searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

mikiさんのプロフィール

住所
中央区
出身
西区

福岡より愛を込めて。

ブログタイトル
金曜倶楽部
ブログURL
http://fridayclub.hateblo.jp/
ブログ紹介文
金曜倶楽部(飲み会)の活動記録と備忘録
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2017/05/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mikiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mikiさん
ブログタイトル
金曜倶楽部
更新頻度
集計中
読者になる
金曜倶楽部

mikiさんの新着記事

1件〜30件

  • ここがバレた。

  • 黄金の精神と吐き気をもよおす邪悪

    アニメジョジョの5部、アバッキオが再起不能になってしまった。 俺はジョジョの28話に黄金の精神をみた。 時間や過程を吹っ飛ばし結果だけを残すボス。 過程や方法などどうでもよいDIO。 勝てばよかろうなのだ!のカーズ様。 それに比べて先輩警官の 「大切なのは真実に向かおうとする“意思”だと思っている。」 最高だ。 最後、アバッキオが握っていた破片。あれってジョルノのこと信じてたんだなって思うと涙が流れてくる。 ジョジョのキャラはみんな意味を残しながら死んでいくなー。

  • アジカンのライブへ赴く

    4/15@Zeep Fukuoka アジアンカンフージェネレーションのアルバム「HOME TOWN」のリリースツアーへ参加してきた。 アジカンの2ndシングル「君という花」は俺の青春だ。 www.youtube.com 心に爽やかな風が吹く。人肌恋しい秋が好きなのも、この音楽がリリースされた10月というタイミングのせいかもしれない。学生の思い出はアジカンの楽曲が彩ってくれている部分がある。 熱狂的なファンではないにしろ中2から今日までなんとなく聴き続けてきた。そんなアーティストって他にはスピッツくらいじゃないか。(ナンバーガール、ゆら帝、syrup16gは解散してしまったし。) 今回のライブで…

  • 認めて欲しいとか

    承認欲求の塊の人間は醜く、側にいると不快に感じる。 「認めろ」「いいねくれ」「羨ましいだろ」「すごいだろ」 そんな怨嗟の声が絶えないFacebookは俺には絶えられなかった。SNS上で「いいね」欲しさに目新しいモノに飛びつく様を“インスタバエ”と揶揄した言葉は上手いなと思った。 そのインスタバエを冷ややかな目で見ている俺だが、もしかすると俺はキラキラした日常を送るハエに嫉妬をしているのではないかとも考えたが、半分正解で、半分はやはり軽蔑している。羨望や注目によるナルシズムを刺激される快感はSNSの「光」の部分であり、いつもキラキラしないといけない重圧と、周りへの嫉妬、注目への執着は「影」だ。 …

  • 鹿児島

    3・24 鹿児島にある親父の実家。ここ10年間誰も住んでいない。いよいよ更地にすることになったので家の中を整理しにきた。 持って帰りたいものには際限がないため断念。 家中に酒と塩を撒いて家に感謝をしながら 庭で育った山椒の葉を食べた。辛い。 海亀の剥製はもらって帰った。 亀を持ってデパートをうろうろしていたので目立ったと思う。変な剥製を買わされたアジア人と思われてたかな。 昼飯は“こむらさき” 遺骨を持ってきたので、ばあちゃんが好きだったラーメンを食べた。 帰宅して戦利品の確認。なんだかんだ色々と持ち帰ってきた。黒千代香は一つ米来さんにあげよう。鹿児島の同郷の好しみで。

  • 無職の夫、ライカを買う夢をみる

    3・19 明日が最後の出勤日。 ステータスは無職。ノージョブです。 退職金で憧れのライカを買おうか検討中。 9月から中国に行くので日本の思い出を残したいし、これからの生活も写真に残したい。8年は務めたと思うんだが、退職金は一体いくらだろう。このleica M10のモデルの最安値が90万なんだけど、買えるかな。 今日はカツレツを食べ過ぎてお腹が苦しい。明日は嫁が遅番だし、一人で外食でもして静かに退職を祝おうと思う。 3・20 仕事最終日、眼鏡の加工機のメンテナンスをしていた。現在使っている「Le-1000」の加工機は6年くらい使っただろうか。今日まで18963枚のレンズを削ったらしい。 これだけ…

  • 無職の夫

    明日が最後の出勤日。 ステータスは無職。ノージョブです。 退職金で憧れのライカのカメラを買おうか検討中。 9月から中国に行くので日本の思い出を残したいし、これからの生活も写真に残したい。8年は務めたと思うんだが、退職金は一体いくらだろう。このleica M10のモデルの最安値が90万なんだけど、買えるかな。 今日はカツレツを食べ過ぎてお腹が苦しい。明日は嫁が遅番だし、一人で外食でもして静かに退職を祝おうと思う。

