン展の作品...

  • パリ、グランパレ・エフェメールのサロン展

    パリ、グランパレ・エフェメール関連のお仕事があり、この一週間はちょくちょく訪ねています。この日曜日(2022年2月20日)までの会期で同会場で開催されているサロン展「ART CAPITAL」。パリで古くからあるいくつかの美術サロン展を見ることが出来る合同展です。日本の皆様にはよく...

  • 日本からの短期渡航者用ワクチンパス

    フランスにお住いの皆さんは新型コロナウィルス予防ワクチン接種3回目を4か月以内に完了していなければ、2022年2月15日にはワクチンパスポートが無効になってしまっているはずです。日本在住の日本人の場合、4か月以内に3回目の接種というのは不可能です。その日本人がフランス入りした場合...

  • フランスのワクチンパス失効者多数の日

    昨日、2022年2月15日からは4か月以内に3回目の新型コロナワクチン追加接種を受けていない成人はワクチンパスポートが失効するとのことで、多くの人がその対象となったようです。パスがないと、レストランやカフェにも入れませんし、イベントなどにも参加できません。でも、考え方を変えれば、...

  • パリ16区、渋沢栄一の気配

    このところ外に出る間もないお仕事の関係で写真を載せることが出来ておりませんでしたが、今日は久しぶりにパリの何気ない風景を載せることが出来ます。写真は、お仕事先に向かう途中に通るパリ16区の静かなCHALGRIN通りです。先日のこのブログで紹介させていただいた日本からの第2回パリ万...

  • パリ16区、徳川昭武の気配

    パリの16区界隈はお仕事関係の方々とお会いするなどの所用で度々通りますが、特にこの写真に写る界隈には独特な雰囲気があるように思います。 パリ16区は今も日本の駐在員の皆様を始め、お仕事でパリに住む外国人が多く暮らしていらっしゃいます。日本の 大政奉還の年として知られています 18...

  • フランスのコロナ対策、大幅規制緩和ですね

    先日のフランスのカステックス首相の会見によりますと、週明けから大幅な規制解除が行われることの事で、様々なイベントや飲食に対する規制も撤廃されるようです。ただし、当面は各施設の入場にはワクチンパスポートが必要になるとのこと。いずれにしても、コロナ感染が早くおさまることが一番です。と...

  • パリのゴミ箱です

    このところ冬の晴れ間がたまにみられるようになったパリ。寒さとコロナの感染者数は相変わらずですがフランスの皆さんはとても前向きなように感じます。パリ市庁舎のすぐ北側を歩いていると見かけるゴミ箱は、足でペダルを踏むとフタが開くようになっています。テロ対策などで透明ビニール袋形式の簡易...

  • パリ、ダンフェールロシュロー界隈です

    昨日発表のフランスの一日当たりの新型コロナウィルス新規感染者数は約26万人。すごい数になっていますが、新たな変異種が重症へと繋がらない可能性が高いという諸説が事実であってほしいものです。 写真はパリ、ダンフェールロシュロー駅界隈の様子です。商店街のお酒屋さんの壁に描かれているのは...

  • 2022年、今年もよろしくお願いいたします

    パリ、ナシオン広場から北に少し歩いたところにある「LES OGRES」。朝から晩まで気軽に食事できるカフェです。フィッシュ・アンド・チップスが人気ですが、この2022年、エネルギーをたくわえてスタート出来るようにフィレステーキにしてみました!今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。...

  • 今年(2021)も有難うございました。。。

    2021年の投稿は今日で最終でございます。今年は本当に大変な一年で、あまり皆様にフランスの日常の風景をお届けすることができませんでした(反省)。来年も簡単な一年ではないと思いますが、コロナに負けないように、皆様と一緒に関係者一同頑張ってまいりたいと思います。それではまた来年。年末...

  • パリ6区の写真展にお邪魔して

    パリ6区、サンシュルピス教会の目の前にある立派な建物(以前は中国館だったと思います)の地上階に、海外旅行の手配などを行う「Les Maisons du Voyage」さんのデスクがあり、その奥に進んで行くとある小さなサロンで2022年1月8日まで開催されているLaurent Mo...

