プロフィールPROFILE

酸素不足の金魚のように@さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
酸素不足の金魚のように@
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/manza59
ブログ紹介文
後期高齢の母との二人暮らしは平凡なものだけど、、、
更新頻度(1年)

29回 / 354日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2017/08/29

酸素不足の金魚のように@さんのプロフィール
読者になる

酸素不足の金魚のように@さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 43,586位 41,916位 45,063位 45,052位 45,108位 45,090位 45,077位 977,700サイト
INポイント 0 2 2 2 2 0 2 10/週
OUTポイント 0 2 4 2 2 0 2 12/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 235位 227位 245位 245位 250位 245位 240位 5,488サイト
認知症 53位 53位 57位 57位 57位 56位 57位 773サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 70,290位 70,533位 70,697位 70,868位 71,123位 71,286位 71,305位 977,700サイト
INポイント 0 2 2 2 2 0 2 10/週
OUTポイント 0 2 4 2 2 0 2 12/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 413位 398位 397位 407位 397位 401位 405位 5,488サイト
認知症 85位 85位 84位 80位 78位 83位 81位 773サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,700サイト
INポイント 0 2 2 2 2 0 2 10/週
OUTポイント 0 2 4 2 2 0 2 12/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,488サイト
認知症 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 773サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、酸素不足の金魚のように@さんの読者になりませんか?

ハンドル名
酸素不足の金魚のように@さん
ブログタイトル
酸素不足の金魚のように@
更新頻度
29回 / 354日(平均0.6回/週)
読者になる
酸素不足の金魚のように@

酸素不足の金魚のように@さんの新着記事

1件〜30件

  • 久しぶりの更新ですが、目新しいものがなくって。。

    長らくブログの更新を怠っていたが、それは毎日々ほぼほぼ同じことばかりだから、、このブログをはじめて689日たったけれど、母の状況はほとんど変わらず。足の達者も変わらず、いや歩ける距離は少し減って、歩く速度もちょっと遅くなったかな。でも片道20分近くかかるスーパーへの買い物には行ける、夕食のおかず作りもまだできる、ということはガスコンロの使い方は忘れていないということ。炊飯器でコメも炊ける。いいことだ、、ただ、毎日のように怒っているのも変わらず。怒りの理由は些細なことといえば、些細なことだけどね。ほぼ毎日続くのは、こちらにはかなりストレスになるね、、同じことを何度も何度も聞かれる。これもけっこうなストレスになる、、本日の怒りは大根。スーパーで98円の大根を見つけた母。母「大根、なかったやろ。」私「あるよ。このくら...久しぶりの更新ですが、目新しいものがなくって。。

  • それ以上は・・・

    母から買い物の楽しみを奪う者は押し売り、それは私の友人というのが母の目下の妄想。その人物は、娘(私)に傘や靴やら、カバンなどを買わせて儲けていると言う。「○○(私)は騙されやすいし、よう断れへんから何度でも売りに来るんや(怒)」「○○(私)、なんで断れへんねん。いくらお金を使ったんや。バカじゃやないか(怒)」「相手は商売でやってんねん。あんたなんか簡単に騙せると思てるんやで(怒)」親の言うことを聞かないで、押し売りの言いなりになっている私に、母は激しい怒りをぶつけてくる。だけど、だけど、だけどね。そんな事実はないんだ、、、、昨夜は玄関の明かりがついていただけで、誰かが尋ねてくると思ったのか寝ずの番の体制をとった母。深夜に一人で、大きな声で怒っていた。朝方は部屋のチェックを始め出して、あれもこれも変わっていると怒...それ以上は・・・

  • 私の楽しみを奪わないで!

    母の楽しみは毎日のお買い物。テクテク歩いて近くのスーパーまで、その日の食材を買いに行くこと。その楽しみを奪わないでくれと言うが、誰もその楽しみを奪ってなんかいない。母と私、あるいは母だけで買い物に出かける。そのことを母はまったく覚えていないのだ。冷蔵庫を開けると、そこにあるのは自分では買った覚えのない品物ばかり、、、母は怒る。私の楽しみを奪わんといて、と。買い物は母の楽しみ。その楽しみが奪われてしまうことへの怒りは大きいが、誰もその楽しみを奪ってはいない。母に「午前中に一緒に買い物に行ったやろ。」と言っても、母の記憶には残っていない。誰かが勝手に買って、冷蔵庫に入れたと主張する。不毛の言い合い、、、母が冷蔵庫を開けるたびに、この不毛の言い合いは続く。私の楽しみを奪わないで!

