プロフィールPROFILE

☆ムツゴロウの花散歩☆さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
☆ムツゴロウの花散歩☆
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/my7049jkttjtt
ブログ紹介文
散歩道、公園、植物園で見かけた花、植物を掲載しています。
更新頻度(1年)

476回 / 345日(平均9.7回/週)

ブログ村参加:2017/08/15

☆ムツゴロウの花散歩☆さんのプロフィール
読者になる

☆ムツゴロウの花散歩☆さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 47,470位 圏外 47,470位 47,456位 47,418位 47,432位 47,404位 977,815サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 1,083位 圏外 1,083位 1,078位 1,084位 1,092位 1,086位 11,904サイト
植物観察 3位 圏外 3位 3位 3位 4位 4位 22サイト
花・園芸ブログ 1,195位 圏外 1,195位 1,195位 1,195位 1,178位 1,193位 19,272サイト
花の名所・植物園 6位 圏外 6位 6位 6位 5位 5位 71サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 80,748位 83,467位 75,514位 75,711位 75,869位 76,116位 圏外 977,815サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 2,066位 2,127位 2,060位 2,070位 2,079位 2,071位 圏外 11,904サイト
植物観察 4位 4位 4位 4位 4位 4位 圏外 22サイト
花・園芸ブログ 1,847位 1,905位 1,889位 1,870位 1,856位 1,870位 圏外 19,272サイト
花の名所・植物園 4位 4位 4位 4位 4位 4位 圏外 71サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,815サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,904サイト
植物観察 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 22サイト
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,272サイト
花の名所・植物園 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 71サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、☆ムツゴロウの花散歩☆さんの読者になりませんか?

ハンドル名
☆ムツゴロウの花散歩☆さん
ブログタイトル
☆ムツゴロウの花散歩☆
更新頻度
476回 / 345日(平均9.7回/週)
読者になる
☆ムツゴロウの花散歩☆

☆ムツゴロウの花散歩☆さんの新着記事

1件〜30件

  • ビデンス(イエローキューピット) / サザンカ(山茶花) の花散歩

    ✿ビデンス(イエロキューピット)キク科、センダングサ属、別名:ウインターコスモス。晩秋から初冬にかけて咲く咲き黄色い舌花状の先端に白い縁取りが入る。✿サザンカ(山茶花)ツバキ科、ツバキ属、の一種。寒さには強いイメージがありますが、本来は四国、九州などの暖かい地域が北限である事から、原種のサザンカは寒さに強くはありません。品種改良された園芸種は寒さに強く、真冬でも花を咲かせます。ビデンス(イエローキューピット)/サザンカ(山茶花)の花散歩

  • マリーゴールド / シュウメイギク (秋明菊) の花散歩

    ✿マリーゴールドキク科、タゲテス属、の一年草。マリーゴールドは英名で聖母マリアに属名タゲテスは美の女神タゲスに由来します。花期が長く春まき一年草の代表種としてプランターや花壇などの寄せ植えとして利用されます。早い段階で咲き終えた花を切り落せば、初夏と秋の2回に花を咲かせる事出来ます。✿シュウメイギク(秋明菊)キンポウゲ科、イチリンソウ属、(アネモネ属)別名:キブネギク、秋牡丹。シュウメイギクは秋の風情を感じさせる優雅な花で、切り花をはじめ、花壇や鉢植えに広く利用されています。夏の終わり頃から花茎が伸び出し、先端にまず一輪、そしてその両脇に一輪ずつ、さらにその脇にというように順に花を咲かせます。花弁のように見えるのは萼片で、花弁は退化しています。撮影地:江戸川区・南葛西マリーゴールド/シュウメイギク(秋明菊)の花散歩

  • 湯島天神菊祭り ・・・ ほうき作り、盆庭作り、競技用切り花。

    ✿ほうき作り嵯峨菊、肥後菊、等の基本的な仕立て方で、2~3回摘心して枝数を増やし、下部の茎を束ねて箒を立てたような形に仕立てる。✿盆庭作り大菊、小菊、嵯峨菊などを巧みに組み合わせて景色や物語を表現した総合庭園。✿競技用切り花より大きく、より良い花型を競う「菊花大会」出品用の作り方で、一回摘心したあと一本仕立てとして協力に肥培して草丈2m位のたくましい茎花に開花させます。茎葉の姿には気を使わず作る競技専用なのでケンカ花とも呼ばれます。撮影地:文京区・湯島天神湯島天神菊祭り・・・ほうき作り、盆庭作り、競技用切り花。

