searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
「水墨画の世界を」伝統の奥深さを研究・気品の貴さを
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/shenhenian
ブログ紹介文
水墨画に関しての展示情報、画像掲載、質問回答、教室案内、成果発表など
更新頻度(1年)

40回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2017/06/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、「水墨画の世界を」伝統の奥深さを研究・気品の貴さをさんの読者になりませんか?

ハンドル名
「水墨画の世界を」伝統の奥深さを研究・気品の貴さをさん
ブログタイトル
「水墨画の世界を」伝統の奥深さを研究・気品の貴さを
更新頻度
40回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
「水墨画の世界を」伝統の奥深さを研究・気品の貴さを

「水墨画の世界を」伝統の奥深さを研究・気品の貴さをさんの新着記事

1件〜30件

  • 沈和年水墨画デモンストレーション 参加申込み方法

    沈和年水墨画デモンストレーション|横浜教室|朝日カルチャーセンター2021年1月24日(日)午後13:30~15:30教室&オンライン同時に行います。ご参加してみたい方は下記のQRコードをスキャンしてから申込みができますので、どうぞよろしくお願いいたします。沈和年水墨画デモンストレーション参加申込み方法

  • 沈和年水墨画デモンストレーション

    沈和年水墨画デモンストレーション|横浜教室|朝日カルチャーセンター2021年1月24日(日)午後13:30~15:30教室&オンライン同時に行います。詳細について下記のホームページをご覧ください。https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/49bc1808沈和年水墨画デモンストレーション

  • 「残韻」

    蓮花は枯れてゆく姿も魅力的で、描いてみました。「残韻」

  • 書家と水墨画家が描いた丑年の年賀状

    芸術新聞社発行する雑誌「墨」の2020円11、12月号が届きました。中には書家と水墨画家が描いた年賀状は12ページも及びます。ご参考ください。書家と水墨画家が描いた丑年の年賀状

  • 「時佳」薩摩芋

    コロナの影響で予定していた室外のスケッチはできず、代わりに室内で行われました。季節の野菜、花をスケッチし、次回の教室にそれぞれ描いた作品を拝見するのが楽しみです。私は先ず人があまり描かれていない薩摩芋を描いてみました。「時佳」薩摩芋

  • 墨彩画を素敵に見せるポイント

    墨が柔らかい色彩と調和させるには墨の濃淡、表情、そして余白の役割が欠かせません。作品の一部分ですが、違和感があるのでしょうか?墨彩画を素敵に見せるポイント

  • 異なる酔芙蓉の描き方

    日本画、中国画、水墨画の境界線を越え、酔芙蓉の良さを表し方です。異なる酔芙蓉の描き方

  • 酔芙蓉

    朝に咲いた白い花は夕方になりますとピンク、または赤色になることで、酔芙蓉と呼ばれています。花は一重と八重がありますが、どちも綺麗で、春の牡丹に匹敵すると思います。酔芙蓉

  • 『水墨画用語集』

    『水墨画用語集』【編者】日貿出版社【監修】伊藤昌・久山一枝・塩澤玉聖・沈和年・根岸嘉一郎・藤﨑千雲・松井陽水本日、日貿出版社に於いて水墨画用語集の発刊に向けての編集会議が日貿水野会長様の多大なご支援の元に開催されました。コロナ禍の為本日は藤﨑先生、伊藤先生、水野会長様と私の4人だけでしたが久山、塩澤、根岸、松井の各先生方もそれぞれの意見文章を寄せて下さっており、充実感ある有意義な話し合いが行われました。まだもう少し時間はかかりますが水墨画を知る上で必要と思われる用語などをセレクトし後世に残したい分かりやすい解説書となるよう、日貿出版社と七人の先生方が一丸となって監修に努めます。こうご期待くださいませ‼️『水墨画用語集』

  • 海の幸2

    「魚」の中国語発音は「余」と同じですが、「有余」は「余裕がある」と言う意味になりですので、魚はお祝いの食卓にも欠かせないし、絵のモチーフとしてもよく使われています。海の幸2

  • 臨画作を楽しむ

    翠風会水墨画教室で学んたものをどのように生かして行くか、人によって大きく異なってきます。臨画の段階でも様々な工夫をすれば、楽しみが増えるとこの会員の臨画作よりヒントをくれました。臨画作を楽しむ

  • 海の幸

    日本列島は海に囲まれ、数え切れない海の生き物に恵まれています。水墨画は四君子ばかり描くではなく、目にしたものを描いてみてもいかがでしょうか?海の幸

  • 紅蓮

    楊万里の「映日荷花別様紅」詩句から「映日」を借り、題にしました。荷花は蓮のことです。紅蓮

  • 端午の節句

    恩師唐雲先生作品の臨画作です。「端午の節句」は粽と関わることが一般的知られていますが、描いたような植物とも関わっています。端午の節句

  • 翠風会水墨画教室再開予定

    2ヵ月にわたって教室での稽古を中止し、自粛している間、気を緩めないように、ネット通信できる会員の皆さんへ添削指導をして来ました。このたび、緊急事態宣言が解除され、来月から翠風会の水墨画教室を再開したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。翠風会水墨画教室再開予定