  • あれから

    認知症の薬、貼り付け薬「リバスタッチ」を13.5mgにし、頭が活性化しすぎたら9mgに戻すことを条件に増量して、かれこれ2週間。母の頭はクリアにはならず、相変わらずの妄想モード。たまに大爆発を起こすことは薬の増量前と同じ。頭がクリアになり、妄想がマシになることを目指しての増量だったが、効果ありとはまだいえない。認知症の薬にはアクセル系とブレーキ系があるという。アリセプトやリバスタッチはアクセル系の薬で頭を活性化させる作用がある。メマリーはブレーキ系の薬で穏やかにさせる作用がある。レミニールはアクセルとブレーキを併せ持つ薬だとか。母はレミニール➡アリセプト➡リバスタッチときて、妄想により怒り、激昂が激しいときに追加でメマリーが処方された。しかし、レミニールは朝夕服用することがネックになり断念、アリセプトは頭が活性...あれから

  • 風呂に入る?

    一昨日、母が入浴した。いつぶりのことか、ブログ内検索してみると2018年大晦日に入浴したという記事があった。それ以来の入浴か?ひゃあ~!ばっちい婆さん。よく臭くなかったこと。いやいや私の鼻ができそこないで臭いを感じなかっただけで、世間は臭い婆さんだと思っていたかもしれないが、、認知症の薬を貼りかえるときに、背中からうなじなどは熱いタオルで拭いてあげることはできた。そのたび臭くないやろ、臭くないやろと先制攻撃を仕掛けてくる。「くさい。」なんて言ったらしばかれそうな勢いだもん、「くさくない。」って言うしかないやん(笑)でも、鼻先を母の背中にくっつけてみても臭くなかったから、やはり私の鼻は鈍感仕様かもしれない。今日もお風呂に入ると言いだした。長いこと、風呂に入ってないからなんて言うが、一昨日入ったよなんてことを母には...風呂に入る?

  • 貼り付け薬増量

    母の血圧を診てくださっている内科の先生(仮にA先生としときます)に、こちらで認知症の薬をだしてもらうことはできないかと相談した。母が脳神経内科に行くのを嫌がるから。長年通院しているA先生のところなら、母の通院嫌々もマシになるんじゃなかろうかと考えたから。(先生が嫌いという訳ではない。通院する理由に納得がいってないからが大きな原因だと思う。)脳神経内科に行くにはバスに乗らないと行けない、A先生のところなら歩いて行ける、そんなことも関係しているようだ。脳神経内科の先生、つまり母の認知症の主治医(仮にB先生としときます)がOKしてくれたらの話ですけど、、妄想全開、頻繁に怒り爆発の活火山状態ですけど、、そういう状況ですけど、A先生、どうでしょう?A先生「今の状況なら専門のB先生の方が良いでしょう。お母さんが落ち着いてい...貼り付け薬増量

  • 鏡の怪

    母、洗面所の鏡が変わっていると突然言いだした。上半身が見れる縦長の鏡がかかっていたのに楕円形の鏡に変わっているという。私「ずっとこの鏡やで。」母「違う。こんなん違う。これくらいの鏡や。」母、鏡の大きさと長さを手で示して、怒りに満ちた顔で言う。母「誰が持って行ったんや(怒)。下のオバはんか(怒)」母「あんた、家にずっとおって分からんかったんか。」私「うちはこの鏡しか知らんで。」母、激怒・・・母「あんた、親が言うてるのになんや。」そういうと、洗面所にある物を手当たり次第に投げ始めた。母「これなんや。こんなもん、なかったやろ(怒)」洗面所には小型の扇風機がつけてある。母が自分で取り付けたものだ。それを見て、こんなもんなかったと激怒している。下のオバはんが自分の好きなように、人の家を変えていると言う。鏡と扇風機まで投げ...鏡の怪

