searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

イイモさんのプロフィール

住所
スイス
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
スイスすごろく++スタートはドイツ++
ブログURL
https://www.do-sui.com/
ブログ紹介文
計らずもドイツからスイスへ 両国の生活を比べつつサバイバル方法をメモしていきたいとおもいます。
更新頻度(1年)

57回 / 312日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2017/09/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、イイモさんの読者になりませんか?

ハンドル名
イイモさん
ブログタイトル
スイスすごろく++スタートはドイツ++
更新頻度
57回 / 312日(平均1.3回/週)
読者になる
スイスすごろく++スタートはドイツ++

イイモさんの新着記事

1件〜30件

  • ドイツ語版エクセルに悩まされる

    事務仕事をしているので、マイクロソフトオフィスのエクセルを使用しています。 あまり気にしてなかったのですが、ドイツで働いていた頃は英語バージョンのエクセルを使用していたようです。スイスに来てからからはドイツ語バージョンのエクセルです。プライベートで使用することはほとんどないですが、私のPCがドイツ人夫から譲り受けたものなので家でエクセルを使用するとなると、ドイツ語バージョンを使う事になります。 そう思うと、日本での事務仕事を離れてから数年、かなり長い間日本語バージョンのエクセルは使用していないらしい、、という事に今気づきました!ちょっとビックリ。 さて、タイトルのドイツ語版エクセルに悩まされて…

  • お気に入りのスイスの(私的)レアキャラ

    スイスでレアキャラだな、と私的に思う人々を発表致します! 話し始めはスイスドイツ語なのに、私が外国人だからなのか私がスイスドイツドイツ語を理解していないと思うからなのか、とにかくすぐに標準(高地)ドイツ語に切り替える、というのが今まで出会ったスイスのドイツ語圏在住の方々の特徴です。 ありとあらゆる人がささっと標準(高地)ドイツ語に切り替えるのです。 スイスドイツ語よりは分かりやすいので、ほっとする反面、またスイスドイツ語の聞き取り練習するためのチャンスを失った…とちょっと残念でもあったりはします。 このようにとにかく素早く標準(高地)ドイツ語に切り替える人ばかりの中で、 すぐに標準ドイツ語に切…

  • 寝坊して出社したことがありますか?

    私は日本で一回、ドイツで一回、スイスでこないだめでたく初寝坊いたしました… 目覚ましの設定ミスですが、驚いて慌てて準備をして、遅くとも9時には出社しないといけないところを9時半出社しました。 何食わぬ顔で出社し、特に同僚に何も言わず何も聞かれず。 何故かというと、病院の予約があったから、と遅れてきたり、電車の遅延があったからと遅れてくるのは物珍しくもなく。車で通勤する人はどこかの事故の影響で渋滞に巻き込まれた、などと遅れてくることもあります。 その感じで、触れられてもごまかそうと思いつつ出社しました。 一応、反省しながら働いていましたがやってしまったことは仕方ないので、今後気をつけよう、と思い…

  • また日系企業を発見

    日本に居た頃、どこかの会社名を見て日系企業かどうかなど考えたことがありませんでした。それがヨーロッパに来てからというもの、日系企業かどうかが気になるようになりました。 何故かというと、どこの国の会社なのか気にせず生きていたのに、○○は日本の会社なんでしょ?とたまに聞かれたからなのです。 例えばカシオ、カシオが日本の会社なのは知っていましたがGショックが日本だと安く買えるんでしょ、と聞かれて、まぁそうなのかもね。。とそこで日系企業だと意識させられる感じです。 ドイツ人のカメラ好きな人に、日本のカメラメーカーは良いよ、と言われて、興味があまりないので、はぁそうですか、富士フィルムの事ですか?と聞い…

