searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

シンさんのプロフィール

住所
旭川市
出身
旭川市

延べ竿を使った本流大物釣りがメインですが、場所によっては6〜3メートルの渓流竿を使っての大物釣りもやります。 大型渓魚がいそうなところならどこへでも行くつもりです。 石狩川水系、忠別川水系、天塩川水系、音更川によく通ってますが、そのなかでも湧別川水系が最も通い慣れていて特別な思いがあります。 いつかは本流で80センチ級のニジマスに出会いたい!

ブログタイトル
本流と渓流とオイラと・・・
ブログURL
http://bigfishgamehokkaido.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
北海道での延べ竿を使ったミャク釣りをしています。大型のニジマスや渓魚に出会いたくて今日も竿を振ります
更新頻度(1年)

46回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2017/08/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、シンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
シンさん
ブログタイトル
本流と渓流とオイラと・・・
更新頻度
46回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
本流と渓流とオイラと・・・

シンさんの新着記事

1件〜30件

  • なんちゃってエサ釣りのススメ

    釣り人のみなさん、いかがお過ごしでしょうか?北海道では緊急事態宣言が勧告されすでに数週間が経ちましたが、オイラも外出は極力控えていますのでもちろん釣りは自粛・・・・。あ~~~釣りしたい!お魚が見たい!!!その自粛期間中、いろいろと釣りに関して考えていたのはオイラだけではないはず。今回はクソ難しいウンチクはナシにして、誰でも簡単にできる「なんちゃってエサ釣り」の方法を書いていきたいと思います。「大物...

  • 自粛期間中はなにしよう??

    みなさん、GWはいかがお過ごしでしょうか?みなさんと同じようにオイラも不用不急の外出は極力避けるようにしていますし、最近は釣りも自粛していますので悶々とした日々を過ごしています・・・。ならば普段できないような家のことやクルマのことをやってしまおうと重い腰を上げてみました。オイラの愛車の車中泊仕様です。以前乗っていたワゴンタイプのクルマは、セカンドシートとサードシートを倒してしまえばほぼフルフラットに...

  • 超大型ニジマスとの対峙

    先日の初河川への遠征のお話。その河川のことは、以前から竿を出してみたいなとずっと思ったまま数年が経っていた。友人からの話では「釣れればデカい」と。だがインターネットでその河川のことを調べてみると、必ずしもプラスの評判ばかりではなく「釣れても小さい、魚影が薄い」などなど。知らない河川でイチから開拓しながらの釣りはもの凄くエネルギーの必要な仕事。ならば季節的に草が茂っていない今しかないと思い、前日にバ...

  • 雨と吹雪のアテンド

    友人のカズさんとの釣りのお話。この日はオイラが誘ったにもかかわらず、午後から用事が入ってたことを忘れていたので午前中だけの釣行予定に。それならばと、オイラの知ってる河川の上流区間をアテンドしようと朝8時に集合。さすが美容師さん、装備しているものも着こなしもオシャレですね!そして驚くのが、ここ数年は自分でいくつもロッドを製作しているらしく、今日は自作した渓流用のロッドを持ってきていると。実際に手に取...

  • 暖かな早春の本流釣りへ

    この日の予想最高気温は10℃越え。午前8時すぎに某本流河川に到着していたが、着ているフリースジャケットを脱いでしまいたくなるほどの暖かさ。雪の上にはおびただしい数の黒く小さなセッチュウカワゲラが活動を始めている。こりゃ今日はいいことあるかもしれないと期待しながら本流竿を伸ばし始めるオイラ。以前来た時よりかなり増水していることはすぐにわかったが、これくらいのほうが渓魚には刺激があるのだろうと思い、じ...

  • 快晴と吹雪の渓

    数年前に90cmを越えるニジマスが釣れたというポイントへ向かうオイラ。今年になってすでに3回目のチャレンジ。45分かけてゆっくりとハイク。う~~~ん、今回も反応ナシ。でも竿を出さなきゃチャンスもこないわけだし、地道に通うしかないか。さすがに真夏はヒグマの気配が恐いので、ここに来るのも雪が解けるまでになるのだろうな。引き返す途中歩みを進めていると、いきなり片足がズボッと雪の中に!危なかった~~~!片...