  • 4月ですね

    しばらくブログから遠ざかっていた間にgooブログが模様替えしていた。画面を開いて驚いた。理解するのに、しばし時間を要す、私も年か、、母の状態はほとんど変わらず。妄想は相変らず、元気に爆発させてくれている、これ、受け入れているわけじゃないよ母の妄想が全開、爆発すると、私のイライラもMAX、怒りに火がつくのが早くなったいまに母のこと、突き飛ばしたり、殴ってしまうんじゃないかと思ってるでも、それでもいいと思ってるそれで自分が老人虐待で捕まってもいいと思ってるそれで母と離れられるなら、そう思ってる何年も親を介護されている方々からみれば、まだ2年ほどの経験しかないが・・介護といっても、母は見の周りのことはほとんど自分でできる私は介護も介助もしていない悩ましいのは、母の妄想、、決めつけ、思い込み、逃げだしたくなる、捨てたく...4月ですね

  • ・・・・・・・・・・

    母の料理のレパートリーは多くない。これは、私が子どもの頃からのこと。その少ないレパートリーを繰り返し繰り返し、何度も何度も作ってきたから、この部分の記憶はまだまだ保たれているのだと私にはそう思える。だけど、一緒に買い物に言って買ってきた食材や母一人で買ってきた食材のことは忘れる。一緒に買い物に行って買ってきたのに、冷蔵庫を開けた母から「○○(私のこと)、肉買ってきたんか。」とか言われると言葉に詰まる。冷蔵庫の野菜室は、今、野菜で満タン。悪いことではないと思うが、、、大根が安かったから買ってきた、二人で。次の日、また大根を買おうとしたので止めた。その次の日、母は一人で買い物に行き、大根を買ってきた。しばらくして冷蔵庫に大根が何本もあるのを見た母は「○○(私のこと)、こんなに大根買うてどうすんねん(怒)」と。昨日、...・・・・・・・・・・

  • スーパーへ

    ATMにて・・順番がきて、母と私はATMの前に立った。すると母、「今日は通帳記入するだけやで。」わかっとるわー先日出金したばかりで、今日もお金をおろそうとしてたのは母のくせに、、人前で、いかにも私が母のお金を当てにして出そうとしているかのような発言にムカッときた、、胸くその悪さを抱えて、母の通帳記入を済ませ、年金が入っていることを確認。母が通帳をカバンにきちんとしまうことを確認。寒いから夜は鍋料理にしようかという話になりスーパーに向かった。スーパーのそばの店の屋上で何かの工事をしていたのか、「落とすぞー。」か「落とせー。」とか声が聞こえてきたが、スーパーの敷地にいた作業員から歩行を止められなかったので、気にせず歩いていたら上からモノが落ちてきた。幸い、母にも私にも当たらなかったが、下にモノを落とすなら人がいない...スーパーへ

  • ATMへ

    母は数日前から銀行に行く。銀行に一緒に行ってくれと何度も言う。年金が入っているやろと言う。そのたび年金は15日。今日は○日。まだ年金は入ってないよと答えるが、なぜか納得してない顔をする。今日、年金支給日。朝早くから、母「銀行に一緒に行って。」私「いいよ。」母「先、★☆診療所に行こ。診察の順番待ってる間に銀行に行こか。」と予定まで立てている、、でもね、★☆診療所は2日前に母娘ともども行ってる。薬も出ているから今日は行かない。カレンダーの予定欄にも、13日★☆診療所、15日年金支給日と書いてある。私「★☆診療所は13日に行って、薬ももらってるよ。」私「今日は銀行だけやね。」母はカレンダーを見ても、自分も一緒に★☆診療所に行ったことを思いだせない。銀行といってもATMがあるだけの出張所で、家を出てもまだ用事を覚えてい...ATMへ

