searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

イイモさんのプロフィール

住所
スイス
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
スイスすごろく++スタートはドイツ++
ブログURL
https://www.do-sui.com/
ブログ紹介文
計らずもドイツからスイスへ 両国の生活を比べつつサバイバル方法をメモしていきたいとおもいます。
更新頻度(1年)

95回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2017/09/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、イイモさんの読者になりませんか?

ハンドル名
イイモさん
ブログタイトル
スイスすごろく++スタートはドイツ++
更新頻度
95回 / 365日(平均1.8回/週)
読者になる
スイスすごろく++スタートはドイツ++

イイモさんの新着記事

1件〜30件

  • 錯視体験ランキング in チューリッヒ

    いつだったか具体的には忘れましたが、WOW ミュージアムという所へ行きました。 割と新しいミュージアムで錯視体験ができる、という場所です。 錯視とは... さく‐し【錯視】 の解説 視覚における錯覚。形・大きさ・長さ・色・方向などが、ある条件や要因のために実際とは違ったものとして知覚されること。 錯視(さくし)の意味 - goo国語辞書 だまし絵みたいなものを見たり目の錯覚を起こすものを体験できるミュージアムということなので行ってみました。リンクはこちら↓ 場所はチューリッヒ中央駅からすぐ近く、中に入ってみるとなかなか小さく(400平米あるそうです)、働いている人が入り口に3,4人おり館内は小…

  • 8か月ぶりのチューリッヒシアター

    www.do-sui.com 二月に最後に訪れたチューリッヒシアターに八か月ぶりに行ってきました。 二月に鑑賞した投稿についてはご興味のある方は上の投稿をご覧ください↑。 二月の鑑賞後の二、三週間後にはスイスのロックダウンが始まり劇場に行けなくなり、数か月後に再開され、先日ちょうど時間ができたので久しぶりに見にいってきました。 今回も、前回と同様に半額になる月曜日に鑑賞しました。今回は前回のかなり後ろの方の席ではなく、一階席の真ん中あたりでチケットを取ってみました。 八か月ぶりの劇場、この数か月の間に何度か劇場の前を通ることはありましたが入りはしなかったので、劇場前に到着して、場内の灯りがつい…

  • 鬼のパンツじゃない方と世界一の傾斜

    以前書いたスイスフランス語圏の旅から歌い始めた歌があります。 それは… フニクリ フニクラ♪ タイトルだけ聞くと分からない方もメロディを聞くと分かると思います。童謡『鬼のパンツ』のメロディだからです。 元はイタリアの楽曲だそうです。興味のある方はこちらの本家の動画をご覧下さい。 www.youtube.com フランス語圏、VeveyにてFuniというバス停名を見たあとにFuniculaireという駅名も目にしました。 フ、フニクレア?と読めばいいのか?と思いつつ、唐突に頭に流れてきたフニクリ フニクラのメロディ。歌詞はもちろん適当で、踊りながら歌って夫に見せましたが、うーん そんな歌は知らな…

  • 予想外に順調なフランス語学習

    前回まで続いたスイスフランス語圏での旅の間にフランス語でコミュニケーションが取れない故に歯がゆい思いをしていたのは投稿を読んで下さった方には伝わっているかと思います。 フランス語...それは聞こえは良いけれど発音するのが難しそうな言語... フランス語学習を始めたのはもう5年以上前、ドイツに居た頃でした。入門コースに通ったのですが先生が授業にやってこなかったり三人入れ替わったり、贔屓される生徒がいたり、のこれでもかと負の連鎖を集めたかの様なコースでした。 試しに受けてみよう、そこから続けるかは考えよう、と思っていたのですが見事その後にやる気を失い、そもそもコースに参加していた半数のアジアの人々…

  • 少し肝が冷えた植物園 スイス旅行 その⑤

    上の投稿の続きです。 最終日は夕方チューリッヒに戻ることにして、それまでモントルー滞在を引き続き楽しむことにしました。 その日のメインイベントはモントルー駅からラック式鉄道というものに乗ってRochers-de-Nayeというレマン湖が見渡せる山の上へ行くことでした。こちらも例のMontreux Riviera Card が何故か完全無料での乗車を提供してくれたので、本来往復70フラン(本日のレート 約8100円)で、このカードがあれば28フラン位になったと思うのですが、例の疫病で観光客が少ないからなのか、無料でした。 モントルー駅を何度か見て気づいたことですが、大阪-和歌山間を走る南海電鉄と…

