searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Mura306さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
世界中を流離ってみた。
ブログURL
http://mura306.hatenablog.com/
ブログ紹介文
海外旅行先で起きたトラブル、食べて美味しかったもの、行ったら楽しかったところなどを色々書いています。
更新頻度(1年)

48回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2017/06/01

本日のランキング(PV)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Mura306さんの読者になりませんか?

ハンドル名
Mura306さん
ブログタイトル
世界中を流離ってみた。
更新頻度
48回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
世界中を流離ってみた。

Mura306さんの新着記事

1件〜30件

  • #258 2800円で神戸牛とそばめしを堪能してみた。(2020.2)

    神戸名物と言えば神戸牛なのですが、高価なためこれまで食べたことがありませんでした。でも、お値打ち価格で神戸牛を食べられる鉄板焼きのお店を見つけたので、今回はそのことについて書こうと思います。 Y子ファミリーと淡路島のドラクエ記念碑に行った後、大分在住でおなじみのKさんと神戸の三宮駅で合流しました。 神戸と言えばそばめしも名物ですが、そばめしと神戸牛ステーキが一緒に食べられるお店を発見したため、さっそく訪れることにしました。お店は北野地区にあるため、三宮からは少し坂を上っていく感じです。宿に行ってから食べに行くのも面倒なので、荷物を持って坂を上ったところ、結構キツかったです。笑 あ、私は淡路島で…

  • #257 淡路島のドラクエ聖地に行ってみた。(2020.2)

    兵庫県の淡路島にドラゴンクエスト記念碑があるのをご存知ですか?私はつい最近まで知りませんでした。 ドラゴンクエスト(以下、ドラクエ)は脚本を堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、ゲームサウンドをすぎやまこういち氏の三英傑が手掛けているロールプレイングゲームで、初代ドラクエが発売されたのが1986年5月で、その半年後に発売されたドラクエⅡから特に爆発的人気となりました。当時小学校入学したてだった私はドラクエⅡをプレイする兄の背中を眺め、ドラクエⅢにハマり(でもクリアできず。笑)、ドラクエⅣをひたすらやりこんだのです。どれくらいドラクエⅣをやりこんでいたのかと言うと、登場人物ほぼ全員をレベル…

  • #256 築地で朝食を食べてみた。(2020.1)

    QALライブの翌朝は上野から築地まで朝食を食べに行きました。豊洲市場と迷ったのですが、何となく築地を応援したくなりまして…。 と言っても、築地市場は既に閉鎖されています(写真は2018年10月末のものです)。が、築地場外市場は現在も営業中で、朝からオープンしているお店が多く、新鮮なお刺身などはもちろん、食材を扱う問屋や定食屋や土産物屋も空いているので、朝の東京観光にはオススメなんです。 築地ならどこでもハズレなしと思うのですが、私たちが選んだお店は「かん乃」というお店でした。ネットで検索したところ、早朝から営業していることがわかったからです。 呼び込みのおばちゃんがメニューを持って店の前に立っ…

  • #255 東京・上野の安宿に泊まってみた。(2020.1)

    新型コロナウイルスが流行し始めた1月下旬に埼玉県に行きました。目的はさいたまスーパーアリーナで行われた、QUEEN+ADAM LAMBERT(以下、QAL)のコンサートで、開催日ギリギリに何とか適正料金でチケットを譲ってもらえたんですよ。まぁ、本当に苦労しましたがね。汗 で、土曜日にコンサート、日曜日に東京観光をしようと言うことで、上野に宿を取ったのです。相方は今回もおなじみK(大分在住)さん。年末の九州旅行以来、わずか1か月ぶりでの再会です。笑 今回も私は東京までバスで向かいました。ギリギリに予約したため鈍行便しか取れず、直行便なら5時間くらいで行けるところを6時間半もかかって疲れました…。…

  • #254 おんせん県の温泉を堪能してみた。その④ (2019.12)

