プロフィールPROFILE

ぬまさんのプロフィール

住所
盛岡市
出身
盛岡市

岩手県盛岡市在住。 盛岡の会社に勤務。 血液型A型。 おうし座。 好きな温泉 MT芒硝、緑の硫黄泉、炭酸泉、ヌル湯。

ブログタイトル
最高な岩手の日々 〜ぬまの気ままな湯めぐり日記〜
ブログURL
http://gundamsentinel.blog100.fc2.com/
ブログ紹介文
全国各地の温泉巡り中心のブログです。源泉かけ流しの温泉にこだわってレポートしています。
更新頻度(1年)

49回 / 259日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2017/08/06

ぬまさんのプロフィール
読者になる

ぬまさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 43,810位 44,580位 44,164位 43,952位 43,537位 43,450位 圏外 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 30 10 50 40 20 0 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,822位 1,862位 1,858位 1,850位 1,844位 1,846位 圏外 43,451サイト
源泉掛け流し温泉 23位 23位 23位 22位 22位 24位 圏外 217サイト
東北 温泉・温泉街 2位 2位 2位 2位 2位 2位 圏外 24サイト
温泉・温泉街 46位 47位 47位 46位 50位 49位 圏外 795サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 30,213位 31,156位 33,548位 33,687位 38,066位 47,890位 55,059位 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 30 10 50 40 20 0 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 906位 943位 1,066位 1,062位 1,254位 1,667位 2,005位 43,451サイト
源泉掛け流し温泉 17位 17位 19位 18位 22位 29位 36位 217サイト
東北 温泉・温泉街 1位 1位 1位 1位 1位 1位 2位 24サイト
温泉・温泉街 32位 32位 30位 33位 37位 46位 60位 795サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 30 10 50 40 20 0 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,451サイト
源泉掛け流し温泉 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 217サイト
東北 温泉・温泉街 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 24サイト
温泉・温泉街 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 795サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぬまさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぬまさん
ブログタイトル
最高な岩手の日々 〜ぬまの気ままな湯めぐり日記〜
更新頻度
49回 / 259日(平均1.3回/週)
読者になる
最高な岩手の日々 〜ぬまの気ままな湯めぐり日記〜

ぬまさんの新着記事

1件〜30件

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~伊東温泉 ケイズハウス~ 

    翌日の朝も伊東温泉を徘徊いたしました。そこで立ち寄ったのがこちら。伊東温泉 ケイズハウスです。こちらは伊東温泉の築100年の老舗旅館が外国人向けホステルとして生まれ変わったそうで。日本で唯一、国の登録有形文化財で源泉掛け流しの純和風ホステルです。平成19年に閉館した老舗旅館「いな葉」を引き継いだとのこと。日帰りも積極的に受け付けており、入浴料500円払い訪問いたしました。ものすごい「和」の造り。これは外国...

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~伊東温泉 梅屋旅館~

    そして伊東温泉のこちらのお宿に投宿致しました。伊東温泉 梅屋旅館です。メインストリートからは裏に入った路地のところにあります。見た目通りのアットホームな旅館で、優しい女将さんに対応していただきました。こちらは浴室が二か所あります。まずは「山の湯」から。このつぶつぶタイルがたまりません。レトロな雰囲気満載。泉質はナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉だそうです。ふんわり石膏系の香りがします。結構...

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~伊東温泉 源氏湯~

    伊東温泉の共同湯をハシゴしました。伊東温泉 源氏湯です。こちらは地元民専用共同浴場ですが、外来でも入浴できます。しかし開いている時間が18時頃から19時頃までとなかなかハードルが高いです。こちらもシンプルに浴槽のみ。 まだ湯が溜まっていませんでした。加温しながら投入しており、投入量も少なめ。こちらも無色透明無味無臭。 泉質は単純温泉。毎日来る方も数名と限られており、ここもいつまで続くのか・・。非常に貴...

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~伊東温泉 湯川第1浴場 子持ち湯~

    中伊豆から一気に移動して伊東市へ。伊東温泉 湯川第1浴場 子持ち湯です。伊東駅前にある公衆浴場です。夜に到着してすぐにこちらにお邪魔しました。ビルの地下へ下るアプローチ。 結構ワクワクしますね! こんな温泉も珍しいですね。浴室はいたってシンプル。これぞ公衆浴場。中はリニューアルしたんでしょうか。ピカピカでした。やたら鏡が一杯あるのは気になりましたが。泉質は単純温泉。無色透明無味無臭。全く癖のない温...

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編~冷川温泉 ごぜんの湯~

    今回は中伊豆へ移動し伊豆市から。冷川温泉 ごぜんの湯です。前回の福田家とはうって変わってちょいとカオスな雰囲気です。飲泉所もありました。こんな訳のわからない書き込みが結構ありましたwまずは内湯から。結構小さめの浴槽です。泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉です。たまらんですね~。完全に芒硝系のお湯でさっぱりと入浴できます。梅もきれいに咲いておりました。そんなきれいな梅を見ながら露天風呂です。な...