  • ワイン畑列車ツアー スイス旅行 その③

    上の投稿の続きです。 前回の投稿中の何故か集合場所まで行く交通機関の乗り換え方法が分からなかった理由ですが、ちょうどその週末にスイス鉄道が集合駅を含めた数駅間の工事を行っていて、代替バスが出ていたようで、そのバス停を私達が見つけられず、また行き方を聞いたバスの運転手さんも多分スイス鉄道の職員ではないので詳細は知らなかったのではなかろうか、、とうオチでした。。 そして話はワイン畑ツアーに戻ります。 集合時間に何とか間に合いワイン畑ツアーに参加できることになりました。ミニ列車に乗り込み(この投稿のトップ画像の列車です。)、おそらく今までは付いてなかったであろう透明プラスチック窓の仕切りが各列につけ…

  • スイスでヒッチハイク スイス旅行 その③

    ↑の投稿の続きです。 モントルー滞在三日目は、この旅のメインイベントであるワイン試飲ツアーに参加すべくVeveyに向かいました。 いきなりですがホテルの朝食ルームが豪勢なので披露します。どうぞご覧あれ。 こちらでゆっくり朝食をとったあと、部屋でだらだらした後バスに乗ってVeveyへ。 30分もかからなかったと思います。新しくて快適なバスだったのでリラックスしながら街並みを見て中央駅へ。 Veveyではちょうど写真展示のイベントがあり、街中を歩いているだけで色んな写真が見れるということでぶらぶらと歩いて街中にある写真を時々見て湖の方へ向かいました。(イベントのリンクはこちら↓) 湖までは歩いて1…

  • スイスでヒッチハイク

    モントルー滞在三日目は、この旅のメインイベントである

  • お城はもういいわと言って反省 スイス旅行 その②

    モントルーに到着二日目は例のMontreux Riviera Cardを使って船に乗ってシヨン城まで行きました。こちらも通常なら50%オフで乗船券を買えるようですが、今回は完全に無料でした。 お城といえば小高い丘の上や、山奥にあったりと攻め入られ無いような場所にあるのが通常のイメージでしたがこちらのシヨン城はレマン湖畔の目の前にあり、中世のお城というだけでなく珍しい立地も相まって何だかロマンチックだわ♪と思っていました。 下船場から歩いてすぐのお城の入り口で、しつこいですが例のカードを差し出したところこちらも通常は50%オフのところが無料だったので、チケットと一緒にこんなレシート(一番最初の画…

  • 水のある所へ行きたかったスイス旅行 その①

    さかのぼること四か月程前、コロナの影響で家に閉じこもりきりで旅に出たい欲求と、しかし国外には出られないという制限があるためスイス国内旅行の妄想を始めていました。 そんな折、インスタグラムでフォローさせていただいて居る方がスイスのフランス語圏、Veveyの様子をアップされていました。あまりにも美しい湖の風景なので、図々しくも連絡をして一体どこなのかと聞いたところ、親切にもVeveyやMontreuxでのおすすめ観光スポットや観光コースを詳しく教えて下さいました。 そこで、レマン湖が見れる景色も綺麗だけど湖面の目の前にあるワイン畑で試飲のできるミニ列車ツアーがかなりおススメだとの情報を得ました。こ…

  • なんてことのない日常

    こないだベランダの椅子に座って向かいの大きな木が揺れるのを見てたんです。揺れ方とか葉の音とかをぼんやり見聞きしてたんですが、そこから一羽の鳥が下向きに弧を描いて(アルファベットのUの形)別の木にとまったんです。別の木はうちのベランダの5m先位にあって一番近いところにある木です。 口に枝をくわえたまま別の木にとまったな、と思っていたら同じような鳥がその木の中で待っていることに気づきました。どうやら見えないところに鳥の巣を作っていたようで、今まさに巣作り中というところを発見しました。 一羽は手前の木で待機し、もう一羽は大きな木に向かって飛んでは枝をとって手前の木に戻ってくる、というのを繰り返してい…

  • これは斬新!新支払い方法 in ドイツ

    ドイツ国境まで車で40分弱ですので、人が増えて混まない午前中にさくっと行ってさくっとリストに上げた物を買って、買い物の後が丁度ランチ時だったのでベトナム料理を食べて帰ってきました。 美味しいフォーとベトナム春巻きを食べ満足して、支払おうとした所でお札を出したら店長が受け取ってくれませんでした。そこにある金庫にお札を入れてお釣りは勝手に自分で取ってくれ、と言われてビックリ。バザーで使うような簡易金庫が入り口近くに開きっぱなしで置かれていて、たぶんその日の売り上げ金が全部入っていてしかもお札が手前にあるタイプの金庫なんですけど、そこから勝手にお釣りを取れ、、と? (こういうのです↓) // リンク…