    大分県の温泉シリーズ第4弾(最終章)は、別府の明礬(みょうばん)温泉、湯屋えびすです。 第1弾 第2弾 第3弾 明礬温泉は、名前の通り明礬(湯の花)が江戸時代から採れた地区で、別府市にあります。その一つ、湯屋えびすはガイドブックにも掲載されているところで、日帰り温泉だけでなく、宿泊施設も併設されています。さすがに温泉内の写真は撮れなかったので、詳細はHP↓をご覧ください。 別府明礬温泉 えびすの湯(湯屋えびす/御宿ゑびす屋)) 日帰り入浴は大人1200円ですが、私たちは岩盤浴付きのコース(1800円/90分)にしました。入口に券売機があり、そこで券を買った後に受付で岩盤浴セット(バスタオル、フ…

  • #253 大分名物料理を堪能してみた。(2019.12)

    砂風呂をあきらめた私たちは、とりあえず別府駅周辺を目指しました。そこで早めの昼食をとろうとしました。大分名物が食べたいなぁ…。 ①からあげ ②とり天 ③だんご汁 が大分県の三大名物料理だと私は思うのですが、すでに絶品からあげはKさん宅近くのAコープでテイクアウトしたものを食べました。 揚げたてはもちろん、冷めても衣がサクサクで本当においしかったんです。ニンニク醤油の効いた衣も最高。あれから2か月半が経ちますが、今でもおいしさが忘れられずにおります…。イヤ、大げさじゃなくて本当にね。笑 あと、ズリカラと呼ばれる、砂肝の唐揚げもおいしかった!!食感が面白いし、ちょっとスパイシーな衣がおつまみにピッ…

  • #252 おんせん県の温泉を堪能してみた。その③ (2019.12)

    大分県の温泉記事第3弾は竹田(たけた)市の長湯温泉です。 温泉記事第1弾 温泉記事第2弾 本当はKさん(大分県民)は前夜にラムネ温泉館(竹田で有名な温泉施設)に連れて行ってくれる予定だったようですが、時間がなかったため行くのをやめました。翌朝に行こうとしたら10時オープンだったので、早朝から炭酸泉が体験できる他の場所に行きました。 それが、御前湯(ごぜんゆ)。道の駅のすぐ向かいにあります。6時から営業しているのがありがたい限り。ガイドブックにも載っていて、長湯温泉のシンボル的存在なんだとか。 明治時代の洋館のような建物がいい感じなのですが、なんと江戸時代にはすでに温泉施設として誕生していたそう…

  • #251 おんせん県の温泉を堪能してみた。その② (2019.12)

    大分県は源泉数、湧出量ともに日本一であるという話を以前しましたが、その中でも別府市は源泉数世界一と言うことでこのような風景があちらこちらで見られます。そして、『別府のニオイ』と大分県民から呼ばれている腐卵臭が時折するのもご愛敬。 そんな別府市内には共同風呂(公衆浴場)がたくさん点在しており、大分県民Kさんの話だとお金を払って管を引けば一般家庭でも温泉が楽しめるそうです。 あと、テレビでもやっていた話ですが、別府市民の風呂愛は半端なく、湯温も高めがお好きなようで、別府市内の浜脇温泉「日の出温泉」の共同風呂の湯温は46℃とかで、熱い風呂に慣れている別府市民すらもなかなか入れないほどらしいです。笑 …

  • #250 べっぷ温泉めぐりをしてみた。その②(2019.12)

    山地獄で動物と触れ合った私たちが次に訪れた場所は海地獄(400円)です。海地獄を選んだ理由は… と言う、流川楓的発想ですが、同じ駐車場から歩いていけるくらい、山地獄と海地獄は近いので、一緒に廻るのがオススメです。笑 海地獄は1200年前から存在するらしく、1日で150万Lものお湯が湧き出ているようです。 海地獄の名の由来は、海の色のようなお湯のようです。ガイドブックほどではないですが、自然が作り出したコバルトブルー(と書いてありますがエメラルドグリーンの方が近いかも…。)色は美しいです。すごい湯気に圧倒されますが、湯温はなんと98℃。 山地獄は動物〉〉〉〉地獄でしたが、海地獄ではこの地獄の色を…

  • #249 べっぷ地獄めぐりをしてみた。その①(2019.12)

