カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりば
住所
出身
ハンドル名
カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりばさん
ブログタイトル
カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりば
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/etutant_ta0215
ブログ紹介文
個人カウンセリングのご案内 グループカウンセリングのご案内 ワークショップのご案内
自由文
-
更新頻度(1年)

44回 / 344日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2017/05/11

カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりばさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 47,734位 48,765位 48,555位 48,546位 48,497位 48,424位 圏外 969,259サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 877位 903位 898位 882位 885位 868位 圏外 28,105サイト
心理カウンセラー 14位 13位 17位 17位 18位 18位 圏外 299サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 78,399位 81,008位 80,921位 81,086位 80,938位 80,552位 圏外 969,259サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 1,850位 1,936位 1,934位 1,946位 1,945位 1,939位 圏外 28,105サイト
心理カウンセラー 20位 22位 20位 19位 19位 18位 圏外 299サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,259サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,105サイト
心理カウンセラー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 299サイト

カウンセリングルーム 横手(三鷹)しゃべりばさんのブログ記事

  • 日常

    今日もまた、35℃を超えた。この暑さの中私は、エアコンに浸かりすぎてか、動けなくなった。動こうとする気力が、なにひとつ湧いてこないのだ。急に、落ちていく感覚に襲われた。そしてしばらく、その感覚に身を任せていると・・・いったい、どうしたことか??気がつくと、私は洗濯物を取りこみ、たたんではしまい、同じように、茶碗を洗い、ふいてはしまっている。その上、普段ならすることのない、鍋の黒ずみを丁寧に洗い、ピカピカに磨いている。レンジの油汚れまで、きれいになっていた。さらにはコンクリートの縁側に、うち水までしている。狂った暑さの中、無意識に日常を動いていた。日常

  • やりたくて仕様がないもの

    “なんて、幸せなんだろう”って、言葉が漏れた。右手奥には、オレンジ色のどでかい夕日🌇正面には、墨絵になった鳥海山⛰。横を見ると一面の緑、稲がうねっている🌾。気温は、日中の35℃からは下がったものの、止まらない汗で、ボールがかすむ。ユニフォームと、体の境がなくなっていく。動くたびに息苦しく、空気が重い・・・これほどの悪条件でも、やりたくて、やりたくて仕様がないものがある。真っ暗になった国道を、アクセルを少し強く踏みながら、いざ体育館へ。やりたくて仕様がないもの

  • どうしようもないんですよ

    先日、私が通っていたカウンセリング団体が、60周年を迎えたという。その話から10年前、50周年の時の記憶が蘇った。それはS先生とのひとコマ。「先生は50年前から、こちらにいらしてたんですよね。ということは、カウンセリングに関わって、半世紀も経ったということですかねえ。それって、とてつもないことですよね・・・」こんな言葉を、私は隣にいらした師に投げかけたと思う。するとしばらく間があって、応じた師の言葉が確か、こうであった。「どうしようもないんですよ。」それだけだった。何も付け足すわけでもなく、ただ、それしか言わなかった。あのカウンセリングに関わり続けて24年、師の放った言葉が、今の私に重くのしかかる。どうしようもないんですよ

  • 7月・学習会のお知らせ

    7月の学習会のお知らせをいたします。今月は下記の日程で行います。前回同様、友田不二男氏の「カウンセリングの技術」を読んでの学習となります。実は、また前々回(4月)より最初に戻りまして、序から読みはじめました。予定通り行きますと(行かないことが多いのですが・・・)、第2版への序さらには、第1章カウンセリングとは何か、に続くかと思われます。何回か読んでいくことで深みが増していくような、それ以上にわからないことが増えていくような・・・そんな感じでしょうか?日時平成31年7月20日(土)午後1時半から午後4時くらいまで場所高橋悦子宅横手市平城町7-19(針生皮膚科医院より徒歩1分)電話等携帯090-1551-0023、メールtakahashi4061@gmail.com参加費500円~1,000円※参加希望の方は、電話...7月・学習会のお知らせ

  • 風呂敷いっぱいの愛

    ゆるやかに続く坂道を上った。両手でダンボール箱を抱え、めざしたのは郵便局、時間にしたらわずか、3、4分の距離。それでもダンボール箱の重さに耐えかね、2回ほど、地面においた。帰り道、このダンボール箱を風呂敷に包み、幾度となく上ったであろう、友を思う。「これくらいは朝飯前よ。」と、笑った女(ひと)も、御年79歳。風呂敷いっぱいの愛に、やっと気づいたおろかな私。風呂敷いっぱいの愛

  • あなたのために?

