虫籠窓の古民家
住所
備前市
出身
岐阜市
ハンドル名
86bdhiさん
ブログタイトル
虫籠窓の古民家
ブログURL
https://86bdhi.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
瀬戸内の古民家に移住計画進行中の顛末です
自由文
-
更新頻度(1年)

115回 / 276日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2017/05/26

86bdhiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(IN) 23,161位 22,699位 20,760位 25,838位 25,736位 22,029位 18,540位 969,560サイト
INポイント 0 20 30 10 0 0 0 60/週
OUTポイント 10 210 130 140 70 40 140 740/週
PVポイント 10 730 640 660 480 490 640 3,650/週
住まいブログ 524位 530位 490位 546位 544位 489位 434位 23,306サイト
古民家再生 11位 11位 10位 11位 11位 12位 8位 145サイト
ライフスタイルブログ 1,760位 1,768位 1,641位 1,860位 1,872位 1,741位 1,497位 65,698サイト
田舎暮らし 92位 93位 84位 99位 103位 95位 88位 2,281サイト
古民家暮らし 12位 11位 12位 13位 14位 13位 10位 183サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 12,289位 12,015位 12,037位 11,931位 11,590位 10,710位 9,875位 969,560サイト
INポイント 0 20 30 10 0 0 0 60/週
OUTポイント 10 210 130 140 70 40 140 740/週
PVポイント 10 730 640 660 480 490 640 3,650/週
住まいブログ 328位 325位 316位 310位 304位 275位 248位 23,306サイト
古民家再生 9位 9位 8位 8位 7位 5位 5位 145サイト
ライフスタイルブログ 1,166位 1,153位 1,165位 1,163位 1,128位 1,073位 1,012位 65,698サイト
田舎暮らし 65位 63位 64位 62位 60位 59位 56位 2,281サイト
古民家暮らし 7位 7位 6位 7位 7位 4位 3位 183サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(PV) 5,112位 5,070位 5,084位 4,960位 4,746位 4,644位 4,591位 969,560サイト
INポイント 0 20 30 10 0 0 0 60/週
OUTポイント 10 210 130 140 70 40 140 740/週
PVポイント 10 730 640 660 480 490 640 3,650/週
住まいブログ 183位 183位 182位 182位 182位 174位 172位 23,306サイト
古民家再生 5位 5位 5位 5位 5位 4位 4位 145サイト
ライフスタイルブログ 461位 457位 459位 455位 440位 436位 429位 65,698サイト
田舎暮らし 20位 19位 19位 19位 17位 17位 17位 2,281サイト
古民家暮らし 1位 2位 2位 1位 1位 1位 1位 183サイト

86bdhiさんのブログ記事

  • 夏水仙

     夏水仙  恥ずかしながら、この植物のことは今回初めて知りました。ピンクのとても美しい花です。調べてみると野辺にいくらでも見つけることが出来る、ありふれた植物だそうです。 梅雨前までは、この花の位置(門前の車寄せ横)に大きな肉厚の緑の濃い葉をつけた植物がありました。それが、いつの間にか消滅していました。8月の中旬になって、突如何やら怪しげなものが地上に出現しました。きのこではないし、何だろう、気の...

  • 周辺ドライブ

     夏休みらしいレジャーもしないまま、休暇が残りわずかになってきました。前回に引き続いて昼食がてら近所にドライブに出かけます。 最初の目的地は、以前から気になっているスポットです。水門町をクリックして航空写真をみてください。水路の真ん中に小島がありその中に民家があります。橋のようなもので両岸に連結されています。ここは岡山市東区水門町、行って見てわかりましたが橋のようなものは水門でした。 小島の中には...

  • 台風一過の朝焼け

     台風が去った翌朝、ひょっとしたらいつもと違う日の出の景色に出会えるかもと期待して、前回訪れた布浜に向かいました。この日の日の出時刻は5時22分。 東の地平近くの空には雲が厚く掛かってしまっています。これでは、陽光によって空や雲が綺麗に染まることはありません。撮影の色温度を寒色に変化させています。実際には全面グレーな感じです。 雲のフィルターを通しているので太陽の姿が映りました。こちらは少しだけ暖...

  • 美和神社と夢二の生家

     台風が接近して今晩からしばらく雨と予報されています。まだ青空が広がっているので近所にドライブに出掛けます。 お隣の瀬戸内市の須恵地区の幹線道から1.5kmほど山道をたどり、頂に上がると瀬戸内海と小豆島が望めます。ここには美和神社があります。奈良の三輪山や大神(おおみわ)神社とこの付近で須恵器を作っていた一族に深いつながりがあったことを連想させます。 山を下って10分ほど行くと今度は、竹久夢二の生家...