  • 湯島天神菊祭り ・・・ 盆養仕立て / 7本仕立て / ダルマ仕立て。

    ✿盆養仕立て三本仕立てとも言い大菊の最も基本的な仕立て方。1本の苗を摘心して3本の枝を伸ばし、前2輪、後1輪で高い順に「天、地、人」と呼ぶ。✿七本仕立て1本の苗を2回摘心して7本枝を伸ばし、中央の花を高く外側の花を低くして、全ての花がよく見えるように仕立てる。✿ダルマ作り三本仕立てより一ヶ月遅く挿し芽して7号鉢に定着。矮化剤を作って草丈を60cm以内に仕立てる。全体が丸っこくダルマのような形なのでこの名がつきました。鉢が軽く場所を取らないなどの利点で人気があります。撮影地:文京区・湯島天神湯島天神菊祭り・・・盆養仕立て/7本仕立て/ダルマ仕立て。

  • 湯島天神菊祭り ・・・ 懸崖仕立て、菊人形。

    ✿懸崖仕立て・大懸崖断崖の上より垂れ落ちるように見せる小菊、蓑亀形や静岡形などがあります。✿懸崖仕立て・中懸崖✿菊人形等身大の人形に菊の衣装が着せてあります。専門の菊師が一週間以上かけて作成、期間中の中程にもう一度花の着せ替えを行うそうです。(左)山上憶良(中)女官(右)大伴旅人撮影地:文京区・湯島天神湯島天神菊祭り・・・懸崖仕立て、菊人形。

  • 湯島天神菊祭り ・・・ 千輪咲き仕立て。

    ✿菊:千輪咲き仕立て一株作りで中心の一輪より一段毎に六輪ずつ殖やして全体で一輪の花のように咲かせる仕立て方。撮影地:文京区・湯島天神湯島天神菊祭り・・・千輪咲き仕立て。

  • セントポーリアの花散歩

    ✿セントポーリアイワタバコ科の属の一つセントポーリア属の総称、和名はアフリカスミレ属。ケニア南部とタンザニア北部の山地に生息する非耐寒性多年草。生長形態によりロゼット型とトレイル型の二型に分けられる。※ロゼット型=節間が短く、葉がタンポポのように放射状に広がる。※トレイル型=節間が長く地面を這うようにして長い茎が形成される。花は左右相称の合弁花で、2裂した上唇と3裂した下唇から成る。裂片は下唇の方が大きい、花弁は紫色か薄紫色で花筒は短く、舷部はほぼ直角に広がる。黄色の葯をもつ2本の雄蕊が突き出している。花柱と柱頭は花弁と同じ紫色。撮影地:新宿区・新宿御苑セントポーリアの花散歩

  • マレーシア・シャクナゲ / イランイランノキ の花散歩

    ✿マレーシア・シャクナゲツツジ科、ツツジ属、別名:ビレアシャクナゲ、常緑低木マレーシア・シャクナゲはツツジ属の分類上ではビレイヤ群と呼ばれるグループであり。マレーシアが産地と限定されているわけではなく、最も多く自生が見られるのはニューギニアの山地です。全体的にこのグループに属する植物は樹高1m前後の低木です。花冠は壺型で5裂する。色はパステルカラーの赤や黄色等が多い。✿イランイランノキバンレイシ科、イランイランノキ属、平均12mの樹高に達する。直射日光あるいは部分光によって生育し、原産地である熱帯多雨林の酸性土を好む。葉は長くなめらかで光沢がある。花は黄緑色あるいは淡紅色で、ヒトデのように巻き上がり縮れた形状。撮影地:新宿区・新宿御苑マレーシア・シャクナゲ/イランイランノキの花散歩

