searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

unapyさんのプロフィール

住所
浦和区
出身
北区

自由文未設定

ブログタイトル
美味しいLIVEを味わうDIARY
ブログURL
http://unapy.hatenablog.com/
ブログ紹介文
レッズと音楽の毎日を綴ります
更新頻度(1年)

147回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2017/07/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、unapyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
unapyさん
ブログタイトル
美味しいLIVEを味わうDIARY
更新頻度
147回 / 365日(平均2.8回/週)
読者になる
美味しいLIVEを味わうDIARY

unapyさんの新着記事

1件〜30件

  • J1 away FC東京 20200718

    前節から中5日。ここからまた連戦で、第2クールのスタートです。ところが、7/4再開初戦のマリノス戦同様またも絢香オンラインLIVEとまるかぶり(^^;)前回はレッズを優先して、絢香LIVEはアーカイブで後から…だったけど、コメントを送れなかったのが悲しかったので、今回は荒技同時進行にしました(^-^;ノートパソコンを目の前に置いてその隣にBluetoothのスピーカーを置きました。これでLIVEを万全の状態にしてから、パソコンのやや後ろにテレビ…サッカーの音は消して音はLIVEのみ。動画ははサッカーの中にLIVEをワイプで見るみたい…という初試みでしたがうん、これはやっぱりやらない方が良かった…

  • 1クール終えて

    Jリーグは再開後あっという間に3節消化。やっぱり試合間隔が短いし、スタジアムへ行ったりがないから余計早く感じます。最初の予定では8月から埼スタへ行けそうかな…だったけど、今の感染状況を考えるとそれも怪しくなってきました。去年の終わり頃に交換決めていたガチャすらまだ交換出来てないなぁ…と思いつつ(^-^;観客が入るようになって埼スタ他色んなスタジアムでもルール違反が目立ちます。 正直一部のルールはあまりにもルールのためのルール…と思いますが、それを言えるのもあくまで現在のルールを守ったうえで。 一部の人がやりだしたら、あ、大丈夫じゃん…てなりがちな集団心理もあるんだろうけど、今参戦している人には…

  • J1 埼スタ vs鹿島 20200712

    再開後3試合目は埼スタ鹿島戦。この試合から観客5,000人以内入れるという事ですが…結果3,094人? 直前にシーチケのプラチナム全体まで対象を広げてたのでひょっとして…と思ったら、足りてなかったんですね。皆さんやはりまだまだ慎重です。それでも拍手の音など、3,000人とはとても思えませんでした。ありがとうございますm(_ _)mブーイングとかはダメだけど… レッズは健勇→慎三、陽介・柴戸→青木・エヴェ、ファブ→長澤。 選手層的に不安なボランチでしたが、私の嫌な予感は外れてエヴェルトンが先発してくれたのでひとまず安心。レンタル継続か買取出来た(出来てた?)のかな⁇ それでも、今年からのサッカー…

  • 華の乱 2020 ツイキャス配信ライブDAY2 20200711

    無観客の配信ライブ、初の対バン形式。DAY2ののラストが増井みおのいるBabooBeeだったので参加しました。ツイキャスはかろうじてアカウント持ってました(^^;)当日チケットを買ってしっかりネットワークに繋げて…をやり、問題無いことを確認。 支払いはAmazonアカウントで処理できて良かった(^^;)やっぱりまだまだこういうの慣れません。BabooBeeは21:10からのトリ。それまでもチラチラ他のアーティストを見てましたが、テレビ見たりゲームしたりしてたら…21:00になりました(^^;)BabooBeeはいつもの入りからデビュー曲"Right now!"、"BUCHIAGE"、新曲の"パ…

