searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

dangoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ときどき野虫の会
ブログURL
https://yubidango.at.webry.info
ブログ紹介文
散歩や庭で出会った虫たちや花や草木の、のんびりブログです。
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2017/05/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、dangoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
dangoさん
ブログタイトル
ときどき野虫の会
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
ときどき野虫の会

dangoさんの新着記事

1件〜30件

  • イチモンジセセリとチャバネセセリ ダンギクでランチ・編

    今年は庭のダンギクが綺麗に咲いて、小さい蝶たちや蜂や蛾たちが物凄く沢山通って来ます。 中でもイチモンジセセリはたくさん通って来る。一見小さくて地味~な茶色で目立たないですが、でも陽に当たった体はキラキラ緑に輝いて綺麗です。頭デカくて可愛い。

  • ジャコウアゲハ 母の訪れと秋の訪れ・編

    夏に見事にツルッパゲになったウマノスズクサですが、9月に入って新芽が伸びてきました。すると、9月中旬に8月にはほとんど見かけなかったジャコウアゲハがやって来ました。 「そろそろご飯増えたかしらね」って分かってるんでしょうか。卵を十数個産んで去りました。

  • クワコ 末っ子の羽化とみんなの繭で折り鶴・編

    ※「モフモフが出て来た・編」の続き。 ついに末っ子が羽化。5齢終齢の繭で他の子より少し大きめだったので「もしかしたらメスかな~」とか思ってましたが、他の子となんら変わらず3cm程の小さくてスマートなオスが羽化しました。終齢幼虫の齢が4齢か5齢かは雌雄には関係ないのか・・。(クワコはメスも櫛形の触覚らしいので体の太さや大…

  • クワコ モフモフが出てきた・編

    ※「末っ子幼虫5齢になって繭作る・編」の続き。 終齢4齢の子ら(末っ子以外の子ら)、始めに繭を作った子から順次羽化開始です。 繭作りを始めた日から数えて15日目の羽化です。 朝見た時は変化無かったのですが、昼前にもう一度見たらすでに羽化してました。羽化の瞬間を見たかったのですが、やっぱり繭の中にいると前兆が分からない…

  • ヒメジャノメ 小さな目玉がたくさん・編

    ※「極小幼虫の育ての親になる・編」の続き。 蛹化したてはテカテカ黄緑だった小さな蛹も、 翌日には乳白色に変化しました。

  • クワコ 末っ子幼虫5齢になって繭を作る・編

    ※「小さな小さな黒い毛虫~繭作り・編」の続き。 先月庭で見つけたクワコの1齢幼虫。全部で7匹保護したのですが、うち1匹は2齢で死亡・1匹は3齢で死亡、でも、残り5匹が順調に成長し、4匹は続けざまに繭になりました(先日のブログ参照)。 そう…

  • クワコ 小さな小さな黒い毛虫〜繭作り・編

    8月中旬、庭の桑の木にクワコの幼虫を見つけました。当日か前日かに孵化したと思われる、極細で極小の3mmくらいの黒い毛虫。 クワコはカイコの原種なので、生まれたて幼虫は姿が似ています。カイコの孵化したての幼虫は黒い毛の生えた小さな姿を蟻に例えて「蟻蚕(…

  • ヒメジャノメ 極小幼虫の育ての親になる・編

    8月上旬、酷暑に庭の草むしり。なるべく自然のままにしたいと放置している庭(手抜きではない)だが、人が歩く場所は時々手入れをする。 草むしりを終えて、パニックになってる虫らに「ゴメンね・・」と許しを乞いつつ土を眺める。と、なんか小さくて細い白いのが土の上でもがいてる。よく見るとお尻が二股で頭が黒い。そしてそこには2つの角がっ!ジャノメチョウとかの幼虫では?と急いで拾った。