  • パリ、あのLe Grand Véfourでお茶

    フランスでは年明けの2022年1月以降、ワクチン接種済みの人以外は飲食店などに入店できなくなるよう法改正を準備中との首相発表があり、様々なことで先が見通せない状況が続きます。そんな時は、甘いものでも食べて、元気を出して、そしてまたお仕事に励むしかありません。あのパレロワイヤルの有...

  • パリのBREIZHカフェ

    東京神楽坂を皮切りに博多や京都にもある美味しいクレープ屋さんBREIZHカフェさんですが、近年はパリやブルターニュなどフランス各地でも店舗数を増やしています。どこのお店も美味しいとのことで、この11区のお店で書類の整理を兼ねて休憩したかったのですが、メールで呼び出しが。。。メニュ...

  • パリ、スープも美味しいレストラン

    パリ北駅のすぐ近くBelzunce通り10番にあるパリ好きの日本の皆様にはおそらくお馴染みの老舗レストラン「CHEZ MICHEL」。現在は日本の方がシェフをされているようです。ここでのランチの前菜にはスープを選びます。ポットが添えられお替りもいただけるのが幸せです。寒い日には...

  • パリ北駅からの45番

    パリは雨交じりの日が多くなる季節となりました。北駅には多くの路線バスが乗り入れていますが、今日は45番のバスに乗車です。北駅からオペラを経由してコンコルド広場へと向かう王道ルートのバスです。バス内の風景を写してみました。。。

  • パリの豪快な瓶収集車

    パリはすっかりクリスマスムードですが、そんななか、ガチャーン!と賑やかな音が聞こえます。路上に設置されているガラス瓶の回収ボックスを持ち上げ、その底から瓶をトラックの荷台に落とす際の音でした。パリの街角に大きな瓶回収ボックスや衣類のリサイクルボックスなどが設置されているのは本当に...

  • パリ、シリルさんちのケーキ

    シリルリニャックさんのケーキを久々にいただきました。マロン・ポワールと、輪になっていないパリ・ブレスト です。シリルさんはパリなら知らない人はいないほどの料理人で複数の店舗を持ったりプロデュースしたりと大忙しですが、「今のシリルがあるのは私のおかげ」と私のように勘違いしながらも、...

  • パリ、ジョルジュ・ブラッサンス図書館への道

     道路標識にあるジョルジュ・ブラッサンス図書館で思い出しましたが、今年はジョルジュ・ブラッサンス誕生100年。そして、ジョルジュ・ブラッサンスといえば、彼の生まれ故郷で、美しい南仏のまち、セートが思い出されます。セートの美味しい鰯フライも随分とご無沙汰です。ところで、フランスでは...

  • パリ、新名所のグランパレ・エフェメール

    シャンセリゼではノエルのイルミネーションが灯りましたが、フランスでの新型コロナウィルス感染者数の増加からみると遂に5度目の再流行となってしまったようです。マスクと手洗いに消毒を引き続き徹底です。写真は、すっかりパリ市民にお馴染みになったグランパレ・エフェメール。エッフェル塔が聳え...

  • パリ、盛り付けただけの簡単夕食

    2021年11月も後半。この季節になるとパリの天気は不安定です。曇りがちでところにより雨もちらつき、その合間の一瞬にわずかな晴れ間が現れます。お仕事先の一室から、その一瞬の晴れ間のなかなか良いショットが撮れました。そして、、、久しぶりに自炊夕食写真を載せてみます。と、いいましても...

  • パリ行きTGVでお食事

    モンペリエからパリへの移動で乗車したTGVでお食事をいただきました。TGVには食堂車はなく、飲食物販売とカウンターのみの車両があります。ここで、フランスの人気番組「TOP CHEF」に挑戦者として出演し、ゲストのアランデュカス氏に評価されたことで人気になった女性シェフ、アレクシア...

  • モンペリエの格好いいTRAM

    モンペリエを走る路面電車トラムはなかなか格好いいのです。なかでもブラックトラムは渋くて本当に格好イイですね。モンペリエの駅前広場は複数のトラムが複雑に交差して走りますので、その光景自体がまるで芸術作品のようです。モンペリエ周辺でのお仕事は完全には片付いておりませんが、ひとまずパリ...