  • たいしたことじゃないけど、明日から2月

    午後3時49分、母「まだご飯早いか。」昼ごはんではない、晩ごはんを食べようと言うのだ。なんぼなんでも早すぎる。ランニング5キロしてきても食べれないよ、私。私「母、お腹空いたんなら先に食べたら良いよ。」と言うと、母は怒る💢母「一人で食べても美味しくないわ。」母「一緒に暮らしてるのに、なんで一人で食べなあかんねん(怒)」と。母「片付かへんやろ。」さんざん罵られても、そんな時間に晩ごはんを食べるのは無理というもの。片付けならするよと言っても、母は引かない。夕食の用意をして、好きな時に食べてねってとはならない。一人で食べても美味しくないという言い分も分からなくはないけど、母、時間の観念が薄れているのか、、昼ごはんを食べたことを忘れてしまうから、夕食を早く食べようとするのか、、夕食の時間でバトルになることが、ちょくちょく...たいしたことじゃないけど、明日から2月

  • エライ目にあうで

    印鑑の話が下火になったのと入れ替わりに、今度は★子(姉)にお金を送ったのに何も言ってこないと言いだした。お金が着いたとも、ありがとうとも言ってこないと言う。母「ちゃんと着いたんかな。住んでなかったら(郵便物は)返ってくるな。」私「うちの住所を書いてたら返ってくるわ。」私「母、お金をどうやって送ったん?」母「ポストに入れた。」私「ポストに入れたん。現金書留で送らんかったん。」私「現金は、郵便局の窓口で現金書留で送らんとあかんで。」いつ送ったのかは分からない。母「返ってきてないから、着いたんやろな。」母「着いたんなら、なんか言うてくるで。なんも言うてこないんはおかしい。」おかしい、おかしいと言い続け、「○○(私のこと)、心配にならへんのか(怒)」私は、姉★子と毎日安否確認のためだけのメールを送り合っている。生活ぶり...エライ目にあうで

  • 印鑑、返して

    母の最近の妄想?は、姉★子(母からみると長女)に渡したという印鑑と通帳の話&お金を送ったのに電話もないという話。亡父名義の通帳(残高が20万ほどあったそうだが・・)と銀行印を★子に送ったけど、返してほしいから○○(私のこと)から★子に言ってくれと言う。生活の足しにでもしたらいいと思って送ったから、もうお金は引き出してるだろうけど、通帳と印鑑は返してほしいそうだ。母にいつ頃送ったのか聞いてみた。すると、父が亡くなった後だと言う。確かな年月までは分からない、母は覚えていない。ただ送った、送ったというだけ。印鑑を返してほしいと言うだけ。父が亡くなってから、なぜ姉★子に亡父名義の通帳と銀行印を送ったのか、、母の話を聞いていると、そんな事実はないとしか思えない。だが、母が送ったと言うなら、それが母にとっての事実。それは揺...印鑑、返して

  • 本日は1月24日木曜日です!

    私はほとんど家にいる。内職程度のお金にしかならないが、パソコンを使って報酬を得ることはしている。もう数年続けているが、母には何も話してはいない。認知症と診断される前から話していない。母は自室で、娘はいつも寝てばかりいると決めつけている。そうでなければパソコンいじりばかりしていると思っている。娘にパソコンを使うことを許したのは間違いだと思っているらしい、、外に出て働いてくれたほうが家にずっと居られるよりマシだそうだ。私は体調不良でそれまで数年働いていた会社を退職してから、外では働いていない。パートなり、アルバイトなりして外で働く気はずっと持ってはいたが、外で働くには体力的に不安。同じ職場で働く人に迷惑をかけないで、マイペースでできる事はないかと模索して、行きついたのが今やっていること。そのことを母に話したことはな...本日は1月24日木曜日です!

  • ほんの少し、スキンシップ

    母の持病?の頭鳴り?耳鳴りが治まらない気圧の変化でも起きると聞くが、この冷え込みも関係あるんだろうか、、以前は、これが起きると血圧の薬を拒否したり、そうかと思うと血圧の薬を飲んでいないから渡せと言いだしたりして手に負えないこともあった。それに比べると幾分大人しくなった。ただ、頭鳴りor耳鳴りの原因を認知症の貼り付け薬のせいにして、貼ることを拒否するから厄介。そんな時、私はすごすごと引き下がる。説得もしない。薬の必要性も話さない。そんなことしたって、うちの母は聞く耳を持ってくれないから。顔つきが変わり、興奮気味になるから無理強いはしない。母には頭鳴り&耳鳴りは天敵のようなもので、その苦痛から逃れたいという思いでいっぱいいっぱいだから、拒否されるのは仕方がないと割り切ることにしている。でも、次の日、母の顔色を窺いな...ほんの少し、スキンシップ