  • テンリュウ (天竜) の花散歩

    ✿テンリュウ(天竜)キク科、キオン属、別名:セネキオ・クライニア、常緑低木、キク科には少ない木本、多肉植物でカナリア諸島の固有種。樹高は3m程で茎は灰緑色で上部で良く分枝します。枝が無く葉が幹に直接付く独特な姿、葉は白粉を吹いた感じのする灰緑色の線状被針形です。茎先端に散房花序をつけ、黄白色の筒状花を咲かせます。撮影地:新宿区・新宿御苑テンリュウ(天竜)の花散歩

  • キイイトラッキョウ の花散歩

    ✿キイイトラッキョウ絶滅危惧Ⅱ類(VU)ユリ科、ネギ属、ラッキョウを小さくしたような植物で渓流沿いに生え、分布が限られる。地下に鱗茎があり、地上に細い葉と花茎を出し、冬には地上部が枯れる。鱗茎は長楕円形で細長く2cm程、葉は細くて長さ10~20cm程で断面は円形で中空、花時には3~5枚の根出茎がある、花径には葉がつかない。花期は10月~11月、花茎の高さは15~30cm程。花は横向きか斜め下向きに咲きます。花被は濃い赤紫で子房も赤味を帯び、雄蕊は長さ9mm程で、茎部が横に伸びて互いに繋がって環状となり、この部は花被片の基部とも癒合する。参照サイト・・・フリー百科事典「ウィキペディア」撮影地:新宿区・新宿御苑キイイトラッキョウの花散歩

  • マルバビユ / ベニサンゴバナ (紅珊瑚花) の花散歩

    ※マルバビユヒュ科、マルバビユ属、別名:イレシネ、常緑多年草原産地はブラジルで草丈20~60cm程になり、紫紅色地に明るい赤または黄色を帯びた脈が入ります。花は緑色がかった白色、小さくてほとんど開花は見られません。※ベニサンゴバナ(紅珊瑚花)キツネノマゴ科、パキスタキス属、別名:パキスタキス・コッキネア、中央アメリカ、西インド諸島に分布する常緑小低木。葉は長さ10~20cm程の卵形~楕円形で茎に対生。葉は全緑で先端部は鋭頭。葉の表面の葉脈は明瞭で開花期は周年で茎上部に穂状花序を出し、赤色で2唇型の花を多数つける。撮影地:新宿区・新宿御苑マルバビユ/ベニサンゴバナ(紅珊瑚花)の花散歩

  • ムラサキゴテン(紫御殿) / トラデスカンティア・セブリナ の花散歩

    ✿ムラサキゴテン(紫御殿)ツユクサ科、ムラサキツユクサ属、別名パープルハート・セトクレアセア、メキシコ原産で地上部全体が濃紫色をした草姿が美しいリーフプランツです。葉の表面は細かい軟毛で覆われており、やや多肉質。雨露を弾き光の当たる角度によって葉色が変化します。✿トラデスカンティア・セブリナツユクサ科、ムラサキツユクサ属、花はもちろん鑑賞の対象とされるが、葉の美しさが主に観賞の対象とされます。茎が垂れ下がるのでハンキング・ポット等での楽しみが魅力の一つになっています。葉は光沢のある白緑色地に暗緑紫色の縞模様が入り、葉裏は紫色となる。花は茎頂に2cm程の明るい紫色の花を咲かせます。撮影地:新宿区・新宿御苑ムラサキゴテン(紫御殿)/トラデスカンティア・セブリナの花散歩

  • サガリバナ (実と花) / シダの新芽

    ✿サガリバナ:実と花サガリバナ科、サガリバナ属の常緑高木。東南アジア一帯の熱帯、亜熱帯に分布し日本では南西諸島(奄美諸島以南)に自生。マングローブの後背地や川沿いの湿地帯に生息。総状花序が垂れ下がり、花弁は白または淡紅色で花は横向きにつく。花は夏から秋にかけて夜間に開き朝には閉じる・・・と図鑑やサイトを調べると書いてあります。私も初めはそう思い開花の頃は早めに温室に行っていましたが、この頃は開花時期も長いし、昼頃行っても咲いています。実も花が咲くのと同じ時期に実っているし、温室とは言え気候が変化しているのですかね?。✿シダの新芽昔から姿を変えることなく生き続けるシダ、日本では観賞用として栽培される事も多く、派手さはなく独特の姿、形で人々の目を癒してくれます。丈夫で育てやすく、空気を綺麗にしてくれるエアプランツと...サガリバナ(実と花)/シダの新芽

