chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 中途採用を経験者採用へ

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。日本経団連が、ほかの企業で働いた経験のある人の採用について、呼称を「中途採用」から「経験者採用」に変更することを…

  • 有給休暇と趣味をもつこと

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。日本人の有給休暇取得率は、現在50%程度と、諸外国に比べて極めて低い。日本人が仕事中毒といわれるわけです。仕事や…

  • 財産開示命令で成功したこと

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。未払残業代、損害賠償など労働裁判で勝訴したあと強制執行することがあります。しかし、相手が会社ではなく、個人事業主…

  • 電話番号は覚えていません

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。音声での通信手段は、格段に進化しています。自分が子どもの頃=昔は、固定電話(黒電話)でした。そのうち、携帯電話、…

  • 「フリーランス」保護法の制定?

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。各新聞で、「フリーランス保護新法制定へ」という見出しが躍っていました。政府は、個人事業者であるフリーランスの労働…

  • 役員個人の損害賠償責任

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。 過労死など労災事件で会社に責任追及する場合、社長などの会社役員をあわせて被告にする訴訟を起こすことがあります(…

  • 最低賃金の大幅な引き上げ

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。今年の夏、地域別最低賃金が大幅に引き上げになることにいなりました。早ければ10月くらいから実施される予定です。最…

  • 交通事故の賠償と生活保護の関係

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。事情あって最近は投稿が減っていました。すみません。さて、法律相談を受けると、生活保護を受給している方が交通事故に…

  • 親の財産処分と成年後見

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。労働事件ではありません。最近たてつづけに、認知症の親の不動産の売却について相談を受けました。親とはいえ、他人の持…

  • 遺書を書こうとして困った問題

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。入院手術することになったのを機に、遺書・遺言書を残そうか考えました。(もっとも命に別状あるような手術でもないので…

  • 労災のほかにも請求できませんか?

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。仕事中・通勤中のケガの場合、労災保険から、休業補償、障害補償などの給付があります。しかし、それでは補償内容は不十…

  • ひまわり

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。弁護士の記章(バッジ)の柄は、ヒマワリと天秤です。そのためか、弁護士、弁護士会はヒマワリが大好きです。兵庫県弁護…

  • 解雇は金銭解決できない(2)

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。厚生労働省は、まともや、解雇を金銭で解決しようとする制度を作ろうとしています。厚生労働省の専門家会議が、報告書を…

  • 男女賃金格差の公表

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。政府は、男女間の賃金格差を公表する方向で検討を進めています。日本は、男女の賃金格差が大きい国の1つです。日本のフ…

  • 過労運転はなくなるか?

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。2021年9月15日、過労死認定基準が初めて改定されました。また、その前の2018年に制定された働き方改革関連法…

  • 小指の痛み

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。私ごとですが、出張帰りに荷物を棚に上げる際に左手の小指を打撲しました。腫れ上がって2週間、まだ動きません。このま…

  • セロテープではりつけた1万円札

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。この前、仕事でお金を受け取ったのですが、そのときに、セロテープで破れたところを貼り付けた1万円札を受け取りました…

  • Нет Boйна c Украина

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。ロシアが2月24日、ウクライナに軍事侵攻しました。国連憲章は加盟国の独立、主権、領土を尊重し武力行使党を禁止して…

  • 建設アスベスト給付金制度

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。いわゆる建設アスベスト訴訟は、国の法律的責任を認める最高裁判決が確定しました。最高裁判決を受けて、長い名前ですが…

  • 今年、雇用保険料を引き上げる予算が組まれます

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。昨年末、鈴木財務大臣と後藤厚生労働大臣の協議により、2022年10月から、雇用保険料率を引き上げることを決めまし…

  • 公益通報者保護法の改正

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。いわゆる内部告発は、会社の不正を明るみに出す最良の方法となってきています。ところが、内部告発者を保護する法律(公…

  • 労働委員会のメンバー

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。不当労働行為を救済するため、各都道府県に労働委員会がおかれています。最高裁と同じように、東京には中央労働委員会が…

  • 自転車配達中の業務上過失致死

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。このまえ新聞を読んでいたら、宅配代行サービスUber EATSの宅配中の自転車事故で人を死なせたとして、配達員が…

  • 残業代は残業をさせないための制度

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。本日は、残業代請求にとって重要な、国際自動車事件・第2次最高裁判決(令和2年3月30日)を紹介します。(1) 事…

  • 過半数代表者のデタラメな選出方法

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。法律で定められた1日8時間、週40時間の労働時間を超えて労働者を働かせるために会社は、労働基準法36条に基づいて…

  • フジ住宅株式会社事件の判決から

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。2021年11月18日、大阪高等裁判所において、フジ住宅株式会社(東証一部上場企業)に対して、損害賠償等を命じま…