  • 掛け軸の架替え

     夏らしく滝と鮎の掛け軸をかけていましたが、あまりに暑くて夏らしさがうっとしくなってきました。気分を変えるべく掛け軸を架替えます。 中島有章の「月に蝙蝠」と森狙仙の「猿図」です。どちらも真筆ということでが、合箱で極めもありません。ちょっと怪しいのですが、よく描けていて気に入っている二幅です。 森狙仙の本物が私のところに来るのは有り得ない話のようにも思えます。よく見ると猿が捕まっている棒が、途中で消...

  • 夏の花

     今年もタコサゴユリが咲いてくれました。昨年の記録を見ると8日でした。今年は蘇鉄の庭の整備が進んだので昨年より日当たり、養分、水の環境が良くなったようで1つの株に複数の蕾を付けてくれました。 4月に植え付けたキキョウも綺麗に咲いています。 何か分からなかった細葉の草が紫の花を咲かせています。これでヤブランだと分かりました。秋になったら株分けして増やそうと思いました。...

  • 水辺の生き物

     古民家の周りに住んでいるカニを中心に水辺の生き物を紹介します。 蔵の基礎になっている石垣の隙間に沢山のカニが隠れています。複数の種類が混在しているようですが、どれもベンケイガニの仲間のようです。 こちらは先日刈ったヨシの辺りにいたカニ。アシハラガニでしょうか。とても足が速いカニです。 ほんの1分ほど下流に向かうと泥が溜まった干潟のようなところがあります。ここには巻貝の仲間、カニ、小魚がいます。写...

  • 蔵戸を塗装する

     陽が傾き乾燥させていた蔵戸の様子を見に行きます。強烈な日射で乾燥が進んでいるようです。あと二、三日は乾燥させようと思っていましたが、塗装しても良さそうです。屋外に出しっぱなしだと突然の雷雨などに気を使わなければなりません。ちょっとフライング気味ですが塗ってしまいましょう。 今回はベンガラを多めにして赤を強めにしようと思います。柿渋にベンガラを配合しますが、顔料のベンガラと水性の柿渋が馴染まないの...

  • 魚の買い出し

     午前9時に五味の市に向かいました。いつもは昼近くになって尋ねていましたので、残された魚種が少なくなっています。大きめのガラエビを調達したいと思っていました。また朝の早いうちには、どんな状態なのか知りたかったのです。 沢山の種類のエビが並んでいました。塩茹でになるような大きなガラエビ(右下の500円の表示のもの)はありませんでした。1000円、2000円と高額なエビは車海老とアカアシ。刺身でも食べ...

  • 蔵戸の洗浄

     台風一過、快晴の上に空気が澄んで透明感のある夏景色が広がっています。 古民家に隣接する畑にレンガで作った焼却炉を移設します。畑が作物で手狭になり、草などを燃やすことが難しくなってきたからです。レンガなどを一輪車に積み込んで引っ越しです。 引き続いて、前から気になっていた蔵の戸を清掃して塗装をし直そうと思います。今日は戸を外して鍵の金具の錆落としと水洗い、乾燥です。ブルーシートで塀を養生し、蔵戸を...

  • 謎の訪問者

     久しぶりに台風の影響でやっとまとまった雨が降りました。雨は雨で屋外活動ができません。真夏はあくせくせず、ノンビリしろということでしょうか。 玄関戸をよく見ると小動物の足跡が見えます。白いのはムカデ退治用に撒いたクスリです。足にクスリが付いたまま、玄関戸にジャンプしているようです。指が4本見えます。昨年も蔵の框に痕跡を残していった猫のようです。 足についたクスリを舐めないと良いのですが。そういえば...

  • ハーフドームの景色

     今朝は雲ひとつない快晴。台風が近づいてきているようですがまだ、その影響は全くありません。 陽が高く昇らないうちなら散歩ができそうです。小川の淵に植えたヒマワリの花に見送られて、「乢(たわ)」に向かいます。 「乢(たわ)」手前の溜池「鴻ノ鼻上池」にはヨセミテのハーフドームのような山(明地山)が映り込んでいます。 暑すぎて日中は何もできません。座敷に寝転んで扇風機に当たっているだけです。 この日の夕...

  • 空港へお見送り

     今日から妻と義母は6日間、東北旅行に出かけます。しばらくは猫さんたちと私だけの古民家生活になります。お昼ぐらいに岡山桃太郎空港に二人を送り届けます。今日は羽田に飛び、浅草の仮住まいに一泊し、明日に東北に新幹線で向かうようです。 出かける前に畑のミニメロンを収穫します。まだ1つも食べていないので味はわからないのですが、こんなに大きいのが収穫できました。本当に小さな苗だったのですが、これから5、6個...

