searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

wfw−dietさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
健康的に痩せるダイエット
ブログURL
https://ockerman.xsrv.jp/diet/
ブログ紹介文
ダイエットを始める人に少しでも手助けになればと思って10年前に13.5kg痩せたやり方を紹介します。
更新頻度(1年)

12回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2017/06/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、wfw−dietさんをフォローしませんか?

ハンドル名
wfw−dietさん
ブログタイトル
健康的に痩せるダイエット
更新頻度
12回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
健康的に痩せるダイエット

wfw−dietさんの新着記事

1件〜30件

  • 危ない。ガラスが割れるとこだった。

    先回も書いたが、GARMINの機器にどっぷりな我が家。もちろんスマートウォッチはGARMIN。サイクルコンピュータから体重計までもGARMIN。最近ではドライブレコーダもGARMIN。 そんな我が家のGARMINのスマートウォッチ。 すっかりお気に入りでちょっとカスタムしたりして愛用しているが、先日、ガラス面を地面に付けて、体重をかけてしまった。ピキッと嫌な音がして、保護ガラスが割れました!!! ある意味、本物のガラスが割れず、機能通り保護ガラスだけ割れたのですが、この時計はガラス面がベゼルと面一の高さなので、ガラス面を地面に付けると真っ先にガラスがあたります。 ということで上記記事のようにちょっとカスタム化して、ケースカバーを取り付けてガラス面が初めに当たらない(ケースが先に当たる)ようにしました。 もちろん保護ガラスも買いなおしました。 これで、ガラスも保護されるしケースも保護されるので、釣りやキャンプなどアウトドアに使っても心配ありません。まぁ、安物の保護シートでも十分身代わりになってくれるので、貼ってあることに意義が有ります。 最近では、ソフトウェアのバージョンアップで、コロナで一躍有名になった血中酸素濃度も測定できるようになりました。寝ている間のトラッキングして、毎晩の平均血中酸素濃度のログを取ってくれます。絶対値の信ぴょう性はイマイチですが、まぁ毎晩ログを取っているので、コロナで肺炎になった時など変化点があれば、目安になります。 と、溺愛ぶりに拍車がかかりました(笑)。

  • 脚痩せのチェックポイント

    太ってくると、一番いやだなぁーと思うことは、太ももの内側がくっ付くのです。ここがくっ付いてくると、内股に汗をかくので最悪です。お腹やお尻がたるんでくることも嫌なのですが、一つのバロメータとして、ここがくっ付いて来たら、ちょっとヤバイな・・・と思って、ダイエット再開します(笑)。 まっすぐに立って、ひざの内側の部分がくっ付くように足を揃えます。その時、膝だけでなく太もももくっ付いてしまったら、危険信号です。 具体的には、ここに指1本、2本の隙間があるのが好みです。男の場合は基本的に竿があるので、ガニ又で膝をつけることは無いのですが、意識して付けてみると分かります。太っている時は膝をくっつけると、太ももの内側もくっ付きます。私はO脚なのでここくっつけるには、力がいるのでなんか、変な写真ですがこんな感じに・・・。ちょっと陰になって分かりにくいですが、一応両足の膝をつけた状態です。 あと、椅子に座っていると脂肪が押しつぶされてくっ付くのは、それは仕方が無いので、あくまで立った状態です。 女性も内股がくっ付いていると嫌ですね。まぁ、水着でも着なければ見ることは無いですが・・・。 ただ、日本人に多い下半身太りで悩んでいる人は多いので、実際あまり意識していないが、多くの人がくっ付くと思います。 一度皆さん、確認してみてください。自分が下半身デブかどうかの判別材料として。また、ダイエットした時の効果確認としても使えます。 つい半年ぐらいまでは怠惰な生活をしていましたので、私もくっ付いてきました。そこから「ちょっとダイエットを再開してみよう・・・」と始めたら、ようやく隙間が出来ました。

  • 蛇腹?いえ我腹です!?

    意味不明な件名で申し訳ありません。 先日、お風呂で自分のお腹を見た時に、まさに蛇腹だなぁ~。いや我が腹だ・・・と思ってしまいました。 冒頭の写真は私のお腹から足の付け根にかけてみた構図なのですが、このようにお腹の脂肪を急激に減らすと(胃袋も小さくなっている)、お腹がシワシワになって、まさに蛇腹状態になってしまってます。 先日下記の記事にも書いたように、ちょっと久しぶりに太りすぎたのでゴールデンウィーク明けからダイエットをはじめて、激やせしたからです。 椅子に座って自分のお腹を見ると、こんな感じでタルタルなんです。 いかに、今までここに無駄な脂肪がついて、皮が伸びていたのか分かります。 まん中あたりはお毛々が見えてしまうので、足の付け根の辺りから脇腹にかけての写真です。 若いうちは新陳代謝が早いので、すぐに弛みは無くなりますが、歳と共に一度伸びた皮膚は簡単には戻りません。 やはりこうなると、運動をしたほうが代謝も早くなり、締まった体を作ることが出来ます。せっかく痩せてもブヨブヨ、タルタルじゃ水着にもなれませんよね~。 運動で痩せることは困難ですが、食事で痩せて運動で弛みを取るイメージでしょうか。手や足は常に動いていますが、お腹はなかなか難しいねぇ~。 まぁ、気長に頑張ります。 体重自体は56kgから57kgの辺りをウロウロしています。目標は55kgですが、ちょっと弛みを取るために一休みです。健康的に痩せることが、当ブログのコンセプトなので。

  • 7週で6kgダウン!!