  • 勘違いサプライズ

    仕事の後に夫と映画を見に行く約束をしていました。 チューリッヒ市内の街中のどこかの映画館、とは知っていたのですがちゃんと名前を聞いていなかったので分かりませんでした。ただ18時50分から上映開始とは聞いていたので、映画のタイトルをネット検索して、チューリッヒ市内の映画館で同じ時間に上映してるところを探せばいいか、と。 調べたところ、見つからない。似たような上演時間はあるけれども。 おかしいなぁ、と思いつつも彼の見間違いかな?と思い、映画館の名前を聞きました。 現地集合でもないので待ち合わせ場所で会った後に映画館まで連れて行ってもらえれば済むので映画館の名前を聞かなくても別によかったのですが、ス…

  • 2020年2月から始める予習

    実は地味にこそっと始めた予習があります。 それはユーチューブでエルトンジョンの知っている曲を聴いては酔いしれる、というもの。 調子が良いときは歌詞を見て一緒に歌う。 ひとに迷惑のかからなさそうな時間には大声で歌う、などをしています。 なぜこんなことをしているかというと、、今年10月にチューリッヒで行われる エルトンジョンのコンサートチケットを去年買ったからなのです。 いつだったか、ちょうど本当に公演の一年前位に発売されました。 少し悩みましたが、思ったのです。あれ?エルトンジョンっておいくつなのかしらん?と調べたところ70代前半。うむ、いまどき60代半ばでも皆さん元気で私が小さかった頃のおじい…

  • スマホはどこへ消えた?

    仕事帰りの電車の中にスマホを落としてしまったようです。下車する直前まで使っていたのですが、到着駅に着いてから慌てて新しいダウンジャケット浅めのポケットに入れてしまったからか、スマホを紛失してしまいました。 下車して少ししてからポケットに手を入れると、何もない… あれ?ここにスマホを入れなかったっけ?と思いつつ、カバンの中を探すも見つからない。携帯電話がなくなるなんてよく考えたらドイツで盗まれた時以来だったのでやはり軽くパニックになりました。しかし慌てても電車の中に忘れたものは電車に乗って終業時間までどこかに旅するか誰かが持っていってしまうしかないだろう、と慌てても仕方ないので落ち着くことにしま…

  • たぶんもう二度と会わない人達 -スキーコースで-

    まだまだ続く上の投稿の続きです。 先の投稿に書いた、一緒に初心者コースでスキーを学んだ人たちについて、思っていたことを書いていきたいと思います。 Jさんはお父さんと二人で来ていて、お父さんは既にスキーができるらしく強制されたのか感化されたのか、練習中に上級者のコースから滑り降りてきてお父さんに、ここはこうやって滑るんだよ、などアドバイスされていました。 Jさんとは四日連続一緒にコースで練習したのですが、お昼ご飯を食べている時など、僕のお父さんが…と何度か言っていました。20代半ばの男性がこんなにもお父さんの話をするなんて、と少し思ったのですが一緒にスキーに来るくらい仲良しなのかもしれないし、も…

  • グローバルギャグ ー世界で通用する冗談ー

    最近、同僚が言っていたグローバルなギャグをこちらにこっそり披露したいと思います。 あるデータを早急に集めろと言われ、忙しい時に追加の業務だったため頼まれた人が怒っていました。誰が言い出したの!?、誰からの圧力!?と頼まれた人が聞いたところ、グレタからの要求、グレタがやれやれってうるさいから。。。という環境活動家のグレタトゥーンベリさんをネタにしたちょっとした冗談でした。頼まれた人もグレタの言うことなら仕方ねえ、と笑っていました。 面白いかどうか、グレタさんがネタになることの賛否は私に問われませんようお願いいたします。 そしてもうひとつの冗談は、急にラップトップがブーンっと音を立ててフリーズ状態…

  • オーストリアでスキーコースなのに英会話教室っぽく?…二日目+三日目

    上の投稿の続きです。 二日目も初心者が参加できる月曜日だったという事で、新しくイギリス人女性のSさん、スコットランド人のMさんが加わりました。 一日目と同じようにまるでペンギンのようにえっこらえっこら坂を上がっては滑る、というのを繰り返し、横で滑る子供達のスキーコースを見ながら、あの子たちの方が絶対に上手いよな、、、などと思っていました。 恐らく3歳から5歳位までの小さな子達で、グラグラしながらも両手を肩と平行に挙げてバランスを取りつつ、近くで滑る子供とおしゃべりしながらふざけあい、時にママー!と泣きつつも楽しそうに滑っていました。 私達のインストラクターのデンマーク人の先生は、普段はこの年齢…