  • RT-PCR検査にむかう日

    私たちの場合、新型コロナワクチンは仕事を続ける限りは必ず接種する必要があり、随分前に2回の完了済みですが、PCR検査が必要な事情が出来まして、本日は数名でモンペリエの検査会場へ。ここから先の検査場は撮影禁止ですので残念ながら私たちの哀れな姿はお見せできません。鼻の随分奥まで綿棒を...

  • モンペリエのコメディー広場

    モンペリエと言えばコメディー広場がすぐに思い浮かびます。夜に近付いてゆくコメディー広場もなかなかいいですね。11月中旬にもなるとすっかり朝夕は冷え込んでおります。。。

  • フランス名物スト、モンペリエ編

    昨日、2021年11月12日はモンペリエのトラムやバスがストライキで全面運休となりました。お仕事先へ向かってひたすらトラムの線路沿いを歩きます。すると、無情にも後ろから高速で自転車が追い抜いて行きました。やはり、自転車をレンタルすればよかったと後悔するのでした。何とか遅刻せずに済...

  • モンペリエ郊外の大トカゲ

     モンペリエ郊外のペロル市に滞在してお仕事に勤しんでおりますが、その通勤の途中に通るお洒落なハイツのベランダに皆様見てくださいといわんばかりの何やら大きなオブジェが。。。画素数の低いカメラで懸命に寄って写してみると、大きなトカゲの作りものが壁に掛かっていました。とても南仏っぽいオ...

  • モンペリエの市場でコンテチーズ

    モンペリエの観光局に資料をいただきに行ったついでに、食料を買いだめするために市内の常設市場に立ち寄りました。写真に写る若いご夫婦らしきお二人が即決で購入されていたコンテの12か月熟成の若いチーズをこちらもそれに続いて購入。これが一番間違いのない購入方法です。ちなみにお店はBOUさ...

  • 南仏ペロルで出会った野生のフラミンゴ

    今日は体力に見合わない力仕事で結構頑張った一日だったのですが、その一日の始まりに素晴らしい出会いがあり、元気をいただきました!南フランスのカマルグ周辺に飛来するフラミンゴです。11月も中盤にさしかかり最近は特に朝夕とても冷え込んでまいりましたので、もういらっしゃらないかと思ってい...

  • 南仏ペロルで出会ったルルドのマリアさま

    南仏ラングドック・ルシヨンの中心都市モンペリエのすぐ南に位置するとっても小さな町ペロル。ここに少しの間、拠点をおいてお仕事中ですが、食料の買い出しの帰りにとっても可愛い市役所前のとっても小さな広場を通ると絵葉書のような風景と、青空の中、教会の上に聳え立つルルドのマリアさまと瓜二つ...

  • 2021年11月、南仏ペロルのおじさんたち

    2021年11月も2週目に入りましたが 、お仕事の関係で南仏にやって来ました。今日から少しの間、南仏ラングドックルシヨンに位置するカマルグ近くの町、ペロル(PEROLS)での超過密なお仕事の合間に見た現在の何気ない風景をお届けします。賑やかなモンペリエの中心からトラムですぐの町で...

  • パリ、冬時間のサンシュルピス教会

    今日はここでRDVがあり、やってまいりました。少し時間があるので20年ぶりくらいで教会の中に入って見ると本当に素晴らしい教会内の風景でした。振り返ると見事なパイプオルガンが頭上からこちらを見下ろしています。世界中の演奏者があこがれるオルガンにまた感動するのでありました。オルガンの...

  • 通常の姿に戻ったパリ市庁舎前広場

    長い間、新型コロナウィルスの検査やワクチンの接種会場として大型仮設テントが設営されていたパリ市庁舎前広場。今日、その前を通ると、見慣れたテントの姿は無く、久々に広い市庁舎広場の姿を目にすることが出来ました。そして、テントの裏に隠れてしまっていた2024年に向けたオリンピックマーク...

  • パリ、今日のランチはMユーロ?

    2021年10月も残すところあとわずかですが、パリは日中17度まで気温が上がる秋晴れとなりました。仕事先への移動中に目に入った街角のレストランのランチメニューの黒板です。本当は11ユーロと記載されていますが、どう見てもMユーロにしか見えません。フランスの皆さんが書く文字にはいつも...