    GW明けから思い立って、ダイエットに取り組んだ。 すでにコツは熟知しているので、7週間で6kgダウン。みるみる体重が下がって行った。 当初63kgほどあったが今では57kg。100kgの6kgではなく、60kgの6kgなので、短期間で体重の10%下げるのはなかなか大変ですよ。 ただ、ダイエット方法は確立しているので、思い立てばすぐに痩せれる。 血液中の過剰な糖分の時間を作らない。ただそれ一点のみ。従って、結果的におやつは減って、ごはんも半分に。運動はほとんどやらず、多少筋トレや極力歩きを選択するぐらい。ハードなことは一切なし。 ただ、短期間にグッと痩せるので、ちょっと皮膚がたるんでくるので、美しく痩せている訳ではないので、美しさを求めるなら、もう少しペースダウンでも良いと思う。 一応、目標は55kgに設定しましたので、もう少しダイエットを続けようと思います。 さすがに体脂肪は一気に落ちましたが、ちょっとサチってきた。目標の10%を切ったので、新規目標の9.8%切り替え。 体脂肪も一桁台になると、関節のクッションや肌のうるおいが無くなってくるので、まぁこれぐらいで良いかと。特に運動で減るなら良いが、食事コントロールで減ってくると、マジで体が干からびてきます(笑)。 ほどほどにね。 なかなか痩せれないと、悩んでいる方は、まずこの記事のダイエット方法をよく読んでロジックを理解しましょう。 闇雲にやっても無駄時間ばかりです。ぜひ、ご参考に!

  • ガーミンにどっぷり。

    先日、下記の記事のようにGARMINの体重計を購入してGARMIN Connectに一元管理させたいということで、まだ高性能なTAMINAの体重計があるにもかかわらず、追加購入したと記事に書いたが、GARMINを使っていない人はイマイチ分からないと思います。 先回はスマホ画面なので、一元管理と言われてもピンとこないのですが、こちらのトップ画面のように、ライフログがすべてパソコンの画面に集約されます。 体重や歩数はもちろん、睡眠時間、呼吸数、心拍数、ストレスまで・・・。 今回、体脂肪率計とも連携したので、体水分量、骨密度、BMIなど色々な情報がアクティビティーと連動して保存されます。 まぁ、この辺までならAppleやGoogleもやりますが、GARMINの凄いのがサイクルコンピューターやランニングウォッチとも連動しますので、地図上での活動の情報もバッチリ記録されます。スピードはもちろん、ケイデンス(ペダルの回転数)、外気温、勾配、ラップタイムなど・・・。 今日どんなコースで走ったか・・・と言うことはもちろん、事前にこのコースで走りたい・・・と、コース設定すればナビゲーションして「右です。左です・・・」と案内もします。コースは共有出来て、人気あるコースを選定してくれたり、他人とタイムトライアルで競えることも出来ます。 と、まぁ。アスリートには超人気なんですよね。GARMIN。 さらにさらに、自転車用の後方レーダーもあって、後ろから車が来ると、時計やサイクルコンピューターに表示してくれるのです。自転車にレーダーですよ!! スゴイでしょ~。 テクノロジーは進んでいます!! ということでどっぷりGARMINにハマっているので、体重計もGARMINなんです。 ところで、ダイエットの効果はと言うと、順調に60kgを切って、さらに59kgも切ってついに58kg台になりました。1か月で5kgぐらい痩せました。まぁGARMINは関係ありませんが(笑)。 ダイエットはあくまで食事ですからね。 グッズはモチベーションアップですね。

  • 久しぶりに60kgを切った

    ゴールデンウィーク中に、あまりの体重の増加とデブデブのお腹を見て、「これはヤバイ」とちょっとダイエットをまた復活しました。 こちらのグラフは週単位の平均なので、まだ60kg以上に見えますが、本日ついに59.95kgと60kgを切りました。さすが、50gまで計れるタニタの高性能の体重計。 一方、先日買ったGARMINのほうは61kgと1kgも違う。まぁ、絶対値はさておき、下のグラフからもわかるように週単位で右肩下がりで下がっていますので、いい感じです。 3週間で3kg以上痩せていますので、ちょっとハイペース。 あまり急激に体重を下げると、リバウンドが来るので、まぁそこそこの食事コントロールにしたいと思っています。 簡単に言うと炭水化物ダイエットに近いのですが、とにかく物を食べた時に血糖値の上昇を抑えるように工夫して食べて、血液中の余分な糖分が脂肪に回らないように、コントロールして食べている方法です。 あとは、引き締め目的でちょっと腹筋・足上げをやっています。 なんせ、ブヨブヨのお腹とヒップ周りに嫌気がさして、引き締めも同時にやっています。体重を落とすだけなら食事だけでよいのですが、ブヨブヨはタルタルになるだけなので・・・ ただ、なかなか運動は難しいね。 したの体脂肪グラフを見てもらえば分かりますが、ちょっと運動したぐらいでは、ダメですね。食事で体重を減らすと体脂肪はある所から増えます。 この状態では、ちょっと食べたらすぐにジャンプアップしますよ(笑)。 やはり引き締めの運動で、脂肪を消費出来る体にしておかないとダメなんです。 とはいえ、とりあえず目標の60kgを切るところまで来たので、いい感じですね。 皆さんも薄着の季節になる前に、しっかりダイエットしておきましょう。ブヨブヨではさすがに水着やミニスカートは苦しいですからね~。