    大分県別府市は地獄が8つもあるという、極悪世紀末都市です。笑 ヒャッハーなモヒカン野郎ばかりが住むイカれた世界が広がっているのかと思いきや、そんな世界は『北斗の拳』なわけでして…。でも、別府市内はどこを見ても煙が漂っている、まさに『地獄絵図』なのです。笑 この煙を初めて見た時はかなり衝撃的でした。本当に、山火事を心配しましたよ。笑 でも、大分県民Kさん曰く、地中に眠る温泉の蒸気と臭いが漂うのが別府なのであり、あの独特の腐卵臭を『別府のニオイ』って言うんですって。 『排水溝からも湯気が出ているよ』とKさんが言う通り、排水溝からも温泉の湯気が出ていました。写真だと分かりにくいですが…。 そんな別府…

  • #248 湯布院の『山下清原画展』に行ってみた。(2019.12)

    『山下清原画展』は大分県屈指の観光地、湯布院にある昭和レトロ館の2階にあります。 湯布院は2度訪れたことがあるため、今回は素通り予定でした。しかし、Kさんの運転で長者原温泉(大分県玖珠郡九重町)から別府市に向かっている途中に、『山下清原画展』と言う看板を私が見つけてしまい、急遽寄ることになりました。ごめんよKさん、色々とプランニングしてくれたのに…。 昭和レトロ館は湯布院の中心部に位置し、ホームページによると『ALWAYS 三丁目の夕日』の世界を再現しているようです。だから、昭和後期生まれの我々よりは団塊の世代の方々(つまり我々の親世代)にとって懐かしいものが多いのかもしれません。(昭和レトロ…

  • #247 おんせん県の温泉を堪能してみた。その① (2019.12)

    大分県は源泉数(4,538ヶ所)、湧出量(291,340L/分)ともに日本一であり(Wikipedia参照)、別名『おんせん県』の名称で知られています。 私がはるばるバスを乗り繋いで九州を訪れたのは『おんせん県』に住む旅仲間Kさんに会うためでした。大分県の温泉に浸かったり、美味しいものを食べたりして癒されたかったのです。 私の到着前夜にたまたま福岡に泊まっていたKさんと翌朝合流し、博多でもつ鍋を堪能したり、古着を買ったりしてから彼女の運転で大分まで行きました。(福岡編についてはまたいつか投稿する予定です) 博多~大分間は車で3時間ほど。愛知~京都間の移動時間と大して変わらないことに、九州の広さ…

  • #245 ゴッホ展に行ってみた。(2020.2,23)

    先週末に、兵庫県立美術館で開催中のゴッホ展に行ってきたので、早速ご報告致します。昨年末の九州旅行など、国内旅行で書きたいことは色々溜まっておりますが、次回以降少しずつ書いていきます。(九州旅行の途中でゴッホ展を挟みたくなかったので、記事の順番を変えさせて頂きました。) さて、ゴッホ展ですが、東京に続いての神戸開催となっており、目玉はこの『糸杉』と『薔薇』で、国内外から集められた有名作品が多く展示されておりました。ただし、全83点のうち、約半数はゴーギャンやモネなど、ゴッホと交流のあった画家たちの作品でした。残念ながら、『ひまわり』はなし。(余談ですが、東京(2020.3.3~)と大阪(2020…

  • #245 名古屋から福岡までバスで移動してみた。(2019.12)

    昨年末に九州に行ってきましたので、その旅行記をそろそろ書こうと思います。まずは交通手段についてです。とりあえずスマホで投稿するので、読みにくくてすみません。また近々パソコンでレイアウトを変えます。 普通は名古屋から福岡に行く交通手段は ①新幹線 ②飛行機 だと思うのですが、私は③夜行バスを利用することにしました。福岡までの直行便が10000円くらいで利用できるとわかったからです。 しかし、旅行日が年末だったからか、直行便は速攻売り切れてました。うーん、今回ばかりは新幹線かな…。しかし、片道17830円(自由席定価)かぁ…。 そんなとき、ふと他のアイディアが浮かびました。それは経由便です。京都経…

  • #244 カンボジアとベトナムの治安と共産主義について

    ベトナムは社会主義国であり、町を歩くとこんなプロパガンダ看板をよく目にします。キッチュでかわいいので、個人的には好きなデザインですが、いかにも社会主義を目指しているような絵が描かれています。あ、私はプロバイダ看板を芸術として好きではありますが、社会主義や共産主義の思想は全くありませんからね。むしろアンチですよ。笑 じゃあ、なんでこんな話題を書くのかというと、帰国してしばらく経ち、昔カンボジアに一緒に行ったお姉さまの一言を思い出したんです。それが『カンボジアって、やっぱりおじさんがいないなぁ。』って言葉。2013年当時の無知な私はその理由を知らず、お姉さまの口から出た名前が、カンボジアのかつての…