  • パリ、サロン・ドートンヌ2021展

    現代アート週間のフェアに続いて、パリの秋の公募展、サロン・ドートンヌ展が開幕しました。われら日仏フィグー社はサロン・ドートンヌ協会の皆様との協力関係のもと、日本からの作品搬入のお手伝いを長年させていただいておりますが、今日はそのお仕事の現場をちょこっと紹介。日頃のこのブログの記事...

  • パリ、サンジャックの塔も秋の色

    パスカルの実験で有名なパリのサンジャック塔の横を通りました。塔を囲む公園の木の葉も秋の色。パリの現代アート週間も終り、秋の公募展の季節。芸術の秋はまだまだ続きます。。。

  • パリ、2021年のサマリテーヌ百貨店

    長年の休業を経て、このコロナ禍に復活を遂げたパリの老舗百貨店「サマリテーヌ」。市役所横の観光局に資料をいただきに行ったついでに久しぶりに少しの間ですが立ち寄ってみました。昔あったパノラマレストラン「トゥパリ」も仕事仲間がお気に入りだったセーヌを見下ろす小さな「アンジェリーナ」の支...

  • パリ、KENZOさんの気配

    フランスは多くがToussaint休暇に入りました。その最初の日曜日ということで、昨日の10月24日は日本のお盆休みのように、フランスでは多くの人がお墓参りをされたようです。このブログ作成元の日仏フィグー社は現在、日本の兵庫県のとても小さな事務所を拠点にしていますが、同じ兵庫県が...

  • パリ、2021年10月の月夜

    今日は2021年10月24日。パリは良い天気が続き毎夜空にお月さまが見られますが、一昨日の夜のお月さまは特に美しく輝いてきました。朝早い訪問先の方のお家から撮影させていただいた美しいパリの空に浮かぶお月さまの写真です。もう一枚は、夕食の帰りにパリの街角から美しいお月さまを撮影しよ...

  • 今日もエクスアンプロヴァンスで再会

    今日もお仕事の関係でエクスアンプロヴァンスの宿舎に缶詰め状態です。息抜きに窓から下を眺めていると、今日も発見。この宿舎のオーナーさんとして君臨する猫のODAさんです。茂みの中からこちらを覗い見ていました。通りすがりに見たエクスアンプロヴァンスの美しい風景を掲載できればと思いました...

  • エクスアンプロヴァンスのODAちゃん

    今日はエクスアンプロヴァンスからです。と、いいましても、街中の風景を撮影する時間がないものですから、お仕事中の宿舎の窓からの風景でエクスアンプロヴァンスの雰囲気だけでも感じていただければと撮影させていただいたのがこの写真です。視線を感じて、ふと3階の窓から下を見下ろすと、ネコのO...

  • パリ18区、深夜も賑わう日常戻る

    パリ18区、モンマルトルの麓の街中に深夜2時になっても賑わっているお店の前を通過しました。お昼には軽いランチで利用させていただいたことがある庶民的な「Le Melting Pot」です。コロナ禍でこのような夜の賑わいを見ない期間が長かっただけに、あたり前の風景が有難く感じる今日こ...

  • パリ5区、懐かしい昭和の味

    とにかく忙しい日々が続きまして、超シンプルな当ブログへの書き込みも出来ずにおりました。。。久々のパリの馴染みのパン屋さんに立ち寄り、バゲット購入のついでに甘いものをテイクアウトし、疲れを癒します。サンジエルマン大通りの東部、5区にあるパン屋さん「ルパリジャン」。ここのフランはあっ...

  • ラロシュ・シュルフォロン、岩に抱かれた可愛い町

    アヌシーでの打ち合わせの後、大急ぎで移動してきたのはフランス・アルプス山脈を望むことが出来る岩の町、ラロシュ・シュルフォロンです。10月中旬ですがすでに日中の最高気温は12度ほどで冬の気配さえ感じます。この地で岩の丘上に建つ「モンブラン・エキスポ」が通称の国際見本市展示場「ROC...

ブログリーダー」を活用して、日仏フィグー社さんをフォローしませんか?

ハンドル名
日仏フィグー社さん
ブログタイトル
日仏フィグー社 スタッフのブログ
フォロー
日仏フィグー社 スタッフのブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用