  • 公民館の周りの草刈り

     8月2日の晩から古民家に来ています。リモート勤務と夏季休暇を連結させて半月ほど古民家に滞在する予定です。 朝からセミが鳴いています。暑くて日中は何も行動できません。お昼に日生に出掛けて「穴子のひつまむし」を食べました。その足で携行缶にガソリンを給油します。今後の草刈りや雑木の伐採に備えます。8L仕入れましたが、恐らく春までもつと思います。 夕方になってやっと屋外の行動ができそうです。 小川を挟ん...

  • 地名 「乢」

     見たことがあるようで、無いようなこの漢字「乢」。読めますか。 古民家に付属した土地のうち地目:山林の2筆に、この「乢」が使われていました。売主になった不動産会社に読み方を訪ねましたが、即答はできずに後日教えてくれました。「乢(たわ)」です。 その意味は、「山の尾根の窪んだ所」、「稜線の鞍部」、「峠」のことだそうです。集成図を頼りに現地に行って分かりましたが、確かにこの土地は2つの山(妙見山と八幡...

  • 不思議な写真

     古民家に居る妻からLINEで写真が送られてきました。玄関にボーっと現れた白い影のような何かが映っています。良く見てください。玄関の窓ガラスにも小さな何かが映っています。 玄関灯の明かりに虫が集まってきます。それを目当てにカエルなども集まるのですが、ガラスに張り付いているのはヤモリです。このところ、毎晩出勤してきます。 それが気になってしょうがないのが、次男のグレースです。(名前は女の子ですが、体...

  • 単身赴任のような週末

     「金曜の夕方から移動し、月曜の朝に東京に戻ってそのまま勤務」という単身赴任者のような週末を初めて経験しました。3泊4日を過ごしましたが、雨が多く、止み間もひどく蒸し暑くて、これといった作業が出来ませんでした。 古民家に向かう便は、早くから天候調査の対象になりすんなり帰れるかどうか心配しました。岡山空港は山を切り崩した頂上付近にあり、梅雨時に濃霧にすっぽり入ってしまい視界不良となるのです。昨年も、...

  • 黒い床を磨く

     これは昔の写真です。リフォーム直前の縁側の様子です。文字通りの濡れ縁で、外部とは雨戸で仕切るだけでした。 長年空き家にしていたため、床板は真っ黒でした。リフォーム中に、クリーニングしていただきましたし、自分たちも念入りに雑巾掛けしましたが真っ黒なのは変わりません。何度ぞうきんを掛けても雑巾、バケツの水が真っ黒になるのですが、床板も真っ黒のままだったのです。 うちの猫さんたちは、ときどき毛玉を吐き...

  • カンツバキの植付け

     今日は久しぶりに朝から晴れです。さっそく昨日求めてきたカンツバキなどを植え付けます。 中庭に4株とコクチナシ。前庭に1株を植え込みました。冬の時期に咲いてくれる樹木がなかったので、カンツバキが彩りを与えてくれることを期待しています。上手く育てて樹高を1mぐらいにしたいと思います。 リフォーム直前の玄関前の様子と現状を比較しておきます。  植付けの後、竹が復活してしまった畑の草刈りに出かけます。竹...

  • 再び園芸センターへ

     今日の天気予報は一日中、雨です。屋外の作業はほとんどできません。蔵の棚が完成したので、掛け軸と備前焼の引越しぐらいしかすることがありません。 昨日、園芸センターで見たカンツバキを調べてみると植込み適時に梅雨も含まれていることがわかりました。何でも春先の2、3月という訳ではなく広葉常緑樹は梅雨時期が良いようです。根が張って定着が完了するのに2年もかかるため、植込み時期が多雨の方が都合が良いようです...

  • 棚の完成

     朝、目が覚めて窓の外に目をやると塀の瓦の上に何やら茶色の動物が座っています。眼鏡を外しているとぼんやりして俄かに何がいるのか分かりません。てっきり次女のヒナが何かの拍子に表に出てしまい、塀に飛び乗ったのだと思い込みました。 「ヒナが外に出た」と私が声を出したので妻も起きてしまい外を見ます。「猿じゃが(ジャガイモの一種ではありません。岡山弁で”猿だ”)」 慌てて眼鏡をかけると、間違いなく猿です。「早...