  • J1 away 仙台 20200708

    J1再開後2戦目はアウェー仙台、ユアスタ。 引き続き無観客ですが、ユアスタはレッズがアウェー感を強く味わう数少ないスタジアム。無観客なのはアウェー感少なくて助かるかも…やはり仕事ではDAZN見ることも出来ず、ネットチェックでした。 スタメンは慎三→レオナルド、青木→陽介、長澤→ファブリシオのみ。周作とDFラインが変わらないのは予想通りだけどあと2〜3人くらい替えるかな…と思ったけど。武藤がベンチ外れたのも意外だし、エヴェルトンのモヤモヤも晴れないし、その他2試合ともベンチ入りしないメンバーは…と色々考えさせられるけど、今年総力戦でないことはあり得ないので、大槻監督のマネジメントを信じるしかあり…

  • Room Ayaka Vol.6 -ONLINE- 20200704

    初のチケット代を払ってのオンラインLIVE。e+のシステムを使ってやったけど、これが驚くほどピッタリでした。7月4日はJ1再開と同時にオンラインではあるけどLIVE再開の日になり、時間もかぶってしまいました。unapy.hatenablog.comでもLIVE大好きレッズ大好きの私には、これ以前からよくあること(^-^;特に土曜。 こういう場合、残念だけどLIVEを諦めるか、LIVEがとても大事な場合はレッズの試合をネット観戦にするか、時間がズレてる場合は必死に掛け持ちする…(^-^;だったけど、オンラインの場合はアーカイブという手段があり、なので絢香のLIVEの方が後から決まったけど迷わずチ…

  • J1 埼スタ vsマリノス20200704

    約4ヶ月以上ぶりのJ1公式戦。ここまでホントに色々なことがあり、ある意味濃密な4ヶ月を過ごしたけど、再開を迎えるにあたって何とも言えない感情が湧き上がってきます。もちろん嬉しいけど、まだまだコロナ禍は続くかもしれず苦しさのピークはこれから来るかもしれない…という複雑な状況。 8月から埼スタに行けるかどうかもまだ怪しいから、この不透明感が素直に喜べない気持ちを増幅させます…それでもレッズは新たな、大きすぎる1歩を踏み出した事は間違いない。 ここに来るまでの障害の大きさを考えると、埼スタの無人コレオを見て感極まらないサポはいないはず。レッズは確かに恵まれたクラブですが、図体が大きい分マイナスもどう…

  • LIVE復活記念の2020年7月4日

    長い中断を経てJ1が7月4日から再開。また、YouTubeとかの動画では見てたけど、初めて有償でチケット代を払ったLIVEをオンラインで見る"絢香 RoomAyaka Vol.6 -ONLINE-"も7月4日。両方ともホントの意味での"LIVE"ではないけど、コロナ禍を経てやっと戻ってきたLIVEへの第1歩として、同じ日にあるのは記念日になりましたね(^-^)とにかく長かった〜…💦週末には埼スタやawayに行き、また毎週のようにLIVEに行っていた日常が遥か昔に感じられます…この日常がホントに有難かったんだな…とつくづく思います。それぞれのレビューはまたやりたいけど、7月4日は素晴らしい日にな…

  • レッズ❤を確認する6月⑦

    永井雄一郎Jリーグが始まった時に、華やかさはヴェルディ男臭さはレッズ…みたいな色分けが明らかにあったよね…な話をしましたが、異色の華やか部門トップ(たぶん)が永井。デビューが鮮烈で、1997年開幕マリノス戦で素晴らしいドリブルを見せてくれました。 それまでのレッズで高卒新人がいきなり大活躍することはまず無かったので胸躍りましたね〜♪(^^)しかも長身のシュッとした選手とは驚きでした。ただその鮮烈さが仇となって、その後はギャップに苦しんだ印象があります。 カールスルーエに1年くらいレンタルされますが、それも成功したとは言い難く、戻ってもレギュラーを取れたら外国籍選手が来てサブ…を繰り返した感じも…

  • レッズ❤を確認する6月⑧

    坪井慶介レッズ史だけでなく日本サッカー史に残るスピード系ストッパー。 他に思いつくのは…鈴木秀人や薩川くらいかな。とにかくこの選手が後ろにいるだけで、安心感は絶大でした。大卒で実戦的なだけじゃなく、人柄も良くて愛されるキャラでした。水内さんの後継者?狙ってる感じかな(^^;)レッズに入ったタイミングも絶妙でした。J2から上がった1年目2001年は混迷具合でベスト(ワースト?)3に入る年(^^;) 混迷し過ぎたからエメが獲れたのかもね…と思うほど(^^;)で、今度こそホントに本腰を入れてチームをリビルドする…でオフト監督とヤンセンコーチに来てもらって1からチームを作るタイミングでした。過去を振り…