  • 白金 「赤間茶屋 あ三五」

    3/16(土)仕事終わりに米来さんと米来さんの弟くんと美野島商店街のたこ焼き屋「ヒロちゃん」へ。 たこ焼き1個500円。 味はソースマヨ、しょうゆ、素焼き、全部食べてみたが、素焼きが一番うまかった。 “チーズオムたこ”ってのも美味しかった。 たこ焼きに満足したら蕎麦が食べたくなった。 白金 「赤間茶屋 あ三五」 俺たちはカウンターへ通された。 大将「蕎麦、何にしましょうか」 米来さん「いや、とりあえずビールと何かつまみを」 すると出てきたのは「蕎麦味噌」 これはすぐに酒に切り替える必要がある。俺たちはビールをグビーっと飲み干し蕎麦味噌をつっつき始めた。蕎麦の香りが実に良い。 日当たりの良いカウ…

  • 嫁と義弟

    昨日は嫁の誕生日を祝いに平尾駅の近くの某焼肉店へ。 嫁の弟も参加してくれて、ほどほど賑わった。弟と会うのは5〜6回目になるかな。薄々気づいてはいたが、結構失礼なことを言う弟で、昨日もイラっとさせられた。その言動を注意しない嫁にもイラっっとした。20歳そこそこの小僧に何言われても動じることはないのだが、弟がバイク事故を起こした時は正直、結構迷惑をかけられたし、そこそこのことはしてあげてきたつもりだ。お見舞いに差し入れに、弟の彼女の交通費、クリスマスのプレゼント、壊れたメガネの新調、飲み代・・・。身内の人間に「してやった」なんて思いたくなかったけど、失礼な態度をとられ続けると思ってしまう。 だった…

  • 那の川:宝祥

    那の川の“宝祥” 白金に住んでた頃はよく通っていたが、平尾への引っ越してからはご無沙汰だった。 以前は気軽に入れてたんだけど、2年ほど前から常に満席の繁盛店になってしまった。良い店だからみんな嗅ぎつけるよね。今回は予約していった。名前覚えてもらってて嬉しかった。 “刺し盛り” イカ2本サービス? “寿司8貫”だったけど増量してくれた。 これからは予約して通わないとな。 今日は嫁のお母さんの弟、つまり“叔父さん”と飲みに行くことになっている。 “大人の飲み方を教えてやる”とのこと。 18:30に中洲商店街の櫛田神社前で落ち合うことに。中洲じゃん。

  • 西へ、

    ドア、シエリエス・・・ 米来さんと周船寺駅で降り、徒歩5分ほどで到着 1年ぶりの「あじ万彩」 ビールでけーーーー これで600円やけんね・・ 本日の目当ての“オコゼの活け造り” 持ち込み酒で乾杯 オコゼのあらで味噌汁 フグの白子を見つけたので白子酒を頼もうとしたら大将がカウンターで飲み始めたので諦めた。店を出て今宿へ。最近オープンした焼き鳥屋へ行くことに。 米来さん曰く「美味くも不味くもない、近くにあると助かる店」 確かに串は可もなく不可もなく。 しかしこの「豚の尻尾」には驚かされた。トロトロでめちゃくちゃ美味い。豚って耳から尻尾まで食べれるんだ。 そこそこに焼き鳥を堪能して米来邸に帰宅 太郎…

  • 通っていたお店が閉店した

    他人に気を使うタイプの人間でもどこかでバランスを取っている。誰かのために自分を譲っている分を、必ず何らかの形で取り返している。逆にわがままにしか見えない人も、知らないうちに誰かのためになることをして自分が損をしている。人間が一生のうちにできる“配慮”にはそんな決まりがあると思う。 ーーーーこれは誰のセリフだっけ。 土曜日の夜は今泉にいることが多い。住宅街のビル3Fに「ペンギン」というバーがある。 8年も通えば、ほとんどのお客と「お疲れです」と言葉を交わすくらい知り合いも増えた。誠に面白くもない駄弁に始まり下らない饒舌に終わるのだが、それが楽しかった。俺は配慮のないわがままなお客だったと思う。俺…