  • 森友事件の請求認諾と真実の解明

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。森友学園の不正をめぐって財務省が公文書を改ざんした問題で、改ざんを強要されたことを苦にして自殺した赤木俊夫さんの…

  • 「うつ」と過労自殺の関係

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。過労死防止対策推進法が成立してから、政府は、毎年1回、過労死等防止対策白書を発行しています。過労死防止のための啓…

  • リモハラ

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。リモハラという言葉が使われるようになりました。リモートハラスメントのことです。テレワークの最中に行われるハラスメ…

  • ノブレス・オブリージュ

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。子どもが持ってきた学校通信に「ノブレス・オブリージュ」のことが書かれていました。高貴な人間には義務が伴うという1…

  • 弁護士バッジ

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。弁護士バッジ(記章)は、ヒマワリと天秤をかたどった図柄です。そんなことは他の弁護士のブログにも書いてあるので、今…

  • 労災請求書が少しだけ便利になった

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。労災事件では、ケガでも過労死でも、とにかく、労災請求をするのが先決です。昔は、労働基準監督署や労働局で申請用紙を…

  • 一票の格差

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。現在、自公政権VS野党共闘の総選挙が盛り上がっています。これまでの労働政策の是非も争点です。ところで、総務省が、…

  • JR西日本が回数券を販売停止!

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。JRに乗っているとつり革広告で、ICOCAエリアの回数券を9月に廃止します、と書いてあるのに気づき驚きました(気…

  • 派遣の種類

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。派遣会社に登録したい、という方から「派遣の種類を教えて下さい」と言われました。その方は、紹介型派遣をwebで見つ…

  • 差別発言、名誉棄損の慰謝料

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。つい最近、差別発言されたので慰謝料請求した事件がありました。この事件の処理のため、名誉棄損・侮辱・差別発言を中心…

  • サプライチェーンと人権

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。経済産業省は、近々、企業の取引先(サプライチェーン)での強制労働がないか調査をするということでした。念頭に置いて…

  • DNA鑑定とPCR検査

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。もうすぐ裁判員裁判が始まります。1年に1回くらいのペースです。コロナになってから2回目の裁判員裁判です。マスクを…

  • 過労死認定基準の改定

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。9月15日、過労死認定基準が初めて改定されました。それまでの過労死認定基準(2001年)は、法定外労働時間(残業…

  • シフト権濫用の法理を裁判所が認める

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。半年前に、シフト権濫用の法理が認められるべきだと書きました。> シフト権濫用の法理これは、コロナウイルス休業に関…

  • コロナワクチンで副作用が出た場合

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。「コロナワクチンの職域接種で副作用が出た場合の労災扱い」のブログで読者からまたご意見がありました。「労災にならな…

  • ワクチンの職域接種で副作用が出た場合の労災扱い?

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。「コロナワクチンと職域接種」のブログの読者からの反応の中に、「職域接種でコロナワクチンをうって、発熱で休んだ場合…

  • インターネットバンキングの不便

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。近所にある銀行支店が、法人や弁護士の入出金については窓口対応を廃止してしまいました。そのため、窓口対応する場合は…

  • 宇宙から労働者が見えるか

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。先月、Amazonの創業者ベゾス氏が、宇宙旅行をしたことで有名になりました。宇宙旅行といっても、ガガーリン(ソ連…

  • コロナワクチンと職域接種

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。みなさんご存知のとおり、コロナワクチンの供給がとどこおっています。政府は「在庫に不足はない」と言っていますが、そ…

  • 7月19日(月)は祝日ではありません

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。カレンダーを見て驚きました。7月19日(月)が海の日の祝日(赤字)になっているではありませんか?しかし、本日時点…

  • 労災保険の特別加入

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。労災保険は、労働者が仕事でケガや病気をしたときの補償です。そのため、労働者しか労災保険に加入できないと誤解してい…

  • 過労死認定基準の話

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。先週、コロナの中で医療従事者などが倒れるような状況におかれていることに触れました。その関連でいえば、日本の過労死…

  • コロナとオリンピックと過労と休養

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。東京では都議会議員選挙が始まりました。(そういえば、今年の神戸は兵庫県知事選挙と神戸市長選挙があります)コロナ対…

  • 強制労働と排除措置

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。最近、米中対立を反映して、国際的な排除措置合戦が相次いでいます。機密情報が他国機関(中国政府)に漏洩するおそれが…

  • 五輪のためのテレワーク

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。東京オリンピック・パラリンピックの開催が刻一刻と近づいてきました。一方で、コロナ禍が収束するのか、ワクチン接種が…

  • 建設アスベスト補償基金と集団訴訟の役割

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。発がん性の高いアスベストを建設現場で吸い込んで健康被害に遭ったことで、建設労働者などが国と建材メーカーを相手取っ…

  • ワクチン詐欺

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。コロナの緊急事態宣言も延長されました。一方で、コロナワクチン接種も始まり、すこし希望も見えてきました。(いつにな…

  • 建設アスベスト訴訟、最高裁判決!