  • 江戸川区一之江・ねぶた祭り。 PART-2

    ★都立葛西工業高校ねぶた部、和太鼓の演奏★ねぶた巡行撮影地:江戸川区・一之江駅西口江戸川区一之江・ねぶた祭り。PART-2

  • 江戸川区一之江・ねぶた祭り。 PART-1

    昨日(11月2日)江戸川区一之江で駅前商店会のお祭りがあり、都立葛西工業高校ねぶた部、ねぶた祭り実行委員会等との協力によりねぶた祭りが開催されました。今年で12回目、今まで江戸川区に50年程住んでいながら初めて知りました。九州育ちなので、たとえ本場の「ねぶた」ではないと言え、見るのは初めて、夫婦二人で見てきました。青森ねぶた囃子会の囃子に乗って踊る、跳ね踊りは見ていて気持ちが良いですね~。囃子の音楽に合わせて踊る跳人と一緒に観客も浮かれ出しましたよ~、聞いてるこちらも浮かれてきますね。撮影地:江戸川区・一之江駅西口★PART-2和太鼓の演奏とねぶた巡行につづく。江戸川区一之江・ねぶた祭り。PART-1

  • これが花 ( ゚Д゚)!、 アメリカハナグワ (亜米利加花桑).

    ✿アメリカハナグワ(亜米利加花桑)クワ科、ドレステニア属の多年草熱帯アメリカ産で、和名はヘビに噛まれた時に薬用(解毒)として用いられた事から。日本では小笠原諸島で帰化状態にあるそうです。葉にはザラ付き感があり、長い茎の上に盤状の花序をつけ、花弁のない単性花をつけます。盤状の花序の幅は5cm程でやや四角、縁は不規則に入り組んだり巻き込んだりと波打った花姿、受粉をして子孫を残すならば蕊はどれ?昆虫は何?、このような花があるなんて初めて知りました。生態を調べるのが楽しみです。撮影地:新宿区・新宿御苑これが花(゚Д゚)!、アメリカハナグワ(亜米利加花桑).

  • サツマハギ の花散歩

    ✿サツマハギマメ科、ハギ属の落葉小低木。マルバハギのように葉が丸いが、花はもっと大きく、九州南部、薩摩地方に分布する固有種。別名を南国朝鮮山萩と言う。樹高は1~2mで、地際から枝分かれして多くの枝を出す。葉の表面には伏せた毛が密に生える。葉の腋に総状花序を出し、紅紫色の蝶形の花をつける。撮影地:新宿区・新宿御苑サツマハギの花散歩

  • クラリンドウ / ヒポエンテス・アリスタタ の花散歩

    ✿クラリンドウ原産地はインドのアッサム地方からヒマラヤ、クマツヅラ科、クサギ属で開花は10月~12月。花は白い花が集まった花序になり垂れ下がって咲きます。花序の長さは30cm位、長い雄蕊が突き出ています。耐寒性は弱く花が咲き終わって気温が下がってくると葉を落としますが、枯れるわけではなく、冬場室内に置いておけば春暖かくなると芽を吹いてきます。✿ヒポエンテス・アリスタタキツネノマゴ科、ヒポエステス属の常緑多年草。アフリカ産で高さ1~1.5m程になり、水はけが良く日当たりの良い場所を好み、穂状花序に薄紫色の花を咲かせます。花冠は円筒形で先端が大きく裂けます。非耐寒性のため温室栽培されるので周年開花を楽しめます。撮影地:新宿区・新宿御苑クラリンドウ/ヒポエンテス・アリスタタの花散歩