    「あなたのために!」久しぶりに聞いた嫌な言葉。いつだって、それは、この言葉を発した、本人のためだということ、私は、体にしみついていた。だからどうしても、体が委縮する。人が私のため動いたときは、そんな言葉などなかった。黙って動いていた。後になってやっと、私のためにしてくれたんだと、気づいたことは、あったとしても。。。生前、父が一度たりとも、おまえのためになどと、口にしたことはなかったのです。あなたのために?

  • 1+1は10??

    心を持っていかれた。涙が止まらない。ついでに鼻水も。相手は世界ランク1位ペア。試合中はそんなこと、関係ないのはわかってる。それでも1点を取られるたび、これが世界1位かと、私が思ってしまう。1点を取るたび、相手の顔が輝きだす。それでも何度も、なんども、なんども凌いで、やっと、手にした勝利の瞬間。超ファインプレーの連続に、こぶしの中は汗だく。1たす1が3にも4にも、いや10にもなることを二人が見せてくれました。1+1は10??

  • その覚悟に感謝!

    20代はおろか、今や10代が活躍する卓球界。そんな中、今年30のあなたが現役続行を決めた。どれほどの覚悟だったのか、あの試合を観たらわかる。目をつむっては開け、席をたっては戻り・・・結果、みごとに準優勝!今年も応援できる喜び、“ありがとうございます。”その覚悟に感謝!

  • 心が定まった!

    心が定まった!もう、いつまでも寝ていられない。35日間、どうして?なぜ?を繰り返しては、他人のせいにしていた。他人のせいにしているうちの、私は弱い。もがいて、あがいて、十分すぎるほど他人のせいにして、やっとたどり着いた場所。無駄なことなんて、何もなかったわ。ここからは、私の決断のもと、進んでいけばいい。心が定まった!

  • 畳に大の字

    今日は朝から畑仕事。母の手伝いで土を耕し、とまとに枝豆、ピーマンにモロヘイヤの苗を植える。その後、作業小屋の大掃除。あんなに憧れた畑仕事も、今では、はあ~!(^^)時間にしたら、1時間半も動いただろうか。腰が痛くてたまらない。家に帰り、しばし畳の上に大の字。そしたらどうでしょう。ひん~やりとした心地よさ。めっちゃくちゃ気持ちいい!!この感覚は、未だ経験したことがなかったわ。畳に大の字

  • 第23回横手しゃべりばへのお誘い

    ひとり一人に、光が当たりますように!話したい人が、話せますように!話したくなった人が、話せますように!話したくない人は、黙っていてもいいように!無理やり何かをするのではなくて、その人の意思が尊重されますように!立派なことを云う時間ではなくて、たとえば沈黙の中、自分に向き合ったときに聞こえてくる声を、なんとか言葉にできたなら、その言葉をその心を、人にも届けてほしい!言葉にはまだならなくて、何かしらザワザワだけを感じているのなら、そのまま留まって、無理に届ける必要はない。大事なことはきっと、きっと、自分と向き合うことだと思う。自分がここにいてもいいんだと、感じられる時間でありたい。とめどなく、色々な思いが出てきました。私の思いは思いとして、どんな場になることでしょうか?みなさん、よかったらご参加ください。日時平成3...第23回横手しゃべりばへのお誘い

  • 5月・学習会のお知らせ

    5月の学習会のお知らせをいたします。今月は下記の日程で行います。前回同様、友田不二男氏の「カウンセリングの技術」を読んでの学習となります。実は実は、また前回(4月)より最初に戻りまして、序から読みはじめました。何回か読んでいきますと、少しは理解できたような気になってくるから不思議です。まっ、あくまで理解の段階ですが(笑)。日時平成31年5月25日(土)午後1時半から午後4時くらいまで場所高橋悦子宅横手市平城町7-19(針生皮膚科医院より徒歩1分)電話等携帯090-1551-0023、メールtakahashi4061@gmail.com参加費500円~1,000円※参加希望の方は、電話かメールにて、ご連絡ください。5月・学習会のお知らせ