  • スイスが歓喜する絵文字 

    駅で毎日無料で配付されるミニ新聞の第一面に新しい絵文字について書かれていました。 新しい絵文字とは…チーズフォンデュ!しかもフォンデュ鍋はスイス国旗の柄となっているようです。いやいや、何て大袈裟なと思ったのですが確かにスイス暮らしをしていてフォンデュを食べる回数が私は増えたので、今日の夕飯どうする?とかチーズフォンデュの絵文字だけで返せたら楽だなあ、と。 スイスの方々もフォンデュを避けた暮らしはあまりしていないだろうし、さくっと使えればコミュニケーションの幅がぐっと広がりそうですね。 絵文字は日本発祥なので日本人として表現したいものが多いのが普通で、他の国の人にとってはこれを表現したいのに何で…

  • スキーコース一日目 -オーストリアにて-

    上の投稿の続きです。 スキーコースの一日目は早めにスキー用品レンタルのお店に行き、個人情報を入力するモニターがあったので、情報と足のサイズ、身長を入力しました。少ししたら椅子の置いてある場所の天井近くのモニターに私の名前が表示されました。 私です、と名乗ってすぐ計測台みたいなものに靴下で上がるよう促され。どうやら足のサイズを細かく測れるもののようで、私の足裏サイズ?はミリ単位で両足ほぼ同じ長さらしく珍しいと褒められました。何か分からないけどそれだけで妙に得意気になってしまいました笑 その後近くの椅子に座らされ、サイズの合ったスキーシューズを手際よく履かされ、今度はスキー板とストックのカウンター…

  • ‘チューリッヒ’が通じない

    今住んでいる、スイスのチューリッヒ州のことをドイツ語でチューリッヒと言い、日本語でもチューリッヒと呼ぶので全世界それで通じるものだと思って過ごしていましたが、そうでもないようです。 時々、どこかの国の人と英語で話す事があるのですが私が‘チューリッヒ’と言っても通じないことがあるので、そういう時はズーリック、スウィッツァーランドの…と言うと通じます。 確かに英語表記だとZurichだし、ズーリックかズーリッチと読む方が自然だとは思います。ドイツ語でもよく考えたらちょっと特殊な地名かもしれません。Zürichと書いて、ざっくり説明すればZはドイツ語でツの音、Üはウの口でエの発音、RICHはリッヒ、…

  • オーストリア最大のスキースクール

    上の投稿の続きです。 初心者向けスキーコースは毎週日曜日と月曜日にスタートだということなので土曜日に現地に到着することにしました。スイスからお昼に出発し合間お昼を簡単に食べて四時ころには到着しました。 予約していたペンションのミニキッチン付きの部屋に入り、少し休憩してから街の中心まで無料のバスで行くことに。ハイシーズンではなくてもこの時期に街の中心地に泊まるとなると宿泊料金がかなり高額になるので町外れのバスで約15分の場所に宿をとりました。 この宿泊施設と街までの無料運行バスは15分に一本の頻度で運行していて有り難いとしか言いようがない、なんでこんなに親切なものがアレンジされているんだ、と褒め…

  • スキー旅行は何故かスイスからオーストリアへ

    スイスに来てからよく見かけるスキー用具を持った人々、ウィンタースポーツに関する話題、そんなに遠くない場所にある雪山…じわじわと雪を使ったスポーツが私ににじり寄ってくる感覚はありました。 去年はクロスカントリースキーもスイスで習ったことだし、雪のスポーツに対するよそよそしさは減って来ていました。 BGMの用に私の耳元で喋り続ける夫のスキー話を聞きながらそろそろ来るな、と思っていたらやはり提案されました、スキーを習いにいこう、と。そしてスキーを好きになれるか確認して、興味が出たらせっかくスイスにいることだし冬になればスキーを楽しめばいいじゃないか、と。 分かりますとも仰ることは。しかし今まで興味が…