  • #243 ベトナム料理を堪能してみた。(2019.8)

    ベトナム料理は「日本人の口に合う」とよく言われます。米が主食なところや、スパイシーでもホットでもない優しい味が多いところが人気の理由ですかね。日本のベトナム料理店もおいしいですが、現地のベトナム料理は安く上においしいんですよ。ということで今回はベトナム旅行で食べてきた料理を紹介したいと思います。そして、毎回恒例の星の数は、今回も私の味覚によりますので悪しからず。 ①フォー(Phở)★★★★★ ベトナム料理の絶対的エース、フォー。米麺に絡むあっさりスープと具材が美味しいんです。お肉の種類によって名称が変わり、フォー・ボー(牛肉米麺)、フォー・ガー(鶏肉米麺)となったりします。ほんと、何杯でも行け…

  • #242 9月23日公園バスターミナルからタンソンニャット空港までバスで行ってみた。(2019.8)

    ホーチミンのタンソンニャット空港からバスで宿まで約100円で向かいましたが、帰りも同じルートを利用したので、今回はそのことについて書きたいと思います。 なお、往路についてはこちらに書いてあります。 9月23日公園バスターミナルはこんな感じ。ここから空港発着バスが出ています。 空港行きバスは他にもあるのですが、109番が遅くまで空港発着便を出しています。特に、空港5:30~0:30発の便があるのは109番だけなのでバックパッカーも利用しやすいですね。 バス乗り場で109番のタイムテーブルを見せてもらいました。少し見にくくて申し訳ないのですが、青が9月23日→空港行きバスの出発時刻、黄色が空港→9…

  • #241 ホーチミンでバイクタクシーを利用してみた。(2019.8)

    バイクタクシー(以下、バイタク)は、原付バイクの後部座席に乗る形のタクシーです。日本では原付の2人乗りは道路交通法違反ですが、東南アジアでは2ケツどころか3ケツや4ケツも当たり前。もちろん、ベトナムでも合法のため、バイタクが一般的になっているのです。 ドンコイ通りを歩いていると、『お姉さん、バイクタクシー、乗りませんか?メッッッチャ楽しいよ!』とバイタク運転手が日本語で話しかけて来ました。基本的に、日本語で話しかけてくる勧誘は怪しいため、機会があったらねーって感じで軽くあしらいました。 それから買い物に疲れ、歩くのが億劫になり、バイタクに乗りたくなった私たち。 バイタクってどこで捕まえるの?涙…

  • #240 100円バインミーが旨すぎた件。(2019.8)

    バインミーはベトナム版サンドイッチのことで、フランスパンに挟んであるのが特徴です。 ラオスでも似たようなもの(カオ・チー・サイ・クアン)があり、食べたことがあるのですが、想像通りの味でそこまで感動しなかったのですよ。買ってすぐに食べなかった私が悪いのですが、野菜の水分がパンに染み込んでしまったのが個人的にはマイナスで…。もう一度言いますが、私が悪いんですけどね。笑 そんな感じなので、バインミーには全く期待していなかったんですよ。そしたら、雑貨屋のお兄さんにバインミーの美味しい店を教えてもらったんです。そのお店はその雑貨屋さんから近く、言われたとおりに行くとすぐに見つかりました。ちょうど小腹が空…

  • #239 ホーチミンの横断歩道を渡ってみた。(2019.8)

    夏旅行について書くつもりが、季節は冬となり、新年を迎えてしまいました。しばらく放置してしまい、申し訳ございません。書きたいことも溜まっておりますので、またぼちぼち更新していきたいと思います。(←新年の抱負。笑) このように、ベトナムには歩行者用信号がほとんどないのです。 それなのに、このようなバイクや車のシャワーが…。そんなベトナム名物も、慣れれば渡れるようになるので今回はそのコツを書こうと思います。 だがしかし、私は以前ハノイで、一緒に車道を渡ろうとしたEさんのスーツケースに車がかすったのを目の当たりにしたトラウマがあったため、初めはドキドキでしたがね。汗 ベトナム観光初日の朝、宿からドンコ…