  • 神韻(SHEN YUN) の感想

    演劇を観に行くつもりでいたが、内容は中国舞踊の発表会のようなものでした。芸術鑑賞の趣味はないので、気の利いた御話はできませんがまとめます。 20項目ほどの演目があり、1項目ごとにナレーションが何を表現しているのかを説明してくれました。前半・後半それぞれ1時間あり、うち30分は寝てたと思います。 日本には「言わぬが花」や「以心伝心」という言葉があるように、主張を控えることに美学を感じる精神があると思う。侘び寂びの精神。中国舞踊の衣装は原色を多く使っていました。日本人には馴染みのない色使いは目がチカチカして最初は受け付けなかったが、次第に綺麗なものだなと思い始めました。乱れない集団の動きは指先まで…

  • ベストケプトシークレット

    嫁が飲食店でバイトをしていた頃のマネージャーが独立して平尾にお店を出したそうなので行ってきました。「フルヤ」というお店だそうだ。 平尾と薬院は飲食店の密度の割合は似ている。店が疎らにあるからそれぞれ個性豊かな名店なんだろうと思い込んでいるが、平尾はそこそこハズレのお店が多かった。今回は期待していいのだろうか。 フルヤは目立たないとこにありました。路地の奥にひっそりと。 そして今夜は勝ち戦だと直感した。この提灯を見てほしい。 この文字のフォントに不味い店はない。だが、酒がやたら高いと言うリスクを感じさせるフォントなのだ。。。 店に入るなり喜んで迎えてくれるマネージャーと嫁が楽しそうに話している。…

  • 池田エライザちゃんに会いに行こう!

    以前にユーモアについて書いた。 fridayclub.hateblo 「笑う行為って不思議ですね」というぼんやりした内容であります。あれからチラホラ書籍を読んでいると笑う行為の必要性を説いた文献があった。笑うという行為が及ぼす効果は未知数である。興味深い記事を見つけたのでまとめてみましょう。 1964年、平和運動家ノーマン・カズンズは周囲の心無い声により不快な思いに苛まされる日々を過ごしていた。そんなある日、身体に変調があらわれ、身体中が常に“トラックに轢かれているかのように”猛烈に痛み、身体が動かせなくなったそうだ。 病院での診断は、重度の膠原病。関節や皮膚、筋肉、臓器の結合組織が分解されて…

  • インフルエンザを待ちわびている

    職場の看護師がインフルエンザにかかったようだ。これで6人目である。 原則として感染者は1週間の自宅謹慎を強いられる。残ったスタッフ5人で仕事を回すが当然回るわけがない。 いくら捌いてもそれ以上に増え続ける患者さんとカルテの山に院長は癇癪を起こし悪態をつき始める。当然患者さんもキレる。これが1週間続くわけだが、インポッシブルである。インフルエンザにかかった方が楽に違いない。そもそも病院にインフルエンザが蔓延してるんだから閉院したら?と思う。 さらに今日は手術日。スタッフが3人手術のサポートに回るので、検査は2人で回すことになる。もう本当にインポッシブルである。インフルエンザに感染して明日は休みた…

  • 新年です

    ご機嫌よう ここ一ヶ月間、土曜日と日曜日は打ちっ放しで、とも兄にゴルフのコーチをしてもらっているのです。暖かくなる頃にはショートコースでデビューする予定です。 今後の仕事の付き合いのために始めたゴルフですが、最近ボールが「ぱこ!ぱこ!」っと気持ちよく当たるため楽しいと思い始めました。 ゴルフに取り憑かれた人曰く、「コースに出てからが100倍楽しい」らしい。 そんなことで、最近は習慣的に運動をするようになっており、適度に汗を流せば身体は受け入れる準備ができてしまいますから、せっかくですし、とも兄とビールを飲むことになってます。 とも兄は北九州からくるので毎度牡蠣を持ってきてくれます。 年末に嫁さ…

  • この現象は調べても見つからない

    甚だお暑いことで、こう暑いと寝つきも悪くなるというもの。眠りが浅いと人は夢を見るようだが、夢を見るにも体力を使うもんだから起きても疲れが取れてないことがある。今朝もそうだ。一体どんな夢を見たのか全く覚えていないが身体がひどく怠い。しかし、この『怠い』の代償に俺はとてつもない知識を手に入れてしまった。 朝目覚めると俺は“宇宙”を理解していた。 「宇宙って、そういうことやったのか」 ベッドの上で30秒〜1分ほど放心状態が続く。そしてこの世の真理、全てに納得した。俺たちがどこから来てどこへ行くのかも。まあもっとも、あまりのスケールの大きさとショックで全て忘れてしまったのであるが。 俺たちは“何か”に…