  • ムラサキウスアメバチ 紫色にテラテラ光る・編

    散歩中に大きな黒いハチが葉裏で休んでいるのを見つけた。 真っ黒な体、長い触角はオレンジ色、腰から腹部はキュウッと細く、その腹は縦に扁平。大きさは3cmほどと大きい。 そ~っと近づいたら地面に降りました。陽に当たると羽が紫にキラキラ光ってとても綺麗。 …

  • ジャコウアゲハ 羽化と貧弱な食草・編

    ※「成長と蛹化・編」の続き。 蛹化11日目(孵化27日目)、はじめに蛹化した子が羽化しました。 メス。 翌日~翌々日にゾクゾクっと6匹羽化。

  • ルリタテハ トゲトゲ幼虫とキラキラ蛹の羽化・編

    春先に2度ほど庭で見かけたもののサッサと去ったルリタテハ 。その後はパッタリ姿を見なくなり、家の周囲が怒涛の工事地獄で荒れ放題なこともあり、「今年も来ないよね~」とすっかり諦めて、サルトリイバラもホトトギスも観察しなくなって久しいある日。 庭木の剪定をしようとしてハサミを落として拾おうとしゃがんだその目の前、サルトリイバラの葉裏に白のトゲトゲがビッシリ生えた見覚えのあるオレンジ色の幼虫がいた。

  • ジャコウアゲハ 成長と蛹化・編

    ※「羽化と孵化・編」の続き。 みんなで3齢になってから、みんな個々に行動するようになってきました。 孵化10日目、4齢一番乗りの子。

  • ナミアゲハとキアゲハ おかしなふたり・編

    我が家の庭には、蝶の食草にルー(別名ヘンルーダ)というハーブがある。青みがかった緑色の葉は柔らかな曲線を描いた羽状複葉でなかなかカワイイ。常緑低木で春に黄色の花を咲かせます。葉の香りは独特で、ミカン科なんだけど爽やかさは無くモワッとした変な匂い。嫌…

  • ジャコウアゲハ 羽化と孵化・編

    ※「コンペイトウ幼虫はウマノスズクサ似・編」からの続き。 先日保護したジャコウアゲハが次々と羽化。 メスも、 オスも。(春の子より赤が薄いし黒も弱いけど、オスです…

  • オオコンボウヤセバチ ホソナガイ宇宙人・編

    庭のフェンネルには毎朝たくさんの蜂がやって来てとても賑やかです。 そんな中、最近よくやって来るひときわ体の細い蜂がいます。 オオコンボウヤセバチのメスです。 細すぎて目立たないのに妙に目を惹く体型、長~い産卵管が体の細さを更に際立たせています。体…

  • クロアゲハ 大きく美しい黒・編

    昨年は我が家での産卵は見られなかったクロアゲハですが、今年はキンカンによく訪れる。 6月に数匹保護。 3齢。相変わらずのツヤツヤ出来立てな鳥糞っぷり。 4齢なりたて。

  • ジャコウアゲハ コンペイトウ幼虫はウマノスズクサ似・編

    今年はウマノスズクサがとっても元気に育って、花もどんどん咲いていて、あとはジャコウアゲハの来訪を待つばかり。と思っていたが、とんと見かけないまま7月になってしまいました。 あんまり花がよく咲くものだから、種でもできたら嬉しいなぁと花を眺めていたら、…

  • ダイミョウセセリ番外編 黄色い繭から〇〇コマユバチ・編

    昨年の秋に黄色い繭を大量生産してなくなっていったダイミョウセセリ達(過去ログ「黄色い繭を大量生産・編」見てね)。寄生蜂であろうその繭は年を跨いで春を迎えても羽化しませんでした。 そして先日、この春に保護した5匹のダイミョウセセリのうち4匹は無事羽化しましたが、最後の1匹にその時が訪れたのでした。。 ある朝床にポ…