  • 絶滅危惧種2点、ダイサギソウ / トウテイラン

    ✿ダイサギソウ絶滅危惧IB類(EN)ラン科、ミズトンボ属の多年草で地性ランの一種。和名は花がサギソウに似て草丈が大きいから。草地や林縁に生える地上性のランで、高さ30~70cmの茎の先端に晩夏から初冬にかけて幅15mm程の白い花を総状に多数付ける。花期は産地によって異なり南方のものほど遅く咲きます。本土では長期にわたって加湿管理をしないと開花は見れません。✿トウティラン絶滅危惧Ⅱ類(VU)茎先に総状花序を穂状に出し、青紫色の花をつける。花冠は筒状で先が4つに裂ける。萼片は4枚、雄蕊は2本、雌蕊は1本。葉の先は少し尖り縁には浅い鋸歯があり葉も茎も白い綿毛で覆われる。日本固有種で茎は直立し、和名の由来は瑠璃色の花を中国の洞庭湖の美しい水の色に例えたもの撮影地:新宿区・新宿御苑絶滅危惧種2点、ダイサギソウ/トウテイラン

  • ツワブキ の花散歩

    キク科、ツワブキ属の常緑多年草です。艶のある大きな葉を持っており、毎年秋から冬にキクに似た黄色い葉をまとめて咲かせます。日陰でも良く育ち、園芸品種として日本庭園の石組みや木の根元などに好まれます。鹿児島県や沖縄県を中心に西日本の一部ではフキと同じように葉柄を食用として利用されています。参照サイト・・・フリー百科事典「ウィキペディア」撮影地:新宿区・新宿御苑ツワブキの花散歩

  • ハメリア・パテンス の花散歩

    アカネ科、ハメリア属の常緑低木。樹高は3~4m程で、花序を構成する枝先は朱色。葉は短い葉柄をもった卵形で全緑、先端は少し尖っています。表面に光沢があり幾分葉に厚味があります。葉の基部に並ぶ葉柄は朱赤色になる。周年開花で、今年枝の先端部分に集散花序を出し朱橙色の筒状花をつける。花冠は5裂し長い筒状部分は黄色に近い色へと変化します。撮影地:新宿区・新宿御苑ハメリア・パテンスの花散歩

  • コブクザクラ(子福桜) / ジュウガツザクラ(十月桜) の花散歩

    🌸コブクザクラ(子福桜)バラ科、バラ属八重咲きで白色の花を枝先の葉腋に散花状に2~4個程つけます。雄蘂は40~50個、雌蘂は1~5個。花は咲き始めは白く、後に淡紅色に変化します。花一輪に2~3個のサクランボが生る特性を持ち、これを子宝に恵まれたものとして「子福桜」と名付けられました。✿ジュウガツザクラ(十月桜)バラ科、バラ属花は10月と4月上旬ころの年2回開花。花弁は十数枚で縁が薄く紅色になる。また萼筒が紅色でつぼ型。春の方が花は大きいです。撮影地:新宿区・新宿御苑コブクザクラ(子福桜)/ジュウガツザクラ(十月桜)の花散歩

  • なぎさ公園:ポニーランド。

    なぎさ公園はフラワーガーデンの東側、旧江戸川のすぐ横にあり、子供をメインにした公園でサッカー場、グラウンドや芝生を敷きつめた小高い丘があり頂上からの眺めは素晴らしいです。主に幼児を対象にしたポニーランドは親子づれに人気があります。四季折々の花も咲き大人も散歩される方が多いです。園内の交通もフラワーガーデン(メインはバラ園)、富士公園、(メインはバーベキュウ広場)を結んだシャトルバスが走っていますので便利ですよ。なぎさ公園:ポニーランド。

  • なぎさ公園 の ススキとコキア。

    ✿ススキイネ科、ススキ属の多年草。尾花とも言い秋の七草の一つで、茅とも呼ばれる有用植物。夏から秋にかけて茎の先端に20~30cm程の十数本に分かれた花穂を付ける。花穂は赤っぽい色をし種子には白い毛が生えて、穂全体が白っぽくなる。種子は風によって運ばれます。「ススキミミズク」東京・雑司ヶ谷の鬼子母神ではススキの穂でミミズクの姿に作った「ススキミミズク」が人気。✿コキアヒュ科、ホウキギ属の一年草、別名ホウキグサ。夏の鮮やかなグリーンから秋には真っ赤に染まっていく姿が美しいカラリーフ、コキア。柔らかく、ふんわりとした姿は気分がおおらかになり、長く眺めていたい気持ちにさせてくれます。参照サイト・・・フリー百科事典「ウィキペディア」撮影地:南葛西・なぎさ公園なぎさ公園のススキとコキア。

