ふるさと納税の限度額まで使い尽くせ!
住所
出身
ハンドル名
wfw−taxさん
ブログタイトル
ふるさと納税の限度額まで使い尽くせ!
ブログURL
http://windfieldway.com/tax/
ブログ紹介文
ふるさと納税の魅力を実体験をもとに発信していきます。まだこれからの人はご参考になれば幸いです。
自由文
-
更新頻度(1年)

12回 / 225日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2017/08/19

wfw−taxさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(IN) 51,011位 41,523位 41,246位 36,178位 36,042位 32,668位 36,173位 969,331サイト
INポイント 0 0 0 0 0 8 0 8/週
OUTポイント 0 0 0 0 8 16 9 33/週
PVポイント 0 0 0 0 0 16 9 25/週
その他生活ブログ 1,587位 1,270位 1,263位 1,073位 1,056位 926位 1,037位 30,749サイト
ふるさと納税 28位 21位 21位 20位 20位 19位 22位 448サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 58,246位 55,913位 52,067位 49,504位 49,501位 48,642位 55,036位 969,331サイト
INポイント 0 0 0 0 0 8 0 8/週
OUTポイント 0 0 0 0 8 16 9 33/週
PVポイント 0 0 0 0 0 16 9 25/週
その他生活ブログ 1,837位 1,742位 1,630位 1,550位 1,551位 1,545位 1,685位 30,749サイト
ふるさと納税 23位 24位 24位 22位 22位 22位 23位 448サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(PV) 23,592位 22,774位 22,661位 21,689位 21,659位 20,837位 22,290位 969,331サイト
INポイント 0 0 0 0 0 8 0 8/週
OUTポイント 0 0 0 0 8 16 9 33/週
PVポイント 0 0 0 0 0 16 9 25/週
その他生活ブログ 952位 931位 928位 896位 892位 860位 916位 30,749サイト
ふるさと納税 11位 10位 10位 10位 10位 9位 11位 448サイト

wfw−taxさんのブログ記事

  • 確定申告とワンストップ特例制度の違い

    今更説明する必要ありませんが、ふるさと納税の恩恵を受けるには、確定申告をするかワンストップ特例制度を利用する必要があります。 ふるさと納税はとかく返礼品が注目されますが、寄付金の分が税金から差っ引かれることが重要です。 この税金から引かれるところが、非常に複雑でわかりにくいので、導入当時は懐疑的でした。特に普段確定申告をしないサラリーマンにとっては、よく分からないのです。 さらに、確定申告をするかワンストップ特例制度を利用するかで、税金からの引かれ方が違うのです。 《確定申告の場合》 所得税からの控除:(寄付金-2000)× 所得税率(収入による)・・・A 地方税からの控除:(寄付金-2000)ーA・・・B 《ワンストップ特例制度の場合》 地方税からの控除:(寄付金-2000)・・・B といった感じで、ワンストップのほうが分かりやすいのです。 だから、ちゃんと税金から差し引きされているか見る時は、市民税・県民税 決定通知書をみれば一目瞭然です。

  • もうすぐボーナス!!

    皆さん。もうすぐ待ちに待ったボーナスですね! 早い所はもう貰ったところもあるかも。 今年のふるさと納税はもうやりましたか? 政府の締め付けが強くなって、ちょっとトーンダウンのふるさと納税。 でも、逆にTVのCMはとてもよく見るようになりましたね。 ほんの数年前まではCMなんて全くやっていませんでしたので、なんだか怪しい制度で罠が有るかと警戒していましたが、テレビCMのおかげで皆やるようになりましたね。 ところで、この季節、何が一番人気があるか知っていますか? それはウナギです! 米、肉、ビールは年中人気が有りますが、この季節一番人気はやはりウナギです。逆に冬は入れ替わってカニが人気上位に入ってきます! いよいよボーナス。何を買おうかと、考え中のあなた!ぜひ、ふるさと納税をやりましょう。このお金にゆとりが出来る、ボーナス時期だからこそ、ぜひ始めましょう!

  • 高野町の換金率50%の旅行券来ました!