  • 最近のスイス映画館事情

    去年入手した4D映画館のチケットを全く使っていなかったので、4D映画を見に行く事にしました。以前から上映映画を調べては早くいかねば、と思いつつ見たい映画がなかったので先延ばしにしていたらあっという間に一年弱の時間が経ってしまい、感熱紙の様な紙に印字されたチケットが消えてしまうのではないか、という妙な不安を思い出し、焦ってさっさと使うことにしました。 ARENA CINEMAという系列映画館のチューリッヒ市内、SIHLCITYにある映画館に行きました。週末でいいお天気の日なので、恐らく湖や川、屋外プールに泳ぎに行く人が多い日なので映画館など屋内で楽しむものに人が集まらなさそうで人混み嫌いの身とし…

  • こんな時代のオンライン退職

    今年の投稿の一番最初に書きましたが、予告通り退職致しました。 色々と事情がありましたが、一番の理由はもっと自分の時間が欲しい、これに尽きました。元々、日本に居た頃から一日6時間労働(残業なし)で週4日で働きたいとしつこくしつこく言っていたので、スイスに来てから一日8時間労働の週5日勤務、残業も毎週数時間するというスタイルに疲れていました。 こういう働き方に慣れている方から言わせれば甘えるのもいい加減にしろよ、と思われるかもしれませんが、常に人生のモットーは楽して稼ぎ、楽しくテキトーに生きる、なので今まで日本でもドイツでも結構仕事が暇で仕方ないけれどもお給料や待遇は良い、と言ういわゆるホワイト企…

  • つづき ミュンヘン一人旅

    これは去年の話です。 そして以下の投稿のつづきです。 二日目もあてもなくウロウロしていた気がしますが、ホテルの近くのタイマッサージに行ってみて、予約が取れるかを聞いて数時間後にタイマッサージを受けに行きました。 ドイツ国内で色んなところでタイマッサージを受け、やはり人によって強度ややり方が違うのでぼーっとリラックスしたい時にきつくされると困ります。痛いのなら緩めてくれ、と言えばいいものの、その痛いものの先に何があるのだろう…見てみたい!と思って我慢してしまう時もあります。 ミュンヘンでのマッサージがかなり痛くて、筋をぐりぐりしないで!と思いつつもドイツ語で何て言うか分からない…強すぎるから弱め…

  • 歩いて国境越え ドイツ→スイス

    この数ヶ月間、スイスの国境が閉鎖されていたので六月から夏季休暇時期に入ったといっても以前の様に海外旅行ができる訳でもないので、スイス国内の行ってみたかった所を気にするようになりました。 スイス国内だといつか行けるだろう、と後回しするところを今回はむしろスイス国内でしか移動できない、という事で選択範囲が狭まり考えるのが楽ではありました。 前から行ってみたかったFondation Beyler (https://www.fondationbeyeler.ch)というバーゼルにある美術館に車で行って見る事に。約一ヶ月前の六月半ばの話で、ちょうどスイスとドイツの国境が再開したばかりの頃でした。一応念の…

  • 日焼け前日焼け後の対策

    美白対策というのは地黒と日焼けしやすい肌質ゆえにとっくに諦めているのですが、冬の間の太陽光の少なさに悩まされているので日光が出てきたらついつい喜んで日光を浴びに行ってしまいます。 しかも、ドイツやスイスでは日焼けしていると健康的だと言われたり羨ましがられるのでやっと自分の活躍できる場がでてきたか、とついつい日焼けを許してしまうのです。 ただ、日常生活では日焼け止め、サングラス程度で何とかなってるんですがずっと屋外にいることが続くと日焼け湿疹ができてしまいます。それもポツポツ、、とかでなくてけっこう赤く腫れて他人に心配されるレベルのものです。 元々、子供の頃はアトピーがあったので肌が弱いのかも知…

  • ミュンヘン一人旅

    ミュンヘンだよ#München 去年の秋の話なのですが、残業代を消化すべく二週間の休暇をもらったのでその内、二泊三日でミュンヘンに行ってきました。 ドイツのどこかの街に行きたい、と思っていたので旅先の候補はベルリン、ライプチヒ、ハンブルク、デュッセルドルフ、フランクフルト、シュットゥトガルト、ミュンヘン、でした。ツイッターでドイツ在住の方々にお薦めを教えてもらい、あれやこれやと検討したのですがグズグズしていたら飛行機や電車で向かえる先は交通費が高くなり、どんどんと候補から外れていきました。 結果、旅先はチューリッヒからバスで行けて、交通費が高くなく、以前行ったのは10年以上前というミュンヘンに…