  • 年賀状

    1月1日母に来る年賀状は母の2人の妹たちからだけだった。そのうちの一番下の妹は『年賀状は2018年を最後にします』ということで、2019年の年賀状は、その上の妹からきたものだけになった。母に上の妹からきた年賀状を見せて、しばらく思い出話をした。妹たちのこと、祖母の住んでいた家のことなど、母がおぼえていたことに私はホッとした。1月2日朝、年賀状を見て、母「これ誰や。こんな人、知らんわ。」私「母の妹やろ。H子ちゃん。」そういうと妹からの年賀状なのは分かったようでホッとしたが、母「○○(私のこと)、年賀状出してるんか(怒)」私「毎年、年賀状のやり取りはしてるやろ。」母「H子はおばあちゃん(母の母のこと)の家を乗っ取ったんや。付き合いないわ(怒)」母「家、どないなったんやろ。付き合いないからおばあちゃんのことも分からへ...年賀状

  • 2019年ですよ・・

    新年あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。1月1日朝、普段なら朝食はパンなのだけど、そこはお正月。お雑煮から始まるとばかり思っていた。例年そうだから、、でも、私が起きた時、母はすでに起きていていつものように朝食を食べていた。まっ、いいか。昼食を雑煮にすればいいんだから。簡単な煮物と紅白のかまぼこ、それでもお正月の風情は味わえるだろうなんて思って、私もいつもの朝食。すると、母「今日、買い物に行かなあかんな。31日やろ。正月の用意せなあかんわ。」私「・・・。今日1月1日やで、」母「うそ~。新聞、31日になってたで。」私「母、それ昨日の新聞やろ。」母「今、ポストに入ってたんやで。」母に1月1日と書いてある本日の新聞を見せて、「これ、今日の新聞。」母「正月の用意、なんにもしてないやんか。」と怒...2019年ですよ・・

  • 大晦日③

    2018年もまもなく終ろうとしている今、なぜに本日3度目の更新などするのだ、私。だって、さっ、今年の汚れ、今年のうちにって、どこかの誰かが言ってなかったかしらそれに倣ったまでのこと母、久しぶりに入浴すると言いだしたダメと言う理由もないので「どうぞ」と、、風呂に入るまで、服を脱いでいる間、それとなく母を見張っていた何故か、母が自分の大事なものをどこかに隠すだろうと思ったから入浴後、母の「あれ、あれ、ない」が聞こえてきたがしばらく無視していた自分で探しだせるならそれにこしたことはないからだが、探しだせなかったようで、声のボルテージは上がり、あちこち開け閉めする音が大きくなってきた私はやりたいことがあったので、とっとと母の探し物を見つけ出そうとした途中で呼ばれて中断するのが嫌だったから見張っていたおかげで、探し物はす...大晦日③

  • 大晦日②

    自室でまどろんでいると、母が慌ててやって来た。母「○○(私のこと)、今日31日やってんな。新聞見てビックリした。」私、吉本新喜劇じゃないけど、ずっこけそうになった。母「正月、まだ先やろと思てた。何も買うてないわ。」ついさっき、冷蔵庫の中を点検して、母「○○(私のこと)が買うてくれてるから、もう買うものないなあ。」って言ってたのに・・でも、○○(私のこと)が買ったって言うけど、母も一緒に買い物に行ったのに・・年越しそばは買ったし、雑煮もok,諸々の食材も買った。ただ、おせち料理、重箱に詰めるものをどうするか?でも母、そんなもんホントにどうでもいいみたい。だから、重箱に詰めるのはやめて、煮しめもやめて、フツーにしよー・・で、正月準備終了、キンコンカンコン~♪じゃなかったんかい、、おせち料理の用意、やるんかいやらんの...大晦日②