    以前、書いたように、政府の規制強化ですっかり元気の無くなったふるさと納税。 いよいよ6月に規制を開始するそうですが、それまでの運用も考慮する・・・ということで、泉佐野を筆頭に政府に反旗をひるがえし、高換金率の返礼品を実施していた自治体はビビッていますね。 高換金率の返礼品は年末にいったん消えましたが、まだ19年の始まりは、頑張って高換金率のところも、ちらほら出てきましたが、2月ぐらいには完全に駆逐されました。特に商品券や旅行券。 我が家は、そんな事情を素早くキャッチし、1月にスタートダッシュして換金率50%の和歌山県高野町の旅行券をゲット。 こちらは、以前の熊取町の近畿日本ツーリストの紙の旅行券と違って、カードタイプでナンバーを入れるタイプ。まぁ紙のタイプもネット予約では紙のナンバーを入れますが、こちらは本当にプラスチックのカードが送られてくるのみ。以前のように旅行券の束が来るわけでないので、ちょっと味気ない。 もちろん近畿日本ツーリストも日本旅行も店舗でも使えます。新幹線はもちろん在来線の切符も現金同様買えます。最近は全ての旅行や移動は旅行券で買っています。 それにしても、50%は良かったねぇ~。税金が半分戻ってくるのと同じです。 さらに!! ふるなびなら、さらに3%のAmazonギフトを還元しています!タダで、税金を払うのはもったいない。ふるさと納税を活用して、ちょっとでもお得に税金を払いましょうね!

  • 家電は大東市で象印ぐらいだね

    政府のガイドラインですっかり元気の無くなったふるさと納税。 皆様いかがでしょうか? 商品券や旅行券など、完全に消えてしまいました。 我が家は今年は1月にスタートダッシュで限度額ギリギリまで、すべて旅行券につぎ込みました。 あとは、家電のすっかり減ってしまいました。あったとしても政府の換金率3割までというガイドラインで、寄付金額が大幅に増加してしまいました。 具体的に言うと・・・。 1万円の家電をゲットするために従来は2万円の寄付金でOKだったのが、3割ガイドラインを守ろうとすると、3.5万円ぐらいになっている感じです。これぐらいなら、まぁ許せますが、10万円のパソコンとなると、20万円が35万円と言う感じで、高額になると手が出ない領域へ行ってしまいます。 10万円、20万円ならば手が届いていた人が、40万円、50万円となると、手が出せなくなります。相当の高給取りしか手が出ない領域なのです。 そうなってくると、そこまでして家電にこだわらない・・・・と言う感じで、家電人気が下がってきています。 そんな中、大阪府大東市は象印製品やFUNAI製品を積極的に出しています。 我が家は、来年から子供が一人暮らしをするので、先行投資で炊飯器を狙っています!結構1月に限度額ギリギリまで使ったので、ボーナスとにらめっこして、寄付するか決めたいと思います。

  • 6月規制前の泉佐野300億円のカラクリ

    話題の泉佐野市が6月の規制前に、もうひと踏ん張り大暴れしています。この300億円限定キャンペーンは寄付金が300億円に達したら終了・・・ということで、Amazonギフト30%バック!!と飴玉をぶら下げて客呼びしています! 泉佐野のふるさと納税サイト「さのちょく」に300億円キャンペーンのことが、ゴチャゴチャ書いていますが、簡単に言うと下記の通りです。(普通のさとふるやふるなびなどのポータルサイトでは対象外です) キャンペーン特典内容 A「地場産品問題」体感コース・・・返礼品(返礼率30%)+Amazonギフト券20% ~「地場産品」「30%を守ったら」これだけしかないよとアピール~ Amazonギフトの20%の根拠がゴチャゴチャ書いてますが、能書きは必要?って感じですね。 B「経費50%問題」体感コース・・・返礼品(返礼率20%)+Amazonギフト券30% ~もしも、経費50%問題のしわ寄せで、返礼品の調達率が20%になったら~ と書いていますが、まぁAmazonギフト券30%と大見出しを付けたものの、返礼品の換金率(返礼率)を下げているだけじゃん!!とバレたので正直に書くようになりましたね。でもこれが300億キャンペンの実態。 C「ポータルサイト手数料問題」体感コース・・・返礼品(返礼率50%)+Amazonギフト券10% ~ポータルサイトの手数料がない場合~ ・・・と書いていますが、何のことか分からないでしょうね。 採算がとれるラインが60%。ただポータルサイトに10%取られるから泉佐野は50%基準でやっていますよ。今回泉佐野専用サイト「さのちょく」なのでその10%ぶん取られないから乗っけますよ。大体多くの自治体が50%限度だけど60%が実現できるのです!! ・・・と言うことが分かっていないと、何のことを言っているか分かりません。でも、これが一番お買い得なコースです!! これで、ふるさと納税ポータルサイトが3%Amzonギフトをバックする!とか、なぜそんなことが可能なのか分かりますよね!10%もピンハネしているからなんです!