  • 子供作品のネット発表会

    子供の日に合わせ、とっても感性豊か、多彩多様な作品ばかっりのネット発表会が開かれました。審査して欲しいと主催者に頼まれ、今まで全国水墨画の公募展と異なり、迷い迷いの上、同年齢の子供の作品を並べ、一応このような5点の優秀作品を選ばせていただきました。1、「虹と星」薛希亮(葛飾区)男5歳2、「ドラえもんが新型コロナに開戦」段柏琳(葛飾区)女6歳3、「大嘴鳥の動物園」梅松莉奈(松戸市)女7歳4、「神秘的な太空」韓天朗(吉林)男7歳5、「水族館」張芯語(横浜市)女8歳子供作品のネット発表会

  • 「たまゆらシリーズ」全紙作品

    去年深圳、バンコク、上海に展示した「たまゆらシリーズ」全紙作品を飾ってみました。自宅では大きい作品を飾る場所はありませんが、普段展覧会場で観るだけで終わってしまいます。実は作品は相応しい所に飾ってから初めて良し悪しが見えてくると思います。「たまゆらシリーズ」全紙作品

  • 水墨画の飾る場所

    重厚感がある部屋に水墨画はインパクトになると共に部屋を明るくしてくれます。如何でしょうか?水墨画の飾る場所

  • 水墨画は洋室にも合うではないか!

    水墨画は軸装で和室のところ間に飾ることが定番でした。しかし、洋室ばかりのマンション住まいが増えて来ている現在、水墨画が合わないと思う方が少なくはないが、実際は如何でしょうか?水墨画は洋室にも合うではないか!

  • 作品のスタイルと飾り場所

    スタイルが異なりますので、違う場所に飾ってみました。如何でしょうか?作品のスタイルと飾り場所

  • 「たまゆらシリーズ」作品

    完成した作品はどのような環境に飾るか非常に大事だと思います。拙作「たまゆらシリーズ」はもっとスッキリしたモダンな環境に飾ると想定していたのですが、このような所でも悪くないと思います。「たまゆらシリーズ」作品

  • 水墨画作品「幽径」

    拙著「水墨画の表現力を高めるために」40ページ掲載した作品「幽径」ですが、額装すると様になりますね!水墨画作品「幽径」

  • 水墨画作品「幽径」

    拙著「水墨画の表現力を高めるために」40ページ掲載した作品「幽径」ですが、額装すると様になりますね!水墨画作品「幽径」

  • 水墨の基本要素とその豊かな表情

    新刊拙著「水墨画の表現力を高めるために」の1ページです。水墨の基本要素は濃淡、潤渇ですが、描き方によって墨の表情が大きく異なって来るのす。本著に16本の動画を公開し、具体的な描き方がご覧になれます。在庫は僅かですが、どうぞよろしくお願いいたします。水墨の基本要素とその豊かな表情

  • 自然の生命力に驚きと感謝!

    ベコニアの仲間だと思いますが、去年の年末に満開して以来、3ヵ月経った今も、色あせなく見事に咲いています。自然の生命力に驚きと感謝を込め描いてみました。自然の生命力に驚きと感謝!

  • 静嘉堂文庫美術館館長河野元昭先生は新刊拙著について語る

    水墨画研究界の大御所、静嘉堂文庫美術館館長河野元昭先生はご自分の饒舌館長と言うブログに数回に渡って、新刊拙著から水墨画の世界を語って下さっています。ぜひお読みいただきたいです。1.https://jozetsukancho.blogspot.com/2020/…/blog-post_13.html…2.https://jozetsukancho.blogspot.com/2020/…/blog-post_14.html…3.https://jozetsukancho.blogspot.com/2020/…/blog-post_15.html…4.https://jozetsukancho.blogspot.com/2020/02/blog-post_16.html静嘉堂文庫美術館館長河野元昭先生は新刊拙著について語る

  • 日貿出版社の水墨画講習会のご案内

    刊行された拙著「水墨画の表現力を高めるために」が好評発売を受付、下記のように講習会を開くこととなりました。学ぶと創作について、実例を見せながら、より詳しく解説する予定です。ぜひこの機会に水墨画の学ぶ方法を身に付けていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。日貿出版社の水墨画講習会のご案内

  • 「水墨画の表現力を高めるために」好評発売中

    日本全国の水墨画先生方をはじめ、水墨画ファンの皆様方のお蔭で、拙著「水墨画の表現力を高めるために」は正式発行されてから2週間足らず、在庫の残りは2割を切ってしまい、今月に完売されるではないか、再販する話も出ました。本当に嬉しく思うと共に感謝の気持ちが一杯です。「水墨画の表現力を高めるために」好評発売中

  • 日中商報の報道に感謝!

    日中商報をはじめ、日本新華僑新聞、東アジア情報ネット、東京ハイライトネットワークなどの報道に感謝を申し上げます。https://mp.weixin.qq.com/s/VyzufD_dHjXU6Nmf6dKQ8A日中商報の報道に感謝!

  • 感謝を込めて新春を迎えます

    今日は中国の春節ですが、感謝を込めて新春を迎えます。感謝を込めて新春を迎えます

カテゴリー一覧
商用