プロフィールPROFILE

dangoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ときどき野虫の会
ブログURL
https://yubidango.at.webry.info
ブログ紹介文
散歩や庭で出会った虫たちや花や草木の、のんびりブログです。
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2017/05/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、dangoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
dangoさん
ブログタイトル
ときどき野虫の会
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
ときどき野虫の会

dangoさんの新着記事

1件〜30件

  • ダイミョウセセリ デップリと冬に備える・編

    それは遡って10月中旬の散歩。9月に刈られた近所の公園の鬼野老の芽が少しづつ伸びてきたので、またダイミョウセセリの巣を探すべくフラフラしていると、、見つけました~。フフフ 生まれたばかりであろう小さな小さな幼虫4匹。もしかして我が家で9月の末に羽化したダイミョウセセリらの子供かもしれないよ、と保護。

  • クマバチ 細目美人は女の子・編

    だいぶ寒くなってきましたが、まだまだクマバチは活発です。暖かい日には庭のホトトギスの花に通ってきます。 ホトトギスの受粉を助けてくれるのね~。と思いきや、、 ・・おや?なんだか花の向きと逆さまにくっついている。

  • コカマキリ オシャレなピンク・編

    6cmくらいのコカマキリのメスに会いました。お腹が少し大きいから多分お母さん。 庭のダンギクで餌待ちのコカマキリ母さん。ダンギクは小さなハチやハナアブやクモやチョウが来ますが、最近の雨風で花がみんな落ちちゃったからもう餌は来てくれないかと。。

  • ベニシジミ フジバカマでランチ・編

    今月中旬ごろから我が家の庭の一角ではフジバカマが綺麗に花を咲かせています。 フジバカマは非常に優秀(色んな虫を沢山呼んでくれる花なの)で、毎日チョウやハチが来て賑やかです。雨上がりのフジバカマはほんのり道明寺(和菓子の)みたいな香りがして良い。 先日は久々にベニシジミに出会えました。

  • キアゲハ また蛹が幼虫おんぶしてる・編

    今年はすっかり脇役の感があるキアゲハですが、ちゃんと来訪しております。 保護した子にこんな子ら ↓ がおり、ちょっと微笑ましい。 先にできた蛹に幼虫がくっ付いておんぶしてるの。 翌日、蛹が蛹をおんぶしてました。

  • ナミアゲハ 蛹が幼虫おんぶしてる・編

    今年はすっかり脇役の感があるナミアゲハですが、ちゃんと来訪しております。 保護した子らにこんな子ら ↓ がおり、ちょっと微笑ましい。 先にできた蛹に幼虫がくっ付いておんぶしてるの。 翌日、蛹が蛹をおんぶしてました。

  • ダイミョウセセリ 黒く輝くウサギ似さん・編

    ※「幾何学模様の小さな蛹・編」の続き。 生き残った2匹がどちらも蛹化したダイミョウセセリ。 6日後に、先に蛹化した子の色が少し変化、ベージュが濃くなって茶色に・お腹側は白のまま・目が赤くなりました。

  • ジャコウアゲハ 食事情は自滅的・編

    ※「コンペイトウの成長・編」の続き。 ジャコウアゲハの子らがチャクっと順調に成長し、続々5齢になっています。 5齢になって7日後の姿。美しい模様です。 いち早く蛹…

  • ジャコウアゲハ コンペイトウの成長・編

    ※「念願のオレンジの粒が・編」の続き。 ジャコウアゲハ母さんが産み落とした卵が無事孵化し、順調に成長。 6日目に2mmくらいの小さくて茶色いのが出て来ました。まだ模様が無く、茶色の体に毛が生えた毛虫です、でもちょっとコンペイトウ感はある。↓ 卵の殻を食べているところ。

  • ダイミョウセセリ 幾何学模様の小さな蛹・編

    先日、保護したけど寄生蜂により全滅したダイミョウセセリの幼虫たち・の他に、実はウチのごくごく近所の公園で更に小さな幼虫を4匹保護しておりました。 ただ、、保護した翌日に公園が綺麗に清掃されて草も蔦も刈り取られてしまった。もっと早く気づいていればもっと保護できたのかも・と、ちょっと無念。 2齢かな?透明で凄く小さい、5mmくらい。

  • ダイミョウセセリ 黄色い繭を大量生産・編

    ※「葉っぱを畳んでかくれんぼ・編」の続き。 先日保護したダイミョウセセリの幼虫たち。せっせとオニドコロの葉を食べて、順次終齢になっていきました。 24mmくらいです。デップリしている。

  • ダイミョウセセリ 葉っぱを畳んでかくれんぼ・編

    黒に白い模様が可愛いダイミョウセセリです。年に3回ほど発生して越冬形態は終齢幼虫、なので秋に枯れ葉を掃く時は注意したいですね。 今年の春にも出会いました(散歩コースよりも離れた公園ですが。 ネズミモチで吸蜜中。止まる時はいっつも羽広げてますね。 …

  • ジャコウアゲハ 念願のオレンジの粒が・編

    先日ジャコウアゲハの羽化と旅立ちを見送って早々、願いが叶いました! 我が家の庭に念願のジャコウアゲハのメスが来ました。久々の晴れた日に庭へ出ると、目の前をふわりふわりとジャコウアゲハが優雅に舞っていたのです。 メスの羽は灰黄色に黒のラインが映えて美しいです。

  • ジャコウアゲハ 甘い香りを残して発った・編

    蛹化から11日後、無事に羽化しました。 羽化1日前から、羽の淵や触覚の辺りの色に少〜しずつ変化が見られました。元の蛹が黄色いので黒が透けると緑っぽくて汚い変な色だが、、 5時間前にはこんな色で、