  • 10連休 暇な方へ

    皆さん、10連休を有効に使っていますか? どこも混んでいて、家でゴロゴロのお父さん! 何もやらないのはもったいないので、この暇な時にふるさと納税をやりましょう! ネット通販をしたことがある人にとっては、メチャクチャ簡単なので、せっかく高い税金を払っているのですから、返礼品を貰いましょう。 昨年までは非常な高換金率の返礼品や商品券やQUOカードなど、何でもあり状態でしたが、政府が規制するということで3割までの地場産業品とガイドラインを出したので、一気に盛り上がりが無くなってしまいました。 そんな中、ふるさと納税のポータルサイトも何とか盛り上げようと、寄付金に応じてAmazonギフト券(実際にはコード)を貰えるところが続出しました。 始めは1%、2%でしたが、ついに5%という所が出てきましたのでご紹介します! 正直言って、納税は各都道府県なので、どこのポータルサイトを通してもユーザー(納税者)にとっては何ら関係ないので、少しでもお得な所を通して納税しましょう! 何と今回ご紹介するふるさと本舗はなんと5%のAmazonギフトがもらえるのです!!これはお得! まだ、今年の分をやっていない人は、是非ふるさと本舗で納税してみては?

  • 泉佐野 Amazonギフト4月に復活!!

    政府が3割まで、地場産業に限定して・・・と指針を出して、従わない自治体は制度をはく奪すると発表があり、どんどん高換金率の物や家電やギフトカードなど各自治体が止めていく中、泉佐野市は反旗をひるがえし、Amazonギフト100億円キャンペーンを実施していました。 ただ、これも3月末までで終了するということで、これでおとなしくなるかと思いきや、6月から上記ルールが適用され、かつ昨年11月からの不適切な返礼品の自治体も含めると発表があった為、間違いなく泉佐野ははく奪されるので・・・・「それならギリギリまで荒稼ぎしてやろう」と、なんとAmazonギフトのキャンペーンを復活しました。 なるほど。 おとなしく黙って、このまま6月ではく奪されるなら、この2カ月で荒稼ぎしておいたほうが得策なので、後者を選んだ訳です。 いや~。この100億円キャンペーンのからくりも(詳細は下記記事)驚きましたが、最後まで荒稼ぎしようという根性もビックリしました。 実際TVで、泉佐野の担当者が、政府がいつも後出しじゃんけんで色々言ってくるのでそれに屈するわけにはいかない・・・という気持ちも分かります。上記11月以降の云々はまさに後出しじゃんけん。 さぁ、果たしてこのバトルがいつまで続くか・・・・。6月に本当に泉佐野が切られるか見ものですね!

  • ついにApple製品も消えてしまう。。。

    今年のふるさと納税は、年始から争奪戦ですね。今年は始まったばかりだから、まだまだこれから・・・と、のんびりしている貴方!大変なことになっていますよ!! 政府が換金率3割までの地場産業の物と指針を示して、従わない自治体はペナルティーを与えると発表して、商品券や高換金率の家電など軒並み消えていきました。 そんな中、ついに大人気のApple WatchやiPadの福岡県行橋市が3月末で終了を発表。これで完全にApple製品は消えて無くなります。 マジで急いで!! 昔はiPad ProやiPad miniなど低額でボコボコもらっていましたが、残念ですね~。 その他の家電も少し残っていますが、非常に換金率が悪く、もはやわざわざふるさと納税で貰わなくても、まずは農産物で・・・って気になるような金額です。 ということで、まだの人はすぐにやりましょう! 換金率が悪くなってくると、少しでもお得にゲットしたくなるので、ふるなびを上手く活用しましょう!ふるなびなら1%~3%のAmazonギフトがもらえますので、とってもお得! 納税しているだけなのに、返礼品はもらえるわ、Amazonギフトはもらえるわ・・・まだまだ、美味しいふるさと納税! まだの人は本当にもったいないので、制度が終わってしまう前に、ぜひぜひ!

  • 泉佐野市のAmazonギフト 100億円還元キャンペーンに騙されないで!?