  • 大晦日

    毎日、お煮しめを作ると言いながら、大根、ニンジンをテーブルの上に放りだしている母。スーパーのチラシで手頃な値段のおせち料理を見つけたので、母にこれ買おうかと言うも拒絶された。『自分が作らなければならない』と思い詰めているのかと思うほど頑なな母。挙句、作る、作ると言っても何もできあがらずに大根とニンジンの煮物は夕食のおかずになった。これはもう作る気はないな。ただ、娘の手前、正月準備に忙しい母の姿を見せつけたいだけなんだ。形だけのお節料理でいいなら、さっさと市販のものを買えばいいのに少人数用のものも売っているしね私が先走って進めたら母は怒るだろうし、かといって忙しい思いをすれば何もしないと決めつけている娘への怒りがわくだろうし、辟易するわ。重箱に詰めるものはかまぼこ以外ないという状況だけど、もうどうでもいいや、、母...大晦日

  • カウントダウン

    母、新年を迎える準備をしなければならないと悲壮感を漂わせ落ち着かない。毎日、何度も繰り返し喋っている。母「おせち料理は形だけでいいな。」母「煮しめ作る用意せな。」母「買い物に行かなあかん。」で、毎日買い物に行くけど、スーパーにつくと値段の高さにおののいて買わず。父が亡くなってからはおせち料理もほんの形だけ、、そのうち手作りするものはごくわずかなもので、ほとんど市販のもので済ませてきた。去年の正月準備は、最終的に私一人でスーパーに買いだしに行って終わらせたけど、今年は、母が元気なもんで仕切っている。それなら必要なものをメモ書きにしておけば買い物も楽だろうにと思うのだけど、そうなると何を買っていいのか分からないみたい。スーパーに行ってから考えるという、出たとこ勝負。で、母の目に留まり、母が手にする食材は定番の大根、...カウントダウン

  • のどかな会話

    母、自分の年齢があやふや。自分は何歳や、何歳やと私に聞いてくる。そのたびに87歳だと教えてあげる…が、すぐに忘れる。そう思っていたら、母、自分で計算して出した年齢と違うと言う。自分の計算では、83歳になるらしい。生まれ年は覚えていたけど、その生まれ年なら83歳ではない。先日、血圧の方の内科に行ったときは、待ち合い室で自分の年齢を90前だと言ってたけどなあ・・・母「おばあちゃん(母の母、私にとっては祖母)がしたことやからわからんで。」と言いだす。祖母が、役所に虚偽の出生届を出したとでも言うのか、、、ほんとは83歳なのに戸籍上では87歳だなんて、そんなことがあるとは思えないよ、私には・・・母「ふん、ほなそのままでいいわ。」なにが、「そのままでいいわ。」やねん、笑笑笑母「★子(長女)は80か、70か、、」私「親が80...のどかな会話

  • たいしたことじゃないけど、ブログ更新

    このところの母、激しく興奮、激昂することもなく穏やかで、たまに電話をかけてくる姉ですら普通の人みたいと言うくらい、、スーパーへの買い物も片道15分足らずなら疲れたと言いながらも行けるくらい体力がある。その母がしょっちゅう話題にするのが、他府県に住んでいる姉(母にとっては長女★子)のこと。買い物に行く道中では、その話題は必ず出てくる。母「★子はぜんぜん電話してこないなぁ。」母「赤ちゃんが生まれたから、そっちに気がいってんのか。」母「大金をあげたのに電話もよこさんし、赤ちゃんの写真も送ってこない(怒)」母「あかんわ。★子はあかん。」確かに、ごくごくまれにしか★子からの電話はないし、母がけっこうなお金を★子にあげたのは事実、、あれやこれや忘れるのに、★子に大金を贈ったことは忘れない母。長女★子を頼りにしているんだろう...たいしたことじゃないけど、ブログ更新

  • 順調です。

    脳神経内科受診日。母「なんで行かなあかんねん。」母「嫌やー。」母「どこが悪いねん。」母「○○(私のこと)、気がふれたみたいなこと言うたんやろ。」母「あちこち病院、連れまわして。」母「病院は儲けようとして病気作りよるんや。」母「○○(私のこと)はお医者さんの言いなりになって・・」かなりの愚図り、、でも前回の通院時もけっこう愚図ってたのを、自分のブログを読み返してみて分かった。喉元過ぎれば熱さを忘れるか、、通院時の母の愚図り方を忘れるなんて、私、大丈夫か、、耳鳴りなのか頭鳴りなのか母の言い方ではよくわからないけど兎に角それが続いているのは認知症の貼り薬のせいやということで母、先生に「薬をやめます。」ときっぱり言うと息巻いていた。そのせいか、外出の支度はスムーズに事が進んでいって良かった(笑)診察室にて、先生から「調...順調です。