  • ユーモアについて

    ユーモアという言葉の意味を知っているだろうか。笑いのセンス?俺はそんな認識だ。 調べてみると、なんと“ユーモア”という言葉の意味は【体液】と表記されているのだ。 この体液の意味を持つユーモアという言葉がなぜ「笑い」のニュアンスを含むようになったのか。 むかし、西洋医学では人間の病気や体質を考える際に“体液”というものを重要視していたらしいんだ。体液というのは4つに分類され、血液、粘膜、胆汁、黒胆汁、これらのどの体液が優勢かで体質が説明され、4つの体液の不均衡によって病気が説明されてたそうだ。 とあるイギリスの舞台喜劇はこの体液の学説を利用して、体液の異常からくる変人を演じて観客を笑わせたそうだ…

  • 言いたいセリフ

    「悪りぃ、用事思い出しちまった。すぐ追いつくからお前ら先に行っててくれよ」 先を急ぐ中で俺だけ敵の追っ手の存在に気づいてしまう展開。仲間を先に行かせたあとシリアスな顔つきで俺は言う。 「…出てこいよ。いるんだろ」 「お前とは戦いたくなかった」 目的の違いから別行動をとった昔の仲間との再会。感動も束の間、かつての友は敵となっていた。両者が交えたのは握手ではなく拳。(2人の戦いを見守る仲間たちは涙ぐむ) 「峰打ちだ」 街を散歩しているところゴロツキたちに絡まれるトホホな俺。説得を試みるも往生際の悪い輩に鋭い刃が一線。眼にも止まらぬ俺の抜刀術で気絶する悪党。 ゴロツキ「こいつ、やりやがった!!」(圧…

  • 「早過ぎる死」という表現

    びっくり。最近バラエティ出てなかった? www.nikkansports.com テレビで「早過ぎる死」という表現で若い人を悼む気持ちは理解できる。しかしこれは「序列的に若いうちは死なない」という思いの裏返しなのかなと。そうだとしたら、それは多分普通だと思う。 www.sankei.com 一昨年、 博多区の原三信病院のロビーにタクシーが突っ込んで、患者さんとその見舞いに来ていた知人らを死亡させた事故が起きた。ニュースを見ていたら、なんだか見覚えのある名前だなと思ったら、亡くなった患者さんはうちの病院の患者さんでもあった。 なんというか、「事故で亡くなるの?」って思った。 だって、『病院』で『…

  • 友達が多い人には勝てない風潮

    なんだかんだ言って、友達の多いやつには勝てないところが社会にはあるように思う。もっとフォーカスを絞ると、俺の職場や知り合いの病院だ。お局が派閥を作り組織を形成する。ただの趣味や気の合う仲良しが集まったというものではない。明らかに徒党を組んでいる様子なのだ。 俺が見た中で、周りに人が集まるお局は、決まって人の心を掴むのが上手いのはもちろんのこと、人に自分の心を掴ませるのが上手い。 後者は『ツンデレ』に近い性格を持っている。しばらくツンっと不安にさせといてデレっと安心させる感じ。この心理は商売では当たり前のように働いていると思う。 徒党=政治だ。馴染めない人は長くは続かない。経営側からすると大損害…

  • AI住宅>>>>越えられない壁>>>>ペッパー>安全くん

    [AIロボットの実用化] 最近はAI技術が広く業界に浸透しているニュースがよく目に入る。そこそこ興味のあるトピックなのでどれどれと思い見るんだけど。 タッチパネルで注文を完了すると 「ご注文、承りました。」と言って、アームの関節がウィンウィン動いてコーヒを作り出す。すると、作りながら「そこらへんの人よりも美味しいコーヒーを作りますよ」なんてぬかす。もう、憎たらしいったらなんの。 おそらく将来、このAI技術の恩恵で便利な暮らしをさせていただくわけだが、未だに「本当にそんな時代が来るのか?」という感じだ。 ネットニュースで見た記事にこんなことがあった。 ある日、スーパーへ買い物にやってきたお客さん…

  • ミニスカート

    女のわがままに手を焼いている男は少なくないだろう。 『身勝手』『欲張り』『気まぐれ』 女の“わがまま”の意味する範囲は広い。女の気まぐれを真っ向に受け止めていると男はほとほと疲れてしまう。なぜ女という生き物は男を翻弄させるようなことをするのか。 [“わがまま”は女の愛情確認作業なのか] わがままの背景には「今の女のとしての“旬”を逃せば次はないかもしれない」という本能的な焦りがある気がする。 本来はじっくり時間をかけてより優れた遺伝子を選別したいところだが、遺伝子を受け入れられる期間は限られている。「時間をかけて男を選びたい」一方、「もう待てない」と言う気持ちが混在している。 それを踏まえた上…