  • 贅沢な食卓

    ほんなにあいこのお浸しこごみのごま和えもうそう竹の煮物に、姫竹の子のお味噌汁。これほどまでの恵みに感謝しつつさらに一杯!贅沢な食卓

  • ai

    と、その時、固まっていた私の心がとけていく音がした。ふあ~っと、胸いっぱいに暖かさが広がって、痛みがとけていく・・・そんな感覚に包まれた。たぶん、人はそれを愛と呼ぶのだろう、って思う。その夜はよく眠れた。ai

  • 命がけ

    去年まで、決まっていたコースが決まらない。決まらないなら、すぐ戻って次への準備。まだまだ~思わず、命かけるんだよって叫ぶ。こちらが見ると点を取られ、観ないと勝っている。その理不尽さに、指のすき間から応援。でもやっぱり観たあい。もう勝敗はどうでもいいと思い、トイレに立って帰ると、辛くも勝利。はあ!私も命かけた40分。命がけ

  • ファンレター5

    やっぱりドキドキした。半分は、怖くて見られなかった。10年経っても、変わらないドキドキ。自分の試合よりも、ずうっと緊張の連続に、いつのまにか握ってたこぶし。未だ、私にそんな時間を与えてくれるK選手、この秋、ついに秋田にやってくる。30歳、悩んだはず、移籍をして現役を続ける決断に、ただ感謝。今年もきっとあなたに会える!そんな期待が膨らみます。ファンレター5

  • 愚直な人

    野茂にイチロー愚直なまでに精進する。たぶん彼らの内には、精進している感覚などなかったはず。とにかくやりたくてやる。これよりやりたいことが、他にはない。権威も権力もいらない。やれてさえいれば、幸せ!多くの人は、きっとそういう人が好きだ。だからついつい、応援してしまう。そして、応援している人が幸せになる。愚直な人

  • なつぞら(2019春・朝ドラ)

    それまでは厳しく接していた(草刈正雄扮する)泰樹爺さんが、アイスクリームを食べながら、なつに言った。「・・・ちゃんと働けば必ずいつか、報われる日がくる。報われなければ働き方が悪いか、働かせる者が悪いんだ。そんなところは、とっとと逃げ出せあいい。だが一番悪いのは、人がなんとかしてくれると思って生きることだ。人は、人を当てにするものを助けたりはせん。逆に自分の力を信じて働いていれば、きっと誰かが助けてくれるもんだ。おまえはこの数日、本当によく働いた。そのアイスクリームは、おまえの力で得たもんだ。おまえならもう大丈夫だ!だからもう、無理に笑うことはない、謝ることもない。お前は堂々としてろ!堂々と、ここで生きろ!いいな。早く食べれ!」9歳のなつは、涙を流しながらアイスクリームを食べていた。4月、新しく、朝ドラが始まった...なつぞら(2019春・朝ドラ)

  • 第22回横手しゃべりによせて

    しゃべりば前日には、イチローの引退劇があった。そしてしゃべりが終った夜には、羽生選手の世界選手権・復帰戦があった。その合間に開催された「しゃべりば」のひとコマ。仙台から参加されたF子さんの一言が、私には色濃く残っている。それは「うちの母が近頃、今が一番幸せだと言うようになった。」という私の言葉に対して、放ったことだった。「どういう時に、お母さんは幸せだ!って、言うの?」と尋ねてきて、それに応えた私、「だいたいが、美味しい夕飯を食べているときかな。」と。さらに「特別、私は美味しいとかは思わないんだけど、彼女なら作ることのないマーボー豆腐とか、グラタンとか、イカ墨パスタだとか・・・、そういう物を私が作って食べているときに決まって、幸せだ!と言うようになったと思う。」と。すると彼女はよくわからないんだけど、「お母さん...第22回横手しゃべりによせて

  • 横手(三鷹)しゃべりば(グループカウンセリング)