  • レッズ❤を確認する6月⑦

    山岸範宏周作の次に書くGKをどうしようか都築と迷ったけど、"ギシさん"こと山岸にしました。レッズは他のクラブが外国籍選手に頼ることの多いGKというポジションで(ミロを除き)日本人選手で賄ってきたうえに、控えからも素晴らしいGKを輩出してきました。今の時点でも西部や本間は清水と水戸に在籍し(すげ〜…)京都の順大・新潟の大谷・長崎の徳重とJ2以上に5人もいます。安藤は大宮でしっかり出場したし、レギュラー組以上にサブ組が素晴らしいと思ってました。そんな中、Jリーグ全体を見渡しても異色だったのが、山岸と都築のライバル関係。山岸がレッズに入ったのは2001年だからJ2から上がった年。この年は西部が正GK…

  • レッズ❤を確認する6月⑥

    ゼリコ・ペトロビッチマリッチを書きながら顔が浮かんできたゼリコ。彼もファイティングスピリットや献身的プレー、レッズ❤といえば思い出す選手です。レッズの外国籍選手といえば、屈強で高さがあるセンターバックか、ポストプレーヤーや点取り屋が多いけど、ボランチ主体のユーティリティはあまりいません。ゼリコが来てくれた時はちょうどJ2への混迷時代の入り口あたり。チームとしてうまくいく時もあるけど、基本イマイチでした。 その行ったり来たりをチームとしてもがいてる中、懸命に頑張ってくれました。加入したのはほぼ伸二と同時。前からいるチキや石井と組む中盤はなかなか渋かったです。 4人とも素晴らしい選手だけど、チキと…

  • レッズ❤を確認する6月⑤

    トミスラフ・マリッチレッズの外国籍選手の歴史は、スーパーな選手から顔を思い出すのも難しい選手までバラエティーに富んでますが、マリッチも最初の流れはその他大勢の一人だったと思うけど、記録より記憶で鮮烈なインパクトが残る選手になりました。レッズはとにかくエメがいなくなって混乱してました(^^;) ほぼ同時に獲れたロビーはギドルートで、でも点取り屋はそう簡単に獲れない。 2004年にもテストに落ちてたマリッチは、レッズとしてファーストチョイスじゃないのは確かでしょう。ただ、マリッチはそんな屈辱など関係なく、ひたすらレッズ❤を貫いてくれました。彼は点を取るのも上手いけど、サポの❤を掴むのはもっと上手か…

  • レッズ❤を確認する6月④

    田中達也先日水内さんのYouTubeで見たけど、相変わらず達也は若いですね。 雰囲気や話し方は2001年にレッズに入った時とあまり変わらない? 当時のレッズ的にはJ2から上がった年で、達也が意外に残ってて獲れました…な事を誰かが言ってた気がします。達也は瞬間的スピードと、その使い方が素晴らしかった。 ワンダーボーイと呼ばれたけど、確かにあのオーウェンと似たプレースタイル。 スペースが狭くても突破されたり裏取られたり…DF的にはかなり嫌な選手。 さらに献身的な動きも出来るし、エメルソンのパートナーとして完璧でした。 エメの時も言ったけど、お互い技術もあってスピードも得点感覚もスペースの作り合いも…

  • レッズ❤を確認する6月③

    柏木陽介5月から始めたこのシリーズですが、進めていくとまだまだ書きたい人が続々出てきて止まりません(^^;)その割に筆は進まないけど…陽介は今のレッズの選手で一番の推しだけど、正直レッズの歴史の中で、直輝と並んで❤に反して辛い思いをさせてしまった選手かなと。陽介が来てくれた2010年はフィンケさん2年目。 リーグACL優勝組からユース組への入れ替えも進み、1年目はかなり苦労したけど若手中心パスサッカーへの希望も少し見えた…ところへまだ22歳の陽介。 躍動するフィンケサッカーの中心として、ユース組との融合から明るい未来へ…のはずだったんだけどなぁ…そこからのまたも迷走の時代は皆さんご存知の通り。…