  • GARMIN Smart Scale index S2

    遂に、GARMIN Smart Scale index S2を購入しました。 いわゆるGARMIN純正の体重計です。 体重計なんてTANITAやオムロンが良いに決まっているのですが、私の日々のアクティビティーはGarmin Connectというアプリで牛耳られているので、これに体重データを連携させたいが、一発で連携できるのがGARMIN純正しかないのです。安い中国製の無名メーカーの体重計も複数のアプリを経由すれば、Garmin Connectに連携できるのですが、やはりダイレクトに取り込みたい。 以前から並行輸入品で売られていたが、なかなか正規品で取り扱ってくれなかった。この5月に満を持してついに国内に正規品デビュー!!! 側溝で第一陣のロットは無くなって、取り寄せることになり待つこと2週間ほどで、ようやく入手できました。 しかし、19,800円と、まぁなんと高い。 今時、1,980円でも体重計なんてあるのに。。。 それも、大して機能も精度もなく。。。。 オムロンもタニタもそうだが、自社のアプリ優先で連携させているので、全く融通が利かない。アスリート系はGarminの時計を使っている人が多いので、どうしてもGarmin Connectに連携したいのです。本当にお互いに何とかしてほしいものです。 私はスポーツで痩せないと思っているので、Garminの時計は縁遠かったのですが、ロードバイクを買った時に、サイクルコンピュータがGARMINなんですよ。これがまた、GPSのお得意なGARMINでコースをナビゲーションさせたり・・・車速や傾斜など色々見ることが出来るので、腕時計やスマホなどすべてGarmin Connectに連携しています。日常の睡眠時間や脈拍などライフログもすべてGarmin Connectに集約してくると唯一体重だけトラッキングできないことが、口惜しくて。。。。 タニタの50gまで計測できる高性能な体脂肪率計があるにも関わらず、「Connectに連携したい!」というこの一点だけで買ってしまいました。 GARMIN使いの人は知っていると思いますが、いかんせん通信系が弱い。。。。 あれだけGPSで優れた技術を持っているけど、BluetoothやWi-Fiがヘボイ。本当によく切れるし、つながりも悪い。ご多分に漏れずindex

  • ヤバイ。ヤバイ。

    2月まで入院しており病院食で痩せていましたが、退院後、体は動かさない上にご飯は沢山食べるので、ドンドン太ってえらいことになりました。 過去の記事でどんだけ偉そうなことを書いていますが、やはりちょっと気を許すとドンドン太っていきます。 GW中になんとか少し体を動かしたりしたのでなんとか63kgを切っていますが、恐ろしいハイペースです。 右肩上がりとはまさにこのことですね。いやーちょっと気を許すとダメですね。 退院後ようやく体を動かせる状態になったので、ちょっとずつ運動をして、さらに食事もコントロールしていきます。 実は退院後、冷え性がさらにひどくなり、夜お酒を飲むようになったのです。当然チビチビお酒を飲むわけですが、つまみも進んでしまうので、寝る前に不必要なカロリー摂取をしているのです。 そうでもしないと足の指先が冷えて、寝れないぐらいなんですよね。布団に入っていても・・・・。 春になったので、冷えて寝れないことも無いので、寝る前のお酒もやめて、ちょっと健康生活をしたいと思います。 体脂肪率も全然運動していない中、お酒を飲んでいたので右肩上がり。 ちょっと油断するとこれなので、やはりモチベーションを保つようにダイエットグッズを買ったり、スポーツしたり、何かマインドセットしないと、怠惰な生活と食事でダメ人間になってしまいますね。 おかげでお尻は垂れ、お腹もポッコリ。 ますます醜い体になって来ました。。。。残念。

  • ついにMISFIT RAYが壊れた

    私が以前使っていたMISFIT RAYを嫁に渡して使っていたのですが、ついに壊れて電源が入らなくなってしまいました。 もともと防水で24時間つけっぱなしで使えるもの・・・ということで導入しましたが、最近のスマートウォッチも省電力の物が多く出てきて、脈拍なども計測でき、さらにGPSまで付いていても結構バッテリーが長持ちするのです。 さらにMISFIT RAYは歩数、カロリー、睡眠時間など基本的なものは計測できるが、一番肝心な時計機能が無く時計と併用着用していましたので、ついに嫌気がさして、省電力で長持ちするスマートウォッチに替えたのです。 嫁はもともと腕時計をする習慣が無いので、時計表示が無いことは問題ないようで、気に入って着用していました。 また、スマートウォッチと違って、かなりラフに使っており、このままお風呂に入ったりしていました。 だから、机の上から落としたり・・・なんて日常的にあったので、さすがに2年で死亡してしまいました。 今はこの手のウェアラブル端末はメチャクチャ安くなって、機能も年々向上しています。 昨今は、新型コロナウィルスの関係で血中酸素濃度が話題になってオキシメータが飛ぶように売れて、単価も下がってきたため、スマートウォッチにもその機能が入ってきました。 さて、ウチの嫁はMISFIT RAYが壊れてからは、歩数地獄から抜けだして毎晩のジョギングもお休みになってしまった。いつも歩数を気にして、歩数が目標に届かないと、どんな寒い夜でもジョギングしていました。やはり、グッズの効果って大きいなぁと痛感しています。 ただ、以前から何度も書いているように、体重は減りませんね。 健康的になる・・・と言う意味では、有効ですが運動だけで痩せるのは本当に大変なんですよね。ちょっとジョギングしただけでは、逆に食欲が増して痩せないのが現実なんですよね。 本気で痩せるなら、食事コントロール。それも、的を射た方法でやらないと、時間と労力の無駄なんですよね。 ぜひ、上の記事を読んでみて下さいね。

  • ヘルニアで動かなかったら・・・

    1月になってヘルニア手術で入院して、その後退院して自宅で療養していたら、ドンドンデブ一直線になって来ました。 入院中はカロリーが制限された病院食なので、一旦減ったのですが、退院してから動かない上に食欲は旺盛なので、右肩上がりで体重は増えていきました。 ちょうど今年に入って4週目~5週目にかけて入院していたので、その時期が底ですね。。。そこからジワリジワリと上げていってます。 一方、体脂肪率は入院中動かなかったためか、一時的にふり切れています(笑)。 そこから、すこしづつ活動するようになって、徐々に下がってきています。 それにしても、体重も体脂肪率も分かりやすくて、嘘はつかないですね。実態にピッタリあっています。 このロジックをしっかりと理解することが、ダイエットの秘訣ですね。「なぜ痩せないのだろう」と悩むよりも、まずは理屈を理解することが大切ですね。