    そこでしか、会えない人がいる。久しぶりに会って、互いの“今”を語り合う。急に距離が縮んでいく。時間が蘇ってくる。15年間一人でやってきて、この会を続けていく意味を探す時がある。すると決まって、この思いが私を勇気づける。「誰かのお役にたちたい!」確かにそれだって、ないわけではない。人並みにあるのを感じることも、しょっちゅうだ、けど、それは後付けだなあって思う。私はけっして優しい人ではない。誰よりもやりたいことに執着してきた。それが結果となって、「しゃべりば」がある。それだけは間違いがないので、「人様のために」が出すぎた時は恥ずかしいので、引退かなあって思う。横手(三鷹)しゃべりば(グループカウンセリング)

  • 不安と不満

    売れに売れた「嫌われる勇気」を、今さらながら読んでみた。東京在の頃のアドラーはかじるころか、1日だけ、講習会みたいなものに参加したのみ。横手に帰ってからは、アドラー学習会みたいなものに出るや否や、その気持ち悪さに1時間もしないうち帰ってきた。どこかで、私には合わないと決めていたんだ、と思う。ところがこの本には違和感がなさすぎた。無理やり探すなら、スルスル読めすぎたのが違和感といえば違和感なんだけど・・・(笑)なかでも・・・ライフスタイルを変えようとするとき、私たちは大きな勇気を試される。変わることで生まれる不安と変わらないことでつきまとう不満、多くの人は変わらないことを選んで、不満を云いながら暮らしている・・・手帳にこんな風に書き写したほど、私の想いを代弁していた。不安と不満

  • 人は、他人の哀しみに惚れる? のかも。

    もしかしたら人は他人の弱み、正確には哀しみに惚れる?のかもしれない。知り合って10年になる78歳のHさん、今年の2月もお邪魔して、おかげで、卓球三昧の日々をおくることができた。毎年、上京の度のお泊りが当たり前のようになって、話すことは、ほぼ同じことばかりと思いきや、・・・私はお父さん(亡くなったご主人)とお見合いして、指がないのを見て、この人と結婚すると直感したの!んで、3ケ月後にはもう結婚してた。お父さんの指があったら、まず一緒になることはなかったと思う・・・初めて聞くHさんとお父さんとのなれそめ、それが指のない手。ごちそうさま!と言いながら、胸の奥がじ~んとして、しばらく言葉がなかった。人は、他人の哀しみに惚れる?のかも。

  • 第22回横手しゃべりばへのお誘い

    まずは驚きから始まり、そのあと徐々にうなずきが混じり、最後には納得。私のグループカウンセリングは、そんな体験の連続でした。自分がこうだ!と頑なに思い続けていたことが崩れたときの衝撃、どこまでも続く心もとなさ、それでも最後には決まって訪れた痛快さ・・・ああ!世界が広がる~って、叫びたいほどでした。ここではどうしても言葉を発したい!でもそんな勇気がない、う~ん、でもやっぱし言いたい!ドッキドキで、体中がになる~。よし、今度こそ、なのに、もう他の人が話し始めた・・・。たくさんの、語り切れない経験があります。毎回毎回、出席はしているものの、うなずきや首振り以外に言葉を聞いたことがなかったN君が、突然自己を語ったときの驚きたるや、自分のこと以上に嬉しくて目頭が熱くなり、その場面が浮かんできては、なかなか眠れなかったことも...第22回横手しゃべりばへのお誘い

  • たかが本屋、されど本屋📖

    かつて、新聞や電車の広告スペースなどで見た本の記事、会社帰り本屋に寄り、実際に手にとってはパラパラとめくる、そんな時間が幸せだった。新刊をすぐ手にとって見れるタイムリーさと、新しい何かに触れるワクワク感、電車ごとの駅には、何がなくともまず本屋があった。ショルダーバッグにはいつだって本が入っていて、少ない時間の中、ページをめくった。そんな当たり前の風景が消え、もう6年が経ったことに気づく。先月、知人からの紹介である本屋に行った。さすがに秋田の片田舎、最寄り駅とはいかず、その本屋は広い駐車場完備の郊外にあった。ドアを開けた瞬間、わなわなと心が震えた。人は、いえ私は、こういう時にも心が震えることを味わった。そして1時間ほどその本屋で過ごしながら、樹木希林著を1冊買った。Amazonからは、もう取り寄せないで済むかも~...たかが本屋、されど本屋📖

