searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

シンさんのプロフィール

住所
旭川市
出身
旭川市

延べ竿を使った本流大物釣りがメインですが、場所によっては6〜3メートルの渓流竿を使っての大物釣りもやります。 大型渓魚がいそうなところならどこへでも行くつもりです。 石狩川水系、忠別川水系、天塩川水系、音更川によく通ってますが、そのなかでも湧別川水系が最も通い慣れていて特別な思いがあります。 いつかは本流で80センチ級のニジマスに出会いたい!

ブログタイトル
本流と渓流とオイラと・・・
ブログURL
http://bigfishgamehokkaido.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
北海道での延べ竿を使ったミャク釣りをしています。大型のニジマスや渓魚に出会いたくて今日も竿を振ります
更新頻度(1年)

47回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2017/08/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、シンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
シンさん
ブログタイトル
本流と渓流とオイラと・・・
更新頻度
47回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
本流と渓流とオイラと・・・

シンさんの新着記事

1件〜30件

  • 自粛期間前の藪漕ぎ釣行

    6月の初夏、みなさんはどうお過ごしですか?釣りとしては最高にイイ季節なのでしょうが、北海道は緊急事態宣言真っただ中。あと少しの辛抱だとわかっていながらも、さすがに釣りしたい病が・・・・・・。あと一週間で解除になることを期待して、今は過去の釣りを記事にしたいと思います。といっても自粛期間前の話なので、一ヶ月ほど前の釣行の記事になってしまいますが。そろそろイイ頃だろうと思い、この日は旭川近郊の人気河川...

  • 68cmのニジマス ・・・・そして悔しさが残る一本・・・・・

    北海道の緊急事態宣言発令からすでに2週間になりますが、5月末の期限からさらに延長の措置に至ったことは釣り人のみなさんはとっても非常に苦しいことだと思います。緊急事態宣言前のオイラの釣行の記事は解除後に載せようかと思って過ごしてきましたが、みなさんに少しでも釣り熱を維持してもらいたくて、今後は書き溜めていたものをいくつか載せていきたいと思っています。前回の釣りから数日後、今度は旭川近郊の中規模河川へ...

  • 長いトンネルを抜けたあとに

    いつから釣れてないだろう。たしか先月末に小さな渓魚がまぐれで掛かった記憶はあるが、まともな釣りなんてたぶん1か月半以上ないのではないか??だったら増水期なんぞに竿を出さない方がずっと楽なのは百も承知だ。どうも最近は釣れない時間に慣れてきてしまっている自分がいる・・・・。AM8:00~ 道東・某渓流域「うわ~~~また増水してるのか。流れが強すぎて底から湧き上げているもんな。」こんなんじゃ釣れないとわか...

  • ミャク釣り女子と

    数週間前、以前職場が同じだった後輩の女の子と久しぶりに話す機会があり、その後輩は去年から釣りを始めたという。ルアーかフライかなと思ったら、「ミャク釣りです」・・・・・と。エサ釣りという人がほとんどのなか、あえてミャク釣りというなんてフレーズを使うなんて珍しいものだ。「え~~~○○さん(オイラの本名)も釣りやってたんですか!しかもミャク釣りですか!教えてください!」別にオイラが教えるほどのことなんてな...

  • 桜舞う本流河川へ

    道北・道東の比較的大きな本流河川は本格的な増水期に入ってきた。そしてニジマスの産卵期もちょうどこの時期。産卵に参加する大きなニジマスたちは小さな支流や枝川に行動範囲を移し、もし口を使ってきたとしても喰い気が低くうまく針掛かりさせられない。そんなオイラは現在3連続ボウズ中~~~(笑)AM9:00~某本流河川へ今日も釣れないだろうと思いながらも、これだけは竿を出さなきゃわからないと自分に言い聞かせ、春の冷た...

  • 名流の再調査

    AM8:30~道東・某河川上流域誰もが知っている名流で有名河川。あたふたしながらも、初めてオイラが50cmのニジマスを釣った思い出深い河川でもある。だが数年前の大水で、この河川は無残なまでの河川破壊に・・・・・。それからはどうにも遠ざかってしまっていた。以前のこの河川はそれはそれはよく釣れたものだ。一か所のポイントの流れで50オーバーのニジマスが10数本釣れた経験もあり、60オーバーはもちろん、70や...