  • #238 ホーチミンに来たらココに泊まるべし。(2019.8)

    ホーチミンで利用した宿のJan Hostel Central Parkも素晴らしかったので紹介します。 オススメポイント ①バス停から近い 9月23日公園バスターミナルから徒歩5分ほどの距離なので、空港からバスで来る人も利用しやすい場所にあると思います。バスに利用による空港から宿までのアクセスについては#237をご覧ください。 ②Wi-Fi&選べる朝食無料 Wi-Fi無料はもはや宿を選ぶ必須条件となっておりますが、実際に泊まってみたら繋がりにくかったとか、共用スペースでしか使えないこともしばしば…。しかし、ここはちゃんと部屋でもしっかり使えました。パスワードも部屋にちゃんと書いてありました。 …

  • #237 タンソンニャット空港からバスで宿まで行ってみた。(2019.8)

    帰国から2か月近く経つというのにまだホーチミンのことが記事にできずにおりました。まさに放置ミン。 …イヤ、本当にスミマセン。苦笑 ホーチミン編第1弾はタンソンニャット空港から約100円で宿まで行ける方法を紹介します。安く済ませたい方にはオススメですよ。 カンボジアのシェムリアップ空港からホーチミンのタンソンニャット空港に向かいました。シェムリアップからのベトナム行きはハノイ便も含めたくさん出ていますが、私たちは21:35シェムリアップ発(22:50ホーチミン着)の便を選びました。 往路(ホーチミン→シェムリアップ)は片側2列のプロペラ機でしたが、 復路は3列ずつの飛行機でした。夜の便だからか、…

  • #236 カンボジアで買ったものや食べたものを挙げてみた。(2019.8)

    カンボジアで食べたものや買ってきたものをまとめました。なお、食べ物編の★の数は美味しかったほど多くついています。 ~食べたもの編~ ①カンボジア式BBQ★★★★ 焼肉と鍋のハイブリッド。ワニ肉も食べました。食感が面白くておいしかった!! (ドリンク代込で2人で18.2ドル@The Chef 1950 Steak House) 詳しくはコチラ↓。 ②ロックラック★★★★ ビーフステーキですね。ソースがデミグラス風なのが意外。 ③お粥★★★ クメール語では「ポッポー」と言うらしい。アンコールワット近くの大衆食堂にて。朝食にお粥はオススメだし、カンボジア人の朝食の定番でもあるみたいです。揚げパンも付…

  • #235 シェムリアップの宿で飲み会に参加してみた。(2019.8)

    居心地の良い町が見つかると、旅人はつい長居してしまうものです。と言っても、多動な私は同じ町には1週間くらいしか滞在しませんがね。行きたいところがたくさんあるんです。笑 今回シェムリアップで泊まった宿はドミトリーと個室のあるホステルでした。 ツインルームで1泊11ドルほど。立地を考えるとかなりお得かも。なお、フレディが常駐するイビスホテルは1泊5000円ほどでした。 我が宿のドミトリーはもっと安い(2.5ドル~)のですが、長期滞在者が少なくとも3人いました。しかも、滞在日数が2年というね。笑 そんな彼らに誘われて、シェムリアップ滞在最終日の前夜に宿飲み会に参加してきました。宿で定期的に行われてい…

  • #234 シェムリアップ盲聾学校であん摩マッサージを受けてみた。(2019.8)

    ヤンゴン、チェンマイに続き、盲人マッサージシリーズ第3弾。 カンボジアのフレディ・マーキュリーことSavetさんを連れまわし、シェムリアップ盲学校に連れていってもらいました。 この看板が目印。フレディには『中で写真を撮ってくるからちょっと待ってて!』と言って別れ、歩いて向かいました。すると迷っている私たちを見つけて『そっちじゃないからトゥクトゥクで送るよー』と我々の元までわざわざ来て、盲学校の入口まで送ってくれる優しさ。フレディよ、何ていい人なんだよ…。 盲学校の入口にはマッサージ店がありました。 関係者以外立入禁止のゲートバーが上がってました。 そうじゃん、今日は日曜日だから学校はお休みじゃ…

