searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

稲妻幻術士◎電夜叉 雷舟さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
雷舟の陰陽夢幻草子
ブログURL
https://ameblo.jp/thunder-boat2/
ブログ紹介文
雷舟がこさえた幻をUPしています。 陰陽道関連の絵、下らない四コマやネタ絵などを載せております。
更新頻度(1年)

96回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2017/06/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、稲妻幻術士◎電夜叉 雷舟さんの読者になりませんか?

ハンドル名
稲妻幻術士◎電夜叉 雷舟さん
ブログタイトル
雷舟の陰陽夢幻草子
更新頻度
96回 / 365日(平均1.8回/週)
読者になる
雷舟の陰陽夢幻草子

稲妻幻術士◎電夜叉 雷舟さんの新着記事

1件〜30件

  • 武羅と豹

    武羅(ぶら)山海経に記述がある神。青要山という山にある天帝の密都を司っているという。人面で豹の模様、小さな腰、白い歯を持ち、耳に「鐻(きょ)」と呼ばれる耳輪を…

  • 泰逢と雨

    泰逢(たいほう)山海経に記述がある中国神話の吉神。天地の気を動かせる力を持ち、雨や雲を起こすことができる。人の姿に虎の尾を持つという姿をしている。

  • 神仙耕父

    神仙耕父(しんせんこうほ)山海経に記述がある神。神仙耕父が出現した国はどこも衰退したといわれるように衰退の兆しである神様で、水に出入りする際は閃光を放つという…

  • 賀茂在昌

    賀茂 在昌(かもの あきまさ)戦国時代から安土桃山時代にかけての公家・陰陽師。キリシタンになった陰陽師として有名な人物です。伴天連達の天文学の知識に感銘を受け…

  • 鬼一法眼

    鬼一法眼(きいちほうげん)京の一条堀川に住んだ陰陽師。『六韜』という兵法の大家でもあり、文武の達人とされる。源義経がその娘と通じて伝家の兵書『六韜』を盗み学ん…

  • 熏池

    熏池(くんち)山海経に記載がある神。しかし熏池は、何の説明も加えられず、名前が一度だけ記載されているのみで終わっているという謎多き神。

  • 熊野権現

    熊野権現(くまのごんげん)熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に祀られる神。東京都葛飾区にある立石熊野神社は、陰陽師・安倍晴明がこの熊野権現を…

  • 文殊菩薩と獅子

    文殊菩薩(もんじゅぼさつ)仏教の菩薩の一尊。智慧や慈善事業を司る仏様。ことわざ「三人寄れば文殊の知恵」の文殊とはこの文殊菩薩のこと。陰陽道の秘伝書「ほき内伝」…

  • 白山権現

    白山権現(はくさんごんげん)白山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神。修験者泰澄(たいちょう)が白山の主峰、御前峰(ごぜんがみね)に登って瞑想していた時に…

  • 三尸

    三尸(さんし)庚申信仰で信じられてきた、人間の体内にいるという三匹の虫。絵の右から順に上尸(じょうし・人の頭に棲み首から上の病気を引き起こす虫)、中尸(ちゅう…

  • 雪の孟極

    孟極(もうきょく)山海経に記される豹のような怪物。額に模様があり、白色の身体を持つとされる。孟極と同様の特徴を持つユキヒョウという動物が中国に実在します。

  • 雍和の親子

    雍和(ようわ)中国に伝わる猿に似た怪獣。赤い目、赤いクチバシ、黄色い身体を持つとされている。この怪物が現れた国は、大恐慌に見舞われるとされる。ちなみに中国には…

  • 鎮宅霊符神

    鎮宅霊符神(ちんたくれいふしん)道教や陰陽道で使われる霊的な力が込められたお札を霊符といいますが、その霊符を司る神。陰陽道の最高神とも呼ばれる神でもあります。…

  • 琴虫

    琴虫(きんちゅう)山海経に記される獣の頭に蛇の体を持つ怪蛇。不咸山という山に住んでいたという。顔がどんな獣に似ているか記されていないため、猫や犬の頭など様々な…

  • 空を泳ぐ氐人

    氐人(ていじん)山海経に記される怪人。氐人国(ていじんこく)に住んでいるといわれ、上半身が人で下半身が魚という人魚のような姿であるとされる。炎帝神農の後裔で、…

  • 騶虞と竹

    騶虞(すうぐ)古代中国の伝説上の生き物。騶吾(すうご)とも呼ばれる。品格を持った仁徳を示す瑞獣とされ仁獣と称される。姿は虎のようだが、その性質は慈愛に満ち、青…

  • 陸吾

    陸吾(りくご)陸吾は中国古代神話中の神。崑崙山(こんろんさん)という神秘的な山に住む。人面虎身虎爪と九尾という外見をしている。陸吾の周囲には一種の神異の精霊が…

  • 弱者に厳しく、死者に優しい

    我が国日本は弱者に厳しく、死者に優しい文化というのを見ました。言われてみると否定出来ない節があります。単刀直入に言うと、割と人命は軽視で、死んだ後の扱いが豪華…

  • 罪を憎んで人を憎まず

    「罪を憎んで人を憎まず」聖書の言葉で東洋では孔子の言葉としても有名な言葉です。人間が罪を犯してもその後に変化するから罪は憎んでもその人間を憎んでも意味無いよっ…

  • 狒々

    狒々(ひひ)元は中国の妖怪で、山海経にも記述がある大猿。日本だと結構メジャーな猿の妖怪で、日本の各地で狒々伝説が残っている。怪力を持ち、よく人間の女性をさらう…

  • 猩々

    猩々(しょうじょう)猩々は山海経にも記述がある中国神話の獣。見た目は猿に似ており一対の白い耳があり匍匐前進し、直立歩行も可能でありその肉を食べるとしっかり歩け…

  • 天呉と川

    天呉(てんご)山海経に記述がある古代中国神話の水神。水伯(すいはく)とも呼ばれる。人面で虎の体を持っている。因みに昔の日本にも伝わっていたらしく、江戸時代の奇…

  • 不廷胡余

    不廷胡余(ふていこよ)山海経に記される南海に住む神。人面で両耳には二条の青蛇をかけており足で赤蛇を踏みつけているという。

  • 許す

    「弱い人間は決して許すことができない。許すということは、強い人間であることの象徴なのです。」ガンジー「弱い人は復讐する。強い人は許す。賢い人は無視する。」アイ…

  • 因因乎

    因因乎(いんいんこ)山海経に記述がある風神。因因乎は南方から吹く季節風を神格化した風神と考えられている。冬から春などの季節の変わり目などに吹く南風は因因乎がも…

カテゴリー一覧
商用