  • 2020年の総集編

    2020年、いかがでしたでしょうか? 10月までは横ばいでしたが、11月12月は爆上げ状態。この8週はとめどなく上昇しています。 特に寒くなってからロードバイクに乗らなくなったら、ちょっとカロリーの収支が合わず、土日の度に上昇です。 2020年は骨折で入院したりして、ロードバイクに乗る機会が減り、さらに釣りに行く機会が増え、早朝から出かけて、4食食べたりしていると・・・ブクブク太っていきます。朝から1日船に乗っているとメチャクチャ疲れるけど、カロリーはほとんど消費しておらず、結局収支はプラスへ・・。 最近、グラフだけでなく、リアルにズボンのファスナーが閉まらなくなったり、夜中にズボンのゴムでお腹が締められて目が覚めてしまうほど。お腹が張って張って・・・。マジヤバイ。 一方、体脂肪も右肩上がりですが、体重ほど増加していません。ただ、この冬休みは本当に巣ごもり状態なので、1月のジャンプアップは間違いない。くったくたに運動した日は間違いなく下がりますので、こちらはなんとか冬休みになんとかしたいところです。 ただ、冬休み明けはまた入院予定なので、ちょっとその前に下げておかないと・・・2021年も前途多難です。 いつでも落とせると思っているとダメですね。それも、お正月は炭水化物ばかりなので、私の必殺血糖値低下作戦はなかなかやりづらい環境です。 「ダイエット中なんでちょっと・・・」って言えないですよねえ。 結局、皆さんと同じように食べて、血糖値上昇を抑えるのは難しいので、合間を見てジョギングや筋トレをするぐらいでしょうか。 あとは食べすぎた時の秘策 これも、実施できていないですね~。最近。お腹いっぱい食べてそのまま寝る・・・なんてことも。やはり、そのあたりの細かい積み重ねなんです。 2021年はちょっと意識しよっと。

  • この秋の集大成?!

    みなさん。ダイエットは成功していますでしょうか? 私はこの秋10月・11月コロナの影響もあってぐーたらしていたら、ドンドン太っていき右肩上がりで1.5kgも太りました。 イヤー。本当に困ったものです。 最近ではコロナ禍でも、あっちこち出かけて運動もしていますが、食べる方を絞っていないのでダメなんです。 以前も、書きましたが、基本的に運動でダイエットって無理なんです。よく、スポーツをやったりジムに通って痩せたとか言いますが、それは間違いです。 とにかく食べるほうを絞らないとダメです。 もう一回言います。運動では無理です。 本当に運動で痩せようとしてらプロボクサー並みの運動量をしないと無理なんです。ところが、食べる方はちょっとごはんをお替りを止めて炭水化物を減らすだけですぐに痩せれます。 中途半端に運動して、お腹が空いたからと爆食いしていたら、むしろ太る一方なんです。結局、食べる方を絞るしかないのです。 そこまで分かっていながら、この2か月ぐらい、全く無視して食べてしまいました。運動はしているのですが・・・。さすがにこのグラフの上昇を見ると、そろそろ、またスイッチを入れないといけないですね。 まぁ、この繰り返しで、体形をキープしているのです。 一方、体脂肪率は結構、運動と密接な関係が有ります。このグラフは週単位なので分からないのですが、日単位だと運動した日はガクッと下がります。実際の体脂肪率ではないかもしれませんが、クタクタに運動したあとは汗で水分が出ていくからか、何か影響があるようです。ただ、翌日にすぐ回復するので週単位だと平均されてよく分かりません。 いずれにしても、ちょっとスイッチいれんとダメだね。 頑張りましょう!

  • この夏の結果

    どうも。皆様健康的にダイエット続けていますか? この夏はとっても暑く、いつも晩酌はやらないのですが、ついついビールに焼酎・・・ウィスキーと、暑さに理由を付けて飲みまくりました。 飲むだけなら良いのですが、6月、7月に始めたマシンの運動(クロストレーナー)もやめてしまって、グダグダと飲み続けていました。 そしたら、結果はてきめんで、せっかく60kgを切るかなーと思っていたら、逆に61kgになってしまいました。 「1kgぐらい日々の変動だよ」とお思いですが、週の平均値なので、揺るがない事実なのです。。 この一か月で確実に上昇トレンドになっています。 体脂肪率もクロストレーナーでの運動を止めたので、これまたジャンプアップで、10%代まで絞っていたのに12%近くまで上昇しています。 でも、これだけ暑いと本当に運動する元気が無いのですよね~。特にマシンが一番暑い部屋にあるので、そこに入るだけでムワッとしてやる気が無くなります。 皆さんも、アイスクリームにかき氷、ジュースにビール・・・夏痩せどころか太りますよ。 体力をつける為にしっかり食べることは重要ですが、その分しっかり運動しないといけませんね。それも、週一回ではなく、毎日ちょっとずつが大切です。 食欲の秋がやって来ます。 引き締めましょう!

  • ダイソーのBluetoothイヤホン

    以前GARMINのForearthlete‐245 Musicを買ったと書いたが、ライフログとしては大活躍していますが、Music機能は全く発揮していませんでした。 というのは、ランニングにしてもロードバイクにしてもBluetoothイヤホンって落としてなくしそうだったので躊躇していました。 ところが、ダイソーで500円でBluetoothイヤホンが売っていたので、これならば落としても大丈夫。さらに左右繋がっているので、右だけ外して・・・とか使えます。 ペアリングもいたって簡単で、すぐに使用することが出来ました。 音も悪くなく500円で十分使えるなぁ~と思いました。ただ、唯一残念なのが、ボリュームの段階が荒く、1段あげると大きすぎで、1段下げると小さすぎなので、ちょうど良い領域が無いのがとても残念です。 実際使ってみると、やはり安全上はあまりよろしくなく、車の音や自転車のベルなど外の音が聞こえにくくなるので、そこは注意が必要です。 そういった意味だと片耳外して使うのが良いとも思いました。交通量の少ないところは両耳で、交通量が多い所は片耳・・・といった使い分けが走りながら出来るので、左右繋がっていたほうが良いですね。落とすリスクも減りますし・・・。

  • コロナ太り撃退!