  • レッズ❤を確認する6月②

    鈴木啓太レッズはある時期から、ボランチに困らなくなってきました。しかもほとんどが日本人プレーヤーで、代表クラス。 現役では阿部ちゃんと青木ですが、阿部敏之、長谷部・萌・航…陽介や長澤、伸二たちトップ下タイプの選手までボランチ的ポジションを取る場合もあって、基本みんなスキルが高い中啓太は異色です。啓太は下手な訳では無い…けど少なくとも器用な選手ではない。 ですが唯一無二の"水を運ぶ人"でした。これオシムさんの言葉としてあまりにも有名になったけど、それだけ代表にとってもレッズにとっても必要不可欠だった。心臓であり、血液だったと思います。黒子と見せてイケメンでオシャレ、慕われるキャラで冷静に見えて熱…

  • レッズ❤を確認する6月①

    西川周作レッズ史上最高のGKといえば周作で間違いないでしょう。レッズは素晴らしいGKを輩出してきたと思いますが、周作は異次元というか、とにかくDFラインの安心感が全く違いました。ミシャ政権になってGKに求められるものがそれまでと変わり、順大がギシさんより上になりました。 順大も自分の特性を生かしてかなり頑張ってくれたけど、正直周作が来た時には神が降臨したかと思いました(^^;) (順大ごめんね)周作が来る前の年は一番ミシャらしさが出たというか、得点力もかなり上がった分失点力もかなり上がりました(^^;) 実際に点を取られる場面は順大がどうしようもない事が多かったけど、それ以前のDFライン(+阿…

  • レッズ❤を確認する5月⑪

    ロブソン・ポンテレッズ最強外国籍選手の話になると必ず出てくるロビー。 インパクトではエメやワシに譲りますが、チームへの貢献度、愛され方については2人に負けず劣らず。ブンデスリーガのレバークーゼンからギドに誘われて来てくれたけど、当時のレバークーゼンはCLにもバリバリ出ていた強豪クラブで、まだ当時比較的安価と言われたブラジルや東欧系の選手たちをうまく活用して競争力をつけてました。フランサとかもいましたね。そんな中でロビーも主力でした。ブンデスリーガで活躍するブラジル人選手たちは一般的なイメージより堅実なケースが多いけど、ロビーもまさにそう。しっかりしたスキルに卓越したプレービジョン。派手さはない…

  • レッズ❤を確認する5月⑩

    ギド・ブッフバルトレッズの歴史上最初のワールドクラスプレーヤーギド。来てくれた時はホント驚いたけど、それもそのはず、記憶の中の1番古いワールドカップは1986年メキシコでマラドーナの大会だったけど、次の西ドイツが優勝した1990年イタリア大会でそのマラドーナを封じ込めて優勝に貢献。生で見てました~(^^♪スーパースター度では遥かにマラドーナだけど、チーム力で上回って優勝してしまったのは衝撃的でした。 そんなゲルマン魂を体現してたプレーヤーの一人がギドで、当時の日本のサッカーから見たら遥か天空の彼方にいるプレーヤーであり、まだまだサポーター初心者の私が舞い上がっちゃうのに十分でした。しかも他のク…

  • レッズ❤を確認する5月⑨

    阿部勇樹今でこそレッズの現役レジェンド、レッズを背負ってくれてるプレーヤーですが、2007年加入当初はとても嬉しかったけどちょっと違和感があったのも事実です。レッズは当時毎年のように有名な選手を獲ってたのでその意味では驚かなかったけど、阿部ちゃんこそはオシムの組織サッカージェフの象徴的選手で、ギドレッズの個人能力重視とは対極のチームにいたのでそこが新鮮でした。当時阿部ちゃんはレッズの選手層の中に入っても出られる選手になりたい…という向上心を持ってくれてたから良かったけど、それが無かったらその後のレッズは全く違う成績を辿っていたかもしれない。それだけ重要な選手になってくれました。 2010年の途…