  • 移民from親不孝

    福岡には『親不孝通り』と言う200mほどの通りがある。 先日行った屋台がこの通りにある。 名称の通り、夜になると血気盛んな若者で賑わう。ROCKやHIPHOPに精通したクラブ街として栄えているのでどうしてもBADBOYたちが集まるのだ。 あまり知られていないようだが、“親不孝通り”と言う名前の由来は、夜な夜な柄の悪い若者が朝まで賑わっているからと言うことではなく、家計に余計な負担を与える『予備校』がいくつも建っていたため“親不孝通り”と言うのが由来だ。今では少子化に伴い予備校も潰れ、地名の言霊の力もあってか治安はあまりよろしくない。 街のイメージ回復を狙い、名前の変更するよう運動が行われ“親不…

  • 屋台で感じた博多の性分

    俺は福岡で生まれ福岡で育った。ツヤをつければ“博多っ子”というやつだ。 先日、俺は屋台で飲んでいた。福岡の屋台にでも行けば当然同じ福岡の人間と顔を合わせてお酒を飲むことになる。学生からサラリーマン、ミュージシャンから年金のじいさんまで世間話の内容も様々だ。昨日はその中に観光で来たお客さんもいたわけだ。なぜか俺たち福岡の人間は旅行客をもてなそうとする。また来てくれるよう、福岡を好きになってくれるようにサービスをする。この衝動はなんだ。 博多は中世の時代から国際的な貿易都市として栄えていたため、客をもてなす性分はこの頃から根付いたのだろうか。 ビジネスで取引相手と良い人間関係を築くためにはどうする…

  • 焼酎のこと

    福岡で焼酎と言ったら何だろうと考えると、「黒霧」あたりが代表的だろう。次いで「島美人」だろうか。 焼酎を作る工程はイモを蒸し、コメから作る麹とともに仕込んで蒸留すると焼酎ができあがる。この蒸留工程で「もろみ」が残る。これを絞ったものが「焼酎かす」だ。 黒霧を製造している霧島酒造では、この焼酎かすの量が毎日約650トンに上るというのだ。どんだけ需要あるん。飲み過ぎや。最近、その製造工程から出るサツマイモのくずや焼酎かすを使って発電をしているらしい。「バイオガス発電」というやつだ。廃棄物の削減とリサイクル、発電による売電のまさに“一石三鳥”の技術だ。 今までは焼酎かすは農地にばら撒いて肥料にしてい…

  • 化粧とスッピン

    女性の化粧はすごい。化粧品がすごいのか、当人の技術がすごいのか、はたまた両方か。とにかくすごいなと感心する。だってすっぴんとのギャップがすごいんだもの。 そんな女性のスッピンを見たとき俺たち男は何を思うかと言うと。・幼くてかわいい。 ・意外と普通。 ・まあ、面影はある。 ・これから割り勘な。 ・▶︎たたかう にげる 大体はどれかに当てはまると思う。 化粧の上から素顔なんてのはなかなか見抜けない。そのギャップを良い事に「スッピンはこんなんでーす笑」という自虐ネタに走る女性たちがネットに現れ始めたのは8年ほど前からか。ニコニコ動画の「アキラ」という女性だった気がする。 これね。 とにかく関心した。…

  • デモの中継

    テレビをつけるとデモの中継が流されていた。2年前に安全保障関連法が可決されたとき「SEALDs」という集団が国会前でデモを起こしたのも記憶に新しい。 あのデモにどれほどの効果があったのかは俺には分からない。そもそも国会の前でデモを起こすことが場違いなことだったと思う。乱暴に言えば国民が選んだ国会議員が法案を通しただけなんだから、「選んだのは自分達じゃん」って話で。それを国会前で反対反対と叫ぶあれは相当な珍事だったと思う。 文句の矛先は国民に向けるべきであって、「あんな馬鹿を当選させようとしてるのはお前か!」とか、「ちゃんと投票行けよ!」って呼びかけるのが先のはず。それをいよいよ法案が可決される…

  • さり気ない女性差別

    www.j-cast.com 「ONE OK ROCK」というバンド、楽曲はまだ聞いたことはないが、人気の売れっ子バンドで、ボーカルがイケメンだということも知っている。イケメンバンドマンに男の俺が物申すと「僻み」かと思われるんだろうけど。 上の記事の内容は、ボーカルの「TAKA氏」(以下:タカシ)と、ハリセンボンの「春奈氏」がじゃれ合いつつ、タカシが強引にキスを迫るというものだ。春奈氏は「(ファンに)殺されちゃう!殺されちゃう!殺されちゃう!」と抵抗するんだけど敢え無く頬にキスされるというものであった。 一見微笑ましいプライベートの一コマのように見える。もちろん二人の仲が睦まじいということと、…

カテゴリー一覧
商用