    皆さん、マスコミの報道等でご存知とは思いますが、泉佐野市が政府の方針に反発して100億円還元キャンペーンと名をうって、Amazonギフトを20%もしくは10%還元するキャンペーンを始めました。 本当に泉佐野はやることがエグイねぇ。 おかげで、問い合わせが殺到して繋がりにくくなっているそうです。。。 ただ、この100億円キャンペーンは、そんなに驚くことではなく、返礼品のレベルを落として30%ぐらいの物に20%や10%のAmazonカードを抱き合わせただけなので、もともと50%ぐらいの還元率の旅行券やギフトカードをやっていたところはいくらでもあったので、べつに大騒ぎすることではないのですが、泉佐野の上手いところは、マスコミを使って「あたかもスゴイキャンペーン」をやっているように見せて、上手く騙された消費者(納税者)が群がっているのです。。。。 例えば・・・ 100億円キャンペーンで20%のAmazonギフトがもらえるサイトで 荘の郷 大吟醸 720ml×1本 7500円の寄付金ー1500円(20%Amazonギフト) すなわり6000円で荘の郷が手に入ることになります。 一方・・・ 《ふるなび》では 5000円の寄付金ー100円(2%のAmazonギフト) すなわち4800円で荘の郷が手に入ることになります。 おかしいでしょ?ふるなびなどの一般サイトの方が得なのに、マスコミは100億円のキャンペーンを大々的に報道して・・・。

  • 1月末終了 換金率50%の旅行券!急いで!!

    遂に、驚愕の換金率50%の日本旅行の旅行券を出している、和歌山県高野町が1月末で受け付け終了を発表しました(涙)。 なんせ、今年は政府が30%以上や地場産業に関係ない返礼品を出している自治体にはペナルティーを科すと宣言していますので、無くなるのは時間の問題でしたが、急に1月末終了の宣言でショックが走っています!! 他の自治体を見てもギフト券や旅行券などは、ほとんど姿を消してしまっています。一時期はQUOカードやAmazonカードもありましたが、完全に姿を消してしまいました。 最後の望みだった、高野町もついに終了です。。。。 泣いても笑っても、こんな換金率の旅行券は出てきません! 今のうちですよ!! だいたい去年の年収で今年も分かりますので、まずは最低ライン分は旅行券にしておきましょう!!

  • 高額納税者の方にぜひ!

    皆さん、ふるさと納税、ダッシュしていますか? 昨年末、ふるさと納税してお金が無いよーって方、お金をかき集め、今年度分もすぐにやりましょう!!! なんせ今年は政府が規制すると宣言していた年ですから、いきなり明日から規制がかかって、軒並み高換金率の自治体が自粛してしまってもおかしくありません。 だから、全力でお金をかき集めてダッシュしましょう!!! ところで、高額納税者の方へ 是非オススメしたいのは、驚きの換金率50%の旅行券の和歌山県 高野町!! 高額納税者の人は、チマチマと色々なところへ寄付をして手続きするのが、面倒くさいので、ドカーンと大口で突っ込みます。 別にふるさと納税でやらなくても、いつも高級な肉や新鮮な海鮮料理を好きな時に食べているし、家電や趣味の物も、こだわりの贅沢品を好きなだけ買うことが出来るので、別に面倒な手続きをして、わざわざふるさと納税で入手しなくても良いのです。 そんな人は、「時間」がもったいないので、ふるさと納税には興味が有るものの、効率良く突っ込みたいのです。 だから換金率50%の高効率の所へ、ドカンと突っ込みましょう。 いつもメチャクチャ納税しているところを、半分戻ってきます。 日本旅行の旅行券なので、全国で使えます! そして、高額納税者の人が下駄代わりに使っている、「新幹線切符」「航空券」に使えるので、高換金率でかつ「リアルに使える」返礼品なんです。 もちろん、使用期限もありませんので、時間的に余裕が出たところで、ドカンと海外旅行に使っても良いでしょう。 みんなが、年末に昨年のふるさと納税で干上がっている状況でも、高額納税者の皆さんは別に、今年の分もすぐに納める余力が有るのです。 ・・・だから、高額納税者たる所以ですね。悔しいけど、すべてが「よゆう」なんです(涙)。

  • ふるさと納税もダッシュしましょう!50%なんて今しかないよ!

    皆様、ふるさと納税のスタートダッシュ切っていますか? なんせ、今年は政府が30%以上や地場産業に関係ない返礼品を出している自治体にはペナルティーを科すと宣言していますので、一気に自粛ムードですよね。 年末までサイトをチェックしていましたが、意外にも年末の駆け込み需要を取りこぼさないように、各自治体ともにギフト券や旅行券などをまだ出していました。 一方、年を明けてから見てみると、正月休みで官公庁が休みだったせいで、どこの自治体もちょっと小康状態。 特にギフト券や旅行券などは、ほとんど姿を消してしまっています。 この先、政府からの発表が出されると、一気に消えてしまいます。