  • 誰が忍んで来るのか・・

    母、絶賛妄想中、、毎度お馴染みS子(私の友人)が来て、部屋の模様替えをしている、勝手に物を動かしている、あれがなくなったとかとか・・何かの違和感を感じるからそう言うのだろうけど、あまりに頻繁だと環境を変えたほうがいいんじゃないかと本気で考えてしまう。先日の深夜、急に大声を出して「なんで、こんなことするんや。」と言いながら部屋を移動していた。タンス置き場になっている部屋に行き、洋服ダンスや和ダンスを開けたり閉めたりする音が私の部屋まで聞こえてくる。S子の仕業と決めつけての怒りをぶちまけながら、物入れから下駄箱から開けてる音がする。「なんで、こんなに靴があるねん。」「一緒に住んでるんか。」怒気を含んだ声が部屋まで聞こえてくる。母の様子を見に行こうかと思ったけれど、火に油を注ぐようなことになっても困る。そう思い、静観...誰が忍んで来るのか・・

  • 趣味の時間が削られた~

    母のテレビ用のイヤホンがまだ手に入らない。仕方がないから、今晩も私の携帯電話用のイヤホンを使ってもらうことにした。母の布団を敷き、寝る体制にして、イヤホンの説明。テレビ用のイヤホンを母の耳に入れて、聞こえないことを確認。ついで、携帯電話用のイヤホンを母の片耳のみ装着して聞こえることを確認。新しいイヤホンを手に入れるまで、私の携帯電話用のイヤホンを使うことを説明。壊れたイヤホンを母の目に触れさせておくと、どんな誤解が生じるか分からないから、そのイヤホンは私の部屋にて保管することにした。母は静かにテレビを観ている。これにて1件落着と思いきや、、母「イヤホン、どこやった。」母「これなんや。こんな長いの。使いにくい。」と少々お怒りモード。私、壊れたイヤホンを持って、母の部屋に行った。母「これがいいのに。こんなん買うてき...趣味の時間が削られた~

  • めんどくさいだと…

    またまた、姉に通帳と印鑑渡したから返してもらってくれと言い出した。私が言わないといけないのか?返してほしいという手紙を書いたらと言うと、めんどくさいからあんた言ってだと…私だって厭だ!さっさと母から退散、、しばしほったらかし、、母、部屋にきた。ごしょごしょ何か言ってるなんや❗イヤホンが聞こえへンと言う。ホンマか❗確認したらほんとだった。あれこれいじってみたけど聞こえない。母、イヤホンなしでテレビ観るから良いと言う…が…夜、辺りが静かになると家のテレビの音の大きさが気になる。私にはうるさすぎる、音量30以上だもの‼押し入れで仕切られただけの部屋では隣の音は騒音になる。一時しのぎに携帯電話用のイヤホンに繋ぎコード足して、長くしてみた。テレビに装着。そして、母の片耳だけに差すと、ok。これで静かに夜を過ごせる。母、通...めんどくさいだと…

  • 母の心

    母と一緒に昼ごはん食べた。おかずは昨日の残り物レンジでチンして終わり簡単だ母、午前中動いてないからお腹空いてないと言いつつ食べた。で、昼食後、、母、うつらうちらしだした私も眠くなってかたので自室に戻り、うつらうちら、、しばらくすると、母が部屋を覗きに来て母「○○(私のこと)はお昼ごはん食べたんか。」と言う私「食べたよ。」すると母、「食べたんか。お母ちゃんはお腹空いてないから食べんかった。」私「そうなん。」ほどなくして、また母が私の部屋にきた母「○○(私のこと)はお昼ごはん食べたんか。」私「食べたよ。」母「食べたか。お母ちゃんはお腹空いてないから作らんかった。」この会話を数回繰り返した。母、お昼ごはん食べたこと覚えてない。一緒に食べたこと覚えてない。で、わざわざ私の部屋まで昼ごはんを食べたか聞きに来るのはなぜか?...母の心

カテゴリー一覧
商用