  • 今ならお得?スイス国立博物館

    数ヶ月閉館されていたスイス国立博物館が開館されたので行ってきました。 Landesmuseum Zürich - Kultur und Geschichte erleben - Landesmuseum Zürich たぶん5月半ばに再開されて、私が行ったのは6月初旬です。今年の1月半ばから展示されていたゲームス、というゲームに関する過去50年の歴史を知る為の展示を見ようと思っている内に、コロナの影響で博物館が閉館されて見にいけなくなっていました。4月半ばまでの展示予定だったので、ああ…このままあの展示が見れずに終わるのか…残念すぎると思っていたのですが博物館の再開後には展示が9月初旬まで延長…

  • 月曜日のチューリッヒシアター

    今年の二月の話なのですが、チューリッヒシアターに初めて行きました。(ドイツ語だとSchauspielhaus Zürich です。) チューリッヒに引っ越してきてからずっと気にはなってたのですが、行けずじまいでどのタイミングで行くのだろう、と自問していましたが、二月は何故か妙にアクティブだったのでその流れで見に行くことになりました。 (関連記事はこちら↓) 月曜日はチケットが半額になるということなので、月曜日の予定を探し事前にオンラインでチケット購入をしました。当日は開演前に無料の解説があるということだったので行ってみたのですが、少し遅れてホールに入ると既に沢山の人で溢れていて位置を確保するの…

  • スイスのリング製作コース

    (画像はイメージです) もう半年以上前のことなんですが、仕事のあとに週一回シルバーリング製作コースに行っていました。激務続きで毎日残業してたのに、それでも行こうと思ったコースです。ふと、そういえば昔友達がこういうコースに通っていたな、と思い出したのとシルバーリングってどうやって作るんだろう?と思ったからなのですが、仕事が忙しかったので参加するかどうかは結構悩みました。 考えた結果、仕事仕事で他に目を向けられない人生を送るのは嫌、気分転換が仕事の忙しさを紛らわせくれるだろう、と思ったので参加することに。 行ってみたらスイス人女性のめっちゃ可愛い先生と、四人の参加者(皆女性)がいました。申し込みは…

  • マスクの経験値

    ドイツではマスク着用が義務化されてると聞いて、マスクの経験値が上がるのだからいいことだな、と思います。スイスでは義務化されてないので、マスクとは何ぞや?着用するとどんな感じ?と分からない人がまだいるということですよね。 日本人として、小学生の頃の給食当番で使ったのが恐らく人生で初めてで、現代のマスクと違っても耳にかかる紐の感触や口元が覆われる感覚は知ってる訳です。使ったことがあるので、今スイスでいきなり着用義務化されても、はいはい、マスクですね、とささっと着用できます。マスクの経験値があるから抵抗がない。 そういう意味でドイツの方々は私の給食当番のように、使い方があってるかともかくとして、今後…

  • 新しい挨拶方法

    例の疫病の影響で挨拶の仕方を改めよ、と国から言われているので今は誰も握手もハグもビズもしていません(私調べ)。 ロックダウンが始まってから一ヶ月半、在勤もあったのでスーパーへ行く以外は対面で誰かと会うのは夫かスーパーの店員さんか、位でした。ロックダウンが始まってから、一ヶ月半、段階的緩和が発表されて閉まっていた飲食店が再開した後に友人のドイツ人夫婦が会いに来てくれました。車でやってきて、うちの家には入らずに距離をとって森の中を散歩しながら話す位しかしてないのですが、会って最初の挨拶は足を出して、足をくっつけてハロー!と行いました。 今までだったらハグだったんですけどもね。全く触れずに挨拶するの…

  • あの匂い

    3/13の金曜日に近所のお気に入りのレストランに行ったんです。そしてそこからロックタウンが始まり約二ヶ月間は飲食店に食べに行けませんでした。(一部テイクアウトは可)段階的緩和が発表されて、5/11からは制限付きで飲食店も開業OKとの事だったので、待ってましたとばかりに5/11のお昼の時間で予約して、近所のお気に入りのレストランに行きました。 行く前は結構人気店かもしれないから、絶対に予約しないと、早めに行動に移さねば再開当日は行列などできて食べれないかもしれない、とドキドキしながら予約して行ってみて、あまりの客の少なさにあっけにとられました。先客は一組のみ。ビジネスマンのランチ休憩な風貌でした…

  • トスカーナ??