  • レッズ❤を確認する5月⑧

    岡野雅行ミスターレッズといえばもちろん福田さんですが、レッズといえばカウンター・スピード・泥臭い…というイメージの人たちにとって、象徴的なプレーヤーといえば野人・岡野でしょう。横浜生まれ育ちながら島根県松江の高校に進学し、そこのサッカー部を1から作るという、ある意味今のガイナーレ鳥取の社長職に通じる部分を当時からやってたような気がします。日大を中退して1994年にレッズに入りますが、その時鹿島とか6クラブから声掛けられてたらしい…知らなかった(^^;)レッズはとにかく弱かったし、相当熱心に誘ったことでしょう。暢久や杉山も入った1994年。Jリーグ2年目でもまだまだ弱くて選手層薄く、ゲームに出れ…

  • レッズ❤を確認する5月⑦

    ワシントン25周年Blu-rayの特典DVDで福田さんも言ってましたが、ものすごい熱だったJリーグ初年度で、レッズのキャラクターは硬派・男臭い…と定まった感があります。まだまだバブルの残り香があったこの時代、ヴェルディを中心にサッカー選手といえばチャラいキャラの代表であり、点取り屋といえば六本木の得点王と言われたものでした…当時の空気感を味わってないと実感として分かりにくいけど、駒場は明らかに他のスタジアムと空気や匂いが違う。 そして暗めでトラックもあるけど、臨場感高めのギュッとした凝縮感が独特の魅力でもありました。 そんな流れもあってか、レッズはその規模や売上、人気の割に世界的に有名で華やか…

  • レッズ❤を確認する5月⑥

    小野伸二繊細なボールタッチ・吸い付くようなトラップ・豊富なアイデア・心の底から楽しそうなプレー… 私たちや伸二と同世代の人たちにとって、彼こそキャプテン翼を体現した選手であり、2度と現れない最高のプレーヤーだと思ったものです。清水商業時代やそれ以前の伝説は数多く、Jリーグ13チームのオファーの中からレッズを選んでくれた時は興奮しましたね〜♪(^^)レッズに入ってからは常に苦労があったけど、J2に落ちた時もいてくれたり、フェイエノールトで成功してからギド時代に戻ってきてくれたり、サポーターの気持ちにいつも応えてくれました♪(^^)③の長谷部の時に言ったけど、見た目頼りなく、プロで成功はムリなんじ…

  • レッズ❤を確認する5月⑤

    山田暢久Jリーグや海外のサッカーで色んな選手を見てきましたが、彼ほど表現が難しい、好き嫌いの別れ方が微妙な選手は珍しいと思います。普通嫌われる選手は、問題児で規律違反が多い・あまりにもチャラい・言い訳が多い…等、分かりやすい場合が多いけど、暢久はイエローカードが多いくらいで問題が多い…わけではない(レッズから離れることになった理由はよく分からないけど)。一番分かりやすい言い方は、飄々としていてつかみどころがない…かな。間が悪い・努力が見えにくい…もあるかもしれません。これでも暢久を正確に表現出来てないかもしれませんが。イエローカードが多いのも、暢久の身体能力が高いので届くはずがない場所に当たっ…

  • レッズ❤を確認する5月④

    エメルソンレッズだけでなく、Jリーグ全クラブの歴史の中で能力ナンバーワンと思える選手。スピード・パワー・瞬発力・得点力・技術…エメより部分的に優れた選手はいても、表面的な能力トータルでエメより上の選手はいなかったと思う。2000年のJ2で札幌と対戦した時に初めて見ましたが、衝撃的でした。その中身は動画で見ていただくとして…浦和レッズ時代のエメルソンスーパープレイ今見てもあまりにも凄すぎて笑っちゃうレベル。挙げてない中ではセンスもスゴイです。彼はさらに”何でも一人でできちゃう人”なうえにチームプレーもしっかりやっちゃいます。確かに有数の問題児ではあるけど(^-^;あのオフト監督の下でちゃんとプレ…