  • #233 シェムリアップのフレディ・マーキュリーがかなりいい人だった件について。(2o19.8)

    たくさんつれ回してしまっても、笑顔で私たちを受け入れてくれる懐の深さよ…。 You are the champion, Darlin.笑 件のマッサージを終えた後、徒歩圏外のお店に行くためにトゥクトゥクを探していました。いつものバイクタクシーもいいのですが、オート三輪型のトゥクトゥクも乗ってみたい…。が、目的地までの運賃は往復5ドル。うーん、なかなか高いねぇ…。 そんな中、ちょうどマッサージ店の前でトゥクトゥクの群れを発見。いつも横を通るときに『トゥクトゥク?』と声をかけてくるのです。その中の1人のおじさんに目的地を告げると往復5ドルと言われました。やはり、それが相場なのか…。 『3ドルはダメ…

  • #232 シェムリアップでクメールマッサージを満喫してみた。(2019.8)

    お姉さんを 指名したいよ 私だって (字余り) 東南アジアでは超破格値でマッサージが受けられます。値段はピンキリで、安いところだと1ドル~。10ドル払えばそこそこのマッサージが受けられます。 たまたま見つけたこのマッサージ店がなかなか良かったので今回はそのお話をします。 お店の前にメニューがありました。全身マッサージとフットマッサージ、あとはオイルマッサージもあったと思いますが、全身マッサージを60分してもらうことにしました。値段は1人10ドル。 お店に入ると、受付のお姉さんが迎えてくれます。 まずは足を綺麗に洗ってくれます。 部屋に案内され、専門着に着替えます。 その後、マッサージのお姉さん…

  • #231 カンボジアでワニ肉を食べてみた。(2019.8)

    ワニ肉、初体験♪ シェムリアップ2日目の夜はカンボジアBBQを食べました。たまたま、お店を見つけたのです。 1人8ドルで6種類のお肉、野菜、麺がついた鍋コースがありました。そのお肉の種類に注目。 牛肉、イカ、豚肉、鶏肉、ワニ肉、エビの6種かぁ…。んんん、ワニ肉??? ということで入店。笑 ゴージャスなソファの席に案内されました。笑 到着すると、おしぼりとお通し、ウェルカムドリンクが来ました。お通しは生春巻、ウェルカムドリンクは漢方のような味にハチミツを混ぜたような味でした。体には良さそうな味、ということにしておきましょう。笑 ストロベリーシェークはおしゃれ。 ほどなくして、鍋と材料が運ばれてき…

  • #230 雨季のカンボジアとベトナムの持ち物についてまとめてみた。(2019.8)

    アンコール遺跡群についての記事をとりあえず書き、他にもネタは色々あるのですが、今回は持ち物について書きます。 私たちがカンボジアとベトナムを訪れたのは2019年8月9~14日で、雨季真っ只中でした。実際、8月初旬にハノイに訪れたばかりの友人から話を聞いたところ、ずっと曇天か雨天だったと言われました。が、実際はほとんど雨に打たれませんでした。雨が降っても数分で止んだり、夜中の雨で被害がなかったりでした。そんな旅の持ち物を振り返りながら荷物について語ろうと思います。笑 必須なもの ①ビーサン 毎度毎度登場のレギュラー選手のビーサンです。シャワーで使えるし、雨天でも靴下や靴がびしょ濡れにならないから…

  • #229 午後にアンコール・ワットに再訪してみた。(2019.8)

    ランチを済ませてからは、アンコール・ワットに『再訪』しました。#225に書いた通り、早朝に訪れて以来、6時間ぶりの再訪です。笑 13時頃にアンコール・ワットに到着することに対して、『太陽が真南だから少し早いよ』ってアドバイスしてくれたバンさん(トゥクトゥクドライバー)でしたが、他に行きたい遺跡もないので、ワットに行くことにしました。笑 橋のすぐ近くで降ろしてもらい、14:30に朝と同じ駐車場で待ち合わせることにしました。タ・プロームでの失敗を活かし、集合場所と時間はきちんと確認しました。笑 新しい橋の沈む感覚にはいつまでも慣れません。胸がギュンギュンします。笑 橋を渡ったところに、サルの親子が…

カテゴリー一覧
商用