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~湯ヶ野温泉 福田屋~

    こちらも河津町から。湯ヶ野温泉 福田家です。明治12年に創業開始の福田家は、川端康成の「伊豆の踊子」ゆかりの宿としても有名な老舗宿です。この橋をわたるアプローチも相当風情があり、建屋もオール木造で風格があります。秘湯を守る会の宿、いわゆる提灯宿でもあります。まずは露天風呂から。露天風呂といっても内湯もありました。岩風呂でとても雰囲気が良いですね!無色透明で甘いお湯の香りがします。ほとんど味がしません...

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~峰温泉 花舞 竹の庄~

    また河津町へ。峰温泉 花舞 竹の庄です。今回訪れた時はちょうど河津桜まつりの真っ最中で混雑しておりました。まずは外観から重厚な歴史を感じる建物。心躍りますね~。昭和初期の建物を遠くから河津に移築し、高級旅館として営業していたそうですが、現在は素泊まり宿泊のみ。 今回はお電話で予約し、日帰り入浴させていただきました。中も雰囲気ありますね。「湯室」?と読むのでしょうか。2か所浴場がありますがまずは1階か...

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~今井浜温泉 船戸の番屋~

    お次は河津町へやってきました。今井浜温泉 船戸の番屋です。平成26年10月にオープンした新しい施設です。地元の新鮮な海の幸はもちろんのこと、野菜も販売しておりました。わたしはみかんを購入しましたが、格安でした! おススメです。その施設で300円を払うと入浴できます。それではお風呂へ。こちらが脱衣所。脱衣所から出るとドーンと露天風呂が。超開放的で景色は抜群! 相模湾を一望!もはや海と一体化しております。絶...

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~大沢温泉 大沢荘山の家露天風呂~

    また松崎町から。大沢温泉 大沢荘山の家露天風呂です。こちらは名前の通り露天風呂のみの日帰り入浴施設です。2007年には湯治処をオープンしているみたいですが。源泉は300年の歴史を持っているそうで。建物も歴史がありますね~。那賀川の橋を渡ったところに建っております。この露天風呂のみで内湯が無いとは珍しいですね!下から源泉がボコボコ噴出しております。この湯使いですから、お湯が本当にフレッシュ!かけ湯用にも温泉...

  • MT街道まっしぐら静岡編 ~石部温泉 温泉民宿浩美屋~

    また石部温泉から。石部温泉 温泉民宿浩美屋です。6部屋のキャパのこじんまり温泉民宿であります。本当こういう宿が好きです!落ち着きますよ本当に。家族サービスは大規模ホテルですが(-_-;)こちらは料理が評判とのこと。 日帰り入浴は不可ですね。もちろん宿泊利用いたしました。それではお料理レポへ。真鯛、ホウボウ、イカ、などの新鮮な刺身が満載です!カマスの一夜干しも抜群です。アツアツのさざえの塩焼き。最高です。...

  • MT街道まっしぐら静岡湯めぐり編 ~石部温泉 いでゆ荘~

    今度はちょい移動し松崎町にやってきました。石部温泉 いでゆ荘です。川沿いに建っており、階段を下ってアプローチ。先代のご主人が亡くなられてからしばらく休館していましたが、2016年1月に素泊まりと日帰り入浴のみ営業を開始したとのこと。こういう復活は本当にうれしいですね!看板猫ちゃんがお出迎え。とても人懐っこい猫ちゃんでした。こちらは日帰り入浴で利用いたしました。まずは内湯から。お湯がドバドバ溢れておりま...

  • MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~大沢里温泉 やまびこ荘~

    肘折は後程忘れたころにPRさせて頂くとして。忘れないうちに去年に行った静岡の温泉巡りをレポしていきます。ご湯緒していだたいた善ちゃん夫妻には大感謝です。まずはこちら。西伊豆町にあります大沢里温泉 やまびこ荘です。やまびこ荘は廃校になった大沢里(おおそうり)小学校の建物を残してほしいと言う地元の声により、青少年宿泊施設として生まれ変わったそうです。ですから学年・学級の番号が付けられております。日帰り...

  • 肘折温泉の歩き方

    私がいつもお世話になっております、チーム湯めぐらんすにて下風呂温泉に続き肘折温泉の歩き方と肘折温泉の応援ページを作成いたしました。肘折温泉街の温泉、グルメ、歴史満載で作成しております。冬は雪深い温泉地ではありますが、ぜひとも皆様にこの温泉街の魅力を味わっていただきたいです。私の肘折の各宿のレポは来年にでもアップしようかと(^^ゞ詳しくは下記のリンクバナーのページにありますので、まだ行って無い肘折初心...