  • レッズ❤を確認する5月③

    長谷部誠私の知る範囲内で日本人史上最高のキャプテン的選手。レッズではやらなかったけど、試合中のリーダーシップとか、強気なスタンスとか、the キャプテンでしたね。それでもそうなったのはレッズの最後の頃から。有名な、初めて公式戦に先発した時に退場してしまうとか(^^;)とにかくキレやすい、直情型の選手のイメージでした。2002年入った当初見た目には細くて180cmあり、ちょっと大変そう。 伸二とは入れ替えだったけど、同じ静岡の高卒・トップ下…肩周りや胸板の厚みが全然違って正直頼りなく見えました。数多いる技術はあっても消えていくタイプかなぁ…と。ところが2年目からどんどん試合に出るようになって、驚…

  • レッズ❤を確認する5月②

    前回に続き、25年間を振り返りながら再認識するのはやはり福田さんの偉大さ。 私にとって最も好きなプレーヤーであり、レッズでは最高のレジェンドと言っていいでしょう。 福田正博私が初めて福田さんを見たのは(たぶん)1990年の代表ダイナスティカップだと思いますが、その前のルーキーシーズンで三菱を2部から上げる大活躍をしています。名前を聞いたのはその時が初めてでした。ダイナスティカップやアジアカップで活躍したのはちょっと見てましたが、当時のサッカー界は圧倒的に読売と日産の2強で、ネームバリューでは柱谷幸さんでした。 日本リーグの試合はほぼ見たことなく(なにせ当時マイナースポーツ)、天皇杯ファイナルで…

  • レッズ❤を確認する5月①

    少なくとも6月スタートは無いJリーグ。ということはまだ最低でも2ヶ月はブランクが続き、始まったとしても無観客試合の可能性も十分あるという厳しい状況です。レッズも各選手も頑張ってるけど、音楽と違ってやっぱりスポーツには限界がある。 前の記事でこのGWはアーティストのSNSに救われた…と書いたけど、スポーツの良さ、特にサッカーの良さは伝わりません(もちろんしょうがないけど)そんな中ふと思ったのは、原点を確認したいなぁと。そこで以前も見た25周年のBlu-rayも見返し、25年史も読んでみました。 We are REDS! ―1992-2017―URAWA REDS 25TH 浦和レッズ25周年記念…

  • やっぱり NO MUSIC, NO LIFEなのか

    多くの有名な方も仰ってるように、こういう時代にミュージシャンは出来ることがあって羨ましい…と。私もそう思います。スポーツ選手だったり、お笑いの方であったり、色んな動画をアップしたりマスクを寄付されたりしてますが、やはり星野源さんの♯うちで踊ろう に代表されるように、今のSNSではダイレクトにメッセージが伝わるので音楽は強いですね♪私も2か月前からネタがないと騒いでますが、結果家にいることがとても多い中で、SNSをやっていて良かったなぁと思うことが多かったのも確か。 私はやっぱり音楽が好きで、ミュージシャンの提供してくれるアイデアやバイタリティーに救われてる部分が大きいです。しかも基本無償。LI…

  • 長期戦の覚悟と楽しみの見出し方

    2月28日の段階でこのブログの存続問題に触れてたわけですが、ホントにその後投稿は減りました… unapy.hatenablog.com その後約2ヶ月で22記事。それまでは2日に1記事以上だったことを考えると減ってるし、ネタも正直苦し紛れ?が多いかな(^^;)基本レッズやサッカーの試合、アーティストのLIVEがある都度投稿してたので、無くなればそれが減るのは当たり前。むしろ頑張ってる方?と自分を励ましてますが…(^^;) そして最後のLIVE投稿が1ヶ月前。それ以降は思ったことや感じたことを書いてきたけど、これだと続きませんね。正直自宅勤務で家にはいっぱい居て、それ以外の時間はヒマな事もあるの…

カテゴリー一覧
商用