searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

稲妻幻術士◎猪婆龍 雷舟さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
雷舟の陰陽幻月草子
ブログURL
https://ameblo.jp/thunder-boat2/
ブログ紹介文
雷舟がこさえた幻をUPしております。 陰陽道関連の絵、色々な龍の絵、下らない四コマやネタ絵などを載せております。
更新頻度(1年)

148回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2017/06/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、稲妻幻術士◎猪婆龍 雷舟さんをフォローしませんか?

ハンドル名
稲妻幻術士◎猪婆龍 雷舟さん
ブログタイトル
雷舟の陰陽幻月草子
更新頻度
148回 / 365日(平均2.8回/週)
フォロー
雷舟の陰陽幻月草子

稲妻幻術士◎猪婆龍 雷舟さんの新着記事

1件〜30件

  • ステゴサウルス

    ステゴサウルスジュラ紀に現在の北米大陸に生息していた体長7メートルほどの植物食恐竜。ステゴサウルスを含む剣竜類の化石は複数個体がまとまって発見されることがあり…

  • プテラノドン

    プテラノドン白亜紀に生息していた翼竜の一種。多くの化石は北アメリカで発見されているが、日本の北海道でも断片が見つかっている事から、本属または近縁種は広範囲に分…

  • 砂漠のムシュフシュ

    ムシュフシュ古代メソポタミアの図像、伝承に登場する霊獣(聖獣)。名前の意味は「怒れる蛇」。また、フシュは「赤い色」をも意味する。頭は蛇、2本の長い角と2つの耳…

  • 草原のトリケラトプス

    トリケラトプス白亜紀の現在の北アメリカ大陸に生息した植物食恐竜。トリケラトプスという名は「三本の角を持つ顔」を意味するという。

  • ティラノサウルス

    ティラノサウルス白亜紀の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜。

  • ズメイと雪

    ズメイ東欧・中欧を代表するドラゴン。ロシアの昔話や英雄詩ではズメイは悪役や勇士の敵という図式が一般的である。しかしバルカン地方ではズメイには守護竜としての性格…

  • 蠱雕

    蠱雕(こちょう)古代中国の地理書・山海経に記述がある怪鳥。鹿呉山という山に棲み、雕(わし)のような鳥だが角が生えており、赤ん坊のような声で鳴くという。人を喰ら…

  • サラマンダー

    サラマンダー四大精霊論で『火』の元素を司る精霊とされるトカゲ。 一生を火の中で過ごすとされ、脱皮した際の皮は決して燃えないという。 外国ではサンショウウオなど…

  • 野槌と山

    野槌(のづち)日本に伝わる妖怪。野の精霊(「野つ霊(ち)」の意)であるとも言われる。外見は蛇のようだが、胴は太く、頭部に口がある以外は目も鼻もなく、ちょうど柄…

  • ナーガと宮殿

    ナーガインド神話に起源を持つ蛇神。その姿は各地の伝承によって、蛇(インドコブラ)そのものや、頭が7つある蛇や、下半身が蛇である人間であったり、中国や仏教では竜…

  • アンフィスバエナ

    アンフィスバエナローマなどの『博物誌』関連の書物などに登場する伝説の生物。身体の両端に頭のついている双頭の蛇だとされているが、後世には尾の先にもう1つの頭のつ…

  • ワイバーンと時計台

    ワイバーンイギリスの紋章、印章、旗章などに見られる竜の図像の一つ。およびそこから派生した架空の怪物である。一般的にはドラゴンの頭、コウモリの翼、一対のワシの脚…

  • 川のリントブルム

    リントブルムドイツやスウェーデン等に逸話を残すドラゴン。 二枚の翼と一対の前足、蛇のような長い胴体をもつ。 デンマークにはこのドラゴンを主軸とした物語が存在す…

  • 水中のガルグイユ

    ガルグイユ大酒飲みの名を冠するフランスのルーアン地方の伝説に伝わるドラゴンの一種。長い首と甲羅にヒレを持つ巨大な姿をしており、体の中に大量の水をため、これを一…

  • 砂漠のバジリスク

    バジリスク中世ヨーロッパの伝説の毒蛇。名称はギリシア語で「王侯」を意味する語basileusに由来し、名前の意味も「蛇の王」である。全ての蛇の上に君臨する王で…

  • ウロボロス

    ウロボロス 古代の象徴の1つで、己の尾を噛んで環となった蛇、もしくは竜を図案化したもの。蛇は、脱皮して大きく成長するさまや、長期の飢餓状態にも耐える強い生命力…

  • 夜刀神

    夜刀神(やとのかみ)日本の伝承に登場する蛇の妖怪。「やつのかみ」とも呼ぶ。夜刀神の外見は角の生えた蛇で、その姿を見た者は一族ごと破滅、根絶やしになるといわれる…

  • 荒野の倒壽

    倒壽(とうじゅ)中国における怪物の一種。南北朝時代に書かれた神異経という書物によれば、中国西方の辺境に棲み、四凶の1つ・檮杌に似た人頭虎身の姿をしており、全身…

  • 彘(てい)古代中国の地理書・山海経に記述がある中国の伝承上の生物。浮玉山という山に棲み、牛の尾を持つ虎のような姿の獣で、犬のように吠え、人を食べるという。「彘…

  • 合窳

    合窳(ごうゆ)古代中国の地理書・山海経に記述がある凶兆となる生物。剡山という山に棲み、人面で黄色い体に赤い尾を持つ彘(てい) のような獣で、赤ん坊のような声で…

  • 銭塘江の銭塘竜王

    銭塘竜王(せんとうりゅうおう)中国の川、銭塘江(せんとうこう)を支配する水神。洞庭神君の義理の叔父。洞庭竜王の弟。銭塘江では河口地形や、潮流の関係で川が凄まじ…

  • 洞庭神君と洞庭湖

    洞庭神君(どうていしんくん)中国第二の大きさを持つ淡水湖・洞庭湖(どうていこ)に住まう水神。元の名は「柳毅(りゅうき)」といい、気弱な学生であったが、たまたま…

  • 海を泳ぐ鮫人

    鮫人(こうじん)中国において民間説話や伝奇などを記録した「捜神記(そうじんき)」という4世紀頃の書物に見える人魚の一種。中国の南海の果てに棲むという。魚の姿で…

  • 䍶䍶

    䍶䍶(とうとう)古代中国の地理書・山海経に記述がある生物。泰戲山という山に棲む羊のような獣で、角が頭に一つあり、目は通常の位置になく後頭部に一つだけあるのだと…

  • 鮯鮯

    鮯鮯(こうこう)古代中国の地理書・山海経に記述がある怪魚。跂踵山という山の麓の深沢に棲み、全体としては鯉のような姿をしているが足が6本生えており、尾は鳥のよう…

カテゴリー一覧
商用