  • ダイミョウセセリ 小さくも力強い黒・編

    ※「大きな5齢と宙に浮く蛹・編」の続き。 蛹発見後6日目、蛹の目の色が赤く変わりました。 24時間後には目の色が黒くなった。

  • アオスジアゲハ キラキラな羽化と雌雄判別・編

    ※「若葉な蛹と枯れ葉な蛹・編」の続き。 蛹化から8日後の夕方、若葉色の蛹の色が変化。顔色が少~し黒ずんできました。 その後徐々に顔~羽~全身と真っ黒になっていき、 …

  • トウキョウヒメハンミョウ 蓋するニラムシと地味なミチオシエ・編

    近所の公園の木陰に竹串を刺した様な穴が沢山開いている。直径3mmほどの丸い穴。 よく見ると時々穴が塞がったり、、

  • ダイミョウセセリ 大きな5齢と宙に浮く蛹・編

    ※「葉を折り畳んで巣を作る・編」の続き。 先日のブログで巣作りに勤しんでいた2齢幼虫、なかなか姿を見かけないながらも着々と大きくなっていき、前回の巣作りから4日後に見た姿は ↓ 3齢に成長。巣も少し大きくなりました。

  • アオスジアゲハ 若葉な蛹と枯れ葉な蛹・編

    ※「本格的に三角幼虫・編」の続き。 孵化から20日目、前蛹になるために準備開始です。体の色が透明感の増した綺麗な黄緑色に変わっていました。 (隣の5齢と比べると色の違いがよくわかります)

  • ジャコウアゲハ 末っ子越冬蛹の羽化・編

    昨年秋に越冬蛹になったジャコウアゲハらは、先月初めに続々と羽化して一安心(過去ログ見てね)、総勢6匹が旅立っていったのですが、じつは1匹だけ全く変化の無い蛹がありました。 同じ条件で育ったのに、、同じ条件で越冬していたのに、、そぉっと触れるとちゃんとピコッと動いて生きているのに、、寄生されてる様子も無いのに、、羽化…

  • アオスジアゲハ 本格的に三角幼虫・編

    ※「トゲトゲ幼虫と連なるウンチ・編」の続き。 孵化10日目に4齢になりました。食欲も旺盛になって来てよく歩き回るようになりました。 アオスジアゲハの幼虫は、葉の上に…

  • ダイミョウセセリ 葉を折り畳んで巣を作る・編

    近所の公園やお散歩コース、我が家の庭でもオニドコロの芽がニョロニョロと伸び始めました。5月下旬、そろそろダイミョウセセリの幼虫に出会えるかなぁと気にしていましたらば、見つけました。 卵と小さな巣。 コロナ禍での緊急事態宣言が解除になってすぐのこと、…

  • アオスジアゲハ トゲトゲ幼虫と連なるウンチ・編

    シロダモの新芽。枯れてるんでは?っていうような茶色だし・デレンと垂れてパリッと感は無し・毛だらけだし変な新芽です。因みにコレ↓は我が家のシロダモ。 こんな特徴的な葉ゆえ、公園の中などにあると見つけやすい木です。 そして毛だらけの新芽に小さな穴が開…

  • ヤマトハキリバチ 小さな盗人再び・編

    以前ブログに登場したヤマトハキリバチ(『小さな盗人・編』見てね)。あの後も、毎年5月頃になると我が家のハナノキやアオダモの葉に小さな丸い穴が開きます。…

  • またコンニャクの花

    昨年のゴールデンウィークに見事に花開いたコンニャクの花。(過去ログ『コンニャクの花』見てね) 結局その後、花は結実せずに1ヶ月後にはクニャリと折れて萎れてしまった…

  • ムネアカアリバチ 赤い胸のお母さん・編

    クロヤマアリがミミズを運んでいたので眺めていたら、その脇を同じくらいの大きさの胸の赤い何者かがチョロチョロとさまよい歩いている。 (↓結構素早くてピントがなかなか合わないが。。 ムネアカアリバチのメスです。ほんとアリにそっくりな形。でも胸が赤…

カテゴリー一覧
商用