    皆さん、コロナ太りに悩んでいますか? 私はちょっとコロナ禍にけがをして入院中は筋力が落ちて、せっかくダイエットに火が付いたのですが、体重は増えてしまい、体脂肪率に至っては運動しないので、めちゃくちゃ増えました。(グラフ中の24週) 退院後、これはいけない・・・と思い、ちょっとダイエットを復活させました。 ちょうど、世の中でもコロナ太りが言われるようになってきたころです。 テレワークや移動制限で本当に運動しなくなり、さらにこの長雨で・・・じとーっと家にいて運動しないのでブクブクと太ってしまいます。 そこで、一念発起してダイエットを再開しました。 本来ならば食事を抑えるのが最も効果的ですが、通常の食事は減らすことなく、寝る前の甘いものを少し減らしました。以前は眠る前に小腹がすくと、甘い菓子パンを食べたりしていましたが、牛乳をコップに半分だけにするとか、ちょっと意識したらカグッと減りました。もともと大食いではないので、過剰な分を減らせばマイナスになっていきます。 そして、今回は体脂肪にこだわって(入院中に筋力も落ちたので)、クロストレーニングマシーンを再開しました。 いわゆるアメンボみたいに手も足も同時に動かすステッパーのようなものです。我が家のやつはアメリカで買ってきた本格的なものでプログラミングで負荷がコントロールされたり脈拍のモニターなどできるものです。まさにジムにあるやつです。 これならば梅雨時期も天候に関係なくトレーニングできます。 これを、はじめは10分ぐらいから始めて徐々に30分ぐらいまで伸ばしています。30分やるとかなりの運動ですので、15分ぐらいでも十分効果があります。毎日やることに意味がありますので、10分でもよいのでやってみてください。 そうすると徐々に代謝が良い体になっていきます。

  • 入院食でやせた?いえ、その逆で・・・。

    先週、ちょっとけがをして一週間弱の入院があった。 点滴をやって丸々1日食事しなかった日もあるし、病院のごはんは非常に粗食で、カロリーも低い。 ましてや寝てばかりで、間食もしなかった。 これはさぞかし痩せたかと思い、体重を見てみると、ゴールデンウィーク(赤丸)から右肩下がりで下がってきたが、減るどころかジャンプアップ。 結局、ゴールデンウィークレベルで横ばい。ちょっと痩せたのでは・・・・と期待した分、がっかり。 一方、体脂肪率もゴールデンウィークにかけて下がってきて、さらに下降基調だったのが、なんと入院したらジャンプアップ。 体重は結局据え置きで体脂肪率が上がったということは、筋力が衰えてその分脂肪に置き換わっただけ・・・ということですね。 残念。 多少上昇はあると思っていたが、ゴールデンウィークレベルを超えてジャンプアップしてしまったので、残念ですね~。 けがが完治したら、ちょっとマジで運動しないとマズいですね。 本当は今でも運動したいのですが、包帯を巻いており蒸れるのでやはり完治してからですね。

  • GWのダイエットはイマイチ

    先日、ゴールデンウィークの間にダイエットに取り組み、体重を63.4kgから61.4kgまで2kg痩せると宣言しました。また、体脂肪率は13.3%から1.3%削減して11%代に落とすと宣言しましたが、どちらも達成できませんでした。 一応、下降トレンドなのですが、体重は0.9kg、体脂肪は0.7%削減に留まりました。 当初はSTAY HOMEということでほとんど家の中にいるので、食事をコントロールできると思っていたのですが、ゴールデンウィークの間に4回も釣りに行ってしまい、外食ではないのですが、お弁当やパンを持参して行ったので、時無しに食べ続けてしまったのです。 また、逆に釣りに行っていない日は家で筋トレをすればよかったのですが、体が疲れて何もやる気力が無く、一日パソコンをいじっていただけとかで、全く運動できませんでした。 それにしても、ちょっと消化不良のGWでした。 まだまだ夏まで時間があります。そのブヨブヨのお腹や二の腕を今のうちにスリムになっておきましょう!

  • GWはダイエットチャンス!!

    皆さん、新型コロナの影響で家から出ることが出来ず、悶々としたGWをお過ごしでしょうか? ステイ・ホームと言われても、どこまで不要不急と考えればいいのか微妙ですね。 ただ、色々なお店が閉まっていると、やはり家にいるしかありません。 でも、パチンコ屋だけじゃなく、やはりお店が開いていたら行ってしまいますよね。県内のお客さんはOKだけど、県外はNGとか・・・・なかなかそうはいかないですし。。。難しいです。 ただ、お出かけも外食もしなくなると、食事コントロールしやすくなるので、絶好のダイエット週間ですよね! この春、太りに太ったブヨブヨの体を引き締めるべく、5月1日から10日の間で2kg削減を目指して頑張ろうと思います。 63.4kgなので61.4kgを目指します。 体脂肪率は13.3%なので思い切って11%代を目指します。1.3%減らさないといけません。これはちょっと運動しないと、食事コントロールだけでは無理です。外出は出来ないけど、がんばってトレーニングをしてみます。 なんだか、グダグダとつまらないGWですが、ちょっと目標ができてモチベーションが出てきましたね!! 皆さんは、このステイ・ホーム週間をいかがお過ごしでしょうか?