  • 増水の渓流域で

    今日は通い慣れた道東の渓流域へ。気温が18℃まで上がるという予報なので、今シーズン初めて夏用の透湿素材のウェーダーを引っぱりだしてきた。増水傾向ではあるが、これくらいのほうが大型渓魚が口を使ってくる可能性が高そうなので期待が高まる。大場所をメインに釣り歩くがなんの反応もナシ・・・・・。気温も水温も川の流れも良く見えるんだけどな、だがオイラと魚では何かがかみ合ってないのだろう。それが何なのかを考えな...

  • リセット前のラストチャンスで

    今日もあの本流河川へ。しばらく雨続きで気温も低温だったが、これが河川へどう影響してるのか心配なところがあったが。増水傾向ではあるが、とりあえず釣りにはなりそうだ。それに、このくらいの水量がなけりゃあの輩には出会える気がしない。雪解けが進んできて、原っぱのイタドリや笹が起き上がりつつあるので少し歩きづらくなってきた。これからどんどん草木でジャングル化していくだろうから、雪の多いうちにめんどうでも歩い...

  • あの影を追いかけて

    最高気温が15℃まで上がる予報のこの日は、ラインブレイクされて苦汁を飲んだあの本流河川へ。さすがにネオプレーンウェーダーだと暑すぎるな。だがこういう日は水に立ち込むと驚くほど冷えるものだ、ガマンガマン・・・。開始一発目からラインブレイクされたポイントへ向かったのだが、少し水量が少なくなっている。どうやら前日の低温で、増水が収まっていたようだ。こうなると魚の付き場も変わってくるだろうと少し不安がある...

  • ラインブレイク・・・・・

    「ハアハアハア・・・・・・これで抑え込んだぞ!」あまりの引き込みに耐えかねて、本流竿の竿尻を自身の太モモに押し付け、両手で持ち手の上部を握り、渾身の力で引き込んだ。素早い切り返しはできない釣法だが、こうすることでより強い力で対抗することができる。応援団旗を掲げるような持ち方といえばわかるだろうか。一度は抑え込んだと確信した。だがまたヌルヌルと底を這うように動き出し、バチン!!!「・・・・・70クラ...

  • ユキシロ増水と20kmのスノーハイク

    うわぁ~~~こりゃキツイな。この日は湧別川下流へ向けてクルマを走らせていたが、道中に横目で見る中流域ですでに相当増水しており川の色は白みがかった薄緑色に。3月に入ってからはすでに数回湧別川で竿を出していたが、思うような釣果にはならず。インターネットの水位情報ではこの日の湧別川下流は平常水位よりも70cm以上高くなっているということだったが、オイラの目で確かめるまでは諦めきれずにここまできたのだが・...

  • 本流域の探索と開拓

    この日の北海道はどこも強風で悪天候の予報。かろうじて竿を出せそうな地域を割り出してクルマを走らせた。お~水量も雪の溶け具合もバッチリじゃないか!このあたりの道東の本流域もかなり雪解けが進んできたようだ。しかもポカポカしていて暖かいぞ。今シーズンはこの流域も丹念に調査してみたいと思っていたので、このタイミングで川の流れやポイントの開拓をして釣り歩いてみたい。だが、見た目はすごくいいがまったく反応がな...

  • スーパーレインボーを求めて

    ふう、暑いな。この日の朝はぐっと冷え込んだが、雪原をハイクするころにはポカポカとした暖かい空気に変わっていた。この日目指すポイントは、夏にはもの凄い藪や木々で覆われてまともに近づくことができないところ。もちろんヒグマが闊歩するお庭なので、うかつに近づくことすらできない領域。そして、そのポイントへ近づくにはこの時期しかないと思っている。川の氷が溶けてきて、雪原が残るピンポイントの時期。簡単にはたどり...

  • 雪解けの渓とニジマスたち

    この日は今年初めて道北河川の渓流域の調査にきた。まだ雪深い地域なので、川に近づくにはスノーシューは欠かせない道具なのだがどうだろうか。思っていたよりも氷が落ちてきているようだ。まだまだ水量は少ないが、へり以外は雪庇もほとんどなくなっている。仕掛けのガン玉は軽めにセッティングして、仕掛けが流れになじむレーンを探っていく。コツンという反応からスッとアワセると竿にテンションが掛かる。いたいた。このくらい...