  • 雨降る春の本流釣り

    この日は朝から降ったり止んだりパッとしない天気だった。レインウェアを着て、雨でグズグズの雪原を歩いていると、「お~い、あんたてっぽう撃ちかい?」そう呼び止められて振り向くと、木の伐採をしている初老の作業員が。袈裟掛けに背負ったロッドケースが猟銃のケースに見えたのだろう。こんなふうに聞かれたのは初めてのことじゃないのだが。「いえ、お魚釣りです。お邪魔しないように通りますので先行ってもいいですか?」そ...

  • 春の珍事。本流の67センチ 渓流の64センチ 

    今日は本流河川の下見へ。プラス気温で暖かな日なので、どこも釣り人だらけかと思えばそうでもないようだ。人との接触は極力控えるためにコンビニやスーパーには一切立ち寄らずに、家の冷蔵庫にあるおかずを弁当箱に詰めてお茶を持参してやってきた。あちこちのポイントを巡るが、日差しは強いが水は刺すように冷たい。ポイントの氷はまだまだ分厚く、流心以外はほとんど溶けていない。3月上旬なのだから、まだまだ春には遠いのだ...

  • 雪原を越えて

    少しは氷が溶けてきたころかなとこの日は道北の渓へ。橋から川を覗いてみたがまだまだ雪深く、渓は氷に覆われた状態。この日は少し歩こうと思い、早めの朝8時にクルマを置いてハイク開始。ゆっくりと歩みを進めていくと、鹿の足跡だけではなくキツネや野ウサギ、ネズミなどのたくさんの足跡が増えてきた。確実に春が近づいてきてるんだなと実感が湧く光景だ。約45分ハイクすると目的のポイントに到着。大きな落ち込みの周辺の氷...

  • 暖かな日の本流調査

    この日の朝の気温はマイナス13℃。比較的雪は少ないが、まだまだ真冬の気温には変わりはない。今日は本流の様子を見がてら竿を出してみたい。気温は低いがカラッと晴れた強い日差しが体を暖めてくれる。雪原をゆっくり歩いていくだけで体がポカポカしてきてとても心地よい。まずは一か所目のポイント。ここはわりと開けていて本流竿でやりやすそうだ。流れの緩いところややんわりと流れる合流を狙いながら流すと、ときどき淡いな...

  • 厳寒期の暖かな日に

    数日前からこの日の予想最高気温はプラス5℃。しかも予定のない休暇日。釣りのウズウズ病が始まり気が付けば釣りの準備をしていた。道北の石狩川本流。午前9時すぎからハイク開始。クルマを駐車できるところからスノーシューを使って歩みを進めるが、すでに先行者の形跡アリ。どうやら同じポイントに向かっているらしい。ポイントに着いてみると、先行者の形跡はなくどこかで違うポイントに向かって行ったようだ。真冬に実績のあ...

  • 1月29日  真冬の渓へ

    2ヶ月ぶりになるだろうか。久しぶりにスノーシューにザックを装備して渓に出掛けてみた。真冬に何度も実績のあるポイントを攻めてみようとこの地域まで遠征してみた。時間的に、ハイクして竿を出せるポイントは4か所。他にも有望ポイントはあるのだがなんせ移動時間がハンパない・・・。昨年は1月30日。ちょうど一年前にはこの辺りで大型ニジマスの顔を見た実績がある。真冬の釣りはそう簡単なものじゃないが、竿を出さなきゃ...

  • 1月2日 新春のごあいさつ

    渓流釣りを愛するみなさま、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。年末年始は仕事が超繁忙期に入ることから、2019年シーズンの総括を記事に出来ぬまま年を越してしまいました・・・。何はともあれ大きなケガなく無事にシーズン終えられたことを嬉しく思っています。オイラにとってオフシーズンは釣りとは別の趣味に没頭してしまうのであまり釣りには出掛けません。ですが常に釣りのことは考えて...

  • 12月18日  冬の海へ

    オイラの仕事は今がまさに超繁忙期。疲労感ピークのなか、なにか癒されることはないかと考えていたときにたまには海釣りでもして自分で釣ったお魚を食べてみたいと考え出し、そこからはほとんどやったこともないのにもう海釣りがしたくて仕方がなかったのだ。事前に釣り具店へ行って情報を聞き出してその釣り方の説明をイチから教えてもらい、これまた海釣りなんてやったことのない友人を強引に誘い今日はここへやってきた。先週ま...

  • 12月13日 未知との遭遇

    旭川近郊の渓流河川でイトウが狙えるとの情報を得た。小型ばかりだというが小さくてもイトウはイトウ。それならば確認してみたいと思うのが釣り人ゴコロ。だが今日は道内アチコチで警報レベルの悪天候、朝の豪雨から始まり現地で釣りの準備をしている間には横殴りの暴風雪に変わっていく。さすがにこの風では竿は出せないと思い、しばらく車の中で待機。風の勢いが弱まってきたころにスノーシューを装着して釣り場に向かった。今年...