  • ジャコウアゲハ コンペイトウ幼虫とキャラメルウミウシ・編

    嬉しい出会い。お散歩中に見つけたジャコウアゲハの終齢幼虫を保護しました。 早速ウチのウマノスズカケにくっつけて観察しよう♪(←今年ようやく手に入れたウマノスズカケが大きく成長中なのだ) と思ったら、さっさと前蛹準備開始です。蛹になる為にウロウロし…

  • アカボシゴマダラ 極小幼虫はゴマダラチョウに似ている・編

    我が家の幼木エノキでアカボシゴマダラも羽化しました。 先日、エノキに1齢のゴマダラチョウの幼虫を見つけて「まだもう1匹いたか~っ」と小躍りしました。 幼虫のお尻が割れてるから当然ゴマダラチョウだね、と思っていたのです。が、3齢になってもお尻は割れ…

  • テングチョウ 鼻高のタテハチョウ・編

    先日の散歩中、ご近所の花壇を見ていると、ミントの花に何やら小さなタテハチョウを発見。ヒメアカタテハか?と気になってソ~っと近づいたら、 テングチョウでした♪ こんな近所で初めて会ったので、居るんだなぁ~・と、嬉しくなった。 でもカメラ持ってない・…

  • ゴマダラチョウ 小さくも力強く飛ぶ・編

    ※「ちゃんとベッドで眠る・編」の続き。 4齢4日目。 実は・・残りはこの子1匹になってしまった。もう1匹は力尽きてエノキの葉から落ちてしまいました。葉の上に戻して…

  • エノキハマキホソガ と エノキワタアブラムシ エノキの虫は厄介だ・編

    ゴマダラチョウの幼虫を観察するにあたりエノキの幼木をネットで囲って保護することにしてから、ちょっと厄介な虫どもが2種いることに改めて気づく。

  • ゴマダラカミキリ 目から触覚が生えている・編

    梅雨の晴れ間の日課になっている庭の穴掘り。土の改良のために今日もせっせと瓦礫を排除していると、空の鉢の中でツルツル滑って身動きのとれないカミキリムシを発見。←飛ぶの下手なのかな

  • ゴマダラチョウ ちゃんとベッドで眠る・編

    ※「翡翠色の卵から・編」の続き。ゴマツブよりも小さい頭が今日も定位置でじっとしています。こんなに小さい時からちゃんと葉の上に自分の寝床を作ってそこで寝るんですね(ワタクシはベッドと呼んでいる。食べる時はそこから移動して、食べ終わるとそこに帰ってくるの。

  • ウメスカシクロバ エレガントブラックドレス・編

    真っ黒で綺麗な蛾に出会った。黒の艶消しボディと透かしの羽がなんとも上品。急いでカメラを構えたけど、すぐに飛んでいっちゃいました。なので写真がブレブレですが・・。調べてみると、ウメスカシクロバという蛾でした。体長は2cmくらい。幼虫はウメやモモやサクラやリンゴやアンズなどの葉を食べる(みんな美味しい実がなるね。

  • ゴマダラチョウ 翡翠色の卵から・編

    庭のエノキ(幼木・・というか苗)にゴマダラチョウが来訪!近所の公園でたまに見かけるのですが、我が家まで足・・じゃなくて羽を延ばしてくれて嬉しいかぎり。ス〜ッといなくなってしまったので卵は無いと思っていましたが、4つありました。早速ネットで保護して観察開始です。

  • クマバチ 鼻眼鏡は男の子・編

    先日の散歩中、足元の草にしがみついているクマバチを見つけました。指を出したら普通に乗って来て、チョーリラックスして体や羽を毛繕いして可愛かった。

  • コンニャクの花

    その昔、「手作りコンニャクを食べたいなぁ」と言った相手がたまたまコンニャク農家の娘さんで、コンニャク芋を貰って庭に植え、その4年後に自分で手作りコンニャクを作って美味しく食べた。めでたしめでたし。と言った事があり、その時掘り上げた大きなコンニャク芋の子芋は小さかったので再度埋め戻したと記憶している ←小さな丸芋だったので2年目の芋と思われる、1年目は細長い形らしい。

  • コミスジ 葉っぱの上でひと休み・編

    今年初のコミスジです。葉の上で羽を広げて休む姿が可愛い。

  • ビロードツリアブ 毛玉が宙吊り・編

    春先に見られるビロードツリアブ。特徴は丸っこい毛むくじゃらの体と長〜い口。花の蜜を吸うアブです。ホバリングしていると「毛深い体が宙に吊られて見える」からビロードツリアブ、分かりやすい。我が家の近くの公園では3月下旬から見かけます。日当たりの良いところで低空飛行、タチツボスミレ(多分)やオオイヌフグリの花畑を飛び交っていました。この子はオス、目玉がくっついている。

  • モンオビオエダシャク 風に飛ばされて来た・編

    庭で穴掘りをしていたら、風でペタッと土の上に叩きつけられた蛾が。一見地味そうな羽ですが、ベージュ色〜レンガ色にテカテカ光って綺麗だったので写真を撮ってみた。けど・・やっぱり地味ですね。。羽全体に焦茶色の点々が散ってるのがポイントでしょうか。

  • ナミアゲハ 越冬蛹羽化開始・編

    昨年晩秋に蛹になったナミアゲハちゃんが無事羽化しました。3月27日昼に羽化の兆し。蛹の色が変わりました。

  • オカダンゴムシ 転がる救世主・編

    日本には数種類のダンゴムシがいるそうですが、庭や道でよく会うのはほぼオカダンゴムシ。実はオカダンゴムシは外国人(明治時代にヨーロッパから来たそうだ)。でも今ではすっかり馴染んで日本人ですね。

カテゴリー一覧
商用