  • 材料の搬入や猫の予防注射

     このところ雨が多い瀬戸内地方。久しぶりに午前中は晴れの予報が出たので先日訪問した布浜に朝日が登るところを撮影に行きました。4時15分に古民家を出発。現地に到着してみると東の空は雲で覆われています。綺麗な朝焼けは望めませんが、少し粘ってみます。 ホームセンターには8時半に棚の材料を受け取りに行くと連絡しておきました。軽トラックを借用し、納屋に運び込みます。 畑の方は、雨が続いているのでキュウリとナ...

  • 棚の材料の買付

     朝から雨と激しい風が吹いています。午前中は外での作業はできそうにありません。 ホームセンターに蔵の二階に取り付ける棚の材料を調達しに出かけます。かねて検討していたようにツーバーフォーの材料を使います。1×4(6フィート)を16本、これは棚板になります。2×4(6フィート)を10本は構造部分です。全長3640mm、高さ1060mm、奥行き456mm、棚板が2段になります。 木材の材料代は、1×4の単価が278...

  • 東京出張と竹の伐採終了

     9日は東京で仕事をして、翌10日にトンボ帰りです。朝7時10分の飛行機で会社到着が定時の9時を5分ほど遅刻という状況。夜は大事なお客様と会食が予定されており、長い1日になりました。 梅雨の時期ですが雲の合間から古民家がある備前市付近の景色が見えました。遠くに見える大きな島は小豆島です。 古民家に到着して一休みの後、竹の伐採に出かけます。1本を残して全量伐採できました。1本だけ残して、大きくして庭...

  • 蔵の窓枠

     午前中の比較的涼しい時間に2回目の竹の伐採に出かけます。前回はヤブ蚊に苦しめられたので携帯用の蚊取り線香を2つ付け、虫除けスプレーも念入りに振りかけ準備します。これで30分は保つことがわかりました。これ以上は、汗で虫除けスプレーが流れるようでヤブ蚊が身体の周りにブンブン飛ぶようになります。 無理に長居せず引き上げましたが、作業は進んで後1回で全ての竹を駆除できそうです。 古民家に引き上げると、石崎...

  • 三石 山陽本線脇の苔

     今朝は義母と3人で伊部駅の構内にある喫茶店で朝食をとりました。珈琲は地元の備前焼のカップで供されます。のんびり朝食を楽しんだ後は妻の職場の近くのJR山陽本線の三石駅近くにドライブです。ここは古くから耐火煉瓦で栄えていたようで、線路の橋脚などはレンガがふんだんに使われた贅沢なもので、天井がアーチ型になって意匠もモダンです。 4連のアーチが綺麗に並んだ三石金剛川橋梁 は、土木遺産にも登録されているそう...

  • 玄関前に砂利を敷く

     玄関前の草刈りに手を焼いた妻は、裏庭と同様に防草シートと砂利で覆い尽くすことを決意しました。今日はその施工日になります。朝7時半ごろ、いつも世話になっている庭師さんが古民家にきました。二人で施工する予定だそうです。 午後には久しぶりに義母が来てくれるそうなので、新鮮な魚を求めに出かけます。日生の五味の市でタイとベイカ、白身の小魚を仕入れました。大きなタイは、お刺身とアクアパッツァ。ベイカは木の芽...

  • 古民家から福岡出張

     午前中は九条ネギを栽培していた畝の整理しました。畝の整理で出た土を移動させて、新たな畝を2つ作りました。これらには後日、ニンジンとビーツの種を植えるつもりです。元の場所は、明日の作業のために空き地にしておきます。 ついでに子枝が充実してきたミニトマトの支柱立てをしました。1株から沢山の枝ができ、そこにたくさん実を付けてくれます。食べ頃になると収穫は鳥との競争になります。今のところ、当方の分が悪く...

  • 竹の反撃

     中国地方も梅雨に入っていますが、今日は曇りの予報です。朝から晴れたり曇ったり、とても蒸し暑くなっています。 昨日、ビックリさせられた上の畑に竹切り用のノコギリと剪定バサミを携えて向かいます。まだ成長期で太くなった竹はありませんが、本数では以前とより沢山生えています。生えている場所は、以前より拡散して高い木の間、畑の中央部に進出してきています。恐るべき竹の生命力です。(先月までは、ここには1本の竹...

  • 蘇鉄の剪定

     20日ぶりの古民家になります。たった20日ですが自然の逞しさには圧倒されてしまいます。 この株は花が咲いて実を付けていて葉が一枚もなかったのです。 参考までに、花が咲いていた頃の様子です。 よく見ると新芽は先端がカールしていて、可愛らしい姿です。 さっそく剪定して小ざっぱりしました。新芽は立ち上がって横に広がっていないので庭の地面が広く見えます。 自然の逞しさが蘇鉄や畑の作物だけなら良いのですが...