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。アスベストは発がん性の高い物質です。日本では、危険性が分かってからも、最近まで、たくさん使われていました。建設現…

  • 所有者不明の土地解消のための相続手続

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。相続登記がすすまないで所有者が不明になっている土地がたくさんあります。今国会でも、そんな土地を解消するための民法…

  • パート有期労働法(6)

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。パート・有期雇用社員など非正規雇用労働者と正社員との間の不合理な待遇差別を禁止し、均等待遇を求めるパート有期労働…

  • パート有期労働法(5)

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。パート・有期雇用社員など非正規雇用労働者と正社員との間の不合理な待遇差別を禁止し、均等待遇を求めるパート有期労働…

  • パート有期労働法(4)

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。パート・有期雇用社員など非正規雇用労働者と正社員との間の不合理な待遇差別を禁止し、均等待遇を求めるパート有期労働…

  • パート有期労働法(3)

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。パート・有期雇用社員など非正規雇用労働者と正社員との間の不合理な待遇差別を禁止し、均等待遇を求めるパート有期労働…

  • パート有期労働法(2)

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。パート・有期雇用社員など非正規雇用労働者と正社員との間の不合理な待遇差別を禁止するパート有期労働法8条が、4月1…

  • パート有期労働法(1)

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。パート・有期雇用社員など非正規雇用労働者と正社員との間の不合理な待遇差別を禁止するパート有期労働法8条が、4月1…

  • 和解を勧めるワケ

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。4月1日は人事異動の時期です。弁護士には人事異動はありませんが、裁判官は転勤など異動があります。年度末の3月31…

  • シフト権濫用の法理

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。コロナウイルス休業に関連して、シフト制を悪用されると休業補償(休業手当)を受けられないことは、以前に説明しました…

  • 会社を辞めたら労災補償はなくなりますか?

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。労災事故に遭った場合、いろいろな都合で会社を退職せざるを得ないこともあります。そんな方から「会社を辞めたら労災補…

  • 国際女性デー

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。3月8日は「国際女性デー」です。国際女性デーは、国連が定めた記念日で、女性の地位向上の取り組みを行う日です。男女…

  • M字型カーブ

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。みなさんは、M字型カーブという言葉を聞いたことがありますか?女性労働の特徴をあらわした言葉です。人口にしめる労働…

  • つながらない権利

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。「つながらない権利」をご存知でしょうか?英語で、right to disconnect といいます。ヨーロッパ発…

  • 休業支援金制度の拡張を検討

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。コロナのために休職を命じられた場合など、本来は、会社が休業手当(平均賃金の6割)を労働者に対して支払わなければな…

  • 「排水弁閉め忘れで水道代300万円弁償」の問題点

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。神戸新聞2月8日によると、兵庫県の職員が水道水をためる貯水槽の排水弁を閉め忘れたせいで約1か月間排水弁が開けっぱ…

  • 行政罰と刑事罰

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。コロナ特措法(新型インフルエンザ対策特別措置法)について、マスコミ報道は、入院拒否や営業継続した者に対して罰則を…

  • トルストイの「復活」を読んで裁判を考える

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。コロナと長雨は、家での読書に最適です。愛の理念と人間の復活をテーマにした19世紀ロシア文豪トルストイの「復活」を…

  • 一時帰休ってなに?

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。コロナの関連で、大手企業が一時帰休を実施するというニュースが出ていました。で、一時帰休ってなに?一時帰休とは?一…

  • コロナ休職と職場の平等

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。今回は、新型コロナウイルスについて、2回目の緊急事態宣言です。前回の緊急事態宣言のころは、特に公務職場や大手企業…

  • 労働契約法20条裁判をどう考えるか?

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。2020年10月13日の東京メトロコマース事件・大阪医科大学事件、10月15日の日本郵便3事件判決は、正規労働者…

  • 弁護士は縁起をかつがない

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。新春おめでとうございます。今年は皆様に御利益がありますように。さて、弁護士のする裁判は客観的な証拠にもとづいて勝…

  • 裁判員裁判から法廷技術を学ぶ

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。裁判員裁判が終わりました。裁判員裁判は、3人の裁判官と6人の裁判員が評議して、被告人が有罪か無罪か、有罪の場合は…

  • 建設アスベスト訴訟、国の責任確定!