  • GARMIN ForeAthlete 245 Musicを購入

    シンプルで軽くて24時間365日つけっぱなしでも気にならないスマートウォッチを探していた。 特にバッテリーのもちは最重要ポイントで、毎日充電しないといけないようではダメ。 ましてやアクティビティーをしたら(GPSをON)数時間で充電しないといけない・・・なんてことでは、アクティブトラッカーとしては失格。 かといってめちゃくちゃ重い物もNG。理想は付けていることを忘れる軽さで、最低限の情報とビジネスシーンで浮かないデザイン。 そして、重要なもう一つのポイントはロードバイクに乗るので、サイクルコンピューターとの連動。基本的にサイクルコンピュータで十分なのですが、脈拍だけは付属の脈拍計は仰々しいので、スマートウォッチから取りたいのです。 そうなるとサイクルコンピューターのGARMINからのチョイスになります。 ForeAthlete 245 Musicが価格ドットコムでGARMINでトップだったので、何となくこれを買ったのですが、すべて条件に合致して言うことなしでした。音楽は今は全く興味はありませんが、そのうちに聞きながらワークアウトなんてこともするでしょうから5000円差がありますが、Musicありのほうにしました。 このモデルのウリはなんと言ってもバッテリーのもち。特に前のモデルがGPSをONにすると11時間しかバッテリ―が持たなかったが、このモデルはなんと倍の22時間!! さすがに耐久マラソンをやる訳ではないので、22時間運動しっぱなしなんてことは無いから安心ですね。 vívoactive 4 と最後まで迷いましたが、軽さ、バッテリー、サイクル機能の充実さでForeAthlete 245にしました。いまだに定価から下がっていないのにも関わらず、ランキングトップなのでよほど人気があるようですね。 あと、実は一番欲しい機能はどちらにも、機能は有るのですが、ロードバイクのリアビューレーダーとの連携。ちょっとマニアックになりますが・・・ロードバイクの後ろから車が来ると、サイクルコンピューター上にアラームを表示させるのですが、その際、音がうるさいので音を消して時計のほうでアラームを出してほしいのです。 画面もシンプルな画面にして、通常は歩数、心拍、カロリーのみの表示にしています。これならお葬式でもOKですね(笑)。

  • 活動量計(MISFIT RAY)のベルト交換

    以前ご紹介したMISFIT RAYのベルトを交換。 もちろんサードパーティー品で、1本数百円。 緑と黒の2本買ったので、緑を使ってみることに。 実はスマートウォッチも持っているのだが、このMISFIT RAYは24時間365日つけっぱなしで、風呂も外さない。 バッテリーもボタン電池で半年以上もつので、非常に使い勝手が良く愛用している。・・・というより、もはや体の一部になっており、存在を忘れているぐらいです。健康診断でX線撮影時も、うっかり外し忘れそ、そのまま看護師も気づかず撮影してしまうほど。。。 残念な点は、下記記事にも書きましたが、シンプルすぎて時計機能が無い事です。今はスマホを見るので、時計機能は無くても良いのですが・・・・やはり、欲しい機能ですね。 シンプルに歩数やカロリー、睡眠時間ぐらいで、万歩計に毛が生えたぐらいの機能です。当然、GoogleFitやAppleヘルスケアに接続できます。 結局、そんなに高機能を使わないので、MISFIT RAYばかりなんです。。。 最近は安くて高機能のものが沢山ありますのでMISFIT RAYにこだわる必要はありません。 貴方も活動量計で健康管理してみては? さて、今回はサードパーティーのベルトに替えたので、ちょっとふにゃふにゃした感じで抜けやすい・・・。柔らかいのでフィット感は良いです!

  • 体重計が壊れたと思ったら・・・

    以前も書いたが、ダイエットをするうえで、最も重要なアイテムの一つが、体重計だと書いたが、つい最近まで3か月ほど壊れていた。。。 壊れていたというより、計測は出来るのだが、記録が出来なかったのです。我が家の体重計はSDカードに自動で記録されていき、そのカードをパソコンで読み込むことで、グラフが表示できるのです。 上のグラフを見てもらうと分かるように昨年11月から3月まで体重も体脂肪も何も記録されていませんでした。 上の記事でも書いたように、体重計に毎日のることでダイエットの1/3完成したと言っても良いぐらい重要なグッズなんです。逆に体重計にのらなくなったらもおしまいですね。デブ一直線。体重計にいちいち乗るのがめんどくさい・・・・なんて言い始めたらおしまいですね。

  • やば。食いすぎた。。。

    皆様、あけましておめでとうございます。 お正月はいかがでしたでしょうか? 年末から年始にかけて、お客さんが多くたらふく食べた後にケーキが出てきて・・・・もう完全にカロリーオーバーですね。 特に、おせち料理やオードブルなど、油たっぷり、糖分たっぷりの料理ばかりで、これは本当にまずいです。 さらに年末は天気が悪く出かけようと思っていたのも中止になり、ずーっと家でゴロゴロしていたので、マジでやばいっす。 これはさぞかし、体重が増えただろうと、体重計にのって見ると、体重計も運良く(悪く)壊れて、記録できなくなってしまいました。 我が家の体重計はSDカードに自動で記録されるタイプなので、定期的に吸い出してグラフ化しています。 今はWiFiやBluetoothなどで自動でデータを取り込むのが主流ですが、一昔前のモデルなので手動なんです。 体重もさることながら、ズボンが苦しくなってファスナーが上がらない・・・と、もはや末期状態までなってしまいました。 以前も書いたように、この年末年始の前から、右肩上がりが止まらず、冬休みは何とかしないといけない・・・2020は絶対に痩せると心に誓ったのもむなしく、増える一方なんです。 「いつでも痩せることが出来る」と変に自身があるので、なかなかダイエットのスイッチが入らないので、ずるずると来ています。 本当にそろそろスイッチ入れないとダメですね。ズボンが入らないとなると・・・・。 あとは、同じ体重でもオッサン体系でお腹がポッコリ出てきたのも要因の一つです。特に食べた後はベルトを緩めないと苦しいのです。やはり重力には逆らえないということですね。 さぁ、ここからスイッチを入れていきたいところですが、まずは体重計を買わないと。。。。

  • 週1回の運動ってむしろ食欲がわいて逆効果?!