  • 下北温泉巡り編 ~プレジャーランド石神温泉~

    今回で下北編は終わりです。プレジャーランド石神温泉です。むつ市街から旧大畑町へ向かう途中にある温泉施設。いわゆるセンター系?と思いきやさすが青森。しっかりかけ流しであります。内湯は人があふれていたため、露天風呂のみ。泉質はナトリウム-塩化物強塩泉です。1L当り32.33gの成分含有量というガッツリ系。はっきり言って長湯厳禁やられます!内湯は結構熱めでした。露天風呂はぬるめでしたのでこちらでゆっくりしました...

  • 下北温泉巡り編 ~薬研温泉 あすなろ荘~

    またも薬研温泉から。薬研温泉 あすなろ荘です。こちらは旅館兼食堂の温泉です。冬はやってないんですかね? こちらも薬研温泉で入れる貴重なお風呂であります。泉質は単純温泉であり、無色透明でわずかに芒硝系の香り。底まできれいに見えるお湯はキラキラでとっても素敵です。湯口も析出物でビッシリ! フレッシュなお湯をぜひ味わってみてください。こちらも応援したい宿の一つですね! ...

  • 下北温泉巡り編 ~薬研温泉 薬研荘~

    下北温泉巡りは続きます。薬研温泉 薬研荘です。季節外れの豪雪写真失礼いたします(^_^;)薬研温泉の小さな温泉旅館です。日帰り入浴もOKなお宿です。ちいさな浴槽に無色透明なキレイお湯が掛け流されております。ちょい熱めのセッティングでしたが、冬の時期には最高な温度です。ほんのり芒硝臭がする良いお湯。 廃業等で寂しい限りな薬研温泉。がんばって欲しい貴重な旅館の一つであります!...

  • 下北温泉巡り編  ~薬研温泉 かっぱの湯~

    また更新がおろそかに・・・。すいません。今回は下北温泉巡り編の続きです。薬研温泉 かっぱの湯をレポ。こちらは以前開放感抜群で混浴の無料の露天風呂でしたが、むつ市によって改修工事が行われきれいに整備されております。整備されても無料なのはうれしいところ。しかも男女別に時間が設けられております。これで女性の方のハードルが低くなったと思います。湯は単純温泉で無色透明無味無臭で全く癖のない温泉で、万人受けす...

  • 下北温泉巡り編 ~恐山温泉~

    最近多忙の日々で久々のブログ更新であります。引き続き下北の温泉レポです。こちらは観光地としても有名な恐山にある恐山温泉です。日本三大霊山の一つとして有名な恐山でありますが、5か所の温泉があるのです。もちろん参拝者の身を清めるためのものです。立派な門の入口には三途の川が流れています。物々しい雰囲気が漂っていますが、入山料500円を払えば、温泉も入れます。まずはこちら。「花染の湯」です。温泉仲間とーちゃん...

  • 下北温泉巡り編~桑畑温泉 湯ん湯ん♪~

    下風呂温泉のレポも終わったところでこのまま下北の温泉レポへ。桑畑温泉 湯ん湯ん♪です。こちらも風間浦村の下風呂温泉の先にあります。桑畑小学校跡地に造られた村の日帰り温泉施設です。比較的あたらしい施設で、一般の方でもすんなり入れるかと。それでは温泉レポへ。内湯です。下風呂温泉の海辺地2号泉のような灰色の濁りをしています。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉です。こちらは硫黄は入っていないんですね。で...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ番外~長谷旅館編~

    下風呂温泉シリーズ今回は番外編です。長谷旅館です。こちらは残念ながら閉業してしまい、今や跡形も無くなってしまいました。この跡地には新共同浴場が建設される予定です。かつては井上靖が投宿して『海峡』を執筆したことで有名なお宿でありました。閉業間際に最後の入浴をお願いいしたら、女将さんが快く受け付けてくれました。こちらが井上靖の書です。ちょいボケすいません・・。「ああ湯が滲みてくる」そんな極湯がこちら。...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~さつき荘編~

    下風呂温泉シリーズパート9!さつき荘です。メインストリートにある小規模旅館です。一日3組限定であります。リピーターが多いそうで。わかります! 自分もここは大好きです。ですのでここは何度か宿泊しております。お料理からご紹介。この日は海鮮しゃぶしゃぶ。ソイと何だったかな?獲れたての魚介が最高です。あら汁も絶品!ここのお寿司は本当にうまい! もはやさつき荘名物といっても過言ではないでしょう。地物のウニとホ...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~ホテルニュー下風呂編~