  • 暖かな早春の本流河川へ

     3月も中旬に入り、日に日に雪解けが進んできた。そろそろ氷が落ちてくる頃かと思い、この日は川幅のある本流域の様子を見にいくことに。あれだけフカフカに沈んだ雪原は今ではかなり固く締まってほとんど沈まず歩きやすくなってきた。歩くと額にじわっと汗がにじむ。実にいい天気だ!まだスノーシューなしではちょっと辛いかな。数か所見て回ったが、オイラが流したい流れにはまだ厚い氷が張っているところが多かった。良さそう...

  • 雪渓と超大型ニジマス

    この冬は、オイラの冬の趣味に没頭しすぎていたせいか、なかなか釣りに気持ちが入らないままでいたが、さすがに3月上旬ともなると、ポカポカと暖かな日差しが増えだし春を思わせるような日も。こんな日が増えると、さすがにオイラの中の釣りの虫が疼き始めてきたようだ。そういえば、2月はブログの更新がなかったような・・・・・一ヶ月も更新のない月は初めてかも?!例年のシーズンインは決まって本流の下流域からスタートするの...

  • シーズンオフのスノーハイク

    真冬の釣りは忍耐の釣り。厳冬期の渓は寒いし川は完全に凍っているし、しかもほとんど釣れないのであまり気乗りしない・・・。だが無性に川が恋しくなって落ち着かなくなってしまうときがある。そうなってしまうと、例えマイナス20℃あろうが川に行かずにいられないのが釣り人の悪い病気なのだろう。まだ山の日陰で気温が上がらないAM9:30からハイク開始。黙って立っていると、寒風と寒さで刺さるような痛みを感じる。雪原...

  • 2021年 新春のごあいさつ

    心から釣りを愛する釣り人のみなさま、新年明けましておめでとうございます。年末はバタバタと仕事に振り回されていたせいか、気が付けば年が明けてしまった感じです。今年のやりたいことは昨年の総括の記事で書きたいことをダラダラと書かせてもらったので、ここでは特に書きません(笑)仕事がひと段落しそうなので、これからは真冬の趣味にどっぷり浸かっていこうかなと思っています。それと同時に、頭の中では来シーズンの釣りの...

  • 2020年度の総括として

    仕事が年末年始の超繁忙期に入りブログなんて書いてる場合ではないのだが、今期の締めとして少し書いておきたい。今シーズンを振り返ってみると、なんといってもコロナ対策の影響から釣りずらい一年だったように思える。特に全国的に発令された緊急事態宣言で4〜5月の約一か月半もの期間釣りができなかったことはやはりストレスだった。その後解除されてからも河川で人に会ったときは距離をとって会話をしたり、釣りに行くときはコ...

  • シーズン最後の湧別川へ

    例年最後の締めくくりとして本流へお礼を伝えにいくのだが、今シーズンはそのタイミングを逃してしまってこんな時期になってしまった。早い時期から大雪が降ってしまってそのままシーズンオフになってしまった年もあったっけ。だがこのままお礼釣行ができずに年を越してしまうのは、オイラのなかではちょっと消化不良・・・。今年最後の釣行はもちろんここ。AM10:00~ 湧別川下流域ポイントまで深い雪原を歩くだろうと思い...

  • 一年ぶりの海へ

    この日は冬の海へ。渓流と冬の趣味の隙間時間が生まれるこの時期に。自動シャクリ機がズラリと並ぶベテラン勢のなかにお邪魔させてもらい、仕掛けの準備を始める。家族が少しだけでも食べられるくらい釣れればそれで十分。本流釣りなら完全にアウトな吹雪にも似た強風が、仕掛けを準備しているオイラの指先を凍らせていく。そうこうしているうちに、去年も一緒にここへ来た友人が合流。開始間際は少し釣れたのだが、その後はアタリ...

  • シーズンオフの吹雪の日に

    この日は釣り仲間のテツヤさんと。お互いの都合がなかなか合わず、結局シーズンオフに釣りすることになってしまった。12月初旬、すでにまあまあな積雪。ポイントに到着するも駐車スペース確保のために、まずは鉄スコップで駐車場作りから。もうすでに汗だく・・・・。念のために持参してきたスノーシューだが、意外にも雪深くて本当に持ってきてよかった!雪深な山道を二人でゆっくりと歩きながら今日の予定を話し合っていく。午...