  • ホトトギス と ゴクラクチョウカ の花散歩

    ✿ホトトギスユリ科、ホトトギス属、日本の特産品で、主に太平洋側に自生する多年草。日陰のやや湿った斜面や崖、岩場に見られます。直径2~3cmで紫色の斑点のある花を1~3輪上向きに咲かせます。茎は枝分かれせず、真っ直ぐか斜めに伸び、場所や地域によっては弓なりに垂れる事もあります。小型で明るい黄色の花を咲かせるキバナホトトギスは水はけの良い所を好み、他の植物との競争に弱いため鉢植えに向いてます。✿ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)南アフリカ原産でストレチア科、ゴクラクチョウカ属、名前の由来は花の部分が鶏冠に、苞の部分が嘴(くちばし)に似ているところから鳥をイメージしたものと思われます。耐寒性に弱く、一般には地植えで冬越しは弱いと言われてますが、自宅の近くの公園には地植えでも毎年花を咲かせています。撮影地:江戸川区・南葛西ホトトギスとゴクラクチョウカの花散歩

  • グラスペディア と ツルハナナス におまけ。

    ✿グラスペディアオーストラリア原産の多年草、キク科。花は舌状花がなく、筒状花だけで、頭状花が真っすぐに硬く長く伸びた花茎の先端に2~3mの球形をなします。✿ツルハナナスブラジル原産のナス科。蔓性の常緑低木で、トレリスなどに絡ませたり、行燈仕立ての盆栽にして楽しむ事ができます。花は始め白色で、徐々に薄青色に変化します。撮影地:江戸川区・南葛西グラスペディアとツルハナナス。

  • 日本の四季と開花 の変化。

    今年の梅雨前に散歩を兼ねて西葛西へ行った時、街路樹の中にコエビソウが咲いていて、一度7月に散り。先日10月19日に3輪が再び咲いていました。今までは植物園の温室でしか見た事がなかったので驚きと、熱帯植物が日本の気候で地植えが出来る事の変化?、それも2度も開花。この後の気温の変化でも暫く咲くのか、楽しみです。✿コエビソウ(キツネノマゴ科)※2枚、2019-05-22撮影↓✿チロリアンランプ(アオイ科、イチビ属)※2枚、2019-07-03撮影↓★トリケラトプスコエビソウ、チロリアンランプの花を見て西葛西駅へ行く途中の子供の広場に、白亜紀最後期の恐竜のモニュメントが、今の子供はあまり興味がないのかな~。他の遊具で遊んでいました。撮影地:西葛西日本の四季と開花の変化。

  • ムクドリ と柿。

    フラワーガーデンのバラを見た帰りに、数本の柿の木の実が熟していてムクドリ達が盛んに食べていました。数年前に西葛西でムクドリの集団が街路樹に集まり、糞害と鳴き声で住民が迷惑をこうむりましたけど、同じ事が起きなければ良いですけどね~。撮影地:南葛西・富士公園ムクドリと柿。

  • 総合レクレーション公園・フラワーガーデンのバラ散歩。 PART-3

    バラの詳細はPART-1に記入。丘の上の聖火リレー・モニュメント。アブラカダブラヘンリー・フォンダクイーン・エリザベスカーディナルインカバレンシアトキメキ富士公園の小高い丘に登る階段の側にキノコが生えていました。テングタケかな?撮影地:南葛西・フラワーガーデン、富士公園、総合レクレーション公園・フラワーガーデンのバラ散歩。PART-3

  • 総合レクレーション公園・フラワーガーデン のバラ散歩。 PART-2

    バラの詳細はPART-1に記入。静か~!。暑い夏には子供たちの水遊びや笑い声で賑やかでしたが、天気も悪いし寒いのでほとんど子供がいません。ゆっくり見学は出来るけど寂しいネ~。リオ・サンバプリンセスドゥモナコカーディナルゴーリデン・ハートバレンシアマチルダホワイト・クリスマス撮影地:南葛西・フラワーガーデンPART-1に続く。総合レクレーション公園・フラワーガーデンのバラ散歩。PART-2

カテゴリー一覧
商用