    日本の家族の話が長いので全然聞いてないのに聞いてるふりが非常にうまくなった気がする、と自称しています。 今も話が長いひとと一緒に過ごしているので、相手の話を聞いてるふりしながら全然聞かずにぼーっとしてしたら『トスカーナ』というワードが聞こえてきて反応してしまいました。 全然聞いてなかったのに、トスカーナまで行ってそれからナントカカントカ言ってた気がする、と思ったので『え!?ここ(チューリッヒ)からトスカーナまでそんな気ままに行けるの!?』と聞いたら『車で六時間位だよ。』と言われてそのついでにピサの斜塔で有名なピサとか、ローマも車で何とかかんとか、と言うのでマジか!?車で行ける距離なのか!?と反…

  • 外国語学習方法について

    普段、ドイツ語をメインに話して生活しています。仕事ではドイツ語と英語を使用しています。そして時々、スイスドイツ語に悩まされています。 実は2015年にフランス語圏に移住の可能性が...という話があったのです。 それで単純にフランス語の勉強をした方が良いのではないか、と考えた挙句フランス語の初級講座に参加しました。結果は無残なものだったので、私の頭には何も残っていません、、、 しかし、もし2015年から現在の2020年まで真面目にコツコツ、フランス語学習を続けていたら5年も継続するのですからそこそこのレベルにはなったと思うんです。全く初めての外国語学習ではないし、英語とドイツ語の知識はある程度あ…

  • 出てきた答え

    上の投稿の続きです。 本当に自分のやってみたいことって何だろう?と考えつつ、職業安定所に連絡をしました。失業が決まったら遅くとも最終勤務日の次の日(つまり無職になった日)には連絡せねばなりません。もちろん職業安定所のサポートが必要な人用で強制ではなかったと思います。 必要書類を揃えて、安定所に電話をしました。コロナの影響で通常なら対面でのやりとりも今は不可な様で電話での申し込みのみだそうです。電話をしたらまずは受付の人と話しをし、後ほど担当者が電話をするのでしばしお待ちを、との事でした。 一時間後に担当者から電話があり、以前初めてスイスで就活中にもお世話になったことがあったので、その時の情報が…

  • 自由か安定か

    以前、どこかの投稿でも書きましたが今勤めている会社を辞めることにしました。辞表を出した時にはコロナって何?ヨーロッパには関係ないよね?位の扱いだったのに、その後あっという間にスイスもロックダウンで影響を避けられなくなりました。 そんな折、着々と近づく私の退職時期。産休に入ってた人が帰ってくるのでその同僚に一部業務を引き継ぐのですが、相変わらず在宅勤務なので久しぶりでも顔を合わせず在宅でのやりとりです。電話やチャットでやり取りをしつつ、チャットではプライベートな事もやりとりし始め、今こんな状況なんだから辞めるな、上司とすぐに話して辞職を取り消した方がいい!と強く迫られてしまいました。いやいや、、…

  • 犬種をドイツ語で言ってみよう+ついでにドイツ語も学ぼう

    ここ数年、ドイツ語圏に暮らし続けて気にはなっていたけどあえて調べるほどではない、と思っていた犬種をドイツ語で調べる気にやっとなったので、せっかくなのでブログに残しておきたいと思います。ついでにどなた様かのお役に立てれば嬉しいです。 え、では、まず… やっと調べる気にさせてくれた、きっかけを与えてくれたセントバーナードからいきたいと思います。 ドイツ語では Bernhardiner (発音をカタカナ書きするとベアディーナー) 言わずと知れたスイスの犬ですね、アルプスの少女ハイジにも出てくる。Bernの部分がスイスの首都ベルンから来てるのかと思ったらウィキペディア曰くグラン・サン・ベル ナール峠に…

  • 秘密の花園へワープ

    在宅勤務を1ヶ月半ののち、最初は頑張っていた万歩目標もなんのその、禁酒期間が開けたらやはり飲んで歌って踊ってグダグダして、外出もめっきり減ったような? 外出自粛が求められてるのでいいことなんですが、日光を浴びるチャンスを逃すと私は天気が悪いと鬱々としがちなので、散歩の機会は1日15分作らないと、とがんばってた訳です。 しかし、元々どこに居ても自分の世界に入り込んで妄想三昧なので日光を浴びずとも室内でご機嫌ならそれでいいんです。鬱々としなければ別に日光を浴びなくてよくね?となったのです。なので室内で(平日は)もくもくと仕事以外は妄想=バーチャルワールド、みたいな生活を送っていました。 でも、ふい…

カテゴリー一覧
商用