  • 戦っている・・・

    人は誰でも、目の前の何かと戦っている。病室の、ベットで寝ているだけに見える人でも、自分と戦っている。会社で仲良くしている同僚でさえ、一皮むけばライバルになる。こんなにも癒し、癒しと騒ぐのでさえ、日々の戦いの中での、癒しなんだとわかる。初めてのネット観戦での全日本、昨年までの8年間は東京・千駄ヶ谷、生で観ていた。その臨場感やハラハラ、ドキドキは半端なかった。毎年1年に1度だけの、夢のような4日間をもらっていた。けど、ネット画面だから見える、顔の真剣さ、動きに込めた凄まじい思い(意地)、己の人生をかけているのがよくわかる。ここで、負けるわけにはいかない!!誰もがただでは負けないし、ただでは勝てない。頭を使い、体を使い、心で駆け引きをする。昨日、1日に6回も雪かきをしながら、その合間、合間に全日本を観た。こちらは雪と...戦っている・・・

  • カウンセリングを受けてはみませんか。

    誰にも言えない悩みや問題、日々のストレスや不満からどうにも動くことができなくなった方、うつ等の精神的な障害で困っている方など、少しでもお役にたてたらという思いから、東京は三鷹市にて11年間、カウンセリングルームを開業しておりました。が、居を生まれ故郷である秋田県横手市に移し、5年前にオープン致しました。築60年もの、古いだけがとりえのようなカウンセリングルームですが、妙に落ち着くような気がします。この部屋で、ときには気持ちを楽にして自分と向き合ってはみませんか?たとえ問題や悩みが今すぐに解決できないとしても、自分を見つめることで、何らかの方向性が見えてくるかもしれません。自分が成長することで、もしかしたら問題が気にならなくなるかもしれません。さまざまな気付きから、これからの自分の進んでゆく道が開けていくのではな...カウンセリングを受けてはみませんか。

  • 吉田沙保里と個人カウンセリング

    「皆さん、こんにちは。吉田沙保里です。本日はお忙しい中、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。私、吉田沙保里はこのたび、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。自国で開催される東京五輪に出場したいという思いと、リオ五輪で銀メダルに終わってしまいたくさんの方にまた金メダルを目指して頑張ってほしいという応援に支えられつつも、日々迷いながらここまで来ました。また若い選手たちが世界の舞台で活躍する姿を多く見るようになり、女子レスリングを引っ張っていってもらいたいという思いにもなりました。そしてあらためて自分自身と向き合った時にレスリングはすべてやり尽くしたという思いが強く、引退することを決断いたしました。これまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも本当にたくさんの方々の応援とサ...吉田沙保里と個人カウンセリング

  • 1月・学習会のお知らせ

    1月の学習会のお知らせをいたします。今月は下記の日程で行います。前回同様、友田不二男氏の「カウンセリングの技術」を読んでの学習となります。「このアプローチは、成長の経験として、セラピィの関係そのものに、重きを置いている。この新しい実践においては、セラピィの話し合いがそれ自体、成長の経験なのである。」(ページ7)何もなければ、この文言から始まる予定。よしなに!日時平成31年1月19日(土)午後1時半から午後4時くらいまで場所高橋悦子宅横手市平城町7-19(針生皮膚科医院より徒歩1分)電話等携帯090-1551-0023、メールtakahashi4061@gmail.com参加費500円~1,000円※参加希望の方は、電話かメールにて、ご連絡ください。追記「人の成長のために働かないかぎり、自らの成長はない」昨日、あ...1月・学習会のお知らせ

  • 納豆汁

    元旦の朝、弟が3年ぶりに帰ってきた。翌朝、母が6時に起きて納豆汁を作った。3種類のきのこにぜんまいを戻して、にんじん、ごぼう、油揚げに豆腐、里芋・・・もちろん納豆も入れて、〆にネギを散らした。お鍋いっぱいに香りがたった。なつかしい匂いが誘ってきた。弟は、3杯もお代わりをした。母がまだ、料理できることを知った。納豆汁

  • もうすぐ85歳になる母。楽しそうに笑っている。おいしそうに食べている。明日のことはわからないけれど、それだけあれば、だいたいのことは、まあ~、いいっかな。母