    下風呂温泉シリーズパート8!ホテルニュー下風呂です。こちらもメインストリートにある客室25部屋ある下風呂では大規模なホテルです。お宿の自慢は可愛いらしい館内ゆかたで、多くのバリエーションの中から自分好みのものを選ぶことができるみたいです。女性にはテンションが上がるサービスですね!こちらも日帰り利用しました。お湯は浜湯系の海辺地1号源泉を利用。白濁硫黄がたまりません。泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物泉で...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~下風呂観光ホテル三浦屋編~

    下風呂温泉シリーズパート7!下風呂観光ホテル三浦屋です。こちらは海岸線沿いから続くメインストリートに建っております。 立派なホテルであります。三浦屋は青森県旅館ホテル生活衛生組合から、2年連続で「最優秀スマイルマスター」を受賞したそうです。素晴らしい笑顔の接客で日帰り入浴も積極的に受け付けております。それでは早速お風呂へ。内湯は残念ながら温泉ではありません。 しかし薬石光明石を使用しております。メ...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~さが旅館編~

    下風呂温泉シリーズパート6!さが旅館です。こちらは大湯共同浴場の隣にあります。旅館もとても温かい雰囲気。 冬のアンコウ料理にはこのお宿一押しだそうで。ご主人はマグロや鮟鱇を解体できるほどの腕前で、捌けない魚は無いほどだとか。こちらは日帰り入浴も積極的に受け付けております。ではお風呂レポ。大湯共同浴場の隣にも関わらず新湯系の源泉を引いております。不思議ですね~。 色は透明で下には糸くずのような白い湯...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~かどや旅館編~

    下風呂温泉シリーズパート5!かどや旅館です。猛暑の日本とは真逆の冬の外観から。 これで涼んでください(笑) 老舗でその歴史は長く、明治13年以前の創業だそうです。こちらも凄くアットホームで落ち着ける雰囲気の旅館です。一泊二食付きで利用しました。こちらはGWに泊まりましたので5月の料理です。海タナゴの煮つけ、ウニ、アワビ、海鮮しゃぶしゃぶ、アナゴの煮つけetc・・・と海の幸満載!これぞ下風呂クォリティ!! GW...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~つぼた旅館編~

    下風呂温泉シリーズパート4!つぼた旅館です。場所は新湯共同浴場の隣にあります。こちらも非常にアットホームなお宿。 こちらは一泊朝食付きで利用しました。とても親切な女将さんは好印象です!団体利用しましたが、色々気を使っていただき感謝しかありません!まずはお風呂から。新湯共同浴場の横にあるだけあってこちらは新湯利用です。しかし共同浴場のように透明ではなく、濁ってますね。檜浴槽への湯使いは素晴らしく、ア...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~佐々木旅館編~

    下風呂温泉シリーズパート3!佐々木旅館です。新湯共同浴場へ続く坂の途中にある小規模旅館です。こちらもアットホームな雰囲気で落ち着きます。まるほん旅館にもおりますが、こちらも看板猫ちゃんの「みぶちゃん」。かわゆす~。 なんとペット連れ宿泊可だそうです。 詳しくはお問い合わせを!さてお風呂へこちらも日帰りで利用させていただきました。こじんまりした浴槽ですが、ヒバの香りがたまりません。こちらは新湯系のお...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~おおぎや旅館編~

    下風呂シリーズパート2!また大湯系から。おおぎや旅館です。こちらは基本的に日帰り入浴不可ですが、湯めぐり手形でのみ入浴できます。忙しい&お客さんがいる時間は断られる可能性がありますのでご注意ください。建物は鉄筋コンクリートですが、中はアットホームな雰囲気。こちらは入浴のみで利用しました。大湯の白濁硫黄泉が湯量豊富にかけ流し。 もうたまりませんね。こちらも酸味が強く、塩味もあります。泉質は大湯の酸性...

  • 本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~まるほん旅館編~

    今回からは下風呂温泉からシリーズで一気にご紹介です!下風呂温泉は青森県の下北半島の北部風間浦村にあります。下風呂温泉は「大湯」「新湯」の2箇所の湧口と、海辺から湧いている源泉「浜湯」があり、「浜湯」はさらに温泉の湧口によって効能が異なっています。下風呂温泉郷全体で4箇所の源泉を楽しむことができます。まずはこちら。まるほん旅館です。いで湯坂を上った先にある、アットホームな雰囲気の漂う旅館です。 ここは...

  • もっけだの庄内温泉シリーズ ~小林温泉編~

    庄内温泉シリーズはこちらで最後です。 庄内で入った温泉があれば追加していきますが。酒田市にあります小林温泉です。酒田と言っても市内ではなく、結構郊外の山奥にあります。見た目は公民館みたいですが・・・。 何と宿泊も受け付けております。ではお風呂へ。こちらは冷鉱泉で加温循環しておりますが、画像の通り源泉を投入できます。その源泉をチェックするともうニンマリです。硫黄臭と硫黄味。そして、超ニュルニュル!!...

カテゴリー一覧
商用