    病的なダイエットに成功して、成人男性のくせに40kg代まで体重を落とした私ですが、それから十数年なんとか健康な老後を向かえる為に、健康的なダイエットを模索しています。 しかし、なかなか、そんなに美味しい話は無く、苦労しています。 あの手、この手でトライしますが、結局食べる量を減らすしか手が無いのです。。。 正直、この歳になってくると、ガリガリでは貧相に見えるだけで、見た目も残念な感じなんですよね。 理想は細マッチョなんですが、日々の生活に追われて、本当に体を鍛える時間なんて取れないのです。 それでも、食欲のままに食べていては、ぶくぶく太ってしまうので、週一回ぐらいは運動をしようと、自転車に乗るようになったのだが・・・・ところがこれが、あまり効果が無い。 最近毎週のようにロードバイクに乗っているのだが、全然痩せない。トップ画像のグラフは週単位の物だが、全く下がる気配はない。 下は体脂肪だが、体脂肪はかろうじて横ばい。 正直、ロードバイクで5~60km走っても、ビール一杯でチャラで、むしろ食欲がわいてマイナス。その勢いで平日に突入するので、平日も食欲モリモリ!? 体重を減らすためには毎日の血中糖度が過剰になる瞬間を無くさないと、週末に挽回は出来ないのです。いやー毎日運動なんて出来ない・・・・と言う人も、週のうち4日以上は糖度が低い日を作らないと難しい。 それが難しい。 週4日運動出来る人は可能だが、現実的に多忙なサラリーマンでは不可能。 それを実現するには、やはり食事コントロールしかないのです。 今までほとんど乗っていなかったロードバイクを、9月から乗るようになったのですが、下の月別グラフで見ると、見事なまでに急上昇しています。これまずいよね。。。。昨年の年末年始で暴飲暴食で悔い改めダイエットを宣言したのに・・・。 体脂肪率の月別変化はかろうじて横ばい。ただ、やはり9月から上昇傾向。ヤバイ。細マッチョは程遠い。 これから、飲み会シーズンだけど、それ以外はちょっとセーブしないと。 やっぱ、食事制限は必須ですなぁ。

  • 活動量計はこれぐらい電池がもたなきゃ!

    以前、ご紹介したMISFIT-RAY。ちょうど半年で電池が無くなりました。 昨今はスマホの標準アプリで万歩計などの活動量計が付いているので、不要なのですが、プールやスマホを持っていない時の運動も記録したい人は、やはり専用の活動量計が必須です。 そうなると腕時計型の活動量計がベストです。 さらに睡眠のログを取りたい場合は、24時間つけっぱなしが原則なので、電池の持ちが悪かったり、充電に時間がかかるものはダメです。 特に最近のスマートウォッチタイプは、GPSや光学心拍計など電池消費が激しいので、数日しかバッテリーが持ちません。下手したら数時間でアウトです。 そこで、登場するのがMISFIT-RAYのようなシンプルな活動量計です。 防水なのでプールや水仕事はもちろん、風呂もつけっぱなしでOKです。 もはや体の一部になっています。 今回、半年経って「バッテリーが10%になりました」という警告が出たので、通販で安いボタン電池を買って交換しました。 10個入って数百円ぐらいなので、安い物です。 これで、また半年はOKです。 前回も書いたのですが、非常に残念なのは時刻表示が無いのです。。。。腕についているなら、時計代わりに使いたいと思うのが一般的だと思います。 そこだけ、本当に残念です。 ちなみにMISFIT-RAYは廃盤なので、他にも無名メーカーから腕時計タイプが出ていますので、そちらからチョイスになると思います。 ①GPSはスマホにも付いているが必要か? ②光学心拍系は必要か? ③バッテリー重視なのか? ④防水は必要か? この4項目をしっかりと決めて選びましょう!

  • ストレス太りと言い訳するな!

    よく人はストレス太りと言いますが、単なる言い訳と言うことは、誰もが知っていますが、ではこれだけ皆が「ストレス太り」と言う言葉を使うか・・・何か根拠が有るはずです。 実は、ダイエットをしている人、もしくは太っていてダイエットをしなければいけないと思っている人は、それだけで大きなストレスにさらされています。そんなところで、会社や学校や家庭など他の所で大きなストレスが加わると、人は我慢の限界を越えます。軽いストレスならば、やり過ごすことも簡単ですが、そのストレスがどうしても除去できない状況であれば、簡単なストレスを取り除こうとします。それがダイエットのストレスです。 だから、「甘い物を好きなだけ食べてはならない」「ごはんを腹いっぱい食べてはいけない」というストレスから解放しようとするので、ついつい意の向くままに食べてしまうのです。つまりストレスフリーで食べるということは、すなわち必要以上に食べてしまい、自動的に太るということなのです。 従って、ストレス太りというのが、全く根も葉もない言い訳ではなく、それなりに理由はあるのです。 ただ、全員そうならないのは、これまた理由があります。 それは、ダイエットしていること自体が、ストレスではなく、モチベーションが高く、自発的にできている人と、前述のストレスを感じてしている人の違いです。モチベーション高くダイエットしていて、毎日体重計にのることが楽しくてたまらない人(一時期の私)は、ストレスではなく喜びなんです。特に新しく体重計を買った時、新しいサプリメントを始めた時、ジムに通い始めた時など、モチベ―ジョンが高いので、ストレスどころか喜びになっています。 そう考えると、マンネリ化してストレスになるぐらいなら、新しいダイエットグッズを買ったり、サプリメントにトライしたり、スポーツを始めたり・・・あの手この手でモチベーション維持をすることは有効なんです!! だから、サプリを飲んだりダイエット機器を買って、「あまり効果が無かった・・・・」と嘆くのではなく、モチベーション維持に役立ったと思うようにしてください。そうすればお金をドブに捨てたと思うのではなく、モチベーションアップに有効活用出来たと思えるようになりますよ! 私のダイエット方法でも読んで、モチベーションアップしてみてください。

  • ダイエットは成功していますか?

    皆さんダイエットは成功していますか? 私はこの夏は、食っちゃ寝、食っちゃ寝の繰り返し。ただ、時々ロードバイクに乗って運動するので、体重は横ばい状態です。年初はMAX64.3kgもあった体重が61.5kgまできました。 年明けに、今年は頑張ると、グングン下がったのですが、この夏も横ばい。それなりにロードバイクなどやって運動はやっているのだが、食事をセーブしていないので、下がり切らないね。。。 さて、一方、体脂肪も、春先はグンと下がったものの、間食は食べ放題だし、平日は全く運動しないので、MAX14%が11%代まで下がったがここ最近は上昇して12.8%。 すなわち、体重はそのままで体脂肪率が増えていることは、筋肉が減って脂肪が増えているということです。つまりデブになっているということなんです。 ちょっと、なんとかしないといけないですね。やはり、多少なりとも食事制限をしないとダメですね。間食を止めると言いたいところだけど、まずは間食の量を減らす方向で・・・。

  • GWに食べ過ぎた貴方。原因分析してますか?