  • 勝手にスイスあるあるに決定

    じわじわと…これ、もしやスイスあるあるなのでは?と思うことがあるので披露していきたいと思います。 その① ネットで上がってくる広告の言語が違う言語圏のもので内容が分からない。 私はドイツ語圏で暮らしていますが、時々フランス語やイタリア語の広告が出てきます。残念ながら内容は不明…分かる人には分かると思うのですが。。 広告主もターゲットを絞りきれないところが多言語国スイスの難点でしょうか?チューリッヒはイタリア系も多いので、イタリア語の広告が出てくるのはさほどマイナスではないかもしれませんが、フランス語の広告はスルーされがちな気がするなぁ。。 その② 新聞や雑誌に載っているどこかの村の画像を見てオ…

  • さらばドイツ -ドイツ帰省最終日-

    上の投稿の続きです。 あっという間に一週間のドイツ帰省の最終日になりました。 ホテルのチェックアウトをすべくカウンタに向かうと、係りの方にエレベーターが一基壊れていてご迷惑をおかけしました、また朝食ビュッフェが混み合いご迷惑をおかけしました、と謝られました。 朝食ビュッフェでは座る座席が埋まっていて座席を確保するのが大変だったのと、見つけてもすぐにテーブルの上を綺麗にしてもらえず、自分で先に座っていた人のお皿を空いた席に持っていくなどをしないといけませんでした。 私達が食べ終わって朝食室を出たらこれまた長蛇の列が出来ていて、すぐに食べれないようでした。二日目は朝食室だけじゃまかないきれなかった…

  • ドイツ帰省 -最終日の一歩手前-

    上の投稿の続きです。 デュッセルドルフ滞在の二日目は朝からトラムに乗って近くをぐるっと周ることにしました。乗車券は乗車前にトラムの停留所に行けば買えるのかと思っていたのですが、最寄の停留所にそのようなものが見つからないので、とりあえずトラムに乗ってみることに。一番前の車両にそれっぽい機械を発見、1日乗車券を探しました。24時間と書かれているものがあったので、これかなと思って二人分を買ったらですね。。。なんと 一枚の切符で二人用だったのでたまげました。1日乗車券が二枚出てくると思ってたので衝撃で… 一人分の切符より二人分の方が安くなるから何かがおかしいとは思ったのですがトラムが混んでいて早く買わ…

  • アンパンマンを知らない人に説明するのは難しい

    何かの拍子にふと、アンパンマンの話をしたくなったのですが夫がアンパンマンを知らないので、まずはその概要をざっくり説明する事にしました。 『日本には顔がパンになっている子供向けの人気キャラクタがいるのよ。』と言ったところでドイツの硬いドイツパン(↓こういうの)を連想されたら困るので、 ドイツパン大全: 100以上におよぶパンの紹介をはじめ、材料、作り方、歴史や文化背景、食べ方やトレンドまでを網羅 『ドイツの硬いパンみたいなのじゃなくて、オランダのやわらかいパンみたいなのに赤い豆を甘く煮たものが入ってるパンでね…(聞いてる相手の顔が既にに不穏)、 顔がパンだからお腹がすいた子供がいれば頭の一部をち…

  • デュッセルドルフへ -ドイツ帰省六日目-

    義実家辺りでの滞在最終日は朝一に近所の老舗カフェに行きました。 ピンク色の壁に乙女ちっくな白の家具のお店です。地元の年配の方も常連のようで若者が集まる最近できたような雰囲気のカフェではありません。 ウェイトレスさんから接客が大好きという空気がバシバシと放たれていたので、ちょっとドキドキしてしまいました笑 私が注文したり何かをお願いする度にSehr gern(ゼアゲアン)=喜んで、とニコニコしながら言われたので… 夫が近くに座っていたおじいさんの持っていた新聞を、読み終わってたら読みたいんですがと聞いたら、お店に置いていたものではなくおじいさんが自分で買った新聞だったらしく、僕のだから貸せないし…