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。アスベストは発がん性の高い物質です。日本では、危険性が分かってからも、最近まで、たくさん使われていました。建設現…

  • 労働裁判は1審が大切

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。労働裁判は、法律家にとっても労働者にとっても、1審判決が大切です。1 法律家にとっての1審判決の重要性労働法のテ…

  • 労働審判と裁判員裁判のちがい

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。つい最近、裁判員裁判が1つ終わりました。裁判員裁判は、裁判官とともに市民から選ばれた裁判員が、刑事事件の有罪無罪…

  • 腰が痛い証人尋問

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。証人尋問をするとき、弁護士が尋問するときは立ち上がって質問します。それに対して、証言者は、証言台のところに着席し…

  • 刑事事件の控訴審

    いつもお世話になっております。弁護士の萩田です。2か月ほど前に、民事事件の控訴審について、ふれました。2審で逆転するためにどうするか、という話でした。今回は、…

  • 労働者の自由な意思

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。退職、賃金の減額など労働者が不利益な合意書などの書類を交わしてしまうことがあり、裁判で争われます。最近の裁判所は…

  • 無言館

    弁護士の萩田です。長野県上田市に「無言館」という美術館がある。戦争で亡くなった画学生たちの作品を収集・展示している。実際の上田市の無言館は広くて展示も多い(天…

  • 内容証明郵便の書き方?

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。書店や図書館にいくと、法律家でない一般の方むけにさまざまな法律解説本がおいてあります。このまえ、時間つぶしで図書…

  • 法人格否認の法理!

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。判例タイムズの11月号に、法人格否認の法理を用いた裁判例が載っていました。法人格否認の法理とは、株式会社などの法…

  • 非正規労働者の格差を認めた最高裁判決

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。パート有期労働法は、正社員労働者と非正規労働者の不合理な待遇格差を禁じています(旧・労働契約法20条にもあり)。…

  • コロナと外国人労働者のオーバーステイ

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。最近、オーバーステイで逮捕される外国人が増えました。話を聞くと、やはりコロナが関連していました。働くために日本に…

  • もうすぐ非正規労働者の格差問題の最高裁判決

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。パート有期労働法は、正社員労働者と非正規労働者の不合理な待遇格差を禁じています(旧・労働契約法20条にもあり)。…

  • 学問の自由はこれを保障する

    護士の萩田です。いつもありがとうございます。日本学術会議の会員の任命について、学術会議が推薦した学者を首相が任命しないという前代未聞の事態が起こりました。政府…

  • 第2審で逆転するために。

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。労働事件に限らず、裁判で敗訴してしまうことがあります。勝てると思ったのに負けたこともあります。ひどいときは、裁判…

  • マイナポイント、GOTOキャンペーン

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。ちかごろ都にはやるものといえば、マイナポイント、GOTOキャンペーンでしょう。マイナポイントは、マイナンバーを使…

  • 将来の仕事を答える国勢調査

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。5年に1度の国勢調査の季節がやって来ました。(プライバシーは気になるが、国民の義務らしい)回答用紙に記入しようと…

  • 傷病休暇のあとの職場復帰プログラム

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。うつ病などをわずらって休職する人が後を絶ちません。そのため、厚生労働省は、傷病休職のあとで職場に戻りやすくするた…

  • テレワークと勤務場所の安全衛生

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。テレワークというと、労働時間管理、勤怠管理がまず問題になります。しかし、それだけではありません。 テレワークも雇…

  • 休業支援金を使いましょう!

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。7月から、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」(休業支援金)の制度が始まりました。2020年4月か…

  • ハンコとテレワーク

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。新聞雑誌では、テレワーク推進論者が「ハンコ」文化のせいでテレワークが進まない、と声高に叫んでいます(ホントにみん…

  • テレワークと労働法の課題

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。テレワークの労働法上の課題を、思いつくままピックアップしました。1 テレワーク命令にしたがう必要があるか・法的根…

  • 良心に従って真実を述べる

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。裁判では、証人尋問を始める前に「宣誓」の手続があります。これは、証言で真実を述べることを誓ってもらうためです。民…

  • 解雇事件の和解の文言

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。解雇事件で職場復帰せず金銭解決をする場合、和解書の内容に注意する必要があります。--------設例------…

  • 弁護士は判決書を依頼者に交付するか?

    弁護士の萩田です。いつもありがとうございます。裁判が終わったあと依頼者に対して、裁判所からもらった判決書の原本を依頼者に渡すかどうか?弁護士の間でも意見が分か…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、弁護士 萩田 満(兵庫県弁護士会所属)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
弁護士 萩田 満(兵庫県弁護士会所属)さん
ブログタイトル
弁護士の労働問題解決講座 /神戸
フォロー
弁護士の労働問題解決講座 /神戸

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用