  • 12月2日 雨降る雪原で

    今日は道北の超大物ポイントを目指してスノーハイク。昨シーズンまではアルミのスノーシューを使っていたのだが、まさかの破損・・・真っ二つに折れてしまったのだ。シーズン通してそれほど使用頻度の多くないオイラだが、それでも道具あっての遊び。スノーシューがなきゃ冬の釣りは難しい。今回は強化樹脂製のものを購入してみたのだが軽くて丈夫でいいかもしれない。さーて、ここから40分かけてポイント目指して藪漕ぎしてみよ...

  • 11月28日 シーズン最後の湧別川

    AM9時~湧別川下流域。背中に当たる日差しは暖かいのだが、吐く息は真っ白だ。このあたりもとうとう冬がやってきたようだ。毎年この時期は、ここ湧別川下流域へお礼を伝えに参っている。一年間大きな事故なく無事に釣りをさせてもらったことに感謝の意をもって締めくくりたいからだ。この時期でも釣れる可能性の高い流域は他にあるのだが、釣れる釣れない関係なくここ下流域で今シーズンの釣りを振り返りながら竿を振っていきた...

  • 11月11日 シーズン終盤の道北河川で

    道北では連日の降雪のためにすでに冬景色。だが今日は久しぶりに少し気温が上がるということなので、もしかしたらなにか釣れるかもしれないと期待して道北の某有名河川へ。夏に一度この根曲がり竹を越えて大場所ポイントにいこうと思ったのだが、ヒグマの気配がプンプンしていたので、泣く泣く退散したルートだった。雪の重みでそろそろ根曲がりが沈んでいくころかなと思いここへ来てみたのだ。スノーシューが必要なほどではないが...

  • 10月31日 秋深まる湧別川へ

    AM10:00~湧別川下流に到着。やはりこの下流に立つと気持ちがシャンとする。紅葉もほぼ終わり、遠くに見える山の木々には葉の色がなく殺風景に見える。だがこの晩秋に近い時期の静かな本流の中で、無心になって本流竿を振り込んでいけることがたまらなく嬉しい。この季節にしては暖かい日なのだろうが、時々降ってくる冷たい雨がわずらわしく感じる。あれだけ活気にあふれていた大型遡上魚の姿はほとんど見かけなくなり、少し...

  • 10月22日 秋晴れの大場所で

    渓流域になるのだろうか。比較的川幅が狭い区間なのだが、この大場所だけは本流竿でも十分にカバーできないほど大きな渕がある。そこの河川は以前からよく通っていたところなのだが、今年の夏にまだ入ったことのない区間を半日釣り歩いて偶然見つけたポイントがあった。このポイントの前後には大型が居着くと思えるようなところはほとんどなく、直線的な浅い瀬の連続ばかりだ。もし大型が棲むとしたらここしかないだろうと思い、何...

  • 10月19日 10数年ぶりの十勝河川

    今日は帯広へ。家族が帯広で用事があるというのでオイラは運転手を買って出た。午後2時まではひとり自由にできそうなので、久しぶりに帯広の近郊河川で釣りをしてみたいという下心があったからだ(笑)家族を市街地に降ろし、クルマを河原へ走らせた。この河川は10年ぶりといったところか。ものすごく久しぶりな気がする。すでに当時の面影はなく当たり前のごとくポイントなんて変わっていて当然だ。こうなりゃ地図を頼りに、オイ...

  • 10月10日 銀色と橙色の怪物

    そいつがゴロリと反転してギラギラと輝く太く長い魚体を見せた瞬間、オイラはとっさに下流へ走った!こんな渓流にシャケがいるのか?そんなはずはないのだが・・・・・。ものすごい力で一気に下流に走られ、渾身の力で竿を曲げてブレーキを掛けても一向に止まる気配すら見せない。こんな引き込みは今シーズン初めてだ、いつの間にか心臓がバクバクして冷静を保とうと必死だった。下流方向へグイグイ突き進み、次の瞬間に首を振りな...