  • やっとクリスマスパーティ -ドイツ帰省五日目-

    義実家辺りに滞在の三日目はまた別の友人カップルに30分だけ会うという超ショート面会から始まり、二時半までぼんやり過ごししたあと義妹家族の家へ。 やっと義家族とのクリスマスパーティーです。 皆が持ってきたプレゼントをクリスマスツリーの下へどんどん並べて、そのごすぐにちゃきちゃきとラクレットの準備が始まりました。 小さい子どもがいるので早めに始めて夕方頃にはお開きというプランでした。 お肉や野菜をラクレットでジュージューと焼いては食べ。義兄弟達の地味なケンカを見ては微笑ましくもなり…肉をニンニクとマリネするな、とかこっちのラクレット機の火の通りが悪いとかいう。。 食後はデザートを食べながらもちより…

  • せんでん

    始めてみたのでよろしくお願いいたします。@kotobamemo#german#french#Italien#ドイツ語#フランス語#イタリア語#スイス#三か国語 全くただの趣味なのですが、インスタグラムにアカウントを作って、 スイスで見かける二ヶ国語~四ヶ国語表記のものの画像を集めて投稿しています。 基本的にはドイツ語とフランス語が最低セットになっていて、三ヶ国語の場合はそこにイタリア語がプラスされます。四ヶ国語の場合は英語がプラスされるというパターン。 何の利益も生み出さず、ただひたすら画像をとっては投稿するという何とも意味のなさそうなアカウントなのですが多言語学習者には少し役にたつかも知れな…

  • ドイツ帰省四日目 -義実家辺りで-

    上の投稿の続きです。 帰省四日目は義母と一緒に朝食を食べ、夫はドイツの住所宛に送られた郵便物や小包をチェックしていました。私はソファでごろごろしながら、義母の短文というかショートストーリーが入選して掲載された本などを読み。 へえ、入選して本になって出版されるなんてすごいなぁ、位に思ってたのですがそのコンテストの協賛がドイツ語学習者には有名なゲーテインスティトゥートで、しかも出版社がHueber社、というこれまたドイツ語学習者には有名な出版社だったのでそこに感動してしまいました。うわ!やっぱりここはドイツだったのねん、この人たちやっぱりドイツ語ネイティブだったのねん、みたいな。 しかし軽い気持ち…

  • ドイツの義実家あたりで宿無し危機 -帰省三日目-

    - 上の投稿の続きです。 ドイツへ帰省三日目は義実家辺りに予約した家?に滞在予定でした。 義実家はアパートを貸し出しているので毎年その一室が空いていればそこに寝泊りできるのですが、今回はどの部屋も既に埋まっているということで義実家近くの家に予約をとりました。 有名な宿泊予約サイトで予約完了させたので、何の疑いもなく過ごしていたのですが 宿泊一日前になって、宿主から英語メールで連絡があり、なにやら貸し出せないのでキャンセルしてくれ、とのこと。今ヨーロッパにいないから鍵を渡せないとか何とか。 なぬ?!と思いつつも予約者からはキャンセルできなくなっていたので、仕方なく他の宿を探すことにしました。なん…

  • あけましておめでとうございます。

    皆様 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。 いやぁ、新しい年とは...何はなくともめでたいですね。それだけでめでたいと思えるのは日本でこさえた感覚でしょうか。あぁ、、めでたい(´∇`) 昨年前半は更新がゆっくりというか、サボり気味だったというか... 他に興味がうつってしまってブログを放っておいてしまったのですが、また更新したい気持ちが湧き上がってきたので2019年後半はちょくちょく書いておりました。 こんなにいい加減なのにいつもご訪問下さる方や、たまに暇つぶしに読んでくださる方、また今回たまたまご訪問下さった方など、どなた様にもこんなゆるい(だけど 私は一応好…