    皆さん、ゴールデンウィークはしっかりダイエットしてましたか?! いやー。むしろゴロゴロとして太ったーって言う人も多いと思います。 私はゴールデンウィークは太っていませんが、その前にちょっと健康診断があって、前回、貧血気味と診断されたので、鉄分クッキーなどをバクバク食べていたら、間食を取る癖がついてしまって、ちょっと太って横ばいって感じです。 やはり一回、舌が味を覚えて、胃が拡張されるとダメですね。絶対に食べすぎる癖が付いてしまいます。 ただ、運動を全くしなかったので、体脂肪率は増えました。ダメですねちょっと右肩上がりになりつつあります。ここで踏ん張れるか正念場ですね。そういった意味で、グラフを付けると危機感とモチベーションが湧きますね。 私の使用している体重計は古いので、SDカードでデータを引っ張り出してパソコンに取り込む必要があります。今の機種ならBluetoothでデータを自動でスマホに飛ばせる奴がいいですね。 あと使用するアプリに対応しているかが重要なのでタニタかオムロンがいいですね。それ以外の場合はちょっと対応アプリが少ないかもしれません。 せっかくグラフを付けたら、しっかり分析してくださいね。実は私はゴールデンウィークにゴロゴロしていたから太ったと思い込んでいたのですが、実はその前健康診断に向けて食べ過ぎていたのが原因とは・・・。やはりマメにデータを引き出してグラフ化しないと。。。そうなんです。原因分析が重要です!! そろそろ新しい体重計に替えようかなぁ~。

  • 健康づくりにロードバイク

    先日、健康的にダイエットの一環として、ロードバイクでしまなみ海道を制覇してきました!! ダイエットはしたいけど、ひざが痛い・・・と言う人にはピッタリなロードバイク。ランニングよりはひざに負担をかけません。 自分のペースで出来ますし、意外と身近な所を走るだけで、楽しいし体にいいのです! ただ、誤解の無いように、下記の記事にも書いていますが、スポーツで痩せることは非常に困難なのです。だから、ロードバイクを始めたからと言っても、痩せることは有りません! なので、しっかり食事コントロールしないとダメですよ。 ただ、このブログのテーマのように、健康的というところに重きを置いていますので、ロードバイクは最適です。 私も初めはダイエット目的で始めたのが、そのうちに遠くに行きたいという欲望が出てきて、どんどん色々なところに行き、ついに自転車乗りの聖地のしまなみ海道に行ってきました! さすが聖地というだけあって、非常に自転車乗りを意識した側道のつくりなっており、急な坂にならないように橋の部分はループを描いて、橋の高さまで上がるようになっています。だから、ママチャリで渡っている人もいました。さすがに全部渡り切るのは70kmぐらいあるので、ママチャリでは辛いけど、変速機hがあるクロスバイクならば、十分に行ける。 途中で名物品を食べて、一泊してのんびり行けば、ちょうどいい運動になる。ストイックな人はその日のうちに往復してくる人もいるらしいが、さすがに一般人では辛い。 さらに、道中は色々な所に自転車のスタンドが完備されて、空気入れなども置いてあります。さすが聖地です! 私たちも途中で一泊してのんびり食べ歩きして渡ったので、むしろ体重は増えた(涙)。痩せると言うことは、なかなか辛いねぇ~。 やっぱり食事コントロールね!

  • ダイエット復活の成果はいかに?!

    2月にこれはヤバイということで、ダイエット復活宣言をしましたが、あれから2カ月近く経ちましたが、結果はどうでしょうか? 1月から着実に増え続け、2月第1週(19年5週目)をピークに見事に下がってきました!! スゴイ。 ここまで見事に痩せると、モチベーションが湧きますね!! 実は、特にスゴイ事を始めたわけではなく、晩御飯のお米の量を軽くしたのと、腹筋を毎日やるようにしただけです。 それだけで見事ですね。また、急激に痩せたわけでなく、1月で1kgずつゆっくり痩せているのが良いですね。 炭水化物がいかに良くないか・・・・本当によく分かりますね。 一方、体脂肪率は7週目まで増え続けたのですが、腹筋の効果か体重に若干遅れて下がってきています。 全く運動していなかったのでブヨブヨのお腹が、若干引き締まった気がします。

  • MISFIT RAYを導入

    活動量計はFitbitを愛用していたが、本体がちぎれてしまって、しばらく活動量計から遠ざかっていた。 最近、体重増加や血圧上昇が止まらないので、以前貰ったMISFIT RAYを使い始めた。さすがに、そろそろ本格的にダイエットしないと本当にまずくなってきたので・・・。 このMISFIT RAYは3年ぐらい前にデビューしたシンプルな活動量計で、歩数や消費カロリーや睡眠時間、そしてスマホの着信お知らせぐらい。 正直貰い物なので文句は言えないが、時計が付いていないのが残念。まぁ、時計と重ね付けする前提のデザインなので、仕方が無いか・・・。 ただ、メリットはボタン電池で非常に寿命が長い点です。FitbitなどやAppleWatchなど充電タイプは充電中は外す必要がある。今や当たり前の脈拍やGPSなど付いていない分、電池のもちがいいのです。 そして防水なので、付けたまま水泳はもちろんお風呂も入れるので、24時間365日つけっぱなしが可能。 スマホの健康アプリに連動するので、今までスマホを置いておくと活動が止まってしまうが、これで365日24時間、運動が記録される。 まぁ、いずれにしても、一番の効能はモチベーションですね。とにかくこんな類のグッズを導入すると、しばらくは運動しようという気になりますからね?! これで、ちょっとダイエットのモチベーションが保てますね!! 最近、無名メーカーの活動量計がとても安く売っていますので、モチベーション維持の起爆剤に導入してはいかがでしょうか?

カテゴリー一覧
商用