  • 雪舞う渓のモンスターニジマス

    11月下旬のこの日、すっかりマイナス気温が当たり前に感じてきていたが、やっぱり寒いものは寒い。たまにはカッと日差しが差し込む日に釣りがしたいものだが、こればっかりは仕方ない。前回に続き、他にもお礼釣行がしたかった河川があるので、アイスバーンのツルツル路面を慎重に進み数時間かけてクルマを走らせた。AM10:00~道東・某河川渓流域夏に初めて入った渓流域の区間なのだが、オイラにとっては好きな流れの多い...

  • マイナス3℃の釣行

    もう11月も半ば。降っては解けての繰り返し。この日の最高気温はマイナス3℃の真冬に近い気温。なにもこんな日に釣りに行かなくても・・・・・と自問自答しながらクルマを走らせる。AM9:30~道北某河川ポイント到着思ったより増水してる。ユキシロが入って増水しているようだ。それでもこの河川では、今日が今シーズン最後のお礼釣行になるだろうと丹念に本流竿を振り込んでいく。なかなかアタリがとれない。零下での釣り...

  • 北見遠征~焼き肉からの大物釣り

    ブログ「北見ってどんなところ?」のひぐまさんご夫婦との釣行から数週間、「シンさん、次は北見に来て焼き肉を食べに遊びに来てください」と言われたことをきっかけに、思い切って北見へ行ってきました。仕事が終わってから直接北見へ向かったものの、石北峠はモノの見事な圧雪路面・・・・・そして峠の闇の中から鹿さん家族の突然のお出まし・・・・・。さすが難所・石北峠・・・・・。疲労困憊で北見へたどり着いたオイラだった...

  • 雪解け増水の過酷な釣行

    そろそろ初冬に入ってきたと言ってもいいころだろうか。前日は降雪でやたらと冷え込んだ一日だったが、この日は気温がぐっと上がって暖かくなる予報。この夏に4号のラインを切られたあの河川のことがずっと気になっていたので、このタイミングで道北のあの渓へ出掛けた。うわ~やっぱり雪深いな。降っても溶けてないってことか。スノーシューがなくても問題のない積雪ではあるが雪の下の形状がわからなくて歩きづらい。前日の降雪...

  • ひぐまさんご夫婦と 空気の読めないオイラ

    この日は、ブログ繋がりのひぐまさんご夫婦との釣り。しばらくお会いしてなかったので楽しみにしていた。前日までの悪天候が気になるところだが、オイラの知ってる渓流河川で遊んでもらおうと案内役を買って出る。低水温で渓魚の活性が落ちているのはわかってはいるが、せっかくご一緒させてもらえるのだから60オーバー以上のニジマスが釣れたことのある実績ポイントばかり巡ることにした。午後からは雪になるらしいので、それま...

  • 晩秋の湧別川へ

    そろそろ鮭マスの遡上魚たちが落ち着くころかと思い、久しぶりに湧別川下流域へと足を伸ばした。前日と比べるとポカポカと暖かく気持ちのいい釣りができそうだ。最高気温は16℃まで上がるらしいので期待したい。下流のポイントによっては遡上魚たちの死骸ですごい臭いがするが、流れも水位も色も申し分ない。本流竿をフッと振り込み、ダイナミックな風景のなかに身を委ねながらゆっくりと仕掛けを流していく。間違って大型ニジマス...

  • 瀬を狙った釣り

    先日、北海道では初氷を観測。早朝からの釣りは非常に厳しい季節になってきた。AM7:30~道北・某河川。うぅ寒い・・・・・こんなに寒くて今日は本当に気温が上がるのか。天気予報では18℃まで気温が上がるというが、曇り空で風が付き凍えそうなくらい寒い。先週と比べると、山は茶色く葉が落ちていている。いよいよ晩秋へ向かっているのだろう。そんなことを考えながら本流竿に仕掛けを取り付け節をひとつづつ伸ばしていく...

  • 冷たい雪舞う渓・2匹の60オーバー

    この日は久しぶりに湧別川下流まで走り、のんびり本流竿を出そうかと計画していたオイラ。当日の朝のニュースで、北見峠と石北峠では雪が降ったと。まあたいしたことはないのだろう、サラッと降って朝には溶けてるのだろうと軽く考えていたのだが、峠の画像を見ると絶句!!!その画像を見ると、走行路以外の路肩はてんこ盛りの雪が~~~~~!!!・・・・・・予定変更最近気になっていた道北の河川に変更します。 それにしても...

カテゴリー一覧
商用