  • クリスマス休暇にドイツ帰省 -ケルンへ-二日目

    上の投稿の続きです。 ケルン二日目はまた別の友人に会うか否か、といういつも予定がギリギリまで定まらない相手なので、もうどっちでも良いや、と思いながら予約していたタイマッサージに向かいました。 スイスでは高くて未だ体験したことのないタイマッサージをドイツに行くとまめにうけています。最近のお気に入りはもっぱらオイルマッサージ。そういえば去年タイマッサージを受けた時に焦りに焦り倒したことがありました。以下に書いているのでご興味のある方はどうぞ... マッサージが終わって、街に出てお買い物でもしようかしらん♪と思ったところで、例の友人から連絡があり、ケルン大聖堂前のクリスマスマーケット前で会うことに。…

  • クリスマス休暇にドイツ帰省 -ケルンへ-

    クリスマス休暇を利用してドイツに一週間滞在していました。 最初の二日はケルンに滞在、次の三日は義実家にて、残り二日はデュッセルドルフに滞在しました。その帰省話を書きたいと思います。 スイスからドイツの高速道路アオトバーンを使ってケルンへ。アオトバーンは速度制限がないので、いつもはスイスでおとなしく運転している夫が水を得た魚のように生き生きと運転していました。何だか生き生きしてるな、と思ったら180キロ位で運転していました。スイスでは最高速度が120キロまででしかも規制が厳しいのでちょっとした事で高額な罰金もとられるし、簡単に刑務所行きになってしまうようで皆さん大人しく運転していらっしゃいます……

  • スイスとドイツのクリスマスマーケットは似て非なるもの

    せっかくヨーロッパ暮らしをしているのにあまりクリスマスマーケットに興味がなく、今までクリスマスマーケットに関することを投稿すらしてこなかったような気がしますが… 今年既に(というか普通?)三ヶ所のスイスのマーケットに行って気づいた事があったので書きたいと思います。 それは…簡単な食べ物の出店がドイツに比べて少ない気がする、というもの。。 簡単な食べ物とはパンに挟んだソーセージやライプクーヘンと呼ばれるじゃがいものかき揚げみたいなものや、ザウアークラウトとソーセージがセットのものや、炒めたマッシュルームや、ふかしたじゃがいもにサワークリームが乗っているようなものなどなど… たぶんチューリッヒで一…

  • チューリッヒあるある?

    チューリッヒでよくある事、として以前上の記事を書きました。 今回も新しいチューリッヒあるある?と私が思う事を書いていきたいと思います。 会社のクリスマスパーティで知り合った他部署のイタリアの人と話していた時、 スイス在住10年と言うのでスイス人の配偶者がいるのかと思い聞いた所、配偶者はインド人とのことでした。彼に質問する前にウクライナ人の同僚も交えて彼女のオーストリア人の旦那さんの話をしていました。そして私の配偶者はスイス人なの?と聞かれたので、ドイツ人だよ、と言ったところで三人で爆笑。 そう、これがよくある事なのです。配偶者が同じ国籍ではない、というもの。 チューリッヒで知り合った人と話して…

  • 今さらながらドイツ語のこと

    ふと仕事中に気づいたのですが、かなり無意識の内にドイツ語に自信がない事を引け目に感じながら働いていたようです。 何が驚いたって「自信がない」部分です。ドイツ語がどうこうではなく、何をするにも自信があろうがなかろうがやってみたい、という好奇心が先立ってしまい、やってみて思っていたよりも全然センスがないという事の方が断然多かったのですがとにかく「試せた、経験できた!」に重きを置いていたのか出来映えについてはあまり気にせず生きてきたようです。 しかしドイツ語に関してはドイツ語圏で生活する上では必須だし、仕事ではドイツ語ネイティブとコミュニケーションを取らないといけないので、ちょっと試してみてはい終わ…

カテゴリー一覧
商用