  • 10月5日 冷たい雨の道東キャンプ

    この日は全道的に大雨の予報・・・。毎年恒例の屈斜路湖キャンプで秋の紅葉を見ながらゆっくり過ごしたかったのだが、どうやらこの日この地域は悪天候のようで、屈斜路湖キャンプは泣く泣く断念・・・また来シーズンに期待しよう。多少なりともマシな予報の、道東の有名なキャンプ場へ向かうことにした。途中、実績のあるポイントに寄り道して娘と釣りを楽しむ。だが落ち葉ばかりが掛かり、渓魚の反応をつかむことが難しい。どれど...

  • 9月27日 秋の十勝地方遠征~2日目

    遠征2日目。明け方は道内各地で氷点下まで下がったらしく、十勝も相当な冷え込みだったようで寒さで何度か目が覚めた。起きたのは7時前。たっぷり寝たぞ!どうせ早起きして釣りしても、川の水が冷たすぎて魚の反応がよくないはずだ。オイラの体だって冷たい水で調子悪くなるってもんだ。それならお日様が出てきて水が温まってから釣りを始めた方がずっと効率がいいはずだ。AM9:00~開拓開始。さっそく良渓に出逢えた。色づき...

  • 9月26日 秋の十勝地方遠征~初日

    AM10:00~十勝地方某本流河川に到着。ここに来たのは、今シーズン初夏にひぐまさんご夫婦に案内していただいたとき以来だ。今回の遠征では2日間で広範囲に開拓しながらポイントを見つけ出していきたい。入川ポイントが限られてくるので一度川通しに歩くとしばらく出てこられないので、いかに効率よくポイントを見つけだせるかが鍵だと思っている。なので、ポイントポイントで釣りチャリを使いながら少しでも時間を有効に使っ...

  • 9月22日 日曜日の本流河川へ

    今日は休暇日だが日曜日。本来なら日祝は単独での釣りはしようと思わないのだが、予定がなくなってしまったのでドライブがてらなんとなく道東河川へ。あれ?遡上魚の死骸がないぞ?というより、極端に少ない・・・なぜだ?河原についてすぐにその変化に気づいたオイラ。この時期は遡上魚の入る下流独特の生臭さはするものの、遡上魚の死骸も遡上魚の気配もないのはおかしい・・・。たまたまこの近くに遡上魚の集団がいないだけなの...

  • 9月18日   湧別川・トクニイジョウナシ

    連日の朝晩の冷え込みで風邪をひきそうなオイラです。今朝の湧別川下流域の気温は10℃。もう薄着での釣りは難しいかもしれない。遡上魚たちが河原に横たわる、己の使命を全うした美しくも切ない光景がこの河川の秋を物語る。この光景を見ると、もうすぐ今年の釣りシーズンも終わるのだという意識が芽生えてくるのだ。そう思いながらひと振りひと振り、丁寧に本流竿を振り込んでいく。う~~~ん、この時期はやっぱり釣れないもん...

  • 9月11日  道央遠征~巨大ブラウントラウトを求めて

    今日は道央圏への釣り遠征。南部さんと小田君の案内で、巨大ブラウントラウトが棲むという本流河川へ連れていってもらうことに。今年の札幌圏内は驚くほどのヒグマの出没率。この渓にたどり着くまでにも、巨大なヒグマの糞があちこちに・・・・・。どうか遭遇しませんように。釣り場にいこうかと歩き始めてすぐにオイラのメガネが破損・・・・・・不吉な。仕方がないのでぼやけた風景のまま釣行開始・・・・・・。仕掛けの目印が良...

  • 9月9日 高活性の石狩川

    休暇日だが、午後からあれこれやりたいことがあるので近場で少しだけ竿を出すことに。1ヵ所目、15分ほど藪を越えていけばイイポイントがあるのだが、藪を目の前にしてあまりの根曲がり竹の多さに恐れをなして退散・・・・。久しぶりに藪が恐くて入ることができなかった・・・・・。2か所目、ここも藪を越えていくがそれほど苦はなく河原に到着。それにしても暑い・・・・・。昨日の32℃にはかなわないが、今日も27℃で湿気ム...

  • 9月1日 道東キャンプと渓魚たち

    この日は全道どこも雨予報。今回こそは濡れずに快適にキャンプがしたい。前日の天気予報とにらめっこして・・・・・・・、よっしゃ~~~~~~!快晴!!!初めてのキャンプ場だがキャンパーも少なく静かでイイ感じ。適度に静かな時間を過ごしたいオイラとしてはありがたい環境かもしれない。午前中にはキャンプの設営を終え、昼飯を食べて少しだけ昼寝・・・・・・・・なんて贅沢な。実はテントの真後ろ5mのところに渓流が流れ...

カテゴリー一覧
商用